明日。
行ってこようと思います。



6.14集会





20150614A.png




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 鍵コメさんへ

鍵コメさん、こんにちは♪

本当に、脱原発も戦争法制も、改憲も、TPPも、願わぬ方向にばかり進んで
いきますね。なぜこんな政治を許してしまったのか…
ほんとに気が重い毎日です…

田植えですか!
私も経験してみたいです。生まれたのは農家なんですが、私が4歳の時
一家は町に出たので、自分じゃ農業の経験がない。
でも、わたしの体には、村娘、山の娘の血が流れているといつも思います。^^
田植えの頃の田んぼの泥の、足の指の間からにゅるっとする感じも知っているし
青田を渡る風、収穫の時の素晴らしい稲の香りも、みんななぜか体が知っている…

でもね。それが生業という方々には、こんな暢気な言い草、怒られちゃいますね。^^
TPPも私は本当に心配です。

件のコメントさん。(笑)
ほんとですね。暇人だなあって思いますね。あれでも少しパターンもいろいろあって
変えてるみたいなんですけれど。
私は携帯電話殆ど使わないので、迷惑メールなどもほったらかしにしてるんですが、
あれもまあ、ほんとに手を変え品を変え、なんとか誘導してクリックさせようと
よくまあ、考えるもんで。(爆)

まだまだ鬱陶しい日が続きますね。鍵コメさんもどうぞお体お大事に。
いつもありがとうございます!



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: お一人目の鍵コメさんへ。再度。

はあい。
頼ってくださ~い!
なんでも用事言いつけてね。
私もすっごい楽しみですぅ。
うんうん。気長に構えて応援していきま~す♪

私もなんか頑張らなくっちゃって元気もらったワンv-522


Re: お二人目の鍵コメさんへ

ぁりゃりゃ。偶然だなぁ、妹二人から鍵コメだ~い。^^

妹たちが頑張ってるっつうのに、おねぃちゃんはね、記事も書かないで
お庭いじりとか、ケーキ作ったりとか、いつになくしおらしくおうち仕事してま~す!(笑)
でも、妹たちに刺激されて、勉強意欲が湧いて来たぞ。^^
直接応援は出来なくても、ここで記事かいてりゃ、それも一つの応援になるかなぁ?^^

え~っ!
字のこと、ぜんぜん気がついとらんかった!(爆)

ドンマイドンマイ。おねぃちゃんもよくやるよ。
自分で読みなおしていて気がついたときは、3年4年前の記事でも、慌てて直しています。
もうめんどくさくてそのままにしておくこともあるし。
いっちばん恥ずかしかったのは、…ふふふ。いっぱいあるからどれにしようかな(笑)。
うんうん。気がついたら言うね~。鍵コメさんも気がついたら教えてね。^^

今日はこちらはひさしぶりの晴天です。
大雨にはなってなかったけど、しとしと雨とかぱらぱら雨の日が続いてた。

睡眠だけはちゃんととって下さいね~。
食べる方のことは、言わなくてもちゃんと食べる、かな?(笑)
でも、体が第一だから、疲れたら休んでね。
応援してま~す♪



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: お一人目の鍵コメさんへ

わあわあ!
今大興奮してそっちへすっ飛んで行ったけど、今戻ってきてよく見たら、
『来年・月』って書いてありましたね。(笑)
しめた!じっくりお手伝い出来るぞ。^^
もっちろんですとも。もうなんでもやっちゃうし、大の大の大歓迎よ。
鍵コメさんのイメージ作りのお邪魔しない程度に、なんでもお手伝いしちゃうから、
アシスタントだと思ってなんでも言いつけてくださ~い!

ふふふ。わ~い♪
ふふふ。にこにこ♪
ふふふ。わくわく♪
わ~ん。うれぴいよ~ぅ♪



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 鍵コメさんへ

鍵コメさん。こんにちは。

わあっ!それはそれは嬉しいです!
こちらこそ勇気をいただけます!

実は私も、絶望の想いが深く、デモにもしばらく行っていなかったんです。
だけれど、『いたたまれない気持』…まさに私も同じ気持ちで、
久しぶりに国会前に行ってきました。

その日は渋谷でも、若い人々のデモ行進があって、数千人規模で、あの
賑やかな渋谷駅周辺を長い隊列作って声上げ歩いてくれたようです。
デモ初参加の若い方もたくさんいたんじゃなかったでしょうか。
デモ参加人数の届け出は、当初数百人、と主催者は予測していたらしいです。
しかし、結果は数千人に増えた…飛び入り参加もあったようです。

それではあの日。
鍵コメさんと、国会周辺のどこかですれ違っていたかもしれませんね。^^
嬉しいなあ…
コメント、ありがとうございます♪ ほんとに私の方があらためて元気を
いただいたように思います。ありがとうございました。

Re: stanislowskiさんへ

stanislowski さん、こんにちは。

おっしゃる通りですね。
私も、同じような堂々巡りとあきらめ回路に陥ってしまっています。
デモに行ってもパブコメ出してもブログ書いても、小さな声は届かない…
選挙で安倍政権のようなものは追い落とすしかないのですが、その選挙が…!
先の衆院選参院選の結果がすべてでした!

いろいろ自分で慰めは言ってみます。投票率が低かったからだ、とか
(参院選は雪で投票に行けない人も大勢いたでしょうし)、選挙制度がそもそも
まずいのだとか…。
でも、そんな言い訳をしてもなんにもならない。
要するに、世論調査の安倍支持率に見る通りに、40~50%の人々は、
福島の事故を見ても、安倍政権の考えられないような姑息なやり口を見ても、
自分に直接の害がないか或いは利益が得られる限りは、安倍政権支持なのです。
福島の民を現実的に見棄ててしまうことも、大震災・津波の被災地の復興の遅れも、
戦争法案も、国民の主権を奪おうとする恐ろしい自民党憲法案も、
日本の守るべきインフラを壊してしまうアメリカ巨大企業からの経済侵略、
とも言うべきTPPも、派遣法改悪も、将来を担う国民を育てる教育への過介入も…
要するに、株価が上がって一見経済が好調に動いているように見えれば、
『経済回復』という幻想の前では、すべて些細なことに思えるのかもしれない…

戦中の魑魅魍魎の復活を想わせる『日本会議』等のあからさまな動きの活発化も、
良識ある人間の発する言葉とも思えぬヘイトスピーチも、…安部政権下で
勢いを得た来たものです。

日本はいったいどこへ行こうとしているのか?どこへ行きたいのか?…
日本のかたちが根底から変えられてしまおうとしているのだがそれで本当にいいのか?!!!

でも、その不安な想いを託す政党がありません。

行き所のない想い、ぶつけようのない怒りは、やがてあきらめへと繋がっていきます…
おそらく、日中戦争の頃も、多くの国民が不安を抱き、これでいいのか?と思っていたでしょう。
でも、国民の軍国教育が徹底し、思想統制が苛烈になっていくに従って、心ある人々も
だんだん黙り込んで行きました……

2年前、火野葦平などの戦争文学で、日本人が通って来た道を辿りなおし、
二度と同じ道を歩かないように、と願っていた私ですが、今、戦前とりわけ戦中に、
もの思う人々がどのような思考回路に陥ったかがすごくよくわかるようになってしまいました。

怒り。悲しみ。
それらを通り越すと、人はあきらめの境地に陥ってしまうのですね。そして黙り込む…。
最悪なのは、共に闘うべき人々が内輪もめを始めることです…

何度も記事書こうと私もパソコンに向かってはみたけれど…、虚しさが先に立つんです。
書きかけの記事がいくつあることか。
stanislowskiさんのお気持ち、すっごくすっごく…痛いほどわかるように思います。
stanislowskiさんは、日本を遠く離れておいでですからなおさら、歯がゆい想いは
強くておいでのことと思います。
でも、おそらく、ほんとに多くのかたが、同じような気持ちでいることと思います。

おっしゃるように、教育の力で、国民を育てていくしかないと、わたしも思います。
日本人は、自分たちに与えられた現憲法の有難味を、本当には知らないのじゃないか。
現憲法は、9条で戦争の放棄を謳っている、それだけのものなんかじゃありません。
人が人として生きていくための…その根本のところの諸権利をきちんと謳ってくれて
いるものです。
でも、現安倍政権は、その憲法を、自分たちのくだらない低劣な思想の改憲案で
書き換え、国民主権ではない、『初めに国家ありき』の軍国主義的と言っていいものに
変えようとしている。
そしてわたしが最も恐れるのは、この政権がすでに言論機関と教育を手中に
入れてしまおうとしつつあることです。
その二つは、国民が正しくものを考え判断していくために決して特定の権力に
譲り渡してはならないものです。
それがすでに…侵されつつある…

『教育システムから変えないと問題意識も生まれないと思います。
国策として、エネルギー問題や農業・環境、時の政権や利権に囚われない、様々な問題を多様な方向から見る目を養う。

いまの世の中、人々の物事を深く見る目が無くなっています。見た目の華やかさ、スーマートさ、浅はかなストレートさが物を言う。そこを切り崩したいんですけどね。根が深い・・・』

ほんと。ほんとにおっしゃる通りですよね。
安倍政権のようなものが復活してそれを国民が選ぶということ。
それは、ただ、今、問題が生じたということではないと私も思っています。
『根が深い』。その通りなんです。

でもね。法曹関係の人々が今回、頼もしい声を上げてくれています。
若者たちの一部も、安倍政権のやり口のあまりのひどさに、声と行動を起こしつつある…
私も『今、黙っててどうする!』と、自分を叱咤しています!
これからまた、書いていきます。
どうぞ、またこれからもいろいろ教えてくださいね。
ありがとうございます♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

私はどうしていいか分からず考えています。「行動を!」いう基本は全てしている。デモや集会へ参加、選挙投票。
ブログで意見を投じてみても、もっと意識を変えて欲しいと望む人たちへ何の変化ももたらしておりません。そんな人は先ず私のブログに来ない。苦笑。
ブログでいつも同じ仲間と同じような事を話し合うのも疑問に思えてきました。
私がしているのは自己満足なのか?と、あちら側の人が望むような思考回路に陥ってます。

私は地道に自分の権利を守ろうと思います。でも、それには私の一票だけでは足りない。関心の無い人へ広告宣伝がうまくできればいいのに。

昨日、3カ国国境付近にあるの老朽した原発の反対デモに行きました。当事者であるベルギーの人の姿は無かったかもしれません。一番がドイツ、続いてオランダです。私の知人、ベルギー人は4年前の福島原発事故も知りませんでした。日本の漫画は大好きなんだけどね・・・

教育システムから変えないと問題意識も生まれないと思います。
国策として、エネルギー問題や農業・環境、時の政権や利権に囚われない、様々な問題を多様な方向から見る目を養う。

いまの世の中、人々の物事を深く見る目が無くなっています。見た目の華やかさ、スーマートさ、浅はかなストレートさが物を言う。そこを切り崩したいんですけどね。根が深い・・・

Re: お二人目の鍵コメさんへ

鍵コメさん。ありがとうございます!
はいっ!雨対策、暑さ対策しっかりして行ってきますね~!
警官隊の誘導で、国会前の狭い歩道に押し込められると思うので、
人の熱気と湿気で蒸し風呂状態になるんじゃないかなと覚悟しています。
水分補給忘れないようにしなくっちゃ。
それでもね、そのくらい人が集まってくれればいいな、と思っているんですが。

はい!気をつけて行ってきますね~。
ありがとう~~~♪


Re: やっちゃんさんへ

やっちゃんさん、こんばんは~!
私も久しぶりの集会です。
昨年一年、その気力も失せていた…
リベラル勢力と思われる人々の分断や、そのリベラルへの批判などをずっと見て、
ひたすら悲しかったのです…
でもね、どのグループとか何だとか私には関係ない。とにかく今は結集しなくちゃ、
行ける者が行かなくっちゃと思って、これからは出来る限り顔出ししたいなと
思っています。
というか、理屈なんかどうでもいい、それくらい腹が立ってる。

明日はね、デモ行進は若い人々が渋谷でやるみたいですよ。^^
私の行く国会前は、また、ご老人組が多いんだろうなあ…
もう、世代とか、細かい主張や運動方針の違いとか、そんなこと超えて、
たくさんのひとに結集してほしいなあ。
でもね、おそらく、国会前の道路や官邸前の周辺は、機動隊の封鎖や誘導がひどいだろうと
思う。警官隊が歩道を封鎖して、集まってきた人々が近くに立ち入れないように
してしまうのよ。正直で素直な老人たちは、警官隊の誘導通り、国会前や
官邸から遥かに離れた暗い歩道で、中心の方じゃ何やってるのか聞こえない
わからないまま、おとなしく立ちつくしている、というのが、この頃の集会の常でした。

要するに、上空から写真撮っても、抗議の人々が大ぜい集まっているように見えないように
分断しちゃうの。いることを許される歩道も、例の三角コ―ンで三分の一くらいは
区切られて、集会参加者たちは木立の下の三分の二くらいのところに、汗びっしょりになって
くっつきあって立ってるの。汗の膚がぺっとり触れあうし暑いしでも見動きは出来ないし、
夏場は大変です。
でも、今の日本人はおとなしい。かつてゲバ棒持って激しく戦った若者たちも今は老人。
私も含め、文句も言わないで警官隊の誘導に従ってるというのが実情…。
木立がね、また、上空から撮影した時、集まった人々の姿を隠してしまうから、
参加者は余計少なく見えるようになってるのよ。i-241

でも、そんなこともどうでもいい。とにかく枯れ木(枯れ婆 ^^)も山の賑わいと
思って、行ってきます。
は~い!気をつけますね~。
ありがと~ぅ♪


Re: 鍵コメさんへ

鍵コメさん、こんばんは。

はい、明日は行ってこようと思っています。
明日は渋谷でも若い人たちが集まるらしい。
今日は、東京臨海公園で、集会が行われたようです(共産党系?)。
明日のは、大江健三郎さんなど、『さようなら原発1000万人アクション』と
ほぼ同じ顔ぶれの主催のようですが、ばらばらにやらないで、同じ日に一個所に
結集してほしいなあ!
とにかく数の力を示すこと、それがいちばん大事なのに、こうばらばらじゃあ…
そのことも、私のこころを沈ませてしまう一つの原因なのですが!
…でも、そんなことさえ言ってる場合じゃないと思って、とにかく行ってきます。
渋谷組とも合流して、とにかく明日、たくさんのひとに集まって欲しいです。

自分の体調やおうちの事情で、思うように動けない時は、本当に悩ましいですね。
私も、この一週間ほど前から、つれあいを車椅子での外散歩に誘っています。
歩けるだけとにかく歩いてもらって、疲れたら車椅子に乗るようにと。
でも、車椅子を病院内で押すのと、街で押すのは大違いですね。
乗ったひとの体重が加わると、ほんの4,5センチの段差でも、私、車椅子で
越えられないんです!要領がまだ悪い上に非力なもんで。
歩道が極端に斜めに削られて坂になっているところなども、そっちに
引っ張られそうになって本当に怖いです。
街に出てみると、体の不自由な人にとってどんなに道路事情が悪いかということ
改めて実感させられますね。

自分で意識せず、相当力入れて歯を食いしばっていたのでしょうか、翌日から
歯ぐきというかなんか口の中が凄い腫れあがって、そのために熱が出て、
ほっぺたがぷくっと腫れて、顔が変形。固いものも食べられなくて流動食。
この一週間、自分が病人みたいになってしまってました!
我ながら、それしきのことで、だらしないなあi-238

介護をお仕事になさる方々に改めて尊敬と感謝の思いを強くしましたよ~~~!

でもね、昨日かな、政府は、病院の病床を一割かな減らす目標を出しましたね。
団塊世代が全員75歳以上の後期高齢者になる2025年の時点で、全国の医療機関の
入院ベッド(病床)数を現状の135万床より1割以上削減できるとする推計を
まとめたそうです。
高齢化に伴う国民医療費の高騰が続くなか、入院治療の効率化で医療費の抑制を図り、
在宅療養への転換を目指す、のが目的でしょうが、それって要するに、
在宅医療で家族の負担が増すということですよね。そのしっかりした支援策や
人的資源、財源などの構築が追いつかないまま、非情な制度だけがまた
先走りしそうですよ。
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1434095215/

その上、自民党改憲案では、家族の支え合いを文言として謳っています。
家族が支え合うのは、当たり前のことです。でもそれを憲法の条文に書きこんで、
それを義務化し、一方で公的支援の方は縮小していくという、意図が読めなくない
条文です。

…本当にこの政権は、ろくでもないことばっかり。
明日は、その怒りをぶつけてきますね~!
鍵コメさんの分も、声上げてきますよ~。^^
看病疲れなさらないよう、ご自分のお体も大事になさってくださいね。
ありがとうございます!




私には

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

彼岸花さんいってらっしゃい!

以前の原発デモの時は、なんだかんだいっても、
かなり整然としてたデモだったと思います。
今回のはどうでしょうか、、、?
やっちゃんもこれはまだ経験なくて。
どうかくれぐれも気をつけて。
お天気が良かったらいいのになあ、、、。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

彼岸花さん

Author:彼岸花さん
リンク、トラックバックご自由に。

『しだかれて十薬忿怒の息吐けり』

『南亭雑記』の南亭師から頂戴した句。このブログになんともぴったりな句と思い、使わせていただきます。
十薬とはどくだみのこと。どくだみは踏みしだかれると
鮮烈な香りを発します。その青い香りは、さながら虐げられた若者の体から発する忿怒と抗議のエネルギーのよう。
暑い季節には、この強い歌を入口に掲げて、私も一民衆としての想いを熱く語りましょう。

そして季節は秋。
一足早いけれども、同じく南亭師からいただいた、この冬の句も掲げておきましょう。

『埋火に理不尽を焼べどくだみ荘』

埋火(うずみび)は、寝る前に囲炉裏や火鉢の燠火に灰をかぶせて火が消えてしまわぬようにしておいた炭火などのこと。翌朝またこの小さな火を掻き立てて新たな炭をくべ、朝餉の支度にかかるのです…

ペシャワール会
http://www1a.biglobe.ne.jp/peshawar/pekai/signup.html
国境なき医師団
http://www.msf.or.jp/donate/?grid=header02
最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード