『キャンドル・ナイト 51』

ああ…
スポンサー・サイトが表示されてしまった…


どくだみ荘には、今、いつものこの季節のように、どくだみの白い花が咲いている。
51回目のキャンドル・ナイト。
また、今年の6月も、どくだみの花を摘んできて、小さなろうそくに添えよう。



2015_0611_211339-CIMG4585.jpg







2015_0611_184458-CIMG4581.jpg





どくだみを挿した器は、カワセミをかたどった香合の、底の部分だ。
可愛いでしょう。






                   2015_0611_212039-CIMG4590.jpg




カワセミの美しい色を持たない子。
せめて涼しげな笹模様の絽の生地の上に置いてみる。



ずいぶん、ぷく~っと黙り込んでいたものだけれど、今怒らないでいつ怒る。
今日からまた、記事書いていきます。










心ひとつに キャンドルナイト






南亭さんバナー②


葉っぱさん、れんげちゃん。NANTEIさん。
今月もバナーお借りします。







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: しほさんへ

しほさん。こんばんは!
お待たせしてすみません!i-241
スポンサーサイトが出ているのは、親しいお友達のところに行って見ると
とても寂しいものですよね。
でも、そのスポンサーサイトが自分のところにも出てくるのは、さすがに
自分で自分が寂しく。とりあえず急ぎキャンドルナイトで復活、ということに
しました~。

あ♪ しほさんも小さなろうそくを。 ^^
これからは、『今頃、しほさんも灯してらっしゃるかな』って思えますね♪
小さな炎の温かみがきっと増すわ。^^

最初からの行きがかりで、毎月いろいろセッティング考えてみたりしているけれど、
そんなのなしで、小さなろうそく一本灯すだけ…そんなシンプルもいいかなって
このごろ思います。ろうそくの明かりだけで美しいんだもん…

復興の掛け声はどこへやら。
福島に関しては、除染の効果も疑わしいところへただひたすら住民たちを戻そう戻そうと
する動きばかりですね。
国のエネルギー政策も、まるで原発事故などなかったかのように、原発回帰。
国民の安全とか平和とか、って、どっち向いて言ってんの!と言いたくなりますね。

さあて。また書いていきま~す。
またよろしくお願いいたします♪






Re: 愛希穂さんへ

愛希穂さん。こんばんは。

随分長いこと黙りこくっていてご心配おかけしました。
絶望が深かったのです。
誰が何を言おうが、どんなに批判されようが、絶対的多数を衆参両院において
得ている現与党には、今も何も怖いことはないです。
その力を私たち国民は、このろくでなし政権に賦与してしまった!
選挙がすべてでした…。

この醜悪な政権…それを止めることの出来るものが誰もいない…
日本という国が戦後70年培ってきたものは何だったのか…
一人の政治家の妄執に引っ張られて、そうやすやすと国のかたちまで変えられてしまって
日本人はそれでいいのか?それを望むのか?…
行くところまで行ってしまわないと、今行われようとしていることの恐ろしさに
気付かないのか?…

そう思って絶望していたけれど、ここで黙っていてはダメ。
そう思いなおして、またブログに向かうことにしました。

積もり積もった怒りを、文章化していくのにはおそらく相当気力を要します!
でも、意見を表に出さなくっちゃね。
またよろしくお願いいたしま~す。



No title

本当に!
更新待ってました。

真似て一人で小さなロウソクを灯しました。
そして、家族に 4年と3ヶ月 だねと…

No title

こんにちは。

あ~よかった。
11日はきっと更新されているはずと思って伺うと、スポンサー・サイトが表示されて、「体調を崩されているのかしら」って思っていました。

でも、こうやって更新されてホッとしています。

色々なことが起こって、疲れを覚える時があります。
「いい加減にしてほしい!」って思います。
でも、見るべきことは見ていないといけないのですよね。

プロフィール

彼岸花さん

Author:彼岸花さん
リンク、トラックバックご自由に。

『しだかれて十薬忿怒の息吐けり』

『南亭雑記』の南亭師から頂戴した句。このブログになんともぴったりな句と思い、使わせていただきます。
十薬とはどくだみのこと。どくだみは踏みしだかれると
鮮烈な香りを発します。その青い香りは、さながら虐げられた若者の体から発する忿怒と抗議のエネルギーのよう。
暑い季節には、この強い歌を入口に掲げて、私も一民衆としての想いを熱く語りましょう。

そして季節は秋。
一足早いけれども、同じく南亭師からいただいた、この冬の句も掲げておきましょう。

『埋火に理不尽を焼べどくだみ荘』

埋火(うずみび)は、寝る前に囲炉裏や火鉢の燠火に灰をかぶせて火が消えてしまわぬようにしておいた炭火などのこと。翌朝またこの小さな火を掻き立てて新たな炭をくべ、朝餉の支度にかかるのです…

ペシャワール会
http://www1a.biglobe.ne.jp/peshawar/pekai/signup.html
国境なき医師団
http://www.msf.or.jp/donate/?grid=header02
最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード