『七草がゆ』



今日は1月7日。
お昼はあっさりと七草がゆにしてみました。
毎年、1月7日の朝ご飯は七草がゆです。今年は、お昼に。


004_20170107182017839.jpg



本当は春の野山に出て摘み草で、と行きたいところだけれど、そうもいかないので
スーパーで買ってきたパック入りセットに、家にあった蕪や芹をさらに足して、お野菜
たっぷりのおかゆにしました。
おかずは海苔を巻き込んだ卵焼きだけ。^^
でも、 クウ―ママさんにいただいた、岩手名物『弁慶のほろほろ漬け』が、これが
めっぽうおいしくて、またおかゆに合うんです。
大根、人参、胡瓜、茄子を刻んで漬け込んだお漬物なんだけど、麹が使ってあるせいか
すごく香り高くて風味がある。
黒い蓋つきの器と、右隅の小皿に入れてあるのがそれで、ほんと、野菜とご飯の甘味
だけでなにも味付けしてないおかゆを引き立ててくれました。
このほろほろ漬け、おにぎりに入れると最高だろうなあ。今度やってみます。

お茶は、これまたクウ―ママさんにいただいたルイボスティー。お茶が冷めないよう
茶卓代わりに下に敷いてある布コースターも、ママさんのお手製です。^^

手作りリンゴジャムや、減塩しょうゆなども送ってくださって、クウ―ママさん、ごちそうさま~♪
元気出たよ~~! ^^

卵焼きのお皿は、私のお気に入りのお皿。
北斎や広重の浮世絵か何かに出てきそうな、雪の松林の景色が描いてあります。
雪よけの蓑笠を着て深々と積もった雪の中を歩く男が一人。

何焼きというのか今はもう窯自体がなくなっているそうなのでわかりませんが、幕末期の
一時期、貧乏な武士たちの内職として絵つけが行われていたというそのお皿です。
確かにこれも、練習用の絵つけでもあったか、一枚一枚出来上がり具合が違う。
一枚上手いのがあるけれど、後の4枚は、こわごわ描いている感じです。(笑)
どんな貧乏浪人がこれを描いたのかなあ…想像が過去へと膨らんでいきます。
そういう意味で、無銘ですが愛せるお皿です。

ほろほろ漬けの器の木のスプーンは、以前、木工作家morinofさんにいただいたもの。
この小さなスプーンで、ことこと自分で似たうずら豆をね、一粒づつ掬って食べるのが
冬の楽しみの一つになっています。






005_20170107181238666.jpg



今年の正月用の花たちも、一応載せておいてやろうかなぁ。
おせちは、載せるタイミングを失ってしまいました。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: NANTEIさんへ

NANTEIさん、こんにちは♪

師匠がご健康回復されてブログ世界にお戻りになり、本当に嬉しいです。
健康が何よりですねえ・・・
パソコンのほうもどうやら、元気を取り戻してご帰還のようですね。^^

ほんと。師匠にとられましては、今度の11月のことは、神様からの注意喚起
だったのかもしれませんね。もう無理をするなよ、という・・・ 

リサイタルは残念でしたが、そうですね、大事に保管なさって、よき戒めに。^^
また、きっと行けますからがまんがまん。^^
そうそう。春には『ラ・フォル・ジュルネ~』もありますしね♪
しばらくご用心なさって、それまでに健康を完全に取り戻されてください。

我が家はつれあいが日々足が弱って行き…この正月急に悪くなって、転倒して自力で
起き上がれないこともしばしば。
私は長いこと家を空けていられなくなりました…

まあ、この年になるといろいろありますね。^^
でも明るくやって行こうと思っておりま~す。根はこれで案外暢気ですんで~。(笑)

ありがとうございま~す。





こんにちは。

穏やかなお正月を過ごされたようですね。
もっとも彼岸花さんの思いは、穏やかの対極にあるようですけど・・・(笑

そういえば、わたくしごとですが・・・
毎年11月は誕生月ということで、
私なりの「記念日」をしつらえていたことは、良くご存知ですよね。
昨年は11月15日に朝日離宮ホールでのピアノリサイタルを、
早くから申し込んで楽しみにしていたのです。
それが、よりによってその当日15日に緊急入院という、
大どんでん返しになってしまいました。

もっとも、一週間前あたりから、もしかしたら無理かもしれない。
とは思っていたのですが・・・。
で、そのチケットはどうしたかというと、
キャンセルしないで今もそのまま持っています。

なにか、見えない力で左右されたような11月15日。
きっと《南亭よ、これからを大事にしろ》というお諭しかもしれない。
そう思って、大切に保管することにしました。

このところ、神仏に敬虔なナンテイであります(笑

今年はまず「ラ・フォル・ジュルネ」を無事楽しみたいものですが、
南無・アーメン(笑!!

Re: んさんへ

はい。毎年、七草粥は食べます。

そう。具がたっぷりのおみそ汁はいいですよね。
料理家の土井善晴さんだったかな。『一汁一飯の勧め』のようなこと
書いてらしゃるの、本の表紙だけ見たな。^^
ご飯と、具だくさんのおみそ汁があれば十分、と。
そうかもですね。お味噌はタンパク質だし。
も少しタンパク質必要なら、お豆腐か油揚げ入れれば、栄養がある。
んさんのおみそ汁もほんと、具だくさんですね! ^^
ニンニクとすりおろし生姜入れるんでうか。体があったまるだろうな~。

私はこの日の前夜はホワイトシチューで、お野菜たっぷりでした~♪
今晩は、きりたんぽの入った鍋ものでした~!明日の朝、おじやにして食べま~す♪






Re:クウ―ママさんへ

クウ―ママさあん。こんにちは~♪

そんなことないですよ~!ほんと嬉しかったですぅ。
朝はうちはこの頃パン食が多いので、リンゴジャムもしっかりいただいていま~す!
美味しいよ~♪ ^^

ホウレンソウ入り卵焼きね。^^
私は甘い卵焼き作らないので、お砂糖入りの卵焼きに慣れた方は、びっくりなさるかも。
九州だからか、それとも私の実家だけがそうだったのか、私、甘いおかずは
おかずと思えないのね。
甘いものは飽くまで甘いものとして別に食べたい。おやつ感覚。^^
だから、我が家ではずうっと卵焼きは塩味なんですぅ。><
卵焼きに海苔一枚を巻き込むこれも、娘のお弁当の定番おかずでした。

『お孫ちゃんにとってのば―ちゃんの味に』
そう言ってくださって嬉しいな。私は雑なので、もっときれいに作ってくださいね~(笑)。
うふふ。クウ―ちゃんの塩抜きのホウレンソウ卵焼きも、覚えていてくれるといいなあ。^^
あり~?これ、どこかで食べたぞ、って。^^

クウ―ママさん。友情に感謝、です♪



七草がゆ

は、食べなかったなぁ。

代わりじゃないけど、具の多い味噌汁で野菜をしっかりと・・・

大根、カブ、ジャガイモ、ゴボウ、ニンジン、玉ねぎ、エリンギ、白菜、あとニンニクを一欠け。
食べる時に、すりおろした生姜を加えてね。

前日、作ったキンピラごぼうといっしょに食べたから、お腹の調子が良くなっていろいろと出るわ出るわ・・・

最近、野菜の摂取量が不足ぎみだったんで気合入れすぎちゃいました(笑)

No title

年の始めだというのに、茶色いのばかりお届けでしたね><
意識してなかったです(笑)

あの卵焼き(^^)/
半熟でふわふわで、ちょっと塩味^^
中のホーレンソーも柔らかで。
    うん、よし!  覚えてる。
あしたも作って食べよ♪

うちの孫にとって、こればーちゃんの味になるんだろうな♪
もちろん、仕入先を教えてありますよ^^
プロフィール

彼岸花さん

Author:彼岸花さん
リンク、トラックバックご自由に。

『しだかれて十薬忿怒の息吐けり』

『南亭雑記』の南亭師から頂戴した句。このブログになんともぴったりな句と思い、使わせていただきます。
十薬とはどくだみのこと。どくだみは踏みしだかれると
鮮烈な香りを発します。その青い香りは、さながら虐げられた若者の体から発する忿怒と抗議のエネルギーのよう。
暑い季節には、この強い歌を入口に掲げて、私も一民衆としての想いを熱く語りましょう。

そして季節は秋。
一足早いけれども、同じく南亭師からいただいた、この冬の句も掲げておきましょう。

『埋火に理不尽を焼べどくだみ荘』

埋火(うずみび)は、寝る前に囲炉裏や火鉢の燠火に灰をかぶせて火が消えてしまわぬようにしておいた炭火などのこと。翌朝またこの小さな火を掻き立てて新たな炭をくべ、朝餉の支度にかかるのです…

ペシャワール会
http://www1a.biglobe.ne.jp/peshawar/pekai/signup.html
国境なき医師団
http://www.msf.or.jp/donate/?grid=header02
最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード