『猫と狸と一人の女』


                     『猫』
  

夜、トランプの記事にいただいたコメントへの返事など書いていると、家の外をゆく
猫の声がした…
ああ…『猫の恋』の季節が来たんだなあ…暖かくもなったんだなあ…

猫が庭に入り込むのはあまりありがたくないが、春先、恋猫が、外をうろつきながら
せつなげになくのを聞くのは、とても好きだ…

と言っても、我が家の方では、この頃もう、外で猫を見かけることはめったにない。
飼い猫は皆、それぞれの家で囲われて暮らしていて、外にお散歩などにはあまり出ない
ようだし、野良猫は、街から駆逐されて、ほんとに少なくなっているようなのだ。
町の特性というものがあって、たくさん野良猫のいるところにはいるのだろうが、私の住む
地域にはほんとに猫の姿が少ない。

春まだき…。
深夜一人で起きて本など読んでいる時に、『あ~う、あ~お~~~ぅ!』と鳴いて外を行く
恋猫の声を聞いているのは、なかなかに風情のあるものである。

もう7年も前…。このブログで『猫の恋』について書いたことがある。
この頃政治の記事ばかり書いているので、彼岸花とはそういう人だと思われているかも
しれないが、普段の私は、この記事の中の私に近い。
よかったらどうぞ。結構自分でも好きな記事である。

http://clusteramaryllis45.blog61.fc2.com/blog-entry-82.html



                      『狸』


年が明けてから、こんな買い物をした。


001_20170131013148cd9.jpg


私がなにを言ったところで書いたところで世の中が変わるわけじゃなし、政治のことなんかで
一喜一憂するのは馬鹿だ、と自分でも思うのだけれど、それでも、あの東日本大震災の後、
目覚めてしまったのだから仕方がない…世の中のことに無関心でいられなくなってしまって、
この頃では、政治のあまりのひどさに、嘆いてばかりいる。
なにも、そういう自分に酔っているわけじゃない。ただ何かしら悲しいのである。
年のせいもあると思うが、こう…ひたすら人生のわびしさのようなものがいつも胸の底にある…

これじゃ健康にもよくないよな。
そう思って、落語のCD集など買ってみたのである。DVDではない。音だけの落語名人寄席。
CD40枚組だ。
演者は、志ん生、円生、古今亭今輔、春風亭柳好、三遊亭円馬、金原亭馬生、桂文治
などなど…昔の落語家たちだ。物故してしまった人も多い・・・
これらを、眠れない夜などに、布団に入ってイヤフォンで一人静かに聞こうという魂胆。^^

眠れない夜は、大抵本を読んだり、ラジオ深夜便を聴いたりしているのだけれど、ラジオの方は、
曜日によっては、あまり好みでない語りや選曲などの日もあるので…

この度買ったCD集の中には入っていないんだけれども、落語で、私がもう、大好きでたまらない
演目が二つある。演者もこの人たちでなければいけない。
どちらも狸の話だ。(笑)
一つ目は、桂米朝師匠の演ずるところの、『まめだ』

この話は、以前、NANTEIさんに教えていただいたもの。
私はもう、この話が好きで好きで。^^
私が愛する新美南吉の童話『ごん狐』や、『手袋を買いに』などと同じように、何とも言えず
可愛い話なのだが、これはでも、秋の話。
今日は、2月4日の立春を前に、時折は暖かい日はあってもまだまだ寒い日の続くこの季節に
ふさわしい、この話をご紹介しようかな。


同じく眠れぬ夜のある方のお慰みにでも。^^
長い話なので、ゆっくりした気分の時にでもどうぞ。



















 


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re:NANTEIさんへ

南亭師匠。こんばんは~♪

はい。買いましたよ~。この頃テレビでもラジオでも、ほとんどいい演目
落ち着いてやってくれないもんで。
たまにラジオで落語聴く機会があっても、なんていうんですかね、昔と『間』が
違うというか…なんかこう話が前のめりで、ゆったりしていないというか…
『へえ、この人は上手いなあ…』というのを最近聴いてないです。

と言っても、自ら寄席に足を運んで、お気に入りの落語家さんを自分でみつけると
いうほどの気力も時間もなし。
結局、むかしの師匠たちの話が聴きたいなあ…ということになってしまいまして。^^

そうそう。落語はやはり、ほんとは寄席で聴くのが一番なんでしょうが、せめて
お客さんのいる場で演じているのを聴くのがいいですね。
圓生さんとか、志ん生とかのCDで、スタジオ録音というのがありますが、話は明瞭に
聞こえてきても、やはりお客さんたちの気配がないと寂しいですね。^^
笑い声とか、拍手とか、息をのむとか、そういう気配がやっぱり落語の一部ですよね。


ほおっ!今輔さんの『霜夜狸』!
それは聴いてみたかったです!また違った味わいだったろうなあ。(笑)
圓生さんのこの演目は、しんみりしていていいなあと思います。
子供の頃は、今輔さんのおばあさん話を聴いてラジオの前で笑い転げてたなあ。
個性的な落語家さんたちがたくさんいましたね。

また、いい話を思い出されましたら、ご紹介お願いいたしま~す!^^
ありがとうございます!

こんにちは。

三週間のご無沙汰でした。
玉置南亭です(笑!

おお!お求めになりましたか?
今輔、柳好、円馬、馬生、伸治・・・
在りし日の愉快な名人たち^^

いいですね~。

落語はおっしゃるとおり、DVDよりCD。
もっというならレコードでげしょう(笑

本当はスピーカーから聞きたいものです。
笑い声が大きく聞こえると、より噺が生きてくるようで・・・。

この「霜夜狸」は、昔昔、古今亭今輔で聞いたことがあります。
民話語りのようで、しみじみとした噺でした。
圓生さんは、さすが渋いですね~。

なんか世の中は、えらい騒々しいようですが、
いったい、何があったんでげしょうかね~(笑

Re: んさんへ

んさん。こんばんは~。

ぁ。んさんもCDプレーヤーの部分が壊れましたか。壊れやすいのかなあ。><
あたしは,ラジオ聴くだけで、ほとんど使ってなかったんだけどなあ…。
MDとか、昔ソニーのベータビデオとか、それから…レーザーディスクとか…
あっという間に使えなくなったもの多いですねえ。
うちのVHSの映画で見たい名画とかもあるんだけどな。かろうじてつれあいの部屋の
テレビが昔のビデオと一体型なので、それで見られますが、このテレビが壊れても、
VHSのために捨てないでとっておかなくっちゃ。><

今の若い人には、もう『CDプレーヤー?はあっ?まだそんなの使ってんの?』
って感じなのかな。今、いっぱい便利なものありますものね。なにがあるのかさえ
よく知りませんが。電話にしてからが、まだガラケー使ってるあたしです(爆)。
それさえ、いつも家の中のどこにあるかわからない状態(笑)。
…こんなに便利になる必要あるのかなあ…

国会中継ね。この頃私も聴いてないです。
大事なことは山ほどあるんだけどなあ。以前のあたしだったら、共謀罪審議なんか、
もう怒りまくっていたろうがなあ…

民進党は、小池さんにすり寄ったり、もう駄目駄目だなあ。

『安倍発言の弱いところ変なところをガンガン攻めて、激高させ失言や矛盾点を引き出しに更に嫌らしく攻めろよ!』

ほんとですよねっ!
秘密保護法、安保法制、カジノ法、TPP、共謀罪、…ずっと何一つ徹底的に追及できてない。
法務大臣、文科大臣、防衛大臣なんて、ひどいんですけどね~~。まともな答弁出来ない。
マスコミが安倍政権には弱腰ですからね~~~
日本のマスコミは、『強きを助け弱きをくじく』、だからなあ!
マイナーな芸能人叩きとかは、しゃかりきになってやるのにね。

う~~ん・・・・・・どっか、ましな国がありますかね~><
南極は寒いから、あたしはだめですぅっ!(笑)


まあ、次から次に新しい方式の機器が出てくるので、仕方ないんだろうけども、

あるわ・・・

CD部分だけ調子悪くなるって。

うちも、CDMDラジカセのCD部分だけ壊れちゃってて。

でMDからは、各家電メーカーさっさと撤退しちゃって、MDユーザーのアフターケアも終了、どーせー云うんじゃ!壊れたからって持って行き場が無い事って・・・

国会中継、聞いてて虚しいばかりですね。

自公与党の無茶苦茶にポンコツ野党は何もできない、質問のもイマイチ的外れだったり残念過ぎるわ・・・

安倍発言の弱いところ変なところをガンガン攻めて、激高させ失言や矛盾点を引き出しに更に嫌らしく攻めろよ!まあ、無理じゃろうのう劣化版どもには。

日本の周りも、ヨーロッパ、中東もダメ南米、アフリカも今一つパッとせんし・・・もう、世界中ダメだらけじゃ。

う~ん・・・逃げるなら南極しか無さそうじゃのうCDと小説を山ほど抱えて引きこもるしか心の平安は得られそうにないわ(笑)

Re:んさんへ

んさん。こんばんは~。

『ツイットラ―』。上手いですね。^^

安倍政権は、トランプに近いことすでにやってますよ~。
いや、もっとひどいかも~。
強行採決、また強行採決…。
『嘘つかない。TPP断固反対』と言っておきながら、政権とったらTPP断固推進。
まともに質問に答えないで、民進党叩きで 議論を逸らす。
NHK,日銀総裁、内閣法制局長官人事などに息のかかったものを据える。
歴史の事実から逃げる…。中身を伴わないスローガン政治。などなど。

本当は、トランプ政権と安倍政権の親和性はすごく高いんじゃないかと
あたしは思っています~。><

まあね。支持率およそ50%というのも、似てますね~。
自民の支持率は、なにも安倍さんでなくたって、いつも5~60%はあるんだろうし。
アメリカ共和党支持者も、およそ半分の50%と考えれば、トランプが特に
高かったり低かったりするわけでもないかもです。><
でもね~。やっぱり信じられませんよね~~~!(笑)

落語。うえ~ん。
せっかくCD買ったのに、プレーヤーのCDのところが壊れちゃってるみたいで、
うまく聴けないんですぅ。仕方なし、パソコンで聴いてますが~。気分がな~。

んさん。ありがとうございます~。^^



 

ツイットラーだと(笑)

トランプの事。

アメリカ人も、うまいこと言うわ(苦笑)安倍もあのくらいの強権欲しいんじゃろうが、そうは問屋が卸さんで!

赤鬼トランプありゃもう、どうにも止まらんわ。

しかも、世論調査じゃ50%くらいの支持率じゃそうで正気疑うわ、まあ日本も自公政権がいまだに倒壊しないから似たようなモノなんじゃろうが・・・

仏教徒に改宗して落語でも聞かせりゃ、少しは周りの迷惑感に気が付いてくれるんかのう・・・赤鬼トランプ(でも、あの年じゃもう無理だよねぇ)

Re: んさんへ

んさん。こんばんは~。

あ~。猫、たくさんいますか。^^
瀬戸内のどこの島だったか、猫がたくさんいる島があるとか。
四国に行ったとき、小豆島、女木島は行ったけれど、他の島には時間がなくて
巡れなかった…
うちの界隈も、もう少し野良ネコちゃんなどいるといいのになあ。

『ごんぎつね』は可哀そうですよね~~~。><
ごんが哀れで哀れで。この『まめだ』の話もとても可哀そうなのですが、なにか
ほのぼのとした情が好きで。

うふふ。んさんは、優しい方なんですね。
でもほんと。あまり理不尽な終わり方をする話は、後味が悪い想いをしますね。

落語は、私などは子供の頃、ラジオでこういう人たちの話を聴いてたんですよ~。
母と二人の静かな部屋で、ラジオに耳傾けて。^^
でも、落語は、テレビなどで演者を見るのもやはり楽しいですね。
もっといい演目あれこれテレビやラジオでやってほしいんだけどなあ。

あたしは、『ケーキが怖い』(爆)

我が町

尾道の路地には野良猫がいっぱいいるようじゃが・・・

我が家はその路地地区からは離れてるんで、そんなに猫には出くわさないけど「にぃやぁ~、にぃやぁ~」「にゃおぉん、にゃおぉん」と異性を求める声が時々鬱陶しい距離から聞こえてきますよ。

「ごんぎつね」はのぅ・・・最後射殺されちゃうんだっけ?虚しい終わり方は「フランダースの犬」といい勝負じゃろ?(特に犬のアニメ版は見てられん、心折れるわ)

あ・・・「火垂るの墓」も苦手じゃのう、あれは悲しいを通り越して理不尽さに怒りさえ覚えてくるから見ないようにしてます。

物語はハッピーエンド若しくは、復讐劇なら倍返しくらいの報復で後味スッキリくらいでないといつまでもモヤモヤ感が残って・・・たとえ「ご都合主義じゃのう」と辛口な批評が付いても、わし的には落ち着かないのでね(苦笑)

そうそう、落語と言えばNHKで落語をビジュアルで見せる番組が時々放送してますねぇ、先日は「饅頭怖い」だったか?あと、「大人の一休さん」のアニメとか?なかなか考えた番組は楽しかったですよ。
プロフィール

彼岸花さん

Author:彼岸花さん
リンク、トラックバックご自由に。

『しだかれて十薬忿怒の息吐けり』

『南亭雑記』の南亭師から頂戴した句。このブログになんともぴったりな句と思い、使わせていただきます。
十薬とはどくだみのこと。どくだみは踏みしだかれると
鮮烈な香りを発します。その青い香りは、さながら虐げられた若者の体から発する忿怒と抗議のエネルギーのよう。
暑い季節には、この強い歌を入口に掲げて、私も一民衆としての想いを熱く語りましょう。

そして季節は秋。
一足早いけれども、同じく南亭師からいただいた、この冬の句も掲げておきましょう。

『埋火に理不尽を焼べどくだみ荘』

埋火(うずみび)は、寝る前に囲炉裏や火鉢の燠火に灰をかぶせて火が消えてしまわぬようにしておいた炭火などのこと。翌朝またこの小さな火を掻き立てて新たな炭をくべ、朝餉の支度にかかるのです…

ペシャワール会
http://www1a.biglobe.ne.jp/peshawar/pekai/signup.html
国境なき医師団
http://www.msf.or.jp/donate/?grid=header02
最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード