『キャンドル・ナイト 50』

50回目のキャンドルナイトだ。

…自分でもよく続けて来たものだなあと思う。


風邪をひいて熱と身体の節々の痛みでダウン。
ひたすら眠っていたが、キャンドル・ナイトの写真だけはとりあえずアップしておこうと思って、
庭の紫陽花の鉢から、花びらを一つ…いや、これは萼なのだな、萼を一ひら頂戴して、
小さな器に活けた。
紫色に見えるが、実際の色は、もう少し青みが強い。



2015_0511_223343-CIMG4418.jpg



下に敷いているのは、繊細なレース模様のようなものが織りだされている白い厚手木綿の布だ。
梅雨寒の頃に羽織る一重のジャケットでも縫おうかと思って買ってあるが、いまだに
仕立てずにいる。
紫陽花は、花が終わったら地植えにしてやろうと思っている。

母の日にクレマチスの鉢植えを貰った。
大輪の八重咲きの花。 これも青紫色だ。
『キリ・テ・カナワ』と名付けられたクレマチス。
キリ・テ・カナワはニュージーランド出身の名ソプラノ。まさに名花である。


震災から4年と2か月…。
さまざまな複雑な想いや怒りはまだ消えぬ。
だが、だんだんそれを言葉にするのが難しくなっていく……。
今回のキャンドル・ナイトは、ひたすらキリ・テ・カナワのこの美しい歌声を聴いてもらおうか…







セルゲイ・ラフマニノフ『ヴォカリーズ』Op.34 No.14。
スティーブン・バーロウ指揮。ロイヤル・オペラ・ハウス管弦楽団。1994年。ロンドン。











心ひとつに キャンドルナイト






南亭さんバナー②


葉っぱさん、れんげちゃん。NANTEIさん。
今月もバナーお借りします。









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 鍵コメさんへ

鍵コメさん、おはようございます。
温かいおこころづかい、ありがとうございます♪
ご推察くださった通り、記事書こうとしてパソコンには向かうものの、
政治上のことでは、怒りを通り越して虚しさが押し寄せて、つい
黙り込みがちになってしまっています。

毎日の楽しみは、ささやかながら、庭をなんとかしようとあれこれ手を
入れてみていること。半日蔭でもがまんしてくれるお花たちなど、
あれこれ植えています。山野草の菫だけのコーナーを作ったり、
菊もいろんな種類を植えてみました。なかなか大きくならないので心配ですが。
バラにもチャレンジ。
毎朝、ぶ~ん!という大きな羽音をさせて、ムラサキツユクサやシモツケの花粉を
集めに来るハナバチちゃんがいます。黒くてちっちゃくて毛がふかふかしてる。
両脇に花粉の玉を重たげにつけて、夢中になって蜜を吸ってる。
しゃがみこんでそばで見ていても逃げずに夢中でせわしなく蜜を集めています。
その子に会うのがこの頃の毎朝の習慣。いつも微笑んでしまいます。
そうそう。ジャガイモももうすぐ初収穫できそうです。
ちょっとつまんで使うくらいは、と、自分がよく使うバジル、パセリ、
イタリアンパセリ、ディル、なども鉢でささやかに育てています。^^

あとは、わたしも、少し「断捨離」。^^

お話しくださった件。
なんだか暗たんとしますね。
本当は、そういうことにこそお金と人材を本気で注入したいですよね。
ずっと以前の記事にも書きましたが、この国の超老齢化と少子化と借金は
待ったなしの危機状態。
他国の戦争にまで首を突っ込んでいる暇とお金がどこにあるんでしょう…
沖縄の扱いは、本当に絶句してしまいます。
こうやってちょっと書いているとまた怒りがふつふつと湧いてきます。

さあ。悄然と座り込んでいないで、また動きださなくちゃなあ…。

鍵コメさん。ありがとうございます。
だいじょぶです!
かんたんにめげはしません。またばあああっと書きますよ。(笑)

本当にありがとうございます♪





管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: やっちゃんさんへ

やっちゃんさん、今晩は♪

きっとやっちゃんさんも同じようなお気持ちでいらっしゃるんだろうな~って
思いました。^^
怒りをどこにぶつけていいのかわからないのよね~~~…
いろんな重大なことが拙速に決められようとしている今こそ、大きな反対運動が
盛り上がらなきゃ本当はおかしいんだけれど、自分も含め、何かあきらめムードに
陥ってしまっている…
何度繰りごとを言っても仕方ないんだけれど、2年前の衆院選の結果がこれです。
誰も安倍政権を止められない……
しかしなあ…国民のおよそ半数が、このような政権を現実には支持しているのかぁ!
と思うと、怒りを通り越して虚しさにとらわれてしまいます。
それが国民の意志なのか?これでいいのか?

私も、おっきな魚の小骨がのどに刺さってるよ。i-241

そう。なんだかちっぽけだけれど、自分の日々の暮らしをもっと大切にしようかなぁ、
なんて考えて、家の内外の模様替えなどせっせとして過ごしています。
でも、ま、そのうちまた、ばあっときっと怒りの記事書く!(笑)

今日は大分の姪と新宿で会ってきました。
日焼け止め塗っていってたのに、腕に日光アレルギーが出ちゃった。他のアレルギー
ってあんまりないんだけれど、日光アレルギーだけあります。
やっちゃんさんは完全武装でお庭仕事やってるかなっ?
日差しの強さも(インドでひどかったようですしね)、不気味にあちこちで起きている
火山活動や地震も心配です。昨日、ちょっと大きな地震がこちらでもあったのよ。
この頃急に体で感じる地震が増えてるの。
やっちゃんさんも。桜島が何ごともありませんように。

いつもありがとうございます♪




No title

彼岸花さんこんばんわ。

彼岸花さんとクウーママさんの、

「吐露するわけにはいかないものが溜まりすぎてるぞ・・
何にも要らない、平穏だけでいい・・」

「私のこころの中にもマグマ溜まりが出来ている感じ……。 」

ああ、、、お二人とやっちゃんもおんなじだ、、、。
そんな思いです。
吐露したいんだけど、なんでだろう?
なにかがひっかかってる。
魚の小骨が喉の奥にささってるみたいな
チクチクするあんな感じ。

ほんとに平穏が何より幸せです。
おんなじ日々が流れていく。
それを何より望みます。
だけど時として否応なく日常を激変させられてしまう。
口永良部島の人々のように東日本の人々のように。
鹿児島、正直不安が大きいです。
やっぱり桜島の状態がかなり心配。
でもいくら心配してもこればっかりは、、、ネ。
深く考えすぎず、のほほんでいきま~す。



Re: クウ―ママさんへ

クウ―ママさん、こんにちは♪
昨日は雨もよいで肌寒いくらいでしたのに、今日は朝からじりじりと暑いです。
そちらはちょうど良いくらいの気候かなぁ。

『キリキリ鋭さが切っ先少し丸みを帯びてきて、
一息ついて見下ろして見ようか、見上げて見ようか、
前には希望と言う物が見えなくなってきたなぁ・・
吐露するわけにはいかないものが溜まりすぎてるぞ・・
何にも要らない、平穏だけでいい・・』

ああ!クウ―ママさん!
なんて、ぴったりと私の今の心情を言いあててらっしゃるんでしょう!
まさにその通りの状態なの。
いろんな怒りが溜まりすぎている…その吐き出し口が今、みつからないのよ。
あちこちで火山活動が活発になっているこの不気味な日本列島……
縁起でもないけれど、私のこころの中にもマグマ溜まりが出来ている感じ……。

平穏な日々が続けられるということ。
それがどんなにありがたいことか。

気候変動も含め、その平穏な日々がいつか突然奪われることもあるということへの
想像力と畏れは、常に人が心のうちに抱いていなければならないことのように思います。
こころの備えをしておく、ということと、その被害を人為的な理由で重大化
しないようにする、という意味でです。
それは、口永良部島の人々のように迅速に対応出来るということにつながっていくと思います…
火山活動が、一日も早く鎮静化することを願います…。

しかし、自然の脅威を畏れそれに備えるということと、隣国ないし仮想の敵国への恐れから
互いに軍備増強をエスカレートしていくということは、似たようでいて全く違うことだと思います。
戦争に備える、というのでなく、戦争をしないための方策をどこまでも粘り強く追求する、と
いうのでなければ。
この国のありさまは、願わしい方向からことごとく反対方向へ向いて行ってしまおうとしている。
それを止めるすべがないことが、私の絶望を深めています。

毎日、荒れ果てたお庭の世話と、お料理をこれまでよりは丁寧にやっている、
というところかな(笑)。お料理や縫い物の記事もすぐにもアップ出来るところまで
いくつか書いているんだけれど…

キリ・テ・カナワ。皆さんご存じでいらっしゃるんだなあ。
ぼや~っと過ごしてきて、音楽にも映画にも文学にもほんとに疎い私です。
人間の体そのものが素晴らしい楽器なんだなあと、この方の歌う姿を見ていて
あらためて感じます。^^

心配かけてごめんね。
ありがとう。でも、嬉しかったです。あんまりぴったり今の私の状態察してくださるんだもん!
だいじょぶ。彼岸花もどくだみも、強いから。
あ!どくだみの季節だから、記事書かなくっちゃ!!!

No title

体調回復したんですね。良かった^^
50回目の灯りの年月。
キリキリ鋭さが切っ先少し丸みを帯びてきて、
一息ついて見下ろして見ようか、見上げて見ようか、
前には希望と言う物が見えなくなってきたなぁ・・
吐露するわけにはいかないものが溜まりすぎてるぞ・・
何にも要らない、平穏だけでいい・・

この画面のつぶやきが耳に届いて、勝手に解釈したら このように・・
的外れですよねぇ^^

蒸して暑い日々が直ぐに来ますね。
すでにもうでしょうか?
お身体大切になさって下さいね。



言い返しやり返し捨て台詞、人に耳を貸す気は無いけど、自分には時間をとるの当然・・
って、どこかで書かれてる人がいました。
小さなお山の大将なら可愛いのにね。

キリ・テ・カナワの声に、灯りが揺らいでいるようです。
なつかしいなぁ・・

Re: しほさんへ

しほさん、こんにちは♪
おかげさまで、体調の方は回復したようです。暑さにも寒さにも
もわ~っとした暖かさにも弱いという…(苦笑)

この国は、本当に何を目指しているのでしょうね。
『国民の安全と平和を脅かすもの』とは、北朝鮮やC国なのでしょうか。
それよりも、海沿いに何基もの原子炉が密集して立つ日本の原発の津波の危険を
指摘されつつ、『日本の原発は万全の対策を講じてある』という神話を
盾にして何の対策も取らず、事故が起きると『想定外』という言い訳に逃げる
国や電力会社や、自治体の、想像力の無さと無責任体質の方が、よほど私には
怖いです。
地震津波や原発事故の被災地の方々の生活再建や沖縄は二の次。戦争法案成立と改憲と
原発再稼働に前のめりになって突っ走る今の政府。
怒りを通り越してしまいます。

でも、結局、国民のおよそ半数は、それでもこの政権を支持するんだなあ…
他人のいのちの安全や倫理よりも、『経済』なんですね。
株価が上昇して歓迎している人が多いようだけれど、国の借金を増やし
国民の老後を支える年金まで国や公的組織が株に投入して株価の下支えを
している構造は、本当に怖いです。
金融の世界は非情。一部資産家のみが喜ぶ市場操作によるバブルに似た好印象に
浮かれている場合でなく、中小企業や農業の再建、国民の低中流層の生活の
堅実な立て直しに力を注がねばならないと思うのに。

あちこちで発生している火山活動の活発化や地震は怖いですね。
日本列島全体が火山の活動期に入っていると言われる…
それなのに、とにかく原発を再稼働させたい国と電力会社と地元の一部の人々…。
相変わらず、『この道しかない、他の道はない』と思わせる印象操作に躍起です。

キリ・テ・カナワ。そうですか…。^^
私、名前だけなんとなく知っていて、お顔もその歌も知らなかったんですよ(汗)。
音楽に疎い私です。
クレマチスは、母の日に娘たちから貰った時は、すでに花の盛りを過ぎかけていて、
花を長く楽しむことが出来ませんでした。庭に植えかえてやって支柱を立てました。
来年の花を楽しみにすることにしています。^^

しほさん。いつもありがとうございます♪



No title

彼岸花さん、こんばんは。
体調はよくなりましたか?
毎月11日続けてこられ、50回目。
本当に頭が下がります。

「カセツ」と言う中途半端な家に住む人がいて耐えているのに…
民の安寧より戦争することばかり考えてる政治家がリーダーで…

25日の地震大きかったですね。
関東大震災からもう何年経ってるのでしょうか?
関東地方もそろそろ地震の周期が近ずいてるかもしれません。
地震を伝えるアナウンサアーの声に隠せない不安を感じました。

ところで、キリ・テ・カナワはあの世紀の結婚式を思い出させます。
イギリスの皇太子の結婚式です。
あの時はドレスがどうしたと、可愛らしい事がニュースでしたね。

大きな声じゃ言えませんが、右肩上がりはお終いです。
株価が上がるのが不思議です。

Re: MATZ-TSさんへ

こんにちは。
おかげさまで、風邪の症状が抜けました。^^

キャンドルナイト。正直言って、自分のためにやっているような気も
この頃します。月に一度、自分を糺す日になっているような。
月ごとに季節感のことも考えながらささやかにセッテイングする時も、
こころが鎮まっていくのを感じます。

社会は右肩上がりの成長を続けていかなければならない、と思いこむというのは、
一種の強迫観念に似たものではないかと私は思います。
本当にそうなのか?と、一度立ち止まって考えてみる時期が来ているのではないでしょうか。
地球の現実を無視して、その神話をただ信奉するのは、一部の人々かもしれません…
経済の右肩上がりの成長がストップする=江戸時代の不自由な暮らしに戻る、
というような極端なものの言いようが当たり前のように信じ込まれている気が
しますが、それらは一種のプロパガンダによる『刷り込み』なのではなかろうか…

その右肩上がりの経済成長の果てに、数十年後、百年後…
どういう世界を人間が築いているか、という未来図は、実は提供されていない気がします。
『経済発展を信奉する=未来志向』。
それを否定する者は、後ろ向きの考えかたの人間、と決めつけられることが多いようですが、
本当にそうなのでしょうか。
闇雲に、発展を続けることそれのみを追求する先に、実は具体的な地球の未来の姿は
描けていないんじゃないか。
求めるのは、ただ現世の、今ある自分の快楽原則追及、だけのような気がします。
現世においてさえ、同時代に今、地球上に生きる人々の貧困や戦乱、飢餓には
目をつぶっている…
未来の人々への責任や倫理、というような考えが存在しない。

私は人間は『平等』というものをもっと考えていかねばならないと思っています。
と言うと、すぐにお前は共産主義か、中国や北朝鮮がいいのか、という声が
聞こえてきそうですが、そういうことではない。
『平等』を常に人間は理想の一つとして掲げていかねば…実現の努力をして行かねば…、
という意味でです。

庭の草むしりをすると、その晩か翌日、必ず蟻さんたちが家の中に入り込んできます。
今、その子たちを一匹一匹そっとつまんでは窓から外に放ちつつこれ書いています(笑)。







No title

こんばんは.MATZ-TSです.

風邪から回復途上のようですね.よかったよかった(笑).

キャンドルナイト,50回目ですか.キャンドルと祈り・・・ 心が落ち着き,研ぎ澄まされ,そして誰かのために祈る.この祈りの力は不思議だと思う.

経済成長至上主義:20世紀の遺物にしたかったが,まだ我々は成長し続ける必要がある,という思い込みから抜けられない.そのなかで,我々の精神がくたくたに疲れていると感じる. 

キャンドルナイトのように,安らかな精神を取り戻す時間と空間と灯りが欲しい.

Re: 杉井さまへ

ご訪問とコメント、ありがとうございます。
お誉めいただき恐縮です。
もっといろいろな記事を自由にこころ楽しく書きたいのですが、
願う方向とは違う方へ方へと進んで行く世の中の動きに、少し元気を
なくしているこの頃です。
またぽつぽつ書いて行きたいと思っています。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

ありがとうございます

はじめてブログを拝見しました。
素晴らしい記事に感動いたしました。
広い範囲の話題。
そして何より優しい心で、問題を見つめる目。
素晴らしいです。
これからもおじゃまさせていただきます。

Re: NANTEIさんへ

おはようございます。

50回。師匠も、回を重ねられていらしたわけですね。私も、それだけバナーを
使わせていただいたことに…
このところ政府は、さらに、福島への住民の帰還の時期を早めようとしている
動きが露骨に見えますね。除染が『充分』どころか殆ど安全とは言えない中でも、
とにかく早く帰らせて、「はい、終わり」ということにしたくてたまらないのでしょう。

私も、50回というキリのいいところで…と考えないわけではなかったのですが、
小さなろうそくちゃんもまだ50本…燃え残りを含めるともっとあるし、^^
とりあえず続けられてるところまではやはり続けてみようと思いました。

キリ・テ・カナワ。
そうですか!
そんな思い出がおありの歌姫でいらしたんですね。なんだか嬉しいなあ。
バーンスタイン自らの指揮によるウエストサイドストーリー。
キリ・テ・カナワとホセ・カレーラスのマリアとトニー。凄い組み合わせですね。
見てみたいです!
私は、クレマチスについた札に『キリ・テ・カナワ』と書いたその名が
歌姫に捧げられ冠せられたものだな、ということはわかった程度で、その
歌声もお顔も知りませんでした。
調べてみて、なるほどこの大輪の花にふさわしい気品ある方だな、と。
モーツアルトなどのもいろいろ聴いてみて、どの歌を取り上げようかなと迷って、
最終的にはヴィラ=ロボスのアリア(カンティレーナ)
https://youtu.be/oOA4PGzP1xA 
とどちらにしようかな、などと迷ったのですが、この『ヴォカリーズ』が一番、
何かこの日の祈りの気持ちにぴったりくる気がして選びました。
そうなんです。勉強ついでに、『ヴォカリーズ』も、いろいろな名歌手たちの
歌唱も聴いて見たのです。それぞれが素晴らしい声、素晴らしい歌唱で
それぞれに魅力がありましたが、何かこの、キリ・テ・カナワの歌には
精神的なもの、といいますか…深い哲学的なものを感じて。
ただ歌声がきれいとか、巧いとか言う以上の何か精神性を感じたのです。

『鎮魂歌のように沁みる』

まさに!私もなにかこう、祈りのような深いものを感じたのです。
わあ。なんか嬉しいなあ…
上記、ヴィラ=ロボスのブラジル風バッハも素晴らしいですからよければどうぞ。^^
こちらも、ただ美しい、という以上の何かを感じる歌唱です。涙が出てきそうになります。

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン。
楽しかったです!♪
来年がまたもう楽しみです。
音楽はいいですね。3.11直後のように…そして今のように…語る言葉を
失くしたような想いの時には、素晴らしい音楽は、何よりも心に深く沁みていきますね…

ありがとうございます!




こんにちは。

五十という月を重ねて、いよいよ風化の一途ですね。
人心は風化しても、河川や海はいよいよ深刻な状態に追い込まれています。
「諦め」を余儀なくされている方々は、ますます置き去りにされて。

自らの風化に抵抗するためにも、せめてこの日、
生涯にわたって物申したいと思っています。

ときどき、何をしてるんだろうと自問しながらも・・・

キリテ・カナワさん!
なんて素敵な方を載せていただいたことか。

実は宝物にしている録画映像があります。
初めてビデオデッキを買い、VHSテープを用意して、
さて何を撮ろうかと思っていたら、
彼女が出演するドキュメンタリー番組を見つけたのです。

それはバーンスタイン自らが指揮、監督する「ウェストサイドストーリー」。
そのスタジオ録音の一部始終でした。
もちろんヒロインのマリアがキリテ・カナワさん。
トニーにはホセ・カレーラスという、痺れるようなキャスティングで、
感激ひとしおなんてものじゃないほど、身震いするような番組でした。

それからは、テープが擦り切れるほど見ましたね!
キリテ・カナワさんは、ソプラノというよりメゾに近いふくよかな声で、
バーンスタインも至極満足そうで、ダメだしは殆んどなかったようです。

代わりにホセ・カレーラスは何度もNO!を突きつけられて、
腹を立てたホセがスタジオを飛び出してしまうという、
スリリングなシーンもありました。

いやはや、全てのシーンがありありと蘇りました^^

今回の『ヴォカリーズ』。
初めて聴かせてもらいました。

深みのある歌唱が、まるで鎮魂歌のように沁みてきました。
よくぞ載せていただいたものと、感謝します。




プロフィール

彼岸花さん

Author:彼岸花さん
リンク、トラックバックご自由に。

『しだかれて十薬忿怒の息吐けり』

『南亭雑記』の南亭師から頂戴した句。このブログになんともぴったりな句と思い、使わせていただきます。
十薬とはどくだみのこと。どくだみは踏みしだかれると
鮮烈な香りを発します。その青い香りは、さながら虐げられた若者の体から発する忿怒と抗議のエネルギーのよう。
暑い季節には、この強い歌を入口に掲げて、私も一民衆としての想いを熱く語りましょう。

そして季節は秋。
一足早いけれども、同じく南亭師からいただいた、この冬の句も掲げておきましょう。

『埋火に理不尽を焼べどくだみ荘』

埋火(うずみび)は、寝る前に囲炉裏や火鉢の燠火に灰をかぶせて火が消えてしまわぬようにしておいた炭火などのこと。翌朝またこの小さな火を掻き立てて新たな炭をくべ、朝餉の支度にかかるのです…

ペシャワール会
http://www1a.biglobe.ne.jp/peshawar/pekai/signup.html
国境なき医師団
http://www.msf.or.jp/donate/?grid=header02
最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード