『旅の記録』

旅の記録…と言っても、私の旅じゃありません。

画家、松井大門先生とれんげちゃんが、先生が2年にわたって描き続けられてきて、
このほど完成した、画集『ふるさと東北の宝物~かけがえのない風景』や、絵ハガキを
携えて、今、震災の被災地の旅を再び続けていらっしゃいます。

これは、2年前、東日本大震災で津波に流された東北各県の懐かしい建物などの風景たち…
その失われた風景を、先生が水彩画に再現して、被災地の方々や、日本全国の人々に
見ていただきたい、というプロジェクトです。
2年間、こつこつと描き続けられた絵は、90数枚の水彩画に。


2013_0807_171551-CIMG1011.jpg



今、被災県各地の方々に絵を見ていただき、また、仮設住宅で思うようにならぬ生活を
忍んでおいでの方々に画集やはがきをお届けするための旅を、先生とナビ役のれんげちゃんが
再び続けていらっしゃいます。

盛岡では、『布ぅ楽雑記』のクウ―ママさんと息子さんとクウ―ちゃんに会って。
いっしょに展覧会場候補や新聞社などを訪問。
なんと、盛岡では、国の指定文化財である岩手県公会堂での展覧会も決まりました!
すてきな建物です!

先生とれんげちゃんの旅は、今も続いています。
旅の記録としてもれんげちゃんの弾けるパワーでとっても楽しいですが、プラス、
被災地の今の様子がありありとわかる、大切な復興の記録にもなっていると思います。

ぜひ、先生たちと旅をご一緒になさって見てください。

↓ これは、煉瓦ちゃんのブログ。クウ―ママさんたちとの邂逅のシーンです。
『tetenGO』

↓でも、東北の旅はこのページから始まっています。
福島、仙台などの旅もご覧ください。この前のページには富山県射水市での
展覧会風景もあります。
http://milkveth.blog103.fc2.com/page-7.html

先生のブログ『遥かなる明日へ~画家松井大門の七転八起き』

クウ―ママさんのブログ『布ぅ楽雑記』




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 鍵コメさんへ

や~。面白かったですよ~。
私には初めての世界でしたので、ふうん、ほほう!といいながら読んでました。
物事を両側から見てみるって面白いですね~。

どくだみは臭いけれど効きますっ!(笑)
でも、私はあの青臭い強烈な匂いが好きなんですが。^^

ありがとうございます。
嬉しいおことば、いたみいります。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 鍵コメさんへ

鍵コメさん。おはようございます。
了解です。

Re: クウ―ママさんへ

クウ―ママさん、おはよう~。
なんだか風邪ひいちゃったみたいですぅ。
急に寒くなるんだもんなあ…

いえいえ。ちっとも手間なんかじゃないです。
先生、れんげちゃんと、一緒にクウ―ママさんのところに行き、
クウ―ちゃんも抱っこして、それからまた一緒に旅したような気分。^^
カモメとうみねこ、私も知りませんでした。^^
昨日、BS朝日で、ジャズピアニストの小曽根真さんらが、大槌町とか
石巻とか、被災地沿岸地方を演奏して回る映像見ててまた涙。

クウ―ママさんも、風邪ひかないようにしてくださいね。
ありがとう~♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

あぁぁ・・ごめんなさい・お手数おかけしちゃいましたね・・
レンゲちゃんのブログ、ほんとに生きてますよね^^
カモメとうみねこ^^
そろそろ、富山へ向かうみたいですね。
道中無事で帰りますように。
勝手になんて、謝らないでくださいな。
いつでも嬉しいんですから^^ どうもありがとうございます。

Re: クウ―ママさんへ

クウ―ママさん。勝手に記事にしてごめんなさいね。
れんげちゃんのブログの旅の記録、見せていただいてたら、と~っても楽しいのと
それから、今の状況がすごくよく伝わって来て、これはぜひ、みなさんに
見ていただきたいと思ったの~。
旅が終わっちゃってからよりは、生旅の方が新鮮かな、と急遽記事にしてみました~。

は~い!街灯の箇所は、表現をやわらかくしておきますね~。
多くの方々に展覧会見てほしいですね~。

ほんとですねえ。
私も行ってみたくてたまらなくなりました~~~!
クウ―ママさんとお茶出来たらなあ!^^

おかげさまで羅針盤の『娘たち』^^とも会えたし、嬉しかったです!
ありがとう~~~♪

No title

大門先生、レンゲちゃん達は 目的がハッキリしてるので、私達はただ
一緒に歩いただけなんですよ。 お役に立ってないような・・
気分転換して欲しくて、被災地の話もお聞きしなかった・・
聞かなくても想像できるんですよ。実現に向けて動いてる様子を見ていると。

富山にお戻りになるまで、先生のブログは更新できないのかな。
れんげちゃんブログで、沿岸の旅を一緒にしてるつもりになってます^^
お帰りになっても、一息つく間も無く準備の毎日でしょうから、
体調を崩さないようにと願うばかりです。

長く歩いてはいけないクウー、半分は息子が抱いて歩いてました(笑)
いつか、ふかくさ で一緒にお茶時間できたらいいなぁ^^

Re: メールの鍵コメさんへ

鍵コメさん。
信用してくださってありがとう~♪
後で連絡させていただきますね~。
ふふふ。私も、テレビ全然つけてません(笑)

Re: 画像の鍵コメさんへ

鍵コメさん。ありがとうございます♪
おかげさまで、どんなものだったか、はっきりつかめました。^^
保存させていただいて、いつか使わせていただきますね~。

漫画はいつの時代でもどこの国でもわかり安いですね。^^

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

彼岸花さん

Author:彼岸花さん
リンク、トラックバックご自由に。

『しだかれて十薬忿怒の息吐けり』

『南亭雑記』の南亭師から頂戴した句。このブログになんともぴったりな句と思い、使わせていただきます。
十薬とはどくだみのこと。どくだみは踏みしだかれると
鮮烈な香りを発します。その青い香りは、さながら虐げられた若者の体から発する忿怒と抗議のエネルギーのよう。
暑い季節には、この強い歌を入口に掲げて、私も一民衆としての想いを熱く語りましょう。

そして季節は秋。
一足早いけれども、同じく南亭師からいただいた、この冬の句も掲げておきましょう。

『埋火に理不尽を焼べどくだみ荘』

埋火(うずみび)は、寝る前に囲炉裏や火鉢の燠火に灰をかぶせて火が消えてしまわぬようにしておいた炭火などのこと。翌朝またこの小さな火を掻き立てて新たな炭をくべ、朝餉の支度にかかるのです…

ペシャワール会
http://www1a.biglobe.ne.jp/peshawar/pekai/signup.html
国境なき医師団
http://www.msf.or.jp/donate/?grid=header02
最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード