『キャンドル・ナイト 62』



今日も署名集めをして帰る日暮れの空は、驚くほど美しい夕焼けだった。
胸の底に、静かに湧き起る、何やら甘美さをたたえた憂愁…

もうすぐホトトギスが啼くなぁ…

私は、梅雨に入る前のこの季節が本当に好きだ。

だが、家に帰って、夕食の支度をして…そのいつからかわからないが
いつからか、先ほどまでの甘美さをたたえた憂愁は、いつの間にか、苦々しい
腹立ちに入れ替わってしまっていた…

何がきっかけだったのか自分でもわからない。
栃木で子供達が食べたタケノコごはんの給食が、放射性セシウムの基準値の
100ベクレル(それでも、世界の基準からすると信じられないほど高い!)を
大幅に超える234ベクレルもあった、というニュースをネットで見てからか。
なんということ!?…涙が出てくる!…そんなことがあってもいいのか?!
そんなことが、この国ではもう、『普通のこと』『仕方のないこと』になってしまったのか!

そのもっと前、キャンドルを灯していた頃からか…
それとも、夕焼けを見上げた時の一瞬の感動を除き、署名集めをしていたときから
既に苦い腹立ちは胸に巣くっていたのか…。

今日は私は、地元の九条の会の人々と『緊急事態法』の危険についての学習会の
ビラ配りと、安保法廃止の署名を兼ねて街角に声を上げていたのだが、
一人の30代くらいの男性が私に近づいて来て、”Are you Korean?”と、薄笑いを
浮かべながら言い捨てて去っていったのである。
またか!
なんという愚かな…!
見ず知らずの人間に、『韓国人!』あるいは、『朝鮮人!』という言葉を投げつけて、
それで相手がひるむとか傷つく、と思う心のあさましさよ……
それがいったいどうしたというのだ!
仮に"Korean"であったとして何が悪い。

それで自分が偉くでもなるのか!?
そう思うのなら、街を歩きながら、『日本人!』『アメリカ人!』『ロシア人!』『日本人!』
『フランス人!』『エジプト人!』『日本人!』『中国人!』『エチオピア人!』『日本人!』
『トルコ人!』『日本人!』『ブラジル人!』『韓国人!』『日本人!』『フィリピン人!』…
などなどと、すれ違う人々に薄笑い浮かべて言いながら歩きなさい!
さぞかしあなたは立派な、すてきな人間に見えるでしょうし、なれるでしょうよ。
世界に出て行って、それをやってご覧。

…大体私は、今日に始まったことじゃない。ここ数日の北朝鮮報道にもムカついて
いたのだと気づく。
正直言って北朝鮮がいい国だとは思わない。だが、『まあまあ普通』のことも可笑しなこと
のように言いたてる報道のなんと多いことか!
曰く、みんなが一斉に花など持って金正恩国防委員会第一委員長?に向かって
同じ角度に顔を向け花を一斉に掲げる、それを何日もかかって練習していたそんなこと
までを何か、異常さの証拠ででもあるかように言いたてる報道番組。
過去のオリンピック開会式の映像ちょっとみてごらん。そんなこたみんなやってるよ。
みんなで水色のハンカチ胸から出して、自国の貴賓席の前でそれを一斉に掲げるとかさ。
日本の国体だってやってるでしょうが。
報道規制の問題だって、程度こそ違え、日本でもやってることじゃないですか。
福島第一原発事故が起きたときは、はじめの頃、外国人記者団とフリーのジャーナリストは
記者会見場に入れなかった。
今でも、記者クラブの記者会見は、最初から質問者が決められていて、その質問内容も
あらかじめ提出しておかなければならないなどと言うことは、この日本でもしょっちゅう
やっていることじゃないですか。
かつて玄海原発の住民説明会では、九電関係のサクラが用意されていて予定調和の
質問をし、会を自分らの思う方向に持っていこうとした…
もうそんなことはこの日本でもしょっちゅうじゃないですか。株主総会もしかり。

さらに。あえて言うならば、
日本がかつて朝鮮半島でしてきたことを想いなさいよ。
朝鮮半島の苦難の歴史を、この機会に少しでも知ろうとしてみなさいよ。

拉致など悪いことは悪い!
核実験もよくない!(だが、アメリカもフランスもロシアも中国も…やってるけれどもそう叩かれないね)
そういう悪いことと、北朝鮮のなにかもを軽蔑することとは、別問題でしょうが!
人の国を貶めて自分が偉くなるということなどない!
むしろ、他国のここが悪いと思うならば、ひるがえって自分の国はどうなのか、と
考えてみるべきだ。
今の安倍政権になってからの言論の委縮はどうだ?
じわりじわりと進むこの国のジャーナリズムの無力化と、教育の統制…巨大企業の腐敗…
ジャーナリストなら、そっちを心配しなさいよ!

いろんなことに怒ってたんだ、あたし…。


ふ~ぅ……

62回目のキャンドル・ナイト。
心が沈みこむ……。

この国はどうなっていこうとしているのか…。
他国もまた…。

今日は実は、署名集めの方は、いつもに増してすごく反応があったのである。
何も言わないのに向こうから近付いて来て署名してくれる人々…
そのほとんどが、安倍首相と今の政治への憂慮をつぶやきつつ署名していた…
高校生の男の子たちも自分から。




006_2016051121252262c.jpg


今日は、なぜか絶対に、緑色っぽいもので、セットしたい気分だった。
花桃が青い実をつけている。あれをいくつかころん!と置くか。青い楓の葉っぱを
一枝折ってくるか…

いつもペン立てにしているガラスの器にふと目がとまる…。
思いがけず、美しい、五弁の花が咲く。















心ひとつに キャンドルナイト






南亭さんバナー②


葉っぱさん、れんげちゃん。NANTEIさん。
今月もバナーお借りします。
 




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: んさんへ

ハハ~。ジャイアンツファンでいらっしゃいますか。(笑)
そりゃざんねんしごく!(爆)

あ~。あたしも長嶋さんがどうも。原サンもあまり…。
ジャイアンツでも、上原なんかは、わりと好感持ってましたけれどね。
なんせあたしは子供の頃、西鉄ライオンズが地元でしたから、その頃からの
アンチジャイアンツなんです。^^

兄が広島で結婚して母を引き取り、一応実家が広島、ということになって
からはずっとカープファン。まだ市民球団の万年最下位チームの頃からです^^




じゃいあんつファンですが?

何か?(笑)

でも、ここ数年来はどうでもいいかな?と。

中学時代、女子は地元カープファン、男子は何故か?巨人ファンと派閥みたいなものができてしまいまして・・・

原因は今となってはなんだったんだか?(笑)
いまだに、その惰性でのファンみたいなもので・・・

ファンといっても、長島、原はあまり好きじゃなくてねぇ。

Re: 鍵コメさんへ

鍵コメさん。こんばんは!

少しご様子が落ち着かれたようで何よりです。^^

はい。街頭に立っていると、ささやかですが、いろいろ見えます。
そう。嬉しいこともがっかりするようなことも両方。
反省させられることもあるし、いろいろ学びます。やって良かったなって思います~。
6月末まであと少し頑張りますね~~。^^

キャンドル・ナイト。
そうですね。緑色のセッテイングにしたいなと思ったのは、やはり青葉の季節
だからでしょうね。
私は、夏に至る前…梅雨に入る前のこの季節がとても好きなのです。
私の花、ともいえる『どくだみ』の白い花が咲き、茎や葉から青い匂いが立ち昇る季節。
いつもこの季節には、テーブルクロスも緑色系統の布に替え、ガラスの器に
庭のどくだみや、八つ手やカラーの葉っぱなどのみずみずしい青い葉を挿したくなります。
それとね~。なんというか、こころが水気を求めているような。
自分の国を見ても、世界を見ても、あまりいいニュースありませんしね。

でもね。おっしゃるように、熊本はたいへん。
ほんと。私も、こんなに遠くなければ、せめて被災なさったお知り合いの方に
泊まりに来てしばし休んでいただきたいと、同じく思いますよ~~~…
せめて余震があんなに続かないのならいいのですが。

メール。ありがとうございます。
じっくり読ませていただいて、また明日にでも返事書かせていただきますね。
ありがとうございます!





Re: んさんへ

んさん。こんばんは。

>都知事、振り逃げ?
>スリーバント(高額外遊、毎週末に都外、税金の私的流用)失敗でアウトだろっ!

うふふ。んさんは野球お好きでいらっしゃるんですね。
もっちろん、カープファンですよねッ?
えッ、違う? ありえな~い!
えッ。やっぱ、カープファン? ですよねですよね~
(と。一人で勝手に盛り下がったり盛り上がったりする。爆)
私は、カープファンで~す。

舛添都知事。
う~ん。…どうも『都民のお金』という自覚が足りないようだ。
まあそもそも期待してもいなかったけれども。
安倍さんも必要もなさそうな外遊でじゃんじゃんお金使いまくっているしなあ。
オリンピックは誘致の初めから何やらいかがわしいし、金の使い方もずぶずぶ。

もう、なにもかもがあちこちでぐずぐずのゆるゆるですね。

んさん。ありがとうございま~す。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

えっ!・・・

まさか?都知事、振り逃げ?

ダメダメ、スリーバント(高額外遊、毎週末に都外、税金の私的流用)失敗でアウトだろっ!

野球用語ばかりでスミマセン(笑)

Re:しほさんへ

しほさん。こんばんは~。

そうなんですよ~。もう一カ月経ちました!
ひと月の過ぎるのがなんと早いことでしょう。私もぼんやりしていて、
うっかり11日と気づかない時もあります。
NANTEIさんのところに伺って、『あ!今日は11日だった!』と慌てて思うことも。

『私たち思い出さないといけないですよね。
中国、そしてあの半島から沢山のことを学んできたかを! 』

ほんとにそうですよね!
漢字。仏教。建築。法律の概念を含むさまざまな諸制度。絵画・陶芸など
諸芸術。食文化、医薬医療…そしてインドや西洋の文物などなど…
ありとあらゆることを、私たちはかつて、中国や半島の人々から、あるいは
彼らを通じて学んできたのでした…。

私も、かつて『殷文化展』に行って、その青銅器などの壮大さに驚愕したことが
ありました。
殷時代と言えば、紀元前17世紀から11世紀くらいのはるか昔です。
日本ではまだ縄文時代。
中国のこと知ろうとすると、その歴史の長さや壮大さに圧倒されて、私など
何も勉強しないうちからへなへなとなってしまいます。(笑)

朝鮮半島の人々からも、実に多くのことを我々は教わってきている…。
その人々に私たちは何をしてきたのか。
そのことを忘れてはいけないですよね。

オバマさん。長崎にも行ってほしいですよね。今回はまあ、無理なのかなあ。
長崎と広島は、同じに語られなくっちゃね。

原爆ドームは言わば『負の遺産』だけれど、そういうものこそ後世のために
残しておいてほしいですよね。
日本はともすれば、『嫌なことはすべて水に流して忘れてしまえ』式に、
いやなこと、負の記憶は、忘れてしまおう、蓋をして覆って見えなくしておけば
とりあえず安心…と言った心理の、とりわけ強い国民性だと思います。

憲法は、その逆を行くものだな…。
苦い侵略・戦争の経験を忘れまいぞ、というところからきている。
だから、早く改憲して、見たくないものを見ないようにできるようにしたい
一部のひとがいるんでしょうね。
そう。東北の記憶もね。原発のスローガンなど取り外しちゃったし。

しほさん。ありがとうございます。
バーニー・サンダースもがんばっていますね。^^
また今度着ていきますよ。^^




Re:NANTEIさんへ

NANTEIさん。こんばんは~。

ありがとうございます。
私もね、NANTEIさんにいつも励まされつつ毎月11日を迎えています。
師匠のとこお訪ねして、『ああ、もう11日の記事書いてらっしゃる!…』
と思って、自分のとこへ帰って来ては、その日のしつらえを考えます…。

お互い、よく続けているものですね。
私は、とりあえずは蝋燭さえあれば記事になるけれども、師匠は毎月、
関連記事をお書きになるのですから、どれほど大変かと思います。
…しかし、復興も、原発も、置き去りにされたまま、世の中はおかしな方へ
方へ進んでいきますね…。

街頭署名はね。自分の親戚友人近所の人々などに頼んで回るより気楽なのです。(苦笑)
それにね。良くも悪くも、世の中が見える気がして、なにかいつも新鮮なのです。
ほんと。いろんな人がいますしね~~~。
確かに、みんなが同じ考え方になっちゃう方が怖い!
私もそっちの方が厭かな。
だからね、『私は安倍支持だから』という人は、それはそれでいいと思っています。
考えてみればね。『戦争法反対!』を『正義』として強いるのも、一種の同調圧力
にはなりうるわけですから…。それはいつも考えます……。
なんせ私。本質的には、人に何かを強いられるのが一番苦手な人間でして。(^^)

ただ、『チョーセンジン!』などと言い捨てていく人は、これは『ひとはひと』とは
ちょっと思えないです。
私がもし、在日だったらどんな気持ちがするか…
それを想えば、ただ、『馬鹿な人もいるもんだ』と苦笑してなんかいられない。
在日で、しかも若い女の子だったりしたら…。
日本人の男性に、『チョーセンジン!』などという言葉を街角で投げつけられたら、
とても笑ってなどいられない。恐怖の感情や悲しみしか覚えないでしょう。
身の危険さえ感じるでしょうね。
そうなったらそれはもう『脅し』です。

『北鮮を産んだのは他ならぬ日本ではありますまいか。
日本帝国による植民地化と敗戦が齎した南北の分裂、
そして朝鮮戦争という決定的な憎悪の源は全て私たちにあります。』

そうなんですよ!まさにおっしゃる通りだと私も思います。
南北分断、そして北朝鮮、韓国という二つの国を生んだのは、私たち日本人と
アメリカとソ連と中国と…それら大国の身勝手な思惑ですよね。
とりわけ、日本の罪は重いと思います。
日本は、その罪をこころからまだ悔いていない。
安倍氏のような首相を生んで、それを支持し続けているのですから。
安倍氏とその取り巻きなどだけでなく、多くの日本人自身の心の奥底のどこかに、
まだ、朝鮮半島の人々や中国の人々を下に見下す心があるように思います。

師匠のかつて出会われたその韓国人青年の言ったこと…
私もその言葉を突きつけられたら、同じように俯くしかないだろうなと思いますよ…

日本人の私たちには推し量ることもできないいろいろな想いや事情。
中国姓の方だなと単に言っても、人民共和国の方か台湾の方かもわからないし…
日本人の方とこちらは思っていても、実は日本の占領時代に創氏改名で、
祖父祖母の世代の方が日本の姓に変えた、という韓国の人もいることでしょう…。
私が塾に勤めていた頃の生徒さんに、そういう家庭が2軒ありました…。
一軒は、日本人である母方の姓を名乗っていましたが。
もしかしたら、昨日私に、"Are you Korean?"という言葉を投げつけていった
男のひとだって、実は自分が知らないだけで、朝鮮半島の血筋の人かも
しれません…血筋をひた隠しにしなければこの日本で生きていけない…という
人々もいたでしょう…

それほどに、中国のかたや朝鮮半島の人々の抱く想いや背景は複雑…。
それを複雑にぐちゃぐちゃにしたのは日本人の罪でもあります。
ほんと、おっしゃる通りなんですよね。知ろうと思って知っていくしかない…

正直言って私もまだ、まるで勉強不足。知るべきことは果てしなくあるなあ、と
焦ります…
沖縄のこともそうですよね。
本土の人間は、私も含め、沖縄のことを知らなさすぎる…
どうして人間は、もっと寛容に、仲よく生きていけないのでしょうね~。


そうそう。話は変わりますが、『元図案屋』と名乗られる(^^)絵のプロのお師匠さま。
私、今日、ある本手に入れたんですが、まだ読んでないので、読んだらまた
記事にしてみますね~。^^

Re: んさんへ

んさん。こんばんは~。

オバマ。広島を訪問することになって、まあ、これは歓迎ですね。
私も、兄が広島で結婚し母を引き取ったので(もう今は亡き母ですが)、
広島は第三の故郷のようなものなのです。
(第一の故郷はやはり生まれた土地、大分。育った福岡が第二の故郷。)
原爆資料館へは、兄を訪ねて広島に行った高校生の時初めて行って、
大きなショックを受けました…

そうですね。『謝罪』とかそんなことより、まず核兵器の残酷さ悲惨さを
オバマさんに自分の目でもって実感してほしい。
んさんのおっしゃる通り!私もそう思います!
立場とか先入観を排して、一人の人間としての心で向き合ってほしい。
これは、オバマさんに限ったことではなく、また広島長崎に限ったことでも
ないですが。
核兵器、のようなものを使用する戦争、というものを、この世からなくしたい
ですよね。

安倍さんには、ほんと、私も同行してほしくない。
オバマさんに、一個人としての心で、行ってほしいからです。
まして、安倍さんのような人が案内役では。
このことも、あのかたは政治的に宣伝材料にするのだろうなあ!

…まあ、でも、いいことですから、いいか!^^
岸田外務大臣は、私は、大嫌いな安倍政権の中では、誠意のある人物と
まあまあ評価しています。彼は国会の答弁などでも、質問をはぐらかしたり
ほとんどしませんね。いつもまともに受け止め誠実に答えている印象。

オバマさんにとっても、広島を訪れるのは、米国大統領としてまた一人の人間として…
おそらく生涯忘れられない記憶になるんじゃないかしら。
長崎にもね、足を延ばしてほしいのですが、それは無理なんだろうなあ…

んさん。ありがとうございます~♪

No title

またもや、はっとしました。
昨日お邪魔した時に そうだ!11日だったと…

私たち思い出さないといけないですよね。
中国、そしてあの半島から沢山のことを学んできたかを!
上野の芸大所蔵品展で見た国宝は1-2世紀頃の中国の巻物でした。
色鮮やかな絵と漢字を見ていたら、そう思ったのです。
現代の私たちが読める漢字がもうあったのです。
読めません。でも勝手にレ点を入れて読んだ気分になってきました。
丁寧に書かれた文字に ありがとう と言いたくなりました。

「オバマ 広島へ」 のニュースに長崎の人達から 長崎にも来て!
の要望が出たそうですね。
声が上がるのはいいことです。
行かないにしてもね…
長崎にも原爆ドームのようなものが 残っていたらと思います。
教会が… 残されてもよかったような教会が早々に解体されたと記憶してます。
そう思うと東北の地に何かを残さなければいけないのではと思いました。




こんばんは。

毎月の趣向、楽しみにしております。
といっては不謹慎かもしれませんが。

身近のもので、こうして哀悼の灯を創造なさること、
元図案屋としては、ぎゃふん!の思いです^^

それにしても、身を持っての署名運動。
ほんとうに尊敬しております。
最近は発言すらしない私、非常に恥ずかしく思ってます。

しかし、色んな人が居るものですね。
でも私はそれで良いのだと思います。
みんながみんな同じ考えを持っているとしたら、気持悪いですもの・・・

ただ、今の時代はどうやら2・26の頃に似てきてると思います。
閉塞感というよりこの国に悪い血液が流れてきたような気がしてなりません。

また、これはいつか書こうと思っていたのですが、
北鮮を産んだのは他ならぬ日本ではありますまいか。
日本帝国による植民地化と敗戦が齎した南北の分裂、
そして朝鮮戦争という決定的な憎悪の源は全て私たちにあります。

もちろんアメリカと中ソの新たな対立という情勢もありましたが。

40代の頃でしたか、深川の屋台で偶然、
隣り合ったコリアの青年と議論したことがあります。
38度線近くに住んでいたそうですが、南北を分かつ高い鉄条網を挟んで、
離された親類同士が泣き叫んで呼び合っていた光景は、
絶対忘れられないと語っていました。

そして、韓国人が日本人を憎むのは、
朝鮮半島を目茶目茶にしてしかも敗戦国となった日本が、
韓国よりも早く何倍も豊かになったこと。
そう言って強い目で見据えられたとき、
私はうつむくことしか出来ませんでした。

歴史を直視するということは、たくさんの事実を知ることだと、
その時強く思ったものですが、
いつの間にか彼の言葉も遠いものになっています。






オバマが

来るらしい?

うんうん、まず、来広してもらって、謝罪云々より核兵器使用の怖さ悲惨さを実感してくれよ!それからじゃ核保有国としての行動は。というのが広島の人の思いじゃな。

わしとしては、北なみに核大好きな(原発も原爆も)安倍にはぶっちゃけ来て欲しくないんじゃが。

Re:スキップさんへ

スキップさん。こんにちは。

『チョーセンジン』『キョーサントー』『クミアイ』『ニッキョーソ』…
もう、こうした言葉を投げられるのには慣れっこになっているのですが、
その馬鹿馬鹿しさに思わずいつも怒るというより笑ってしまうくらいなのですが、
それでも、そうした言葉を他人に投げつけるひとの心根を想って、寂しい気持には
なります。
そんな言葉を見知らぬひとに投げたからと言って、自分の心が綺麗になるわけじゃ
あるまいに。自分が偉くなるわけでもあるまいに。

『人種差別が正義ならば、何が悪なのか、そういいたいですね。』

ほんと。そう思います。
『非国民』って、なんなんでしょうね。
その時々の『時の政府』に従順でなにも疑問を抱かないことが『よき国民』
なのでしょうか。
安倍政権のような政府が、この国の『価値』であり、『正義』なのでしょうか。
自分の頭でちょっと考えれば、安倍政権のひどさはわかるはずなんですが。

日本だけでなく、トランプ人気のアメリカ、フランス、フィリピン、…
『反知性』が世界に増殖しつつあります。
大衆のなんとなしの不満はよくわかる。でもその不満の捌け口を、自分よりさらに
弱い立場の者へ向けて、一時的に溜飲を下げる、というやり方は明らかにまずいです。
その憎悪の果ては、どんな世界になるのか…それをちょっと考えればわかるはず。
『貧困』や『長く続く不況』が生む不満や憎悪や排斥心理、そして恐怖。
それらのいきつく果てが、大きな大きな戦争を生む。そこで傷つき死んでいく者は、
決して時の為政者や権力者ではない。『自分自身』を含む一般の大衆…それも
弱い立場の者ほど先に死んでいきます…

権力者に追随していけば自分も強くなれる、と思うのは、単なる幻想。
『自分はその弱者の側に本当はいるのではないか?』と想ってみるとき、
社会の仕組みが本当に見えてくると思います。

それには、やはり、しっかり目を見開いて、世の中の仕組みを見つめていく
ことですね。この世界の理不尽の底に横たわるものは何なのか…

『いい世の中にはできるはずなんだ!』私はまだそれを信じていたいと思います。

スキップさん。ありがとうございます。



Re:玄さんへ

玄さん。こんにちは~。

ね。綺麗でしょう?
このガラス器、もうだいぶ前からうちにあって、確かがらくた屋さんの
店先にあったかどうかしたものだったと記憶しています。
深い綺麗な翠色で、ときに花瓶にしたり、今はペン立てになっていたり。
ずっとなんとはなし六角形の集まりだと思っていたんだけれど、今回
蝋燭ともしてみたら、五角形の集まり=『正十二面体』に近い器だったんだと
はじめて気付いた。迂闊ですね。^^
碧と翠。
五菱、五鏃、五脊…
漢字の世界は豊かですね。

なんかね。こころが水気を求めて喘いでいた感じ。
vapor. ^^
水蒸気でも靄でも霧でもなんでもいいから、こう…体もこころも水気に
どっぷり浸かって、あふあふ喘ぎながら、水気を取り込みたい感じ。
こころが乾いていたんですね。

そうそう。同じ緑でも、石の碧じゃなく、そう、透明な水気のある翠。
ほんと、そんな感じです。よくわかってくださるなぁ♪

『玉』の碧も、普段ならとても好きなんですけれど、今はなぜか、そうそう
エメラルドの透明な緑、靑竹のような水氣ある緑。そういうものをこころが求めて
いたんだと思います。透明度の違い。石と生あるものの違い。
『沈む光』と『飛ぶ光』という対比も面白いですね。

季節がそうなのだ、と言ってしまえば確かにそうなのだけれど、あたりに満ちている
草木の緑の中にいてさえ、こころが渇していた。

いつもこの日のしつらえを楽しんでくださってありがとう♪
なんだかとっても嬉しいや。
おいしいお水を、ごっくん!飲んだ感じ。^^

No title

 腹立だしいお話です。その男は自分の行為を正義だと思っているんですね。そうでなければ出来ないことです。人種差別が正義ならば、何が悪なのか、そういいたいですね。
 お上、政府に逆らうものは非国民だという認識が彼にあるのでしょう。お前は日本人なのか、朝鮮人だろう。自分で何が正しく間違っているのかを判断できない、知性が働かない人間であることを自ら告白しているようなものです。今日本に足りないのは知性ですね。相棒の杉下右京は鋭い観察力で得た情報を総合して、事実を突き止めますね。さまざまな知識情報を頭で処理して、自分を作ってゆくのが完成された人格です。その人格に向けて成長してゆく緊張の中に人生がある、そのことを私たちは忘れかけているように思います。人の振り見て・・・ですね。

綺麗です,とても綺麗!!
五菱。五鏃,五脊・・・・丸に五角形というのはまた独特の安定感と華奢をかんじますね
暫し見入ってしまいました深い濃い緑。エメラルドのようにVaporの光。
靑竹のような水氣ある
これが怒りの表現だとしても安らぐのは温かみのある炎があることを知ってるからでしょうネ。
碧と翠のちがいは,白(ハク)色と水(スイ)色のちがいは,透明度のちがい。
石(セキ)と生(セイ)のちがい。沈む光と飛ぶ光・・・・なぜか
そんなことをおもいました

とにかく・・・うつくしいです。
プロフィール

彼岸花さん

Author:彼岸花さん
リンク、トラックバックご自由に。

『しだかれて十薬忿怒の息吐けり』

『南亭雑記』の南亭師から頂戴した句。このブログになんともぴったりな句と思い、使わせていただきます。
十薬とはどくだみのこと。どくだみは踏みしだかれると
鮮烈な香りを発します。その青い香りは、さながら虐げられた若者の体から発する忿怒と抗議のエネルギーのよう。
暑い季節には、この強い歌を入口に掲げて、私も一民衆としての想いを熱く語りましょう。

そして季節は秋。
一足早いけれども、同じく南亭師からいただいた、この冬の句も掲げておきましょう。

『埋火に理不尽を焼べどくだみ荘』

埋火(うずみび)は、寝る前に囲炉裏や火鉢の燠火に灰をかぶせて火が消えてしまわぬようにしておいた炭火などのこと。翌朝またこの小さな火を掻き立てて新たな炭をくべ、朝餉の支度にかかるのです…

ペシャワール会
http://www1a.biglobe.ne.jp/peshawar/pekai/signup.html
国境なき医師団
http://www.msf.or.jp/donate/?grid=header02
最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード