『忘れ得ぬ面影 その二』

                        *

昨日、深夜、ホトトギスの初音を聴く。

ああ!……今年も無事に来てくれた!
鳥の命がどれほどあるものか知らないけれど、同じ単体でなくとも少なくとも命の引き継ぎは
成り立っているようなのがなんともしんみりと嬉しい。
ちょうどここまで書いた深夜0時35分。今しも、我が家の上空をホトトギスが叫びながら渡って行っている…!

おうおう!…また戻ってきた!
自分が主人公であることがわかってでもいるかのように、また啼いて通り過ぎていく……。

                         *


シンクロニシティ、というか、偶然のお導きというか、世の中には面白くも何やら
不思議な気のするような出会いというようなことがあるものである。
今年私は、ホトトギスの初音を聴いて、いつも思い浮かべる『夏は来ぬ』、の歌ではなく、
ホトトギスがやはり出てくるある古い歌をしきりに心の中で歌っていた。
昭和22年に中学校の教科書に載っていたと云うから、この私でさえ、学校で習った歌ではない。
だがなぜか聴き覚えている歌だ。

『ほととぎす』という歌である。
作曲ライトン。作詞は、近藤朔風。
だがこの歌は『暗路(やみじ)』というタイトルも、また『秋夜懐友』というタイトルも持っている。
『秋夜懐友』の方は犬童信蔵作詞で、大正3年に発表された唱歌のひとつだったという。
実はこの歌は、もともとは、原曲は、イギリス人のライトン(W. T. Wrighton,1816-1880)作曲、
カーペンター(S. E. Carpenter)作詞の恋の歌。
亡くなった恋人の姿が、その明るい笑顔が、どこにいても、忘れられないと歌う歌。
1857年頃の作と伝えられているという。
わが国では近藤朔風(1880-1915)作詞の「暗路(やみじ)または、ホトトギス」が1909年(明治42年)に『女声唱歌』に、
犬童球渓(1879-1943)の「秋夜懐友(しゅうやかいゆう)」が1914年(大正3年)に『尋常小学唱歌(6)』に載り、
私が生まれた1947年(昭和22年)には上記のように中学2年の教科書に載っていたという。

不思議な偶然で面白いなと思ったのは、この歌を鮫島有美子が歌っているらしいのだが、
その歌詞の2番は、なんと私が勝手にリンクさせていただいている『志村建世のブログ』の志村建世さんが
お書きになられているのだというのだ。志村さんは野ばら社元編集長。
いつもただ読ませていただいているばかりで、お声をおかけすることもできないでいるが、
一度だけ、火野葦平『麦と兵隊』『土と兵隊』の記事にコメントを入れさせていただいたことがある。
志村さんのことは、南亭雑記のNANTEIさんに教えていただいたのではなかったろうか。

実は志村さんのことは、NANTEIさんのルートからと別に、私はあるブログから辿りついてもいた。
それは私が小学校5年生の時、地方のNHK放送局の児童合唱団のオーディションを
受けた時のことを記事にした時のことである。その時私は、自由曲として『母の歌』というのを歌った。
記事にするに際し、あれは誰の作詞で誰の作曲だったろう…と調べていて、このブログに辿りついたのである…

『エムズの片割れ』

その記事によれば、私が探していたその歌は、野上弥生子作詞・下総皖一作曲の文部省唱歌で
あったらしい。
そしてエムズの片割れさんご自身もこの歌の出所をさがしていらして、そこで、志村建世さんのこの記事に
辿りついたのだという。
http://pub.ne.jp/shimura/?entry_id=692146

今回、『ほととぎす』の歌を探していて、私はタイトルが果たして『ほととぎす』そのままかどうか
わからなかったので、『小暗き夜半を 一人ゆけば』という記憶の中の出だしの所の歌詞で
検索にかけたのである。
そうしたら、再び、『エムズの片割れ』さんに辿りついてしまったのである…!
それがこの記事。
実は上の方に書いた情報は、こちらからも一部拝借したもの。

http://emuzu-2.cocolog-nifty.com/blog/2014/03/post-6157.html

鮫島有美子歌う志村さんの歌詞の『ほととぎす』は、ここで聴ける。
それを載せさせていただこうかと思ったのだが、歌唱に一部聴き取れないところがある…
そしてMP3とやらのコピーが出来るのかどうかがわからない…

肝心の歌であるが、古い人間である私は、この古い音源でこの歌をご紹介しようか。
最後に、ホトトギスの悲痛としか言い表しようのない『いのちの声』も入っている。
そして後半部の二重唱になる部分の編曲が素晴らしい。




曲の紹介に『秋夜懐友』とサブタイトルが入っているが、これは厳密に言えば間違いではなかろうか。
『秋夜懐友』は、上に引用したように犬童球渓の作詞で、まったく違う歌詞である。
でも、とてもいい映像で、嬉しい。

「ほととぎす」
  作詞:近藤朔風  作曲:ライトン

小暗き夜半(よわ)を ひとり行けば
雲よりしばし 月はもれて
ひと声いずこ 啼くほととぎす
見かえるひまに すがた消えぬ
夢かとばかり なおも行けば
またも行く手に 闇はおりぬ


この歌詞!胸がきゅうっと締めつけられるようだ。
何に? この孤独に、だ。
小暗き夜半をひとりゆく…それはそのままの叙景とも、また人の心の情景、心のありようとも言えるであろう。
その孤独な心で聴くホトトギスの声……
ホトトギスは枝に止まって啼く印象は私にはない。いつも暗い夜の空をいずこよりか来て
『魂極まる(たまきわまる)』とでも言えばぴったりするようないのちの声で痛切に啼きながら
いずこへか飛び去っていく…

そしてまた、胸が締め付けられるのはこの歌のメロディの『転調の美しさ』に、だ。
『転調の美』というものを、私たちは忘れていはしまいか。世の中が何やら平板になっていはしまいか。
と言って、ころころ変われ、ということでは決してないよ。
ここでこう変わるか!と舌を巻くほどの見事な転調、だよ。
いわば、『いのちの声』『生きることの美』とでも言えるほどの、『いのちをかけた転調』だよ。



                      *

実はこの歌。原曲の歌詞はこの近藤朔風の歌詞と違い、忘れようとして忘れ得ぬ人への思慕の歌だ。
志村さんの2番の歌詞は、その恋の歌の歌詞に忠実であるとお見受けする。

興味のある方のために、S. E. Carpenterのもとの英語歌詞も載せておこう。

”Her Bright Smile Haunts me Still”

'Tis years since last we met,
And we may not meet again,
I have struggled to forget,
But the struggle was in vain;
For her voice lives on the breeze,
And her spirit comes at will;
In the mid-night on the seas,
Her bright smile haunts me still.

At the first sweet dawn of light,
When I gaze upon the deep;
Her form still greets my sight,
While the stars their vigils keep;
When I close mine aching eyes,
Sweet dreams my senses fill;
And from sleep when I arise,
Her bright smile haunts me still.

I have sailed ‘neath alien skies,
I have trod the desert path;
I have seen the storm arise
Like a giant in his wrath:
Every danger I have known,
That a reckless life can fill;
Yet her presence is not flown,
Her bright smile haunts me still.
Every danger I have known,
That a reckless life can fill;
Yet her presence is not flown,
Her bright smile haunts me still.



英詩の脚韻の美しさ。

この歌詞で英語のお勉強、というサイトも見つけたので、載せておこう。
そこには英訳も載っている。この歌の情報は、こちらからも一部拝借した。
http://eigouta.com/2007/10/her_bright_smile_haunts_me_sti.php

ああ、この原曲もなんという歌詞…!

ひとはこのように恋することもあるものだ…
忘れようとしても忘れ得ぬ面影……
この英詩の主人公も、逃れられぬ孤独の内にある…

恋人は今は亡きひとか。生き別れか。
その美しき面影は、たとえ地の果てまで逃れようと、いかにしても去ってはくれぬのである。
この原詩に、『ほととぎす』の歌詞をあてはめた明治ひとの心。
…ああ、なんとしっとりと湿りけがあるのだろう!……

私はこころがカラカラだ。

でも、楠の小さな枝の放つ香気を嗅ぎ、
ホトトギスの『魂極まる(たまきわまる)いのちの声』を深夜ひとりで聴きながら、ほととぎすの歌について書く…
もう、恋は、私には、はるか遠くに去ってしまった感情だけれど、忘れようとして忘れ得ぬ面影…そんなものが、
自分にもかつてあったような、そんな錯覚に浸ってみる…
そんなことをしていると、自分本来の感情の湿り気を、うるおいを取り戻すことが出来る気がしてくる。

                          *


最後に。
こんなのも見つけたので、ご紹介。
1919年。エドワード・ジョンソンというテノールが歌った原曲。
エドワード・ジョンソン(1878~1959)はカナダ出身のテノール。1949年から1950年にかけての
シーズンを最後に引退して後、メトロポリタン歌劇場のプリモ・テノーレから総支配人へと転じたひと。
この歌唱もなんだか泣けてくる。

http://youtu.be/jWV5w5v47MY


         *

8月30日追記


この記事で『ほととぎす』の歌の歌詞についての後日談をちょっと付け加えておこう。
鮫島有美子の歌った『ほととぎす』の歌だが、もともとの近藤朔風の歌詞には
2番3番がなく、それでレコーディングに際し、志村建世さんのお書きに
なった歌詞を借りて続きを吹き込んだというのである。
同じくお名前と記事内容を勝手に引用させていただいている『エムズの片割れ』さんが
載せてくださっているMP3の音源で、この志村さんのお書きになった2番の歌詞を
聴かせていただいたが、歌詞の一部にどうしても聴きとれない個所がある…

と、上記記事にはここまで書いた。
実は、その後、私はどうしてもその歌詞が気になり、ついに鮫島有美子さんの
件のCDを買ったのである!^^

それでようやく、聴きとれなかった部分の歌詞がわかった!

ただし、志村さんの歌詞はまったくほととぎすと関係なく、原曲の作詞
S. E. Carpenterの詩の意を受けてお書きになったと思われる恋の歌である。
タイトルも『消えぬおもかげ』。

それでは。志村建世さん作詞の歌詞を。
と、ここに載せたいところだが、近藤朔風や、犬童球渓の歌詞と違い、
著作権ということが問題になろうかと思う。

…そんなことで掲載をためらっているうちに、今日8月30日、久しぶりに
志村さんのブログをお訪ねしたら、志村さんご自身が、この歌に関する記事を
再度お書きになっていらして、そこに歌詞も載っているのを発見。
嬉しくなってしまったので、そちらをご紹介させていただこうと思う。
http://blog.livedoor.jp/shimuratakeyo/archives/55606684.html

音源もあった。鮫島さんとはまた別のかたの歌。
https://youtu.be/bAJcMlQ3vIA

S. E. Carpenterの原詩のせつない歌詞を十分に噛み砕いて、その上で
メロディに乗りやすい美しい歌詞にしておいでだなあ、と思う。
『ほととぎす』の歌詞の方は恋の歌ではなく、言わば生きとし生けるものの
『存在』自体のさみしさを歌っていると思えてこれもとても好きだけれど、
志村さんの歌詞でこのメロディを口ずさんでみると、私自身は恋などから
遥かに遠ざかってしまったけれど、人が人を想うこころのせつなさが
ほんとうに素直に伝わってきて、なんだか歌っているうちに涙ぐんでしまいそうになる。

           *

さらにもう一つ。
志村さんが編集長をしておいでになったという『野ばら社』であるが、
ブログでひょんなことから志村さんのブログに出会い、『野ばら社』の名前を
拝見した時、「ああ!懐かしい!」と思ってしまった。
そして不思議な偶然というか出会いにしんみりもしたのである。

というのは、私が志村さんのブログに出会ったのは、
私が小学校5年生のときNHK地方局の合唱団のオーディションを受けたとき
自由曲として歌った歌が『母の歌』というのだったこと。そのことについて
ブログに書こうと思って作者を調べていて、志村さんのブログに出会い、
そうして、作詞が作家野上弥生子だったことを知ったのだったということ。
そのことは上に書いた。

小学校5年生と言えば、当時、放課後の課外活動が始まる学年であった。
私は小学校でも合唱部に入っていて、そこで練習する歌の教科書として
渡されたのが、たぶん野ばら社の唱歌の本だったのではなかったかと思うのだ。
野ばら社は、図案や唱歌の本、辞書、学習参考書などをほんとうにたくさんたくさん
出していらっしゃる。
野ばら社は創業1929年(昭和4年)という。
その本が果たして野ばら社のものであったかどうかは、実物はとうの昔にどこかで
紛失してしまったし、表紙や版型などもよく覚えていないのではっきり断定できないのだ。
でも、私はその唱歌の本が大好きで、学校でだけでなく家に帰ってからも
その本をよく開いていた。
なぜ、その本がそんなに好きだったかというと、掲載されている歌の一つ一つに
可愛いイラストが入っていたからである。
例えば、『牧場の朝』という私が大好きだった歌のページならば、
線書きで、ポプラのような並木とサイロらしき絵が遠景に入っているとか。
…もう、50数年も前のこと。くっきりとは覚えていないけれどおよそそんなふうな感じだった。

なんというのだろう…子供相手だから子供だましの簡単なやつでいいや!
などというのでなく、小さな一カットといえど、大のおとなが本気を出して
描いている…それも、ちゃんとしっかりしたデッサン力の基礎のある大人が
ごまかさずに描いている、という感じが子供ながらにわかる気がした。

その、歌によってタッチや描法を変えて、子供たちが楽しめるよう真心こめて描かれた
イラストが、もう私は大好きで大好きで、ほんとに毎日その本を眺めつつ歌を歌っていたものだ。
それが果たして野ばら社の本であったかどうかは、正直今となってはわからない。

だが。それから30年ほどして…小学生の娘がやはり絵が好きなのではないか、
将来そっちの方面に進むのかもしれないなあと見定めた頃から…
私は彼女に、絵の勉強の参考になりそうないろんな写真雑誌や美しい本を
いつも買い与えるように自然になっていた…
その中に、野ばら社の図案の本も数冊あったのである。

いつかそれらの本について書けたら書きたいが、これらのイラストの本は
四季ごとにいろんな図案があったり、動物・魚・植物・楽器…などと
種類ごとにもまた違うイラスト見本が載っていて、それらがまたタッチや
描法がさまざまで、ほんとうに楽しいのである。
何よりも私にとっては、かつて自分が愛したその歌の本のイラストを
想い出させるものであったので、ひょっとしたら、それらの図案集を書店で見つけたとき、
自分が欲しかったから買ったのだったかもしれない。^^

私が小学5年生と言えば、昭和33年ごろである。
戦後僅かに13年。日本は概してまだとても貧しかった。
そんな中で、ロシア民謡のページならば、白樺並木と橇の絵や、ペチカの前で編み物をする
お母さんの絵など。
それらのイラストで、見たことのない遠くの国の暮らしや風景を想像して、
どれほど少女の私はいろんな知識を与えられもし、楽しい夢を見させてもらったかしれない。

娘もまた、私が買い与えたその野ばら社の図案の本を愛して大事にして、
彼女は後に実際、画家としてやっていくようになったので、言わば母子二代で、
それらのイラスト集にはとてもお世話になっていると言える。

志村さんのところで『野ばら社編集長』という肩書を見て、私がほとんど絶句
してしまったのは、そういうわけなのだ。

『母の歌』でのご縁…、野ばら社の図案集…
私の側からの一方的な『ご縁』の押し売りではあるが、出会いというものは
不思議だなあと、いつも思う。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんばんは。

少しくご無沙汰でした。

ブログ、暫くお休みですか・・・
なんか判るような気がします。

決して体調の所為ではありますまい。
ご自分に厳しい彼岸花さんのことですから、
『思うところ』の重味は計りしれないものと思います。

暫くということは当然、永遠ということではありませんよね?

私もこのところ惰性で更新しているようで、
少なからず忸怩とした思いを抱くようになってきました。
ある罪悪感にすら捉われることも少なくありません。

私の方こそブログを休止すべきだと思うのですが、
禁煙を決意しては止められないように、
重い依存症に罹っているのかもしれません。

警世のために心身を賭して、
ブログという剣をかざし続けておられる彼岸花さんには、
ほんとうに畏敬の念を禁じ得ません。
そして多くの啓蒙を頂いたこと、感謝、感謝の一言です。

ところで・・・
暫くということは当然、永遠ということではありませんよね?

この一月に「南亭」が長期休業した折、
幾度か有難いプレッシャーをかけていただきましたよね。

今度はそのご恩に報いるため、
私も度々の様子伺いさせてもらいやしょう(笑!


Re: MATZ-TSさんへ

MATZ-TSさん、こんばんは。^^

ホトトギス。我が家のあたりのホトトギスも、いったいいつまで
訪れてくれるかとこころもとないです。
今春は、ウグイスの声を聴けなかった…
ホトトギスが托卵するウグイスがいなくなるということは、ホトトギスも
いなくなるということを意味していますから…

毎年、今年はどうかな、どうかなと季節になると案じているので、
彼の声が聞こえてくるととても嬉しいです。

ホトトギスの歌は、『万葉集』では153例、『古今和歌集』では42例、
『新古今和歌集』では46例、あるそうですよ。(私も今調べたのです)
昔から、この鳥の悲しげに啼く声は、ひとの情調に深く訴えるものがあったのでしょうね。^^

百人一首にもあるこの歌は、私も好きな歌です。

MATZ-TSさん。ありがとうございます♪





ほととぎす

MATZ-TSです。

ほととぎす・・・

いいですね。最近、声を聞かないけど

  ほととぎす 鳴きつる方を 眺むれば
   ただ有明(ありあけ)の 月ぞ残れる

         後徳大寺左大臣(81番) 『千載集』夏・161

これをすぐ思い出します。彼岸花さんの記事の歌詞とも共通の思いを
古代の日本人も持っていたような気がします。 

Re: 鍵コメさんへ

鍵コメさん。おはようございます。
昨夜は、私のパソコンは、FC2だけなぜかどうしてもフリーズ。
どうも最近パソコンの調子が悪く、思うように書けません。とりわけワードの機能が
落ちているみたいです。

ホトトギスも、個体数が少なくなっているようですね。
その声が聞きたくても聞けない地域は多いだろうと思います。
ホトトギスやカッコウは、ウグイスやモズなどの巣に托卵します。(いけないこね!)
ということは、ウグイスなどが少なくなれば、ホトトギスも減るということ。

私は毎年春先に一羽の鶯が、隣の家の庭で、しかも私の台所のすぐ外の柿の木の
あたりなどで鳴くのを楽しみにしていました。数年前、隣家が、多くの鳥の目印や休みどころと
なっていた立派な杏の木を切ってしまってからは、近所の笹やぶに移って鳴いていましたが、
ところがその竹藪に去年手が入れられてしまった!
それでかどうか、今年の春は、ウグイスの声が一度も近所では聞けなかったのです。
人間が樹を伐るということ…それが鳥たちの生活に直結していることを感じます。
鶯がいなくなったということ。それはホトトギスのやがていなくなることを示唆しています。

鍵コメさんのお住まいの県では、県の鳥にホトトギスを一次指定しようとしていたらしいです。
でも、ホトトギスには、他の鳥の巣に卵を生んで、やがてそのこが宿の主のウグイスなどの
ひなを押しだして巣の下に落としてしまうという、托卵という習性があります。
このイメージがどうも悪い、ということで、県の鳥はキジに代えたそうです。^^

そんな、ひとによっては嫌われるイメージもあるかもしれないホトトギスですが、
深夜、我が家の上空を鳴いて過ぎる声をひとり起きて聞いているのはいいものです。^^
明け方、夢うつつに聞く声も、なにかね、古の人びとと思いを共有しているような
懐かしさを感じます。

おお!
そうなんですか!
今日、早速見てみますね~~~♪
情報ありがとうございま~す!

Re: 周凍さんへ

周凍さん、おはようございます。
コメントありがとうございます。
いつも流麗な短歌、拝見しては、『私にもこんなふうに詠めたらな』と
溜息をついています。

ほととぎすの声は、なぜこんなにひときわ情調を誘うのでしょうね。
海外のひとが聞いてもそうなのでしょうか。
そもそも中国には望帝の伝説がありますから、あの声に人の世の悲しみを感じていたことがわかりますが、
英語でほととぎすはなんというかというと、a little cuckoo
だそうですから、カッコウとの違いは英米人にとって、大きさの違いだけなのか(笑)。
夜、ああやって悲痛としか聴きようのない声をあげて飛ぶほととぎすと、
夏の林の中で、むしろ晴れやかに鳴くカッコウとは大違いだと私などは思うのですが。

日本人が情調を感じる蝉の声も、欧米のひとにとっては雑音にしか聞こえないとも
いつか聞いたことがあります。同じ鳥の声や蝉の声などを聴いても感じ方が違うのは
文化によるものなのでしょうか。それともそのひと個人によるものなのでしょうか。^^

お教えくださったこの崇徳上皇の歌は、ひときわ痛切さに満ちていますね。
『闇に惑うはなれ一人かは』
どんな想いで崇徳上皇は配流の日々を送ったでしょうか。
ほととぎすの声は、そのさびしい胸の内にひときわしみじみと響いたことでしょう。

その姿を想像すると、後に『怨霊』などと祀り上げられておどろおどろしいイメージの
ついてしまった『崇徳院』ではなく、ここにもひとりの『孤独な魂』が……、という、
しみじみとしたひとりのひとへの共感と、人の世のはかなさへの同調の想いを抱かずにはいられないです…

我が家では深夜1時過ぎごろと、明け方4時半頃の2回。
彼が啼いて上空を通り過ぎるのが聞けます。私の毎年のささやかな楽しみです。

2つともいい音源でしょう。^^
お楽しみいただけると幸いです。
コメント嬉しかったです。ありがとうございます♪




管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんばんは

讃岐に流され、京に帰ることなく亡くなってしまった崇徳上皇のお歌にこんなのがあります。


ほととぎす夜半に鳴くこそあはれなれ闇に惑うはなれ一人かは


ほととぎす、闇、そして孤独。これは大昔からセットになっていたイメージなのでしょうね。良い音源のご紹介ありがとうございました。

プロフィール

彼岸花さん

Author:彼岸花さん
リンク、トラックバックご自由に。

『しだかれて十薬忿怒の息吐けり』

『南亭雑記』の南亭師から頂戴した句。このブログになんともぴったりな句と思い、使わせていただきます。
十薬とはどくだみのこと。どくだみは踏みしだかれると
鮮烈な香りを発します。その青い香りは、さながら虐げられた若者の体から発する忿怒と抗議のエネルギーのよう。
暑い季節には、この強い歌を入口に掲げて、私も一民衆としての想いを熱く語りましょう。

そして季節は秋。
一足早いけれども、同じく南亭師からいただいた、この冬の句も掲げておきましょう。

『埋火に理不尽を焼べどくだみ荘』

埋火(うずみび)は、寝る前に囲炉裏や火鉢の燠火に灰をかぶせて火が消えてしまわぬようにしておいた炭火などのこと。翌朝またこの小さな火を掻き立てて新たな炭をくべ、朝餉の支度にかかるのです…

ペシャワール会
http://www1a.biglobe.ne.jp/peshawar/pekai/signup.html
国境なき医師団
http://www.msf.or.jp/donate/?grid=header02
最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード