『葛西臨海公園の自然を守ろう』

『布ぅ楽雑記』のクウ―ママさんから教えていただいた情報。
葛西臨海公園ってご存じでいらっしゃるでしょうか。
東京都が東京湾沿岸の汚染や埋め立てで破壊された自然環境を再生しようと作った公園です。
開園は、平成元年(1989年)。面積 約81万平方メートルもある広い園内は、
25年という歳月の間に、野鳥や昆虫、植物の宝庫になっています。
野鳥の会の調べでは、園内で野鳥226種、昆虫140種、クモ80種、樹木91種、
野草132種が確認されていると言います。

その都会地に近接した公園としては珍しい自然豊かな環境を、都は、2020年オリンピックの
カヌー会場に作り変えようとしているのです。

建設計画の詳細は明らかではないものの、招致委員会がIOCに提出した立候補ファイルによると、
カヌー競技会場は東京都が24億円、大会組織委員会が8億円を投じて建設。
工事は17年12月にも始まり、完成後は立ち席3000席を含む全1万5000席を備え、
五輪期間中には4種目が予定されている。五輪後は、市民がカヌー競技以外にラフティングなどの
レクリエーションにも使える施設を残すというのですが。
競技場建設で公園の3分の1程度の自然環境がなくなった場合、その影響が公園全体の生態系に
及ぶと、野鳥の会は指摘しています。

他に代替候補地がないわけではないでしょう。なぜ、わざわざ25年もかかって出来上がった
この都心のオアシスともいうべき葛西臨海公園をカヌー会場にするのか。

葛西臨海公園以外の、東京湾埋立地内の未利用地や湾岸の未利用地といった、環境への影響が少ない
場所を競技場に利用するように、今、署名活動が行われています。

クウ―ママさん。情報、お借りします。
みなさん、都民でない方も、ぜひ、このような美しい環境を守るため、署名にご協力ください。

http://www.change.org/ja/キャンペーン/25年もかけて育てた葛西臨海公園の自然を-オリンピックのために壊さないで?share_id=BVggcfUHYb&utm_campaign=twitter_link_action_box&utm_medium=twitter&utm_source=share_petition

この署名活動の趣旨と葛西臨海公園の様子、お知りになりたい方は、このかたのブログお読みください。


http://yaplog.jp/eikisato/archive/275


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re:NANTEIさんへ

NANTEIさん。こんにちは~。

葛西臨海公園について記事をお書きでいらしたので、いずれクウ―ママさんのところか
こちらにコメントいただけるか、と。(笑)
そうですか!お従兄さまは、日本野鳥の会の会員でいらして、野鳥の写真の
プロのような方なのですね。
葛西臨海公園は、一度行ってみたいと思っていたところです。とりわけ
NANTEIさんの記事見せていただいてからは。
水族館でぼおっとしていたい…。(爆)

工事にかかってしまうともう引っ込みがつかないですから、反対の声上げるのも、
急がないとですね。野鳥の会など中心にして、一括して署名や嘆願できるといいですね。
騒がしい工事が始まったら、いくら敷地の3分の1と言っても、後のところにいる
鳥たちが影響受けないはずがありませんよね。なんでわざわざそういうところ選ぶかなあ…。

猪瀬直樹氏は、私も、石原前都知事よりはましかな、というくらいで。^^
都知事選の時も宇都宮健児氏に入れましたし。

何とか大きなうねりにして、この稀有の、折角25年もかけて出来あがった都心の自然を
守っていきたいものですね。

ありがとうございま~す♪

こんにちは。

この件では19日猪瀬都知事が、はぐらかしの発言をしていますね。
私は以前から猪瀬直樹という人物には疑問を持っていました。
政治討論会や政治バラエティーなどを見ていると、目下のものには傲慢で攻撃的。
石原氏などの有力者には諂う姿勢が見え見えで不快感すら覚えていました。

原発を不安視する人には、
「仕事をしない専業主婦は、パートでもなんでも仕事をして社会人になってください。
数値の意味がわかるようになるしかありませんから。
不確かな気分で子どもを不安にさせてはいけません。」
といった発言をするなど見下した態度が多く見受けられます。
そのような人物ですから、十万の署名が集まったとしても例の通り強弁を繰り返すに違いありません。

ただ「日本野鳥の会」が競技会場変更の申し入れを行っていて、
その申し入れを受けて観覧席は常設から仮設に変更されたのが5月のことと聞きました。
以後も「野鳥の会」は会場自体の変更を求めて申し入れを継続させています。

また署名運動も始めていますが、いまのところ団体での署名を求めているだけです。
たとえば「日本自然保護協会」「千葉県自然保護連合」「生態系協会」「東京都漁業組合」
など現在までに52団体から支援を受けているそうです。

しかしこれが広がれば招致委員会も無視できなくなるでしょう。
そして、これらの団体がそれぞれ一般の人々にも働きかけてくれることを期待してやみません。

実は私の従兄が「野鳥の会」会員で、野鳥写真の個展を開くほどのベテランなのですが、
一般の署名も考えるように持ちかけようと思っています。

楽観はできませんが、大きなうねりになると希望大かもしれませんね。

Re:しほさんへ

しほさん。こんにちは~。
そうなんです。こうした巨大計画の陰には、必ずと言っていいほど、従来の生活を
奪われるひとが出てくるんですよね~。
国立競技場改築に伴い、新宿区の都営霞ヶ丘アパート10棟は、取り壊され、200世帯ほどある
住民は、別の都営に移転させられることになりそうだとか。
霞ヶ丘アパートの住民は現在約400名。66才以上の高齢者が214名と半数を超えるそうです。
そもそもこの都営アパートは、1960年代の東京オリンピックの際、メーン会場作りの際
立ち退きのために作られたものだそうで、そのとき移転してここに入居した人が、また
立ち退きを迫られることにもなるケースがあるという。
しかも住民には全然事前に説明なし。
東日本大震災の被災地のお年寄りもそうですが、慣れない土地への引っ越しは大きなストレスを
生みます。住民に説明なしという、そのすべての決定のしかたが問題ですよね~。

私個人としては、この国立競技場や霞ヶ丘アパートに隣接する明治公園は、原発いらないの
デモ会場として思い入れがあるので、それも無くなるということは、そういった意味でも残念です。
だって、同じく反原発デモの集会場であった日比谷公園は、石原前都知事が集まれないようにしてしまい、
(事前に…数か月前くらい?…日比谷野音とか公会堂を有料で確保しなければならなくなった)
脱原発・反原発デモも、2年前より随分やりにくくなっています。
特定秘密保護法などが通っちゃったら、反原発運動もやりにくくなるかも。

あと、渋谷のこどもの城・青山劇場・青山円形劇場も無くなって、それはオリンピックとの
直接の関連性はないのだけれど、そこにオリンピックセンターなる巨大施設を建てる計画に
なってるらしいです。ひょっとして、これも織り込み済みだったのかな、とかふと思っちゃう。
こういう子供の夢をはぐくむ施設は、採算などを度外視して、守ってほしいと思いましたけれどね。

築地市場の豊洲移転。そういえばこの頃ニュースにあまりなっていないような。
そういう時は、着々と準備が進んでいるときですから、怖いですね。
ほんと、そんなんでシアンとか基準の43000倍とも言われるベンゼンとかの
有害物質の影響をなく出来るんでしょうか。液状化もとても心配ですよね。

しほさん。いつもありがとうございます。

悲しいですね

うきうきしてる人の影に泣いてる人がいるんですね。
署名しました。
カヌー競技を見たことはありませんが、椎名誠の「岳物語」の情景を思い浮かべると自然の渓流がオリンピックカヌー競技の舞台にふさわしいと思います。
加えて築地市場の移転問題どうなったのでしょうかね?
最近豊洲の汚染(放射能とは別)された土壌問題は新聞報道に出てきません。
土壌を深さ何mも交換するから大丈夫と言ってましたが、豊洲って字からして埋立地ですよね。千葉でおきた液状化の心配をしなくていいのでしょうか?
ニュースは開催のお祭り報道からそろそろ平常に戻ってほしいです。

何日経ってもオリンピック開催に心が踊りません。
土地の価格が上がるのも、株価が上がるのも不思議でなりません。

Re: クウ―ママさんへ

クウ―ママさん、こんばんは~♪
こちらこそ、大事な情報、ありがとうです~!
とんでもない計画ですよね~。なんでここなんだろう。
他にきっと場所はあるでしょうにね。

東京は地価が上がっているとか。それも都心だけね。
オリンピックの見えそうなマンションも売れているらしいです。
なんだかなあ…って思いますよね。

葛西臨海公園。行ってみようっと。
いろんな人が声あげているらしいですから、なんとか、計画変更して欲しいですね。

クウ―ママさん。いつも情報ありがとう~~~♪


No title

早速の記事、感謝です。
ありがとうございます!

「佐藤栄記の自然観察日記」さんの記事をズゥイ〜っと遡って読んでいくと、面白いですよぉ〜
面白くて、怖いです。
どれだけ地球が変化してるか実感させられます。
彼岸花さんの記事を通じて、更に読んでくれる人が増えますように・・

プロフィール

彼岸花さん

Author:彼岸花さん
リンク、トラックバックご自由に。

『しだかれて十薬忿怒の息吐けり』

『南亭雑記』の南亭師から頂戴した句。このブログになんともぴったりな句と思い、使わせていただきます。
十薬とはどくだみのこと。どくだみは踏みしだかれると
鮮烈な香りを発します。その青い香りは、さながら虐げられた若者の体から発する忿怒と抗議のエネルギーのよう。
暑い季節には、この強い歌を入口に掲げて、私も一民衆としての想いを熱く語りましょう。

そして季節は秋。
一足早いけれども、同じく南亭師からいただいた、この冬の句も掲げておきましょう。

『埋火に理不尽を焼べどくだみ荘』

埋火(うずみび)は、寝る前に囲炉裏や火鉢の燠火に灰をかぶせて火が消えてしまわぬようにしておいた炭火などのこと。翌朝またこの小さな火を掻き立てて新たな炭をくべ、朝餉の支度にかかるのです…

ペシャワール会
http://www1a.biglobe.ne.jp/peshawar/pekai/signup.html
国境なき医師団
http://www.msf.or.jp/donate/?grid=header02
最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード