『キャンドル・ナイト 37』

37回目のキャンドル・ナイト。

今日も小さなろうそくを灯す。


これは我が家の玄関先に植えられている源平桃の花である。
一つの枝に、白、濃い桃色、薄い桃色、そしてそれらの染め分けの花が咲くので、
紅白の源平の旗になぞらえて『源平桃』と名付けられたものであろう。



CIMG2377.jpg



CIMG2299.jpg



CIMG2397.jpg


淡い桜色のガラス器があるので、それにいつものように蝋燭をたてて、
細口の瓶に生けるときにはらはらとこぼれ落ちた花びらや、枝の下の方の花を摘みとったのを
撒いて、こんなセッティングも凝らしてはみたが。
凝れば凝るほど、祈りの気持ちから遠ざかるような気がいつもして。

結局、こんなシンプルなものになった……



CIMG2415.jpg





花びらがやさしいからとて、こころがやさしい想いに満たされているわけではない。

自民党は今日、事実上、原発ゼロを放棄。
原発推進の本音政策を、恥知らずにも閣議決定した!


『神話の果てに 第12部・廃炉の現場(上)過酷な作業/高線量状態が日常化』

『神話の果てに 第12部・廃炉の現場(中)/困難な要員確保』



                ***









                         
心ひとつに キャンドルナイト




南亭さんバナー②


葉っぱさん、れんげちゃん。NANTEIさん。
今月もバナーお借りします。







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: スキップさんへ

スキップさん。こんにちは♪
市への陳情、不採択になったのは残念でしたね。
でも、スキップさんたちのこうした地道な活動が、これまで日本が憲法を変えたり
しないできた、やはり大きな力になっていると思います。
しかし、第二次安倍政権の得てしまった権力は、はるかに強大で、
憲法施行後67年も経てこんな政治家一人の出現で、こうも国の雰囲気が変わるのか、
ということは、まるで悪い夢でも見ているかのようで驚くばかりです。

心も体も、疲れが出ますよね~。
ましてスキップさんは、精力的に動いておいででしたから……。
少し急速なさって、また元気にお願いたします。
私も、ぐずぐずくすぶってる暇はないぞ、と思い、早い復帰です!
こんなすぐ帰ってくるんなら、休まなきゃよかった!(苦笑)
黙っているというのもなかなかこれまた腹膨るるばかりで、体にも精神にも
よくないようです。

はい♪
そんな、くすぶり続けていた日々、スキップさんのところで数学クイズ
見かけまして。^^
持ち前の好奇心の虫がもぞもぞ動いて「いっちょやるかい?」と。(笑)
スキップさんの生徒の一人になったつもりで~。
匿名にしててすみませ~ん。

スキップさんは、今もですが、きっといい先生で多くの生徒さんに
慕われておいでだったでしょうね♪


No title

 ご無沙汰でした。今日、陳情が不採択と決まりました。少し疲れているのですが、いつもキャンドルナイトには癒されます。少し気分が和んだところです。
 しかし、卒業生かと思ったコメントが彼岸花さんとは見抜けませんでした。まだまだ、未熟です。横浜に、茶目っ気いっぱいの元ソフトボール部員が何人もいるんです。その一人かと思ったんです。二年前のOG会の時に、見ているよ、いった子がいましたからね。子といっても皆さん50過ぎてます。

Re: しほさんへ

しほさん。こんばんは~♪

おお!写真展、いらしたんですね!
ギャラリー『やさしい予感』。いいところでしょう~~~?
とっても明るくてすてきなおうちがギャラリーに。
なんだかずっといてしまいたくなるような心地いいギャラリーですよね。

写真、見せていただきましたよ~。森先生のブログも拝見。
この2つの情報を合わせて見ると、展覧会の様子が行かなかった人にも
くっきりわかりますね!
これはありがたい♪
明日早速記事にさせていただきますね~~~♪

しほさん。行ってくださって詳報ありがとう~。
これぜひもっといろいろなところで展覧会やって、本にもして、広く日本中の皆さんに
見てもらえるといいですね。
でもな。今、公立の施設が戦争や原発反対とかの展示を拒否する、などという
おかしな空気が広がっていっていますので、理解ある展示場所を見つけるのは
大変かもですね。
…まったくおかしなとんでもない国になっていきつつありますね…

簡単ですが…

彼岸花さんへ
体調いかがでしょうか?
月曜日行って来ました。
とても雰囲気の良いギャラリーでした。
駅からも近かったです。
可視化された放射性物質は自然の植物をかたどっていますから、悲しいかな写真そのものは美しいと言っていいと思いました。
笹、蕗、桜、モミジ…
この写真のように見える特別なメガネが開発されるのを期待したいです。
あともい一つ、新聞の「今日の花粉情報」欄のように「今日の放射性物質情報」が欲しいですね。

3年経ってる訳ですから、関東関西、西日本、九州と汚染は広く薄く広まってますね。
この写真展をみたら庭の蕗は食べない方がいいと思いました。
美味しそうに茂っているのでもう2度3度と食べてますが、もうやめにします。
蓮根やアサリもやめた方がいいですね。
新しい芽や、枝に放射性物質が移行するそうです。
根から吸収する内部被曝とは又違う意味のようです。

このサイトは5月初旬まで見られます。
http://www.autoradiograph.org/

放射線像

上記の期日以降は、この撮影に協力された森 敏(もり さとし)東大名誉教授のブログがいいかもしれません。

Re: しほさんへ

しほさん。
そうそう、そうなの。あの『大槌の宝箱』展やっていたギャラリーです!
この展覧会ね、私も気になっていて、行こうかなどうしようかなって
思ってたんですよ。
明日までですね~~~…体調があんまりよくないので無理かなぁ…

植物たちも小動物たちも被曝している…無生物のボールや軍手も…
放射線がこんなふうに可視化されるってすごいですよね。
たぶんこの方法はね、3.11後、文科省が子供たちに配ろうとしていた
『放射線について考えてみよう』という副読本にある水仙の画像と同じ方法で
撮ったんじゃないのかな。それとも違う方法なのかな。私は専門外なのでよくわからないけれど。

ただ、この文科省の小学生用副読本では、こんな使われ方してるの。

『(事故が起きなくても)自然界には微量の放射線があって、私たちはこれまでも
いろんなものから放射線を浴びているんですよ。ほら、一つの例として、
こんな綺麗な水仙のお花からだって、微量の放射線は出ているんです。
それを可視化したものがこの写真です。
だから、(事故が起きたって)微量の放射線なら浴びたって平気なんですよ』

http://www.mext.go.jp/b_menu/shuppan/sonota/attach/1314118.htm

ね? そうあからさまにはっきり書いてはいないけれども、これを見ると、
『そうかぁ。こんな綺麗なお花からも、もともと放射線って出てるんだあ…』
って子供たちは思っちゃいますよね?!

ほんとに凝りない面々です。こんな副読本作って、小中学生に配って、何とか
原子力への抵抗感無くさせよう無くさせようとしていたんですからね。

わたし、3・11後、この副読本見た時、ほんとに腹が立ちましたよ~。
綺麗なラッパ水仙を原発の宣伝に使うな!!!ってね。

同じ植物の放射線でも、この展覧会の趣旨はまったく正反対。
軍手などから自然放射線が出ているとは考えられないから、これは福島第一事故によって
汚染されたものだということですよね~。
これは多くのひとに見て欲しいですね。
東京での展覧会には間に合わないかもしれないけれど、全国をこれから巡回なさるでしょう。
この軍手の写真一枚でも説得力がある。
記事で紹介しますね~~~!

原子力ムラの人々が大金と知恵を総動員して原発推進キャンペーンするんだから、
こちらだって、こういう人の五感に直接訴える力をもった写真などは、ぜひ
皆さんに知って貰わなくっちゃ、ですね。^^

しほさん。いつもありがとう~~~♪





明日まで

彼岸花さん、こんばんは。
こちらのギャラリーは以前紹介されていたギャラリーと違いますか?
あの被災地の皆さんが撮った写真展をやっていた所ですよね。

そのギャラリーで見えない放射線を見えるようにしてくれた写真家の
「放射線像展」を明日まで開催されてます。
このような写真が将来メガネのような物で瞬時に見えるようになったら…
ギャラリー・やさしい予感
学生は 無料だそうです。
11:00-20:00
こんなギリギリの突然の紹介でごめんなさい。

http://www.yokan.info/exhibitions.html

展覧会情報|Galleryやさしい予感|JR目黒駅から徒歩5分 築50年の一軒家を改修したギャラリー

Re:21日の鍵コメさんへ

鍵コメさん。
了解です。
連絡して、まずはお伺いしてみますね~~~♪
ありがとう~~~♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 鍵コメさんへ

鍵コメさん。こんばんは。

ああ……
なんてよく理解してくださるんだろう……!
鼻づまりと微熱でよく回らぬ頭で一所懸命書いた言葉の、その奥のところを
読みとってくださって、ほんとに嬉しいです。

もう、このいただいたコメント、オープンにしたいです。いい言葉ばかり!^^

今度の件はですね。世間で騒がれているところから少し離れて、大きな幅広い、
そして深い問題を含んでいると私思うんです。
それをなんとかうまく表現したかったけれど、なかなか考えが纏まらないままでいました。
私が論じ出すと、例のごとく際限もなく範囲を広げて行きそうで。^^
(でも、これでもわたし、いつも、とりとめもなく広げていっているようでも、
私なりに全体の範囲はちゃんと把握していて、最後には必ず出発点に戻ってくる、
という書き方を心がけているつもりなんですけれど。^^)
その、手を大きく広げてちゃんと囲い込むという力技が、いまのとこ体力気力なくて
出来ずにいたところだったのです。

でも、鍵コメさんが、きちんと掴んでくださって、私が欲しいと思う言葉を
ちゃんと書いていてくださるのを読ませていただいて、私も少し元気が(というか闘争心が。笑)
またふつふつと出てくるのを感じました~~~。
いつ書けるかわからないけれど、ちゃんと書いてみたいなあ…。
その時は、鍵コメさんとのこのやりとり、引用させてくださいね。
もし鍵コメさんがお書きになるなら、どうぞ私のコメントも使えるところあったら
お使いくださいね。

こうやって、コメントやりとりすることによって、頭のなかがすっきり
まとまって行くように思われるのは、ほんとうにありがたいです。
今、もう一つテーマとして考えていることもあって、それのこの件と関連して
来るかもしれません。

科学と倫理、というのは、前のブログからの私のテーマの一つでもありました…

本当は『大雪と原発』の記事も、まだ最後の一つを書きあげてないんです!(笑)
さあ。早く風邪治してとっとと書いていかなくっちゃな。
本当にありがとうございます!^^

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: スキップさんへ

スキップさん。こんばんは~。
スキップさん。すごいですね。どんどん電力会社依存から
抜けだしておいでになってる……

じっと座っているばかりで動かない自分を情けないと思います。
私は夜更かしすることからやめなくちゃなあと思い続けて出来ないでいます。

日本はもう十分豊かですよね。
2012年度世界自然保護基金WWFの試算によると、地球上の人間が皆、
アメリカの中流の生活をしようとすると、地球が2.4個いるとか。
一言で2.4個というけれど、とんでもないことですよね。
地球は一個しかないのですから。
…かわいそうな地球……

さあ。早く寝ましょうかね…

スキップさん。ありがとうございます。





Re: 葉っぱさんへ

葉っぱさん。こんばんは~。
風邪でごろごろしており、お返事遅くなってすみません…

葉っぱさんのキャンドルナイト、お花や緑の葉が綺麗でしたね。^^
花を摘んできて飾るのではなく、蝋燭を外へ持って行って花の中で撮る、というのが
さすがだなと思います。

私も、なんだか回を重ねるごとに、あの小さなろうそく一本だけたてるのが
一番綺麗なような気がしてきて。^^

政府はひどいですね。
ほんとにこんな最低な政府が、支持率が高いんですから、なんだか絶望しちゃいます…

それでも、植物はありがたいですね。種を播けば芽が出、花が咲き、実りをもたらして
くれて、秋に枯れてもちゃんとまた種を残して……
自然の摂理というものをちゃんと守ってくれます。
それを壊すのは、いつだって人間。

葉っぱさん。ありがとうございま~す♪



Re: しほさんへ

しほさん。こんばんは~。
お返事遅くなってすみません。

このニュース。もういつものことながら、ひどいですよね。
オリンピック誘致がかかっているとき。都知事選の前。住民の帰還の前。
数値を低く発表したり、いい方を柔らかく誤魔化して目くらまししたり。
そうしてそれらの大事な行事が過ぎると本音を発表する。

今日も朝日新聞に、出ていましたね。
政府は、昨秋に福島県3市村で行った個人被曝(ひばく)線量の調査したのですが、
その結果を半年間公表していなかった。
43カ所の平均空間線量で、毎時0・23マイクロを上回ったのは6割以上の27カ所。
個人線量を試算すると、毎時0・23マイクロを上回る地点が半数以上の24カ所に上ったと
言うんですが、田村市の避難解除の4月1日までに公表しなかったんです。
田村市で再三にわたって開いた避難指示解除の住民との意見交換会でも、
データの存在を明かさなかったの。

朝日新聞が情報公開を求めて初めて数値を公表。
3市村にも今月上旬、ようやく結果の概要を説明したんですよ~。
政府は対応を変えた理由を「取材があり、世の中の関心があると思ったから公開した」
と説明したそうですが、何としらじらしい。
住民が帰還をどうしようかと迷っている時にこそ、一番欲しい検査結果でしょうに。

http://www.asahi.com/articles/ASG4H4RZPG4HUTFK009.html

ほんとにどうしてこんな政権を私たちは存在させ続けているんでしょう…



No title

 ろうそくの灯は優しいですね。心落ち着かせ、本来の自分を見つめさせてくれるような気がします。現代生活にどっぷり浸かってしまっている自分にいらだつかと思うと、それに依存している自分にも気付くんですね。本来の自分はやはり、昭和30年代にあるのではないかと感じます。あのレベルの生活で充分幸せなんですよね、我々の世代は。

No title

v-22この木の枝垂れバージョンが公園に植えてあります
なかなか枝垂れにはなってくれませんが・・・・

凝れば凝るほど・・・もわかります
今回はそとでさつえいしてみました

また汚染水漏れがあるのに、何事もなかったような顔をして推進しているって、すごいですよね
悪いことをやってもウソをつく業界人、謝ることさえしない人々が増えてきたような気がします

No title

彼岸花さん、こんばんは。
キャンドルナイト一日遅れでした。お恥ずかしい…

先週土曜日に↓こんなニュースが流れてたそうです。
私、気付きませんでした。
午後のラジオ番組 15時からの ディキャッチ の始まりの会話で知りました。
このニュース 目的の為には手段を選ばない という姿勢ですね。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140412/dst14041210290001-n1.htm

2億8000万ベクレルに上方修正 東電、昨年8月の汚染水漏れ - MSN産経ニュース

2億8000ベクレルを8000ベクレルと発表したのはオリンピック招致の為でしょう。
これほどの数値が間違っていて「修正」と発表する厚かましさに呆れてしまいます。
処分される人がいないのが不思議。
この世界だけは別世界です。

2013/8 東電 汚染水タンク漏洩 海洋汚染 8000ベクレル/ℓと発表

2013/9/7 ブエノスアイレスにて2020年オリンピック招致プレゼンテーション

Re: NANTEIさんへ

NANTEIさん。こんばんは♪

源平桃。可愛いですよね。
私は普通の一重咲きの桃の花もとても好きですが、この源平桃は
変な表現ですが、おもちゃのように可愛いいです。^^

ほんとに、この春は本当はじっと落ち着いていられないほど、政治の大きな
節目を私たちは目撃しているのですよね。
私たちは曲がりなりにも戦後70年近く、平和主義を貫いてきました。
それによって日本は、世界のさまざまな国々から、尊敬と信頼を得ていたと思います。
それを…安倍晋三というたった一人の政治家の盲執じみた想い、
彼は何をしたいのかいまだにはっきりわかりませんが、その一政治家の盲執によって、
これまで日本人が守ってきた憲法を解釈次第で如何様にも扱うことができ、
なし崩しにしてしまえるということが現実になりつつあるわけですから、
ほんとうは国民が大きく立ち上がってNO!を突きつけなければいけないです。

原発のこともそう。2011年5月の新宿デモの時、「今は仕方なしに沈黙している
推進派が、いずれ強力な巻き返しを画策してくるだろう…」と覚悟はしていましたが、
これほどひどいことになるとは思いませんでした……

まったく、国民には今、それらを跳ね返す力もない…

『畑で遮二無二鍬を振り下ろす』

そのお気持ち、ようくわかりますよ~~~!
私もそうしたいです~。

ほんとほんと!
切っ先鋭い戯作はいいですね。
悪相と言えば、私もきっと、怖い顔してるんだろうなあ…!(笑)
電車などに乗っていて、ふと自分がすごいしかめっ面してるのに気づいて、
まずしかめた眉を開く、ということがよくあります。眼つきも悪いんだろうな。

これから、人間のギスギスした側面が、ますます大きく表に出てきそうで
それも心配です。と言って、なにもなかったように暢気な顔にもなれないし。
希望を捨てずにいることですよね…

すみませ~ん。バナー、いつも勝手に使わせていただいています。
ありがとうございます♪


こんにちは。

源平桃、ほんとうに可愛らしい。

通りすがりに垣根で咲かせているのを見ると、
矢もたてもたまらず、一枝持って帰りたくなります。

いいなあ・・・玄関先で咲いてるなんて。。。

しかしこのところの、やり場のない気持ち。
息苦しいほどです。

ため息と乾いた笑しか出てこないような。

畑で遮二無二鍬を振り下ろす。
思考を止める手段はそれしかありません。

でなければ、

年々に悪相となる四月馬鹿

なる戯作で気をまぎらわすしか・・・

いつも拙バナーを使っていただき、
感謝しております。

Re: クウ―ママさんへ

クウ―ママさん。こんにちは~♪

綺麗でしょう~?
そうなの。桜は私大好きなんだけれど、花には気の毒なことに、
軍国主義や、散華のイメージもつきまとうでしょう…

桃の花は『ふわりとみんな受け入れてくれそうな花』…ほんと!
クウ―ママさんのおっしゃる通りなの。
11日まで花が保ってくれればいいなあと思っていましたが、
なんとか、がんばってくれました。^^
形も丸っこくて、なんだかクウ―ママさんと皆さんがお作りになる、
お花の額、の花たちに似てませんか~~~?^^

ありがとう~~~♪



No title

4年目の一回目、白とももいろの桃の花。
桜じゃなくて桃の花。
それが嬉しい。
ふわりとみんな受け入れてくれそうな花だもの・・

Re: しほさんへ

しほさん。こんばんは~♪

ともしびプロジェクト。
これはいいですね~。『いいね!』とクリックするだけで10円の寄付。
たくさんの人がクリックしてくれますから、一つ一つはささやかでも
纏まると大きな力ですね。
それになによりこうやって、日本全国のひとが、忘れない!という強い意志を
持ってくださってるのが、力強いですね。
蝋燭の明かりはいいなあ……

すてきな情報、ありがとう~~~♪


Re:お一人目の鍵コメさんへ

こんにちは。
こちらこそご無沙汰すみませんです…
このところあちこちで読み逃げばかり。不義理をしています。

へへっ、いやなに、見逃して残念がっていただくほどの写真ではありません。
なにしろ50年近く前の写真ですからね~。もう社会学的意味の方があるくらいなもんで。(笑)
残念ながらジーンズ履いた写真の下半分をトリミングしているのでお見せできませんが、
『ほうほう。この頃のジーンズは、ぶっとかったなあ…』とかね。(笑)

ご存じの方は少ないかと思いますが、この写真はたぶん1969年頃のもの。
ところが、それより後の1977年(昭和52年)に、大阪大学で『ジーパン論争』事件
というのが起きているんですよ。
当時阪大で英米文学講義を担当していた米人講師フィリップ・カール・ベーダ講師
(神戸女学院大学教授でもあった)が、授業に遅れて入ってきたひとりの女子大生の
ジーンズ姿を見咎め、『自分の授業には、男性の労働着であるジーンズ姿などで出て欲しくない。
ジーンズは、知性と教養の場である大学にふさわしくない』と言って、女子学生に
退室を命じたのです。女子学生は、女性に『女はこうあるべき』という固定観念をおしつける
ものであり、さらにはブルーカラーの男性労働者に対する差別であるとして、それに猛反発し、
新聞上でも論争になったという…
当時の社会風潮では、この米人講師を支持する投書が多かったとか。^^

なんでもかの先生は、パンタロン姿さえお嫌いだったようで、無論授業中の喫煙も禁止。
この写真の頃、私は大学生でしたが、ジーンズはさすがに(笑)授業に着ていかなかったけれど、
パンタロン姿では当たり前に出ていますから、それよりさらに8年も経った時代に、
こんな論争が起きて、しかも米人講師擁護派が多かったようだとは、ちょっと驚きますね。

学生が授業中にスマホをいじったりジュースやパンなど持ち込んで飲み食い、化粧などするのは
当たり前、教師は眉をひそめはしても注意出来ない、みたいな今の時代からすると、
なんと日本人は少し前まではお行儀がよかったのでしょう!
それでも、『女性はレディらしく。アメリカ人の労働着であるジーンズを履くのは
日本女性にふさわしくないのでして欲しくない』と言う米人講師の言い草も、これは性差別、
身分差別的でもあるので、別に、私自身はどちらがいいとも悪いとも言いませんが。(笑)

あら。脱線しちゃった!(爆)

彼は愉快痛快ですね~~♪
いや、こう、まっしぐらにいわば古風な勉強を続けてくれる青年がいてくれるというのは
嬉しいですよ~~~!今は、私も含め、簡単にコピペして、はい出来上がり!
と、つい、しがちな時代ですからね。^^

戦後70年近く曲りなりにも守ってきた平和主義や国民主権の基本が、かくも容易に
一政権の、いや、一政治家の恣意によって覆されようとしているのに、誰もそれを
止めることが出来ないこの日本って、いったい何なんでしょうね。
私も、よく考えますよ…どこまで遡ればいいのかわからないけれど、この日本人の
あなた任せ、お上任せの暢気さと、上から下までの無責任体質は、いったい何なんだろう、
どこから発したのだろう、と。
時代の空気が右傾化していくだけでなく、どんどん他のこともおかしなことが目立つように
なりました…
食品表示偽装問題もそうですが、佐村河内事件…(私もうかうかと信じ込んでいましたが)…
あのような嘘がつける心理と言うものがそもそも理解できません…
人間の社会の信頼関係という目に見えない、だけれど大事な約束事を根本から覆すような出来事でした…
ダウン症の子供を小学校入学式の集合写真からわざと外した写真を別途撮るとか、
韓国人のお遍路さんへの一件とか、
人間の醜い側面を見せつけられる様な出来事が、ここ1年ほどでほんとに多くなった気がします。

今遅ればせながら読んでいるのは、ジョン・ダワ―の『敗北を抱きしめて』ですが、
これはなかなかいい本ですねえ。
終戦直後の日本人の、上から下までの動きが本当に見事に描き出されている。
アメリカ人が書いたからといって偏見に満ちていると言うのではなく、ここに描きだされた
終戦直後の日本人の右往左往ぶりとその誤魔化しは、実に今の諸問題の底に横たわる思想と
直結していると思わざるを得ません…
つまり、日本人は少しも変わっていない……深く考えさせられますよ~。

日本のリベラルが全く脆弱であったとは私は思いたくないんです。
日本人はアメリカ人が期待していた以上の素早い民主化を遂げ、そして曲がりなりにも
70年近く平和主義と国民主権を守ってきた…
でもね、次の世代にそれを引き継がせるための教育や社会構造の構築に、どこかで
大きく失敗したのではないかと思うんです。
どこかで、途切れさせてしまった……

時代は大きな振り子のように、大きく右に振れたりまた左に揺り戻したりするものだ、
いつかまたいい時代も来るさ、と楽観的な人もいるかもしれないけれど、私はそう思えないです。
もう、右に振れたまま、揺り戻すことはないのではないか、と。
どこかでいつか、そのためのバネが、ピーン!と切れてしまった……

最後の章を書き写すのを苦痛に思われるお気持ち、お察しいたします。
この日本の体たらくを日々見ていればね~~~……(溜息)

御記事。
私のためにとお願いするのは恐縮なのですが、詳しい解説付きだとやはり嬉しいなあ!(笑)
ほんとはね、自分で勉強しなさいよ~!ってことなんですが…、それはわかっているんですが…、
やはり初心者は、解説して欲しい(笑)
学問の世界の深さを見せられて圧倒されつつも、ぽか~んと口あけてお講義聴く楽しさ♪(爆)

某青年に応えて、一つ記事を、と考えていたんですが(笑)、まだうまくまとまらないので、
そのうちアップしようと思います。
実はこのキャンドル・ナイトの記事も書きかけ。この後、続きを書きま~す!^^

こちらこそ、いつも本当にありがとうございま~す♪

11日です。

こんばんは
そう、今日は11日です。
又、思い出させて下すってありがとうございます。

水曜日のJAM THE WORLDで気仙沼のともしびプロジェクトが紹介されました。
彼岸花さんがされてるように毎月ろロウソクに火を灯し 忘れない と続けられてます。
facebookよかったら見てください。
同じ思いの人達がいました。

風邪の具合いかがですか?
休んで下さいね。

Re: お二人目の鍵コメさんへ

鍵コメさん。私もまだ使いこなせてないんです。
そちらにお伺いしますね~♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

彼岸花さん

Author:彼岸花さん
リンク、トラックバックご自由に。

『しだかれて十薬忿怒の息吐けり』

『南亭雑記』の南亭師から頂戴した句。このブログになんともぴったりな句と思い、使わせていただきます。
十薬とはどくだみのこと。どくだみは踏みしだかれると
鮮烈な香りを発します。その青い香りは、さながら虐げられた若者の体から発する忿怒と抗議のエネルギーのよう。
暑い季節には、この強い歌を入口に掲げて、私も一民衆としての想いを熱く語りましょう。

そして季節は秋。
一足早いけれども、同じく南亭師からいただいた、この冬の句も掲げておきましょう。

『埋火に理不尽を焼べどくだみ荘』

埋火(うずみび)は、寝る前に囲炉裏や火鉢の燠火に灰をかぶせて火が消えてしまわぬようにしておいた炭火などのこと。翌朝またこの小さな火を掻き立てて新たな炭をくべ、朝餉の支度にかかるのです…

ペシャワール会
http://www1a.biglobe.ne.jp/peshawar/pekai/signup.html
国境なき医師団
http://www.msf.or.jp/donate/?grid=header02
最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード