『花』

お散歩行くよ!


2015_0404_142959-CIMG4019.jpg


4月4日。都心より一週間ほども遅れてようやく満開になった、うちの近くの川べりの
桜並木。
本数は数えたことないけれど、およそ2キロほどにわたって、途中で時折り途切れつつも
両岸に桜の並木が続く。




2015_0404_141600-CIMG3991.jpg







2015_0404_141441-CIMG3989.jpg



これは桜、じゃなさそうだな…花桃みたいな枝ぶりだけれど、白で一重咲き…
スモモかな?
う~…わからない





2015_0404_141700-CIMG3994.jpg


枝垂れ桜。




2015_0404_141719-CIMG3995.jpg


ボケの花。次のも。



2015_0404_142338-CIMG4004.jpg






2015_0404_141820-CIMG3997.jpg


椿がまだ咲いてます。




2015_0404_142223-CIMG4002.jpg



山吹。




2015_0404_142758-CIMG4015.jpg



ほんとに雪のように咲く雪柳。




2015_0404_142738-CIMG4014.jpg



連翹。



2015_0406_075843-CIMG4038.jpg


私の裏の川べりはこんなところよ。
いいところでしょ。
左側に咲くのは花桃たち。





2015_0406_075921-CIMG4040.jpg




2015_0406_080353-CIMG4050.jpg




2015_0406_075948-CIMG4042.jpg



おうおう。見事でしょ。



2015_0406_080611-CIMG4053.jpg



さっきの花桃たちの先は橋になっていて、橋の上から見た眺めはこんなよ。


桜、たくさんお見せします…



2015_0404_160958-CIMG4029.jpg





2015_0406_075620-CIMG4033.jpg





2015_0406_075709-CIMG4035.jpg






2015_0406_080833-CIMG4058.jpg




2015_0406_081602-CIMG4070.jpg





2015_0406_082032-CIMG4077.jpg





2015_0406_082056-CIMG4078.jpg





2015_0406_082114-CIMG4080.jpg





2015_0406_082149-CIMG4083.jpg




2015_0406_082126-CIMG4081.jpg



そうそう。やっぱり桜は、こんなふうに泡のように咲いてなくっちゃ。






2015_0404_143812-CIMG4025.jpg



ここは、おねぃちゃんがなぜか好きなジャノヒゲ(リュウノヒゲ)の茂みのあるところよ。
これももしかすると、ジャノヒゲでなく、ノシラン(熨斗蘭)という子かも。
この茂みは、ときどきブログにも登場。
夏には、青年の髪のようになって、手を挿し入れてかきまわしたくなる…





もっともっといろんな花があったのだけれど、歩き疲れて眠くなっちゃったわ…。

花を満喫できたかしら?







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 鍵コメさんへ

やっと書き上げました~。
あと少しで終わりというところで全部消えちゃったときにはショックショック
でしたが、頑張ってもう一度書きなおしました~。

他に書かなきゃならないこと思っていることがたくさんある…
日本の政治のこと、世界のさまざまな不幸のこと…
でも、自分のこころを整理しきれてないとなかなかそうしたことを書けないのです。
エネルギーもいるしね。
自分の日々の暮らしも大事に思わないといけないだろうし。
鍵コメさんの記事とシロハラちゃんがその元気をくれました。^^
まだご報告したいことは別にあるの~。また書きますね~。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 鍵コメさんへ(2通目)

うんうん。そうなの。
口もききたくないくらい元気なくって、ひたすら身体動かすことしてました。
お庭で鍬をふるったり、押し入れの衣類入れ換えしたり、お料理もいつもより
丁寧に作ってみたり。久しぶりにケーキ焼いたり。
きっとそんなんで気を紛らせてたのね。
身体だけはそうやって気張って動いてたら、疲れちゃったのか、数日間
例の自律神経失調症に。
大体が、春、急に気温が上がる日が弱いの。

でも、鍵コメさんの記事拝見して、元気が出ました~!
なんだか楽しくなっちゃった! 友情に感謝感謝よ♪ ^^
ありがとう~~~♪

Re: 鍵コメさんへ

見せていただきましたよ~♪ 
とっても綺麗に出来てましたね。^^
私も、昨日、いよいよ冬物衣類完全にしまって、半袖とか出しました。
寒がりだから、梅雨の頃のためにちょっとは羽織るもの残しておいて。
ついでに布類もちょっと出してみて、何か縫おうかな~なんて眺めていました。
でも、最近暑さ寒さに弱くなって、寒がりのくせに夏は暑がり。
きっと体温調節がうまくいってないのね。
で。夏はやっぱり木綿がいちばんだな~ってほんとに実感するようになりました。
絹ものは無論夏はダメだし、ポリエステルとか化繊ものもなんとなく肩とか
首筋とかがちくちくするみたいでダメなの。
木綿の肌触りのいいのが夏はやっぱり助かりますね~。^^
もちょっと押し入れごそごそしてみて、私も木綿もの探してみようっと。

鍵コメさんの記事見て、元気出ました~~~!
ありがとう~~~♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: MATZ-TSさんへ

MATZ-TSさん、こんにちは。

お忙しそうですね。^^
はい、お花いっぱいの川辺の春、ご紹介してみました~。
わ~っ、パソコンのデスクトップに使っていただけるのですか。
それは光栄です! 嬉しいな♪ ^^

ほんとに、気が重くなるような政治のニュースばかりで、なかなか
私も記事を書く気が起こりません。
今年は、この国のかたちをがらっと変えてしまうよう重大なことが
次々と待ち構えていますね。黙っている場合じゃないよ、と思うのですが、
投票率の低さなど見ているとがっくりしてしまったり。

今日は自分への元気づけに、午前中久しぶりにケーキを焼いてみたりしました~。
オレンジピールと果汁、香りづけにオレンジキュラソーを入れた大人の味の
パウンドケーキで~す。
お三時の時間にいたいてみようかと思っています。^^

ありがとうございます♪ 






No title

こんばんは! ばたばたの毎日でしたが(まだそうですが),週末で久しぶりにBLOGを拝見する時間が取れました.

 花盛り,東京郊外ですね.全て頂いて,しばらくデスクトップに置かせていただきます.

 政治の話は今日はやめて,ゆっくり体と心を休めたいと思います.

デスクトップ一杯の花を有難う御座います.

Re: 鍵コメさんへ

鍵コメさん、はじめまして。
リンクありがとうございます。
こんなブログですが、どうぞよろしくお願い申し上げます。


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re:スキップさんへ

スキップさん、おはようございます。

はい。あまり外出しない彼岸花。この川べりの光景にはいつも
いやされています。お天気によって、時間によって、四季の変化によって、
違う様相で楽しませてくれます。
このような政権を許してしまう時代というものに怒ることに疲れてしまい、
この頃ではこうして川べりの風景の中を歩いているときとか、ささやかに
庭いじりをしているときとかが、一番こころが穏やかでいられたりします。
同じ川べりでは、笹やぶの中で鶯が啼き、秋の虫のように美しい声の鈴蛙が
ころころと鳴いているのも聞かれます。

自分の内面と対峙する…
その時間を現代の人は持ちにくくなっているのかも知れませんね。
時代の流れが急速なだけでなく、スマホなどというものも束の間の
楽しみを手軽に与えてくれるので、ゆったりと流れていく人生の時間、と
いうものの味わいを、人は見失ってしまったかそもそも知らないか、に
なっていっているような気もします。

力を溜めて、また記事を書いていきたいと思います。
いつもありがとうございます♪

No title

 すばらしい町に住んでいらっしゃいますね。自然に囲まれているということは人に囲まれているよりも幸せかもしれません。自然と向き合っている時は自分の内面と対峙している時、したいとき、してしまう時かですね。自分を自分で見つめる時間ほど贅沢で大事な時間はありません。この時間を持ちづらくなったことと、幸せを感じられない人が増えたことは関係が有ると思っています。瀬前途も着あうことが出来ない人は人間と付き合うことも苦手ではないでしょうか。

Re: 鍵コメさんへ

鍵コメさん、こんばんは。

夜ノ森の桜。
あまりにも美しいがゆえに、それを観る人もいない、そこに住む人ももういない
ということの異常さが胸に突き刺さりますね。
原発を推進してきた人々…これからもまだ動かして行こうとしている人々に
これをしっかり見て欲しいです。
ここで営まれていた市民の暮らしは根こそぎ奪われてしまった……

作家のこと。どうぞどうぞ私のことなどおかまいなく。
そんなことお気になさる必要ないですよ~~~。私も楽しみにさせていただいてます。
私も必ず書きます。(いつのことだか。自分でため息…)
あらためて、凄い作家、凄い作品だったのだなあ、と思います。

お気にかけていただきありがとうございます。^^





管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: NANTEIさんへ

NANTEIさん、お帰りなさいませ。^^
いい旅をなさっていらしたようですね。すてきな記事、また楽しみに
しております。^^

花花花…ですね。
それぞれの季節に咲く花はあるけれど、やはりこの桜の頃のように
爆発的に花々が咲く季節はないと思いますので、私もそぞろ浮かれ出てみました。
この川べりは、花見でバーベキューなどという人たちもいないし、
皆静かにお散歩楽しむ人ばかりで、ゆっくり桜を見ることが出来ます。
一日は花曇りの日に。もう一日は早朝の晴れやかな空の下で撮りました。
朝の花見お散歩はとりわけ気持ちがよかったです。花々も美しいですが
若草が朝日の射すなかでめっぽう美しく。

春はやっぱりいいですね。^^

桜は、何かいろいろなものを背負ってしまいましたね…
ほんとに桜は何か違う生きもの…という感じがします。
それでも、なんだか、桜もやはり、その樹下で、人々が笑いさんざめいて
いると喜んでいるような気がする…

福島県夜ノ森の桜……見る人もいない満開の桜ほど寂しいものはないですね。
そのように感情移入するのも人間の想いこみなのでしょうが、それでも、桜には
こころがあると言いたいような気がします。
夜ノ森の桜たちはおそらくきっと嘆いている…
その下で子供たちの歓声が響いていた日々のことを想っていると思います。

はい…。この頃はお散歩とか庭いじりしています。^^
いろんな野スミレを集めた一角を作ろうか、とか。^^







こんばんは。

息苦しくなるような、花、花、花ですね(^^ゞ

その中で異色と思えるのが桜。

これはもう花ではありませんね。
最近はとみにそう思うようになりました。
あまりにも多く桜にまつわることどもを、
聞いたり見たりした所為でしょうか。
あるいは人生の黄昏に差しかかってきた所為でしょうか。

四足であるいは二足で歩くものの、
哀しい化身のような気がするのですね。
煙るような桜の群を見ていると、それらの息づきが聞こえてくるようで、
なんと表現していいのやら判らない気持になってきます。

一方で爛漫の花の下で浮かれている人々を眺めていると、
なんとも嬉しくなると同時に旅先で出会った村祭り、
その刹那の歓楽と同じ、ある種の悲哀を感じるのです。
そして益々人が愛おしく、益々人が好きになってゆく・・・
これも齢の致すところでしょうか(苦笑

それにしても、福島でふる里の桜を愛でることが出来ない方々。
多分村祭りとも断絶しなければならない今とこれから・・・
それらを思うと、国あるいは国策企業は、
なんと酷いことを強いたのだろうかと、身震いしてしまいます。

せっかくの花撩乱の記事に、そぐわない話をしてしまいました(^_^;)

書斎を出て花を巡る彼岸花さんに、ほっとさせられました(笑

Re: クウ―ママさんへ

おはよう!

ねっ、いいお散歩道でしょう?
それが家のすぐ近くにあるというのがいいでしょう?

うんうん。お弁当もお茶もおねぃちゃんがもう用意してあるから、
クウ―ちゃんとみんなでお散歩しよ♪
きっと、クウ―ちゃんは、おにんぎょちゃんたちをくんくんしてたから、
彼岸花さんの匂いも覚えてくれてると思うな。だから初対面じゃないね!^^
あんまり可愛いから、皆でもう~、なでなでもふもふなでなできゅ~っ♪ 
しちゃうわよ!(笑)

…そうなの。
30分、歩いてくださったのね…。
最初のころはちょっとカメラが揺れるので、見ていて目まいがしてきそう
だったけれど、途中から歩くリズムが一定になって見やすくなりましたね。
良く撮ってくれたなあと思う。
きっと許可をとって最後までこうやって撮ってくださったのでしょうね。
一緒に歩いていると、息遣いと共に、この撮った方の怒りまで伝わってきそうでした。

この30分近くあるいた街…2.2キロというけれど、この家々が、皆、
住む人もない家なんですよね……
幼稚園も美容室も喫茶店も…いろいろあったでしょう…それらが皆奪われてしまった…
信号が点滅するだけの街。ヒヨドリやウグイスの声だけの響く街…

そうなのよね。ソメイヨシノは人が植えて育てて愛でる花。
この人っ子ひとりいない青空の下の桜も悲しいけれど、その名の通り、
夜の桜だけのただ咲く光景は、どんなに寂しく美しいことでしょう。
かつては人々が夜桜を楽しむお散歩もしたろうに…

一緒に歩いていて、私もふつふつと怒りと悲しみがこみ上げてきました。
この映像。皆さんに見て欲しいです。
クウ―ママさん。一緒に歩いてくださって嬉しいです!ありがとう~~~!






Re: しほさんへ

しほさん、こんにちは。お久しぶりです。

ね。いいところでしょう~?
人生でひっこしばかりしていて、土地に執着のない浮草的心性の強い彼岸花
ですが、この川べりの風景だけは愛しています。
四季折々の違った様相を楽しませてくれるから。
そうなの。柵とかそう言ったものがなく、自由に桜の樹下道を歩くことが
出来る。たまにお花見宴会とかしてる人々もいるけれど、こんなに開放的なのに
めったにいないで、いつも静かなんです。
きっと、市民が静かに桜を楽しむというのが、暗黙の了解事項になって
根付いたのかもしれません。
曇った日の午後と早朝の2回に分けて撮った写真ですが、朝早いお散歩は
とっても気持ちがよかったです。
洗われたように鮮やかな緑の土手に朝日が斜めに射して、空は真っ青。
そんな中を桜を見てゆっくり歩くのは最高でした。

一方、『夜ノ森』の桜…
なんと美しくなんと寂しい桜なのでしょう。
つい先日、一部の地元の方々が見に訪れられたようです。
この素晴らしい桜並木を昔のようにはもう見られないようにされてしまった
その理不尽を嘆く言葉が伝わってきました。
30分近くかけて歩く…その桜並木の沿道の家々が…皆、無人の家なんですものね。

これを見て、なお再稼働を急ぐ人々の気持ちがわかりません…
原発圏内30キロほどに住む方々には一度見て欲しい映像だと思います。
『粛々と』再稼働を進める上の方の人々は、何を見せても心動かないのでしょうから。

しほさん、ありがとうございます♪

No title

こんなに素敵な散歩道を持ってるなんてね!
どの時でも気持ちが良いでしょうね。

ちょっと待って! お茶入れて追いかけるから(笑)
突然なんだもの、コンビニおにぎりでいいや。
買ってる間、クウーのリードを持っててね、すぐだから〜
えっ! ちゃんと皆の分を用意してる? はい・お持ちします^^
みんな、行こぉー
・・・・・きれいねぇ〜・・・・・みんな綺麗・・・



桜は、人が愛でての桜ですよね。
そのために植えたんだもの。

信号機だけが点滅する映像の桜の道を、 30分歩いた。 狂いそうでした。

No title

彼岸花さん、御無沙汰してます。
見事な桜ですね。
いい散歩道。

川、土手しかも柵がないのがいいな〜

地元の桜が一番かもしれませんね。

一つ前のも見ましたよ。
名前の由来が分かりました。
多くの人で賑わったでしょうにね。

それでも再稼働って!人間って愚かですね。

Re:やっちゃんさんへ

やっちゃんさん、こんにちは~♪

ね~、ここ、いい散歩道でしょ~。
特に桜の季節はとても嬉しいです。
ソメイヨシノは、もう葉桜になるか、開花が遅かった個体でも、ここ数日の
花腐しの雨に打たれているけれど、これから八重桜が見ごろになりま~す。
八重桜の終わり際頃には、川に鯉のぼりがいっぱい掲げられます。
夜には、濃いピンクの小さな丸い提灯が桜の木にずらっとかけられて、
それらが川面に映っているのはとても美しかったです。
でもな~。3.11後の自粛とか電力不足とかで、提灯、最近かけられなく
なったの~~…。川向うの町会のひとたち…復活させてくれないかな…

私も、お庭少し整理したので、これから草花もうちょっと植えていきたい。
やっちゃんさんの花作り、参考にさせてね♪
ありがとう~~~♪




No title

うわあ~見事ですねえ。
いいなあ、、、鹿児島はとっくに葉桜で、
おまけにず~っと連日雨で花たちはみじめな状況。
降雨量地域の宿命ですが、、、。
外仕事もほとんどできません。

彼岸花さん、どうぞ桜を
存分に満喫なさって下さいネ。
プロフィール

彼岸花さん

Author:彼岸花さん
リンク、トラックバックご自由に。

『しだかれて十薬忿怒の息吐けり』

『南亭雑記』の南亭師から頂戴した句。このブログになんともぴったりな句と思い、使わせていただきます。
十薬とはどくだみのこと。どくだみは踏みしだかれると
鮮烈な香りを発します。その青い香りは、さながら虐げられた若者の体から発する忿怒と抗議のエネルギーのよう。
暑い季節には、この強い歌を入口に掲げて、私も一民衆としての想いを熱く語りましょう。

そして季節は秋。
一足早いけれども、同じく南亭師からいただいた、この冬の句も掲げておきましょう。

『埋火に理不尽を焼べどくだみ荘』

埋火(うずみび)は、寝る前に囲炉裏や火鉢の燠火に灰をかぶせて火が消えてしまわぬようにしておいた炭火などのこと。翌朝またこの小さな火を掻き立てて新たな炭をくべ、朝餉の支度にかかるのです…

ペシャワール会
http://www1a.biglobe.ne.jp/peshawar/pekai/signup.html
国境なき医師団
http://www.msf.or.jp/donate/?grid=header02
最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード