『これでほんとうにいいのか日本』

もう松の内はとっくに明けたというのに、いつまでも正月の料理の記事を
出しっぱなしにしているのは、本当は私らしくないことだ。
ずぼらなところもあるけれど、彼岸花、こうした季節の折り目は本来大事にしたいほうである。
七日には朝、七草粥を作って食べ、正月の飾り物を片づけて…。

早く次の記事を書かねばなあ…。
そうは思えど、気が重くて重くて、ブログに向かう気がなかなかしないのだった…。

この気の重さは、無論、昨年末の特定秘密保護法の成立が象徴するように、
国民のあれほどの反対の声が上がっていたにもかかわらず、それを押しきって自公政権が
その圧倒的多数の力を持って、こんな愚かしい法案をいとも容易にとおしてしまったこと、
そして、その手法がこれから繰り返し使われて、この国のかたちが変えられてしまうであろうことに対する
落胆から来ている。
そしてその後の首相の、年の暮れに人の隙を突くような靖国参拝。
その総理の行為を、国民の大半が『適切だった』と考えているということに対する落胆とからもきている。

おいおい。
ほんとうにそれでいいのですか!

戦後、私たちが「もう二度と戦争はいやだ!」という想いで守ってきた不戦の誓いが
平和憲法の根本精神が、一内閣の嗜好でいとも簡単に破られて、事実上反故にされようとしているのだ。

3.11で私たちは一体何を見て来たのだろうか?
あの大津波に呑まれていった人々や町は、東京オリンピックという華やかな祭りへの期待と
浮かれ騒ぎの陰に隠れて、忘れ去られてしまっていいのかい?
東京都の今年度分の予算に、オリンピックの準備金として100億円を計上するという。
都は既にオリンピック費用として4千億円を積み立てて用意しているというが、
それでなくとも人も経済も文化も、日本の富の集中している東京に、さらにこれで
人材とコンクリートなどの物資もお金もが集中することになる。
オリンピックを仮にしなかったからと言って、都の予算が被災地に回されるわけではないけれど、
なにかどう考えても腑に落ちない、やりきれない想いを抱いてしまう。
被災地の復興がまず第一だろう?
3.11直後の、東北で新しい地域社会、新しい希望ある人間社会建設の実験をするというほどの
意気込みは、一体どこに消えてしまったのだろう?

フクシマを私たちは忘れていいのだろうか?
一体どれほどの人が、東電という、たかが一企業のために被曝させられたのだろう?
一体どれほどの人が、住む場を奪われ、仕事を失い、そして中には家族の絆さえ失ってしまったのだろう?
仕事や日々の暮らしという人生の設計図を一体どれほどの人が奪われてしまったのだろう?
一体いくらの損害があったのだろう?これからも出続けるのだろう?
たかが一企業のしでかしたことのために?

私たちは、福島第一原発の溶け落ちた核燃料が、どこにあるのかさえ知らない。
しかし、その不気味なものは、この国の、福島というかつては花が咲き鳥が歌い
日本の豊かな食の宝庫でもあった土地の、どこかに確実に今もあり続けている!
第一原発にずらりと並んだ1000基もの例の貯水タンク。
始終汚染水漏れを起こして、海を汚しているが、それだけでなく、汚染水タンクそのものから
国が昨年8月に認可した廃炉の実施計画で決めた、原発敷地境界の線量「年1ミリ・シーベルト未満にする」
という基準のなんと8倍の、年8ミリ・シーベルトの水準を超えたX線が、一部の箇所で
この12月に観測されたという。
タンク内の汚染水から出る放射線は主にベータ線で、物を通り抜ける力が弱いが、
ベータ線がタンクの鉄に当たると、通り抜ける力の強いエックス線が発生し、遠方まで達するのだという。

さらに今日のニュースでは、東電は、海側の観測用井戸で9日に採取した地下水から
ストロンチウム90などのベータ線を出す放射性物質が1リットル当たり220万ベクレル
検出されたと発表。この井戸は2号機タービン建屋の海側、護岸から約40メートルの場所にある。
これまでの最高値である昨年12月に測定された同210万ベクレルよりさらに高い。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140111-00000057-jij-soci

昨年7月23日。東電は『港湾から約40メートル内陸側にある観測用井戸で』
22日に採取した地下水から、ストロンチウムなどのベータ線を出す放射性物質が
1リットル当たり15万ベクレル検出されたと発表している。
この井戸は『2号機タービン建屋よりは海側』にあるが、港湾近くに掘られた
観測用の中では最も内陸側にある。7月12日に初めて採取された時の値は同9万2000ベクレル。
7月18日に採取した地下水は、1リットル当たり12万ベクレルだった。測定するたびに濃度が上昇している。
---時事ドット・コム(2013/07/23)
http://www.imart.co.jp/houshasen-level-jyouhou-old25.8.13-R.html

同じ井戸かどうか私には断言できないが、場所の記述は同じに見える。
例え違うものだとしても、海から40メートルの一つの井戸が、昨年7月12日に初めて採取した時
1リットル当たり9万2000ベクレルであって、半年後のこの1月9日、やはり海から40メートルの
観測用井戸が、220万ベクレルだったというのである。

例のごとく東電は『原因はわからない』と発表し、報道する側も、ただその言葉を
『わからない』とまる写しに発表するだけである。
私は今日の『220万ベクレル。最悪更新』というニュースの数値を聞いて、
過去にはどのくらいの数値だったのだろうと素朴な疑問を持った。
それで、過去のネット情報をあちこち検索して、上記のサイトの数値を見つけたのだ。
私のようなほんとうに素人の主婦でも、ちょっと調べれば、このように過去の数値との比較ができる。
『原因はわからない』という東電の暢気な発表を鵜呑みにして、このくらいの比較数値も書かない
今の報道っていったい何をしてるんだろう。

このストロンチウムなどのベータ線を出す放射性物質の値。
上昇傾向が続いているのではないですか。『原因はわからない』などとのんきに言ってすまされる問題ですか!
なんで今、1リットル当たり220万ベクレルにもなっているんですか!
ちゃんと東電関係者以外の専門家を入れて調べてください!
福島第一原発の状況は、日々悪化しているんじゃないのですか?

そんな環境の中で、毎日作業員たちは働いているのだ。
福島の人々は、こんな不安定極まりない状況の中で、国や県によって無理矢理、
『3.11前』の生活に戻らされようとしているように思えてならない。

安倍さん。この福島をそのままに、トルコや東欧諸国への原発輸出をあなたは推し進めようとしている。
2006年。共産党吉井議員が、原発の全電源喪失の可能性とその危険性を質問書で質したとき、
あなたの内閣は『原子炉の冷却ができない事態が生じないように安全の確保に万全を期している』
という答弁書を出して、この大事な問題を握りつぶしてしまった。
その責任には頬被りをして、さらに海外へ原発を売ろうというのですか。
何か起これば、また頬被りをして知らん顔を決め込むのですか。
あなたに過酷事故の責任が取れるのか!

私の抱く情けなさは、なにも安倍総理という個人一人に抱いているものではない。
もっともっと根が深い故に絶望しているのである。
昨年から、文学作品の力を借りて、日本という国が抱えている根本的なその根っこのところに
迫ろうとあがいて来た…

しかし、おそらく歴史にその悪名を残すことになるであろう今の内閣を、国民の大半が
ただ経済のことだけで容認してしまっているように見えるこの状況はあまりにも情けない。
がく~っときて語るのもいやになってしまっていたけれど、日本が日中戦争、太平洋戦争と
突き進んで行った時、たくさんいたはずの良識ある人々が、「もうだめだ!」と
黙り込んでしまったことを思い出すと、また、同じ愚を繰り返してはならないのだ、とも思う。

さて、彼岸花。
重い腰を上げて2014年の始動だ。
今年の私のテーマは、1記事1テーマに絞ることだ。
早速その禁を犯してしまったが。(苦笑)



今夜は34回目のキャンドルナイトだ……

雪の結晶のような風情のあるグラスに、いつもの小さな蝋燭を入れてみた。


2014_0112_022305-CIMG1547.jpg





                         
心ひとつに キャンドルナイト




南亭さんバナー②


葉っぱさん、れんげちゃん。NANTEIさん。
今月もバナーお借りします。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 鍵コメさんへ

鍵コメさん。こんばんは♪
ね?いろんなことがありましたでしょう?^^

もっとゆっくりあちこち見て回ることが出来ればよかったのですが、
なにしろ島から島への移動は、時間的に結構きついものがあり、結局最後の2日あたりは
忙しいものになってしまいました。広島の兄のところを訪ねる時間もなく。

いつかゆっくりもう一度行きたいです。
その時はぜひお声をかけさせていただこうかなぁ…(笑)
いつも本当に、お優しい言葉をありがとうございます。

その他にも、いろいろありがとうございます♪ ^^
楽しんでくださるといいなあ。

沈丁花。そうですか。ほんの小さな枝からお育てになったのですね。
少しづつ少しづつ大きくなっていくのを見ていらっしゃると、いじらしくなって
しまいますでしょう。植物を育てるのは楽しいですね。
沈丁花の季節がほんとにあと少し。
私も少し春らしい気持を取り戻さなくっちゃ。^^

いつもほんとにありがとうございま~す♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re:裕さんへ

裕さん。お久しぶりです。^^
昨日久しぶりのコメントいただき、すぐにそちらに飛んでいきましたよ~。
ブログ復活大歓迎。
私もこのところ、少し停滞気味でしたが、また記事書いていこうとしていたところです。
これからもよろしく~♪

ご無沙汰してます。

やっと復活しました。
今のままじゃダメだとなんとなく試行錯誤してみたりしていましたが、
目の前が開けたような気がしています。

調子に乗って一日に2個も記事を書いてしまう始末(笑)
息切れしないように。
でもしっかり前を向いて、進んでいこうと思います。
改めて、、よろしくお願いいたします。

Re: HOBOさんへ

HOBOさん。こんばんは♪
すみませ~ん。ご心配おかけしちゃったですね。
彼岸花、だいじょぶです。^^

ちょっと疲れがたまって、だるかったりする日が続きましたが、もうだいじょうぶ。
休んでる間も本は読んだり考えごとはしてましたから、頭の方もだいじょうぶ(笑)。

記事、なかなかアップしなくてすみませ~ん。
明日あたりからまた記事書いていかなくちゃなあと思っています。
皆さんのところへの訪問も、間遠になってるしなあ。
やっぱり彼岸花は彼岸花らしく、ぷんぷん怒りの記事を書いてないと、みなさんに
ご心配かけちゃうですね(笑)。

はい。でも、HOBOさんの『元気の詰め合わせセット』は、喜んでいただきますよ~。
ノラネコ宅急便。いいですね!(笑)
あの、小さいクロネコちゃんにお願いしようかな。^^
私もまたぴんしゃんとなったら、お返しに『元気の詰め合わせセット』お送りしますからね~。

HOBOさん。いつもありがとう~~~♪
友情はありがたいのぅ……。ぐしゅんぐしゅん…

Re: クウ―ママさんへ

クウ―ママさん。今晩は~♪
ご心配かけてすみませ~ん。
ちょっと喉が痛くて体がだるくてやたら眠くて、という日が続いていましたが、
今日あたりから、元気回復しました~。
こんなに眠っていいんだろうか、というくらい眠ってばかりいました~!(笑)
退屈だろうからと本をふとんに持ち込みはするけれど、1ページ読むか読まないうちに
もう眠り。(笑)

高松の池の今。
ご紹介ありがとう~。
早速伺ってみましたよ~。^^
ついでに、紅葉の高松の池の写真も見せていただき、この広い池がすっかり凍っちゃうんだからなあ、と
あらためてそちらの気温の低さを想いました。
なん子さんの漫画で、すっかり高松の池にはなじみになってよく知っているような気持になっている私。^^
いいところですよね~~~。^^
白鳥さんやカモさんたち、見てると飽きないだろうな。
そう言えば、『とりぱん』の15巻。まだ買っていません。
近いうち買いに行こうっと。ふふ、またお楽しみが出来ました。

クウ―ママさん。ありがとう~。心配させちゃいましたね。
ブログの方も、また記事書き始めますからね~。^^
クウ―ママさんも風邪にはお気をつけになられてくださいね。




No title

彼岸花さん!大丈夫ですかあ?
いや、大丈夫じゃないとみました。
ん〜、

ぼくはぼくでなんとかやっておりますが、
なんかこう、彼岸花さんが静かだと心配ですねえ。
いつもぼくが勇気をもらってますんでね、
元気の詰め合わせセットでも、
ノラネコ宅急便でお送りしましょう!

HOBOさん

No title

http://usiponi.blog110.fc2.com/page-2.html

おかげん いかがですか?
お見舞いに、盛岡を愛する人の T松の池 散策記事をお届け^^
今年はより一層寒くて、水面がより狭くなってます。
でも、今日は、この時期のこの夜中にビックリの雨降りです!
氷も大分溶けてることでしょう^^
明日からまた寒い予報ですが・・

早く体調が良くなりますように・・

Re: 葉っぱさんへ

葉っぱさん。お久しぶりです。

ほんとにね。都知事選は私もちょっと困っています。
私は一人に最初から決まっているのですが、脱原発票が真っ二つに割れてしまいそう。
本当に困ってしまいます。
しかしまあ、自民党票の一部も、田母神さんや細川さんに流れるでしょうから、
今度の都知事選は、私も結果が予測できません。

今度の東京オリンピックは本当に私もこころ楽しみません。
それでなくても、人口も富も文化も集中している東京に、ますます富も関心も集中してしまう。
安倍政権にとって、これほどの追い風はなかったですね。
日本が抱えている大きな問題…まだどうにもできていない東北被災地の復興や、福島の原発の収束…
人口分布の高齢化から必然的に考えられる国力の低下問題や国の抱えた巨大な借金問題などなど
そういう差し迫った問題から国民の目をそむけさせ、いわば問題に蓋をし覆い隠すのに、
東京でのオリンピック開催の決定ほど政権にとってありがたい神風はなかったと思います。
頼むから、東京以外のところに!と祈っていたのでしたが残念ながら決まってしまいました。
これで人々の関心も、コンクリートなどの建設資材や労働力も、無論金も、
本来大震災の被災地に集中して注がれるべきものの多くが東京に流れてしまうのでしょうね。

『金食い虫が大きな顔をしている日本』。本当に。
でもそれも日本ばかりじゃないですね。世界でそれが当たり前になっている……
ため息ばかり出てしまうこの頃です。

葉っぱさん。お訪ねくださってありがとうございます。
有楽町までご一緒した時のこと、あのあたりを通るたびに思い出します。^^

No title

v-22こちらはただいま都知事選
原発反対を唱える人がいてもなんだか・・・・

東北そのままでオリンピックに着手しようとする人々、平気で予算がオーバーですと行って、どれくらいのお金を持っていこうとするのか

誰のためのオリンピック?今は金食い虫が大きな顔をしている日本
これは福祉の世界でもおかしなことになっているんですよね
どこから手をつけたらよいのか・・・・心配

Re: 23日の鍵コメさんへ

ふふッ。気になさらなくて大丈夫ですよ~。
でも、それでは読ませていただいたので、一応消去させていただきますね~。
こちらの方で、鍵コメにする操作が出来るといいんだけどなあ。

はい。逞しいでしょう?(笑)
私は身長157センチで、私の世代の者としては決して小さくないのですが、
(小中学生の頃は、クラスの女子25,6人中、大きい方から大体いつも5番目くらいでした。
体育がバレーボールの授業だったりすると、必ず私は背の高さ順からいって前衛になるので
すごく嫌だった。笑)
娘はいつも私を『ちび』扱いします。(笑)
そりゃ165センチ?のあの体格で、さらにヒールの高い靴はいてる娘から見りゃちびでしょうけど。^^

そうですね~。美術も結構肉体労働なとこありますね~。
いつも大荷物運んでいますから、力持ちにもなるのでしょう。

大あたり!
また風邪ひいちゃって、喉が痛くて水飲み込むのも痛い。体中が熱っぽくてだるいですぅ。
いちにちうとうとお布団に入ったり起きたりしています。
起きてても、集中力が働かず、ぼ~っとしています。

鍵コメさんも風邪には気をつけてくださいね。
ありがとう~~~~~♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 21日の鍵コメさんへ

鍵コメさん。こんばんは~~~♪
お声かけありがとうございます!
そちらでお返事させていただきますね~。^^

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 鍵コメさんへ

鍵コメさん、こんにちは~。
いえいえ、私の方こそありがとうございます。^^
嬉しいです。
ふふふ。面白いでしょう?
ジョン。私は会ってもいないのに、なぜか忘れ難い犬になりました~。^^

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 『月に吠える』鍵コメさんへ

鍵コメさん。こんばんは~。
ワオ~ワン(了解という意味。^^)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 美しき鍵コメさんへ

鍵コメさん。
わあっ!嬉しい!♪
楽しみにしています。
今年は、お庭をもっと大事にしてやりたいと思っているの。
夏が楽しみです。

そして。ありがとう。
そちらでお返事させていただきますね♪ ^^

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: スキップさんへ

スキップさん。こんばんは。
たった今、スキップさんのブログにお伺いしていたところです。^^
今、にこにこしながら帰って来たところでったんですよ。
よかったですねぇ!
私もまた楽しみが出来ました♪

一方。こちらの件では、本当に情けないですね。
これが我が国を託する政治家なのか、と、安倍色一色になってしまった自公にも、
それを批判する力も気力もない野党にも溜め息です。
国民も、ほんとに、安倍さんが目指しているような国にしたいのだろうか?

マスコミもひどいですね。
もうすっかり3.11のことは忘れてしまったかのよう。
来る3月11日前後にまたいっせいに言いたてるけれど、その後はほんと、
禊は済んだとばかりに急速に報道も縮小していくのではないでしょうか。
秘密保護法や、集団的自衛権の憲法解釈問題も、今、気を抜いてしまうことはできませんね。
私もまた気力を新たにして頑張らなくっちゃ。^^

ありがとうございま~す♪

No title

 わが地方では15日までが松の内なのです。まだまだお正月でいいんです。あさっての朝、門松をはずします。
 その気分分かります。この時期に、靖国参拝をするほど愚かではないと思っていましたから。というか、アベノミクスの正念場を向かえ、中韓貿易に支障を起こしてはならない、と考えるものですからね。そうではなかったのですから、茫然自失でしたよ。」
 汚染水のことが言われなくなっていますが、事態は改善するどころか悪化していますよね。これだけでも、大問題ですが、東京オリンピックを桝添えさんは言っていましたね。違うと思いますが。秘密法も通ってしまったら、マスコミは言わなくなりました。毎日言い続けてほしいですね。喜多嶋がどうしたこうした、たごしんごが如何したこうしたよりも。

Re: 鍵コメさんへ

すみません。
そちらでお返事させていただきますね♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: しほさんへ

しほさん。こんばんは♪
そうですね。実は私も、11日、真夜中過ぎてもう12日になってから
はっと思い出して。まだ縫い物とかしていたので、眼はぱっちり。
それで真夜中に蝋燭灯したんです。
忘れてしまうんですよね~~~……人はつい自分の日常に追われて……

3年目の3月11日が過ぎれば、なおさらマスコミなども取り上げ方が少なくなるんじゃ
ないでしょうか。一つの区切りが終わった、東電などは『みそぎが済んだ』とばかりに…。
賠償期間が過ぎたから賠償打ち切り、なんて言い出しかねないですね。

小さな抵抗ですが、続けていきたいと思っています。

しほさん。いつもありがとうございます♪ ^^
いつも嬉しいです♪

こんばんは

彼岸花さん、又キャンドルナイトの日が巡ってきました。
1月は成人式に埋れてしまい、2月はバレンタインにかき消されるのでしょうか。
そして3月はどこも311の記事がいっぱい…かもしれません。

忘れやすいですよね、私たち。
懲りないですよね、私たち。

いつも気付かせてくれてありがとうございます。

Re:ウッドスタインさんへ

ウッドスタインさん、こんにちは。
お元気そうでなによりです。
副業の方も順調においででいらっしゃるようで、そうですよね、大変肩身の狭いことながら、
団塊世代の下の方々は、団塊世代ほどの手当は受けられないでしょう。
2035年には65歳以上の高齢者が33%、実に3人に1人とも言われる時代の到来が
確実な中、老後のことは充分過ぎるくらい手を打っておいて正解なのだろうと思います。
私はその頃にはもういないだろうと思いますが(笑)。
しかし、団塊世代がいいとこどり、のようにいつも一般的に言われますが、人数が多かった分、
その現役時代にはその数に見合った税金総額を納めていたはずなんですけれどね。
その多額の税金はどこに消えてしまったのだろう…
団塊がいずれは老いる。その時は多額の社会保障費が必要になるということは
わかっていたはずなのに。
老後の保障にかかるお金は、常に下の世代が払わねばならない仕組みだということは無論
私も知っていますが、人口構成の分布を考えれば、当然政治は、団塊世代が定年を迎えて
老いていく時のことを考えておかねばならなかったはずだと思います。
団塊だけがいいところをただ取りしているわけではない。その人数分の税金は納めてきているはずなのです。
『肩身が狭い』と、つい私も書きましたが、本当は肩身を狭くしなくてもいいだけの働きは
現役時代にしてきているはずなんだけどなあ…。

あ。これ。別にウッドスタインさんに文句言ってるわけじゃないですよ。素朴な疑問です。
でもまあ、団塊が子供の頃~大学生の頃までは、その大人数の教育費などは
上の世代の人々が払ってくれていたわけですから、結局相身互いということでしょうか。
団塊世代と言えども、彼等が後期高齢者になる2025年には、今の手当てはたぶん
貰えなくなっているだろうと思います。2025年問題を先送り先送りしてきた政治のつけは
私たち後期高齢者もそれを支える下の世代も同様に、その頃苛酷に負わされていることでしょう。
収入は減り、消費税など税金や医療費などのかかりは増えて、厳しい老後が私たちを待っていると思います。
少ない人で大勢の人を養っていかねばならないのですから、当然支給額が減らされるのでしょう。
大量の、体が動けなかったり痴呆症状の出てきた団塊老人などを収容する設備も、たぶん
充分に出来てはいないでしょう。
団塊も楽しい老後が待っているとは到底思えませんよ。
新年早々、また彼岸花のぺシミスティックな論調ですみません。(笑)

あ~、サントラ盤CDを思いきり買えるとは、いいですね。
余分に働いてらっしゃるのですから、お楽しみはありませんと。^^

うみそら居士さんの『原発停止で周辺の海洋環境が劇的に改善』の記事は、私も興味深く
読ませていただきました。しかし、それは実は予測できたことでして。
原子力発電は『クリーンで、地球温暖化の防止に役立つ』というのが、原発を推進してきた人々の
言い方でした。
しかし、原子力発電所はクリーンでないことは福島の事故で思い知らされました。
また、確かに化石燃料を使わないということで地球温暖化防止には役立つのだろうけれど、
一方、原発から出る排水は元の海水より7度ほど高い温排水であって、周辺の海の海水温を
上げるということは、反原発運動を昔からやっていた人々は皆知っていることなんです。
つまり、原子力発電所は、海を温めてしまうマイナス面もあって、『地球温暖化防止に貢献』
などとは単純に言えないということは。

変な話ですが、原発の排水口付近では魚が大きくなると言われています。
水温が高いから。
それを単純に喜んで、浜岡原発の近くでは、原発の温排水を利用した海でクエという魚を養殖し、
その刺身料理を特産品として売り出していたといいます。
http://ameblo.jp/sakanauta/entry-10304097806.html

関西電力美浜発電所は若狭湾東部の小さな半島にありますが、その半島に囲まれた丹生湾では
1988年に国の直轄調査によって、海洋牧場としての可能性が示され、これを受けて
県の事業として施設整備が行われ、丹生湾海洋牧場協議会が作られました。丹生湾の入り口を
網で仕切って湾内でマダイ種苗の中間育成し、後、湾外の音響給餌ブイの周辺に放流し、
そこで自然の海の中で育成するという本格的な海洋牧場計画です。
両方とも今はどうしているのか、ちょっと確認してないのでわかりませんが。

原発はまわりの環境を温暖化するということは、原子力発電の熱効率が30数%にすぎない、
(最新鋭の火力発電では熱効率50%も可能)ということからもわかっていたことだと思います。
電気に変えられなかったエネルギーのほとんどは温排水として海に流され、海水温を上昇させていたのです。
空中に放出されて外気温を高めていた部分もあるでしょう。
川内原発の1,2号機からの排水量は、川内川の流量に匹敵するそうです。大量の温排水…。
ここでは7度どころか10度も海水温より高い排水を出したこともあるとか。

その上、原発の温排水はただの温かい水ではないです。国際法で原発の温排水基準値がヨウ素40Bq/ℓ、
セシウム90Bq/ℓと定められているように、仮に微量にしても放射能汚染されている。
その上、フジツボなどの貝が排水口などに付着しないよう、大量の次亜塩素酸ソーダが
混ぜられて排水されています。つまり、綺麗な温水じゃない。
そんなところで養殖場をやろうなんて、私には考えられないです。
南方の珍しい魚が釣れるとか、魚が大きく立派だとか、そんなことで喜んでいた人々の
気が知れないです…。

全国の原発がほとんど停止して、魚の分布や生態が昔に戻ったということ…そのことが
原発の温排水の異常さを如実に示していると思います。
ほんとに、海やこの地球の自然に復元力がまだあるうちに、エネルギーのこと、
あらゆる可能性や危険性を国家などというものを超えてみんなで真剣に考えて
何とかしたいものですよね。ご意見ありがとうございます。

ここをお訪ねになるということの件ですが、それはウッドスタインさんのお考えで
ご自由にどうぞ。
実を言いますと、少し寂しい気がしましたですよ。^^
大体、どのような考え方に対しても誠実にお答えしたいというのが私の基本スタンスですし、
違う考えを伺うというのは自分の勉強にもなるからです。
だんだん議論していてかっかしてくるのは御互いさま。
また平行線をたどってただ疲れることになるのかもしれませんが、冷静な議論なら
それでもそこで何かは学べるものだろうと思います。

ただ圧倒的に時間を取られるのは、ウッドスタインさんも私も同じだと思いますので、
そこのところは考えて…。(笑)

No title

 もう松も取れてしまいましたし、何よりもあまりめでたいとも思っておられないようですので、管理人さんに対しては、「お久し振りです」という挨拶でいいのでしょう。「もう訪れない」と言った舌の根も乾かないうちに、のこのこと現れてしまうのは自分でもどうかとも思いますが、まあ一応元気でやってるよ、ということだけでも申し上げておこうかな、という感じですかね。正月休みは意外と親戚関係のことで時間を取られたこともあり、この3連休でやっと正月が来た、という気分にもなれましたしね。
 と、まあそんな感じなのですが、これで終わるのももったいないですから、以下では少しだけ雑談めいたことを認めてみます。まずは副業ですが、多少は軌道に乗ってきました。といっても、それで生活が劇的に楽になったわけではないですけれどね。これからは、確定申告など、これまでの宮仕えでは経験せずに良かったことに初めて取り組まなければならないなどのこともあり、そのための勉強や準備に取り組んでいます。それでも多少は小遣いが増えたので、性懲りもなくサントラ盤CDを買い込んだりしているのですが、その点は良かったのかな。とにかく、我々の世代は、管理人さんのような団塊の世代よりも明らかに年金その他の老後の手当が薄くなるわけで、それを補うためにはこんなことでも頑張らなければならない、ということです。
 さて先週末は、このところ読むことのできなかった管理人さんやうみそら居士氏のブログ投稿を2ヶ月分くらい、まとめて読んでみました。もちろん、それらの内容については思うところは多々あるのですが、特に政治・歴史関係のことには、もう踏み込まないということでしたのでここでは何も申し上げません。ただ、うみそら居士氏のブログ記事の中に、ひとつ興味深いものがありましたので、場違いかもしれませんが、ここで感想を述べさせてもらいます。氏のブログは現在休止中のようですし。
 昨年の11月29日の「原発停止で周辺の海洋環境が劇的に改善」というもので、当然お読みになったことと思いますから、ここではその内容には触れませんが、私にとっては、これはけっこう盲点を突かれた、という内容の記事でした。原発の問題として挙げられるものは、煎じ詰めれば、いわゆる放射能、というのが、思い込みによる認識だったわけで、この海水温の問題は、ある種、私にとっては新鮮なトピックスでした。水中生物にとっては水温の上下は、我々にとっての気温の上下よりも大きな影響を受けるそうで、そういう意味ではこれも「温暖化」の問題ということになるのでしょう。ただ、その温暖化の原因を取り除けば、復元する力が自然界にはまだある、ということも改めて認識させられたわけで、短い記事ですが様々なことを考えさせてくれるものでした。
 と、まあ取り留めのないことを語ってみました。次があるかどうかはわかりませんが、というよりも、今回だって果たして訪れるのが適当だったのかどうかわかりませんが、それは管理人さんの反応をみて決めることとします。では、管理人さんが今年も元気で執筆活動を継続されることを期待して、この場を去ります。

Re: ク―ママさんへ

クウ―ママさん。おはようございます。
ク―ママさんが紹介してくれた雪の結晶の写真、綺麗でしたね。^^
六角形じゃないけれど、雪の結晶の貼りついた窓ガラスのイメージがある
グラスなので使ってみました。
そう。蝋燭の炎がちょっと小さかったかな。寒いと蝋燭の灯も小さくなる
なんてことあるのかな。別のに付け替えても炎が小さかったです。
でも、グラスを漏れた光が小さく四方にのびて綺麗でしょう。

このくらいで寒いなんていうと、クウ―ママさんに笑われそうだけど、暖房しないで
人もいないと下の部屋は、午前11時の今4℃。うう~!寒いです!
私のとこは、東京でも寒い方なの。
縫い物が一段落しました~♪

No title

きょうの灯りは少し淋しそうに見えますね。
だけど、ひっそりと応援の灯りが廻りにいっぱい^^

Re:樫の木さんへ

樫の木さん。こんにちは。^^

今の日本を『底が抜けてしまった』と表現している言論人がいます。
私の感覚もそれに近いです。
敗戦後、悲劇の反省の上に立って(日本人にとっての、ということであって、
侵略したアジア諸国や沖縄の悲劇のことをあまり考えなかった、というところが問題でしたが)
日本人が築いてきた諸々の価値…不戦の誓いや、自由の貴さ、国民主権の考えかた…
そういったものが危機に瀕しています。
それらは空気と同じで普段はそのありがたさに気づかない。
ところがうしなって初めて、それらがどんなに大切なものであったのか、
それらを獲得するために一体どれほどの人命が失われたり涙が流されたりしたのか、が
わかるのだと思います。
今、その価値観が、崩壊の危機に瀕している……

あれほどの悲劇を福島にもたらした原子力発電というものについて、
もう人々は考えることを止めようとして言っているように思えてなりません。
嫌なものは見たくない、顔をそむけていれば見ないで済む……
それを思い出させようとする人が敬遠されるような雰囲気がもうこの国には出来あがっている
気がします。
先日もいわき市のお母さんの孤立した気持が朝日新聞に載っていました…
子供の被曝を少しでも少なくしようとする母親の気持ちが、学校では給食や
戸外での体育の授業などで、例外を認められない…。
敢えて弁当持参など特別の措置を求めると、子供自身がいじめにあったり
母親仲間で爪はじきされてしまう…。
これはもう、3.11のすぐ後から見られたことであって今に始まったことではないけれど、
これを時の経過とともに、当たり前、と思ってしまっては絶対にならないのだと思います。

あまりの情けなさに言葉を失ってしまっていたけれど、また書いていきますから
読みにいらしてくださいね。
日本から遠い国にいらっしゃるからこそ良く見えることがあるでしょうね。
それもまた、教えてくださいね。
ありがとう♪

No title

今日はキャンドルナイトだと、慌ててこちらに伺いました。
あの事故を話題に、原子力に頼らないとか、経済重視でなく、とか話し出すと敬遠されると聞きました。
いったい何なのでしょうね。人々は壊れてる。。。
それでも。
黙り込んではいけないのですね。
気を引き締めます。
プロフィール

彼岸花さん

Author:彼岸花さん
リンク、トラックバックご自由に。

『しだかれて十薬忿怒の息吐けり』

『南亭雑記』の南亭師から頂戴した句。このブログになんともぴったりな句と思い、使わせていただきます。
十薬とはどくだみのこと。どくだみは踏みしだかれると
鮮烈な香りを発します。その青い香りは、さながら虐げられた若者の体から発する忿怒と抗議のエネルギーのよう。
暑い季節には、この強い歌を入口に掲げて、私も一民衆としての想いを熱く語りましょう。

そして季節は秋。
一足早いけれども、同じく南亭師からいただいた、この冬の句も掲げておきましょう。

『埋火に理不尽を焼べどくだみ荘』

埋火(うずみび)は、寝る前に囲炉裏や火鉢の燠火に灰をかぶせて火が消えてしまわぬようにしておいた炭火などのこと。翌朝またこの小さな火を掻き立てて新たな炭をくべ、朝餉の支度にかかるのです…

ペシャワール会
http://www1a.biglobe.ne.jp/peshawar/pekai/signup.html
国境なき医師団
http://www.msf.or.jp/donate/?grid=header02
最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード