『春の日に』

内憂外患・・・本当にその言葉さえ軽く思われるほど、国内外でろくでもないことが
続く・・・
『内憂外患』というよりはむしろ、『内患外憂』だな・・・。



             ***




クウーママさんに頂いた『マルティナさんの毛糸』。
2月。つれあいが入院してばたばたしていた日々。ふと思いついて、『こんな時こそ
編み物じゃないか!』と、マフラー? ストール?編み始めました。
本体は、数日であっという間に編み上げたのだけれど、編み終わりをどういう風にまとめるか・・・
それがなかなか決まらぬまま、そのあと精神的にも時間的にも余裕がなくなって、仕上げられない
ままでいた・・・。

でも、4月になってようやく仕上がりました。



編み物①




どうですか。きれいに編めているでしょう? ^^


春先に使うように軽い感じに仕上げたかったので、メリヤス編みや掛け目、寄せ目などで
レース状の模様編みにしてみました。
でも、基本、表編みだけなので、編み上がりがどうしてもくるんと丸まってしまう。
だから、編み物のふんわりした持ち味は少し損なわれてしまうのだけれど、
蒸気アイロンをあてると平らにすることが出来る。なんとかうまくいったかな。





編み物②



かぎ針編みで模様編みをちょっとして飾ろうかな、と迷っていた編み始め編み上がりの
両端の処理だけど、マクラメ編みにしてみました。
かっちりきつめに結んでしまったので、マクラメの模様があまり鮮明でなくなっちゃったけど、
結び終わりをフリンジにして少し軽い遊びをつけてみました。
編み物は楽しいな。






編み物③



毛糸一玉ちょうど使い切って、長さはこのくらい。




つれあいは、一日ほぼ寝たきり。
トイレと食事と入浴の時だけ起きる。
それでは、体のほかの機能が弱ってしまうので、外にお花見に連れ出します。
玄関先に咲いているチューリップ。




チューリップ’17



さあ。近くの河原に出ました。
ソメイヨシノは、ほぼ満開。



桜’17①



春の空は、晴れていても、どこかうっすらと霞がかかったような感じがします。



桜’17



その春霞の空と同じような色のセーターに、できあがったストールを巻いてみました。


CIMG7176.jpg




手には、クウーママさんが作っておくってくださったバッグを。
心のこもった刺繍入り。
このバッグの布の地色も、春霞の空の色です。




CIMG7182.jpg



春はやっぱりいいな・・・。

友よ。ありがとう~~~!


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re:んさんへ

んさん。こんばんは。

そうでしょうねえ・・・
農業の大変さ。それはやったことのない者にはわからないのだろうなあ。
私なども、農家の生まれにもかかわらず、小さいころ両親が街に出たので、
農業経験全くないんです。

我が家のような小さな庭でも、草取りは大変。(明日にでもやらなくちゃ・・・)
虫なども、割合平気な方ではありますが、小さなアブラ虫程度のものでも
駆除するのがいやですねえ。
一度、ホウセンカについた、あれはセスジスズメという蛾の幼虫ですが、
7、8センチもあるぶっといのをお箸でつまんで袋に入れるときには、半分
泣きながらやりました。
だって、ビチビチッ!って、抵抗するんだもん。あの感触ったら!
近くの川べりの草に放ちましたが、農業やっていればそんな悠長なきれい事、いってられないですね。><

田畑を守っていくのは、収穫に至るまでだけでなく、一年中大変なのですね。
農家の方と、そうやって育てられた食べ物に感謝しなくっちゃなあ・・・

タケノコの入ったバラ寿司。おいしそう~~~!






作れば

作るで大変で。

草は蔓延るわ(雑草という名の草は無いそうなんで)、害獣、害虫は攻めてくるわ、悪天候(我が家は山の上なんで、日照りが続くと水が無いんで大弱りですわ)には泣かされるわ・・・

タケノコには畑を侵食されるわ(笑)笑い事じゃないけど。

草刈りも、草刈り機を数十分も使えば肩、腰、足に・・・まあ、そうゆう事で。

次のタケノコでは1年ぶりにバラ寿司の種仕込むかな?(今の時期しか寿司は毎年作らないんで)種を甘辛く強めに仕込んで、寿司酢は穀物(米)酢のみで作ってます・・・ぶっちゃけ茶色っぽくなるのは御愛想でね。

Re:スキップさんへ

スキップさん。こんにちは~。

『今の時代を打開するのは実は自産自消の生活を始めることなのかもしれませんね。』

ああ・・・私もそれを思います。
それが出来ないならば、せめて『地産地消』を。

スキップさんは、すでに太陽光発電で、東電とはおさらばしていらっしゃる。^^
それだけでも立派だなあ、と思います。
我が家は東電とはすでにさようならしていますが、再生可能エネルギーとしての
電力は、まだ実現できていません。
ただ、昔から車は持たない主義。年をとっていざというときに『交通弱者』である不安を
感じることはありますが、まあ、ささやかな抵抗は貫いてきたかなと思っています。
移動はひたすらテクシーか自転車、電車でしたからね。^^

本当は、食べるものも自分の庭で栽培したいのですが、何しろ我が家の庭は狭くて
日当たりが悪い。ベランダさえ北向き、という家なので、野菜栽培には向かないんです。
スキップさんは家庭菜園をなさったことがおありなのですね。^^
お庭が広くていいなあ、といつも拝見しています。

スキップさんのお母様は何でもなさる方でいらしたのですね。^^
衣類に関しては、我が家も女性ものに関しては手作りが多いです。
子供の服は、赤ちゃんのころから私の手作り。オーバーからパーティドレス、浴衣まで
何でも作ります。編み物も子供が小さいころはよくセーターなど編んでやっていましたし
つれあいのセーターなども編みました。
洋裁も編み物も習ったことはなく、全部本を見て自己流でやります。
私の場合、ものの無駄遣いを抑えると言うよりは、自分の楽しみ的要素が強かった
ので、エネルギー消費の面からはあまり自慢できたものではありませんが。

でも、食べるもの、着るものなど自分でものをつくるという喜び楽しみは、知ってみれば
何物にも代えがたいですね。食材から自分で育て自分で調理すれば、これ以上安全な
ことはないですし。
スキップさんは、お料理もちゃんとなさるからなあ。男性でも何でも自分でできた
方が絶対にいいです。私のつれあいも、元々は自炊やっていたのですからなんでも
作れたはずなのですが、私が台所から追い出してしまったので(><)な~んにも
しない亭主になってしまいました。私がもし先に死んだら、もののありかさえ
全然わからないんじゃないかな。(苦笑)
人間、何でも自分で出来ることは自分でやる。それがエネルギーの節約にもなり、
身体精神両方の健康の元でもありますね。

ありがとうございます!

No title

 何もかも金で済ませてしまう生活に疑問を持ちながら、そういう生活を繰り返しています。せめて、自炊を多くしていることが私の矜持です。また、家庭菜園を復活しなければと思いつつ、動かない自分です。
 衣食住、住はは難しいですが、衣と食はなんとかせねばいけないですがね。ならば、編み物は大事な試みですね。上の姉は若いころは編み物をして、私のマフラーなどを作ってくれましたが、今はさっぱりです。母は認知症で、とても、もうできません。彼女は和裁洋裁ともに出来たんですよ。子供の頃の服の半分は母製でした。
 今の時代を打開するのは実は自産自消の生活を始めることなのかもしれませんね。

Re:しほさんへ

しほさん。こんばんは~。

はい。おかげさまで、春らしいすてきなショール、出来ました~♪
ママさんが作ってくださったバッグともぴったりだし。^^

編み物楽しくって、なんかまたはまりそうです。(笑)
今度は、毛糸そのものの段初めの美しさを生かすよう、シンプルなメリヤス編みで
やってみたいな。

そう。もう一年近く経つんですね。
しほさんともお会いできたし。^^
あの日は楽しかったですね♪

はい。川べりの道にはずいぶん慰められています。季節季節で違う表情見せてくれるし。
桜のころはほんとにいい気持ちですよ。あまり知られていないので、大騒ぎする花見客
などもいないですし。

つれあいは、これから、デイケアセンターっていうのかな、リハビリの訓練など
受けることになると思います。先日もケアマネさんとそういう打ち合わせをしました。
少しは外の空気も吸ってほしいですし、今よりとにかく体が弱らないよう、
そういうところに定期的に通うのもいいですよね。
明日は、一緒に見学に行ってきます。^^

しほさん。ありがとうございます~♪

Re: んさんへ

イノシシは怖いですねえ。なんせ体が大きそうだし、怒らせるとどう猛そうだし。
そういえばあたしは、いのしし年生まれなんですが。(笑)
熊やイノシシや、鹿や猿、といった野生動物たちも、人間に追われて、あるいは
人間が生態系に手を入れたことで環境が変わって、生きるのに必死なんでしょうから、
むやみな駆除も出来ませんが、でも実際作物を荒らされたり、遭遇して危険な
目に遭ったり、というのは困りますね。

くれぐれもお気をつけられてくださいね。
タケノコ駆除なら、抵抗してこないからいいんですけれどね。><

今ごろの季節と言えば、昔、母がその兄の家のタケノコなどいつも掘る
里山で野芹を摘んできてくれて作ってくれた白和えが忘れられないなあ。
あの香りったら♪

Re:クウーママさんへ

クウーママさん。こんばんは~。

うんうん。んさん。いいことおっしゃいますよね。^^
なんかな~。『生きることの基本』と言うことを、自分も含め忘れて行ってる
気がします。

あ。そうそう。東北の方には、孟宗竹の林などが、ほとんどないんですってね。
『とりぱん』で読んで、へえそうなのか!って思いました。
その代わり、根曲がり竹などの細いタケノコが採れる。
私はあれを皮付きのまま焼いて食べるのが好きで。皮が黒焦げになるくらい
十分焼いた熱々のやつの皮をぺろんと剥いて、お塩つけて食べる。
く~~~!お酒が進みます!なんちゃってね!(爆)

はいっ♪
遅くなりましたが、仕上がりましたよ~~~!
ありがとうございます~♪
編んでて楽しかったあ♪ ^^

ほんとは、マルテイナさんの毛糸のような、それ自体がすてきな毛糸は、シンプルな
メリヤス編みが一番その持ち味が出るんだろうけどな、とは思ったのですが、
春先に身につけたかったから、レース模様風の編み目にしてみました~。
もっと太い棒針で編めば、もう少しまた透け感がでたのかなあ。

フリンジ部分には、中細の白い毛糸を足しました。

も一個の毛糸は、秋になったら、靴下に私も挑戦してみます。^^
編み物って、ほんと、楽しい。中でも私は、棒針編みが特に好きだなあ。
そしてその中でも、ほんとはシンプルなメリヤス編みが一番好き。^^
ママさんの編むようにはきれいに目が揃わないんだけど、メリヤス編みの
編み目の美しさが好きですう。

ほんとにすてきな贈り物ありがとう~~~♪
誰もいない家で、ひとりぼっちでせっせせっせと編んでたの。でもね、ママさんの
応援の気持ちが痛いほど伝わってきました!だからこころは暖ったかだったよ。^^

そうですねえ。あれから約一年。^^
もうすぐ八重桜がまた咲き始めます。我が家では、木蓮の花が咲いてますよ~。^^


Re:んさんへ

んさん。こんばんは~。

私も一瞬、侵略者ってイノシシのことかと思いましたよ~。
というのも、私の広島の兄の住んでいるところも、山の方なので、
イノシシと遭遇するなどと言うことはよくあるようなので。><
タケノコも、本人丈夫なころは、嘘みたいにでかいの、時々送ってきてくれてました。
大きくても柔らかくておいしかったです。

新幹線で南へ南へと行くと、竹林が造成林や自然林に侵入して行っているのが、
車窓からでもよくわかります。山野の手入れの担い手の亡くなった日本では、
竹林が増殖。九州に行くとそれがさらに顕著。

そうですね。だからせっせとタケノコ掘って食べないと、ですね!^^
大地の恵み。山林や田畑の管理は大変でしょうが、採れたてのものを食べられるって
うらやましいです。

イノシシも、実際遭遇すると危険ですから、気をつけてくださいね~。
兄のところには、かつて紀州犬がいたので、その犬と一緒だと大丈夫だった
ようでしたが。


No title

素敵な春用ストール出来ましたね。
淡い空色にぴったりだし、
何色持ってきてもしっくり合いそうです。
今年は桜がよく耐え長く楽しめました。
近所にこんな見事な桜並木があるのはうれしいですね。
枝ものびのびといい姿です。
この桜の下をクゥママさんと散歩されたんですね。
あぁ1年経ちましたね・・・

ところで、
ご主人様、機能回復の受診などはありませんか?

ええまあ・・・(笑)

タケノコの駆除までですよ。

我が家近辺も近年の耕作放棄地の激増でイノシシが絶賛出没中なんですが、ありゃダメです・・・

近所の人たちが、深夜に群れで自動車を恐れず道路横断を目撃し「ありゃ怖いわ!」と言ってました。

畑も散々荒らされまくってますよ、低い木なら枝ぶりにもよりますが登ったり、後ろ足だけで立ち上がり果実ごと木をへし折ったりと侮れん連中です。

電気柵と奴らが好んで食べないものを作るか・・・ううっ、負けた気しかせんのう。

No title

奪った命は手間暇かけて有難く美味しく頂く。
生きる基本を実践の んさん、ですねえ^^

ただ の 食料と格闘? も羨ましーです!
こっち北国、たけのこ山が ありません(羨)


このマフラー!!
クウーが見たら、したことが無い遠吠えするに違い無い。
 わおぉ〜〜ん〜  かあちゃん、靴下どころじゃないですぜ! って(笑)

素敵に編んでくれて、おしゃれに使ってくださって、
ありがとう〜〜〜です❤︎

迷子(爆)になったあの時より、10日早い桜の散歩、
晴れやかな空のもと、ご一緒に楽しんだ満開の桜。
あぁ、目に浮かびます。

件の

妹が来るとの一報(笑)

今朝の狩りの獲物、侵略者の駆除。

まあ、狩った命は美味しく食すが功徳ですから皮を剝いで早速ボイル・・・

えっ!残酷?

タケノコっすよ、タケノコ。

奴ら、毎年勢力を広げ畑を侵略してくるから、駆除して食べて功徳としてるんですが・・・

なにか?
プロフィール

彼岸花さん

Author:彼岸花さん
リンク、トラックバックご自由に。

『しだかれて十薬忿怒の息吐けり』

『南亭雑記』の南亭師から頂戴した句。このブログになんともぴったりな句と思い、使わせていただきます。
十薬とはどくだみのこと。どくだみは踏みしだかれると
鮮烈な香りを発します。その青い香りは、さながら虐げられた若者の体から発する忿怒と抗議のエネルギーのよう。
暑い季節には、この強い歌を入口に掲げて、私も一民衆としての想いを熱く語りましょう。

そして季節は秋。
一足早いけれども、同じく南亭師からいただいた、この冬の句も掲げておきましょう。

『埋火に理不尽を焼べどくだみ荘』

埋火(うずみび)は、寝る前に囲炉裏や火鉢の燠火に灰をかぶせて火が消えてしまわぬようにしておいた炭火などのこと。翌朝またこの小さな火を掻き立てて新たな炭をくべ、朝餉の支度にかかるのです…

ペシャワール会
http://www1a.biglobe.ne.jp/peshawar/pekai/signup.html
国境なき医師団
http://www.msf.or.jp/donate/?grid=header02
最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード