『いいなあ!栄村!』


最高だ♪




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 佐平次さんへ

佐平次さん、こんにちは♪ はじめまして。

おお、長野ご出身でいらっしゃいますか。
長野は昔から教育県。いろんな意味で意識の高いところですよね。

でも、そのこととはまた別に、なんとも自然体の、でもインパクト十分なデモ。
私もすっかりこの映像が気に入ってしまって、何度も見ています。
見るたびににっこりしちゃいます。
栄村。ほんとにいいなあ! ^^

ご紹介くださるとのこと。どうぞどうぞ♪
嬉しいです。よろしくお願いいたします♪
ありがとうございます!

No title

こんにちは、長野は故郷、ぐっときました。
この動画を拙ブログにも拝借させてください。

Re: しほさんへ

しほさん、こんにちは~♪

ね!これ、いいでしょう~~~?
そう言ってくださって、すごく嬉しいです。いつも本当にありがとうございます。^^

実はこれに関連して、思うところは、たぶんまた、いつもの長い記事が3つ4つ
書けそうなくらいあるのですが(爆笑)、なにしろとほうもなく長い理屈っぽい記事を
続けて来たので、自分自身も息切れ。
読む方は(多分あまりいらしゃらないでしょうが。涙)まして苦痛でしょうと
思いましたので、私にしては珍しく抑制的な紹介にとどめました(笑)。

その方が、実際なんとも言えないおかしみとインパクトがあってよかった、と
自分でも思っています。
なんか、ほのぼの~っとしちゃいますよね。
この背景に関し私が思うことというのは、また別のところで別の機会に書いていこうかと
思っています。

長野県下水内郡栄村。人口1,961人。
いいですよね~~~♪

No title

本当に!
YouTubeで見るより彼岸花さんの一言が付いてより一層いいですね。
りきまず、言うべき事は主張してすごくいいです。

軽トラに敬意を払いたくなります。

Re: junkoさんへ

Ciao♪ junkoさん

はい、どうぞどうぞ。よろしくお願いいたします。
なんでだか、この映像ね、私も何回も見てしまいます。
朝からずっと考えてるんですけれど、この短い映像の中に、何か本質的なもの…
日本が今、本当に求めているものの答えがあるような気がします。

その曖昧な何か、をきちんと捉えてみようと今、しきりに思考中。^^
まとまったら、また記事にしてみますね~♪

いつもほんとにありがとうございます!

No title

見れば見るほど、、いいなああ、、と

彼岸花さんのブログと一緒にこの動画拡散させてもらってもいいですか?

Re: junkoさんへ

Ciao junkoさん♪

ね?これ、いいでしょ~~~? ^^^^
ほんとはね、この背景にある長~い歴史の説明を、つけ加えようとしてたんですが、
余計な説明などいらないかな、と思って、とりあえず画像だけ載せました~。

何度見ても、なんか楽しくて笑っちゃう。
なんか、いいですよね~~~♪

このパワー、このゆるやかさ、脱帽です!(笑)

いいなあ!長野県栄村!

junkoさん、ありがとう~~~!

Re:鍵コメさんへ

鍵コメさん、こんばんは♪
鍵コメさんは、何もかもお見通しですね!(笑)

実はこの記事、書き途中で、この後、栄村から阿智村に話を移し、
満蒙開拓団、…さらには、平岡ダムにおける朝鮮人中国人たちの
強制労働のこと~それから世界産業遺産問題~それから、つい先ごろ、
24日の朝日新聞記事だったかな、旧三菱鉱業と元中国人の強制労働被害者との
和解見込みの記事にまで話を膨らませようかな~~っ?!、と考えていたんです。
でも、またとめどもなく長くなりそうだし、『この国の行方』も書き途中だし、
この映像だけの方が、きっとインパクト強いだろうし(爆)皆さんにも見て
いただきやすいだろうし、止めることにしたんです!(笑)

もちょっとは情報付け加えるでしょうが、満蒙開拓団のことは、きちんと
それだけで記事にしたいので、今回は話を膨らませないことにします。

ほんとに、お見通しの通りでやんす!(爆)

No title

Ciao 彼岸花さん
うわーーーーいいなああ
鳥肌がたちました

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

彼岸花さん

Author:彼岸花さん
リンク、トラックバックご自由に。

『しだかれて十薬忿怒の息吐けり』

『南亭雑記』の南亭師から頂戴した句。このブログになんともぴったりな句と思い、使わせていただきます。
十薬とはどくだみのこと。どくだみは踏みしだかれると
鮮烈な香りを発します。その青い香りは、さながら虐げられた若者の体から発する忿怒と抗議のエネルギーのよう。
暑い季節には、この強い歌を入口に掲げて、私も一民衆としての想いを熱く語りましょう。

そして季節は秋。
一足早いけれども、同じく南亭師からいただいた、この冬の句も掲げておきましょう。

『埋火に理不尽を焼べどくだみ荘』

埋火(うずみび)は、寝る前に囲炉裏や火鉢の燠火に灰をかぶせて火が消えてしまわぬようにしておいた炭火などのこと。翌朝またこの小さな火を掻き立てて新たな炭をくべ、朝餉の支度にかかるのです…

ペシャワール会
http://www1a.biglobe.ne.jp/peshawar/pekai/signup.html
国境なき医師団
http://www.msf.or.jp/donate/?grid=header02
最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード