『キャンドル・ナイト 60』




2016_0311_060113-CIMG6087.jpg



・・・5年という月日は、あっという間だった気がする。

何か写真に言葉を添えようと、何度も試みたが、出来ない…

あの大津波と原発事故…あの事実の重さが、いまだに言葉を拒絶する…。



黙って花だけを蝋燭に添えよう。
蝋燭たちを見つめているのは、白いストックの花たちだ。
ストックのむせるように甘い春の香りが、小さな四畳半の部屋にも、私のこころにも
沈潜する……











心ひとつに キャンドルナイト






南亭さんバナー②


葉っぱさん、れんげちゃん。NANTEIさん。
今月もバナーお借りします。
 





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re:鍵コメさんへ

でへへ。
かぎこめさんにあきれられて笑われちった!

そうなんですぅ。まだ10年は経っていませんが、えっと、7年かな。
その間一回もバックアップとらなかった~~~(爆)

あのね。何回か試したことはあったんですけれどね。すっごく初歩的なことが
いつもわからなくて。検索すれば、バックアップの取り方、って手順を懇切丁寧に
書いてあるサイトさんがいくつもあるんだけれど、それに従ってやっても、
実は肝心の、記録を残しておきたいものを、USBメモリのページに移す作業が
わからなくってね。今回も、『うえ~ん、一番肝心なところがわからないよ~!』
と、半泣きだったの。
要するに、え~っと、『ドラッグ』という作業?がわからなかったの。

よくまあ、途中でビスタちゃんに
『もう…お荷物が重くって…。あたし、もうダメ…ばいばい…』って
言われなかったもんだ。(笑)

もっとも、ブログ以外にほとんど使いませんから、それでもってたのかな。
映像や音楽視聴にもほとんど使わないし、写真はデジカメの方で記録とってあるし、
書類などの作成の必要もない人生ですし(笑)。

今回も、さてバックアップ取らなくちゃ、と思ってやったけれど、考えてみたら、
ブログ関連以外、そう残しておく必要のあるものはなかった…
あっさりした人生だなあ!(爆)

アドバイス、いろいろありがとうございます!
すごい助かって気が楽になった。
まだちっとわからないことがあるので、教えてくださいね。

来年は買い替えだなあ…。
ロバちゃんは、新しい道を覚えるのが苦手ですぅ。
通いなれた昔の農道の方がいいや。(笑)


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 鍵コメさんへ

鍵コメさ~ん。いろいろありがとう~~~♪

今日頑張って、USBメモリに大事なファイル、バックアップとりました~!
この間まで、その取り方がわからなくて、四苦八苦してた。
今日ようやくやり方がわかった。あきれたもんだ(笑)

パソコンのヴァージョンアップは買い替えも含め、もちょっと考えます。
ものいりだ…しくしく…

ありがとう~~~。^^

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re:鍵コメさんへ

碁部sたですもとい!ご無沙汰です。

そういえば。碁の世界チャンピオン、イ・セドル氏が、アルファ碁に負けちゃいましたね。
黙り込んでいる間にいろんなことが世界でも日本でも起こっちゃいました…。
ベルギーのテロもひどく、あまり報道されないけれど、トルコのテロも…
トランプ現象はありゃなんだ、という感じだけれども、安倍支持が下がらないのと同様、
幼稚化、反知性化する世界においては、起こるべくして起こっているのかな、という気もするし。

あれやこれやで、口をきく気も失せて行ってしまいます…

パソコンね。ありがとうございます。
ヴァージョンアップ以前に、データバックアップの段階でストップしちゃってます。とほほ。
私のはvistaで、来年、サポートされなくなっちゃうので、それまでに買い替えるか、
なんとかしなくちゃいけないんだけれど、その前に、今年この31日で、Google Chromeの
サポートが終わっちゃうので、その前に何とかしなくっちゃって、急いでるんですけど。
時間のたっぷりあるときに腰を据えてやんなくちゃいけないんだろうけれど、なんか
いろいろあってまだ、手をつけられませ~ん。

あのね。ユスラウメ。
うふふ。今年は、おかげさまでようやく花芽がついて、もうすぐ咲きま~す!
そちらはもう満開なんですね~~~♪
うちの方は、桜でも何でも都心より1週間くらいは開花が遅いので、我が家のユスラウメちゃんも
開花宣言はまだ。あと、3、4日はかかるかな。
赤い可愛い実が、いっぱいついてくれるといいな。鳥さんたちと仲よく分け合いたいと思います。^^
花が咲いたら、写真アップしますね。まだ細っこい木ですが。

昨日、頼まれていた娘の服を縫い上げて、今日は冬服少ししまおうかいと整理始めたら、
春の大掃除になっちゃってこれまた収拾がつかなくなって、自分でもう何やってんだ、という感じ。

ありがとうございます!
パソコン、なんとかがんばってみます~~~…ロバちゃん、しょぼしょぼ…






管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 鍵コメさんへ

鍵コメさん、こんばんは。

からだはだいじょぶです。
風邪をこじらせて長びかせちゃうとね、困るでしょ。^^
だから、ちょっと無理しないよう、おとなしくしていました。
心配かけてごめんなさい。
急ぎの縫い物があったのと、あとね、パソコンがもう古いので、それをヴァージョンアップ
しなきゃいけないんだけれど、その前に、今までのデータなどのバックアップとるのに
四苦八苦してました。ほんと、パソコンの基礎用語もわかってないので、いちいち
なんか引っかかっちゃう。
新しいのに買い替えたいけれど、高いし、まあ、この子が『もうあたしダメ!』
って言うまでは、使ってやろうかな、と。^^

さて。世の中の方は、ほんとうに溜め息つくようなことばかりです。
今もラジオ聴きながらこれ書いてるんだけれど、明日は世界的の『水の日』だとか。
『水』の問題も、私はこれから原発の廃棄物や温暖化問題と同じように、
人間が抱える大きな大きな問題だと思っているので、またしても溜め息…

人間が、経済…『損得勘定』をまず優先で、この世界を動かして行くことの矛盾が
今、世界のあちこちで噴き出して行っているように思います。
いろいろ毎日考えているけれど、記事にして行くのも結構力技。エネルギーが
ないと書けないの。
すこし休んだので、また書いて行かなくちゃな、って思っています。

心配かけたみたいですみませ~ん。i-237


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 鍵コメさんへ

鍵コメさん。こんばんは。
ちょっと風邪気味だったのに、昨日も署名集めに行って、今日は少しダウンですぅ。

このお花ね。ストックです。白と紫の。
とてもいい香りなんですよ。

4月。楽しみです~。^^
また細かいことは、おいおい連絡取りあいましょうね。

Re:しほさんへ

しほさん。こんばんは。

民進党。なんかね~~~……
誰がそんなのいいと思うのかなあ…
でも、一般の人の意見聴いてそう決まったんですよね…こんなのの方がいいと
思うひとがいるんだなぁ…
民主を出て行った人々が、戻ってくるのに言わばごねて、そのごねたのが
通っちゃったわけですから、筋が全然通りませんね。
ほんとに仕方ないなあ。

でもね。とにかく自公を勝たせるわけにはいかない。
ここは野党5党を応援するしかないと思っています。

しほさん。ありがとうございます。私は風邪ひいたか、だるいですぅ。
返事が遅くなってすみません~~。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

お邪魔してもいいですか?
民進党 党名決定の過程はよく知りませんが、センスないのはよく分かります。
民進党 、みんしんとう、ミンシントウ、minshintou、民進党 と5回位連呼してみたら いまいち!と分かりそうなもんですよね〜

立憲…としなかったのも今を見てないように思います。
でも。あの党に立憲が使われなくて良かったとも思います。

あの党は、もういいです!という気持ちです。
但し、選挙は自民公明よりまだマシな政党を選ばないと!
民進党でも仕方ない場合がありそうです。

Re: んさんへ

んさん。おはようございます。

ほんとうに、「なんだかな~…!」ですね。
『民進党』はいただけないなあ。
一度出て行ったものが戻るのに、四の五の条件つけるな!と私も思いますね。
頭下げて戻るのが普通。
でも、それを強く言えないところが、現在の民主党の弱みなんだろうな。
少しでも党勢回復したいから。

5野党を『野合』というなら、自公+おおさか維新や『こころ』なども野合そのもの。
こっちも人のことは言えませんね。
枝野氏が反論したように、『自公なんて、そもそもは全く思想が違う』んですから。
『平和の党』をそもそもは標榜しながら、政権の座にあることに固執して、
『平和の党』の看板を事実上下ろして自民の政権内野党を気取っている公明党の罪も
重いなあ。

ほんと。ろくな政治家いませんね。
共産党が唯一まともっちゃまともなんですが、日本人はアメリカ人以上に、
社会主義共産主義が嫌いな人が多いからなあ。
私、おとといも街頭で署名集めしていて、『共産党!』って言われましたよ。
同じくらいの年の女の人に。
『共産党の何が悪いんですか?具体的におっしゃってください』と言い返したら、
逃げるように去って行きましたけれど、ただ聞きかじりで共産党を悪、と思って
いる庶民はすごく多いのですね。
でも、先進諸国の中で、アメリカは異常なほどの共産主義社会主義嫌いですが、
ヨーロッパの先進諸国では、『労働党』などを名乗る社会主義共産主義的色合いの
政党は当たり前なんですよ。それも政権を担当・交代しうる位置にあるものが
当たり前。
まあ、イギリス、フランスのそれらが政権担っている時に、鮮やかに素晴らしい
政治をしているかというと、そうでもないところが悲しいところですが、
少なくとも保守勢力を野放しにしない、という役割は果たしている。保守勢力が
暴走して独裁的になるのを防ぐ役割は果たしているんですが、それが大事なんだと
思うんですね。
逆のことを考えてみると、『野党』の存在の大切さがよくわかります。
例えば、共産主義政党が独裁的になった国を想ってください。それって望ましいでしょうか?

私は、確かに共産党支持、というか左翼政党支持だけれど、それは、自民党に対する
アンチテーゼを示す政党は絶対に必要だと思っているからそうなんです。
保革はバランスがとれていた方がいいと思います。
その意味で、情けない民主党も応援しています。^^

ほんと。しっかりしてくれよ、野党5党!ですね。
でも、特に、この参院選は、国民は、これ以上安倍自民の暴走を許さないためにも、
今度だけは、自公を勝たせてはならないと思います。
自公、おおさか維新などにきつ~いお灸をすえなくっちゃ。こころ、元気などもいらない。
『どんどん落選させよう暴走与党!+お仲間』ですよ。^^

んさん。ありがとうございます。^^


だめだ、ありゃ・・・

民進党?(妥当?違うでしょ?)

世論調査で、期待できない、あまり期待できない、との評価が多数を占めたと・・・

民主政権時の失態と、維新の党の議員は元民主が多かったとか・・・

一度出て行った奴らが「その看板じゃ無理!改名してくれ!」なんて、どの面下げて言えるんじゃ!と、自民の誰だったか議員の発言聞いて・・・わしもつい「ああっ!上手いっ!」と思いました、不本意ながらね。

なんだかなぁ~・・・

自民は「次の選挙では民主と共産に負けるわけにはいかない!」と言い
民主は「自民との戦いは民主党と国民のなんたらかんたら・・・」

まあ、「お前ら!それじゃ!目くそ鼻くそ、子供の喧嘩レベルだろがっ!」とツッコミいれたくなりましたよ。

あまりに抽象すぎて酷すぎ、0点だよ0点!

Re:NANTEIさんへ

NANTEIさん、すみません。
何度も行ったり来たりさせてしまいまして。

…そうなんです。私自身が、なんですか、ことばを失っていて……。

蝋燭を灯してからも、何度も言葉を添えようとしてみたのですが、出来なくて、
翌朝もことばがなくて…結局こんな寂しい記事になりました…。

怒りと反比例するように、ことばすくなになって行きます…

ちょうど5年前の頃と同じ気分です…

一所懸命、むきになって反安保法制の署名集めしてるのは、その怒りが
エネルギーになってるのかもしれません…そこに怒りをぶつけてるのかな…
ひたすらそこに想いを凝縮してる……

ちいさなろうそく。
ストックのいい香りが、今も部屋に充ちています。
むせるほどの春の香り。春の土の匂いを宿したような…
師匠のお住まいの県あたりから来た花じゃないかなあ…なんて、ふと思います。

ありがとうございます。


Re:しほさんへ

しほさん。こんばんは♪

はい。今日は27筆集めました。これでちょうど、150筆です。
ほんとうは3月末までに、一人で合計300筆くらいは集めたかったんだけれど、
どうも達成できそうにありません…
まあ、もうちょっと頑張ってみますが…。(何か意地になって集めてる。笑)
毎日街頭に立てば、目標に楽に届くんだろうけれどなあ。家のこともあるし…

この頃は、地元の方の会に出ることが多く、国会前とか新宿とか渋谷には、とんと
行ってないんですよ。19日には日比谷に行きたいと思っているけれど、どうかなあ。
今日、寒い中声張り上げてたので、のど痛めたか、さっきちょっと熱がありました。
風邪ひくとやだな。
一度ひくと長引いちゃうんですいつも。
しほさんもお風邪めさないようなさってくださいね。^^

『原子力関係の勢力が大人しかっのは311直後ぐらいでしたね。
ちょっと不気味な位でした。』

そうそう!ほんとそうでしたね。
私も「この反動が、いつか大きく出てくるんだろうな…」って、思ってました。
まあね。あれほどの悲劇と事故の後に、まともな神経していたら、
原発推進勢力の人々が胸を張っていられるはずがない。
嵐が吹き過ぎて、人々が忘れるのを、ひたすら待っていた、というところでしょうか…

う~ん…そうでもなかった気もするな。
山下俊一氏とか、池田信夫氏とか、ぜんぜんへこたれてなかったですもんね。
変わらず、『少々の被曝はだいじょうぶだ』『原発は必要なんだ!』と言い続けていた。
原子力ムラ、の連中は、どこまでもしぶといです。
もう、もんじゅなど完全な死に体、なのにね。巨額の金を食い続ける醜悪なもの…。

推進派の政治家もひどい……誰ひとり追及されることなく誰ひとり責任を負わない。
結局今でも、原発で過酷事故が起きたときには、原則として電力会社の責任なんですよね。
ほんとうは、自衛隊も警察も消防も、協力はしても、『義務』ではないです。
原則、東電の事故なら東電が処理にあたる責任を負う。
でもね~、あの3月11日以降の東電の記者会見等に出てくる人々の
頼りなかったこと!
監督官庁のお役人もね。原子力安全委員会委員長とか保安院院長とかね。
『こういう人々がトップに立ってるのかぁ!こりゃだめだ!』って絶望しましたもん…
それにひきかえ、東京消防庁のハイパーレスキュー隊の19日の放水が3号機建屋の
燃料プールに届いたときは、ほんと、涙が出るほどありがたかったです。
命がけの作業でしたからね。
まあ、吉田所長や東電関連や日立など原発関連企業の出向作業員の人々も、ほんと、
命をかけてよくあれ以上事態が悪化しないよう頑張ってくれたと思います…
その人々のことを批判などできはしません。
ただ腹が立つのは、政治家を含めた上層部の人間たちですね。彼らは現場に立つわけじゃない。
異常事態が起これば、命をかけるのは、下の方の作業員や、自衛隊や本来なんら責任のない
警察や消防署の人々ですからね~。
そういう人々の犠牲が見込まれる上の『原発』ということが、どうも推進派の人々には
わかっていないようですよね。

読売とか産経とかひどいですよね。あからさまだからなあ。

はい。ほんとうは、写真に添えて、怒りの記事を書こうと思ってはいたのですが、
なんでですかね。いつも11日の当日は、何も言わない言えない…という気持ちに
なってしまいます。
5本の小さなろうそくに、万感の思いを込めました……

しほさん。こちらこそいつも本当にありがとうございます。








Re:んさんへ

んさん。こんばんは。

いえ、なにね、長~いシリーズ記事を書いたあとは、いつも脱力するんで(笑)。
結構体力使うんです。
(そりゃそうだ、我ながら。何を好き好んで、、と思いますよ。爆)

あとね~。毎月11日に、やはり精神的にまいりますね。
自分が何もできないこと…。
世の中があれほどの悲劇のあとでなお『良くあろう』という方向へは向いていかず、
膿のものようなものが見えてきたにもかかわらず、無理やりかさぶたみたいな
ものがそれを覆い隠して真実からはむしろ遠ざかって行くことへの無力感と言いますか…
そのような心理状態に陥って、しばらくものも言いたくない、というふうに
なってしまうことあります。
怒るのもやめて、なんかしょぼんとしてしまう。><

んさんと一緒に怒っていたら、今日はだいぶ元気になりましたよ~~~!(笑)

タケノコね。うらやましいな。
私も今日スーパーで小さいの(おそらく皮をむけばそれこそ親指くらいの長さかも)
を売っているの見つけて、買おうかな、と思って値段見たら、そのちっこいのが
1袋に4本ほど入って、1,400円ですよ~~!ギョギョッ!
当然、買うのやめました~!
新鮮なタケノコ。茹でて下ごしらえできたら、ぜひ一度、『焼きタケノコ』
してみてくださ~い。
スライスして、ガスレンジの魚焼きグリルにアルミホイル敷いて、
こんがり焦げ目がつくくらいまで裏表焼くんですぅ。
それをオリーブオイルと塩だけで食べる。

ほんとは東北地方の根曲がりだけみたいな細いタケノコあったら、皮のまま
皮が黒くなるほど焼いて、熱々のをむいて、塩つけて食べるのが好きですぅ。

焼きタケノコは生ハムなどとサラダにしても美味しいですよ。

メンマは美味しそうでしたね。^^
ラーメン食べたくなっちゃった!(笑)


Re:殿方の鍵コメさんへ

鍵コメさん、こんばんは~。
ご紹介のサイト、読ませていただきました。
地球温暖化の方は、膨大な情報量みたいなのでまだですけれど、もう一方の方は。
面白い方ですね。^^
う~ん…後半部分はちょっと??と思うこともありましたが、前半のところは
ほんとうに私も同じように思います。
いつかこのあたりのこと書きたい書きたいと思っていて、なかなか書けないでいますが。
先日お話ししました『永続敗戦論』とも重なってきますね。

続きはメールの方で書かせていただきますね。
いつもありがとうございます。

こんばんは。

ここで何を書きたいのか、

何度も行ったり来たりで、結局、何もなかった・・・

五本のローソクの炎が、揺れ動いて見えます。

目に痛いです!

60回目

彼岸花さん、こんばんは。
今日も寒い中、署名活動そして集会とお疲れ様です。
今日は新宿アルタ前でも集会ありましたよね。
無事終わったみたいです。
直接新宿には行きませんがいつも気になってます。

原子力関係の勢力が大人しかっのは311直後ぐらいでしたね。
ちょっと不気味な位でした。
60回目のキャンドル…
この節目と言っていい時期に 今再び再稼働してるなんて 信じられません。
リスクを取らずにリスキーな事ばかりやる政権にうんざりです。

今朝はたまたま見た新聞一面の違いにびっくりしました。
3/13 東京新聞 この4月に保育園に入れない子供が2万人余り
3/13 読売新聞 人口知能 (囲碁で人間が人工知能に負けた話でした)

東京新聞の一面左には
あの日々 と題して2011年の同日の新聞一面を写真で掲載されてました。
平和の俳句 も継続中です。

5本のキャンドル。
5年目のキャンドル。
彼岸花さん、いつもありがとうございます。


えっ?

彼岸花さん、何かあったんですか?

きょうも、食べれる部分は親指~人差し指の長さの筍を藪掃除がてら狩ってました。
一通り茹でて一休み中です。
さて、どうしてくれようか・・・

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re:鍵コメさんへ

連絡の件、了解です。^^
鍵コメさんにとって一番いいようにお決めくださいね。
こちらは鍵コメさんに合わせます。
今日は集会と署名集めに行ってきます。^^

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: んさんへ

安倍政権ね。ひどいですね。
でもまあだ、アベノミクスの恩恵がいつかめぐってくると思っている人々が
いるんでしょうね。
そりゃ大企業とか大株主は、その保護と恩恵をもろに受けているから、安倍政権が
続くことを願うでしょう。
あと、戦中の『強かった』日本(!)に幻想をまだ抱いている人々ね。

でも、その他の人々は、ちょっとだけ立ち止まって考えてほしいなあ!
安倍政権が何をいいことしてくれただろう?
はっきり言って、安倍政権は、アメリカと大企業と富裕層の方しか見ていません。
その他は、憲法に保障された国民の諸権利を奪って、『国家のための国民』の
法制度作りにまい進、です。
国民の知る権利も、自由に生きる権利も、下手をすると財産権も、『公』の名のもとに
制限される、そんな国にしようとしています。
『国民のための国家』ではなくね。
そして一番怖いのは、「『ときの内閣』に権限が限りなく集中する」ことを
着々と押し進めて行こうとしていることです。
時の内閣が暴走しても、国会も裁判所ももはや機能しない。
一番権力に対してあらがうジャーナリズムも、その言論の自由を奪われてしまっている…
『ときの内閣』は、『理性と教養良識ある安倍内閣』ばかりとは限らないですからね。^^
もしかしたら、自民党が大っきらいな、日本共産党がいつか衆院第一党になって、
『共産党政権』が誕生するかもです。(日本じゃありえないだろうけれど)
それでも、時の一内閣に国家の安全保障も緊急事態(戒厳令に似た)の判断も、
憲法の勝手な解釈もすべて集中して委ねるそんなシステムが作りたいのでしょうか。
安倍さんらよりもっともっと極右的な、あるいはもっともっと国家主義全体主義の
政権だって生まれ得るですよ。

安倍政権だから反対するのじゃない。おかしなことをもくろんでいるから反対するのです。
戦後曲がりなりにも民主主義を通してきた歴代政権中、最悪と言っていいほど
ろくでもないこと目論んでるから反対しているのです。

そこんとこ国民にちょっと真剣に考えてもらいたい~~~ッ!!!(><)

そうそう。野党はね。今は『対案』など出さなくていいのです。
ろくでもないものをろくでもないとしっかり示せばいい。
んさんがおっしゃるように、今はね、政権奪取する必要ないのです。
とりあえず、『暴走に対しての手枷足枷に成って』くれればいい。
参院で『ねじれ』を生むことが、こんどの選挙の目的、と思ってもらいたいですね。
2010年の参院選で民主党菅政権に厳し~くお灸を据えたように、こんどの参院選で
再び国民の意思をしっかり示すには、自公とそのお仲間に、きびし~いお灸を
すえてやればいいのだと思います。
一内閣が勝手に暴走しないようにするには、参院でねじれを生むこと、
これが一番手っ取り早いです。
あとね。やはり何と言っても、国民が何かにつけ声を上げてみることですね。
twitterとかすごいじゃありませんか。『保育園落ちた』とかね。^^
国民が後押しすれば、ジャーナリズムも頑張る。
国民が、もっと自分の持っている力を自覚することですね。

んさん。ありがとうございます。今朝まで実はしょぼんとしていたのだけれど、
んさんにコメ返書いているうちに、いつもの『元気に怒る彼岸花さん』が
戻ってきました~!(笑)


いろんな意味

安倍政権はもう沈没しちゃってますよね(笑)

アベノミクスはとっくに破綻してるし、与党議員の発言は支離滅裂だし・・・

あ・・・でも安倍政権を未だに支持してる国民自体「どうかしてるぜっ!」

しかし・・・野党がもっともっと頑張って存在感ださないと政権奪取は無理としても暴走に対しての手枷足枷くらいには成ってもらわないと困るんじゃがのう。

Re:んさんへ

んさん。こんばんは。

ふ~ん、自民党は、そんなこと言いだしたんですね。
この頃安倍氏は、もう露骨に『民主党の政権時代と比べて』というのを
連発してますね。
『民主党の頃より我が政権になってから倒産件数が減った(でも実は隠れ倒産件数は
安倍政権になってからの方が上がってるのにさ)』
『民主党の頃より』…『民主党の頃より』……
でも、民主党の前の麻生内閣、自分の第一次政権の頃とは比べないのね。
長年の自民党政権が、言ってみれば、この国の膿をみんな作りだしたんだけどな。

それだけ、民主党の頃を引き合いにして、民主党をけなすことで自分たちの
成果を強調するということは、きっと何かを恐れているからだろうなと逆に
思いますよ。

はっきり言って、国民の『安倍いやだ!』の想いが、これまでは何とか経済政策が
一見成功しているかのように見えていたので、面に出ないでいたものが、
徐々にアベノミクスの怪しさが見えてくるにつれ、国民が、野党の『野合』でも
なんでもいいから、とにかく自公にお灸を据えよう、と思うようになるのが
怖いんじゃないですかね。
だから、その『野合』の中心になる民主党にケチつけて引きずり降ろそうとしている…

へ~。やってみればいいじゃないですか。やりなさいよと言いたいですね。
民主党菅政権の初期対応は確かにまずかったですよ。
でも、東電と政治のずぶずぶの関係を長年作り上げてきたのはどこの政党でしょう。
2006年、共産党の吉井秀勝議員が、『福島第一のように海辺にいくつもの炉が
建っている原発に大津波が襲って、電源喪失して冷却機能が失われたら、そのいくつもの
炉が次々にメルトダウンを起こす、その対策は』と、国会で厳しく追及し、
質問書も提出したのに、『我が国の原発は何重もの安全対策をしてあるから、
そのような事故が起こることは想定していない』と答えて、その大事な大事な質問を
握りつぶしてしまったのは、第一次安倍内閣の安倍総理自身ですよ。
民主党の対応をもう一度検証するというのなら、安倍氏のそのことは、当然
追及されずにはおかないでしょう。
東電自身も、全電源喪失のシナリオは、事故の数年前に内部の会議にかけていました。
でも、結論は、そんな大きな地震は起きることはないだろう。起きる可能性もないものに
多額の対策費はかけられないと、会議は判断したのです。
その内部の討論の責任者が、あの、亡くなった吉田所長ですよ。まだ所長になる数年前。
死者に鞭打つことはしたくないですが、吉田氏は事故対応の指揮を執りながら、
どれほどかその会議の決定を悔やんでいただろうかと思いますね。
福島第一の事故があれほどの深刻な事態になって行って、一番内心震えあがって
いたのは、安倍氏と吉田所長じゃなかったろうかと思いますよ。

民主党の責任追及。やっていいと思います。全ての膿は出し切った方がいい。
でも、今までと同じ言い草、同じ論理で『菅元総理』に全部の責任をおっかぶせよう、
それで選挙前に民主党を叩きつぶそうとでも思っているのなら大間違い。
その鉄槌は、安倍氏自身、自民党、東電の過去の無為にも当然向けられることに
なるだろうと思います。『未必の故意』ですよ。
福島第一事故の原因は、はっきり言ってほぼ自民党の責任です!
国民はもっとこのことをしっかりと認識すべきです。

まあね。民主党は馬鹿でしたよ。おっしゃるように、あの悲劇のとき、
徹底して民衆の側、被災者の立場に立つべきでした。菅総理ももっと賢くあって
焦りや怒りは抑えるべきでした。
(そして、発送電分離まで徹底したやってほしかった)
ただ、IAEAは、菅内閣のあの時の対応を、『ベストとは言えな今でも、ベター』
と一応評価しています。
『ベター』というのは、何と比べてベターという意味だったのでしょうか。

安倍政権がもし、事故時に政権の座にあったなら、もっともっと政権と『原子力ムラ』は
がっちりスクラム組んで事実は隠ぺいされていて、原発再稼働も堂々と行われて
いたと思います。新規建設、もんじゅ再開、みんな認められていたでしょう…
今は誰もが知ってしまった『原発がなくても暑い夏が越せる』という事実も
知られないままになってしまっていて、相変わらず『原子力は安い』神話は、
砕かれないままでいたでしょう…
まあ、もっとも、そういうことができる前に、2006年の共産党吉井秀勝議員との
やり取りはもっと広く明るみに出されて、国民から激しい総批判を食って、政権の座から
引きずりおろされていたでしょうけれど。

民主党も民主党だが、安倍自民のひどさは、これはもう末期症状だと思います。
これを支持する国民が私は信じられないです~~~。

馬鹿な政治家に対する、んさんの怒りが伝染してしまいましたよ~~~!><

ありがとうございます!


Re:MATZ-TSさんへ

MATZ-TSさん、こんばんは。

何もかもを一瞬にして失ってしまう…大事な人の命さえ…
その悲しみに対し、『わかる』などという言葉は到底使えないです。
…もう60回もキャンドル灯していますけれど、究極の、といってもいい
恐怖と悲しみを経験してしまわれた方々のことを想えば、いつも毎回毎回
写真に添える言葉を失くしてしまいます…。

原発事故に対し怒る気持ちは今だって変わらない。いや、ますます強くなりさえ
しています。怒ることはいっぱいいっぱいある。一万語だって十万語だって
書けと言われれば即記事に書くことができるくらい、怒っていますよ。

でも、毎月11日に、…とりわけ3月のその日に、キャンドルの写真に
言葉を添える行為は、なぜか私にとって、いつものように怒りの記事を書くのとは
ちがう抵抗感が、正直言って今でもあります…
それはやはり、…
どんなに深く想像をめぐらせてみても、どんなにそっと寄り添うような気持でいようと
努力してみても、当事者の方々の真の想いには、どうしたって届きようがないのだ…
という遠慮があるからです。
まして、ボランティア活動に実際に入って、ともに体を動かしてくださる方々とはわけが違う、
私などの言葉だけの虚しい支援は、所詮言葉だけのものにすぎない。

そういう絶望は、キャンドル灯しながら常にあります…。
年年、毎回毎回…自分の中の11日の沈黙は大きくなっていくようです。

ただ、私にできることは。
怒りたくても怒れない当地の人々に代わって怒り続けることかなあ、と。
忘れないで、目をそむけないで、怒っていることかなあ、と。
だから、11日を過ぎたら、また怒り始めます。
当事者にしてみれば、そんなこと余計なことかもしれない…
むしろ、明るい話題を見せてくれ、希望の光を見せてくれ、って言われるかもしれない。

でも。人それぞれ、向き不向きがありますからね。><
私には、怒り続けていることが、一番『得手』。

それに。記憶を風化させないこと。
これは、何に対しても大事なことですものね。

この河北新報の記事が言うように、その筆舌に尽くしがたい想いの中から
それでも『忘れてなるものか』『忘れさせてなるものか』という強い想いで、
ご自分の経験を書いてくださってる方々がたくさんいらっしゃるんですよね。
それらは決して書庫の闇に眠らせてしまって、風化させてしまってはならない
貴重な貴重な、後世へのメッセージだと思います。
それを、とりわけ私たち、被災された方々以外の者どもは、意識して努力して、
埋もれさせてしまわないよう伝えて行かねば、と思います。

そうですね。
私たちが受けた恩義に対する感謝の気持ちも忘れられないですね。
私今でもよく思い出しますよ。
台湾の方々が、どんなに真っ先に手厚い援護をくださったか…。
韓国のね俳優さんたち…ぺ・ヨンジュンさんとかイ・ビョンホンさんとかが、
いち早く、ポンと支援のお金送ってくださったこと…
レディ・ガガさん、シンディー・ローパーさん、プラシド・ドミンゴさん、など
多くの海外アーティストたちが講演を取りやめる中(それはそれでまっとうな
判断だと思います)、日本での公演を変わらず行ってくださった人々…
小さな国々…じぶん達が水没の危機や戦禍などの中にありながら、なお日本の被災者のために
義捐金や物資や応援を送ってくださったツバルやアフガニスタンやパレスチナ自治区や…
その他数えきれない多くの国々、人々からの支援や応援…
それを忘れることも決してないです…

地球は一つなのにね…
そのことを忘れないで生きたいですね。
MATZ-TSさん、いつもありがとうございます!



はぁ?

余裕かました自民党のせんせい方が今頃、民主政権化の震災直後からの復興を見直すだと・・・

自公政権下になっても復興速度がぜんぜん加速しないほうが問題な気がするんじゃがのう!

民主政権をかばうわけじゃないけど、党がまとまれない連中に復興を任せる事じたい無謀だったし。
何故そこで?まとまれない?ルーキー政権にとって最大の信認を得るチャンスだったのに(ピンチはチャンス!みたいな?・・・ピンチで大ピンチに!は笑えない!)

No title

こんにちは。MATZ-TSです。

もう5年も経ったのですね。まだ2千人以上も行方不明のまま。生活基盤からやり直しの人も多いでしょう。特に福島の現状と今後を考えると、何とも言えない辛い思いと、原発立地地域の住人としては他人事とは思えない。

他人事とは思えない、という気持ちをずっと持ち続けないといけないのは、今問題になっていることの多くに当てはまると思います。 

風化させないという意味では、今朝の河北新報の社説は大切だと思いました。
http://www.kahoku.co.jp/editorial/20160312_01.html

感謝の気持も風化させない、そのことも、我々のやる気の源泉のひとつになるような気がします。

参考: 震災から1ヶ月、総理大臣名で各国へ謝意を伝えた。
日台協会Webページ:http://bit.ly/1YIQSNc (菅首相から台湾への感謝書簡)

Re:スキップさんへ

スキップさん。こんばんは。

ほんとうに。もう5年もたつのですね。
私も、60回もキャンドル灯してきたことになります…

日本には、今の政府が示す『この道』ではなく、もっと目指すべき道が
あったように思います。津波被災地の方々にも、単なる『復旧』でなく、
と言って、そこに生きる人間を置き去りにしたただ巨大な防波堤や道路などの
壮大な無駄でもなく、
『これからここでみんなで生きていけるんだ!』という希望を被災地の方々に
抱いていただけるような、もっと人間重視の、生活重視の道が。

世界を見れば、ほんとになおさらに溜め息を重ねなければならなくなります…

スキップさん。自問自答は私も同じです。
いつもありがとうございます。

No title

 60回ですね。
速いような、もう大昔のような不思議な感慨に陥ります。豊かさの意味を今一度真剣に問い直すことが皆に求められます。我々の文明は我々を幸せにしたのか。数字だけの幸せに嘘を感じないのか、自問自答しています。
プロフィール

彼岸花さん

Author:彼岸花さん
リンク、トラックバックご自由に。

『しだかれて十薬忿怒の息吐けり』

『南亭雑記』の南亭師から頂戴した句。このブログになんともぴったりな句と思い、使わせていただきます。
十薬とはどくだみのこと。どくだみは踏みしだかれると
鮮烈な香りを発します。その青い香りは、さながら虐げられた若者の体から発する忿怒と抗議のエネルギーのよう。
暑い季節には、この強い歌を入口に掲げて、私も一民衆としての想いを熱く語りましょう。

そして季節は秋。
一足早いけれども、同じく南亭師からいただいた、この冬の句も掲げておきましょう。

『埋火に理不尽を焼べどくだみ荘』

埋火(うずみび)は、寝る前に囲炉裏や火鉢の燠火に灰をかぶせて火が消えてしまわぬようにしておいた炭火などのこと。翌朝またこの小さな火を掻き立てて新たな炭をくべ、朝餉の支度にかかるのです…

ペシャワール会
http://www1a.biglobe.ne.jp/peshawar/pekai/signup.html
国境なき医師団
http://www.msf.or.jp/donate/?grid=header02
最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード