『キャンドル・ナイト 45』

3年9カ月前まで、『まさか、あり得ないだろう…』と思っていたことが、起きてしまった。

2年前まで、そんな方法があるとは、思ってもみなかった方法で、壁に穴が開けられてしまった。
2年前まで、『それは今回もなんとか廃案になるだろう…』と思っていたことが、施行されてしまった。
2年後。私たちは、
『2年前までは、まさかそれは阻止できるだろうと思ってたのにね』と言って嘆いているのだろうか。

嘆きは深い…
どこまでも深い…

だが、この火だけは、今夜も灯そう。
今夜から、絶対に改憲などさせない!という意志も、この蝋燭に託す。



2014_1211_230721-CIMG3504.jpg



この、白い実は、南京櫨(ナンキンハゼ)だ。


11月末の雨の日。 上野に行った。
そこで、河北秀也氏の展覧会をやっていたからで。
河北秀也氏。『いいちこ』のアート・ディレクター。
私は、『いいちこ』のポスターが昔っから大好きで。
カメラマンの浅井慎平さんがとてもとても好きなのだ。
『いいちこ』の、コピーもまた大好きなのだ。 
コピーライター、野口武さん、
デザイナー、土田康之さん。

もうずうっと、買い物と病院以外の外出していなかった……
1年ぶり…かなぁ。とにかく久しぶりの外出だ。

大人が、本気になって仕事をすると、こんなにも見事な、こんなに美しいものが生まれる…
政治のことでささくれだった心が、ほうっと安堵のため息をつく…。

美術館を出る。
11月の冷たい雨に、南京櫨の美しい葉や枝が散っていた。
なんと見事な色調だろう…そうぼんやり歩いていたら、
目ざとい娘が、実のついた枝を拾ってくれた。





2014_1127_090336-CIMG3474.jpg


拾って来た日には、もっと鮮やかだったのだけれど。


未来を信じて。
この実を植えてみようか、と思う。








                       
心ひとつに キャンドルナイト







南亭さんバナー②


葉っぱさん、れんげちゃん。NANTEIさん。
今月もバナーお借りします。












スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: しほさんへ

しほさん。こんばんは~♪

こんな結果になりましたが、まあ、予測していたことなので、2年前の
衆院選ほど怒りまくってはいないです。
これも、ひとつの民意なのだろうと受け止めざるを得ない…

済んだことを悔いていても仕方ないので、次の大風に備えなくっちゃ、と
おもっています。今度の風が本当の大風ですものね。
甘い希望はもう持てない…

それでも、ほんと。生きていかなくちゃならないですね。
抵抗だけはやめたくないと思っています。
記事書く速度、もっと上げなくっちゃ、何事にも間に合わないですね、私の場合!(苦笑)

いつも本当にありがとうございます。
元気出して行きましょうね♪


Re: クウーママさんへ

クウーママさん。ただいま~♪

帰ってきましたよ~♪

一泊しか出来なくて忙しげな旅でしたが、旅はいいですね~。^^
美味しいものも一杯食べてきました~。

雨に打たれた南京櫨の美しい葉っぱ。お見せしたかったです。
この写真で見る十倍くらい綺麗でしたよ。
実も面白いでしょう?
この日は、『いいちこ』などの素晴らしいポスター展も見てきたの。
私も閉じこもってないで、もう少し気軽に出かけなくちゃな。

ありがとうございます♪


Re:鍵コメさんへ

こんばんは。昨日旅から帰ってきまして。

旅の前に、南京櫨などのことについては、そちらで書かせていただきました。
お仕事のことなど、いろいろなお話がうかがえて嬉しかったです。^^

旅はいいですね。わずか一泊の慌ただしい旅でしたが、いろいろ心に残ることが
ありました。
写真などアップできればいいなと思っています。

ありがとうございます!

Re: MATZ-TSさんへ

MATZ-TSさん。こんばんは♪

投票時間の繰り上げ。あれは絶対におかしいですよね。
今回私は、ニュースを見る時間もなかったので、どうだったかよくわからないのですが、
本当に腹が立ちます。
8時までやっていると信じていて、遅れて投票できなかった人が随分いたのじゃないでしょうか。
投票の番をする立会人のため、なんてのは絶対理由としておかしいですよね。
一人でも来る人がいるかもしれなければ、そのひとのために投票できるようしていないと
おかしいと思います。国政参加の権利を奪うことですよ。
それをいちいちの選管の判断一つでできるなんて、とんでもないことだと思います。

まあ…それにしても。
結果は…。
また、それについてはあらためて書きたいと思っています。
サクサク書きたいのにパソコンの調子が悪く、困っています。

いつもありがとうございます~!

Re: Hさんへ

Hさん。こんばんは~。ただいま~♪^^

投票のことなどについては、そちらで返事させていただきましたが、
期日前投票もどこでもできるというわけのものでなく、また、このように
大雪に見舞われたりすると、お体の不自由な方々などは、そもそも行きたくても
投票に行けないんですものね。
投票率の低さを単純に怒れないなあと今回あらためて思いました。

旅はね、いまどき飛行機を使わないなんて、と笑われるんですが、やはり
新幹線の移動自体に時間を食うので、行ってすぐ帰ってくる!という感じでした。
でも、いい旅でしたよ。^^

ありがとうございます♪

Re: その日暮らしさんへ

その日暮らしさん。こんばんは。
返事が遅くなってすみません。

また、リスト、使わせていただいています!^^

マスコミなどが、あまりにも今度の選挙を経済問題に矮小化して語るので、
それなら、経済問題から入ってやろうじゃないの!と、ちょっとむかっ腹立てて
記事書き始めたんですが、私も金融とかそっち方面は全然縁のない人間なので、
随分時間がかかってしまいました。
本当は、経済問題から入って行って、その日暮らしさんがリストに挙げてくださった
ような問題の一つ一つについて、安倍政権の問題点を記事にして行こうなどと
考えていたのですが、時間切れになってしまいました。
経済問題も、とてもこれだけでは書きつくせていないのですけれど…

ことは日本だけの問題じゃないですものね。
今世界が向かっている方向…新自由主義経済そのものが、貧富の差の拡大という
大きな問題点を本質的に内包しているので、安倍さんをいくら批判してもその先に
まだ大きな大きな穴のようなものが口を開いて待っているのですね。
世界はいい方向に決して向かっていない…。
なるようにしかならないのかなあ、と暗澹としてしまうことがあります。

それでも。
なんか語っていきたい。
まだ、語っておくことがたくさんたくさんある気がしますから。

いつもありがとうございます!


No title

彼岸花さん、今晩は。
10日がとうとう来て、14日になりました。
「愛」の反対は「無関心」と言ったのはマザー・テレサだったと思います。
政府が国民の安寧に無関心でも、それでも私たちは生きていかないとならないですね。

今日は近所の方と投票に行ってきました。

No title

ナンキンハゼの実は、大きめで白く艶やかなんですね^^
葉の色合いも こんなに美しいなんて・・
ヤマハゼしか知らないですが、こちらも細かい白い実が可愛いです。

今頃はお宿でお休みかな・・
良い夢を見ていますように^^


明日は家族揃って、投票してきます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

国民の権利と義務

おはようございます.MATZ-TSです.

何としても国民の権利であり,ある意味 投票で国民の「義務」を,しっかりと本来の国と世界,個人の生き方を見据えて,行使したい.

それを果たすことを第一優先とすべき,選挙管理委員会が本質を見失っているのでは??

http://mainichi.jp/shimen/news/20141212ddm001010184000c.html

投票時間の繰上げ??

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

 こんばんは!
 選挙を前にして、この間ずっと問題意識を喚起する具体的で説得力のある記事を精力的に書いていただいています。本当にご苦労さまです。
 一連の記事について、資料の「グラフ」などが示すところの意味を理解するように心がけながらじっくりと読ませていただいたことで、自分が抱えているぼんやりとした問題意識にはっきりとした輪郭が与えられたように思います。
 経済の問題についてはよく解りませんが、資本主義の矛盾の蓄積がもう限界に達しているのではないかと思うことがあります。終焉が近づくにつれて、資本主義もその先導者たちもますます凶暴になるだろうことを覚悟しておくべきかもしれませんね。


プロフィール

彼岸花さん

Author:彼岸花さん
リンク、トラックバックご自由に。

『しだかれて十薬忿怒の息吐けり』

『南亭雑記』の南亭師から頂戴した句。このブログになんともぴったりな句と思い、使わせていただきます。
十薬とはどくだみのこと。どくだみは踏みしだかれると
鮮烈な香りを発します。その青い香りは、さながら虐げられた若者の体から発する忿怒と抗議のエネルギーのよう。
暑い季節には、この強い歌を入口に掲げて、私も一民衆としての想いを熱く語りましょう。

そして季節は秋。
一足早いけれども、同じく南亭師からいただいた、この冬の句も掲げておきましょう。

『埋火に理不尽を焼べどくだみ荘』

埋火(うずみび)は、寝る前に囲炉裏や火鉢の燠火に灰をかぶせて火が消えてしまわぬようにしておいた炭火などのこと。翌朝またこの小さな火を掻き立てて新たな炭をくべ、朝餉の支度にかかるのです…

ペシャワール会
http://www1a.biglobe.ne.jp/peshawar/pekai/signup.html
国境なき医師団
http://www.msf.or.jp/donate/?grid=header02
最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード