『キャンドルナイト 30』

震災の日から2年と6ヶ月。
ああ…もう…30回もキャンドルを灯したのか…
そんなに灯したっけな…

今夜は、夏の旅で立ち寄った有名な喫茶店の、小さな土産物売り場で買って来た鳥。
その背に小さな蝋燭立ててみた。


2013_0911_212215-CIMG1082.jpg


アルミ製だろうか。小さいのも小さいが、とても軽い。
これ、本当はメモスタンド。小さな鳥のくちばしに小さなメモを銜えさせる。
どこの国って言ってたっけな、アフリカのどこかの国のささやかな土産品だ。


2020年。東京でオリンピック開催が決まった。
朝、5時過ぎ。その知らせだけ聞いてからテレビを消した。
私は、イスラム圏初のオリンピック、ということで、イスタンブールがいいなと
思っていた。日本は、冬も合わせれば、もう3回もオリンピックを開催しているのだし、
今はそれどころじゃないだろうと。

いや。オリンピックがいやなんじゃない。
とてもとても好きなのだ。特に、世界の人々が集まる開会式、閉会式など大好きだ。
どの民族も、本当に美しいなあと思う。

しかし。
安倍首相のあのスピーチはどうだ!
もう、多くのかたが何かしら書いてらっしゃるし、多くは重ねては言わないけれど、
福島第一原発の汚染水はコントロールなど出来ていないでしょう!
「完全にブロックされている」「コントロール下にある」というのは言い過ぎでしょう!
当の東電や経産省の人間でさえ、首相の世界に向けての発言には困惑。

<安倍首相>汚染水「完全にブロック」発言、東電と食い違い
     毎日新聞 9月9日(月)21時7分配信より一部抜粋。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130909-00000101-mai-soci

 汚染水は遮水壁の上を越えて港湾内に流出した。フェンス内の海水から、ベータ線を出すストロンチウムなどの放射性物質が1リットル当たり1100ベクレル、トリチウムが同4700ベクレル検出された。東電は「フェンス外の放射性物質濃度は内側に比べ最大5分の1までに抑えられている」と説明するが、フェンス内と港湾内、外海の海水は1日に50%ずつ入れ替わっている。トリチウムは水と似た性質を持つためフェンスを通過する。港湾口や沖合3キロの海水の放射性物質は検出限界値を下回るが、専門家は「大量の海水で薄まっているにすぎない」とみる。
 さらに、1日400トンの地下水が壊れた原子炉建屋に流れ込むことで汚染水は増え続けている。地上タンクからは約300トンの高濃度汚染水が漏れ、一部は、海に直接つながる排水溝を経由して港湾外に流出した可能性がある。不十分な対策によるトラブルは相次ぎ、今後もリスクは残る。「何をコントロールというかは難しいが、技術的に『完全にブロック』とは言えないのは確かだ」(経済産業省幹部)という。


また、総理は、上記記事の記述を借りれば、

安倍首相は「食品や水からの被ばく量は、どの地域も基準(年間1ミリシーベルト)の100分の1」とも述べ、健康に問題がないと語った。厚生労働省によると、国内の流通食品などに含まれる放射性セシウムによる年間被ばく線量は最大0.009ミリシーベルト。だが、木村真三・独協医大准教授は「福島県二本松市でも、家庭菜園の野菜などを食べ、市民の3%がセシウムで内部被ばくしている。影響の有無は現状では判断できない」と指摘する。


この映像を見てほしい。






総理には、このような福島県民の声が届いていないのだろうか。
血を吐くような悲痛な、農家の声だ。
放射能汚染水流出の影響を最も受ける漁民の声も、これに劣らず悲痛だろう!


『福島は東京から250キロも離れており、危険性は東京にない』という
竹田JOC会長の発言は、なんと無神経なことだろう。
誘致の情緒的な道具立てには被災地のことを利用しておきながら、一方で、福島は
東京から遠いことを印象付け、まるでその存在を隠そうとでもするように。
福島は、いったい何なのだ。同じ日本じゃないか。
オリンピックをとにかく誘致したいがために、もう東京の安全のことしか念頭にないから
そういう無神経な発言が出るのだ。

海外からのお客を『もてなし』するにしても、この福島の農家の方々の、正直な告白、
『自分たちが作った作物を自分たちは食べない、それは一番よく知っているからだ。
自分たちが食べられないようなものを他の地域に出荷するその苦しさ』というような
告白を真剣に受け止めてこれまで対処してきたのだろうか。
そしてそのことを、また海外の人々に向けても誠実に説明していくのだろうか。
放射性セシウムがキロ当たり100ベクレル未満は出荷してもいいという。
99ベクレルのものが日本全国に出荷されているかもしれないのだ。
オリンピックのある7年後には減っているだろう?
確かに。セシウム134は半減期2年だ。しかし2年でゼロになるということではない、半分になるだけ。
セシウム137の半減期は30年だ。しかも、セシウムは原発事故で大量に拡散された
放射性物質のほんの一部にしかすぎない。

2011年3月11日の、福島第一原発事故で放出された放射性物質は、そのほとんどが、
日本国内にただ場所を変えて存在しているだけなのだ。

多くの人を呼ぶ方も呼ぶ方だが、総理のあの説明で納得する方もする方だ…。

ただ海外の目は、IOCの委員の目ほど甘くはあるまい。
現実の各国の対応はこうだ。
活字が小さいので、拡大機能を使ってみてほしい。
2013年9月の時点での世界各国の、日本の食品の輸入に対してとっている厳しい措置である。
全面的に輸入禁止のもの…、日本政府の説明を要するもの…そしてその輸入国側が
サンプルをとって検査するもの…それらの農産物の名前と県名とが一覧表になって載っている。

『諸外国・地域の規制措置』

ここで、韓国がオリンピック開催国が決まる直前に異常に厳しい輸入禁止措置をとった!などと
またそのことを争いの種にしないでほしい。他の国々だってかくも厳しい制限を設けているのだ。
韓国のスペースが異常に大きいようだが、他の国は『すべての食品』とまとめて書いてある
場合もあるということだ。

福島の農家の方々の悲痛な叫びを聞き、この各国の厳しい対応を見、それでもなお、
オリンピックが来ると、単純に喜べるものだろうか。

これから日本はまた空前の建設ラッシュに突入するのであろう。
今でさえ、岩手、宮城、福島等の震災の被災地では、土木・建設作業員とコンクリートが
不足気味だという。
首都『東京』で行われる華やかな祭典。そのための都市大改造によって、
人員やコンクリや何より大事な予算など、本当に何よりも第一に被災地に行くべきものが奪われねばいいが。

そして、ある原発作業員がTwitterで懸念しているように、これから福島は『使用済み核燃料棒』取り出し
などという『廃炉』作業の一環に着手していくことになるのだが、7年後、海外からの
賓客を沢山迎え入れるというので、それらの大事な、危険極まりない作業が先送りされたり、
或いは急げ急げで杜撰におこなわれたり、秘密裏に行われたりしないことを
心から願う。

その頃、私はまだ生きているだろうか…。



スポーツはすばらしい。
世界のアスリートたちの力と美!
オリンピックを愛すればこそ、日本という国を愛すればこそ、ああ…こういう
気重な複雑な想いで、東京誘致決定を聞きたくはなかった…

決まったのだからあとは私達に出来ることは、日本が世界に向けて約束した
安全な大会を厳密に実現するよう、これからの政治や行政を厳しく見て行くしかない。
そして何より。
この被災地からの思いを僭越と知りつつ代弁して言っておきたい…


2013_0911_222814-CIMG1091.jpg



追記:

   フランスの週刊誌、カナ―ル・アンシェネの、東京五輪決定を揶揄する風刺漫画は
  ひどい。一人は手が三本、ひとりは足が三本の痩せこけた力士が対戦している図。
  被災地への対応遅れはそのままの日本政府を揶揄する知的な風刺漫画なら仕方がないかなと
  思うが、こういうのは無知そのもので、原発被害に苦しむ人々への侮辱である。
  最近、飲食店の厨房などで悪ふざけをしている自分たちの画像をtwitterなどで
  流す馬鹿者がいるが、ユーモアと品性下劣な行為をはき違え、健康な政治批判と
  低劣な侮辱の区別のつかない者が、国内にも海外にも増えて来ているか、と
  心がうすら寒くなってしまう。要するにどこの国がした、という話ではないのである。
  品性下劣は、どこの国でやっても品性下劣である。




                         
心ひとつに キャンドルナイト




南亭さんバナー②


葉っぱさん、れんげちゃん。NANTEIさん。
今月もバナーお借りします。









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 鍵コメさんへ

鍵コメさん。こんばんは♪

お気持ち、すっごくよくわかります!
私も、そんなとき、パソコンに向かうの気が重いですもの。

ただ、私の場合、もう66歳にもなって仕事をしているわけでもなく、
時間がたっぷりありますので、いわば、自分の遺言代わり、のような気持ちで、
自分が今、将来の子供たちのために憂えていることを書き残しておこうと思っているだけです。
随分時間とエネルギーを食います。
皆さんにお勧め出来ることでは全然ありません!(苦笑)

あのネ。ひとりひとりがご自分にできることをやればいいと思うんです。
あの人もああしているからああしなければならないとか、こうすべきとか全然ない。
私もね、ほんとうはもっと自分で動く支援活動できればいいのですが、なかなか
家の事情もあって、大きく動くことができません。
それで、こうやってパソコンの前で、ささやかな声をあげているの…。

こんなんじゃ、なんの役にも立たない…そう思うこともあるけれど、虚しくなることもあるけれど、
まあ、出来るところまでやっていってみようかな、と。

私ね、鍵コメさんのおっしゃる、その本能の瞬発力って、とっても大事だと思うんです。
あ!これは何か危険だ!
子供たちをこんなところに置いておけない!とか行かせちゃならない!とかいう…
自分自身の身を守る直感や本能もね。

だって、それが生命体である人間の基本ですもの。
言葉は二の次だと思います。

まして私がいつも書く『背景』などは、いざ危険!となったら、そんなこと言ってられません。(笑)
まず逃げなくっちゃ。まず身を守らなくっちゃ。
福島は、そういう状況にありました。今もそうです。

私がこんなことをしているのも、ある意味、確かに自分がまだ安全なところにいるからですね。
でもね、いよいよ危険になってからでは、遅いのだ、ということも言えると思います。
戦前戦中の言論統制などがそうですね。ものが言えるうちに言って止めておかなければ、
ものが言えなくなってしまってからでは遅いからです。なにももう言えなくなってしまう……。
私がつい歴史から説き起こしたくなるのは、歴史は繰り返すからです。
そして人間は、なかなか学ばないものだから。

ひとりひとりの人が、それぞれ違った形で、しっかり想いを致せばいいのだと思います。
国民一人一人がしっかり自分の頭でものを考えることが大事。
そしたら、お馬鹿な流れにうかうか乗らないでいられる……。
そういう仲間を増やして行くのは、ほんとうは難しい言葉より、一つの言葉と笑顔かも。^^

私も応援していま~す!お互い、自分にできることやっていきましょ~♪

ありがとうございま~す♪



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: ハルさんへ

ハルさん。こんばんは~~~♪

ほんとにね。地球に心があるなら、どんなに悲しんでいることか…
「海に流せば薄められるから、体に害はない」とかって!そういう問題じゃないでしょ!
と言いたいですね。
しかし、こういう発想の人が本当に多いですね。
日本じゃ核のゴミ捨て場が作れない、と言うと、「じゃ、モンゴルに作りましょ」という。
モンゴルは日本の技術援助と、ウランや石炭輸出を求めているから、ちょうどウィンウィン、
だとか。「宇宙にロケットで打ち上げて捨てればいい」とか、「深海に捨てればいい」とか。

この11月から、4号機の燃料棒を取り出すというのですが、心配です。
これはもう、絶対失敗するわけにはいかない。
クレーン技術者にしても何にしても、最も優秀な技術者をそろえて欲しいですね。
涙が出てきそうになるほどそう願います。
記事を書いていて、もう東電憎い、とか言ってられない段階に来ていると思いました。

子供たちのためにも、総力挙げて取り組んでいかなければ。
他の原発動かすとか、他の国に原発売るとか、そんなこと言ってる場合じゃないんですけれどね~。

国民の60%は、首相の『完全にブロック』発言などを信じないと言っているそうですね。
素人だってわかるような嘘を、一国の首相が世界の前でつく。
でも、マスメディアの世界では、誰も「王様は裸だ~!」って言わないのですね。
国民一人一人が賢くなっていかないと。

お姑さまのお言葉。いつもすごいですね!
あんなふうに、本当のことを皆が言わなくなったから、この今が随分悪くなっていっている
気がします。悪いものは悪いんだ。いいことはいいことなんだ、と。

『子どもたちに負の言葉だけを遺していくわけにはいきません。
これから生きていく彼らの足元を照らすちいさな灯に、せめてなりたい。
私たちには責任があるんですよね。』

ほんと!ほんとにそう思います!
彼等は希望ですものね。

ありがとうございます♪


No title

天候がまた荒れていますね。
地球が渾身の力を振り絞って悲鳴を上げているように思えてなりません。
これだけを考えても、本当に7年後、開催でぎるわげねぇべ、と思います。

もうメチャクチャですね。
あれだけ外国記者団が厳しい質問をしていたのに。落胆しました。
ですが、世界はこの国をちゃんと見張っています。
もはや自国では何もできない国となりました。

なにか、これまで「なあなあ」で流してきたすべての膿が
ここで一気に出ているような気がします。
どうしても、ここを通らなければならないようになっていたのではないかと。


子どもたちに負の言葉だけを遺していくわけにはいきません。
これから生きていく彼らの足元を照らすちいさな灯に、せめてなりたい。
私たちには責任があるんですよね。

Re: NANTEIさんへ

NANTEIさん。こんにちは。

は~い。IOCの金権まみれ体質は、噂に聞いています。
私は、『東京!』という発表の声を聞いた途端にテレビを消して、また寝なおした(!)んですが、
数日後、その時の映像少し見て、儀式の大仰さと、日本側のマスコミなどの興奮ぶりに
だろうな、と予測はしていたけれど、案の定、辟易してしまいました。
何より総理とJOC会長の発言。
そう思うまい、と思っても『茶番だ!』と思う心を如何ともしがたく。

FIFAもそうでしょうが、金の動くところには必ず、そこにたかる金の亡者が
いるものですねえ。
まあ、そういう人ばかりではないにしても、国際オリンピックの役員と言えども人間。
人間がお金だけでなく政治的駆け引きや情実で動くというのは、本当に古今東西、
どうしようもないことなのでしょうか…。

ほんとですよ。いつの日か晴々と、福島、宮城、岩手などでオリンピック・パラリンピック
出来たらいいですねえ。
私は、かつて広島が立候補した時、ああ、それはいいなあ、と思っていたんですが。

原子力規制委員会は、活断層の調査などではまあまあ良くやっているかなと思っていましたが、
田中俊一委員長のあの会見にはがっかりですね。
海で薄まるから体に影響しない、とか、そういう問題じゃないでしょう!
時の政権でさえ介入できない絶対権限を持つ三条委員会である原子力規制委員会の委員長には、
科学的知見、も大事でしょうが、それだけではすまない『倫理観』の問題が
この原発問題には絡んでいる、という哲学を持った人物が立っていてほしいですよね。
例えば、アメリカ原子力規制委員会の前委員長グレゴリー・ヤツコ氏のように。

福島第一の汚染水問題は、これからもっと大きな深刻な問題になってくると思います。
今、記事にしようと頑張っているのですが。

フランスの諷刺画ね。
NANTEIさんと同じで、私も本来、こうした諷刺画って、好きなんです。
川柳や狂歌…、落首・落書の世界ですものね。
でも、こういう無神経なものは、ユーモアとは言えませんね。
当の雑誌は、日本の抗議を受けて、『日本人はユーモアがわからない』と言っているそうですが、
あの作品はユーモアだとはとても言い難い。
古今東西、世界の世相、政治を鋭く切り取る優れた諷刺画の世界は、ああいうものなんかじゃ
ないですよね。フランスには文化的親日派、知日派が多い方だと思うけれど、
あの作品はいただけません。原発事故をほったらかしにしてオリンピック誘致に
被災地を情緒的に利用する、政治家そのものを鋭く突いてほしかったです。

一方でほんとにおっしゃるように、一部の見識なき行為で、全体が一様に悪く言われ、
例えば諷刺画そのものが萎縮したり、文化として衰退していく、というのは問題ですね。
Twitterならぬ、『バカッタ―』とも言うそうですが、一部のおバカな人間たちのために、
店舗自体が閉店に追い込まれるというのもおかしな話。
そういってはなんですが、日本だけでなく、なんだか世界が幼稚化していっているのでは…
そんなことも心配な昨今です。

コメント、ありがとうございま~す!

政治そのものを




こんにちは。

ある方の話ですが、IOCは貪欲な営利組織といいます。
開催を決めた国の株を大量に買ったり、ロビー活動資金を吸い上げたりと、
およそオリンピック精神とかけ離れた行為には開いた口がふさがらないと。

IOCに限らずFIFA(国際サッカー連盟)などの、
スポーツ振興を目的とした団体も、多かれ少なかれ金でまみれているとも。

その方はもうこれからのオリンピックは、一国で開催するのではなく、
ヨーロッパ、アメリカ、アジア、アフリカと分散した開催が望ましいとも言っています。

たしか室井佑月さんでしたか、日本で開催したいなら福島を完璧にキレイにして、
福島開催を目指すべきではないか、と言っていました。

そしてまたまたマスメディアの馬鹿馬鹿しい煽動。
もう末期的としかいいようがありません。

一方でとうとう原子力規制委員会の田中氏は本性を現しました。
安倍総理の「ブロック」発言を擁護する談話を発表して、
福島の汚染レベルはとるに足らないようなことまでほざく始末。

こんなことを言っては神への冒涜になるかもしれませんが、
房総沖地震、南海トラフ大地震の併発でなにもかも振り出しにもどれ!
といいたくなります。。。

そして、追記にあったフランスの諷刺画。
内容の下劣さはいうまでもなく、
この波紋が恐るべき事態をまき起こすことを、
全く思慮に入れてないというのが最悪です。
ただでさえ権力への諷刺を法的に規制しようという動きが顕著な昨今、
これをいい機会とばかりに諷刺文化が抹殺されるかもしれず、
非常に憂慮すべき問題になってきそうです。


Re: 愛希穂さんへ

愛希穂さん。こんばんは~~~♪

私も、私の知っている中で、彼を一番警戒してました。
第一次の時、辞めてくれたときは本当にほっとしたものです。
そしたら、復活でしょう~? もうぞぞ~っとして。
個人的にどうのということではないんですよ。だって人柄など知らないですものね。
でも、その思想が、というか、その志向が全く私にも受け入れ難い。
何から何まで、これほど望まぬことばかりしてくれちゃう人少ないです。

原発も、憲法改悪も、TPPも沖縄も、…根本のところがもう全く違う世界の
ひととしか思えない。野田総理も私は最悪だったと思っていましたが、
安倍総理は嫌いというより、怖いですよ。野田総理は一代こっきりの薄っぺらさが
ありましたが、安倍総理には、彼等の歴史の重層性が後ろにありますからね。

オリンピック。本来は大好きなのに、全然喜ぶ気がしません…
もう、これほど都合とタイミングどんぴしゃりの、悪政からの目くらましはないですね。
復興、原発、改憲、沖縄、TPP、消費税増税、秘密保全法、マイナンバー制度、集団自衛権、
日本版NSC、内閣情報局、軍備増強、……
オリンピック、オリンピックと騒いでいるととんでもないことになってしまいます。

愛希穂さん。私も、腹の内が煮えくりかえるようですよ。
怒りが溜まってどうしようもなくなったら、遊びに寄ってくださ~い♪
わ~~~っと吐き出すと少しすっきりするかも。^^

でも、心配なことがたくさんあります。
この国は、戦後最大の危機を迎えていると私思っています。
今までは、なんだだかだいって、自民党が変なことしようとしても止める野党がいた。
でも、いまはその野党が自民党と殆ど同じなんですから。
あと、これをとめられるのは、国民だけなんですよね。

いつもありがとうございます。ゆっくりお話ししたいことあるのにね♪ ^^

No title

こんばんは。

アベの発言、思考が私は本当に許せません。
よくもあれだけ嘘を言えるなと。あるいは、何も知らないだけなのか、考える脳力がないのか。

アベが再登板してから、あらゆることが巧みに少しずつ悪しき方へと操作されているように思えてなりません。

憲法改正問題にしろ、原発問題、TPP問題、消費税増税問題等で反対していても、なんか「オリンピック」の一言で丸め込まれてしまいそうなそんな不安があります。

オリンピック開催による経済効果について、「2020年東京五輪開催による経済効果が期待されていますが、景気回復を自身の生活レベルで実感できるようになると思いますか?」というアンケートがあって、その結果は(回答総数:125224件)、「生活レベルでは実感できないと思う」が58%、「実感できるようになると思う」が17%、「どちらとも言えない」が23%でした。

冷静に見ている人は、みているのですね。

ここ最近のアベの言動に怒りがたまっていて、思いつくままに書いてしまいました・・・。まとまりがなくて、すいません。

Re: クウ―ママさんへ

クウ―ママさん、ありがとう~。
これ、ほんとはまだ書ききれてないんですけれど、これ以上長くなってはと。^^
複雑な想いですよ~。

五輪開催による経済効果は確かに大きいだろう。
世界の祭典が間近に見られることの喜びや、教育効果も認めます。

何より、私自身がオリンピック好き。
問題点はいろいろあっても、その期間だけは世界中からアスリートたちが集まり、
残酷な戦闘でではなく力と技と美を競い合う。人間ひとりひとりの交流も生まれる…

でも、あまりにも東京中心、そして都合の悪い部分は覆い隠そうとしてしまう
お祭り騒ぎには、違和感を感じてしまいます。
汚染水問題は実はもっと深刻…。

は~い。ありがとう。
今日はだいぶいいです。
一昨日は、全身がめりめり痛かった。
クウ―ママさんも気をつけてくださいね♪
ありがとう~~~♪

No title

こんばんは
紹介させていただきますね

風邪、酷くならないうちに治さないと・・・ホットジンジャーティーをどうぞ。
蜂蜜も入れてね^^
プロフィール

彼岸花さん

Author:彼岸花さん
リンク、トラックバックご自由に。

『しだかれて十薬忿怒の息吐けり』

『南亭雑記』の南亭師から頂戴した句。このブログになんともぴったりな句と思い、使わせていただきます。
十薬とはどくだみのこと。どくだみは踏みしだかれると
鮮烈な香りを発します。その青い香りは、さながら虐げられた若者の体から発する忿怒と抗議のエネルギーのよう。
暑い季節には、この強い歌を入口に掲げて、私も一民衆としての想いを熱く語りましょう。

そして季節は秋。
一足早いけれども、同じく南亭師からいただいた、この冬の句も掲げておきましょう。

『埋火に理不尽を焼べどくだみ荘』

埋火(うずみび)は、寝る前に囲炉裏や火鉢の燠火に灰をかぶせて火が消えてしまわぬようにしておいた炭火などのこと。翌朝またこの小さな火を掻き立てて新たな炭をくべ、朝餉の支度にかかるのです…

ペシャワール会
http://www1a.biglobe.ne.jp/peshawar/pekai/signup.html
国境なき医師団
http://www.msf.or.jp/donate/?grid=header02
最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード