NHKスペシャル『原発の解体』

私はこのブログを始める前に、「故郷の廃家」というブログをやっていた。
そこでは、今の私に出来る限りの力を注いで、原発に関する記事を書いてきた。

時間がないので結論から言おう。
今晩、深夜0:45から、NHKで「原発解体~世界の現場からの警告」という
NHKスペシャルを再放送する

これをぜひ間に合うなら見てほしいのである。
一回目は10月11日にあったのだが、反原発の記事を書くために、この夏中
資料と首っ引きであった私でさえ、原子力発電所の解体、という、
これから日本が、いや世界が抱えていかねばならない問題の、
その想像を絶する困難さに、鳥肌が立つような思いをした。

日本だけでなく、世界の原子力開発は、いずれ原発に寿命がきて
それを解体しなければならなくなるということをほとんど想定せずに、
原子力発電所を作り続けてきた。
現在世界にある原子力発電所は、539基。日本は57基。
それらがいずれ、いや近いうちに寿命を迎え、廃炉解体されねばならなくなる。

番組は、日本で解体が進行中の東海発電所。ドイツ、イギリスなどの原子炉の
解体の現場を取材していくのだが、その人知を超える大変さと危険さ、
膨らんでいく膨大な解体費用。
また更に、かりに解体出来たとしても、そこから発生する途方もない大量の
放射性廃棄物の処分場の問題が、世界のどこの国をとっても解決されているところはない、
それなのに、原発がCO2を出さないクリーンなエネルギーである、という
謳い文句のもと、今後世界でさらに100基以上が建設計画をされているという
現状を、番組は追っていく。

これはNHK渾身のドキュメンタリーであると思う。
それが今晩再放送されるということについさっき気づいて、こうして
記事にしている。
この記事を見て、間に合うようだったら、是非、原発に関心のある人もない人も
この番組を見てほしい。
これからのエネルギー問題を考えていくうえで、一度は
真剣に向き合ってほしい問題だと思うから。
スポンサーサイト

テーマ : 思うこと
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

彼岸花さん

Author:彼岸花さん
リンク、トラックバックご自由に。

『しだかれて十薬忿怒の息吐けり』

『南亭雑記』の南亭師から頂戴した句。このブログになんともぴったりな句と思い、使わせていただきます。
十薬とはどくだみのこと。どくだみは踏みしだかれると
鮮烈な香りを発します。その青い香りは、さながら虐げられた若者の体から発する忿怒と抗議のエネルギーのよう。
暑い季節には、この強い歌を入口に掲げて、私も一民衆としての想いを熱く語りましょう。

そして季節は秋。
一足早いけれども、同じく南亭師からいただいた、この冬の句も掲げておきましょう。

『埋火に理不尽を焼べどくだみ荘』

埋火(うずみび)は、寝る前に囲炉裏や火鉢の燠火に灰をかぶせて火が消えてしまわぬようにしておいた炭火などのこと。翌朝またこの小さな火を掻き立てて新たな炭をくべ、朝餉の支度にかかるのです…

ペシャワール会
http://www1a.biglobe.ne.jp/peshawar/pekai/signup.html
国境なき医師団
http://www.msf.or.jp/donate/?grid=header02
最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード