『お見舞い』


昨夜もその前の晩も、眠れぬままにラジオを聴いていた…
夜が明けるごとに、被害のひどさが次々に明らかになっていく今回の地震…

今夜から風雨が激しく被災地を襲う…
今、建物の外にいるしかなくて、外で難を避けている方々のことが心配だ。
安全で暖かい避難先が見つかればいいが…


お悔やみとお見舞い…
言葉の虚しさを感じつつも、これ以上被害が広がらぬことをただ祈り続けます…





スポンサーサイト

『えっと…』

安保法制が通っちゃったので…傷心旅行してきます…

…って冗談です。
まだまだあきらめるもんか!です。

短い旅してきます。

すみません。いただいたコメントの返事など、帰って来てからじっくり
書かせていただきますね。





『ご協力お願いします』

先日、銀座での個展にお伺いした、画家の松井大門氏。

東北の被災地の方のため、なにか自分に出来ることはないかと
真剣にお考えになって、こんな企画を立てられました。
被災地のかつての姿を絵に描き、今、故郷を失って大きな悲しみの中に
いらっしゃる方々に見ていただき、勇気を出していただきたい、
という企画なのです。それで、その地域の写真をお持ちの方に
絵のもととするため、使わせてもらえないか、声をかけていらしたのです。

ところが、わたしは、今回の被害を受けられた地域に行ったことがありません。
ですから、写真を提供することが出来ません。
ですので、このブログをお訪ねくださる方の中に、もしかして被災前の
それらの地域の写真をお持ちの方おいでにならないかと声をかけてみることに
しました。

まずは、ブログの記事を転載させていただきましょう。
先生の絵を転載したかったのですが、わたし、やり方がわからないのです。
松井大門ブログにお入りになって、ご覧いただけると幸いです。

『遥かなる明日へ ~画家松井大門の七転八起き~

http://daimonatelier.blog64.fc2.com/


何時もどこかで心を癒してくれていた風景

何気ない風景のありがたさは、無くなってみて初めて気づくのかもしれません
3月11日の大震災

何気ないけど本当に大切な大切な風景達が一瞬のうちに飲み込まれて行きました
そして今、多くの尊い魂とともにどこをどうさまよっているのでしょう

被災された皆様のえぐり取られた深い心の傷
一体何時になったら癒されるのでしょう?

僕に出来ることは何?
あれからずっと考えていました

で、出た結論は
義捐金1000万円なり~~~~とかっこよく行きたいですが
ははは とても無理無理ぃいいい!

僕に出来ることはやっぱり絵を描くことです

よし、流されていった風景達を心をこめて絵にしよう~~~~~~!

そこで皆様にお願いがあります!!!
絵にするための写真が欲しいのです

絵にして残しておきたい写真大大募集いたしますぅうううう!
あなたが持っていなくともあなたの友達が持っているかもしれません~~~~~!
幅広い呼びかけをぜひお願いいたします!!!
ぜひ皆様のお力をお貸しください

心をこめて描かせて頂きます!!!!!
来年の秋にはその絵を持って被災地の皆様に見てもらうべく各地を廻りたいとおもいます

今年の11月11日~16日
被災地の各地を回ってきます
その道中で東北のブロガ-さんたちともお会いできればと思っています

思い出の風景が少しでも取り戻せるのなら、そしてほんの少しでも皆様の癒しになればと
僕の精いっぱいの心をこめて描かせて頂きたいと思います
なお写真は風景でも人物でも結構です!!!!!
デ-タ-の写真は大きいほうがいいのでなるべく圧縮したものじゃないのをお願いします

daimondai666@yahoo.co.jp ←ここへ送ってください
場所の名前 あなたの住所氏名もお願いします


どなたか、写真貸してもいいとお思いの方、おいででしたら、よろしくご協力
お願い申し上げます。

プロフィール

彼岸花さん

Author:彼岸花さん
リンク、トラックバックご自由に。

『しだかれて十薬忿怒の息吐けり』

『南亭雑記』の南亭師から頂戴した句。このブログになんともぴったりな句と思い、使わせていただきます。
十薬とはどくだみのこと。どくだみは踏みしだかれると
鮮烈な香りを発します。その青い香りは、さながら虐げられた若者の体から発する忿怒と抗議のエネルギーのよう。
暑い季節には、この強い歌を入口に掲げて、私も一民衆としての想いを熱く語りましょう。

そして季節は秋。
一足早いけれども、同じく南亭師からいただいた、この冬の句も掲げておきましょう。

『埋火に理不尽を焼べどくだみ荘』

埋火(うずみび)は、寝る前に囲炉裏や火鉢の燠火に灰をかぶせて火が消えてしまわぬようにしておいた炭火などのこと。翌朝またこの小さな火を掻き立てて新たな炭をくべ、朝餉の支度にかかるのです…

ペシャワール会
http://www1a.biglobe.ne.jp/peshawar/pekai/signup.html
国境なき医師団
http://www.msf.or.jp/donate/?grid=header02
最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード