『新春のご挨拶 '16』 




2015_1222_232925-CIMG5703_20160102013721dd9.jpg







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: Lily姫さんへ

Lilyちゃあん!
あけましておめでとうございます♪♪♪

本当に暖かいお正月でしたね~~~。^^
でも、カレンダーのね、曜日のぐあいがね、学校やお勤めの方々には
ちょっとあまり好都合じゃなかったですね~。
もっとのんびりなさりたい方が多かっただろうなあ。
Lilyちゃんも早速学校始まるのかな。

ほんと。生まれたてホヤホヤの2016年。どんな年になるのでしょう。
いい年になってほしいなあ!

Lily姫さんとご一家の皆様にとって、この年がすばらしい年となりますよう
心からお祈り申し上げます。
身体には気をつけて、今年をますます充実した年になさってくださいね。^^
いつも遠くからだけれど応援してるよん♪ ^^


Re: NANTEIさんへ

NANTEIさん。
遅ればせながら、新年おめでとうございます♪

師匠に、健康には気をつけなさいよ、といつも温かいご忠告をいただきながら、
早速やっちゃいましたよ~~~!
と言っても、風邪ではなく、自律神経失調症というのでしょうか、
4日の朝から、めまいと吐き気で起きられず。
3が日は割合元気で食べたり飲んだり、テレビ見て彼岸花流辛口批評会やって
娘たちにあきれられたり(笑)してたんですが、今年は、お正月からこんなに
春のような気候でしょ。あの、冬が過ぎて春先のもわ~っと急に暖かくなるのに
いつも弱くてですね。
それがいつもだと3月末ごろなんですが、まさか今時分こんなに暖かいなんて
思ってもいなくて油断していたら、てっきりやられてしまいました!
今日夕方ようやくひょろひょろと起き上がり…。
でも、おかげさまで、この正月は、のんびりし過ぎというくらい休みました。^^

お師匠さまには、大磯で、お孫さま方と、のどかにして幸せな初春。
いいですねえ。^^
健やかな命がつながって行くのを見守る…。これ以上の幸せはないと思います。^^

こちらこそ、旧年中は本当にありがとうございました。
いつも師匠には元気をいただき励まされ、また教えていただくことばかりです。

日々をこころ豊かに生きること…

私も今年は、政治記事以外の楽しい記事も乗せていきたいと考えているところです。^^

本年もどうどよろしくお願い申し上げます。
お師匠様ご一家のますますのご繁栄とご多幸、心からお祈り申し上げます。




No title

明けましておめでとうございます
暖かい年末年始でしたね

まだまだ生まれたてホヤホヤの2016年です
良き一年となりますように

今年もどうぞよろしくお願い致します。

遅まきながら・・・

明けましておめでとうございます。

三が日はいかがお過ごしでしたか?
全国的にほぼ穏やかな年明けだったようで、なによりと思っていますが。

私は例年のごとく大磯詣(笑
日帰りでしたので少々疲れましたが、
孫たちの健やかな顔が見れて、ほっこりしました^^

彼岸花さんには、旧年中もなにかと有難うございました。
本年もかわらず、よろしくお願いいたします。

そして彼岸花さんの健康な一年を、
誰よりも願っております。

Re: 愛希穂さんへ

愛希穂さん。
明けましておめでとうございます♪

昨年は、本当に、『安』どころか波乱の一年でした……。
今年も、政治的には、昨年よりましになるということはありそうもないと思っています。
それどころか、自公政権は、着々とあらゆる面で成果を上げつつある…。
経済の回復基調にしても、今回の韓国従軍慰安婦の問題にしても、決して根本的な
回復ではない、表面を取り繕ったうわべだけの危なっかしいものにすぎないのですが、
それでも、今日も公明党の山口代表が言っていたように、国民一般は、安倍政権が
一定の成果を上げつつあると認識し、政権が長期安定政権になれば、経済回復も
末端にまでおよぶという幻想を、信じ込みつつあるんじゃないかな。
この夏の参院選で票を伸ばしたい、などと山口氏は言っていましたが、ほんとに
自公の票がまた圧倒的に伸びかねない。

この『安』定ムードはほんとにやばいです!
国民が、安倍政権のようなものに、『安』を求め期待しているのだとしたら。

福島第一原発の問題も、なかなか望んでいたように復興進まぬ被災地も、
沖縄の必死の戦いも、安保法制も、とんでもなく危ないマイアンバー制度もTPPも、
欺瞞だらけの軽減税率も、ジャーナリズムや教育や司法の独立や自由がじわじわと侵されて
行くことも、中韓問題も…いりもしないリニア新幹線やオリンピックも…
また新しくこれから出てくるであろう危ない諸問題も…何もかもが、
『もの言えぬ雰囲気』の中、疑問だらけの形のままで、それなりに安定して行ってしまう…

言わば国民が皆で、(その話自体眉唾ものの)いわゆる『茹でガエル』状態に
自ら望んでなって行くようなそら恐ろしさを感じています…

大変な世の中になってきたものですが、それでもひとはよりよく生きて行かねば…

愛希穂さん。今年もよろしくお願い申し上げます。
愛希穂さんの優しくまっすぐな心のようなありようは、いつの時代にも希望よ。^^

愛希穂さんとご家族の皆様にも、より佳き一年となりますように。♪♪♪


Re:クウ―ママさんへ

クウ―ママさん。明けましておめでとうございます。

昨年中は、こちらこそほんとうにいろいろありがとうございましたです。^^
どんな時も、クウ―ママさんのところ伺うと、ほっとしてにこにこしちゃう。
いつも、過激なおねぃちゃんで、はらはらさせてばかりでごめんなさい!(笑)

おお!やっぱり年越しの夜は『お縫い物初め』。そうでしたか。
Oさんという、心強き隣人にしてお縫物の同志と一緒のお縫い初めなら
なおさらに楽しかったでしょうね。いいなあ!
私も近くにいれば、きっとお仲間に入れていただくのになあ!!♪♪ ^^

『気持ち引き締まる年が来てしまった・・ので・・鉢巻きキリリ^^』

うんうん。そうですそうですね。^^
そのお覚悟というかお気持ち、わかりますよ。
私にも何かできることあったら、いつでもおっしゃってね。
有能な助手になってなんでも探したりお手伝い出来ますことよ。(笑)

紅白は、やはり年越しの慣例になっていて、見ないとなんだか大晦日の感じが
しないですね。でも今回のは、殆ど落ち着いて見てなかったなあ。
知らない新しい人々のか、前からいる方たちの古い歌か、のどちらか両極端みたいで、
私のような年齢の者にも街によく流れていて耳になじんでしまう新しい名曲、
というのを見つけられなかったなあ…。

さて。今年は、本当に素晴らしい年にしたいですね。
応援しています。^^
そしてご家族の皆様のご健康とますますのご多幸を祈っています。
今年もどうぞよろしくお願いしま~す♪








Re: 乙山さんへ

乙山さん、新年おめでとうございます。^^

昨年中は、ありがとうございました。
ときどきぱたっと記事も書かずに立ちつくしてしまったこともあったわたし。
そういう時、いつも乙山さんが、さりげなく黙ってやさしく見ていてくださるのを
感じていました。^^
乙山さんは、もうずうっとそうやって遠くから見守っていてくださる。
本当にありがたいことだと思っています。

乙山さんの記事が更新されるのも私は楽しみで。
私がもっと元気なら、記事の進みに合わせて、ほんの一杯づつでも味わって
行きたいくらいです。^^

『今年は大きな節目を迎えそう』とおっしゃるのは、お仕事関連のことも
絡めてのこととお察ししますが、なんだか私までわくわくしますよ。(^^)
乙山さんは、ご趣味の領域がそのままお仕事になりそうな、そんな探究心と
洗練を感じさせる方。
私は、自分自身は、あまりもの事に厳密な方ではなく、なんでもいい加減なところで
『これでいいや…』と思ってしまう方なので、何ごとも一向に深化しません。
でも、とことん何かを追及する方のお仕事なり、また趣味の領域でも徹底した方の
お話を伺ったり、じっとその仕事っぷりを見せていただくのは大好きなのです。

さて。今年はどういう年になるのでしょうか。
乙山さんがその『節目』とおっしゃる今年を、素晴らしいものになさいますよう
それが何とは知らずとも、私もひそかに応援させていただきますね。^^

私ももっと生き方を考えてみたいです。
まあ、彼岸花は彼岸花でいいとは思うけれども、自分の中にあるそれぞれの
何かをもうちょっとは深化発展させていきたいな。

乙山さん。
どうぞ今年もよろしくご指導のほどお願い申しあげます♪






おめでとうございます

彼岸花さん、あけましておめでとうございます。

色々あった昨年ですが、今年はどんな一年になるのでしょう。
厳しさは年々増していくのでしょうが、後退りすることなく歩んでいけたらと思います。

こちら香川はこの二日間はとても暖かく、穏やかな日々が続いています。
そちらはいかがですか?
彼岸花さんとご家族の皆様にとって、より佳き一年となりますように。
今年もどうぞよろしくお願いします。

No title

彼岸花さん、明けましておめでとうございます。
昨年も、いろいろと沢山お世話になり、ありがとうございました。

紅白の賑やかにくたびれて、歌い終わりの余韻の無さに  なんだこれ
  と歌手に同情したり。 それでも毎年見る紅白(笑)

お正月の夜中は、連休のOさんと早速に縫い縫いの年始めでした!
気持ち引き締まる年が来てしまった・・ので・・鉢巻きキリリ^^

ことしもどうぞ、よろしくおつきあいおねがいいたします。

ご家族皆様の、ご健康をお祈りします。

明けましておめでとうございます

彼岸花さん、明けましておめでとうございます。
昨年はいろいろありましたね……
いま世の中で起きていることがどういう意味を持つのか、
まだ整理できておりませんし、理解もできておりません。

個人的には、一昨年の秋くらいから心が決まり、
今年はかなり大きな人生の節目を迎えそうです。
昨年はその変化に向けて、色々と準備を進めて参りました。
さてどうなることやら。
今年もどうぞよろしくお願いします。

Re: 星海守さんへ

星海守さん。
謹んで新年のご挨拶申し上げます。
昨年中は、いろいろありがとうございました。
本年もまたたくさんのこと、教えてくださいね。

3.11以来、『おめでとうございます』という新年の挨拶を書くのに
だんだん抵抗があるようになっているのは悲しいです。それでもまあ、
使うことは使いますが……。
今年は、正念場。
しかし、ほんとは一昨年、昨年がもっと大事だったのでしょう…。
まあ、それでもあきらめることはしないつもりです。

どうか、星さま、この年が、あなたご自身にとりましては
すこしでも納得のいく年となりますように。
地球上の悲しみが、少しでも少なくあってくれる年となりますように。

お互いさまにパソコンちゃんがなんとかうまく行ってくれるといいですねぇ(笑)
本年もよろしくお願い申し上げます♪



Re: んさんへ

んさん。
あらためまして、新年おめでとうございます♪ ^^

そうですよね~。のんびりのお正月が一番。
私も、良く食べる若いのたちが帰ってきたので、料理に追いまくられていましたが、
(おせちはあっても、基本的に冷たいものばかりでお腹が冷えて疲れるから、
温かい料理食べたいし食べさせたいですもんね。)
自分も飲んで食べてテレビの前で悪口…ええと、もとい!辛口コメントも吐いて(笑)、
相当好きなように過ごしていました~~。

そうですか。んさんは、ご酒は召しあがらないのですね。
私は、少しは飲めます。^^
私も、一年で一番、テレビの前にいることが多い時期かな。
紅白も料理の合間に途切れ途切れに見ていましたが、視聴率低かったみたいですねえ。
私など、知らない若い人ばかり…。
あとはそう。駅伝やラグビーをなんとなくつけたままにしていて…
旅番組とかいろいろつまみ食いして見ました。
がっちり東西寄席とかやってくれないかなあ。それも大ぜいのゲストのおしゃべりが
メインではなく、ホントの『芸』を落ち着いて見せてくれるのを。

お正月は太りますね。でなければ、お腹こわすか、風邪ひく。(笑)

んさん。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
んさんのますますのご健康とご多幸、お祈り申し上げます。^^

ことしもよろしくおねがいします

つつしんで、しんねんのごあいさつを、もうしあげます。

ことしもよろしくおねがいもうしあげます。

本年もよろしくです。

年明けからテレビの前で駅伝とお笑い番組をはしごで見てます。

酒が飲めないから(体質に合わないんで)蜜柑とジャンクフードをつまみに・・・

ううっ、正月明けが少々怖いです(Π Π)v
プロフィール

彼岸花さん

Author:彼岸花さん
リンク、トラックバックご自由に。

『しだかれて十薬忿怒の息吐けり』

『南亭雑記』の南亭師から頂戴した句。このブログになんともぴったりな句と思い、使わせていただきます。
十薬とはどくだみのこと。どくだみは踏みしだかれると
鮮烈な香りを発します。その青い香りは、さながら虐げられた若者の体から発する忿怒と抗議のエネルギーのよう。
暑い季節には、この強い歌を入口に掲げて、私も一民衆としての想いを熱く語りましょう。

そして季節は秋。
一足早いけれども、同じく南亭師からいただいた、この冬の句も掲げておきましょう。

『埋火に理不尽を焼べどくだみ荘』

埋火(うずみび)は、寝る前に囲炉裏や火鉢の燠火に灰をかぶせて火が消えてしまわぬようにしておいた炭火などのこと。翌朝またこの小さな火を掻き立てて新たな炭をくべ、朝餉の支度にかかるのです…

ペシャワール会
http://www1a.biglobe.ne.jp/peshawar/pekai/signup.html
国境なき医師団
http://www.msf.or.jp/donate/?grid=header02
最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード