『一年の初めに』

皆さま、新年おめでとうございます。
こころ静かな、あるいは賑やかな初春をお迎えでおいでのことと存じます。
昨年中は、ここのところ頓に堅苦しい記事ばかりになっていた拙ブログを
変わらずお訪ねくださいまして、本当にありがとうございました。
今年は、今少し、彼岸花本来の、もう少し艶っぽく湿り気のある記事も書いていきたいなと
思っていますが、さてどうなりますか。^^
どうぞ本年もよろしくお願い申し上げます。

さて。2014年の元旦は、ともに健啖家の娘夫婦を迎えるということで、大量の食べものを
準備することで始まりました。
数の子、伊達巻、昆布巻、ごまめ、などという旧来のおせちは、二人も私共もあまり食べません。
ですから、一昨年から、ホテルの洋風おせちというものを取り寄せることにしています。
でも、それだけでは心寂しいので、昔と同じように、わたしのおせちも一応用意しました。
と言っても手抜きのおせちです。以前はちゃんと三段重にいっぱい何やらかにやら作って
詰めていましたが、一昨年から、二段で済ませて。


2014_0101_111922-CIMG1490.jpg


ボロが出るので、へへっ!お取り寄せのおせちをメインに載せておきます。^^
『寿』の海老の入ったお重の下に、もう一段お重があります。
写真にもこたつのテーブルの上にも収まりきれないので重ねたまま。

右下のささやかな二つが私の手づくりおせち。
おや、お煮しめの大根や人参の面取りをちゃんとしてないな、とか、並べ方も雑だなあ、
隙間が空いてらい!とか、細かいところは見ないでくださいね。(笑)
お煮しめは、筍、蕗、牛蒡、焼き豆腐、大根、人参、そして暮れの使い残しの結びしらたき、です。
牛蒡のあく抜きと、蕗の下茹でだけはしておいたけれど、あとは大根、人参を
少量の油でさっといためて(コクを出すため)他の材料も加えていっしょくたに煮てしまいます。
乱暴な料理だけれど、味はいいんですよ。
いつもはここに干し椎茸、里芋なども加わっていますが、この正月迎えはとりわけ
暮れから段取りが悪く、紅白もほとんど見られないくらい夜まで細かい片付けなど
ばたばたしてたんで、お煮しめも手抜き手抜き。(笑)

右側のお重が画面から切れてます。
こんな感じ。

2014_0101_112120-CIMG1494.jpg

え~。ほうれん草を卵焼きで巻いた『若竹たまご』(これは昔、娘のお弁当の定番だった)
黒豆(出来あいのもの)、小肌、薔薇の花に見立てたスモークサーモンとイクラ、
ちくわ、洋風かまぼこ、紅白なます。
正直に言いまして、作ったものは、卵焼きと紅白なますだけという、これも超手抜き!
盛り付けだけ、庭の南天の葉っぱや実や、松葉を飾って、正月らしさを出しました。

冷たい料理ばかりなのでお雑煮のほかに、温かいものも少し、と思って、
こんがり焼いた白葱のバルサミコソース煮や、茄子と獅子唐の炒めものワインビネガ―風味など
熱い料理も作りました。
彼岸花。これでも一応主婦ですから、料理は毎日やってるんです。きわめて雑ですが(笑)。

元日からなどとそんなことかまわず作品制作の、娘たちの夕食のために、使っていない三段目の空のお重に
料理に箸をつける前に少し取り分けさせて持って帰らせるところが、まあ、母心、と言いますか。


2012_0101_112927-CIMG6246.jpg

こちらは一昨年の二段重。
くわいのから揚げや海老の鬼殻焼き、野菜のマリネなどが加わってるところが今年と違うかな。
明らかに、一昨年の方が少し手間をかけています。
今年は、なんと元日の朝、大慌てでお重を用意したので、手抜きが目立つ(笑)。
竹輪はお婿さんの実家から他のものと共に送っていただいたもの。若竹たまごと向きが違うことに
一枚写真撮ったあとで気付いて並べ替えました。
ありゃ、ローストビーフのたれの袋も切ってないや!(爆)


年賀状も31日に作って刷って、大急ぎで書けるだけ書いて、買いだしの途中で投函。


2013_0521_151219-CIMG0126.jpg


万事派手です。
実はこれ、昨年の娘たちの結婚式の披露のささやかな内輪の宴の時、
座席表や、引き出ものの袋に添えるカードとして作ったものの転用。
私が絵を描いたわけではなく、これ。古い羽織の裏地をコピーしたものです。

さて。
娘たちも早々に帰って行ったあとは、また夫婦二人の静かな時間です。
元日だけれど、夜は私はお婿さんの作品の手伝いの縫物をしていました…。


2014年。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

2014_0102_123743-CIMG1509.jpg


狭い庭の一隅に、いつの間にか生えて来た万両。
陽のわずかに当たるところを選んで生えて来た!(笑)

皆さまのご多幸を祈りつつ。







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re:鍵コメさんへ

鍵コメさん。鍵コメさん!
明けましておめでとうございます。

訪ねてくださってとてもとっても嬉しい♪ ^^
元気でおいでのご様子。
直接お声は聴けなくても、季節季節、折々にあなたの思い出があって、
ああ、こんな時、あなたならどういう反応してくださるかなあ、といつも思います。
…さんのところに伺えば、そこにはあなたが居てくださる気がするわ。^^
季節の花や、季節の香りや、季節の日差しでもあなたを想うよ。

私は絶不調。
なかなか気力が戻りません…
こういうときは原点に戻るべしと思って、むぐ!って口をつぐんで縫い物しています。
ブログ始める前は、お人形ちゃんせっせと作ってた…。
縫い物してるときは、仕立てものしている母のそばで静かに本など読んでいた
少女の私に戻ります。或いは自分が『母』そのものに純化してる……。

私も今年は、百合屋敷構想を実現したいな。^^
狭い庭だけどあちこちにいっぱい百合を植えようと思う。
去年は、夜顔、植えてやらなかったけれど、今年はまた、門扉に絡ませようと思います。^^

すてきな画集、手に入れたんですね。Oは私も好き。^^
鍵コメさんの嬉しい顔と、大切にページをめくる白い手が見えるような気がします。^^

離れていても、今年もよろしく♪
今年は私は、いろんな記事を書きますから、覗きにいらしてね。

いっぱい ^^ ^^ ^^ ^^ ^^ ^^ ^^ ^^ ^^ ^^








管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: spoon rideさんへ

spoon ride さん。
新年おめでとうございます。

やはり若い方は、従来のおせちは苦手でしょうか。
昔は、日持ちがするように、煮ものやごまめ、昆布巻きなど、全体におせちに詰めるものは
味が濃いですよね。すぐに飽きてしまう。
我が家でも従来のおせちだと、残るものが決まってしまっていて…。
それで、若い者向けに、洋風おせちに切り替えました。
おせちを取り寄せるようになったのは、私が塾で働いていた頃、
いつも三が日に冬期講習や暮れの支度の疲れが出て、元旦の午後からいつも熱を出して
毎年寝込んでしまっていたので、亭主が「もういいから出来あいのを頼みなさい」と
言ってくれてからです。
それが仕事を辞めた今でも、これ幸いとばかりに続いてる。(笑)
でも、何十年も続いた、手づくりおせちの習慣。なんとなく落ち着かなくって、
出来あいの注文するようになってからも、お煮しめだけは簡単に一応作っています。

お子様たちなら、洋風おせちは、お肉などもたくさん入っているし、
味付けもいろいろバラエティに富んでいて飽きないしぴったりですね。^^
いいお正月を迎えられたんだろうなあ…♪

ほんとに、政治を見れば、また気持ちがすっきりしなくなってしまいますが、
spoon rideさんのように日々の暮らしを丁寧に前向きに生きること、
本当に大切ですね。ご自分の生活やお仕事をきっちりなさるだけでなく、
地域の活動も楽しく活発になさってる。
わたしもいつもspoon ride さんのブログ訪れる度に、ああ、かく生きたいものだなと思います。^^

今年もどうぞよろしく。
2014年が、ご一家にとってますます素晴らしい年となりますように♪

No title

大変遅くなりましたが明けましておめでとうございます。
我が家も従来のおせちは苦手な方なのであまり作り込まないのですが、今年は思い切って彼岸花さんと同じく洋風おせちを頼んでみました。
普段食べなれないおせちに子ども達も「これって何?」ととても楽しんでくれました。彼岸花さんが作られたおせちもとても美味しそう!!これなら子ども達も喜んで食べてくれそうです♪

年々欲に溺れたニュースが溢れて落ち込む事も多かったですが、こんな素敵なおせちを食べられる世に生きることができるのですから、感謝しつつ明るく隣人にも幸福を分け合えるような暮らしをしていきたいですね。
私も努力は忘れず、丁寧な暮らしをしていければと願っています。
また一年、宜しくお願い致します。

Re: さおるさんへ

さおるさん。
新年おめでとうございます。
良いお正月をお過ごしになったようですね。
両方のご両親がご健在で、そして帰ってくる子供たちもいる…
美味しいものたくさん作ってさおるさんの帰りをお待ちになっていてくださるご両親と
同じように美味しいもの用意して子供たちを待つさおるさんと…
それはなによりの幸せですね。^^
ましてお父さまお母さまの育てた野菜のおせちの数々。さぞかし美味しいことでしょう。
三人姉妹で分けて持って帰る、というのも、それもほほえましい風景ですね。
それを見越してたくさんたくさんごちそう用意なさるお母さまの心わかる気がします。^^

こちらも昨日は、都心では雪もちらついたりしたらしく寒い一日でしたが、
今日は関東らしい冬晴れの空。
とうに松の内は明けたのに、いつまでもお正月料理引っ込めないでいるのは
みっともないから、早く次の記事書かなきゃいけないんだけれど。(笑)

本年もよろしくお願いいたします。
さおるさん、今年もまた、素晴らしい作品をどんどんお描きになってね。
楽しみにしています。

2014年が貴女にとってさらにすばらしい年となりますように♪



2014

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

いい年越しをむかえられましたね。
芽生さんご夫妻とにぎやかだったことでしょうね。
こんなにご馳走があったら、いつまでもありませんコタツテーブルから離れられませんね。

私も毎年、おせちを作ってこちらの両親と年越しをして、一日に実家に戻ります。
母がテーブルに並びきれない料理を作って待ち構えていてくれます。
素朴なものばかりですがほぼ、両親が作ったお野菜でできていると思えば、この贅沢さは他にないのだろうと、思えるようになりました。

やはり帰りには、三人姉妹で分けていただいてきます。
それもそろそろ食べ尽くしました。

居てくれて、待っていてくれて当たり前の両親ですが、かけがえのない存在である事。新しい年を迎えるたびに感じます。

さあ。今年はどんな一年になりますでしょうか。

冬の光は明るいですね。
人の心が陽のひかりのように、遠くまで届きますように。。。。

Re: 樫の木さんへ

樫の木さん。明けましておめでとうございます♪
あっという間に松も明けてしまいますね。

そうですね。だんだんおせちもデパートなどから取り寄せたり簡略化はしていきますが、
私が元気でいるうちは、おとそとおせちはこれからも毎年用意するのかなぁ…
でもたぶん、娘はもう自分じゃしないんじゃないかな。(苦笑)
お雑煮くらいは作るだろうけれど。

でも、一年に一度のあらたまった気分は、なかなかいいものですね。
おとその薬草の香りと、お雑煮に入れた柚子の香りと、あと水仙の花の香りとは
し~んと冷たい元旦の朝に清冽な気分をもたらしてくれます。^^

樫の木さんは、海外においでになるからこそ、日本のお正月の良さもまた
あらためてお感じになるのでしょうね。^^
私などは逆に、外国の暮れから新年のたたずまいに興味を魅かれます。

宇都宮さん。応援しますとも。
でも、オリンピックはもう決まったことだし、選挙戦は戦いにくいでしょうね。
国選なら安倍政権批判が直接できるけどなあ…。
それでも、自民などに勝たせたくはありません。応援しますとも!

そうなんですよね~…
安倍政権はよほどの経済的失点でもない限り、長期政権化しそうな勢いです。
残念ながら、こんな政権を私たちが選んでしまった……
くしゅんとしていても仕方がないから、明るく前向きに戦うしかないですよね!^^

私こそ、本年もよろしくお願いいたします。
ありがとうございま~す♪



Re: 愛希穂さんへ

愛希穂さん。こんにちは~♪

お正月も早、松の内が明けてしまいますね。
今朝は私の地域は朝方零下だったそうです。アンカして寝てるので感じなかったですけど。^^
今朝は七草がゆを作って食べました。

そうですよね~。
若い世帯では、もうおせち、という時代でもないのかな~。
なにしろスーパーなども2日からもう開いてるし、正月に食べる分を山のように買いだめ
しておく必要もない。昔はお刺身やステーキなどはたまのハレの日のごちそうだったかも
知れないけれど、今じゃ日常的に食べることが出来ますものね。
我が家でも、伝統的おせちは食べ残してしまうことが多かったの。
お正月の間とかずっと食べられるよう日持ちがするように、おせちの味つけは
一般に濃いお醤油とお砂糖やみりんの味つけが多いでしょう。
なんだかどれもこれも同じ味付けで飽きてしまう。
私だけが仕方なくいつまでも一所懸命、昆布巻きやゴマメやきんとんや黒豆つついてる…(笑)
だから、数年前から、取り寄せるのも、洋風のオードブル風のおせちにしました。
これならビールにもワインにも合うし、味もいろんな味付けしてあるし。

だんだんおせちを初めとして、伝統のお正月スタイルは消えて行くのでしょうね。
子供が小さい頃は、獅子舞いを街で見かけたし、羽つき凧揚げなど外で皆していましたよ。
我が家でも、百人一首大会したり。^^
どんどん、ハレの日とケの日の区別がなくなっていっていますね。
いいことなのか悪いことなのか一概に言えないけれど。

でも、主婦は今の方が格段に楽!(笑)
私も、娘たちが帰った後は、のんびりして。^^

年賀状。派手でしょう。^^
デザインするのが面倒なので、ここ数年は、着物地のスキャンという方法に
頼っています。

愛希穂さん。今年もよろしく♪


Re: お二人目の鍵コメさんへ

ちょっといろいろばたばたしていて、お返事遅くなってすみませ~ん!
どうもいろいろなことに段取りが悪くなって。^^

そちらでお返事させていただきますね~♪

Re: お一人目の鍵コメさんへ

ちょっと数日ばたばたしておりまして、お返事遅れて申しわけありません。
お気持ちよくわかりますので、どうかお気になさらないでくださいね。^^

しかし、問題の歴史上の方。
すごいというか、むごい人生ですねえ…
このような人生が、どれほどたくさんあって、やがて歴史の中にうずもれて言ったかと思うと
粛然とした気持ちにさせられますね…。

政治状況は、悪いままひどいままにどうやらこのまま落ち着いてしまいそうですね。
こんな時代が来るとは、2年ほど前にさえ思っていませんでした…
戦後日本人守り抜いてきたものが、このように容易に覆されてしまうとは……
私はまだ実は、言葉を発するのに気が重いです。

なぜ人間は賢い道を選んでいけないものなのでしょう…
日本周辺だけでなく、世界のあちこちに今日も見る紛争の数々…
一人一人の『いのち』が大事、という究極の原点に立ち返れば、とるべき道は
自ずとはっきり見えるでしょうに。

件の映画。面白そうですね。見てみたいと思います。^^

気の思い数年がこれからも続くのでしょうが、節は曲げたくないものだと思っています。
これからもよろしく~♪ またいろいろ教えてくださいね♪

No title

彼岸花さん、明けましておめでとうございます。(stanislowskiです)
おせちいいなぁ。私はこちらに嫁いでくるまで全く興味が無かったんですよ。
舌が大人になったのとやっと日本文化に目覚めたからなのでしょうが、美しい食文化作りたくて堪らないんです。お母さんからお裾分けを詰めてもらえる娘さんたちがうらやましいな。

今日は別館から参りました。
いつの日かベルギーにも来てくださいね!

東京都知事選も始まりますね。宇都宮市が出馬を表明したと、今さっきニュースを見ました。目が離せません。

今年はからっと明るくいきたいな。
本年もどうぞよろしくお願い致します。

大変遅くなりましたが・・・

ちょっと(かなり?)遅すぎますが、

あけましておめでとうございます。

美味しそうなおせちですね。我が家は誰も食べないので、おせを作りません。一品も作らない私です。おせちを食べない家庭ってどれぐらいなのでしょうね。
我が家のお正月は全然お正月らしくないお正月です。

子どもの時は、祖父母の家に親戚一同集まって、餅つきをし、おせちを囲み、凧揚げや羽子板で遊んだりと、まさに絵に描いたお正月を過ごしていました。
子どもの頃はお店も正月三が日は閉まっていたから、家族、身内で楽しむ時間がたっぷりあったんですよね。

あの子どもの時に味わったお正月を子ども達にも味わせてあげたいけれど、難しいです。


年賀状も素適ですね。色彩豊かで、年初にとても合っていますね。

今年もどうぞ、よろしくお願いいたします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: MATZ-TSさんへ

MATZ-TSさん。明けましておめでとうございます。
昨年中は拙ブログをお訪ねくださり、いつも真剣な意見を本当にありがとうございました。
ご家族お集まりになり賑やかなお正月だったようですね。
子供の声が聞こえるというのはいいですね。^^

そうですねえ…
安倍政権は長命の政権になってしまうかもしれない…
気短かになってあきらめてしまったら、どうにもなりません。
息長くしぶとく反対の声を上げていかねば、ですね。
私もすぐ息切れするので、もう少し持久力をつけねば。^^

今年もどうぞよろしくお願い申し上げます♪





Re: しほさんへ

しほさん。明けましておめでとうございます♪

しほさんのところも私の方も、暖かい3が日でしたね。
めでたい節目に家族が集まるのっていいですよね。
私はあまり大勢のそうしたところの経験がないのでうらやましいです。
親戚にも不義理ばかりしてるしなあ…

いいえいいえ。わたしの方こそ、しほさんにたくさんの情報教えていただきました。^^
『9条にノーベル平和賞を』。これ、いいですねっ!^^
一人の若い主婦の方が考えた…すごい。
ぜひ取りあえずの目標の1万筆。署名集めたいですね。私も早速署名しました。
明日、記事やツイッタ―で広めますね♪
ありがとう♪

今年もよろしくお願いしま~す♪^^

迎春

彼岸花さん,あけましておめでとうございます. お~ 派手な年賀状!元気がでそう.

正月はバタバタと過ぎていく,ということは,元気で居られるからだ,ということですよね.子供たちも帰ってきて.家のなかがかき回されて・・・

小生もそんな感じで過ぎました.子供たちと親戚の皆様と・・・わいわいと.

 昨日から平常モードで仕事に入ってます.

今年は,あまり思い込まずに,広い視野は保ちながら,小生のできること,今やるべきことに重点を置いていきたいと思っております.

よろしくお願い致します! MATZ-TSより

No title

彼岸花さん、明けましておめでとうございます。
風もなく穏やかな三が日でした。
この一年もそうあってほしいと思ってます。

節目に家族が揃うのはうれしいこと!
我が家も無事顔合わせ出来ました。

ITのおかげで彼岸花さんのブログを知りました。
つくづくITは弱者の味方だなと思います。
昨年は1/6締切のパブコメで終わり、新年は「9条にノーベル平和賞を」に署名で始まりました。
物言わぬ国民は軽んじられますね。

新しい一年もよろしくお願いします。

Re: スキップさんへ

スキップさん。明けましておめでとうございます。
そうですよね。スキップさんにとられては、とりわけこの正月はお祝い気分では
おいででいらっしゃらなかったでしょう……
政治の状況考えても、わたしも、今年はぽかんと口あけて、テレビでお笑いタレントばかり
出てくる空騒ぎ番組を見ている気分にはなりませんでした。
今年は紅白もほとんど見てないです。美輪明宏さんのとこだけちょうど見られて
それで満足した、というくらいで。^^

おせちは、若い二人がよく食べてくれるので、持ち帰り分も含めて、少し多めに
用意しました。^^

本当に、お正月らしい風情は、わたしの街などでもほんとにないです。
神社にお参りする人々がいるくらいで、今は、子供たちは外で凧揚げなんかするより、
ゲーム?をうちでやってる方が楽しいのでしょう。冬休み中だというのに、
外で遊んでいる子供の姿をほぼ見かけませんね。
娘がまだ小さい頃は、羽つきなどする人の姿もちらほらとはあったし、獅子舞いの
門づけなどの姿も見かけました。
我が家では、着物着てあらたまって、百人一首をしてましたよ。^^

そういえば、車の前に飾るお飾りもあまり見かけなくなったような気もします。
毎年、駅から少し離れたところで玄関飾りや裏白、ユズリハなど売っていた香具師さんも
今年は見かけなかったです…。
時代の流れと共に、お正月の風景も変わっていくのは仕方ないことなのでしょうが、
日本人の心からなにかが確実に消えていきつつあるような気がしてなりませんね。

スキップさん。本年もよろしくお願い申し上げます♪

Re: うさぎ二匹さんへ

うさぎ二匹さん。
新年おめでとうございます♪

おお。
お忙しいお正月なのですね。^^
でも、お勉強とお仕事と。そういう張りつめたお正月もそれもいいですね。

私も、5年前までは、塾で勤めていましたので、暮れから正月にかけては
本当に忙しかったです。11月末の期末テストで中三生の内申点がほぼ予測されるので、
そこからいよいよ受験高の絞り込みの親子面談。推薦入学で行きたい子は、
特に作戦が必要でした。それが一段落すると冬期講習の宣伝して、新しい子を
呼び込むことや、二学期の成績回収して教室の成果の報告書作成。小さい子たちには
クリスマス会をやってあげねばならない。小さなプレゼントいっぱい用意して
ツリーを教室に飾って、ゲームなども考えて準備。暮れは29日まで講習があって、
30,31の2日で家の掃除の仕上げや、買い出しやおせちの料理をばばあっと。
温まる暇もなくその2日間動いていたのと、塾の疲れとが出て、元日、おせちを
食べた後、大抵午後から熱が出て、正月三日間は毎年、うんうん熱で苦しむ寝正月、
ということが多かったです。^^ 4日からまた冬期講習でしたし。

でも、今思い出すと、とても充実した日々だったような。
とりわけ小学生たちにやってあげるクリスマス会は楽しかったです~♪
ツリーを一緒に飾り付けして。
受験控えた中三生の男の子たちがうらやましそうにツリーを触ってみたりしていました。^^
女子の中三生達は小学生をからかいながら、教室の飾り付けなど自分から手伝ってくれた。
今でもその頃の子たちが年賀状くれるんですよ。^^

お仕事が出来る若い時代はある意味、幸せとも言えますね。^^

うさぎ二匹さん。わたしこそ、今年もよろしくお願い申し上げます。
うさぎ二匹さんのますますのお幸せを。^^




Re: 鍵コメさんへ

鍵コメさん、こんばんは。

お正月と言っても今年はちょっと忙しかったのは元日の午前中だけで、
娘たちが食べるだけ食べてまた制作するために早々と帰って行ったあとは、
普段通りの静かな生活に。^^
私は元日から縫物です。

お返事の続きは、そちらでさせていただきますね~~。^^

Re: waravinoさんへ

waravinoさん。明けましておめでとうございます^^

年に一度の賑やかさ、です!^^
でも、若い人がモリモリ食べてくれるのを見ているのはいいものですね。
私は男の子を育てたことがないので、また、親戚づきあいとかもそうしてこなかった方なので、
娘が彼を初めて連れてきて、暮れから正月にかけてもてなしたときには、
『まあ!若い男の子ってこんなに食べるもんなんだ!』とびっくりしました(笑)。
娘もよく食べるほうなのですが、二人揃うと、焼き肉などお肉がいくらあっても足りない。
次々に料理を作って出すとそれもぺろりとなくなる…
そうとう大量の食糧を暮れに買い込んだつもりだったのですが、大みそかに既に
それが尽きようとしているのにはちょっと慌てました。(笑)
今年は、二人とも正月返上なので、暮れには帰ってこず、食糧の面では節約できましたが、
でもね、遠慮しないで食べてくれるというのは嬉しいもんです。^^

暮れになると、昔、母が作ってくれた『きんとん』のこと思い出します。
暮らし向きが豊かでなかったですから、正月迎えと言っても、雑煮とお煮しめとくらいで、
それでも小さな鯛とかあったかなあ。私はそのきんとんがとても楽しみでした。
今風に栗を入れたり、クチナシで綺麗な色を出したりなどしていない、薩摩芋だけの
きんとんでしたが、その後に食べたどのきんとんより、母の作ってくれた素朴な味の
きんとんが一番美味しかったと思っています。

はあ、でも、正月狂騒曲も、瞬く間に過ぎましたね。^^

waravinoさん。
今年は、政治の記事ばかりでなく、その他の記事も以前のように書いていきたいと
思っていますので、また遊びにいらしてくださいね。^^
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。






Re: 乙山さんへ

乙山さん。新年おめでとうございます。
あ。もう何回も言ってるかな(笑)。

はい。若い者はよく食べてくれます。^^
ビールに合うようなものということで、洋風おせちをこの数年とっています。
今年は、2箇所、別のところから取り寄せました。
ふふふ。黙っていれば、おおすげえな、と感心してもらえたかなぁ!(笑)
でも、根が正直なもんで(爆)。

ほうれん草のたまご巻き。美味しいですよ。
塩を入れて茹でたほうれん草を、卵焼きでくるくる巻くだけ。卵焼きは私は塩味派です。^^
昔、娘の弁当を12年間作ってきましたが、これは彼女の好きなおかずの一つでした。

そうですよね~~~。
一昔前は、暮れの30,31日になると、スーパーの買い物かご2つも3つ分も山のように
買い出ししてる人がたくさんいましたね。今でも、皆さんずいぶんたくさん買っているようだけれど
2日から店が開くので、昔ほどじゃなくなりました。
よくまあ、みんなあんなに買うなあ、と感心するくらい。
でも、年に一度、兄弟姉妹がそれぞれの子供を連れて帰省などすると、あのくらいの
食糧は必要なのかもしれませんね。

私などは、母親が親戚づきあいを断って生きていたような人なので、あまりそういう
盆正月の親戚づきあいの賑やかさなどを知らず。
だから、そういう賑やかさには多少憧れます。
でも兄弟の多い家の長男に嫁いだお嫁さんは、いつの時代も大変だったでしょうね…^^

そうそう。暮れは少分量のお肉なども置いてないというのも困りますよね。
ブリなどの切り身も、『うちは2切れでいいんだけどなあ…』と思っても、スーパーじゃ
4切れ入りが一番少ないのだったりする。

まあでも、暮れからお正月の日本人の狂騒曲も、年に一度くらいは悪いものじゃないですね。^^

どうぞ本年もよろしくお願い申し上げます♪




No title

 明けましておめでとうございます。今年もよろしくお付き合いのほどを。
 それにしても立派なお正月準備です。当方、今年は一切の御節を放棄しました。そうしてしまうと何と言うこともないです。仏壇、神棚の準備、門松・松飾はさすがにさせていただきました。
 そういう自分が言うのもなんですが、お正月らしさがなくなって、今年あたりはきわまったという感じです。正月も盆もないのっぺらぼうな日本になっているようです。凧も羽根突きも、カルタもない、獅子舞も来ない、こまも回らないです。文化が豊かさと便利さの中で埋没しています。

No title

明けましておめでとうございます。

思い出せば去年のお正月に初めてコメントを入れてから何度か行き来しました。去年は彼岸花さんに出会えて良かったです。

正月も試験勉強に、仕事に・・・と、全く正月っぽくない日々を過ごしています。
こちらのお節料理で「初春」を感じました。豪華~~!!

細やかでも幸あれ~と願います。
今年もよろしくお願いします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

^^

あけましておめでとうございます^^

我が家と違って。
なんと花々しく豪華なお節料理でしょう。
これぞ日本のお正月ですね^^

本年もよろしくお願いします^^)/

明けましておめでとうございます

新年明けましておめでとうございます。
人がたくさんいるっていうのは賑やかで良いですね。
そんな正直にばらさなくてもいいでしょうに!
黙ってりゃ、おおすげえな、てなもんですよ。

ほうれん草の卵焼きはとてもおいしそうですよ。
洋風おせちを取り寄せるのはいいアイディアですね。
今は元旦から「初売り」なんてやってますので、
昔のようにお正月用に買い込みなんてしなくてもよくなりましたね。

一昔前(1970年代)の、晦日、大晦日のスーパーマーケットの、
想像を絶する人の行列が夢のようです。
だけど正月ということで、肉売り場も上等の肉ばっかり並んで、
豚のコマ切れなんていうふだんの肉が置いてないのが困りますね。

今年もどうぞよろしくお願いします。

No title

あれれ!  ほんとだ、おもとって書いてる・・・
・・・新年早々、頭と手がバラバラに動いてる・・なんて器用な・・
いやいや・まだ、ボケてはいないはず・・・多分><;

Re: クウ―ママさんへ

クウ―ママさん。こちらでも新年おめでとうございます。^^

年賀状ね、コピー、じゃなかった、スキャンしただけです。
以前娘が、この羽織の袖裏の端切れを一枚、買ってきてありました。
あのね。明日あたり、たぶん私の年賀状着くと思うんですが、そこに書きましたが、
私この布でね、お婿さんのネクタイ縫ったのよ。
結婚式は和装。内輪だけの披露宴というかお食事会は、すこし派手な遊びのあるもの着せたい、
というので、娘のピンクのおしどりの模様のドレスに合わせて、この布でネクタイ縫ったの。
その前にスキャンしておいたのを、座席表などにプリントアウトしたの。
ネクタイは縫ったことなかったので、ネットで型紙探して、結構苦労して縫いました。
布が袖一枚分しかなくて、ネクタイは生バイアスで裁たないと綺麗なネクタイにならないから、
途中で何度も目立たぬように継ぎはぎして。^^

でも結局このネクタイは、あまりにも派手で、あちらの出席者のご老人方に
顰蹙買うといけないから、と、もう一本、古典柄の淡いピンク系の帯地で縫っていたのを
使ってもらいました。^^
「お母さんの縫ったネクタイ締めたい」などと、ほろりとすること、言ってくれるじゃあ~りませんか。
張り切らないわけにいきません(笑)。

おせちはね。私が仕事してた頃、暮れはいつも、期末テストの成績回収~受験高決定の面談~
クリスマス会~冬期講習とめちゃくちゃ忙しくて、30日31日だけでようやく
ばたばた掃除したり買い物したり、遅くまでおせち作ったりしているのを見ていて、
主人が、「もう作らなくていいから買いなさい」って言ってくれるようになったの。
で、買うようにしたんだけれど、結局なんだか落ち着かなくて、自分でも作っちゃうんです(笑)
買うおせちは高いのはほんとに高いでしょ。そんなのとても買えない。
でも、ここのホテル(滋賀県)のは、安くていろんな味が少しづつあって、オードブル形式で
お酒飲みにはぴったりなのよ。^^

自分で用意したおせちは、ほんとに作ったのは今年は、お煮しめと卵焼きと紅白なますだけよ。^^
材料費も極めて安価に。お刺身とかカニとか牛とか高価なものは無し。^^
大みそかは若い二人が忙しくて今年はこちらに帰って来なかったので、老人二人、出来あいのお寿司と
年越し蕎麦とあとちょこっとしたものだけで質素に済ませました。

ふふ。これは『万両さん』なの。
玄関脇の、カイヅカイブキと源平桃の根っこに、たぶんひよどりちゃんが植えてくれました。^^
狭い通路に生えているので、ガスメーターの検針の人など、いつも踏みつけないよう
困ってらっしゃると思います。(笑)
でもここがうちで一番日当たりがいい(笑)。
  

No title

新年あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

綺麗な年賀状! 着物地なんですか! 素敵ですね^^

ほんとに忙しい時に、おせちを詰めるだけでも凄いです!
彩り綺麗で品数も多いし、これで手抜きなんて・・・
私なんて、何もしないでいたら降って湧いてきました(笑)
年始めから運を使い果たしたかも><;

小鳥さんは日の当たる所が好きだから、おもとさんもそこに^^
緑の葉と赤い実が陽を受けて、とっても綺麗ですね。


Re: 鍵コメさんへ

鍵コメさん。
新年おめでとうございます♪
こちらこそご無沙汰しております…
本当に、鍵コメさんのような経験をなさった方なればこそ、この政権や石原元都知事らの
意図的に作り出した、隣国との不協和。情けなく悲しくお思いでいらっしゃるのではないかと
お察しいたします。
民間のレベルでは決してうまくいっていなかったわけではない…いや、民間の様々な分野で
人々が営々と努力を積み重ねてきたからこそ築き上げられてきた友好的信条や経済取引も、
こうした愚かな政治家のせいで一挙に悪いものへと変わってしまいます。
それが残念でなりませんね。
情けないともなんとも、本当にいいようのない気持ちです……
お気持ち、本当によくわかります……
今年はますますやりたい放題をやるのでしょうか。
一度知ってしまった、覚えてしまった強引な手法は、これからも使うだろうと思います。
一度禁忌を破ったら、あとは何回やっても同じ、と靖国参拝も繰返すのでしょう…。

でも、どうか。怒りは体に毒です。
お互いに、楽しいことで発散して、怒りを腹のうちに貯め込んで行かないようにしたいものですね。^^
本当に、寒さもこれから。
鍵コメさんもどうか、お風邪など召しませんようなさってくださいませね。^^

どうか本年もよろしくお願い申し上げます♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

彼岸花さん

Author:彼岸花さん
リンク、トラックバックご自由に。

『しだかれて十薬忿怒の息吐けり』

『南亭雑記』の南亭師から頂戴した句。このブログになんともぴったりな句と思い、使わせていただきます。
十薬とはどくだみのこと。どくだみは踏みしだかれると
鮮烈な香りを発します。その青い香りは、さながら虐げられた若者の体から発する忿怒と抗議のエネルギーのよう。
暑い季節には、この強い歌を入口に掲げて、私も一民衆としての想いを熱く語りましょう。

そして季節は秋。
一足早いけれども、同じく南亭師からいただいた、この冬の句も掲げておきましょう。

『埋火に理不尽を焼べどくだみ荘』

埋火(うずみび)は、寝る前に囲炉裏や火鉢の燠火に灰をかぶせて火が消えてしまわぬようにしておいた炭火などのこと。翌朝またこの小さな火を掻き立てて新たな炭をくべ、朝餉の支度にかかるのです…

ペシャワール会
http://www1a.biglobe.ne.jp/peshawar/pekai/signup.html
国境なき医師団
http://www.msf.or.jp/donate/?grid=header02
最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード