『憲法記念の日に』


2016年5月3日。69年目の憲法記念日。

江東区有明にある東京臨海広域防災公園で開かれた、憲法を守る『5・3憲法集会』
に行ってきた。
こういう都心での集会に出るのは、あの自衛隊の集団的自衛権行使容認を含む
安保法制が可決されてしまった昨年9月以来だ。


006.jpg


新宿から山手線で大崎まで。そこからりんかい線で有明防災公園に着く。
駅では多くの団体の人々が、旗印を目印に待ち合わせをしていた。
駅ですでに、『ああ、今日は参加者が多いな』とわかる……




010_20160504123755bbf.jpg


続々と会場に向かう人々…



012_20160504123756351.jpg


有明防災公園は、13,2ヘクタール。東京ドームのおよそ3倍くらいの広さか。
といってもピンと来られない方は多いと思うが。(私も東京ドームの中には入ったこと
ないのでピンとこない。)そうだな。あの東京オリンピックの行われた今は無き旧国立競技場。
あれの建築面積のおよそ4倍というと、大体の広さがわかるのではなかろうか。

この日の集まりは、『5・3憲法集会実行委員会』主催。
一昨年までそれぞれ別々に憲法記念日に集会を開いていた旧総評系や共産党系団体
市民団体などが、安倍政権による改憲を阻止するために『5・3憲法集会実行委員会』を結成。
同実行委が主催する1回目の共同集会であった昨年の横浜での集会は参加者3万人。
しかし、今年は、ここ有明に、5万人が集まった(主催者発表)。




016_201605041411463aa.jpg


う~ん。私の写真では、会場の広さと参加者の多さがとてもつかめないな。
毎日新聞の映像をお借りしますので、そちらでご覧ください。動画になっています。
http://mainichi.jp/movie/?id=4876002571001

この毎日ヘリからの空撮動画の中のどこかに私もいます。^^

さまざまな団体の幟旗が林立し、多くの人が、集団で参加しているようだったが、
私のように全くの個人で、あるいは親子連れで、友だちと…という個人参加者もすごく多い。
今までのこうした団体所属の人々中心の憲法集会と違って、全くの個人もが
安倍政権という一内閣による『恣意的』な改憲に、切実な危機感を持って集まって
きているということがわかる集会だったと思う。

民進、共産、社民、生活の4野党党首がそろって演説。今までばらばらに憲法集会も
行ってきたこれらの野党党首がそろい踏みをする…これも初めてのことだ。
会場の人々はこれを拍手と声援を以て迎えていた。

今年101歳のジャーナリスト、むのたけじ氏も、車いすで登場。
むの氏は、報知新聞記者を経て、1940年(昭和15年)朝日新聞社に入社。
中国、東南アジア特派員となるが、敗戦を機に、1945年(昭和20年)8月15日、
太平洋戦争の戦意高揚に関与した責任をとり朝日を退社した。以降フリーの
ジャーナリストとなって、自ら体験した戦前・戦中の表現の自由・言論の統制について、
告発し続けている反骨の人である。
『必ずしも軍部が強制したわけじゃない。新聞社自らが委縮していったのだ。
2人なら本当のことをしゃべっていても、そこに一人加わって三人になると、もう
誰が信じられるかわからないという…そういう空気だった』
と、新聞記者としての自らの責任もぎりぎりと見つめてきた人である。
今のジャーナリズムの委縮・自己規制の空気もそれと似ている、と。

SEALDsの奥田愛基氏も登壇。

私が署名集めに参加していた、安保法制に反対する『戦争法の廃止を求める2000万人統一署名』
は1200万筆に達したと、中間発表がこの日あった。
一方、改憲勢力の動きもこの日は活発で、彼らが集める『改憲署名』は、『日本会議』と
日本各地の神社の氏子なども総動員されて800万筆を集めているという。
これについてはまた別記事で詳しく書こう。




019.jpg



だが。そうしたキナ臭さとは裏腹に、この日は、晴れて風も吹く気持ちのいい日。
参加者の多くは、クローバーなどの柔らかい草原の上でまったり。^^
私も、サンダルを脱いではだしになり、草のひんやりした感触を楽しんだ。
スキップさんの『匝瑳9条の会』の『戦争をさせないぞ』バッジも、いつも通りつけています。




009.jpg



この日着て行ったのは、しほさんにいただいた、サンダース応援のTシャツ。
背中?いえ、胸ですっ!!(爆)




021.jpg



いつものように、福島県から、『希望の牧場』の吉澤正巳氏のトラックも来ていらした。
警戒区域内に 取り残された被ばく牛の保護・飼育を、自身の被ばくも顧みず
続ける、この人も『筋金入りの反骨のひと』である。
吉澤正巳氏についての私の記事はこちらを。
http://clusteramaryllis45.blog61.fc2.com/blog-entry-1399.html

恥ずかしいほどわずかながらカンパさせていただいて、許可を得て写真撮らせてもらった。
手は、吉澤氏の手。
氏の周りには、今でも怒りの熱気がたぎっているような感じを受けて、安易に近づけない。
そうなのだ。
あの!あの福島第一原発事故を経験して、怒りを容易に失うことの方が、
私には理解できないのである…あれほどの。『国策の理不尽』というものを…。










024.jpg



集会が終わり、参加者はデモに移ったが、私は足が痛いので(外反母趾?)、
長く歩けないので今回は参加しない。
これは、豊洲へ向かうモノレール『ゆりかもめ』から見た景色。レインボーブリッジも見える。
有明の界隈は、2020年東京オリンピックに向けて、急ピッチでまた開発が進んでいる。
東雲運河のあたりはモノレールの両側で、建設中の工事現場が目立った。
確かこのあたりのどこかには、体操競技用の施設が出来るはず。
ふ~ぅ…
オリンピック誘致する余裕など、この日本にあったのだろうか。
『聖火台』のことを、誰も考えていなかった!などという信じられないような
いい加減さが象徴するような杜撰な計画の下、ザルに水を無駄に注ぐように
国民の金がずぶずぶと注ぎ込まれて行く…他に急を要する問題は山ほどあるというのに…。






026.jpg




大都会東京…。
日本の歪みを見えなくさせる虚飾の街。


この記事続きます…
が。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re:しほさんへ

しほさん。こんばんは。

ね。このニュース、抵抗ありますよね。
私も、ネットで見出しだけ見て、あれ?と思って調べてみたんです。
AP通信によると、クリントン氏が獲得した代議員数は2383人で、指名に
必要な数に達したんだとか。『5日に開かれた米自治領プエルトリコの
党員集会で勝利し獲得代議員数が増えたほか、予備選結果に拘束されない
特別代議員からのクリントン氏支持者がさらに増えたことで、分水嶺を超えた』
ということで。
つまり、ヴァージニアとかカリフォルニアとかの結果が出たから、という
わけではないみたい。
一応、これまでの結果では、必要数を獲得した(見込み)、ということでしょう。
でも、特別代議員は7月の党大会まで投票できない。彼らはぎりぎりになって
判断することが出来るんだし、これからだってどういう大きな風向きの
変化起こすような出来事が起きるかわからないし、それによっては特別代議員が
自分の考えを変えないとも限らない。
それによってはサンダースによる切り崩しだってまだ可能なわけですよね。
100%決まったわけじゃない。
それなのに、メディアがもう確実に決まったことのように報道するのって
私もおかしいと思います。
日本の選挙前の世論調査も同じだけれど、前もってなんか結果を先読み
報道されちゃうと、投票に行く気がなくなっちゃう人だっていますよね。
それ、すごくまずいと思う。
まあ、投票者がしっかり自分の頭で考えて候補者を選ぶんなら、さして影響
ないかもしれないけれど、そうじゃない、流れに流されやすい人たちは、
メディアの報道に左右されやすいですものね。
いつも腹の立つところです。

こういうことに限らず、今のニュースなどというものは、情報操作がきっと
行われていますよね。舛添報道もそう。くだらないなと思うけれど、
舛添叩きの後ろで、ほんと、甘利問題は、隠ぺいされてしまう。
オバマの広島訪問の美談の後ろで、安倍内閣の嘘と裏切りが隠ぺいされてしまう…

国民は煽りたてる報道の後ろで何が行われているか、冷静に見る眼が
必要ですね。しほさんおっしゃる通りだと私も思います。

なんかね。気持ち悪いんだなあ…ほんとのことが覆い隠されてて…。
沖縄の選挙戦の報道など扱いが小さいと思いません?
ほんと。なんか痒いところをかけないような、いらだちが募ります。

しほさん。ありがとうございます!


No title

彼岸花さん、こんばんは。
気のなる事があって…
こちらの記事にコメントさせて下さい。

日本の選挙より注目度の高いアメリカ大統領選挙に関してです。
夕方のラジオ放送で「ヒラリーが獲得」
BBCが「歴史的瞬間…」と題してヒラリー演説の動画ニュースを流しています。
どの州の映像か不明ですが、タイミングとしてはもしやカリフォルニア?
と思ってしまいました。
が…
アメリカの東海岸のヴァージニア州がほんの1-2時間前に投票場が開いたばかりです。
ましてやカリフォルニア州はまだ明け方で、
投票場はこれから迎える朝8時に開くわけですからヒラリーに決まった訳でありません。

ヒラリーが民主党大統領候補になるにはまだ分かりません。
決定しないことを、さも決まったように報道するニュースに惑わされるところでした。
何か妙に気持ちが悪いニュースだと思いました。
これ 釈迦に説法 とも思いますが書かないと!思った次第です。

大事なニュースを隠すニュースが溢れてると思います。
舛添さんのニュースより甘利さんのことの方が知りたいです。
舛添さんより前の前の都知事の方が豪遊してたと思います。

Re:staninlowskiさんへ

stanislowskiさん、こんにちは。

はい。たくさんの人が集まりました。
でも、同じ日にすぐ近くの築地市場の移転お別れ売り出しには、
何と15万人の人が!
築地移転には私も反対していたし、別れを惜しむ気持はそれはそれで
わかるのですが、人数がなあ…改憲に危機感持って集まる人が15万人だったら
もっと嬉しかっただろうなあ…(苦笑)

まあ、こつこつとやっていくしかないのですが。ですが!
そうなんです。安倍氏らの思想を支える『日本会議』『神社本庁』そしてあの
桜井よしこ氏などが進めている『美しい日本の憲法をつくる国民の会』などが
進めている『改憲の署名』は、800万筆。
全ての神社が参加しているというわけではないでしょうが、
神社本庁から各神社に署名の依頼が来ると、氏子代表らが氏子の家を戸別訪問。
地元の神社と氏子などは、昔からその土地でお祭りなどで深く結び付いていますから、
氏子のひとで疑問に思うひとがいても断りにくい雰囲気のようですよ。
その気持ちはわかるんだなあ…
『地縁』というものを利用した悪質な署名集め方法じゃないかしらん。
政教分離、ということでもどうなのでしょう…
『強制』ではないとは言うけれども、地縁の縛りは、今でも結構きついところも
あるのでは。いやですねえ…
また、有名神社などでも、境内に桜井よしこ氏の写真入りポスターなど
麗々しく掲げて、自民党による改憲を訴えている。
どんな有名な観光地でも、そんな神社には私行ったら不愉快になるでしょうねぇ。
たとえ政治を抜きにしても、です。

地縁や義理と、自分の主張ははっきり区別して断れる大人だったらいいですが、
憲法に対する知識も自覚も、まだまだ大方の日本人は浅いように思います。
まあまあということで署名したひとも多かったのではないでしょうか。
まあそれを言えば、憲法改悪反対の署名も同じことと言えるかもしれませんが、
どちらにしても、義理や情実で、署名してほしくはありません。

国際フォーラムでの毎年の音楽祭。
こういう催しはいいですよね。
今年はチケット取り損ねちゃったけど、来年は早めに手配して、じっくり
聴きたいと思います。
でも、街角で音楽が聴けるってのも最高です。若い音楽家たちも発表の場が得られるし。^^

ありがとう~~~♪

No title

こんなに人が集うなんてうれしい光景です。
憲法記念日を覚え、戦争のない平和な世界を望みます。
子どものために大人はしっかり動いて闘って護らないと。

国際フォーラム、素敵な文化的な催しですね。
銀座や丸の内界隈すごく好きでした。
音楽を楽しめてよかったですねー。

それにしても氏子の800万筆って、怖過ぎる。

Re:スキップさんへ

スキップさん。こんばんは~。

いや~私も、デモや集会は実は久しぶりなんです~。
昨年秋の安保法制議決反対の国会前以来。
3月の国会前にはいきたかったんですけれどね。スキップさんはおいでに
なられたんですよね。^^
スキップさんこそ、すごい集中力でいろいろな活動してらして。
せめて、『戦争させないぞバッジ』で遠くから応援させていただいています。^^

3日は、前半と後半で、自分の気持ちの持ち方も大きく違い。^^
ゆりかもめの中で気分の切り替えをして、音楽祭展覧会を楽しんできました。
残念なのは、チケット取り損ねたことと、帰る時間を気にしなくちゃいけなくて
『お茶』出来なかったことかナ。
それでも、とても気持ちのいい日で、充実した一日でした。

いよいよ参院選が近づいてきますね~…
することできることはまだたくさんあるんだろうな。
スキップさんは、自民の改憲案ということについていいシリーズ記事を書いて
おいでですね!
私も、明日あたりから、憲法についてのシリーズ記事を書いていくつもりです。
いつもありがとうございます!

No title

 参加されましたか。私も行く予定だったのですが、3日前後、入り路と行事が重なり、正直、きついと感じました。というか、みなさんが色々な私事、公的行事に追われて、余裕が無く、参加予定者が、次々に不参加の連絡、断念しました。
 しかし、私と違い、集会だけでなく、さまざまな文化に触れられたとのこと、敬服いたしました。ここが私の限界ですね。逆に、彼岸花さんが精神豊かな証拠です。反省しているところです。

Re: しほさんへ

しほさん。こんばんは~♪

はい。行ってきました~。
私はあちらの方は行ったことがなく、当日は風がちょうど気持ちのいい日で、
『集会』というより、クローバーの草原でのんびりしてきました~。^^
ほんとはひっくり返って空を仰いでいたかったくらいだけれど、なんせ、
5万人の目があるので。(笑)
でも裸足で草を踏む感触が気持ちよかったです。^^

Tシャツもね、おかげさまで、着心地がとてもよくて。
少しグレーがかったブルー。色がとても上品な色なので、とても気に入っています。
バーニー・サンダース。かなり善戦してると思うのですが、なにしろ特別代議員制度と
いうわけのわからない仕組みがアメリカ大統領候補者選びにはあるので、サンダースは
不利ですねえ…でも、最後まで頑張ってほしい。
サンダースのような思想の人をアメリカ国民がここまで支持するということが
小さな希望ですね。
一方でトランプのような人物が大統領候補になる…

日本は、…。
細野のばかっ!!!(そんなこと言ってたのね。知りませんでした)
ほんと、馬鹿ですね。こんな時期に。
細野は日和見主義者だと思っていたけれど、こんどは誰に尻尾降っているのか。
自民党にか。
自民党に行っちゃえ!
なんで今、そんな馬鹿発言するんですかね。
民進党に、国民が何を期待しているのかが全くわかっていないですね。

アメリカのシンクタンクもいろいろありますが…。調べてみたら、
ブルッキングス研究所の公開セミナーでの発言らしい。(情報未確認)
ブルッキングス研究所は、リベラル・中間派のシンクタンクみたい。
石原慎太郎氏は、ブッシュ政権を支えたヘリテージ財団での発言。
安倍氏も、稲田朋美氏も共和党系シンクタンク、戦略国際問題研究所(CSIS)
での演説。

それにしても、細野氏がなんで民進党の代表みたいな顔してアメリカで勝手な
発言するんですかね。ばかとしか言いようがない!いらないよ、細野なんか。
ぷんぷん!

ふぅ…
ほんと。怒ると体に良くないですね。^^

しほさん。ありがとうございます!





クリントンが民主党大統領候補になるにしても、サンダースを副大統領に指名とか
するくらいの英断があるといいのですけれどね。


No title

やっぱり行かれましたか!
お疲れ様でした。
雨でもなく、晴れすぎても体力を奪われる野外集会ですから。
どうぞ養生なさって下さい。

Tシャツ^_^ありがとうございます。
応援しているバーニー・サンダースまだ健闘しています。
特別代議員(スーパー デリゲート)を除けば獲得代議員数はヒラリーに迫っているそうです。
日本はバーニーのような政治家は見当たりませんが「共闘」で無視出来ない状況を作って
いってほしいです。
そう言う意味で共産党は頑張ってますね。
私利私欲 党利党略 から一歩離れて行動してると思います。
そんななか、米国へ外遊してたらしい民進党の細野豪志が!
ラジオニュースで聞いてその発言に驚きました。
米国のシンクタンクで発言?自民党議員と一緒?
シンクタンクってどこ?
数年前の石原慎太郎都知事時代の 尖閣諸島購入 発言を連想しました。
あの時も米国シンクタンクでしたからね。
ふぅ…
あんまり怒ると身体によくなさそうです。


Re:愛希穂さんへ

愛希穂さん、こんにちは~。
はい、都心で行われた集会にひさしぶりに行ってきました~。
この頃すっかり出無精になっちゃってて。

5万人。多いのは多かったのですが、でも、すぐ近くで行われていた
『築地市場』移転を惜しむ最後の売り出しには、15万人が集まったそう
ですから、庶民の関心は花より団子、じゃなかった!憲法より『食』ということかな。(苦笑)

『いまや「護憲か改憲か」ではなく「立憲か非立憲か」が問われる事態に立ち至っている』
というのは、まさにその通り!、と私も思っています。
私が一番怒りを覚えるのは、『改憲』そのことより安倍政権の『立憲主義』
『法治主義』『国民主権』『三権分立』無視の手法です!
極めて非立憲主義的な、独善的な、改憲への『ごり押し』手法。

国民も、愛希穂さんがおっしゃるように、『改憲か護憲か』で捉えるのでなく、
安倍政権が為そうとしている『国民主権の破壊』の中身、という本質に
もっと目を向けて欲しいと思います。
彼らがやろうとしているのは、『日本を戦争のできる国にする』というような
一般国民にとってあまりピンとこない課題だけではない。
国民の言論表現の自由、人間らしく生きていくための『生存権』、国民主権、
といった現行憲法の一番重要な部分、国民がなんとしても守らなければならない
ものを、ぐずぐずなし崩しにして、極めて『国家主義』的な色合いを帯びた
憲法に全面的に作り替えようとしていることです。

憲法で守られていると私たちが普段ほとんど自覚しない、さまざまな国民の
権利は、国民の無関心やジャーナリズムの自粛・自己規制などといったはっきりと
目に見えないことの積み重ねで、ある日、ふと気が付いたら奪われてしまっていた
ということは、過去の歴史がそれがよくあることと警告してくれています…。

『その流れを断ち切ることが、私たち大人の責任ですね。子ども達のために。』

愛希穂さん。ほんとほんと!ですよね。
私もそんなには残りの生は長くはないと思いますが、出来うる限りのことをして
この嫌な流れを止めることに努力したいと思います。

もう1,2個記事書いたら、憲法シリーズの記事にいよいよ入ろうと思っています。
本腰入れて取り組みたいと思っています。

愛希穂さん。ありがとう~~~♪
 

本腰入れて取り組みたいと思っています。^^




No title

こんにちは。

東京では大規模な憲法集会があったのですね。
参加者も多かったようで、人の関心も高まってきているのですね。

朝日新聞の記事で先日、
”いまや「護憲か改憲か」ではなく「立憲か非立憲か」が問われる事態に立ち至っている”と書かれていて、他の折にも
”「民主主義か独裁か」だ”というようなことも書かれていました。

本当にその通りだと思いました。
アベは「改憲」と言うけれど、その裏には「独裁」「非立憲」という本音が隠されているのですよね。そのことが分かれば、アベの「改憲」に同意する人なんてほとんどいないのではないかと思います。

ただ、こういう事態を招いたのは私たち大人なんですよね。
5月2日の朝日新聞の「憲法を考える」で、こういう事態に陥った過程について書かれていましたが、一つの妥協が、ちょっとした無関心が、憲法破壊の危機を招いた。
その流れを断ち切ることが、私たち大人の責任ですね。子ども達のために。
プロフィール

彼岸花さん

Author:彼岸花さん
リンク、トラックバックご自由に。

『しだかれて十薬忿怒の息吐けり』

『南亭雑記』の南亭師から頂戴した句。このブログになんともぴったりな句と思い、使わせていただきます。
十薬とはどくだみのこと。どくだみは踏みしだかれると
鮮烈な香りを発します。その青い香りは、さながら虐げられた若者の体から発する忿怒と抗議のエネルギーのよう。
暑い季節には、この強い歌を入口に掲げて、私も一民衆としての想いを熱く語りましょう。

そして季節は秋。
一足早いけれども、同じく南亭師からいただいた、この冬の句も掲げておきましょう。

『埋火に理不尽を焼べどくだみ荘』

埋火(うずみび)は、寝る前に囲炉裏や火鉢の燠火に灰をかぶせて火が消えてしまわぬようにしておいた炭火などのこと。翌朝またこの小さな火を掻き立てて新たな炭をくべ、朝餉の支度にかかるのです…

ペシャワール会
http://www1a.biglobe.ne.jp/peshawar/pekai/signup.html
国境なき医師団
http://www.msf.or.jp/donate/?grid=header02
最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード