『キャンドル・ナイト 23 』


来月であの日から2年になる。
今日も、キャンドル立てて、何か文章を添えようとしたけれど、
悲しくてそんな気持ちになれない…
とりあえず、蝋燭の映像だけ、載せておこう…




2013_0212_012822-CIMG9680.jpg





                         
心ひとつに キャンドルナイト




南亭さんバナー②


葉っぱさん、れんげちゃん。NANTEIさん。
今月もバナーお借りします。






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re:2月21日の鍵コメさんへ

鍵コメさん。元気出してくださいね……
そうですよ。いつでもここにおいでになって、少し、想いを吐き出して
いらっしゃってください。わあ~~~~~~~~っとね…

ちっぽけな存在ですが、私、ここにいますから…






2月20日の鍵コメさんへ

鍵コメさん、こんにちは。
しばらくの間少々忙しく、更新もしなかったので、ご心配おかけして
しまいましたね。
少し一段落つきました。

ほんとうに、復興や福島のことなど忘れてしまったかのような政治…
いつのまにか大震災と福島第一原発事故のことは、領土問題や経済問題の
陰になってしまって、語られることも少なくなってしまいました…
でも、今日も、福島第一1号機地下で最大毎時950ミリシーベルトなどと
発表されましたね。とても人間が中に入って作業できる状態ではない。
もう2年も経つのに一向に将来への希望が見えてこない…どんなにか現地の方々は
おつらいかと思います。
脱原発運動も、ちょっと行き詰まり感があり、私も最近デモにも行っていませんが、
3月10,11日にはまた行ってきますね~。^^
参院選まではとにかく首を引っ込めていようという魂胆が見え見えの安倍政権。
参院選に勝利した途端に、バタバタっとろくでもないことを決めてしまいそうです。
そうさせないよう、声を上げ続けていくしかありませんね…

鍵コメさん。嬉しいお言葉。ありがとうございます♪

Re: れんげちゃんへ

れんげちゃん。こんにちは。
ほんとにね。だんだん言葉が少なくなってくるよ…(ってどこが!?)
蝋燭の火を見てるだけで、言葉はいらないなあ、って思えてきちゃう。

あッ、そうでしょそうでしょ。
あたしね、あの枚数見て、???となって、いろんな形想像したのよ。
ピラミッド型かなあと思って計算したけど合わない。ひし形?円形?
パンダ型?…(笑)
良かったよかった。もう完成したのかな~~~。
編み物は楽しいね。最近やってないなあ…
一番最近した編み物と言えば…そうだ、人形が秋になってもノースリーブで
いるのを、れんげちゃんが「寒そうじゃないかい?」って言ってくれたんで、
小さなカーディガンを極細毛糸で編んだのが、2年前のことだ!(笑)
ありがとう~~~




Re: 18日の鍵コメさんへ

ほんとに心配かけてしまいましたね。^^

夜食はよくないと思うけれど、体が甘いもの食べたいよ~って
欲しがるときがありますよね。ゴマ大福、美味しかったですョ。^^
熱い焙じ茶飲んで、また元気出して続けて、ようやく一段落しました。

さあ、また通常のペースに戻ります。
でもまた別のことで娘の手伝いは続きそう…。今度は縫物関係ですから
楽しいです。
鍵コメさん。ほんとうに温かい応援、ありがとう♪


Re: 2月18日の鍵コメさんへ

鍵コメさん。更新が滞って、ご心配おかけしてしまいましたね。
少し忙しさもあって、あれこれが遅れがちになってしまって…。
ようやく一段落つきましたので、またコメントや記事に戻れると思いま~す。
応援の言葉、嬉しかったです!鍵コメさんの元気な言葉、聞いただけで
よしッ!と元気が出るわ。^^
なんだか休んでいる間にいろいろまた世の中が動いて大変!
急いでまた戦闘モードに入らなくっちゃ(笑)
鍵コメさん、ありがとうございます♪

Re: 2月17日の鍵コメさんへ

鍵コメさん。だいぶブログ更新をさぼっていたので、心配させてしまいましたね。
健康の方はなんともないですから、ご安心くださいね。
鍵コメさんのお気持ち。お察しいたしますとも。
私も、あれらの記事を読んで、粛然とせずにはいられませんでした…
なにも実際にはわかっていなかったのだなあ…と。
鍵コメさんのお気持ち…それもわかるわかる、と軽々しく言えない…
言葉はときになんと虚しいのでしょう…

それでも、また季節はめぐって来てしまいます。良くも悪くも。
少しずつでも明るい方向へ全てが向いて行くといいですねえ…
鍵コメさんも考えすぎないように悲しみすぎないように。
優しいほんわりとした中に一筋の凛としたものを湛えた鍵コメさんのブログが大好きです。

ありがとう。またね。さて、次に何の記事書こうかなぁ…^^

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

だね、この時間だけは言葉いらないと思う。

あ、そうそう。
あのモチーフの数ね、
59枚じゃなくて49枚だったの。
本に【 I 5枚 】(←どうこれ、間違うでしょ。あははは)
“ I ”が 5枚だった・・・ 枚数へって良かった~ぁ♪
彼岸花さん言ってくれなかったら、
れんげ I を15枚編むとこだったよ・・・。(T▽T)ありがと~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: クウ―ママさんへ

クウ―ママさん。こんにちは。
お気持ちお察しします。
大槌未来新聞の記事…読ませていただいたら、私も言葉が出ません…
クウ―ママさんのお気持ち思うと、なおさらに…。

自分の言葉の軽さだけが虚しく残ります…

ご無理なさらないで、気持ちが向いたら、またお声かけてくださいね

雪の下では、けなげな植物たちが春の準備をしていますよ。^^

お風邪はいかがですか?
完全に治しましょうね。

       
         いつでも、あなたの。おねえちゃんより ^^

No title

ご無沙汰してしまいました。
いえ、記事を読みには来てたんだけど、なんというか、3・11が近づくにつれて
気持ちが重くなって言葉が並べられなくなるんです・・毎日がそうなんだけども、それでも前を見なくてはと思う気持ちが雪が降り続くと、何かに引っ張られてグングン下向きになってしまう。あの直後に降りだした雪が、怯える人達の気持ちを更に追い詰め、まだ津波のことを知らないでいたのに、何か途方も無いことが起こっている恐怖に雪の冷たさが追い打ちをかけているような・・・津波と福一と、3日目に付いたテレビで知った時の驚愕と、浮かぶ知人たちの顔。誰も生きていなかった・・オネェちゃん、ごめんね。もうしばらく無言かも。でも元気だから^^

Re: 鍵コメさんへ

鍵コメさん。こんばんは。
情報、早速ありがとうございます!
早速見せていただきましたが、これは大変良さそうですね。
こういったものがほんとうに必要だった気がします。
まだ初回ですが、これ、広めていいのなら、どんどん広めたいですね。
ありがとうございます!

Re: NANTEIさんへ

NANTEIさん。こんばんは。
キャンドル…。
乏しい知恵を絞って、なるべく家にあるものを利用して小さな灯を灯す…。
それではいけないと思いながら、いつしか毎月11日にキャンドルを
灯すことが習慣になり、私自身も楽しみになっています…
今回のは小さな小さなガラスの花瓶に、いつもの亀山ろうそく『豆ダルマ』
を挿してみました。
写真の日付けはもう11日を越えて、12日になっている…
ほんとうは、11日の夜、違うセッテイングをして一度記事を書いたのですが、
なぜか自分の気持ちに添わないと感じてきて…
私も、2年前のことを思い返してしまったんです…
あの時のあの情景と、福島第一のニュースを聞いた時のこと思い出すと、
そして、今のこの日本のありさまを想うと、書いた言葉も恥ずかしくなり…。

クウ―ママさんのところの《あの日》という記事。
下の方にも何人かの方が書いておいでの、あの日の記憶。
私も読ませていただきました…
その、むごさ、重さの前に。言葉を失ってしまいます…。

自分の言葉がなんと軽く思えるのでしょう…


…キャンドルナイトは、それでも、出来るところまで続けたいと思います。
自分を見つめ直す一月に一度の時間でもありますし…

ささやかな工夫をどうかこれからも、覗きにいらしてくださいね。^^




管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんにちは。

今月も、キャンドルライトの意匠を楽しみに訪問しましたが、
楽しみという言葉は当てはまらなかったですね。

くーままさんのところで《あの日》という記事を読ませていただき、
私も昨日は《あの日》のこと、生まれて初めてといっていい恐怖と、
続く気仙沼や釜石といった沿岸の町が次々と壊滅して行く姿に、
声にならない声を上げながら涙し、そして友人から「福島が危ない!」
という電話を貰ったときの戦慄・・・
それらのことをまだ生々しい記憶として反芻していたのです。

けれども、あまりにも曲ごとが多すぎて、痴呆のようになってしまいます。
プロフィール

彼岸花さん

Author:彼岸花さん
リンク、トラックバックご自由に。

『しだかれて十薬忿怒の息吐けり』

『南亭雑記』の南亭師から頂戴した句。このブログになんともぴったりな句と思い、使わせていただきます。
十薬とはどくだみのこと。どくだみは踏みしだかれると
鮮烈な香りを発します。その青い香りは、さながら虐げられた若者の体から発する忿怒と抗議のエネルギーのよう。
暑い季節には、この強い歌を入口に掲げて、私も一民衆としての想いを熱く語りましょう。

そして季節は秋。
一足早いけれども、同じく南亭師からいただいた、この冬の句も掲げておきましょう。

『埋火に理不尽を焼べどくだみ荘』

埋火(うずみび)は、寝る前に囲炉裏や火鉢の燠火に灰をかぶせて火が消えてしまわぬようにしておいた炭火などのこと。翌朝またこの小さな火を掻き立てて新たな炭をくべ、朝餉の支度にかかるのです…

ペシャワール会
http://www1a.biglobe.ne.jp/peshawar/pekai/signup.html
国境なき医師団
http://www.msf.or.jp/donate/?grid=header02
最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード