『キャンドル・ナイト 72』



72回目のキャンドル・ナイトだ。
あれから、もう6年が経ったのだなあ・・・・・・・・・



038.jpg




ただ、小さな蝋燭だけを、6本並べてみた・・・・・・


想えば、5センチほどの長さのこの小さな、カメヤマローソクは、3.11の直後、東京で
『計画停電』なる怪しげなものが始まった時、「ろうそくがない」と私がうっかり漏らしたばかりに、
3月15日、一番放射能プルームが多く東京の方へも流れた日に、娘たちが歩きまわって
探して買ってきてくれたものだった…
『計画停電』が始まる、ということで、東京からは、懐中電灯を始め、電池という電池、小型ラジオ、
そして蝋燭、さらにはペットボトル入りの水、米、パンなどというものが、スーパーの棚という棚、
電気屋などの在庫からも一斉に消えた。

『ついうっかり、蝋燭がない』などと私が言ったばかりに、あたら若い二人の体を被曝させてしまった!…
と、どれほど後悔したことか。
今となっては、東京の被ばくなど大したことなかったでしょ、と笑われるかもしれない。
だが、福島第一原発1号機から始まって、原子炉が次々と制御ができなくなっていくのを
時々刻々と震えながら見守るしかなかったあのとき、日本がどうなるかなどということは、
どんな科学者も、政治家も…誰ひとりとして正確な見通しなど持てた者はいなかったはずである…



打ち寄せ、そして引き波で、多くの命をさらっていたあの津波の恐ろしさ…
さらには、もしかしたら、その津波の被災者の方々をも含め、東日本を壊滅的に人間の住めない地に
してしまっていたかもしれないあの原発事故…
人々は、もう、あの恐怖を忘れてしまったのだろうか?



忘れられるもんか!と思う。
あの日のことを忘れることは、決してない。








南亭さんバナー②




心ひとつに キャンドルナイト








葉っぱさん、れんげちゃん。NANTEIさん。
今月もバナーお借りします。
 







スポンサーサイト

『みなさまへ』

コメントたくさんいただきながら、返事も書かないままでいて申し訳ありませんでした。
2月半ばから、少しごたごたしておりまして。

つれあいが、年が明けてから、家の中で転んだり(足の力が抜けてへたり込む)する
回数が目に見えて多くなり、切れていた介護認定をとりなおし、住宅に手すりなど付けたりしようと、
2月半ば、かかりつけ医のところへ定期検診と、あと介護認定の書類を書いてもらうために
出かけました。
ところが、そこでの待ち時間のあいだに、つれあいの顔面が蒼白になり、意識も遠くなっていくようで、
話しかけても手など握っても無反応になってしまいました。
医者も驚いて、急遽空きベッドで点滴をしてくれることになりました。
でもそこは町医者なので、そこから先のことはできない。救急車を呼んで、大学病院に移ることに
なりました。

大学病院で数日間の入院検査の結果、ひどい貧血と低血圧症状が出ていたとのこと。
消化器系等からの出血が疑われるが、しかし、大学病院はその時、消化器内科の病床が
いっぱい。他の病院へ転院するように言われて、別の総合病院に紹介状を書いてもらい
転院することになりました…

一度家に戻ってから、その総合病院に入院。
検査の結果、S字結腸部に大きなポリープが出来ているとのこと。
場所があまり良くないところで、内視鏡を使って切除できるか、それとも開腹手術が必要に
なってくるか微妙、ということでした。
しかしながら、今日、内視鏡を使って、ポリープ切除に成功し、近日中に退院できることに
なりました。腫瘍が良性か悪性かの結果は、来週まで待たねばなりませんが、とりあえず
家に戻ってくることができることになりました。

つれあいのことに集中したいのに、情けないことに、恐らく病院の長い待ち時間などの
間に風邪をひきこんだか、私も一時高熱を出してしまいました。
つれあいの入院している総合病院の内科外来で診てもらった結果、インフルエンザでは
ありませんでしたが、咳がひどく、夜など横になると喘息発作のように咳が続いてくるしくて
眠ることもできないので、別の布団や毛布を高く積み重ねてそれにもたれかかり、上半身を
起こした状態で休むと、少し咳が楽になるという状態。
3月にはいると、声が全く出なくなってしまったのにはびっくりしました。
つれあいは病院に入っているし、一日中一人で過ごしていたので、ある日いつものように
病院に見舞いに行って、ナースステーションで声をかけようとすると、声が出ない!!
ほんとのささやき声のようなものしか出なくなっていたのです。

こんなこと初めて。
耳鼻咽喉科にも今、通っていますが、声が出ない状態は、今も続いています。
医者の話では、のどの粘膜が腫れているため、声帯がピタッと閉じない。そこから
空気が漏れるので、声が出なくなっているのだ、ということでした。
そんな単純なことで、こんなふうに声が出なくなるのか!とびっくりしました。

困るのは、毎日つれあいの病院に見舞いや連絡のため行くのですが、あと自分のための
病院にも行くのですが、つれあいとはともかく、お医者さんや看護師さんたちと大事な話が
まともにできないことです。
仕方ないので、ノート一冊用意して、病状や病歴、質問したいこと、逆に訊かれるであろうこと
など予測して、あらかじめ大事なことはメモしておき、それを読んでいただくというようにしました。
そこに書いていないようなことはその都度、筆談です。
自分のまどろっこしさはともかく、それでなくとも忙しいお医者さんや看護師さんにいらぬ時間を
かけさせてしまうことが本当に申し訳なく。

その上。
のどや鼻や目というものは、つながっているのですね。
ある朝。眼が開きにくくなってて。
眼の周りにびっくりするほどの眼やにが出ていて(いやだなあ…)、目は真っ赤に充血。
少し腫れているのかわずかに瞼や周辺の鈍痛もある。
70年の人生で、目の病気になんかなった事なかったので、これにもびっくりです。
でもこれ以上病院の数を増やしたくない!!! (><)
幸い、目の方は、とりあえず眼薬で、3,4日でなんとかよくなりました。
が、今でもすこし乾燥を感じたり違和感は残っていますので、つれあいの方が少し一段落したら、
いずれ眼科にも通わなければならなくなるでしょう。
パソコンができなかったのは、そんな事情もありました・・・ (><)

ふう~……やれやれ。
つれあいの看病に専念したいのに、自分が倒れてしまうと、ほんとに大変でした。
担当医さんから話がありますと言われて、待って、つれあいの担当医から今後の見通しの
説明など受けているときには、悪寒と頭痛と熱で歯の根が合わないほど体が震えていて。
その時が一番熱がひどくて、タクシーで家に帰ってすぐ蒲団に倒れこんで熱を測ると、39度1分。
その夜は、誰もいない家で、一人、うんうん唸っていました。

私が元気でいないと、つれあいのこともできなくなってしまう…
気持ちばかりは焦るのですが、疲れもたまっているのか、なかなかすっきりしません。
介護保険申請、住宅改修のことなどもあったので、ずうっと気が張っていたし… 
何より、声が出ない、普通に話ができないというのは、ほんと、まいります。

来週、つれあいの組織検査の結果が出るまでは、気持ちが落ち着きません…
が、とりあえず、彼が家に帰ってきてくれるということが一番嬉しい。 ^^

そんなわけで、しばらくの間、ブログも思うようにできないでしょう…
ご心配かけてしまった皆様。本当に申し訳ありません。そしてありがとうございます。

さて。調子に乗って長く書かないようにしま~す。
皆さま。お休みなさい。(ぜーぜーは―は―・・・・・・・・・)



『ひな祭り ’17』

006_20170304120637959.jpg




みなさん。こんにちは。
あのね。あずさね。おきたの。
だけど、ママさんはひどいおかぜで、おねつで、こえも出ないの。




007_201703041206286b9.jpg



みんなでおかし食べて、たのしくあそんでいてね、って。



004_201703041206292d9.jpg




あらあら。
みんな。ごめんね。
好きに遊んで好きに食べて、お白酒もあるからそれも飲んで、楽しくしていてね、って
言っておいたのに、やっぱりみんな。どうしていいかわからなくて、整列しちゃってます。><

わかったわ。旧暦のお雛祭りの日にあらためて、お祝いやりなおしましょう。
その時までみんな、自由におしゃべりなどしていらっしゃいね。




は~い。は~い。は~いは~い。。は~い。は~い。は~い。は~い。は~い。




プロフィール

彼岸花さん

Author:彼岸花さん
リンク、トラックバックご自由に。

『しだかれて十薬忿怒の息吐けり』

『南亭雑記』の南亭師から頂戴した句。このブログになんともぴったりな句と思い、使わせていただきます。
十薬とはどくだみのこと。どくだみは踏みしだかれると
鮮烈な香りを発します。その青い香りは、さながら虐げられた若者の体から発する忿怒と抗議のエネルギーのよう。
暑い季節には、この強い歌を入口に掲げて、私も一民衆としての想いを熱く語りましょう。

そして季節は秋。
一足早いけれども、同じく南亭師からいただいた、この冬の句も掲げておきましょう。

『埋火に理不尽を焼べどくだみ荘』

埋火(うずみび)は、寝る前に囲炉裏や火鉢の燠火に灰をかぶせて火が消えてしまわぬようにしておいた炭火などのこと。翌朝またこの小さな火を掻き立てて新たな炭をくべ、朝餉の支度にかかるのです…

ペシャワール会
http://www1a.biglobe.ne.jp/peshawar/pekai/signup.html
国境なき医師団
http://www.msf.or.jp/donate/?grid=header02
最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード