『脱原発勢力の結集を』

広瀬隆氏が、緊急提案、ということで、大事なことを呼びかけられている。

今、民主・自公の大政党と、橋下・石原の維新と…
どちらに転んでも、脱原発の夢は無残に踏みにじられるだろう…
そう思って、選挙前から戦う気力をなくしていらっしゃる方も多いのでは
ないだろうか…
私もそうである。半分あきらめつつも、このまま引き下がるのがあまりにも無念なので
こうやって、小さなブログで声を上げている。
野田首相の批判。橋下、石原両氏への批判、…その下書きをどれほどたくさん書いただろう。
いわゆるネガティブキャンペーンである。
でも、書いては虚しくなった。こんな人々しかいないのか!と絶望しそうになった…
こんなはずはない…こんなことがあっていいの?!
…方法があるはずだ。なにか出来る筈だ…
そう思ってここ3日ほど、『リベラルの結集を』という記事を書いては消し書いては並べ替え、
自分のもどかしい想いや願いををうまくまとめられずにいた。

ところが、広瀬隆さんが,そこのところをずばりと書いていられる。
元の記事は『脱サラ亭主のデコボコ独立開業記』 のやっちゃんさんから戴いた。
私は、広瀬さんの記事の、必要な一部だけを引用しているけれど、広瀬隆さんの
熱い記事の全文ご覧になられたい方は、やっちゃんさんのところをお訪ねください。
やっちゃんさん、ありがとう。


   『今こそ国民が立ち上がる時です ・・・広瀬隆』

無題
3広瀬
10.jpg
11.png
無題45
無題46
無題48
無題49
無題60
無題61
無題62
64.jpg
67.jpg
68.jpg
69.jpg
無題71
無題72
無題73
無題76
無題77



政党のガラガラの動きが急である。
一日で状況が変わってしまう。
みんなの党の動きや、小沢氏についてなど、補足はいるかと思う。
小沢氏に内容が傾きすぎているかな、など私なりの異見はあるけれど、
今は、こういう小さな政党が結束しなければどうにもならない。
選挙は、当選数で判断するだけでなく、得票数で、脱原発の国民の願いが
これだけ強いんだということを示そう!という意見にはそうだなあ、と思う。
また、小さな政党が、それぞれに候補を立てて、ごちゃごちゃ争っても
結果が出ない。ここは選挙協力を組む。脱原発派が競合して票の奪い合いをする、
などということは、この際、頼むからやめてくれ!という気持ちは私も同じである。
あとは、また、『リベラルの結集を』という記事の中で、自分の言葉で書いてみようと
思う。

ただ、あきらめない!という強い意志を持って、国民が投票に行くこと。
そして、国民の強い意志が動くとき、マスコミの誘導などは、わずか一週間しかなくても
覆せる!……それは私もありえると思っている。
民衆が何かを変えようと雪崩打って動く力は、民衆が思う以上に恐ろしく強いものだ。

そのことを取り急ぎ伝えておきたい。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 鍵コメさんへ

鍵コメさん。こんばんは♪

そうなんですよ。あと少しの間かな~。^^
終わったらまた、ばあっと書いちゃうもんね!
怒りと嘆きの記事になるのかなあ…そうならないといいなあ…

ありがとうございます!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 相子さまへ

相子さま、おはようございます。
原子力規制委員の県では、本当に拡散、ありがとうございました♪
相子さまは、本当に活動的でいらっしゃいますね。
私などは、普段、閉じた生き方をしておりますので、相子さまに本当に
いつもいい刺激を戴きます。
相子さまがそのお人柄で築いてこられた人と人の信頼関係。
それが、こうした時には大きな大きな力となりますね。
ううん。選挙とか署名とか、特別な時だけでなく、普段の日常でも
相子さまの記事読ませていただいて、その回りに集う方々の多いこと、
本当にいつもすてきなことだなあ、と感じております。
私も、もう少し近ければ、相子さまに子犬のようについて行きたい!(笑)

浜岡の時も署名集めを。そうでしたか♪
ほんとに、私も街頭に立ってみて、署名してくださったのは、圧倒的に
女性の方が多かったです。とりわけ、一番熱い感触を得たのは、年配のご婦人がたでした。
私が同じ年代だから、ということでもないようで、若い署名集めの方のところにも、
やはり同じ傾向が見られたと。
あとは、昔学生運動やってらした年配かなあ、と思うような男性方も
よく署名してくださいましたね。…議論を吹っ掛けてきて30分くらい
傍から離れない、署名が集められない…困ったなあ、という困ったさんも、
また、同じ60~70代くらいの男性の方が多かったですが(笑)。

男性というのはやはり外で、社会の現実を見ていますから、物事は
そう理想通りには行かないよ、と現実主義になるのかもしれませんね。
私の兄なども、事故が起きた時にはとても憂えて、あの汚染水の処理を
どうするか、などと電話で私と真剣に語っていたにも関わらず、
のちになって私が原発反対の署名集めなどしていると知ると、
「しかしお前、原発はやはりないとこの国は立ちゆかんで~」と言うのには
思わずのけぞってしまいました!だいぶ議論しましたが、手ごわいです!(笑)
会社と言うものが、いかに多くの企業とその業務で複雑に関わりあっているかを
日々の仕事の中で肌で感じているからでしょうね。
一方女性と言うものも、これまた本能で、命に取って危険なものを嗅ぎ取って
時に過敏に反応する…
そして、相子さまがおっしゃるように、まだまだ社会構造として、女性は
男性につき従うと言うところがとりわけ私くらいの世代の者以降には
ある意味、美風として残っている気がします。
旦那様が、「うちはなになに党だ!」と言えば、黙ってつき従うようなところ…。
地域の暮らしにおいてもそうですね。
それはもう!、小さな町会レベルから、役員などと言うものは、男性が一家を
代表して出てくる。女の役員さんなどわずかです。せいぜいお茶くみ役に
必要とされるだけ。
まだまだ本当の意味での男女同権は、自由に思えるこの国でも完成していませんね。
国会議員さんなども圧倒的に男性が多い。
これで、女性議員が半数くらいいるようになれば、多少硬直した政治も
変わるのではないかと思いますね。まあ、女性にも欠点はあって、情や一時の感情で
物事を推し進める、というようなところはあるかもしれませんが。
でも、そういう決めつけもまた、男性社会が生み出したものと言えるかもしれません。
本当に優れた人は、男性・女性…、そんな性差など関係なくいるように思います。
私などは、まだまだ、自分はほんとに、感情的だなあ、と反省しますが。^^
しかし、硬直した社会を一点突破して行くパワーを女性はもっているんじゃないかなあ…
田中真紀子さんなんかも、言っていることは結構まっとうなんで、あとはその
やり方だけなんだけどなあ、とかって思います。

大事な大事な選挙。
女性パワーよ、全開せよ!
女性の『いのちの危険に対する防衛本能全開で、硬直した政治を中央突破だ!』
そう呼びかけたいですね♪ ^^

相子さま。ありがとうございます!


No title

お早うございます。風雲急を告げるとは将に今の状況ですね。
私はブログで大分前原発反対の人を支持すると意思を書いております。
浜岡原発廃炉の署名を集めました時、署名用紙と私の考えを同封し、友人・知人・生徒等に送りました。多くの方が署名して送って下さいました。
また彼岸花さんの原子力規制委員の件に関し拡散をメールでお願いいたしました。
で反応は圧倒的に女性の方の協力、承諾と同意でした。このことからしますと連絡を下さった方々は原発反対の方に投票するとは思いますが、心配はあります。
男性はいろいろと意見があり、それを知りますと、高齢の男性は手強いと感じております。
その謂わば家長とも言える男性に従って投票すると言う形が心配になっています。

Re: やっちゃんさんへ

やっちゃんさん。こんばんは♪
やっちゃんさんこそ、たいへんだったでしょう?
あれ、もっといい方法ないのかしらね。
普通の記事みたいにどんなに長くても一度でコピペ出来ればいいのになあ。
検索して方法調べてみたんだけど、今回のは、文章のように見えて
あれ、画像なの?全然普通にコピペ出来ないのよね。
こりゃたいへんだ!と思ったから、必要なのだけにしちゃった。(笑)

選挙前になると、一応用心が必要よ。
あんまりあからさまに、誰誰を落とそう、誰誰に入れて、なんていうことは、
12月4日の公示日が過ぎたら、原則私たち素人でも書いてはいけない。
twitterは特にご用心。
まあ、素人のこれだけ膨大な数のブログ記事やツィートをいちいち調べて
「あ!こいつ、公職選挙法違反だ!」なんてつかまえたりも出来ないでしょうが、
あまり目立つような組織的な投票呼び掛けとかは、まずいと思う。
立候補者本人に迷惑かけちゃいけないしね…

「誰誰さんが好きですぅ。これ、ひとりごとですぅ」ってのはどうなのかな?(笑)

でも、マスメディアはたぶん直前まで、誰がこう言ったとかああした、とか
報道すると思うのね。
だけど、その報道に取り上げる人が安倍、石原、橋下、とかってのに偏ってたら、
投票心理には候補者のテレビなどへの露出度が大きく作用するだろうから、
どうしても、弱小政党には絶対的に不利よね。
脱原発候補の顔は絶対映さない、なんてことだって実際は出来ちゃうもんね。
まさか、政見放送はそりゃ公平にやるでしょうが。

結局はあとは国民の、やはり勉強が必要だと思います。^^

やっちゃんさん。疲れないように。無理しちゃだめですよ~。^^

No title

彼岸花さんお疲れ様でした~。
ありがとうございます!
ほんとに大々的な結束が実現して
マスコミ、無視できない動きになってほしいです。
そこから闘わないといけないなんて、、、なんということ。
北朝鮮なみの統制国家だったなんて、、、!

何度もリツイートします。
こちらの記事も自分の記事もあつかましく何度も。
前日の彼岸花さんの議員名簿の方はもちろん。
私たちも力、分散せずに結集していきましょう!
プロフィール

彼岸花さん

Author:彼岸花さん
リンク、トラックバックご自由に。

『しだかれて十薬忿怒の息吐けり』

『南亭雑記』の南亭師から頂戴した句。このブログになんともぴったりな句と思い、使わせていただきます。
十薬とはどくだみのこと。どくだみは踏みしだかれると
鮮烈な香りを発します。その青い香りは、さながら虐げられた若者の体から発する忿怒と抗議のエネルギーのよう。
暑い季節には、この強い歌を入口に掲げて、私も一民衆としての想いを熱く語りましょう。

そして季節は秋。
一足早いけれども、同じく南亭師からいただいた、この冬の句も掲げておきましょう。

『埋火に理不尽を焼べどくだみ荘』

埋火(うずみび)は、寝る前に囲炉裏や火鉢の燠火に灰をかぶせて火が消えてしまわぬようにしておいた炭火などのこと。翌朝またこの小さな火を掻き立てて新たな炭をくべ、朝餉の支度にかかるのです…

ペシャワール会
http://www1a.biglobe.ne.jp/peshawar/pekai/signup.html
国境なき医師団
http://www.msf.or.jp/donate/?grid=header02
最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード