『vistaちゃん。ありがとう』


8年4カ月使ってきた、この、vista。
いよいよお別れだ。


記念にあずさたちをパソコンの上に勢ぞろいさせた。

長い間ありがとう~~~





2017_0410_163511-CIMG7143.jpg






スポンサーサイト

『これでいいのか。日本!』


長いこと記事を書いてきた…

このパソコンで記事を書くのもあと1日だ。
おそらくこの記事がこのパソコンで書く最後の記事になるかもしれない。

この機を買って、インターネットなどというものを生まれて初めてやり始めて、8年3カ月…
ブログも、結局、このブログと前のブログと合計して同じく8年3カ月やってきたことになる。
だが、Windows Vista のサポートがいよいよ終了するので、この機ともお別れだ。
もう十分働いてくれたし、もう休ませてやってもいいかな、と思っている。

これを機に、パソコンなどというもの自体をやめてしまおうか、とも思ったけれど、
今では、生活のあれこれの場でやはり役立つことは役だってそれがある暮らしに
慣れてしまったので、パソコンのない暮らし、というのも、やっぱり不便で寂しいものだろう。

結局、パソコンを買い換えたので、12日以降は新しいパソコンで記事を書いていくことになる。

たかが機械にすぎないけれど、今のこの機と共に、ずいぶんいろんなことをやってきたなあ。
私はゲームなどはしないので、もっぱら、このブログとあとはYou Tubeを見るとかi-tunesで
音楽を聴くとか、あとは借りてきた映画を観るとかそんなことだ。
でも、そうした楽しみのための機能以上に、パソコンというものが与えてくれた情報によって、
ずいぶん多くのことを学ばせてもらったなあ…という感慨の方が大きい。
あと。多くの方と知り合いになれたこと。
ともすれば自分一人の世界に閉じ籠りがちな私を、人との触れ合いや知識への誘いで
外の世界に連れだしてくれたのだから、このパソコンにはほんとうに感謝だ。
長い間、お疲れさま!


しかし・・・。
私がパソコンを始めた8年前に比しても、この世界はなんと危なっかしく脆くまた嘆かわしい
ものに変わってきてしまったのだろう!
8年前が全てよかったというわけではなく今起きていることは過去に起きたことの結果であり
因果関係は当然のことながら連続している。
そんなことはわかりきっているのだが、それにしても…

私は3.11で、社会のことに遅まきながら目覚めた。ほんとに遅い目覚めではあったけれど。
あれから私は、すっかり自分の価値観が変わってしまった・・・
社会の不正や不条理というようなものに一気に気づいてしまったのである。
それまでの私は、こんなことをいい年して言うのもはばかられるが、なんと、なんとまあ、
ナイーブ(ナイーブ、には元々、無知でお人よし、という意味もある)というであった事だろう!

この世界の、この社会の悪は、不幸は、そのほとんどが、ある一点で繋がっている…
同じ根を持つということに気がついた。
今世界で・・・、この日本で・・・、起きている社会の不正や不公正は、同じ根を持つ。

3.11後の6年間は、わたしはずっとその根っこを、元へ元へとたどり続けてきたように思う。
いろんな記事を書いてきた…
原発問題、復興に関する問題、TPP、秘密保護法、戦争法、消費税、貧富の格差拡大、
政治の教育への介入、従軍慰安婦、日中戦争を描いた文学、ISなどテロリズムの問題、
憲法改悪、・・・トランプ、・・・・・・北朝鮮問題・・・などなど
そして今、森友学園問題からようく一般の目にも見えるようになってきた、この国の右傾化の
実際…

日本の問題に限って言えば、ここに掲げたような問題のほとんどが、象徴的に、ある一年に行きつく。
日本が敗戦した1945年。
『象徴的に』と書いたのは、それ以前にむろん日本は間違った道をまっしぐらに進んできていた
からである。1945年は、その結果にすぎない。
だが、私たち日本人は、3.11以降決して良くは生きてこなかったのと同じに、この年以降をも
決してよく生きてはこなかった。
苦いこと臭いことから目をそむけたのである。ずっと目をそむけ続けてきた、というその点で。

その膿が今になって噴き出しているのだ。
北朝鮮を狂気の国のように世界も日本も言うが、あのような鬼子を産み落としたのは、他でもない
朝鮮半島(や中国、アジア諸国の土地や権益)を自分のものにしたがった日本。そしてアメリカ、ソ連、中国
という大国たちだ。
ISやシリアなどの混迷などという鬼子を産み落とし育てたのが欧米先進諸国であるのと同じ構図だ。

私はずばっと本質に飛び込まず、ずうっとなにか周りばかりを書いてきた気がする。
しかし、一所懸命書いてはきた。大概のことについてはざっとはすでに書いてきてはいる・・・

新しいパソコンとブログのこれからの後半の日々のテーマは、それらを深めて行くことだな。
かゆい所に手を伸ばさなかったようなじれったさを、一つずつ解消して行くこと。


うう・・・まだ、古いパソコンのデータを十分に取り出していない…
頭にも身にもフルに、私から情報を詰め込まれすぎてきたこのパソコン…
ほんとうにごくろうさま。




















プロフィール

彼岸花さん

Author:彼岸花さん
リンク、トラックバックご自由に。

『しだかれて十薬忿怒の息吐けり』

『南亭雑記』の南亭師から頂戴した句。このブログになんともぴったりな句と思い、使わせていただきます。
十薬とはどくだみのこと。どくだみは踏みしだかれると
鮮烈な香りを発します。その青い香りは、さながら虐げられた若者の体から発する忿怒と抗議のエネルギーのよう。
暑い季節には、この強い歌を入口に掲げて、私も一民衆としての想いを熱く語りましょう。

そして季節は秋。
一足早いけれども、同じく南亭師からいただいた、この冬の句も掲げておきましょう。

『埋火に理不尽を焼べどくだみ荘』

埋火(うずみび)は、寝る前に囲炉裏や火鉢の燠火に灰をかぶせて火が消えてしまわぬようにしておいた炭火などのこと。翌朝またこの小さな火を掻き立てて新たな炭をくべ、朝餉の支度にかかるのです…

ペシャワール会
http://www1a.biglobe.ne.jp/peshawar/pekai/signup.html
国境なき医師団
http://www.msf.or.jp/donate/?grid=header02
最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード