『さようなら原発集会in日比谷』

2012年、10月13日。
日比谷公園野外音楽堂で、大江健三郎さん、落合恵子さん、瀬戸内寂聴さんらが
発起人の『さようなら原発1000万人アクション』の集会がありました。

7月16日。17万人を集めたと言われる代々木公園での『さようなら原発集会』、
7月29日。首都圏反原発連合主催による国会議事堂前のキャンドルデモ、
それ以来、私はデモに行っていませんでした。
久しぶりのデモ参加です。

2012_1013_144740-CIMG8569.jpg

これが『野音』と俗に言われる日比谷野外音楽堂です。
ここで数々の伝説的コンサートが開かれています。
今日の集会は、主催者発表6500人。
前回の代々木の17万人とも言われる規模に比べれば、「ああ、減ったな!」という
感じは否めません。


2012_1013_144907-CIMG8574.jpg

大江健三郎さんは今回もおいでになって、デモの先頭を歩かれました。
魯迅の言葉を引き、『そもそもこの地上に、道というものはなかった。
ひとが歩けばそこに道が出来るのだ。この集会もそういうものであると思う』
というような話をなさった…
大江さんの話はまともに声が聞こえていても聴き取りにくい。
この日も話のほとんどは聴き取れなかったけれど、大江さんはもう、
ある意味、『象徴』のような存在になてらして、いてくださるだけで有難いと
思ってしまいます。
城南信用金庫理事長の吉原毅さんが閉会とデモ開始の挨拶。
「経団連、日本商工会議所、経済同友会の経済3団体が、『経済界は原発ゼロに反対している』
などと、まるで経済界全体の意見を代表しているような言い方をしているけれども、
城南信用金庫は商工会議所に一応加わっているが、一度も意見など聞かれたことはありません」、
などと話して、会場を笑わせてくれていました。

2012_1013_153023-CIMG8581.jpg

デモ出発。待機している時、前の方にいらした方のプラカード。
かつての全共闘運動の闘士たちを想わせるヘルメットをかぶった優しそうな顔の犬が、
『右翼でも左翼でもなく仲翼(仲良く)!』と言っている…!

どなたが考えたのか知らないけれど、うまいなあ!と思ってしまいました。
本当にそう。
この国のことを真剣に思うなら、国民の健康で安全に生きる権利を奪ってしまう
そして国土の一部をひとの住めない場所にしてしまって、今後何百年と
放射能汚染と向き合って暮らさねばならないようなことにしてしまった原発を
いいと思えるわけがないのです。
右翼と左翼とか老人だから若者だから、日本人だからそうじゃないから、なんて
関係ない。反原発運動の運動方針の多少の意見の相違などなんでしょう!
みんなの気もちを緩やかに、大きな一つの力に結集しなければ!!!

でも、現実には、今回の集会でも感じたけれど、こちらの『さようなら原発
1000万人アクション』主催の集会・デモには若者の姿が減りました…
官邸・議事堂前の首都圏反原発連合の集会は、なるべく、組織的な団体…、
幟旗をたてて昔ながらのスローガンを叫ぶ古い形の運動家たちを、
あからさまにではないけれど排除する傾向がある…

さびしいことだと思います。
幟旗だって組合旗だって手作りのプラカードだってなんだっていいじゃないですか。
『原発をなくしたい!』…その想いのもとに皆が集まれば…

しかし、11月11日には、この首都圏反原発連合とさようなら原発1000万人アクション、
またその他の団体が手を結んで、霞が関界隈で100万人規模のデモをしようと
今準備中らしい。そうこなくっちゃ!!

占拠11.11 100万人大



さて。若い人が少なく鳴りものも少ないので、デモはおとなしくスタート。

2012_1013_153933-CIMG8582.jpg

デモをしながら、少し東京ウォークしましょうね。
これは『市政會館』。大正9年。東京市長になった後藤新平は、ニューヨーク市政調査会
を範として、大正11年、東京市政調査会(後に後藤・安田記念東京都市研究所に改称)を設立し、
自らは初代会長に就任した。
建物は建築家8人による指名設計競技の結果、佐藤功一の案が採用され、これをもとに
清水組(現・清水建設)が施工。昭和4年に落成。
建築物の北側部分を公会堂(日比谷公会堂)、残りを会館とした。(Wikiより)

日比谷公会堂、というと、ある年代以上の人には懐かしい響きを持っているでしょう。
NHKのど自慢大会や『三つの歌』などの公開放送はここから送られていました。
年末の紅白歌合戦もここで行われたことがあります。
昭和35年。日本社会党委員長浅沼稲次郎が右翼の山口二矢に刺されて亡くなったのもここ。
写真に写っているのは、市政會館側。
近くから撮ったので、美しい時計台等、ゴシック様式の全体像が映せなかった。
都選定歴史的建造物になっています。
コンペで勝って設計を担当した佐藤功一氏は早稲田大学大隈講堂の
設計者でもありました。


2012_1013_154329-CIMG8585.jpg

これがにっくき東京電力本店ビル。この紅白の鉄塔が目印。

2012_1013_154551-CIMG8587.jpg


デモ隊の人数が少ないということもあるのか、それともすぐ近くの東京国際フォーラムで
IMF・世界銀行年次総会が行われていて、そちらに警備要員をとられているからか、
デモの規制はあまりうるさくなく、少しほったらかし。(それも張り合いがない…
要するにデモのインパクトがないということでもあるので…。大勢の警官や機動隊員…
それも上空から見れば、枯れ木も山の賑わい、と言っては失礼だけれど、
集会の規模の大きさの可視化、に貢献してくれているようなもんだ)

しかし、この東電前だけは、相当な数の警官が配備されていたなあ。
そうそう。日比谷公園を出たばかりのところにも、私のようなぼおっとした者にさえ、
これは公安関係か?と思わせるような、いかつい体つきと鋭い目つきの男たちが
威嚇するように並んでいたなあ。


2012_1013_155355-CIMG8592.jpg

これは大手広告代理店、あの電通の銀座ビル。昭和9年竣工。
1967年に築地に本社が移るまではここが本社。さらに今は本社は東新橋、汐留貨物駅跡地の
巨大なビルに移って、この銀座のビルはギャラリーになっているとか。
私の写真では分からないけれど、建物の交差点に面する角を丸く取ってあって、壁面は
緑系の総タイル貼り。当時としては斬新な横長の窓も面白い。
これは真ん中の広いガラス部分は固定されていて、両側の細長いガラス部分が
開閉できるようになっている『シカゴ窓』という形式なんだそうだ。
あと、ちょうど樹の陰になってなってしまっているがエントランス上部の
レリーフなど、建物として魅力的なもの。
『電通』と聞くと、私には複雑な思い……

2012_1013_161418-CIMG8597.jpg

デモは、つつましげな「原発いらない!」などのシュプレヒコールが
小さなグループごとに行われるだけで、鳴りものもなく、静かに進んでいく…

…空を見上げると!

2012_1013_161451-CIMG8599.jpg


なに!この空!
こんなの見たことない!

なにか、言いしれぬ、喜びとも悲しみともつかぬような感情がこみ上げてくる……




2012_1013_163804-CIMG8605.jpg

東京駅に着いた。
ちょっと遠くから、デモ隊の姿を写して、私はここでお別れ。
デモ隊はもう少し先まで行く…


2012_1013_165911-CIMG8609.jpg

東京駅地下を通って、八重洲口の方から丸の内方面に出る。
10月1日にお披露目したばかりの新装なった東京駅駅舎を見ていきましょうかね。




2012_1013_170250-CIMG8616.jpg

一番右が、新丸の内ビルディング。
その奥が、丸の内ビルディング。いわゆる丸ビル。
でも、昔の丸の内ビルヂングは、こうだったんですよ。

http://www007.upp.so-net.ne.jp/haikeiroku/marubiru.html



2012_1013_171610-CIMG8621.jpg


ほんとはもう少し早ければ、もう少し先の三菱一号館美術館でやっている
『シャルダン展』を見たかったけれど、もう5時過ぎていたので、また
出直すことに。
足も痛くなっていたので、新丸ビルの最上階に行って、景色を見ながら
ちょっと休むことにしました。


2012_1013_172137-CIMG8639.jpg

7階から見下ろした東京駅。


2012_1013_172904-CIMG8645.jpg

この新丸ビルの7階には、四方の窓から東京の街が見えるように配置された
8つのダイニングや、バーなどがあります。
それぞれのお店の内装もお洒落なんだけれど、食べものや飲み物は、外周のテラスでも
食べることが出来るようになっています。


2012_1013_172837-CIMG8644.jpg

私も、カウンターで支払いすませてから、飲み物持って、テラスに出ました。
テラスには、こんなふうに植栽がしてあって、食事をするテーブル席や、
ただの冷やかしの人でも自由に座れる木のベンチなどあって親切です。
たくさんのひとがこうして、ライトアップされた東京駅を初め、美しい夜景に見入っていました。

帰ったらすぐに食べられるようあわただしく夕食の支度をして家を飛び出してきたので、
朝から、何も食べていません。喉もからから…
ブラッドオレンジジュースを頼みました…


2012_1013_173644-CIMG8656.jpg

このテラスは建物の四囲をぐるっと回って見ることが出来るようになっています。
丸ビルの側に回って見ると、街路樹がイルミネーションで飾られています。
もうじき、クリスマスも来てしまうのでしょうね…。
時の過ぎゆくのがなんて速いのだろう……


ビルとビルの間に小さく東京タワーが見える。
ああ!……

私は東京タワーが好きです…


2012_1013_175631-CIMG8667.jpg

さあ。いつまでも夜景をこうして見ていたいけれど、もう6時。
帰らなければ…
ドームのライトアップが素晴らしく綺麗です。


2012_1013_175852-CIMG8672.jpg

駅舎の南北にあるドームは高さ約35メートル。ドームの内部です。
改装なってから、乗降客が4割も増えたとか。
なんと!一日100万人の人がここを行き来します…。

…なんという矛盾でしょう…
同じ日本に、このような繁栄の大都会があり、また、
原子力関連施設でもなんでも受け入れなければ、村や町の暮らしが
成り立たないと思うほど追いつめられた過疎の地があります…
原発を受け入れなければ、本当に生きていけないのか…
そのことは別にして、とにかく、格差があることは否定しようがない。


このきらびやかな街の灯り…
その電気のほとんどは、ここで作られているものではありません…


自分自身の気楽さ…。
私もまた、ある意味で、悪の加担者なのではないでしょうか…

ブラッドオレンジのジュースの味は、ほろ苦かったです…


私は、脱原発とは関わりのない悲しみを一つ抱えています。
私にとって、今日の外出は、ある種の巡礼です。
私はこれからも、自分一人の、こころの巡礼を続けていくんだろうと思います…







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: ウッドスタインさんへ

ウッドスタインさん。こんばんは♪

楽しい趣味のお話、ありがとうございました。
また、佐藤優さんの放送。お教えくださりありがとうございます。
聴かせていただきましたよ~~~……
これは。みなさんに聞いていただきたいですね…
私は、音声ファイルに保存させていただきましたが、いま、You Tube
見たら、こちらにあるようですので、皆さんにはYou Tubeで聴いていただくように
しようかしら。
佐藤優さんは、頭の切れる方ですね。普通に報道されることの奥のことを
はっきりおっしゃってくださるので、私もとても勉強になります。
9分後くらいのところで語ってらっしゃる、沖縄の特殊性…
日本にありながら、国からは同じ家族である国民として扱われていないことの
具体例として、日本の都道府県の中にあってただ一つ、なぜか沖縄にだけは日本大使がいて、
大使公館が置かれている…などという話や、中華民国などとのいきさつなど
世界が見る沖縄は、私たちが普通に知らされている、いや、勝手に思い込んでいる
沖縄とすごく違うのだということを思わされました…
私も含め、沖縄に対し私たちはあまりにも無関心で無知ですね…

いや…考えさせられます…言葉もないです……





No title

 趣味の話が続きましたので、ここで政治の話を。この欄のコメントに沖縄の話が登場しましたので、沖縄つながりでこんな話を。

 沖縄の現状の問題について、本土の人や、もしかしたら沖縄の一般人も気づいていない視点、考え方を、元外交官で作家の佐藤優(まさる)氏が解説しています。同じ内容の話を先週の文化放送の番組でも述べていましたが、昨日のTBSラジオ「DIG」の放送内容はポッドキャストで聴くことができますので、紹介しておきます。ただ、1時間余りの長さなので、その辺は心して聴いてください。

http://podcast.tbsradio.jp/dig/files/dig20121023.mp3

 表題は「頂点に達した沖縄の怒り 基地問題に解決策は存在するのか?」すなわち、今回の米海軍兵士の沖縄女性暴行事件とそれに関する日米地位協定の在り方についてですが、これを聴くと、それに止まらず、もう民族問題・独立問題にまで話が及んでいる現状があり、かなり深刻な状況であることを思い知らされます。
 なお、このポッドキャストは一週間で削除されますし、長時間なので、できれば音声ファイルとしてダウンロードしておくことをお勧めします。

Re: NANTEIさんへ

NANTEIさん。こんばんは。
ああ!そうだったんですか!

私などが何となく感じる以上に、あの絵には、大嶺画伯の激しい怒りと
悲しみがメッセージとしてこめられていたのですね。
あの可愛らしい子供の顔に口を描かないという、その決意。
それはよほどの強い想いだと思います。

サンフランシスコ講和条約の翌年……
ほんとうに、日本は沖縄を保身のために切り捨てたのですね。
戦場になっただけでも、沖縄はどれほど大きな犠牲を払ったか知れないのに、
戦争が終わってもなお、国と国のエゴの綱引きに利用され続けた…
そしてそれは今もなお変わらない。
沖縄は我慢するものだ、という暗黙の了解のようなものが国に出来てしまっている…
いや。私たち国民にもその意識はあるとおもいます。
それはどれほど口惜しく腹立たしく、虚しいことでしょう…
福島がまた、似たような構図になっていきつつあります…

画伯のお嬢さまの寄せられた一文。拝見できてよかったです。
ほんとですね。画伯もきっとよく書いてくれた!とおっしゃってらっしゃると思います。

教えてくださってありがとうございます!
2冊の本など総合して、この問題についても真剣に考えてみたいと思います。

こんにちは。

先日は「10月16日」に賛同のコメントをいただきありがとうございました。

今朝、冒頭に使用させていただいた大嶺画伯の絵について、
画伯のお嬢さんからコメントをもらいました。

恥ずかしいながら、その深い哀しみに初めて触れた思いがして、
熱いものがこみあげてきました。
そのコメントを彼岸花さんだからこそ、
読んでいただきたいと思ったのです。

一部ですがご覧になってください。

冒頭の絵、沖縄の子供には口がないのです
この作品を描く前年サンフランシスコ平和条約が締結され沖縄は日本から
分離され沖縄人として人権を語ることができない口のない子供になった
故郷沖縄に対する郷愁とままならぬ現状にこの作品ができたと言ってました
亡父もこの絵がこのようなかたちで紹介されて南亭さんありがとうと
手を振っているようです

Re: やっちゃんさんへ

やっちゃんさん。こんにちは!
ええ、ええ、もう、どうぞ使ってください。
復興予算の垂れ流し。私もほんとに腹立ててる。腹立ててることばっかりだけど。

やっちゃんさんのところのコメントに、追加の、復興予算のひどい使い方
書かせていただきましたから、読んでね~。^^

No title

彼岸花さんおはようございます。
ごめんなさい事後承諾なんですけど、、、。
「復興予算の問題」
でお怒りのコメント1部転載させて頂きました。
ほんまに腹立ちます。
こればっかりは許しがたい。
人の金をなんだと思ってるんだ金返せと言いたいです。
事後報告すみません、、、。

Re: 宵の鍵コメさんへ

まあ!そうですか!
同じ空の下を歩いていたことになりますね!

鍵コメさんにとっては東京はふるさとですものね。
私はいつまでたってもどこに行っても異邦人です。東京も全然よく知らないし、
と言って日本全国、他に知っているというところもない。
どこに行っても、自分が浮いていると感じます。
ひどい方向音痴ということもありますが。(笑)

しかし、この巨大なエネルギー消費地…
批判もしてみるけれど、また魅力的でもあるんですよね~。
愛しつつ憎む、憎みつつ愛する、といった感じでしょうか。^^

表通りから、裏道へ、さらにその奥へ、…
一歩中に入れば、懐かしいような姿の東京がある…
消えゆく東京、を散歩してみたいという想いは強いです。

ありがとう!だいじょぶです!
人が生きて行くって、いまさら何言ってんだい!って感じですが、せつないですね。^^
何かね、東京愛憎物語、みたいな巡礼シリーズ、ここで書いてみたい気がします。





Re: 殿方の鍵コメさんへ

聞きますとも~~~!!!(爆)

いや~~、お話、ありがとうございます。大変に興味深いです!
こちらでなかなか話しにくいですので、またゆっくり、お邪魔しますね!
何となく、興味おありかな~などと思いつつ書いた、ということもありますので。

ありがとうございます!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: お昼間の鍵コメさんへ

鍵コメさん。こんばんは。
そうね。ほんとに珍しい雲でしたよ。空一面の鰯雲というか、波状雲。
『棚田雲』!それいいですね!
あんなに空一面のなんて見たことがなかった。なにか悲しくなっちゃうくらいでした。

ああ。お父さまは祭りの笛をお吹きになってらしたんですね。すてきだなあ!
私ね、お祭り大好きなんですよ。でも、地元というものがない暮らしを
してきたから、その地域の者として関わったことがない…
それはある意味、さびしいですね…幼馴染とか同級生とか言う懐かしい関係も
人生においてないんですもの。地元の青年団に好きなひとがいる... なあんていう
きゅん♪とするような想いもね。^^
そんな私が、歴史はあるらしいんですが小さな小さな神社でお手伝いしてるのが
いかにも似合わなかったらしく、大笑いされてしまいました!

ありがとう。私も少しほっとしました。
私もね、あの話が一番こころに残っています!

創作するということは、大きな喜びであり、救いでもありますね。
楽しみにしていますね♪
ありがとう~~~!


Re: クウ―ママさんへ

クウ―ママさん。こんばんは。

お返事、気になさらないでくださいね。展覧会の作品作りで
大変でしょう? お体壊さないよう、今はそちらに集中なさってくださいね。^^
すてきな作品見せていただくの、楽しみにしていますからねっ♪

『駅が好き』
ああ、わかりますわかります!
私もね、昔の東京駅とか上野駅とか好き。
そうそう、『地味な駅弁の似合う薄暗さ』。あれがよかったわね!
大きな駅のあの、汚いどぶねずみ色っていうの?なんと言っていいかわからないけれど、
打ちっぱなしのコンクリートがさらに煤けた色、破れたポスター…
そして、かすかに漂うトイレの臭い!(笑)や、地下鉄から立ち昇ってくる空気の臭い…
そんなものもひっくるめて、懐かしいです。
駅から吐き出されてくる人の波を、近くの喫茶店の2階や3階の窓際の席から
ぼおっと眺めてるの良いわよね♪
そんなときは、自分の肉体の存在も忘れて、いわば、『眼』だけの存在になって
いるの。そんな空白に似た時間が好きです。
地下鉄の臭いと言えば、デモしてる時ね、東京の街を歩いていると、
取り立てて有名な通りでなくても、どこも街路樹が整備されているんですよ。
お洒落なブティックとかあってね、古~いシックな建物で昔ながらのお店が
まだ商売続けていたりする…
とっても綺麗な街になっているのにね、あれはなんだろう、地下鉄から立ち昇る匂いなのか、
下水道からの臭いなのか、むうっとする熱気が時折ふっと漂ってくるのね。
私は悪臭恐怖症じみたところが本来あるんだけれども、なぜか、そういう街の臭いは
悲しくて好きなの。好きというより、ただ懐かしいだけかな。
私が上京したころの東京が…。^^
昭和41年。就職して出て来た時、品川駅に降り立って、都会ってなんて汚い色してるんだろう!
って思いながら灰色の空や、当時はそう高くなかったビル群を見上げた時の、あの東京…。^^

『えと、デモの話をしに来たのに、脱線事故です。復旧工事しなくちゃ・・』

ふふふ。クウ―ママさん。可愛い♪
あたしもしょっちゅう脱線するから大丈夫!(笑)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

遅いけど・・ デモお疲れさまでした! ありがとうございます。
一日がかりなんですね!  ちゃんと、疲れを取って下さいね。
頂いたコメントに返事を書いてる間に、また来てくださったみたいで・・
いつも返事が遅くてごめんなさい! 嬉しくて何度も読み返してから返事を書くもので・

東京駅が好きで、新幹線が東京駅まで繋がった時はワクワクしました。
あの、薄暗かったドームがこんなに素晴らしくなった・・行ってみたい!って思います。
小さい田舎ッ子には、煉瓦の駅が夢のように見えてました。何度行っても変わりません。
東京に住む妹の病気見まいに行った何年か前、北斎展を見てすぐ、工事が始まってへぇぇ
なんて思っていたら、こんなに大々的な事だったんですね! 煉瓦の中身の薄暗さと、
地下街の明るすぎる差に驚いてましたが・・地味な駅弁が似合う薄暗さも好きでしたよ^^ 都会のビルで明かりを見つめる彼岸花さんを想像しちゃったわ^^
あ、駅が好きなんですよ。東京の人の早い話し方は聞き取れませんし・・人混みは嫌いだし、たまぁ〜に行けたら良く整備された都会をキョロキョロ楽しもう ってなもんで(笑い) ディズニーランドは苦手で東京駅を見てるなら飽きません。
子供の感動そのまま今もって、田舎っ子から田舎のおばさんへ移行しただけですねぇ。
えと、デモの話をしに来たのに、脱線事故です。復旧工事しなくちゃ・・









Re: 相子さまへ

相子さま、こんばんは♪
はい。だいぶ減りましたが、今度11月11日にはまたかなり集まるのでは
ないかと思っています。
しばらく私のように休んでいた者でも、脱原発の想いは強い人々が多いですから、
入れ替わり立ち替わり参加して、途切れることはないのでは、と思います。
原発のことだけでなく、この国の政治、ひどすぎますものね。

足はね、健脚、というほどではないですが、よく歩ける方でした。
我が家は車を持たない主義なので、どこに行くにも歩きか自転車。
だから、かなりの距離歩いても平気でした。
『でした』と過去形で書くには訳があり、最近ちょっと外反母趾気味になってきたのか、
靴を履いて歩いていると、途中からたまらなく痛くなるんですよね…
見た目、なんともないのですが。
この日は、歩いたのは実質1時間40分くらいです。その前に集会があって
大江健三郎さんなどのお話がありましたから。
次からは、足が楽なサンダルか何か持って行って、履きかえようと思います。^^
昔は細いハイヒールの靴で、ぴったりしたタイトスカートのスーツ姿というのが
トレードマークでしたのに、もうここ15年くらいは、ヒールの高いものも
履けません…

先日は娘たちに連れていってもらって神田明神~書店街など散歩しました。
相子さまの地元と言ってもいいところですね♪
山の上ホテルに一度泊まりたいなあ、などと思いながら歩いていました。

No title

彼岸花さん  今日は
デモの参加者が減って来ていることは聞いておりました。
私は一度も参加しておりませんが、絶えなく続くことを願っています。
最近の政治家の動きはとても気になります。
今回の内容に同じ思いを感じるところ多々あります。
記して頂き有難うございます。

それにしましても健脚振りに驚きました。ほぼ一日ですものね。
お陰であちこち見せて頂き、新しい風景や様子に触れることが出来ました。

Re: やっちゃんさんへ

やっちゃんさん。こんばんは~♪

そちらは変なことになってますね~~~!
いったいどこまでしつこくしぶといんだろう…
ほんとに、金の亡者って、どうしようもないわね。恥も外聞も正義も倫理も
あったもんじゃない。儲かる!と思ったら、とことん喰らいついてくるのね。
復興予算にたかるシロアリたちもそう。
被災地の人々に、よくも、よくもまあ!顔向けが出来るわよね!
被災地じゃ学校だってまだ手がつけられない、住民の最低限の環境だって
全然整ってないのに、まったく関係ない省庁や機関がわ~っと群がって、
復興のための予算をむしり取っていくのよ。
シロアリ以下の、まるで餓鬼道に落ちてしまったような連中ね。
金のためには人間ここまで醜くなるものでしょうか…

やっちゃんさん。怒りすぎて体壊さないようにお互いしましょうね!

このポスターね。調べてみたら、右翼団体一水会顧問の鈴木邦男さんの
言葉みたい!^^
この方は3.11後の早い時期から、脱原発の運動に顔を見せてらっしゃいました。
ほんと、この国のこと考えれば、原発推進を継続なんてあり得ない、と
思うのよね。国籍さえ関係ない。海外の方もデモに参加してくださっています。
人間の動物としての本能が、放射能なんていらない!って叫ばないのが不思議です。

ほんと。この国は明るすぎね。そして一極集中しすぎ。
こんなに便利でなくてもいい。東京駅の地下街ね、もうお店がすごいのよ。
それでも大阪の地下街には敵わない。これだけのお店が経営が成り立つのかと思うと、
そこで使うエネルギーとかごみの量とか考えるとゾッとするわね。
これがね、何かを確実に犠牲にして成り立っているのよ…
街の灯りは、悲しくなるほどきれいなの…
人は成長神話をやめられない生き物なんだろうか…

いろいろ深く考えてしまいます。

やっちゃんさんも、時には気を休めてね♪ ありがとう~~~♪






Re: 愛希穂さんへ

愛希穂さん、こんばんは♪
はい。だいぶ少なくなりましたね…
それでも、日比谷野音を埋め尽くすくらいの人は集まったんですけれどね。
たぶん、一つには、前の日の12日金曜日、いつものように官邸前デモに
行った人もいたでしょうので、さすがに2日続けては、という人も
いたかもしれません。若い人が少なかったのはそれもあったかも。
でもまた、11月11日には統一行動して霞が関一帯を占拠しようと
大きなことを準備しているようですから、まだまだ、脱原発の声が縮小した、ということは
ないと思います。11日は全国的な運動にしたいなあ。

国民の怒りは今、沈潜していると思います。それを焚きつけるものがあれば、
またぱっと燃え広がるんでしょうが、今、闘う相手を見失っていると
いうこともあるかも知れません。大飯原発再稼働反対とか、野田引っ込めとか
敵がはっきりしていたときはよかったのですが、敵がアメリカや経団連や…
と広がっていき、しかも、野田よりさらに悪い安倍自民党が代わりか!、と思うと、
野田さえひょっとしてまだましなの?と思ってしまうくらいひどいことになっているから…
闘う相手の正体が見えづらくなっているというのも、デモが元気なくなった
一つの原因かも。

脱原発をはっきり言明する候補者は、脱原発候補、というシールを
ポスターに貼るという運動も始まったようですから、こういう、選挙に直接
結びつくアピールをどんどん広めていくことがこれから大事になってくるでしょうね。
浜岡原発地元の住民投票条例請願だって、必要数の2倍以上の署名が集まっても、
県知事が賛成してくれても、自民党の多い県議会が動いて否決しちゃうんだもの!
もう、脱原発をはっきり争点にして、そうじゃない議員は片っぱしから
落選させていくしかないですね。

あとは大きな問題は、原発に関心も知識もない人々をどうやってひきこんでいくか、
ですねえ…これが一番大変な問題なのかもしれません…

愛希穂さん。ありがとうございま~す!





Re: hasutamaさんへ

hasutamaさん。こんばんは♪

> 雲もデモっているとしか、考えられませんね!?それとも、ストライキ(プ)?

ふふッ!雲もデモ、ほんとね♪
でももう、こりゃストライキ(プ)でもしなけりゃいられませんねっ!

あの復興予算の使い方、いったい何?
2011年度の三次補正予算に自衛隊輸送機の後継機の購入を盛り込み、
400億円を執行?!!!
もんじゅにも、シー・シェパード対策費。中央合同庁舎4号館(東京)、荒川税務署(東京)、
新発田税務署(新潟)、大阪第一合同庁舎(大阪)、海上保安大学校(広島)
など全国約100ヵ所、120億円にのぼる官庁施設工事の耐震補強?!!!

国民は黙ってこれを許すんですか…。

ほんとに、この国はいったいどうなってるの、と言いたいくらい、もう節操もなにも
なくなっちゃった。まさに復興予算にたかるシロアリですね。

ああ、こんな美しい空…!
それなのにね……

目先のことさえよければ、他人はどうでもいいのかな…
なんだかこっちの神経がおかしいの?って迷ってしまうくらい、ひどいことが
上から下まで横行してますね。それも世界的にね。

hasutamaさん。人間が営々として築き上げて来た哲学や倫理観、
正義感、良心や良識…恥の概念…そんなものはどこに行っちゃったのでしょう…

No title

彼岸花さんデモご参加ありがとうございます!

『右翼でも左翼でもなく仲翼(仲良く)!』

素晴らしいですね♪
どなたなのでしょう?
この方にザブトン10枚差し上げたいです。
ほんとにその通りです。
やっちゃんなんか今だに右翼と左翼の違い良くわからないもん。
どうでもいいもんそんなことは。
ただ原発核放射能が絶対これ以上耐えられないだけ。
電気は必要もちろん最低限必要な分だけ。(原発じゃないやつ)
それ以上の余計な電気はいらない。
明るすぎるなあ都会は、、、ってここに住んでるとそう思います。
彼岸花さんゆっくりお休み下さいネ。

No title

こんばんは。
13日のデモに参加されていたのですね。
facebookにも、このデモのことが投稿されていて、参加人数を見て、その数字に「えっ!?」って驚いたのですが、やはりそう多くはなかったのですね。

でも、だからと言って、原発反対の声を途切れさせることはしたくないですよね。(デモに参加したことのない私が言うのも何ですが・・・)
絶対に忘れてはいけない、風化させてはいけない。
今、本当にそう思うんです。怒りも込めて。

> 原発を受け入れなければ、本当に生きていけないのか
そんなこと、ないですよね。
権力者がそう思わせて、原発を受け入れさせようとしているだけ。
そして、一から何かを考えて村おこしを考えるよりは、国策であり、お金もたっぷり入ってくる、受け入れたら、あとは全部国がしてくれる、何も考えないですむ原発に頼る方が楽だとの安易な思考でしょうか。

>自分自身の気楽さ…。
 私もまた、ある意味で、悪の加担者なのではないでしょうか…

この彼岸花さんの言葉に、ガツーンときました。
でも、こういう思いというのか、葛藤というのか、罪悪感というのか、何と言えばいいのか分かりませんが、向き合って、では、自分はこれからどうしていくか、真剣に考えて行動に移すことを怠ってはいけないと思いました。

デモに参加する人数は減ったかもしれませんが、でも、脱原発を望む声はまだまだ大きいと信じています。

Re: 鍵コメさんへ

鍵コメさん、鍵コメさん♪!!!
嬉しい!連絡ありがとう~~~♪

事情は大体わかりました。じっくりゆっくりお話ししたいけれど、
このコメント欄じゃそれが出来ないわね~~~
お話は鍵コメで伺えるけれど、こちらからの返事が思うように書けない…
どうしたらいいのかしら…

でもね、それでもいいから、こうやって時々連絡ください。
あなたが見ていてくださると思えば、私も記事の書き甲斐があります。
原発以外の記事も書きますからね。

私ね、そんな、思われるような人間じゃありません。
これでも、悲しいことが胸にいっぱい詰まってるよ。
時々ね、ああ、煙草が吸えたらな、って思うことがある…(笑)
そう。一人でゆっくり、昔ながらの落ち着いた喫茶店に入って、煙草を
静かにくゆらしていたい。
若いころ吸わなかったのにいまさら新しく吸い始めたりはしませんけれどもね。
ああ。近くに住んでいれば、一緒にそんな静かな喫茶店でゆっくり
お話しできるのにね…

東京駅のホテルには、いつか泊まってみようと思っています。一人でね(笑)
鍵コメさんだったら、東京の夜の街が見える道路側の部屋がいいですか、
それとも、駅の中を行き交う人が見える内側の部屋がいいですか。
私は、一日、行き交う人を見ていたいなあ…
いつかその夢叶えるんだ!ささやかな夢だけど…

鍵コメさん。夢を持ち続けてね。
小さな夢、大きな夢…

また遊びに来てね♪ 

約束よ♪







No title

雲もデモっているとしか、考えられませんね!?それとも、ストライキ(プ)?

Re: ヘルブラウさんへ

ヘルブラウさん。お久~~~♪
ああ!帰国しておいでなんですね~~~♪
ご実家の方々やおともだちとゆっくりなさってるかな~?

あ、でも、上海においでになるんですね。
お嬢さまと楽しくお過ごしになって、また旅の様子、ブログで紹介してくださいね。
映画の記事もお願いしますっ!(笑)
見たい映画はたくさんあるんですけれどね、何せ都心に出るまで約1時間半。
えいやっ!と気合を入れないと、デモにもいけない私です。
デモで出たついでに、なにかしてこようとも思うけれど、最近は歩くのに
すぐ足が痛くなって…しょぼしょぼ……(涙)

9月はいろんなことで落ち込むことが多く、皆さんのところに訪問させて
いただくのも滞りがちでした。
でも、また、覚悟を決めて、いろいろやらなくちゃなあとも思っています。

日本は変なことになりつつあります…。
ヘルブラウさん。外からしっかり見ていてくださいね~~~!
そしていろいろ教えてくださいね~。ドイツの電気代は高いの?

旅の続き。いい旅を♪♪♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

お久~

地道にデモ参加されている彼岸花さんに頭が下がります。
そして素敵な東京案内、今回は日数がなく東京行きは
諦めているのでいい見学をさせていただきました。

現在大阪滞在中ですが、明後日からは上海の娘のところへ
行くことになっています。またぼちぼち旅の様子でも
ブログで取り上げようかとも思っておりますが、
どうも怠け癖がついたみたいなんですよ~笑

季節の変わり目どうぞお身体にお気をつけくださいませ。

プロフィール

彼岸花さん

Author:彼岸花さん
リンク、トラックバックご自由に。

『しだかれて十薬忿怒の息吐けり』

『南亭雑記』の南亭師から頂戴した句。このブログになんともぴったりな句と思い、使わせていただきます。
十薬とはどくだみのこと。どくだみは踏みしだかれると
鮮烈な香りを発します。その青い香りは、さながら虐げられた若者の体から発する忿怒と抗議のエネルギーのよう。
暑い季節には、この強い歌を入口に掲げて、私も一民衆としての想いを熱く語りましょう。

そして季節は秋。
一足早いけれども、同じく南亭師からいただいた、この冬の句も掲げておきましょう。

『埋火に理不尽を焼べどくだみ荘』

埋火(うずみび)は、寝る前に囲炉裏や火鉢の燠火に灰をかぶせて火が消えてしまわぬようにしておいた炭火などのこと。翌朝またこの小さな火を掻き立てて新たな炭をくべ、朝餉の支度にかかるのです…

ペシャワール会
http://www1a.biglobe.ne.jp/peshawar/pekai/signup.html
国境なき医師団
http://www.msf.or.jp/donate/?grid=header02
最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード