『民進党リベラルよ、立て!』


枝野氏らが、『希望』に合流することの白紙撤回を求めて、両院議員総会を再度
開くことなどを求めているという。またその一方で、『希望』に行くことを潔しとしない
議員たちを集めて、リベラル派の新党を立ち上げることも視野に入れているともいう。
良し!そう来なくっちゃ!

リベラル派の党立ち上げを急げ!

市民連合などは、もうずっと長い間、どれほどそれを待ち望んでいたかわからない。


                 ***

リベラルも極右もいっしょくただった民進党。そのために、あろうことかいつも
大事なときに限って内部の紛糾をあらわにして国民の信頼を失い続けてきた民進党。
考えてもみてごらん。いつも、代表の足を引っ張り続けてきたのは誰だったか。
リベラル派だった?・・・そうじゃないだろう? いつも、代表の足を引っ張って、
民進党内部にごたごたを起こしそれを大事なときに限って国民の目にさらしてきたのは
民進党内の、自民に近い考えの、右派の人々だったじゃないか?!
民進党がここまで落ちぶれたのはリベラル派のせいなどではない。常に右派の人々が
民進党の存在意義を無にするようなことをし続けてきたからではなかったのか!

そして。あろう事か、またしても民進党右派による今度の解体劇だ!
なぜ、いまさら一緒にやっていく必要がある?????
民進党リベラルは立て!
民進党でも旧民主党でもいい。別の名でもいい。党の『名』を残せ。
ただの字義通りの『名』ではないよ。民主党の存在意義としての、『党の矜持』としての『名』だ!
前原代表が自ら棄ててしまった『名』だ! 国民への信義としての『名』だ!

国会前で・・・日本全国の町町で・・・とにかく安倍政権のようなものを倒して欲しい、
原発はやめて欲しいと、声を上げ続けてきた市民たちは、民進党リベラルがたち上がることを
どれほど待ち続けたかわからない。
昨年の参院選の青森、宮城、山形、また新潟、長野、などでの4野党共闘は、
2013年参院選で一人区で自民に20勝2敗と無残な負けを喫したのに比べ、
2016年は21勝11敗と、共闘の効果を大きく発揮した。その流れは、市民の側では
今も続いていたのだ。
それを一方的に断ち切った愚か者は、民進党よ、あなたたちだよ。
森友・加計問題、また自衛隊隠蔽問題などで大きく国民の信頼を失いかけている
安倍政権を、今こそ倒さねばならないときに、は~~~~~ぁ???党を解体???!!!
前原氏など右派の連中は、いったいなに考えてんの?????!!!!!

自公が恐れていたものは何か。市民を巻き込んだ4野党共闘の勢いが増すことだったと思うよ。
『希望』の党が参戦したから野党票が割れる? 『希望』がどれほどのものだというの??
もし、今回の民進党の合流構想がなかったら、究極の風見鶏、小池氏は、都知事職を
すててまで『希望』の党の代表に専念はしないだろう。
若狭氏、細野氏、そして元『こころ』の中山夫妻。そんな人らが代表する、政治資金も
人的パワーも実績もなにもない『希望』が、どれほどの脅威になったと思うの?
あの小池氏が表に立っている。それだけの魅力でしかない。
しかも、その小池氏の魅力などというものは、底の浅い幻想にすぎない。

民進党のリベラルよ。立て。
そしてまだ去就を迷っている議員たちよ。『希望』になどに希望を抱くな。
あなたたちには、国会議員としての、衆院議員としての責任がある!
小池氏がその代表の名を取り上げるまでは新党『希望』の代表?であった若狭氏は、
『一院制』などを新党の政策の『柱』として持ってくるような愚か者だよ。
小池氏も確か以前、そのようなことを口にしていたはずだ。

はああ~~~~~っ??!! 一院制????????
先進国のどこに、一院制の国などある?
スウェーデン、フィンランド、デンマークなど北欧の福祉国はそうじゃないか?
確かに。だが、そうした国は、国民の政治への意識の成熟度が大変に高くて練れているのだ。
そうした国は、これまでの長い時間をかけた熟議で、国民と政府の間に信頼関係が
築き上げられている。そうして政治の透明性がおそらく担保されている。
だから、そうした国々では、高税・高福祉が成り立つのだ。国民が国を信用できるのだ。
一院制でも与党が暴走する恐れをあまり抱かなくてすむのだ。(それでも危ないと私は思うが)

一院制の根本的な危険度は何か。
それは、ただ一つの議会の決定が、そのまま決定となってしまうことだ。
言っては悪いが、そして非常に残念なことだが、日本のように国民が政治に無関心で、
個々人が自分自身の考えで判断する・・・個々人が政治的定見を持つ、ということにおいて
非常に脆弱な国で、また、その時々のムードに非常に流されやすい国民性の国で、
一院制など導入したらいったいどういうことになるか。想像してみればわかる。
悲しいことだが、戦中の『大政翼賛政治』が、日本をどこに導いたか、私たちはあれほど
痛い経験をし、またアジアの近隣諸国に途方もない痛みも味わわせてしまって、
国民が一方向を向いてしまうことの危険を思い知ったはずではなかったのか??

時の政権を握るものに暴走をさせないための仕組みは、分厚ければ
分厚い方がいい

それはまず、憲法そのものだ。とりわけ、『最高法規』としての憲法を明記した第10章。
そして行政府の暴走を止める第二に大事な仕組みが三権分立
一つ一つの事案を衆参両院で議論するという二院制の仕組みも、その極めて大事な仕組みなのだ。

それらをことごとく無視し、政治を私物化しているのが、今の安倍政権だ!
議院内閣制をとっている日本では、衆院選挙における最多議席をえた政党から
慣習的に内閣総理大臣が選ばれ、彼が内閣=行政権を担う。
安倍政権の、憲法や三権分立の仕組みを軽視した専横政治に終止符を打つ。
そのための選挙に、はああああ~~っ!!?? 一院制などを謳う『希望』を選ぶ?
そんなものに、前原氏は、自分の党を、しかも自分に近いものだけならいいが、全議員を、
しかも、参議院議員までもを、党の助成金という持参金つきで差し出したのですよ!
『希望』の党は、参議院はいらない、という党ですよ!!!
民進党内参議院議員は、なぜそのことに激怒しないでいられるの???????????

国民の皆さんもこのことだけは知っておいてください。
参議院は、確かに日本では今は、衆議院の付け足しみたいになってしまっていて、
衆議院≓政権与党のチェック機能を十分に果たしていないただの衆院の追認機関、無駄に
税金を食う機関、と思う方がいるかも知れないが、それはとんでもない認識だ。
参院は、その働きをいまだ失ってはいない。
参院が今、十分に機能していないように見えるのは、国民の皆さん、そういう議員を
あなた方が選んできたからだ。
『良識の府』としての参議院を育てるのもだめにするのも、皆さん、国民なのだ。


一院制、などというたわ言を党の主要政策に掲げる政党が『日本会議』などという
戦前回帰の時代錯誤の思想団体のメンバーばかりであり、政権与党の暴走を止め国民を
護るための大事な仕組みの憲法を変えようとしている政党であるということの恐ろしさを、
それが同じく日本会議ばかりの自民党と結託してこの国の姿を根本から変えてしまおうと
していることの恐ろしさに、皆さん、目を覚ましてください!
おそらく、このたびの民進党解体騒ぎで、中心となっている人々も、日本会議のメンバーか
それに極めて親和性の高い政治信条の議員たちであろう。

日本を再び、翼賛政治のあの時代に似た国にしたいですか?




もう一度言う。
民進党のリベラルよ。立て。
そしてまだ去就を迷っている議員たちよ。『希望』になどに希望を抱くな。
あなたたちには、国会議員としての、衆院議員としての責任がある!

記事はまだ続くが、この記事としての最後に、私の知人の言葉を引用しておこう。

今日現在も、地方で市議選などが戦われてるみたいなんですが、
民進の議員さんは、もう~先が全然見えなくて、
「私は誰?政党はどこ?」
ていうみじめな戦い方をしてらっしゃるようなんです。
前原氏の罪と責任は重大です。
なんか先週からの一連の流れを見てたら、
ひどい取り込み詐欺にあったような気分です。』
 


民進党は、なにも、衆議院議員だけのものではない。
この地方議員の悲しみや動揺。これまで民進党を民進党として支持してきたひとりひとりの国民の
信頼と期待を裏切るのか!!!


去る者は追わない。だが、民進党の名とその資産は置いていってくれ。
『希望』が要求しているという『踏み絵』を踏んで(心痛まぬのか?)、同じく『希望』が要求しているという
500万円だかの『希望』への公認申請金は、自分で用意して去ってくれ!




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: やっちゃんさんへ

やっちゃんさん。こんにちは~。

他の方へのコメント返事にも書きましたが、川内博史さん、立憲民主党から
立候補。私もtwitterで知った途端に喜んでいます。リツイート、「いいね!」ボタンも
いくつも押しておきました。彼の復帰を願っている人が何人もツイートしてたんだもの。
私も、川内さんのことは、3.11後の国会前デモなどの頃から、議員としてしょっちゅう参加
していてくれてるの知ってたから、あの愚かな野田元首相が大見得きってする必要もなかった
消費税増税と社会保障の一体改革解散して、川内氏が消費税増税に反対して公認得られ
なくなって落選したときから、『ああ!なんと、いい人を民進党はみすみす見殺しに
するんだ!また国民も、どうして彼のような議員の普段の活動を見てないんだ!』と、すごく
腹が立ったの今でも忘れてないんです。
彼は沖縄の心にも寄り添ってるし、立派な人ですよね。
ぜひぜひ応援して当選させてください!
私も、twitterなどで拡散しますから。^^

今度の民進党前原氏らの裏切り、リベラル切り捨ての巧妙な仕掛け。
私も、前原氏や小池氏らだけの知恵ではないな、と思っています。まず疑ったのは、
小沢氏でした。小沢氏は、小池氏の師匠格みたいなもんだし、あの人の、『政党を
壊しては作る』のが大好きな性格や、自分の党のあの太郎さんや、森裕子氏などにさえ
党の方針をぐずぐずと(いまだに?)明らかにせず、だんまりを決め込んでいたのは、
なんか関わっているからじゃないかな、と思っていたんです。

玉城デニー氏は自分で早々と『希望』には行かないと態度示したから立派だけど、
小沢氏は、自由党の党首なんだから、責任があるんだから、後ろ暗い想いがないのなら、
あんなに頑張っている山本太郎屋森裕子氏に『希望』に合流するかそれとも今までのように
共産などと4野党としてタッグを組むのか、その方針くらいは早く伝えてもいいはずでしょう?
彼らだって選挙運動に早く動かなければならないのだから。
ところが太郎氏は小沢氏がはっきりしないので困り切って、それで自分で、自分の
政治信条に従って、また無所属になってたったひとりでやる、と2日前に決めたのです。
森裕子氏だって、なんかすごく曖昧な、暗~い顔してた。
昨日かなようやく小沢氏自身は無所属で出ると表明したようですが、遅すぎる。
小沢氏は、民進党の『希望』への合流騒ぎの当事者ではないのにもかかわらず。

まあ、本当のところはわかりません。私の誤解かも知れない。
でも、小池氏は、小沢氏とも親しく、と言うか弟子みたいなもんで、その手法をそばで
見てきている・・・今度の解体劇の鮮やかさというか巧妙さは、小沢氏のそれにとても
似ている気がしたのです。
悪いけれども、私は、小沢氏を心から信じたことはない。劇場型の集合離散の繰り返しを
あまりにも好む人は、小沢氏にしろ小池氏にしろ、あまり信用できないです。

竹中平蔵氏。
小池氏が、竹中平蔵氏の設定で、衆院解散前に、松井大阪府知事とあの橋下氏と
会っていた、と、10月1日だったかな?知った時点で、私も、「ああ!」と思いました。
すごくありそうなこと。
まあ、その思想の親和性から言って、小池氏、橋下氏、松井氏が近いことはわかって
いたから、私も、いずれどういうかたちででも、結びつくだろうな、と思っていました。
私はそこに、名古屋の河村氏も加わるのかな、と前は思っていたのだけれど、
彼も、『うちの祖父は兵士として南京に行っているが、南京大虐殺があったなんてことは
見ていない、と言っていた。うちの祖父が見なかった、と言ってるんだから、
南京大虐殺は作り話だ』と、以前言っているのを知って、ああ、この人もか!と
思ったことがあったので、歴史観で小池氏や橋下氏に近いのだろうと思っていたのです。

でも今回は、川村氏でなく大村氏、だったですね。『三都物語』でしたっけ。

松井氏は安倍氏に近いわけだから、安倍、小池、松井、橋下、と言うラインはすぐに
つながるはずですよね!さらにはそこに、前原民進党が。
いやな構図ですねえ!!!!

竹中平蔵氏は私はもう、小泉氏の頃から大っ嫌いで、この日本のろくでもないことの
多くにかかわっていると言ってもいいですね。
そう。アメリカのジャパン・ハンドラーズたち・・・。そして電通は常に関わっているな。

『かれらの狙いはむろん安全保障のみにとどまらず、
日本の個人資産、医療、教育、食、農業などの1次産業、
全国地方津々浦々の製造業、軍事産業、サービス業、不動産、、、
もう~多岐に渡ってて、どれもこれもさらに自国の利益にさせるために
まず憲法に手をつけて、民法、商法などなど細部にわたって、
変えていくのが目的でしょう。』

さすが!やっちゃんさん。そうなのそうなの。ほんとにそうだろうと思う!
もう一つさらに付け加えれば、安倍氏の『構造特区』構想も、日本をアメリカに
差し出す大きな計画の一つ、だと思っています。
医療特区、教育特区・・・そしてあのカジノ法案もね。アメリカにわざわざ行って、
保守系シンクタンクで、『日本の上下水道事業も買ってください』発言をした
財務大臣にして副首相の麻生氏。そういう発言も同じですね。
だから、加計問題で、その教育特区構想で、『獣医学部』というのを開くのも
なんだかね。こう・・・つながっている気がするのよ。
アメリカの豚肉や牛肉を日本にもっともっと買わせたいわけでしょ。でも、日本の
検疫や衛生管理、また狂牛病への拒否反応など、日本の消費者の目は厳しい。
獣医学部に検疫とか食の安全性などの学科を作って、そこで、なにかとアメリカの
都合のいい検査や論文などを仕立て上げれば、とても便利よね。
『最先端の研究』とか言っちゃって。
あと、TPPなどのときにもずいぶん書いたけれど、農薬とか遺伝子操作の問題ね。
そういうアメリカの巨大製薬会社などにとって都合の悪い問題を、安倍氏が日本に
医療特区とか教育特区(大学研究機関)とか作って、もう総合システム的に
受け入れやすくしてくれれば、いいこいいこ!ってなるわけでしょう。
安倍氏がかくも加計問題で熱心に便宜をはらうというのがね。それが今治市に
獣医学部というのがね、私にはなんかずっと引っかかってるの。

ほんとは、この解散騒ぎなどなかったら、森友・加計問題は、私の考えをまた
書くつもりだったんだけど、そこでこういう直感に似た疑問のことも書くつもり
だったんだけど、政治の動きの方がめまぐるしくて、それがことごとくげんなり
するようなことばかりなので、なかなか書く気力がありませんでした・・・

ほんとにね。
この日本、だいじょうぶかいな? ><

やっちゃんさん、ありがとう~~~!





Re:しほさんへ

しほさん。こんにちは~!

そうそう。民進党のお金の問題。
おそらくね。誰が入れ知恵したかわからないけれど、相当な知恵者がいて、
前原らが全部結果的に『希望』に横流しできるような仕組みになっているんじゃないかと
私、思うのよ。
前原氏らは、まだ民進党員のまま、前原氏がまだ民進党代表のまま、『希望』から
公認を得て出馬する形になっているでしょう。民進党参議院議員はまだみんな残って
いるわけでもあるし。
だから、財布のひもは、代表である前原氏が握っているのね。
ところが、枝野氏らは、民進党を離れて新党を立ち上げたかたち。だから、前原らは
『民進党を離れた者にお金をやる必要はない!』と突っぱねると思うのよ。
前原らは、今や小池氏が民進党リベラル派は排除することを知っていたとしか思えない。
そしてそのお金のことも周到に考えて、自分たちは民進党の党籍のまま、『希望』から
立候補するようにしたのだと思います。
小池氏や若狭氏は、『民進党のお金など受け取らない』と言っているけれど、
民進党は、すでに確かに8月の末かいつかに、衆院選があることを前提に、政党交付金
と言うのじゃなしに、民進党がいざというときの選挙資金などのために貯めておいた
お金から、現議員たち全員に確か500万円だかの運動資金を渡し済み、と聞きました。
それは枝野氏らももらっているんじゃないかな。
その500万円だかも、結局は、『希望』に入る連中は、公認料600万円プラス
寄付金200万円?だったかな?それと、小池氏と一緒に写った選挙用ポスターの
写真撮るのに3万円だか払わなければいけないらしいから、都合703万円のお金は
確実に民進党員から『希望』に流れるの。ひとりあたりですから、100人移れば
7億と300万円よ。
それ以外の民進党のお金は、どう配分されるのか・・・私も知りません・・・
えだのん。がんばれ!

とにかく、本当に汚い『希望』のやり口です。
枝野氏らの新党や、立場上無所属で戦う『離党組』は、金銭的にも人手の面でも
大変でしょう。
だから、市民連合などは、できる限り出来ること何でもして支えなくっちゃ。
私もつましい年金暮らしだけど、出来ることをします。
今度の選挙は、自公を勝たせれば、安倍氏は「もり・かけ」問題も何もかも
国民の信任を得たのだから、と言って開き直るのはもう目に見えているし、
と言って『希望』が勝ってもさほどの大勝はしなくても、どっちみち選挙後は
自公、維新、こころ(気持ち悪い!)と一緒に、改憲に向けて加速するのに
決まっています。北朝鮮問題も圧力一方で、日本の国防を強化する、消費税増税は
また世間の風向きを見てずるずる延期して日本の借金はますます増やし、教育問題も、
小池氏も、『希望』に移った民進党議員の多くも日本会議なんだから、『育鵬社』の
歴史教科書の押しつけなどで子供たちを自分たちの時代錯誤の歴史観に沿って
『教育』して、むろん、「もり・かけ」問題などは有耶無耶にされていくでしょう。

私たち国民がそこんところしっかり見て投票しないと、ほんとに、ひどい国になって
いきますよね。><

しほさん。ありがとう~♪
立憲民主党のtwitteの公式アカウントはこちら。https://twitter.com/CDP2017?lang=ja
おお!半日でフォロワーがみるみる増えていって、もうすぐ6万人にもなります。

No title

鹿児島1区、川内博史氏は立憲民主党から出馬になりました。
なんとしても彼には返り咲いて欲しいんですが、、、。

今回、小池氏と維新の連携をセットしたのは
米国医産複合体エージェントの竹中平蔵です。

あの悪魔が絡んでる、という事は間違いなくマイケルグリーンら
ジャパンハンドラーズらが小池氏のバックにいます。
、、、ということは電通が世論操作に動いてます。
小沢氏にもはやそんな力は全然ないでしょう。

かれらの狙いはむろん安全保障のみにとどまらず、
日本の個人資産、医療、教育、食、農業などの1次産業、
全国地方津々浦々の製造業、軍事産業、サービス業、不動産、、、
もう~多岐に渡ってて、どれもこれもさらに自国の利益にさせるために
まず憲法に手をつけて、民法、商法などなど細部にわたって、
変えていくのが目的でしょう。

そのために彼らが日本のレベラル勢力の徹底した壊滅を図ってるのは
間違いなく、事実その通りの経過をたどって既に今日までずっと
きてしまっていて、今回のことで
「ああ、、、この国、もうだめかも、、、。」
と思いました。

なんとかふんばってほしいです。

Re: トニーさんへ

トニーさん。こんばんは。

いよいよ枝野氏が決意して、リベラル政党、立憲民主党が立ち上がりました。

ほんとに、もう少し早く、今の体制に出来ればよかったですね。この2,3日の時間は
ほんとに勿体なかった。
両院議員総会のときに、党員はもっと前原氏を追及すべきでした。
私なんか、『安倍政権をなんとしても倒すために希望へ移籍』というあの話を聞いたとき、
その理屈が全然わかりませんでしたもの。『民進党を解体して希望に合流すること』が
『安倍政権を倒すこと』になるという、その間の論理の飛躍があまりにも大きくて
『はああああっ?!』と、思わず目を疑ってしまいましたもの。
あそこで物わかりよくしゃんしゃんしゃんと手打ちをして解散、あとは前原氏に一任、
というそののんきさ。
あそこでもっと詳細を問い詰めていれば、今度の話の欺瞞性やその不当さがわかっただろうに。
小池氏の性格ややり口、そして前原氏の右派的思想信条など、論理的に考えていけば、
これが民進党内のリベラル排除の仕掛けかも、ということは察してもよかったですね。
人がいいというか、まさかこれほどの裏切りに合うとは思わなかったんだろうなあ・・・

ほんとそうですね。代表選の前に民進党がこうなっていれば、
さらにもっと言えば、出来れば一昨年の岡田氏の辞任のあとの代表選あたりに
枝野氏にはリベラルの代表として表に出て欲しかったです。蓮舫氏には荷が重すぎた。

しかし、私自身も、もうこの数年、民進党は思いきって右派(極右も含め)とリベラルと
2つに分かれた方がよっぽどすっきりするんだがなあ、と思いつつ、それを文章などに
書くことはしてきませんでした。
それでなくても退潮退潮の民進党の人々が、さらに党を割る、などということをするはずがない
と思っていたから。その決断力は無いだろう、と。
ところが、残念なことに、リベラルの手を打つのは一歩遅れてしまいましたね。
右派の連中から先に分裂を仕掛けられちゃった・・・・・・。

きっとこれは、前原氏の淺知恵だけではないですね。
小池氏が考えついたとも思わない。小池氏の後ろにいる『壊し屋、小沢氏』あたりの
策略があったんじゃないか、と私などは思っているんですが。
小池氏は小沢氏とは親しいはず。小沢氏は、こういう、『政党を壊してまた連合させる』
というようなことを手引きするのが、昔から三度の飯より(苦笑)自分自身の栄達より
好きな策略家じゃないかと私は見ています。
少なくとも小池氏は小沢氏の元で、そういう手口を学んできているはず。
小沢氏が、その元で一所懸命市民のために尽くしている山本太郎氏にも自分の意向を
示さず宙ぶらりんにしておいて、さらに森ゆうこ氏にも、小沢氏は自分の意向を
はっきり告げてないことなど思い合わせると、小沢氏は『希望』と最初から通じて
いたとしか思えない。現に『希望』に合流、と表明しましたし。

山本太郎氏などはいい面の皮、にされちゃいましたね。彼はどう見ても『市民』と共に
来た人なのに。そもそも山本太郎は、最初から社民党などにいくべきでした。
福島瑞穂さんなどとずっと国会前などで行動を共にしていたのに・・・

これからが枝野さんらは大変ですね。お金も前原がまだ代表である以上、がっちり
財布を握っているのだろうし。民進党を出て新党を築く枝野氏らに民進党のお金を
渡す必要はない、と言うでしょう。
そういうことまで考えて今度の解体劇を仕掛けたのだとすれば、小池ー前原のコンビは、
相当のあくどい策謀家です。
本当は、解体劇を仕掛けた前原一味こそ、手ぶらで党から追い出されるべきところなのに。

でも、ぐずぐず言っていてももう賽は投げられた。
市民連合などは、この生まれたばかりの初々しい立憲民主党を、共産党、社民党と共に
全力で支援していかないと、ですね。これらを育てて、立派な政党にしなければ。
私も、自分に出来ることは何でもしようと思います。
そのくらい、私は安倍政権に怒りを持っている。

トニーさん。ありがとうございます!

No title

お金の問題 気になります。
代表投げ出し 前原は 民進党のお金を持参するつもりだったわけでしょう。
枝野新党はこのお金 動かせるのでしょうか?
政党助成金 でしたよね。
この辺はっきり知りたいです。

少額の寄付の呼びかけが 目に付き始めました。
市民連合や枝野新党、そしていち早く
小池希望に行かないことを表明した北海道の逢坂さんに…
と思って検索しました。
早めに心を決めようと思ってます。

Re:やっちゃんさんへ

やっちゃんさん。こんばんは~。

枝野氏がついに立ち上がりましたよ。
私などはどんなにこれを待っていたか知れない。

もう、去って行った者たちのことは知らない!です。追いかける必要もない。
どうせ、そういう政治的に節操のない自己保身だけの人間は、行った先でも大事に
されはしないでしょう・・・
一足先に行った細野氏の、あの目に力を失った空虚な顔が、『希望』での彼の
処遇され方を物語っているような気がします。
といって、小池氏の腹心とも言える若狭氏が大事にされていると思えませんね。
小池氏は、ひとを大事にしないひとなんじゃないかなあ。

まあ、節操なき政治家が流れついて行く先は、『希望』のようなところしかないのでしょう。
小沢氏も、私は今度の一件にきっと一枚噛んでいるという気がしていますが、彼も
もうこれでお終いでしょうね。今更『希望』に行けはしないでしょう。

なによりその前に、国民の厳しい審判があります。ほんとにろくな政治がいない中、
国民はどういう選択をするのか・・・
私には、それもどうも信じていられないのが悲しいですが、まあ、今日、立憲民主党が
立ち上がったことで、この夏の心の曇りが、少しは晴れました。

でも、大変なのはこれからです。確実に小沢氏の『自由党』は抜けるだろうから、
共産、社民、立憲民主党、の3党共闘を、市民がしっかり支えて育てていかねばと
思っています。

しっかし、それにしても、前原氏ら民進党を売り渡した者、唯々諾々と自ら売られて
行くことを選んだ者は、党のお金などほんと、返してから出なさいよ、と言いたいですね。
それでないと筋が通らないでしょ。

ほんと。こういうなんていうか醜い政治家たちの右往左往を見ているのは、支持政党が
どうのこうのということを抜きにして、悲しいです。


可及的速やかに

彼岸花さんのおっしゃる通りです。

しかし動きが遅い。代表選をやる前に別れるべきでした。

前原代表(度胸も据わってなければ、判断力も鈍い)に全部の議員が、団体旅行のように付いて行った挙句、右翼の小池代表から、踏み絵を踏まされることになり、話しが違うということになりました。

リベラル派は、旅行に参加せずに、新たなグループを即立ち上げるべきでした。
この2~3日の動きだけど、時間がもったいなかった。

しかし遅くはあっても、右派と決別するときがきたのだから、速やかに新党を立ち上げ、いや民進党の名前のままでレベラル派は、選挙に臨むこと。市民連合は待っています。枝野代表、辻元副代表でもいいです。

 出て行った連中は希望(絶望?)の党の党員になったのだから、一切資金は渡す必要なし。

 自由党の小沢さんはどうするのでしょうね。山本太郎さんも踏み絵を踏まないはずです。また太郎と仲間たちに戻って、市民連合と協力して欲しいものです。

山梨市長選は、民進党、社民党の推薦する新人候補が、自民推薦の新人を破って当選しました。投票率は65%。みんな自民党に飽き飽きしています。チャンスが来てますよ。
 

No title

「去る者は追わない。だが、民進党の名とその資産は置いていってくれ。
『希望』が要求しているという『踏み絵』を踏んで(心痛まぬのか?)、
同じく『希望』が要求しているという500万円だかの『希望』への公認申請金は、自分で用意して去ってくれ!」

ですよね~!!彼岸花さあん!!!
わ~拍手!!!

プロフィール

彼岸花さん

Author:彼岸花さん
リンク、トラックバックご自由に。

『しだかれて十薬忿怒の息吐けり』

『南亭雑記』の南亭師から頂戴した句。このブログになんともぴったりな句と思い、使わせていただきます。
十薬とはどくだみのこと。どくだみは踏みしだかれると
鮮烈な香りを発します。その青い香りは、さながら虐げられた若者の体から発する忿怒と抗議のエネルギーのよう。
暑い季節には、この強い歌を入口に掲げて、私も一民衆としての想いを熱く語りましょう。

そして季節は秋。
一足早いけれども、同じく南亭師からいただいた、この冬の句も掲げておきましょう。

『埋火に理不尽を焼べどくだみ荘』

埋火(うずみび)は、寝る前に囲炉裏や火鉢の燠火に灰をかぶせて火が消えてしまわぬようにしておいた炭火などのこと。翌朝またこの小さな火を掻き立てて新たな炭をくべ、朝餉の支度にかかるのです…

ペシャワール会
http://www1a.biglobe.ne.jp/peshawar/pekai/signup.html
国境なき医師団
http://www.msf.or.jp/donate/?grid=header02
最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード