『腐った林檎』


第3次安倍第3次改造内閣が発足した。
数日前からテレビでは、新閣僚となる人々(留任も含め)がどんな顔ぶれになるのか、
といった予想で持ちきり。政治記者、コメンテーター、司会者、ゲストなどが嬉々として
ああでもないこうでもないと、下馬評を展開していた。
こういうものを見ていると、なんだか、今回の内閣改造で、森友・加計問題、稲田氏の
自衛隊日報隠蔽への関与など、安倍政権の抱えていたどろどろの問題の数々がまるで
綺麗に払拭されて、新しい清らかな風が吹き始めでもしたかのような錯覚に、私のような
反安倍政権のものでさえつい陥ってしまいそうになるから剣呑である・・・・・・。
(無論、自虐的冗談だが。)

一般の国民は、果たして今回の内閣改造の結果をどういうふうに受け止めたのだろうか・・・
多少でもこれで安倍一強政権に風穴があいた、少しはましな政権になるんじゃないか、と思ったか。
それどころか、安倍氏は、真摯に反省しているようだ、と、好感を持って受け止めたか。
それとも、『なにも変わりはしない・・・』と、冷めた目で見つめていたか。

私は無論、なにも期待しない。
むしろ、一見、安倍氏が謙虚になったような印象を与えることで、逆に、その危険さが増した、
とさえ思って警戒を強めているところである・・・
自分の個人的悲願のためならいくらでも頭を下げる、政治姿勢が変わったのかと思わせるような
ポーズでも何でもしてみせる。そのことで、このひとの改憲への本気度を確認したように思うからである。
森友・加計問題や自衛隊日報問題に見るような、この政権の隠蔽体質や、異常なほどの
巨大『忖度』構図は、ちょっと内閣改造したくらいでは変わりはしないし、問題が明らかに
解明されたわけでも無論全然ない!

安倍氏だけではない。
自民の一強という点ではなにも変わりもしないし、改憲勢力三分の二越えという危険も
何ら去ってはいない。

国民は、ますますこの政権のありようを、しっかりと見つめていかないと。
国民の厳しい目こそが、政治の腐敗を防ぐのである。そのことに国民はもっと
自覚と確信を持つべきだ。

さて。
書きたいこと言いたいことは山のように溜まっているのだけれど、とりあえず、今回の
内閣改造について感じたことを書いてみよう。
この記事のタイトルを『腐った林檎』としたのには、痛烈な皮肉といたたまれないほどの危惧
をそこに込めているからだ・・・

『腐ったリンゴを樽に戻せば樽の中は全部腐る』
これは、実は、今回外務大臣に任命された河野太郎氏が、2009年の自民党総裁選に
立候補したときの弁の一部である。そのときの彼は、この『腐った林檎』という表現で、
森喜朗氏などの自民党の重鎮支配を皮肉っていた。
実は、この腐った林檎に関する表現には出所があって、英語のことわざの
One rotten apple spoils the barrel.


を、英語で演説が出来ると言うほどの英語力を持った河野太郎氏が引用したもの。
(rottenの代わりに bad、 the barrelの代わりに a hundred などさまざまに異なる表現あり。)

私は、もしかしてこれが安倍政権の内閣改造でなかったならば、河野太郎氏の外務大臣等の
起用を、歓迎していたかも知れない。河野太郎氏は、私が自民党の中で唯一支持するに足る
政治家であり、脱原発などその言動に賛同することも多く、また、党内にあって歯に衣着せぬ
正論を堂々と吐くひとなので、好きなのである。
もし私が、自民党支持であるならば、この人なら総理大臣にしてもいいと思う数少ない
政治家のひとりである。
私が、自民党内で評価している数少ない政治家としては、もうひとり茂木敏充氏がいて、
この人も今回、経済再生相として入閣した。
茂木氏の名を覚えたのは、あの2011年3月11日。東日本大震災で、福島第一原発事故が
起きて、原発の行く末についてNHKなどで盛んに与野党の代表の討論などが行われていたとき、
この人が、自民党代表として、しゃべっているのを聞いたときからだ。
彼は、非常に穏やかな議論の仕方をする。まず反対意見の相手の言も良く聞く。しかる後に
自分の意見・党の考えを、言葉を選びつつ、わかりやすく説明する。
無論、自民党であるから、原発推進派には違いないのだけれども、その論議の進め方、
言葉の選び方、そして何より議論への誠実な向かい合い方・・・で、私はこの人を非常に
信頼に足る立派な政治家だと思ったのであった。
非常に頭のいい人だ。
惜しむらく、河野氏か茂木氏が経産相だったら、もっとよかったのだが。(脱原発に希望が・・・)

というわけで、今回の安倍内閣改造には、2、3、評価出来なくもない点はあるにはあったのだが。

だが。
いみじくも、その河野氏が2009年に言った言葉、『腐ったリンゴを樽に戻せば樽の中は
全部腐る』、というのが、まさに、今回の安倍内閣改造人事で憂われるのである。

世評では、ひょっとすると、リベラル派と俗に言われる岸田氏までもが、安倍氏に今度は閣外から
『協力する』形になったこと。安倍氏に遠いとされていた野田聖子氏が総務大臣というポスト
を得て入閣したこと。また、国民の間で人気の高い、これまた安倍氏にはこれまで少し
一線を引いていた小泉進次郎氏までもが筆頭副幹事長という党のポストに就いたことなど、
これまで安倍政権のなにかと批判の的になっていた『おともだち人事』からの脱却が行われた
といって、今回の改造が好感を持ってみられるかも知れない。
『これで、安倍一強体制にも風穴があいた』『これで、安倍氏も、党内の反対意見にも
耳を貸すようになり、独善的でなくなるかも』・・・・・・などと期待されて。

しかし、私は、これらの人々が、閣内や、閣外ではあっても、重要ポストに就くことで、
逆に安倍内閣に取り込まれてしまい、その清新さ(仮にあるとすれば、だが。!!!)を
失ってしまうのではないか、ということを懸念する者である。

安倍氏は、二次政権として総理の座に戻ってきてから、非常にしたたかになった・・・
そして巧妙になった・・・
氏の政治家としてのおそらく原点であり悲願であるいわゆる『日本国憲法を自分の手で
変えて見せた』という実績作り。
その目的のためならば、多少の不愉快も我慢する。どんな手も使う・・・・・・
安倍首相は、今回の森友学園、加計学園、自衛隊の日報問題、その他自他を含む
多くの問題や失態に対して、国民の目が一挙に厳しくなったことを、痛烈に自覚して
いると思う。
自民党内部にも、『王様は裸だ』ということに気づいてしまった者たちがぶつぶつ不満や批判を
漏らし始めたことには、それ以上の危機感を持ったことだろう。
国民や党内部の支持を失うと言うことはイコール悲願の改憲に危険信号がついてしまう
と言うことだ。
今回の内閣人事は、従って、相当に考え抜かれた、いわば背水の陣とでも言うべき
覚悟の体制を組んできたように思える。

それだけに、誰がなに大臣になったの、誰が入閣しなかっただのといって、お祭り騒ぎに
これをしてしまってはならないのである。
今回の人事は、相当に巧妙に行われている・・・
安倍氏の反対勢力、ともまあ一応目されるべき人々が、入閣や閣外の重要ポストを
得たことで、安倍政権に取り込まれてしまって、せっかく少し芽生えた『安倍一強体制』
への疑問や不信、それから、安倍氏でないと今はだめなんだという思い込みへの疑い、
いわば、『王様は裸なんじゃない?』というつぶやきが、これでまた潜ってしまう、ということが
考えられるからである。
それは、国民の意識の問題としても同じだ。
これが、安倍政権のさまざまな不祥事や体質的不正への国民の不満のガス抜きに
なってしまうのでは、安倍氏の思惑にまんまと乗せられてしまうのも同然となる・・・

私は、安倍氏を嫌いだから、言っているのではない。
明らかに、こういう政治はおかしいと思うから、こうやって批判をしている・・・・・・

考えてもみよう。
・一国の代表たる政治家たちが、自分の友人や自分の思想に近い者ばかりを優遇する・・・
それも、どんなに客観的に見ようとしても異常な関係と目に映るほどに。
・一方で、自分にとって都合の悪い情報を流したりする者は、排斥し遠ざける。
・ときには、その人の個人的生活までもを引き合いに出して、それを自分に非常に近い大新聞に
すっぱ抜きさせる・・・
・自分たちに都合の悪い文書は『怪文書』などと決めつけて、その存在を無視し、その一方で
それに反論する材料となるような『正当な?』文書などは自分たちからは示せない。
・いよいよ出てしまった都合の悪い情報に対しては、問い詰められても『記憶にない』
『覚えていない』『記録がない』の一点張りで、どうにか逃げ切ってしまう・・・
・首相や内閣、政治家のためではない、国民のために動く清廉のひとを、よってたかって
潰してしまう。(前川氏のことだけを言っているのではない。)
・いよいよ自分たちに火の粉が及びそうになると、『とかげのしっぽ切り』でもって
部下にその責任を負わせてしまう!
・『平和』『活躍』『思いやり』などなど、本来いい意味の言葉も、彼らが多用悪用する
ことによって、イメージがどんどん汚れていき、言葉ばかりか、その言葉の持つ
価値や理念までが崩れていってしまう・・・
このことの恐ろしさを、みんなもっと考えた方がいい。言葉は理念なのだ。
『理念』の腐りきって崩壊した国家など、そんなおぞましいものがあろうか。
・国民のために、『公』のために働くべき人々が、あるいは上からの圧力のために、
あるいは自分自身の保身のために、上の意向ばかりを『忖度』するようになって、
官僚機構、政治機構が、土台から腐っていく・・・


このようなことが、今、国の上の方で、堂々とまかり通っているのだ。

こうしたことが、国中に広がっていってもいいのだろうか???
子供たちに、こういう生き方が得だから真似しなさいと、教えるのか???
『正直者は馬鹿を見る』『言ったもの勝ち』『やったもの勝ち』・・・そういう無責任が
国中に横行していいのか???

腐った林檎は、周りを腐らせていくのである・・・
『朱に交われば赤くなる』などというものではない。じわじわと・・・気づかれもせぬうちに・・・
国が、人心が・・・、腐っていくのだ。



森友、加計問題などについては思うこと多し。
また別に書こう。









スポンサーサイト
プロフィール

彼岸花さん

Author:彼岸花さん
リンク、トラックバックご自由に。

『しだかれて十薬忿怒の息吐けり』

『南亭雑記』の南亭師から頂戴した句。このブログになんともぴったりな句と思い、使わせていただきます。
十薬とはどくだみのこと。どくだみは踏みしだかれると
鮮烈な香りを発します。その青い香りは、さながら虐げられた若者の体から発する忿怒と抗議のエネルギーのよう。
暑い季節には、この強い歌を入口に掲げて、私も一民衆としての想いを熱く語りましょう。

そして季節は秋。
一足早いけれども、同じく南亭師からいただいた、この冬の句も掲げておきましょう。

『埋火に理不尽を焼べどくだみ荘』

埋火(うずみび)は、寝る前に囲炉裏や火鉢の燠火に灰をかぶせて火が消えてしまわぬようにしておいた炭火などのこと。翌朝またこの小さな火を掻き立てて新たな炭をくべ、朝餉の支度にかかるのです…

ペシャワール会
http://www1a.biglobe.ne.jp/peshawar/pekai/signup.html
国境なき医師団
http://www.msf.or.jp/donate/?grid=header02
最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード