『お嫁に行ったこたち』

クウ―ママさんを通じて、わたしの人形たちが岩手県の東北大震災被災地に
お嫁に行きました。
『羅針盤』 (save iwate 東日本大震災被災地支援チーム)は皆さんが復興のための
お仕事に集まる場。そこで束の間のなごみにでもなれればと、お願いして貰っていただきました。
クリックしていただくと、皆さんのところに届いたところの写真がありますので
見てくださいね。

可愛がっていただいているようで嬉しいです。

わたしの娘たちのうちのふたり…。
ここに、記録しておいてやろうと思います。
ショートヘアの子のほうは、12月4日の記事『こんなこ』で一度紹介した子です。


2012_1210_142339-CIMG9071.jpg


2012_1210_143556-CIMG9093.jpg


2012_1210_145835-CIMG9134.jpg




2012_1211_094332-CIMG9160.jpg

2012_1211_115049-CIMG9208.jpg



2012_1211_122220-CIMG9229.jpg







2008_1130_134612-CIMG0017.jpg




2012_1211_114704-CIMG9201.jpg




これは、羅針盤に届けられる前に、お正月をクウ―ママさんのおうちで
暖かく過ごさせていただいた時の、クウ―ちゃんとの記念写真。
私には宝物の永久保存版写真です!


むすめたちクウーちゃんと


クウ―ママさん。ありがとう♪







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: そらまめさんへ

そらまめさ~ん、こんばんは~♪
なにかと忙しいでしょ~~?^^

羅針盤さんの記事、見て下さったんですね。^^
はい。いいお嫁入り先、紹介していただきました~~~♪
きっとね、可愛がっていただけると思います。

ク―ママさんの作品。あったかくてすてきでしょ~?
お人柄が出てますよね。そしてセンスがね。やはりクウ―ママさんワールドが
あるの。
物作りをする人は刺激されますよね。
うんうん。もしかしたら、捨てられていたかもしれないものからも、
すてきな作品が出来上がるのを見たら、家にある衣料なんかも
捨てるのためらっちゃいますよね。

風邪はどうかな。私も今朝、随分頭痛がして体が痛かったので、こりゃ風邪かな
と思ったけれど、風邪薬飲んでちょっとおとなしくしていたら、今はだいじょうぶです。
ひどくしないようお大事にね。^^

そらさん。ありがとう~~~♪






No title

お昼寝の合間にこそり顔だしに参りました。(笑)
先日は誕生祝いのコメントありがとうございました。
気付くのも遅かったのですが、HOBOさんのところに顔出してから
こちらに・・・としていたら、途中で時間切れになってしまいました。(汗)

羅針盤さんの記事見ましたよぉ~。
縫い物って時間のかかるものだし、人形でも服でも鞄でも、どこか魂の
入る思いがしますよね。
それが多くの方の目に触れ、可愛い可愛いと言われる・・・・お人形さん
たちも幸せだろうなぁ・・・・。
素敵なところにお嫁に行きましたね。

クーママさんのブログ、時々見させてもらってます。
素敵な作品ばかりで、見ているこちらも創作意欲が湧くといいますか
ますます我が家に古着が溜まっていきそうです。
引っ越し族なので荷物は大敵なのに・・・・。(笑)

またきますね。
お体ご自愛ください。(私は現在お鼻がグジュグジュ風邪初期症状・汗)

Re: 乙山さんへ

乙山さん、こんにちは♪

乙山さんはいつも、私の人形たちに優しくておいでくださる…
とても渋~い知的な紳士で、きっとちょっとシャイでいらっしゃるでしょうのに、
人形にかけてくださるその優しい言葉…いつも嬉しいなと思っています。^^

> 「優」という字は、にんべんに「憂う」と書きます。
> これは太宰治が言っていたことです。
> 乙山はね、この子たちのとくに瞳に、それを感じるのです。
> 優しいけれど、憂いている。

乙山さん。このご指摘。とても嬉しいです。
そうですか。太宰治はそんなことを言っているのですね。
自分で意図しているわけではないのですが、そうですね、私の人形の目は、
どの子もちょっと憂いを含んでいるかしら。
赤ちゃんのような、曇りのない素直な、明るい目ではないかも知れません。
まっすぐこちらを見返してくる時もあるけれど、見る方向によっては、ちょっと悲しげ。

作っている時は無心になって作っているのですが、結果的にこんなふうに
ちょっと愁いを帯びた表情になってしまいます。
でも、クウ―ちゃんと並んで写っている写真は、なんだか二人とも
ちょっとびっくりして、でも、すごく安心している表情に見えるのが可笑しい。
逆にクウ―ちゃんは、守護神のようにきりりっとしています。^^
「あたしがこの子たち、守らなきゃいけないのよね!』とでも言っているふう。
面白いですね。

乙山さん。いつも優しいことば。ありがとうございま~す♪




> ちゃんと、想いは子たちに入っている、と感じましたよ。

優しい子たち

こんばんは。
改めて彼岸花さんの子たちを見ると、優しいですね。
「優」という字は、にんべんに「憂う」と書きます。
これは太宰治が言っていたことです。

人として、「優れている」という意味もそこにはあり、
また「優美」という言葉というか感覚ともつながりますね。
乙山はね、この子たちのとくに瞳に、それを感じるのです。
優しいけれど、憂いている。
ちゃんと、想いは子たちに入っている、と感じましたよ。

Re: れんげちゃんへ

れんげちゃ~ん、こんばんは~~~~~♪

ふふふ。この子たち、ほんとになごみ系の顔してるでしょう?^^
目と目の間が離れてて、ふっくりしたまあるい顔で。睫毛が長いんですぅ。
柔らかくて、でも結構しっとり重いです。
身長は50センチくらい。^^

一時期、夢中になって作ってたの。
春から夏にかけてだったから、最初は夏服ばかりだった。
前のブログで、『すみれちゃん』という別な子を載せたことがありましたね。
そのときは秋になってたのに、まだ夏服でいさせたから、
れんげちゃんが、「寒そうだから上に羽織るもの着せてやって」、って
言ってくれたことあったわよね。^^
あの後すぐ、極細毛糸一本どりで、カーディガン編んでやりましたよ~。

れんげちゃんはおこたつで炬燵蜜柑や編み物、してますか~?(笑)
私はもう、しばらく編み物してないなあ…。

れんげちゃん。ありがとう~~~♪


No title

うん!これは間違いなく「なごみ」になりますぅ~~~♪
パチクリうるるんな瞳とふっくらほっぺが幸せ~な感じデスョ!!
心がやわらかーくなるね~♪

Re:クウ―ママさんへ

クウ―ママさん。こんばんは~♪
まだ、無理しちゃいけませんよ~~~っ!
相当体力も奪われてるはずですからね、今は無理しないで静かに養生なさらないと。
でも、よかった。パソコン覗くくらいは出来るくらいに回復なさったかナ。
みなさん。心配してらしたと思うのよ~。
ゆっくりまた、ブログの世界に戻ってらっしてね。^^

ね!みなさんに嬉しいコメント、たくさんいただきましたよ。
袱紗や、クウ―ちゃんとお人形たちとの記念写真は、とりわけ評判よ!^^
私がお願いして、クウ―ママさん達の活動に少しだけ割りこませていただいたのよね。^^
おかげさまで、こんなすてきな繋がりに加えさせていただけました。
私の方こそ、こころから感謝です!

おせんべいね、おいしかったです!^^
私が南部せんべい昔から好きだって、どうしてわかったのかな~?(笑)
割りみそせんべいもいかせんべいも美味しかったですよ~。
昨日、羊羹食べてしまってそれが最後で、ちょと寂しい(爆)

クウ―ママさん。ゆっくり養生して完全にお風邪治してくださいね。
今晩あたり、また雪かな~。
お休みなさ~い♪



No title

こんばんは長らくご無沙汰でごめんなさい!
応援コメありがとうございました。
おかげさまで、もう一息で復活間近です^^
記事を見ながらコメントかけないで嬉し泣きしてました。
皆様のコメントにまたウルウル・・
心から御礼申します。ありがとう!
いっぱい書きたい思いが有るのに、到底表現出来ません・・ありがとう。
(お煎餅選んで良かったぁ^^)

Re: NANTEIさんへ

NANTEIさん。こんばんは。
はい。クウ―ママさんのお手を介して、届けることができました。
少しでも、和みになってくれるといいなと思っています。^^

写真。いいでしょう!^^なんだかこのときの様子を想像するだけで
微笑んでしまいます。

池田香代子さん!そうでしたか!
や~、驚きですね♪
お伺いすると、なるほど!という感じですね。
あの『戦争のつくりかた』のシンプルにして説得力ある文章と全体のつくり。
相当力のある方の作品だなと思っていたんですが、池田香代子さんらが
携わっていらしたんですね~…!

池田香代子さんは、大好きです。大江健三郎さんなどの集会にも
ほとんどおいでになってらっしゃいますよね。
私は愛川欽也さんがやってらっしゃるネットテレビのkinkin.tvというのを
見ているのですが、池田香代子さんはレギュラーとしてお出になってます。
あの優しい静かな語り口です。
この番組は、最後の良心的番組かな、というくらい静かな怒りと悲しみに満ちた
トーク番組です。
そうですか~~~…!お知り合いでおいでになられたんですね♪^^

私は池田香代子さんと言えば、『ソフィーの世界』ですね。
私は、エーリッヒ・ケストナーが大好きなので、「あら?『エーミールと探偵たち』
のシリーズなどそうだったかな?」と一瞬思いましたが、どうやら娘などが
小さい頃一緒に読んだのは、高橋健二さんの訳ででした…
『宇宙英雄ベリー・ローダン』は知りませんでした。
ずいぶん長く続いたシリーズなんですね。
テレビなどでお見かけする時も、もの静かなうちに、可愛らしい少女のような
笑顔もお見せになるので、そういう茶目っけというようなところもおありなのでしょうね。

ブログ。これから時々覗かせていただこうと思います。^^

それにしても、思いがけないところで繋がっていくものですね。
NANTEIさんは、そうしたお知り合いの方がたくさんおいでのことと思います。^^
はい。クウ―ママさんに報告させていただきますね。
きっと驚いて喜ばれることでしょう♪

ありがとうございま~す♪

こんにちは。

彼岸花さんのお人形、本当に血が通いましたね!

優しく強く、そんな魂がこもったようにも思われます。
これからきっと被災地の方々を勇気づけ、
励ましてゆくに違いないと思うと、感無量になります。

この写真はどんな宝物にも替え難い!
そうに決まってます。

ところで、クウーママさんが紹介してらした「戦争の作り方」
最後のページをよく読むと、編集人の中によく見知った方がいらして、
仰天してしまいましたが、なるほどと思いました。

それは池田香代子さんです。
ご存じ「ソフィーの世界」を翻訳して時の人となった方です。
この方とは大磯のジュエリー作家さんを通して、
親しくお話しするようになり、ある撮影のモデルとしても登場して貰いました。

とても物静かに語る方で、なんかほっとする女性でした。
このところ大磯の友人たちとも逢わなくなったことから、
池田さんとも暫く交渉がなかったのですが、いや、びっくりしました。

そういえば池田さんは政治活動もなさっていて、
日本の右傾化には警鐘を鳴らしておいでだったこと、思い出しました。

ちなみに、このようなブログを開いていらっしゃいます。

http://blog.livedoor.jp/ikedakayoko/

ところで、池田さんといえばご存じないかもしれませんが、
「宇宙英雄ペリー・ローダン」というSFの超大作も翻訳してました。
もうすでに300話は超えているかと思われますが、
私は90話ぐらいまでは読んだかな。

現在、係わっているかどうかは定かではありませんが、
当時はこのようなたおやかな方が、戦闘シーンも多く、
たわいもない物語をよく、と思っていたのです。

よく考えると「ペリー・ローダン」はドイツのSF作家数人が、
持ち回りで書いている物語で、池田さんはもともとドイツ文学者だから、
先任の翻訳者松井氏から無理矢理あとがまに推薦されたのではないかと、
思ったのでしたがなになに、
結構こういう単純な勧善懲悪のSFが大好きと聞かされて、
肩すかしを食ったような気持ちになったことがありました。

クウーママさんのおかげで、思いがけぬところで思いがけない人に出会ったものです^^。
よろしくお伝えください(笑。

Re: morinofさんへ

> 二番目の写真、吹きだしそうになるほど知人に
> 似ていたものですから無断でお借りしてしまいました。
> 御許しを・・・

morinofさん。こんばんは。^^
今、これ読みながら、吹き出しそうになってらっしゃるmorinofさんを想像して、
私もなんだか吹き出しそうになりました。
他人の空似、ということありますよね!
この子。後ろ姿がリアルでしょう?^^

はいはい!どうか写真、お連れになってください。
お親しい方に似てると思うと、私もなんだか嬉しいです♪
にこにこしちゃいます♪



 

誘拐

二番目の写真、吹きだしそうになるほど知人に
似ていたものですから無断でお借りしてしまいました。
御許しを・・・

Re: HOBOさんへ

HOBOさん。こんばんは~♪
はい。ふたり、手をつないでいます。
優しいクウ―ママさんがそうさせてくださったんだと思います。^^
そして、クウ―ちゃんが、まるで守護神のように並んでくれているところが
可愛いでしょう?^^
賢いわんちゃんは、ちゃんと、家庭内での序列がわかります。
自分よりか弱いものは、飼い主さんのために命がけで守ろうとしますからね。
そんな顔つきしてますよね!
この写真見ると、いろんな意味でうるうるしてしまいます。

東京は今夜は風が強いです。
窓ガラスが鳴っています。

HOBOさん。優しいおことば、ありがとうございます~~~♪

No title

寄り添っている感じがいいですねえ。
わんちゃんもぬいぐるみのようだ。
手をつないでるようにみえますが、ふたり。
そんな配慮がまたうれしいですねえ。

HOBO

Re: hasutamaさんへ

hasutamaさん。こんにちは♪ ^^

そうですねえ。ものに命が宿る…人のこころが宿る…
それってあると思います。
あの、袱紗の布だって、元はよれよれの端布でした。
でもきちんと熱いアイロンかけて、いい色の組み合わせを考えて
こころ籠めて縫えば、立派な作品に。一針一針に想いが籠ってる。

お人形も不思議なんですよ。元は肌色のジャージ布です。
それを丸く縫って、綿をつめて引き絞る。…それだけではただの柔らかいボールです。
でも、目と口の位置を決めて、そこを強い太い糸でぐっと三箇所引き締めるんです。
すると、もう、毎回違った表情が見えてくる…
おとなしそうな子、気の強そうな子…
同じように作っても、一人として同じこは出来ないんですよ…

ものでさえこころが宿る…でも、本当に、人間なのに、こころを感じられないひとって
いますね…なにか想いはあっても、妙な方向にしか向けられていないとか…i-181

雪が降るとか言われていましたが、雨でした。
寒い日が続きますが、お風邪召しませんよう。
よかった~~♪ 束の間、なごんでいただけて。^^
hasutamaさ~ん。ありがとう~~~♪





こんにちは

先日の紫の布作品でも感じたのですが、人の心がものに宿るということ、本当にあるんだな~ってi-228

美しい心、温かい心で作られた物は、びっくりするほど命が感じられますね 物たちも嬉しいのだろうな

物にも命が宿るのに、人間なのに命が宿っているとは感じられず、物が宿っていそうな人もいますけど・・i-201

彼岸花さんの記事を読ませていただき、外は寒いですが、ハートはぬくぬくしてきましたi-80ありがとうございました







Re: やっちゃんさんへ

やっちゃんさん。こんばんは~~~♪

ね。この写真、クウ―ママさんからお借りしたんですけれど、
可愛いでしょう。
クウ―ちゃんが、これね、偉いですよね。ちゃんと自分の役回りを
わかっている顔ですよね。
最初はたぶん、この小さいものなんだ?と思ったでしょうが、すぐに
クウ―ママさんの態度と言葉で察して、
『あ、これは、あたしが守らなきゃいけないものだわ!』って理解して、
それで、横に、守るようにお行儀よく座ってる感じでしょう。^^
クウ―ちゃんは女の子なんだけど、とてもきりりっとした顔して写ってる。
犬は賢いですよね。
飼い主の態度から、序列というものを一瞬にして理解して、
自分が守るべき弱いものをちゃ~んと守ろうとする…^^

はい♪
クウ―ママさんにいろいろお願いきいていただいています!^^
嬉しいな。
わたし、ブログで姉妹がたくさん出来たの。
やっちゃんさんも妹だと勝手に思っていま~す♪^^

ありがとう~~~~~♪



No title

わあ~クウーちゃんとお人形たち、感動です!
おしゃまなクウーちゃん、カメラ目線なんだもん~。
彼岸花さんとクウーママさん、
おふたりの素晴らしいえにしにやっちゃんは胸が熱くなります。
プロフィール

彼岸花さん

Author:彼岸花さん
リンク、トラックバックご自由に。

『しだかれて十薬忿怒の息吐けり』

『南亭雑記』の南亭師から頂戴した句。このブログになんともぴったりな句と思い、使わせていただきます。
十薬とはどくだみのこと。どくだみは踏みしだかれると
鮮烈な香りを発します。その青い香りは、さながら虐げられた若者の体から発する忿怒と抗議のエネルギーのよう。
暑い季節には、この強い歌を入口に掲げて、私も一民衆としての想いを熱く語りましょう。

そして季節は秋。
一足早いけれども、同じく南亭師からいただいた、この冬の句も掲げておきましょう。

『埋火に理不尽を焼べどくだみ荘』

埋火(うずみび)は、寝る前に囲炉裏や火鉢の燠火に灰をかぶせて火が消えてしまわぬようにしておいた炭火などのこと。翌朝またこの小さな火を掻き立てて新たな炭をくべ、朝餉の支度にかかるのです…

ペシャワール会
http://www1a.biglobe.ne.jp/peshawar/pekai/signup.html
国境なき医師団
http://www.msf.or.jp/donate/?grid=header02
最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード