『ちーがーうーでしょーっ!』



何もかもが間違っている。
もう、あきれ果てて、憤怒のこぶし握りしめて立ち尽くしているしかない。
これほどの政治劣化を、国民は黙って許していていいのか!

『もりかけ隠蔽』 解散!ちーがーうでしょーっ!
小池新党が民意の受け皿? ちーがーうーでしょーっ!
小池氏が脱原発!?嘘でしょーっ!
民進党が『希望』の党に合流!ばっかじゃないの!

なにもかも。ちーがーうーでしょーっ!




続きは、頭を冷やし情報が今少しはっきりしてから、今夜書く。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: んさんへ

んさん。こんばんは~。

残念ながら、日本国民は、政治に対する関心や知識が十分だとは言えないですね。
そういう点ではまだ民度がほんとに練れていない。
政治と自分たちの生活は直結しているんだけど、そこを見る目が養われていない。
だから投票にも行かないし、行っても投票したあとは政治家に任せっきりに
なってしまう。

そもそも、デモとかストライキなどというものを、一部職業的市民活動家など
特殊な人々のすること、という意識が、どうしても抜けきれないですね。
欧州は無論、台湾、韓国でだって、国民は何かあると街に出て声を上げる。
3.11後は日本でも、だいぶ市民が・・・私のような者を含めて・・・街に出る
ようにはなりましたが、それでもその数は少ない。
デモ隊を見る人々の視線も冷たいです。><

一般の国民に出来ることは、投票行動以外にもたくさんあるんですけれどもね。

『自民党の小さなことからコツコツと「親方日の丸気質的な洗脳とまではいかないが刷り込み活動の賜物」みたいな?』

それって、それこそがとても大切なことだと思うんですよね~。その点、自民党とか
公明党は巧妙です。小池氏も、メディアの利用法を熟知しているから、非常に巧妙です。
自民党は、70年もかけてその洗脳活動をしてきたといってもいいですよね。
戦中はもっともっとだ。

ところが、民進党は、そこがほんとにへたでしたね。金をかけるべきところに使ってこなかった
んじゃないですかね・・・いわゆる自党の宣伝活動です。
国会質問などでは、数字やデータの活用も下手だったな。安倍氏の『民進党時代は
ああだったこうだった』などという常套手段の悪口は、数字で論駁できたはずです。
安倍氏はいまだにこの選挙戦でそれをやっていますね。
曰く。『新党ブームが日本の景気を悪くした』とかなんとか。><
そんな論拠、どこから持ってきたんだか?(苦笑)
でも、そういうことは言ったもの勝ちなんです。そういうことは、なぜか無条件に
ひとの心にインプリントされがち。
民進党は、そういう攻撃を黙って受けて立つばかりでしたね。

ふぅ~・・・・・・

んさん。ご一緒にやけ酒でも飲みたいよう!
あ、んさんは、お酒は召し上がらないんでしたね。(笑)
やけ・・・なににしよ(爆)




Re:トニーさんへ

トニーさん。こんばんは。

コメントありがとうございます。私もトニーさんのブログ訪問させていただいて、
そちらに私の今の時点で思っていること、書かせていただきました。
『今の時点で』と書きましたが、政治家たちがあまりにも右往左往しすぎていて
ころころ状況が変わるので、私たち一般民も、迂闊に論評出来ないですね。
明日はまた、状況が変わっているかも知れませんし。やれやれです。 ><

小池さんはほんとうにしたたかな女性だと思います。それでここまでのし上がってきた。
何より頭がいいですしね。
いつか、同じテレビの番組内で、小池氏と稲田氏が入れ違いにインタビュー受けるという
場面がありましたが、稲田氏がしゃべってそのあと小池氏が画面に入ってくる・・・
そのとき、政治家としての『風格』の違いというか、小池氏の前では稲田氏が
非常に小さく幼く見えたのを面白く思った記憶があります。

まあ、すごい女性だとは思うんですよ。ある意味見事な生き方だ、と。
でも、信用ならないですね。
小池氏のしたたかさの前に、前原氏などいい具合に手玉にとられてしまったのでしょう。
小池氏の党に、民進党の仲間も、党の助成金+備蓄金も、連合+民進党サポーター
などの応援という人的力も、その上『希望』に合流したい個々の政治家も
噂では600万円?とかの選挙資金の持参金も捧げもっていくという、そんな
むちゃくちゃな党同士の合体を、どうして前原氏は受け入れたのか、まったく
理解できません。
『消費税と社会保障の一体改革』を実現するためといって衆院解散を安倍自民党に
約束して、見事に民主党を政権の座から引きずり下ろす結果となった、民主党の
凋落の重要戦犯野田佳彦氏と同じくらい愚かですね・・・

さて。民進党は今夜もまだ先ほどまで集まって前原氏にことの真実を説明求めて
いたようですが、どうなりますでしょうね。
もし仮に、希望への合流話が流れなどしても、民進党が今度のことでさらに失った
国民の信頼は、元に戻ることはないでしょう。
ほんとうに愚かな決断でした・・・

もうこうなったら、いい機会ですから、民進党は出て行きたい者は出て行かせれば
いいのです。野党第一党としての矜持を大事に思うものだけが残ればいい。
そうして、安倍自民党との明確な対決、リベラルの旗印、を掲げるのです。

トニーさん。ありがとうございます。
御記事、いい参考にさせていただいてまた続きを書いてみますね~。
あ、それから、リンクさせていただきました。事後報告で申し訳ありませんが
よろしくお願いいたします。^^




Re: んさんへ

んさん。こんばんは~。

う~むむむ・・・

んさんが、いつも民進党を『寄せ集めのポンコツ集団』とおっしゃってましたが、
ほんと、その通りでしたね。><
安倍自民党は無論のこと、小池氏の『希望』とやらも民進党も、どいつもこいつも、
ほんとにろくでもない政治家ばかりに、この国を任せなければならないのかと思うと、
が~っくりきちゃいますよね。

もりかけ隠蔽解散のせいで、600億円。小池氏が都知事下りてまた都知事選なら
60億円。ほんと、お金の面だけでも、大変なことです。
政治がろくでもない政治家たちに私物化されてしまうと、国民はほんと精神的にも
経済的にも大きな損失を背負わされることになる。
よくよく考えて投票しないとね~~!
ろくでもない政治家はさっぱり落選させて、少しでも見所があるのなら、それの
おしりを叩いていい政治家に育て上げなくっちゃこの国はほんとうにだめになってしまう。

その点。共産党だけがほんと、一応は筋を貫いてきました・・・。
まあ、共産党はおしりを叩かなくても、自分たちでやっていくので、私は普段から
何も言わないのですが、問題は、この日本にはとりわけ、わけもなく『共産党嫌い』
である人が思いの外多いことです・・・共産主義というものを知らないでただ
恐怖している人がほんとうに多い。現実の共産主義国の有り様と、共産主義の理念とは
分けて考えないといけないと思うんですけれどね。
それは、ISという組織とイスラム教そのものを分けて考えないといけないのと
同じだと思うんだけど。イスラム教の理念そのものは、仏教、キリスト教などと同じで
人類の生み出した優れて知的にして現実的な精神遺産であり、大きな『知恵』なんです。

さあてね。
これから10日の告示まで二、もう一波乱二波乱はありそうです。
とにかく、安倍自民には鉄槌を!そして『吹きだまり』小池新党には、妙な期待など
かけて欲しくないです。安倍と同じ極右政党なんですから。
ここは、共産党。社民党。そして民進党・希望から離れた人々を力強く応援
していくしかないですね。
ある意味で、今度の前原民進党解体劇は、日本の政治勢力分布をすっきりさせて
くれたのかも知れません。

んさん。いつもありがとうございます!

Re:しほさんへ

しほさん。こんばんは~。

ね~。耳を疑うようなニュースでしたね~。
今晩また記事書きますが、私も全く前原氏の言っていることが理解
できませんでした。いや、前原氏などは細野氏などと一緒で、民進党内の
疑似自民党みたいなものでしたから、彼らが小池氏とくっつくのは
ありそうなことだとわかっていた。小池新党が旗揚げされた時点で、『ああ・・・
小池新党に流れていく民進党党員はこれから続出するだろうな』とは思って
いましたが、まさか、民進党を解体して小池氏に貢ぐとは思ってもみません
でした。
政治信条はともかく、自分の党というものをそんなに軽く扱えるとは、政治家の
モラルとしてあり得ないですよね。
さらに理解できないのは、その前原氏の、私などには全く理解できない
『詭弁』にしか見えない言を信じて、民進党内のリベラル勢力までが、唯々諾々と
その方針に了承を与えたことでした。まったくあり得ないでしょ~!

だがまあ、2日たっていろいろ詳しいことが見えてきたら、これでよかった
のかもな、と今は考え始めています。よかった、というと変だけど、仕方ない
流れかも、と。
9月1日の民進党代表選で、前原氏が勝った、という時点で、共産党などとの
4野党共闘はご破算になるだろうな、と覚悟はしていましたから・・・。
前原氏は愚かですね。細野氏と同じだ。要するに、先が読めない。読もうとして
悪い方へ悪い方へと選択をしてしまうタイプです。まあ、風見鶏でない分だけ、
不器用な分だけ、細野よりはましかな。でも、風見鶏でないだけに、思い詰めて
突っ走るタイプかも。(苦笑)
その前原氏を民進党党員がこれまた『愚かな選択をして』選んでしまった時点で
私は民進党に期待する気持ちをすっかり失っていました。
9月は、そういう失望で始まりました・・・。
でも、ここまで愚かだとは!(もう笑っちゃうしかありませんね)

枝野氏などが、希望に行かないリベラル勢力を集めて党をまとめる、という
噂があります。もしその噂がほんとうなら、もう一度だけ、私もその人々を
応援するかも。『希望に入れそうもない』と戻ってくる情けない人々も
含めて応援します。
なぜなら、国民は、情けない政治家でも、少しでもいいところがあるのなら、
叱咤激励して育てなければならないと私は常々思っているからです。
完璧な人間などいない。完璧な政治家などいない。
政治は、政治家に選挙時に投票したらあとはお任せ、というのでは、よくなって
行きません。日本人が長い間、そうやって政治を政治家にお任せしてきた結果が、
安倍政権のような醜悪なものを、そして今日の政治崩壊を生んだのだと思います。

さあ・・・。国民の意思の示しどころですね。
日本人の良識が問われる選挙です。

しほさん。ありがとうございます。
まだ、もう少し、がっかりあきらめてしまうの、先にしましょう。
これからが正念場ですから。^^




様は

多数の日本国民が無知でポンコツなんじゃな(笑)

いや、自民党の小さなことからコツコツと「親方日の丸気質的な洗脳とまではいかないが刷り込み活動の賜物」みたいな?

ダメじゃわ・・・ああ本当にダメじゃなぁ。

Re:愛希穂さんへ

愛希穂さん。こんばんは~。

ね~。『ちがうでしょ~~~っ!!!』と叫びたくもなりますよね・・・。
ほんとに、いい大人たちが何を右往左往してんだか。
今頃慌てるくらいなら、もっと前に考えろ!と言いたいですね。
・・・まあ、それは、自分に向けての叱責でもありますけれども。

小池さんの本質がわかっていない人があまりにも多い。
彼女は出世欲の亡者ですよ。
そして、歴史を直視しない憲法改悪論者で、核武装など好戦論の持ち主である
という点では、安倍氏やあの稲田氏などと少しも変わるところはない。
安倍政権にがっかりして、小池新党に期待する人は、いずれ近いうちに
またがっかりすることになるでしょう。
いや、強かで巧妙であるだけ、小池氏の方がもっと悪いかも知れません・・・
その正体を見せませんから。

一を知れば十が測り知れると言いますか、小池氏の本質は、いかに巧妙に隠そうと、
おっしゃるように、あの関東大震災時の朝鮮人党犠牲者の事実を認めようと
したがらない、という一事に表われていますね。
その意味で、彼女が心からの『反原発論者』であるはずがない。
選挙用の演出に過ぎないでしょう。
それを、まあ、誰とは言いませんが、リベラル勢力のひとりとも思われていた
民進党女性議員などが、『小池さんと一緒に脱原発に取り組む』などと
言っているのを知ると、悲しくなってしまいます。
小沢氏同様、小池氏の『脱原発』ポーズは、選挙用。
それにしても。『脱原発』の鍍金が剥がれるのは、思った以上に早かったですね。
自公の推薦を受ける元新潟県知事の泉田さんの気持ちもわからないし、元滋賀県知事の
嘉田さんなども立候補して『希望』に入るという。

なにかね・・・こう・・・自分の信じていたいものがあったのに、それが次々に
その鍍金が剥げてくるのを見るというのは、人生というものはそういうもんだよ
とは思いながらも、やはりほろ苦くわびしいものですね。

なにも金ぴかがいいというわけではないけれど、鍍金を剥がすなら、少なくとも
時の経過に洗われて美しく古錆びた下地を見せてくれよ!と言いたいです。

私も、この国がどうなっていくのか、ほんとうにわかりません・・・
失ったものは大きいぞ・・・それは何年もあとになってからじゃないと身にしみて
わからないものだぞ。
私などあと何年生きられるかわかりませんが、命ある限り、警告は発して
行きたいです。

愛希穂さん。がっかりしないでいましょう。
これからが国民の出番ですもん!
最後の砦としてのね!





Re:みりねさんへ

みりねさん。こんばんは。

返事をすぐに書けなくてごめんなさい。
私も、情報がもう少し整理され、こちらもちょっと頭を冷やして客観的に
ものが見られるようになるまで、こうと決めつけるようなことは書けないなと
感じていたのです。
今でも冷静になっているとは正直自分でも思えませんが、まあ、先の民進党代表選で
前原氏が枝野氏に勝ったときから、いずれこうなることは見えていたような気もします。

9月、記事をまた書かなくなっていたのは、1日の代表選で前原氏が代表になったことに
相当がっかりしていたということもありました。
それも、私が思っていたのよりも大差でリベラル?枝野氏は敗れた。
民進党内のリベラル勢力というのは、もう少し多いんじゃないかと私が勝手に
勘違いしていたのかなと言うことがそのときわかりました。
国会議員だけの票で言うと、83対51でした。
『ああ・・・私は思い違いしていたのかな。この数字に見るように、日本において
リベラル~左翼勢力というのは、ここまで先細りしていたのか!』ということを
否応なしに認識したときでもありました。(遅すぎますね!苦笑)

この数字が、民進党の議員たちの意思なのだろう。そしてそれは同時に民進党
サポーターの、ひいては国民の感じ方なのでもあるのだろう・・・
4野党共闘には、前原氏の代表就任を待たずとも、これだけの抵抗勢力があったのだ、
ということをいやでも思い知らされずにはいられませんでした。
民進党の支持母体『連合』の概ねの意思を考えれば、そんなことはすぐわかる。
わかってはいたのだけれど、私も、期待が先行してしまっていたのでしょう。

9月は、私にとって、そういう事実認識の月であると同時に、『いや、それでも、
私たち国民の意思を見せなければ。国民の(市民の)強い支持と意思があれば、
まだふらふら心を決めかねている民進党議員は動かせるかも知れない』などと
あきらめてしまいそうになる自分の心に叱咤激励をかけていたところだったのです。

私の街でも、あちこちの街でも、そうした市民たちの挫けぬ動きがあるのを知って
いましたし。

しっかし。代表自ら、自党を解党してしまうとは、いや、分裂・解党ならまだ
わかるのだけれども、まさかこういう形で、同じ民進党議員たちやサポーターたち
などを、『希望』のようなものに売り渡すとは、さすがに思っていませんでした。><
しかも、対等でさえない。プライドもへったくれもなく小池氏などの軍門に
一方的に降るとは。

だがまあ。この解体は、いずれ避けられないことだったのかも知れません・・・
私自身も、ブログなどでは、民進党のリベラルに、「自民に近い議員などは
追い出して、『反自民』『反安倍』の旗印を明確に掲げよ」などと檄を飛ばして
いたりしたのですから。(苦笑)
いずれ、民進党は保たないで分裂する日が来るかも・・・。とは思っていたのです。
その方がすっきりしていいだろう、とも。

しっかし。このタイミングで。こんなに早くその日が来るとは思っていませんでした。
しかも、ものの見事に、リベラル勢力の方が追い出されることになっちゃった!><

もっともっと彼らを応援するべきだったなあと今頃になって歯噛みしています。

でも、みりねさんは、もうとっくの以前から、このことは見透かして
いらっしゃいましたね。リベラル勢力のひ弱さというかその欺瞞と脆弱性を
厳しく指摘していらした。共産党しかないのだ、と。
それでも私は、共闘できるものは多少の違いを乗り越えて共闘しなければ
自公にはとても勝てない、と、これまで民進党をも応援してきました・・・

ああぁ。しかし。ここまで来てしまうと、どうしようもありませんね・・・
私も、これから先の一縷の望みはあるとすればどこにあるのか、考え続けて
いるけれどわかりません。
とにかく、ほんとうにまずいことにこの国はなりつつあります・・・。

しかも、そのまずいことに、国民の大多数がまだ気づいていなくて、小池さんを
改革の女神かなにかのように思っている無党派層は多いのでしょう・・・
まるでジャンヌ・ダルクかなにかのように。
また、あの人が、そういう演出には非常にたけてるんだ!

でもね。彼女の化けの皮のはがれるのはいずれ時間の問題だろうと思います。
『希望』という名の愚かしくて浅ましい政党の正体もね。
小池新党については、次の記事で書くつもりです。

願わくは、小池氏の一派が安倍政権と共に潰えてしまうまでに、もう少しはましな
政治家たちを私たち国民は着々と育てておいて、この世界的に流動的な、地球規模で
まずくなっていっているこの世界の中で生き抜いていく方策をとれるよう、心の準備を
しておきたいものです。
そういう意味で、愚直と言われようとどうしようと、市民勢力は、まだまだあきらめて
しまうわけにはいかないですね。

はい。
私も、もっともっと考えないといけないです。
また、もう少し情勢の動きもよく見てみないと、迂闊なことは言えない、かな。

心から呆れ怒ってはいますが、あまりがっかりはしていないです。(苦笑)
がっかりするのは、もうここ数年で、いやというほどやってきたから。
耐性がついちゃった!(笑)

みりねさん。ありがとうございます。
また続きを書きますね。






解散選挙

彼岸花さん、小池氏のやりたいことは、自民党の浄化です。希望の党は人も、お金もないので、自分の人気を利用して、他党を巻き込んで、選挙に臨もうとしているのです。
小池氏は、選挙後、希望の党を整理して自民党に戻るでしょう。
私の考えは、拙ブログ「トニーの回覧版」のVSOPという記事をご覧ください。

う~ん・・・

希望の党が「リセット」
自民党が「リメーク」
今度の選挙の選挙のうたい文句が。

「はぁ?」ワシに言わせれば両方「リコール」じゃな。
民進党の党首選挙も安倍政権の新組閣も何だったんじゃ?

無駄に費やした時間と税金返せよ!でしょ?

やっぱ、ぶれない共産党を今回も応援するしか無さそうじゃ、ワシ的には。

にしても、民進党には野党第一党だったという「矜持」が本当に欠落しとったんじゃのう・・・

ここは負けて落選しても、最後の意地を見せて欲しかったわ!
希望の党も簡単に民進党というポンコツ集団を簡単に迎合させちゃう様じゃ先は見えてるよね。

ああ、酷い世の中じゃわ、夢も希望も抱けん。
日本の夜明けがまたまたまた遠のいた様じゃ。

No title

昨晩 耳を疑う事有り。
前原が無所属で出馬する。
何?
党首が無所属で出る?意味が分からない!
枝野幸男と争った代表選は夢まぼろしか…
あの時は枝野がまともな訴えをしてました。
前原の個人の決定で民進党が溶けて無くなってしまうなんておかしいでしょう。
これは自民党の安倍独裁と同じ前原独裁です。
前原…そんなに強かったっけ?
相談とか議論とか…しなくなったんですね。
おそろしいです。

No title

彼岸花さま、

私も「ちがうでしょ~~!!」って叫びたいです。何を考えてんだかって、ただただあきれます。
「希望の党」なんて、アベ自民の補完勢力でしかないですよね。

小池さんが今年、関東大震災での朝鮮人犠牲者への追悼式に対してとった言動を考えると、とても支持などできません。

映画作家の想田和弘さんがfacebookで、
もう一度言う。希望の塔とかいう誘蛾灯に誘われて土壇場になって右往左往している政治家たちは、自分の「職」を守ろうとしているから右往左往しているようにしかみえない。そういう人たちは、そもそも議員になる資格などないのだよ。就活か何かと勘違いしているのではないか。
と発信していて、この指摘に本当にその通りだと思います。

どうなるのか、どうなっていくのか、本当に不安です。

困りました

私としては、決して望ましいことではないのですが、
最終的に安倍を倒せるのは、安倍にも勝る極右の他にないと思うのです。
しかもその猛毒は、安倍政権以上にこの国を蝕んでしまうでしょう。
いまから日本初の女性総理やら、大連立やらの悪夢を見ています。

前原の行動は予測できました。小沢も続くでしょう。太郎さんもかな。
やはり思った通り、民進党は、国民の望みが分かっていないのではなく、
充分に分かった上で、利用するだけして、いいように踏み躙ったのですから、
そういう卑怯な連中なのだと理解して、見放すほかないと思います。

リベラルには、枝野らに期待する声もあるようですが、
だとしても民進党は、たぶん旧社会党のような末路になると思います。
いちどは小池の門に駆け込み、面接で弾かれ、出戻ってきたような者たちが、
なんの役に立つというのでしょうか。民進党もいまや改憲派ですからね。

これを機に共産党は、もとも最左の重石という役割に立ち帰るべきです。
それが、政治の重要なバランスだから、北極星のように動じるなです。
しかしこの局面に至っては、現有議席以上の議席数は得なければ意味がない。
「野党共闘」も継続するようですが、はっきり言ってその成否は、
民進党リベラル系や市民勢力との連携に掛かっていると思います。

「安倍を倒せ」なんて、全力で叫んでいたころが懐かしいです。
中身が空っぽな小池人気がいつまで続くかはわかりませんが、
いよいよ最悪を覚悟しなければならなくなりました。

いまはまだ、情報が錯そうしていますし、私自身も興奮しています。
とりあえずじっくりと、彼岸花さまのお考えを聞かせてください。

プロフィール

彼岸花さん

Author:彼岸花さん
リンク、トラックバックご自由に。

『しだかれて十薬忿怒の息吐けり』

『南亭雑記』の南亭師から頂戴した句。このブログになんともぴったりな句と思い、使わせていただきます。
十薬とはどくだみのこと。どくだみは踏みしだかれると
鮮烈な香りを発します。その青い香りは、さながら虐げられた若者の体から発する忿怒と抗議のエネルギーのよう。
暑い季節には、この強い歌を入口に掲げて、私も一民衆としての想いを熱く語りましょう。

そして季節は秋。
一足早いけれども、同じく南亭師からいただいた、この冬の句も掲げておきましょう。

『埋火に理不尽を焼べどくだみ荘』

埋火(うずみび)は、寝る前に囲炉裏や火鉢の燠火に灰をかぶせて火が消えてしまわぬようにしておいた炭火などのこと。翌朝またこの小さな火を掻き立てて新たな炭をくべ、朝餉の支度にかかるのです…

ペシャワール会
http://www1a.biglobe.ne.jp/peshawar/pekai/signup.html
国境なき医師団
http://www.msf.or.jp/donate/?grid=header02
最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード