『真田丸~アントラーズ』


プーチンの記事書いてる途中なんだけれど、ちょっと道草しようかな。
12月18日。今晩は、テレビで感動したもの二つ。
たまには、テレビの話題などもいいでしょう。

一つは、サッカークラブ世界一決定戦で、実質名目ともに世界一の強豪レアル・マドリード
に対し、なんと2-2で互角に戦い、延長戦になって2得点を決められて、最終的には2-4で
負けたけれど、よく戦ったとしか言いようがない、鹿島アントラーズ。

もう一つは、今日で最終回を迎えたNHK大河ドラマ『真田丸』。
真田信繁(幸村)の最期のシーンや、重要登場人物の最後の動きなど、消化不良感が
残ったと思った方も多かったかもしれないけれど、私は、今年の『真田丸』良かったなあ…
脚本の三谷幸喜も、『新選組!』以来好きだし。

と言っても、私は例年、大河ドラマのよき視聴者であるわけではなく、1年間ほぼまともに
観たのは、今年の『真田丸』と、一昨年の『八重の桜』、そして2004年(あれからもう
12年も経ったのかぁ!)の『新選組!』くらいのものだ。
それらだって毎回観ていたわけでもない。
ちゃんと毎年観ていれば、いい作品は他にもたくさんあったのだろうが、そもそも我が家は
かなりあとまでテレビは持たない主義だったので、大河ドラマ初期の名作群は、観ようにも
見れなかったのである。
割とまともに見始めたのは、昭和62年の『独眼竜政宗』あたりからかなあ…
そのほかの大河ドラマは、それぞれ、たまたまテレビがついたときやっていたら観る、
という程度にしか観たことがない。
大体私は、テレビはあまり見ないほうだし、特に決まった時間に決まった番組を
きちんと見るということができない人間である。だから、朝の連続テレビ小説もほぼ
観たことがない。

たまたま見続けた大河の三作品には、しかし、共通のところがあるなあ。
…それは、皆、滅びゆく者たちのドラマだったというところだ。
私は、そういうのが好きなんだな。きっと。
『新選組!』などはとても好きだった。『八重の桜』も、前半部会津が舞台の時は、
欠かさず観ていたように思う。

私がドラマを見るとき、筋立てそのものより、主役脇役…の俳優さんの演技に
引き込まれて、個人的に、その役を演じているときのその人、に惚れこんでいる
ことが多いように思う。NHK大河や、朝の連続ドラマは、私は観たことがなくても、
その配役の妙・・・とりわけ、脇役陣の起用が評判になったことが多かったように思う。
『黄金の日々』の石川五右衛門役の根津甚八には、視聴者から助命嘆願が
多く寄せられたと聞く。朝の連続ドラマ『あさが来た』では、五代さまロスが起きたとか。
(残念ながら私は五代さまにもあまちゃんにも会っていない。><)
今回も、真田信幸役の大泉洋とかその側妻こう役の長野里美とか、秀吉を演じた
小日向文世(この人もうまい役者だ!)とか、評判になった人はたくさんいた。

私は、今回の『真田丸』では、なんと言っても真田信繁役の堺雅人が良かったなあ…
堺雅人。この俳優は、本当に演技がうまい。
私がこの俳優に初めて注目したのは、『新選組!』での、副長(のちに総長)山南敬助役を
観た時からだった。小野派一刀流の免許皆伝、柔術の名手とも言われた新選組副長でありながら
鈴木砂羽演じる遊女明里との切ない恋をも演じきって、『この役者さん誰だろう!』と思ったものだ。
明里を演じた鈴木砂羽も、『この人うまいなあ…』と思っていたが、その後やはり名女優の
道を歩んでいらっしゃるように思う。
堺氏はその後、同じ大河の『篤姫』では、徳川第十三代将軍家定を演じた。
『疾ありて政をきくことあたはず』と記録にも残されているという、病弱で一説には麻痺
があったとも言われている家定を、この大河ドラマでは、『ウツケのふりをしていただけだ』
という別の解釈(決して暗愚ではなかった、そういう記録も実際あるという)で描いていて、
その複雑な役どころを、堺雅人はこれまた見事に演じていて、私は感心したものである。
残念ながら、民放の大ヒット現代劇『半沢直樹』は、一回も観たことがないが、この
堺雅人という俳優。大義と恋の間で板挟みになる武士の役から、うつけを演じる将軍
という複雑な演技から、コミカル?でシリアス?(見てないからわからない)な現代劇、
そして今回の『真田丸』の若き青年信繁が歴史に名将と謳われる策士と成長していき、
悲劇の武将として散るまで、を、それぞれ見事に演じ分けて、ほんとうに上手い人だと
思ってしまう。
この『真田丸』の信繁役は、堺雅人が演ずると聞いたときは、新選組!の時から好きな
役者さんではあったけれど、どちらかというととても優しい顔立ちなので、武将役はどうかなあ、
と思っていたのだが、どっこい、若き日の少々頼りない信繁が苦難を経て成長して行くにつれ、
堺氏の顔が素晴らしく老成して行って、最後あたりの大阪冬、夏の陣の頃には、ほんとうに
引き締まった意志の強い、苦味ある戦国武将の顔になって行っていて、その度量も滋味も
激しさもある美しい顔に、毎回観惚れたものである。

『真田丸』には、『新選組!』土方歳三役で、これまたとてもファンになった山本耕史が、
石田三成役を演じていて、この苦悩する石田三成像も、冷たいばかりという従来の解釈と
違っていて、なかなかに素敵なのであった。頭が切れるが故に、冷たい印象を周囲に
与えるが、その底に秀吉への篤い忠義の心や、情にも脆い一面も隠し持つ
石田三成という複雑な人間像を、これまた山本耕史は、役になりきって演じていたように思う。
この人の土方歳三役は、私は後にも先にもこの人しかない!と思うほどのはまり役、
であったが、石田三成役もまた、三成役はこの人で決まり!と思うほどに演じきっていて、
役者さんというものは本当にすごいものだなあと感心してしまう。
このほかにも、記憶に残る役どころの人物たちはたくさんいた。ごく早い時期に消える
役どころではあったが、武田勝頼役の平岳大の、堕ちのびて行く時の演技の悲しみは
絶品で、さすが私が大好きだった名優平幹二朗の血をひく役者と、嬉しくなったものだ。
この人も、日本の演劇、映画界を支える名優の一人にこれからなって行くんじゃないかなあ。
豊臣秀次を演じた新納慎也はいい人物造形をしていたし、北条家家臣板部岡江雪斎を
演じていた山西惇。矢沢三十郎頼幸役の迫田孝也の信繁を想うせつなさ。堀田作兵衛を
演じた藤本隆宏なども個人的にいい配役だなあと思って観ていた。
藤本隆宏はなんと元水泳オリンピック選手…そのころから好きではあったんだが。
女優陣では、信繁に最後まで尽くす『きり』役の、長澤まさみが私は好きだった。
子供のころからずうっと信繁が好きなのに、気が強く口うるさい女と思われがちで
信繁とは口喧嘩ばかり。しかし、信繁を想う秘めた心は他の女たちのだれにも負けない。
それなのに、自分の恋心はぐっと胸の内に秘め、信繁と信繁を取り巻く女たちに仕える
役回りでしかいられない、せつない女の役をこれまた、上手に演じ切ったなあ。
第49回、最後の一回前の回の、信繁ときりのシーンには泣かされた…ですよ。
今日の最終回、単騎、徳川陣に切り込む信繁に、遠くから別れを告げるシーンも。

他にも印象的な役どころがたくさんあって、一人一人の役者の名演技について
語れないのが残念だ。
私はそもそもは、『ファン意識』というものを小さいころからあまり持ったことのない人間だ。
特定の誰か有名人をすごく好きになってその写真を集めたり作品を欠かさず観たり、
などということはほとんどしたことがない。
そもそも『他人は他人、自分は自分』という意識が強いので、他人に何かを仮託することが
嫌いなのである。
でも、『役者の演技』は別。これは文学や絵画や音楽などと同じ芸術だから、巧い演技や
演出を見ると本当にうれしくなってしまう。

音楽といえば、『真田丸』のテーマ曲もよかったなあ…。
作曲服部孝之。『新選組!』もこの人だった。
祖父服部良一、父服部克久も数々の名曲を残している。
大河ドラマは、そのテーマ曲でも冨田勲、武満徹、エンニオ・モリコーネ、芥川也寸志、
林光、池辺晋一郎など作曲家も多士済々。印象的な曲がいっぱいあったんだった…。




下野竜也指揮NHK交響楽団、ヴァイオリン・ソロ三浦文彰。期待の若手だ。



うわあん! これ聴いていると、『真田丸ロス』起しちゃいそう!(涙)




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: んさんへ

んさん。新年おめでとうございます。

目出度いことなど思いつかないようなろくでもない世相ではありますが、
それでもやはり、一応新しい年は気持ちよく迎えましょうや。(爆)

大みそかは、
『焚火したり、焚火したり、焚火したり』でお過ごしでしたか。^^
のんびりっとしていいですね~~~♪ 
焚火はいいなあ。静かに炎を見つめていると、雑念が消えるんじゃありませんか?
落ち葉焚きのいい香りが、ここまでしてきそうですよ。あの香り大好き。

私は、30,31日は、
『買い物したり、掃除したり、買い物したり、また掃除したり』でした~!(笑)
なんかかんか買わなきゃいけないものがあるんですよね~…
屠蘇散とか、お花とか、ビールとか~、お酒とか~、ビールとか~、(爆)
お婿さんと娘が健啖家なので、普段じゃありえないほど食糧とかお酒とかを
買い込んどかなくっちゃいけない…。^^

ほんとに日本も世界も閉塞感に充ちていますね~。
それに、仮にその閉塞感を打ち破ろうとするものが出てくるとしても、トランプとか
ルペンみたいのじゃなぁ! その行く先がなおさら心配だ。

うん。来年も、おっと、もう今年だ!今年も怒り続けるぞ~~~っ!(爆)

んさん。ありがとうございました~♪





うむ。

2日もしっかりと、早めに寝れたんで体調もそこそこじゃ(笑)

さて、先行き真っ暗な日本と世界情勢を憂いながら年越ししますかね。

昼までは、焚火したり、焚火したり、焚火したりと無駄に時間潰して過ごします。

この世界と日本の閉そく感じゃ、大掃除して清々しい新年なんて虚脱感しか湧きませんし。

我が部屋も混沌としたカオス状態もまあ仕方なしという事で。

Re:んさんへ

うっ!

そりゃ、正直言ってちとひどいですね!(><)
同情申し上げます。てへ!

そうそう。寝るのが一番。^^
あたしも、たった今まで年賀状印刷してたんですが(遅い!つうのっ!笑)、
明日は明日で忙しくなると思うので、もう寝ます~。

おやすみなさ~い♪

(Π^Π)うっ、

実は・・・

今夜も日付は変わっちゃいますが、RCC(TBS系)でこの後、カープの優勝パレードだ報告会だのなんだのとの5時間番組が組まれてて・・・

例年だと年末なんで、深夜映画の2本立てとかあって楽しみにしてたんじゃがのう。

もう、さっさと今夜も寝よ寝よ。

Re: んさんへ

あらら。
んさん。お気の毒さまですね~~~!(爆)
暮れまでカープ優勝に付き合わされて。

あたしとそのときだけ交代できればお互いにとっていいのですのにね(笑)。
あ~。ことしはろくでもないことばかりの世情の中で、カープ優勝だけが、
嬉しいことだったなあ!
あ、せっかく治りかけた傷口をひっかくようなこと言ってすんまっせん!

心の中で歌おうっと♪ (爆)
(カ~プカ~プカ~プ!広島~♪ 来年は~日本一~♪)

んさん。いいお年をお迎えくださいね♪

・・・どんだけぇ~

広島ホームテレビ(テレビ朝日系)では、深夜にカープの優勝パレードと優勝報告会を一挙再放送するらしい?

う~ん、正直付き合いきれんからわしは寝ちゃうが。

もう、許して!(泣笑)

Re: 鍵コメさんへ

鍵コメさん。メリークリスマス♪ ですぅ。

こちらはほぼ毎日晴れて暖かいクリスマスです。
鍵コメさんも、ご家族の皆様と楽しいクリスマスイブをお過ごしに
なられたことでしょうね。^^

わ~。楽しみにしてますね~~~♪
わ~い♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: んさんへ

んさん。こんばんは~。

見たい番組が重なると困りますよね。DVDにとってまで見るほど熱心ではない
ことが多いし。
私は、昨日は、真田丸とサッカーだけ。^^
サッカーに見入ってて、真田丸の最初の7分くらい、見損ねちゃいました。
1対0のところで切り替えて、真田丸終わってサッカーに戻したんだけど、2対2に
なっててびっくり!しました。
一時はリードさえしてたんですものね~。頑張ったなあ…。
でも、昨夜は、疲れました~~~!
集中して観る90分プラス30分の延長というのは長いですう! ><

この頃特にテレビ見ないのは、座ってるのがつらいから。
うち、夏は座卓。冬は炬燵なので、正座したりして見てるのつらくなるんですよね~。
昔は何時間正座してても平気で、むしろ横座りとか崩した座り方してる方が
疲れるくらいだったのですが、年をとってもう駄目ですね~。
正座しても横座りしても、炬燵で足を伸ばしていても疲れちゃう。
とくに炬燵だと、すぐ眠くなっちゃう!(笑)

ザマンザイ、黄金伝説、織田裕二の「IQ-246」、「バイオハザードⅣ」…
あらあら。どれも中途半端に観ちゃいましたか(笑)重なると困りますね。
我が家では、つれあいと私の観たいものも全然違うので、昔テレビが一台しか
なかったころは、私が洋画など見てると、旦那が階下に降りてきていきなり
チャンネル変えたりするのでむっとしたりしてました。
彼奴は、時代劇とか刑事ものとか警察密着24時?みたいなのとか(笑)
クイズが好きなんだ(爆)。

そうですか。大河の数分の作品のスピンオフ版。そんなのがあるんですねえ。
知りませんでした。
来年は、大河、あたし、どうするかなあ。『女城主直虎』?たぶん見ないかも~。
年々、テレビの前にいることがつらくなっていってるからなあ。

んさん。ありがとうございます~。



裏、裏を見てた気が・・・

ザマンザイと黄金伝説・・・
あ・・・
あれ?・・・

しまった!織田裕二の「IQ-246」の最終回に至っては完全に寝落ちして見損なったわ!

サッカーは同点までは意識あったんじゃがのう・・・(時々チャンネル変えて経過だけは確認してた)

気が付いたら、すべて終わってて「バイオハザードⅣ」(何度もテレビで見た)の最後半を10分程か・・・

見たかった番組の何もかも、クライマックスを見逃した残念な夜でした。

あ、今回の大河は自慢じゃないけどトータルでも30分程しか・・・
数分の作品のスピンオフ版の方を多く見た様な気が・・・

プロフィール

彼岸花さん

Author:彼岸花さん
リンク、トラックバックご自由に。

『しだかれて十薬忿怒の息吐けり』

『南亭雑記』の南亭師から頂戴した句。このブログになんともぴったりな句と思い、使わせていただきます。
十薬とはどくだみのこと。どくだみは踏みしだかれると
鮮烈な香りを発します。その青い香りは、さながら虐げられた若者の体から発する忿怒と抗議のエネルギーのよう。
暑い季節には、この強い歌を入口に掲げて、私も一民衆としての想いを熱く語りましょう。

そして季節は秋。
一足早いけれども、同じく南亭師からいただいた、この冬の句も掲げておきましょう。

『埋火に理不尽を焼べどくだみ荘』

埋火(うずみび)は、寝る前に囲炉裏や火鉢の燠火に灰をかぶせて火が消えてしまわぬようにしておいた炭火などのこと。翌朝またこの小さな火を掻き立てて新たな炭をくべ、朝餉の支度にかかるのです…

ペシャワール会
http://www1a.biglobe.ne.jp/peshawar/pekai/signup.html
国境なき医師団
http://www.msf.or.jp/donate/?grid=header02
最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード