『春の贈りもの』


家人が、入院などして、少し身辺が落ち着かないでいる…
検査のための入院なのだけれども、一か所で済まなくて、一度退院してまた入院して…
病状と治療法がはっきりするまで、なにか宙ぶらりんな感じだ。
なにもないといいのだけれども…。 
でもまあ、お互い年なので、いろいろあるのは仕方がないなあ…。



063.jpg


そんな中、友から贈り物が届いた!





066.jpg



美しい色変わりの毛糸。

ちょうど、桜の樹の幹と花の色のような組み合わせだ…
曇り空の下で見上げる満開の桜の花のよう…
私は、曇天の桜、というものも好きだ。




2011_0413_171540-CIMG6998.jpg



ああ……もうじき、こういう美しい季節がやってくるなあ……




067.jpg



美しいバッグも贈ってくれた。
これは友の手しごとの技だ。
フランスの伝統のプリント布、『トワル・ド・ジュイ』のきれを使って作ったトートバッグに、
友の心のこもった刺繍技をプラスして。




068_20170226233853dcd.jpg





これも、薄霞のかかった空のような印象の、春らしい軽やかなバッグだ。




069.jpg





バッグの中におまけの小バッグが一つ。 その中には。





072.jpg





ちょっと写真の色味が、実物と違ってしまったけれど、神経細やかな友が、毛糸だけでは
すぐに編み物に取り掛かれないだろうと、編み棒まで、セットして入れてくれてあった… ^^






073.jpg




そして。編み物の本も。
この毛糸は、ドイツの高級毛糸のメーカー・TUTTO社の『オパール糸』と名付けられた
多色染めの毛糸だ。編み進めて行くにつれ、色変わりして複雑で繊細な模様を描きだす。
実は、この毛糸を取り扱っておいでなのは、梅村マルティナさんというドイツ女性。
彼女は東日本大震災時、京都に住んでいたのだが、被災地の女性たちの心を慰めることは
出来ないか…、と思っていたときに、編み物の贈りものを考え付いた…。

この想い。私にはすごくよくわかる。
ちくちくと編み棒を動かして編み物をしているとき、おんなは無心になれるのである。
悲しみも…、やるせない想いも…、やり場のない怒りも…
編み物をしているときは、なぜか無心になって、つかの間忘れていられることがある…
それはまあ、編み物に限らず、昔から女たちは、家族のつくろいものなどの夜なべ仕事を
しながら、せつなさや生活の労苦や…報われない想いや…家族への想いや…
自分のさまざまな感情を処理してきたのである…

だが、マルティナさんは、そこでとどまらず、『共感』の想いを、被災地の女性たちの自立支援へと
広げて行く…
東日本大震災後の気仙沼に、『梅村マルティナ気仙沼FSアトリエ株式会社』を立ち上げ、
この美しく肌触りの素晴らしくいいこの『オパール糸』を使って編みあげた製品の販売を、
被災地の女性たちとすることにしたのである…
マルティナさんたちの活動は、アフガニスタンなど世界の支援にまで広がって行こうとしている…

詳しくはこちらを。
http://kfsatelier.co.jp/philosophy/index.html




世界には、悲しみが、そして不条理が、充ち満ちている……
この頃、年齢のせいもあるのか、そのどうしようもない不条理に、すこし押しつぶされかかっている私だ。
いくつも記事を書きかけにしてはいるのだけれども、それらをまとめあげる気持ちのいわば腕力がない。


・・・・・・
ああ・・・やさしい色合いの毛糸だなあ・・・
私は、これを、春先にふわっと首に巻く薄手のショールに編みあげてみようかな・・・
茶色い糸の方は、これは友が、私のつれあい用に、と見繕って贈ってくれたものだ。
これで私は、つれあいの靴下を編もう…。
ただしこちらは、渡すのはクリスマスか誕生日になりそうだな(^^)。

ショールは先に編んで、春らしい色無地のブラウスでも一枚縫って、首元にショールをふわっと巻いて、
友の手仕事の技の光る、軽やかなバッグを持って、
そうだ。 お花見の散歩に行こう。



                  ***




今日。たぶん…。
病院帰りに、『ツグミ』を見た…。













スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 鍵コメさんへ

出来あがった作品、見せていただきましたよ~~!^^

さすが。編み目がそろってる~っ!って思いました。
あたしが編むと、なぜか、棒針も鉤針も、くたっとなっちゃう感じなの~…

熱が一番高かった日は、ちょうどつれあいの担当医からの経過説明がある日だったので、
キャンセルするわけにもいかず、がたがた悪寒で震えながら、お話聞いてました。
まあ、インフルエンザではないということはその時点でわかっていたのですが、
風邪ひきが、病院に行くのはためらわれるんだけど、でも、行かないわけにもいかないし、
(先生、忙しくて、いつまたお話聞けるかわからないから~…)

ほんと。看病人が自分も病気になんかなっちゃっちゃ、しようがありませんね。><
マスクもして、病院から帰ってきたら、手洗いうがいも徹底してやってたんだけどな。

でも、おかげさまで、峠は過ぎました~。
まだ、声が出ないのが、ほんと不自由です。><

しんぱいかけてごめんなさ~い!

Re:鍵コメさんへ

はーい。編み棒のこと、了解です!^^
ありがとうございます。

編み物に関して難しいのは、ゲージの問題ですね。
同じ糸で、同じ太さの針で編んでも、その人の癖で、編み上がりの大きさが違ってきちゃうし。
あと、本などで、いいデザインだなあ、やってみようかなと思っても、あまり一般的でない
メーカーの毛糸使ってあったりすると、中細か、合細か、合太とかわからないものも
あって、試し編みしてみないとゲージがわからないのが困ります。
どうしてもそのデザインにこだわりたければ、自分でゲージ計算し直して、
何:何=何:X なあんてね、計算式立てたりして。(笑)

Re: 鍵コメさんへ。

鍵コメさん。ご心配おかけしてすみませんでした~っ。

早くね、早く編み物したいんですけれど、なかなか落ち着いて座っていられませんで。
病院に行ってない時は、ひたすら体力温存で、自分も横になっていることが多く。
眼もちょっとやられていたので、パソコンもテレビもなにもできず。ラジオだけが
お友達でした。

鍵コメさんは、素敵な春用マフラーを御編みになられましたね。^^
私はどういうのにしようかなぁ…
それを考えているだけでも楽しいです。

靴下の方は、かかとのあるのに挑戦したいかな。靴下はまだ一度も編んだこと
ないんです。手袋は、子供が小さい頃、ミトンを編んだことはありますが。^^

編み棒、うちにあったのは、もうたぶん、あまり編み物しないだろうからと(着てくれる
ひとがいないから)3年前かな、大槌の方へ毛糸と共に送らせていただいたので、うちには
不揃いの半端なのしか残っていなかったので、輪針も含め、買うことにしま~す。
でも、再び編み物熱が目覚めそうですよ♪(笑)

先日、病院帰りに、編み物の本見てみようかなと思って手芸屋さんに寄ったら、毛糸が
大安売りされていて、コットン系の糸、10玉、買ってきました~っ。
つれあいのことが落ち着いて、私も喉も眼もよくなったら、初夏に着る何か、久しぶりに
編んでみたいな~と思います。
ニットの本は、海外のもののの方が断然個性的でおしゃれですね~…
でも、海外物は、聞いたことのない糸とか使ってあるので、ゲージが手持ちの糸と合わない
ことがほとんどで、それが困りますね。
でも、何編もうかなっ、って悩む間も楽しいので、いただいた毛糸、大事にゆっくり取り掛かりま~す。

ほんとうにいろいろありがとうございます♪

Re: しほさんへ

しほさん、こんにちは。
返事が遅くなってごめんなさいっ…><

ね~。すてきな贈りものでしょう~~~?^^
早く編みたいのですが、なかなか落ち着いた気分になれなくて、まだ取り掛かれずに
います。でも、編み物熱に火が付きそう(笑)。

病院通い、気をつけてね、ってせっかくこうやって忠告してくださったのに、
やっぱりやられてしまいました。二度目の病院は、先生たちはよさそうなのだけれど、
とにかく事務系統というか連絡系統がすっきりしてないので、無駄に待たされることが
多すぎて、それでまず神経と体力を奪われてしまいます。
空調で温度と共に湿度調整もしているのかもしれないけれど、やたら暑くて
乾燥しているし。
今回なんだかんだで4軒の病院をはしごしているのですが、病院もそれぞれ
ですねえ…。いいところ悪いところ…いろいろ考えちゃいます。

しほさんも体育館避難は駄目ですか。私もです。
んさんもそうですって。
でも、否応なしに、そこへ追い込まれてしまうのが突然の大災害というものですね。
そこでは、普段のその人というか家族の、経済力や人的経済力(親戚・友人・知人などの多さ)
も含めた潜在的力が、大きくものを言うような気がします。
逆に言えば、普段の暮らしにおいて『弱者』であればある程、そうした避難生活で真っ先に
しかも大きな影響を受けると言えるでしょうね。

我が家など、まず車で避難生活したくともその車自体を持たない。
また、つれあいが歩けないから、私も同時に動けません。救助をひたすら待っているしか
なくなるでしょう…
お婿さんや娘がたまたまいてくれれば力になってくれるでしょうが、仕事でいないと
いう方がおそらく多いでしょうからね、自分たちで何とかするしかない。
我が家は、築40年のボロ屋だから、自宅退避もあぶないかも~!(><)
きゃ~……!ですね…

桜。もうごらんになりましたか。^^
ピンクの色味が強いということは、河津桜とか、そういうのだったかもしれませんね。^^

ありがとうございます♪ご心配かけてしまってすみませ~ん。




Re: んさんへ

んさん。こんにちは~。

ってなわけで(><)、ちょっとバタバタしておりまして、返事が遅くなって
すみません。

殿方の手芸。
『手編みのプリンス』、というような人がいるなあ。そのように、それを仕事に
してらっしゃる方も中にはいますが、まあ、一般的には、『手芸が趣味』という
かたさえそう多くはないですよね。(笑)

避難生活。私も対応できない方だと思います。
私も、んさんと同じように(笑)、普段からどちらかというとマイペースなので(><)
まず精神的に参ってしまうだろうなあ…
神経質なので、旅に行っていわゆる〔枕が変わって〕も、眠れない。いびきなどの
音にも神経質。いったん夜中に目を覚ますともう眠れない…などなど、平時から
きわめて神経が脆弱だから、集団生活には耐えられそうもないです。
あと。トイレ関係。これももう駄目ですねえ……トイレが使えないとわかっただけで、
食欲もガクンと落ちたり、逆に下痢したりしそうです。
よく、軍隊の記録など読むのですが、私が男で、そういう時代に生まれていたら、
行軍の途中で真っ先に落伍し、死ぬのは自分だろう、という気がします。
避難生活は、自分の意志などに関係なく、否応なしにそういう状況に追い込まれる…
私のように生活適応力のない者がここで想像でものを言う、などということが恥ずかしく
なるほど、それは過酷な状況だと思います。
重病の患者も、妊産婦も生まれたばかりの赤ちゃんも関係ない…弱者であればある程、
その影響は真っ先に、一番もろに受けてしまうというのが、天災、というものですよね。

そして単に物理的に避難生活に追い込まれているだけではない、その前に、ひとが
体験したことのないような恐怖や悲しみを見てしまうわけですから……

ほんとうに理不尽としか言いようがありませんね。
願わくはもう二度と、大きな天災など起きてほしくないのですが、この地震頻発地の
日本ではそれは望めないのでしょうね。
一人ひとりが、出来得る限りの自衛力をつけておくしかないのでしょう…

でも、私などまず、交通弱者だから、避難さえできないかも…

ウグイスね。いいですねえ。
もう鳴きはじめましたか。^^




管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

素敵な贈物!
編棒入れ…大事な物を入れるのにも良さそうです。
病院通いは結構大変です。
彼岸花さんのお身体も大事にして下さい。

私も体育館避難は無理そうです。
自宅避難。
ダンボールを身にまとってでも家にいたいです。
先ずは窓のガラスが割れても被害を小さくする為にフィルムを貼りました。
何故がこれポイントの様に思うのです。

ところで 今日、多分 桜 を見た。
車窓風景です。
少し濃い目のピンクです。
あっと言う間に過ぎて自信ありませんが…

手芸かぁ・・・

ちくちくちくちく・・・なんて地味な事わしには向いてないかのう。

読書も趣向がかなり偏ってるから、図書館なり図書室で読むには若干気が引けちゃうし・・・

もし?とはいえ避難所暮らしは、ワシには無理かなぁと不安ばかりです。

もしもの場合は自分の我を通すため、テントか車中生活を迷わず選ぶ気がしてますよ(笑)物資の支援より自由というか?わしにはわしのリズム感というか?まあ、わしの為に周りが不快な思いなんてお互い嫌でしょうし・・・

そうそう鳥と言えば、先週の日曜日にいつの間にかウグイスが泣き方の練習をはじめてましたよ。

最後のホケキョのキョの部分が若干調子が外れてて思わず笑っちゃいました。
プロフィール

彼岸花さん

Author:彼岸花さん
リンク、トラックバックご自由に。

『しだかれて十薬忿怒の息吐けり』

『南亭雑記』の南亭師から頂戴した句。このブログになんともぴったりな句と思い、使わせていただきます。
十薬とはどくだみのこと。どくだみは踏みしだかれると
鮮烈な香りを発します。その青い香りは、さながら虐げられた若者の体から発する忿怒と抗議のエネルギーのよう。
暑い季節には、この強い歌を入口に掲げて、私も一民衆としての想いを熱く語りましょう。

そして季節は秋。
一足早いけれども、同じく南亭師からいただいた、この冬の句も掲げておきましょう。

『埋火に理不尽を焼べどくだみ荘』

埋火(うずみび)は、寝る前に囲炉裏や火鉢の燠火に灰をかぶせて火が消えてしまわぬようにしておいた炭火などのこと。翌朝またこの小さな火を掻き立てて新たな炭をくべ、朝餉の支度にかかるのです…

ペシャワール会
http://www1a.biglobe.ne.jp/peshawar/pekai/signup.html
国境なき医師団
http://www.msf.or.jp/donate/?grid=header02
最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード