『「ファシズムの兆候」と私たちの国』


ふう~~~~~・・・・・・・・・

衆院選挙まで、今日を入れてあと2日。

こうやって、記事では今、立憲民主党について書いているところだけれども、実生活では
介護の合間を縫って、地元共産党候補の法定ビラのビラ配りをしている。
と言っても、まとまった時間はとれないから、自宅周辺地域へのポスティングだ。
小さな路地路地にも入っていって、一軒一軒のポストにビラを入れる・・・・・・

立憲民主党には勝って欲しいが、共産党の票を喰うのでは元も子もない。
社民を含め、この三党を揃って勝たせたい・・・
訴えたいのは、無党派層と言われる人々にだ。自公希望など支持の人々にも。

さて。前の記事で、ときの政権が暴走してしまうのを止めるための防波堤について書いた。
もう一度箇条書きしたものを掲載しておく。



【時の政権が暴走することを防ぐための仕組み】

①立法府(衆院・参院)の役割と矜持。
②政権与党の自浄能力。
③内閣法制局の役割。
④司法権の独立。
⑤ジャーナリズムの力。
⑥学校教育の、権力からの独立性。
⑦最後の砦=国民。



通算6年、二度にわたる安倍政権の元で、私たちの国は、上のようなことが①から⑥まで
ことごとくおろそかにされ、あるいは意図的に介入の手を入れられ、弱体化してしまって
行きつつあるのを、国民のどれほどが自覚してくれているだろうか・・・・・・

一つ一つについて、詳しく説明したいのだけれども、時間がない・・・


            ***



『ファシズムの初期兆候』という、こんな記述が米ワシントンDCにあるホロコースト記念館に
展示されているそうだ。
政治学者ローレンス・ブリット氏による『14のファシズム(独裁恐怖政治)の初期兆候』
(原題:【The 14 Characteristics of Fascism】)という論考。
それを、宮島謙二という方が、要約して紹介したもの。
ローレンス・ブリット氏はヒトラー、ムッソリーニ、フランコ、スハルト、ピノチェトのファシストたちを
研究して、彼らの築いたファシズム体制の初期兆候として14項目の共通点を見出した。


ファシズムの兆候 ②



ああ・・・・・・
残念だが、なんと安倍政権のやり口、そしてそれを取り巻く人々の言動は、ここに掲げられた
特徴と似ているのだろう! 安倍首相に限らない。およそ、いつの時代の、どこの国の話で
あっても、このような社会はたまらなく息苦しく、それこそ暗黒の世、と言えるであろう。
私たちの生きる日本が、こんな社会にならないよう!祈りを込めて、ここに掲げておく。

1.強情なナショナリズム

森友学園の籠池氏を、安倍総理は10月11日のテレビ朝日「報道ステーション」の党首討論で、
『籠池さんは詐欺を働く人間。昭恵も騙された』と切って捨てた。
籠池夫妻は、まだ公判前。その罪が確定したわけではない。それを『詐欺をはたらく人間』
と一国の総理が言う!明らかにこれは、『「何人も有罪と宣告されるまでは無罪と推定される』
という、近代法の基本である『推定無罪』の原則を、知らないか、敢えて無視した発言である。
一国の総理ともあろう人が、こんな乱暴な、法無視の発言を公然とするとは!

だが。その前に、安倍氏と夫人の昭恵氏は、ごく最近まで・・・森友学園問題が浮上して
騒がれ出す今年2月頃までは、幼い子供達に『教育勅語』を暗唱させるこの籠池氏の
森友学園の復古主義的国家主義的な教育を、『素晴らしい』と褒めたたえていたのである。
正確に言えば、今年2月17日には、『妻から(籠池)先生の教育に対する熱意は素晴らしい
と聞いている』と評価していたのである。
昭恵夫人は、森友学園が新設する予定であった『瑞穂の國記念小學院』の、名誉校長を
引き受けてさえいた!
安倍氏の思想の根本にあるものは、敗戦後の70年の日本の否定。戦争に負ける前の
『強い』大帝国日本の価値観を取り戻したいという想いなのではないか。

2.人権の軽視。
安倍政権が復活してから、この国に『ヘイト』発言やそれに類する言動が、明らかに
増えてきたように思うのは私だけだろうか。
実際、私が、街頭で署名集めやビラ配りをしているときに、何度、『バイコク!』とか
『キョーサントー』とか、『ハンニチ!』とか『ザイニチ!』などという言葉を、全くの見ず知らずの
人から投げつけられたことか。『Are you Korean?』などと言いながら、にやにや笑いと共に
去って行った男性もいた。
民主党政権時代のことを、安倍氏は盛んに持ち出して、その頃よりどれほど自分の政権に
なってから良くなったか、民主党政権時代を暗い時代などとさえ、表現する!
だが、私に言わせれば、民主党政権下で、少なくとも、署名集めに街角で立ってていて、
『ザイニチ!』とか『ハンニチ!』などと言う言葉を投げつけられるようなことは一度もなかった・・・
そのことだけでも、私は、民主党時代を評価する。
この感じが私だけの偏見と言う人もいようか。
だが、安倍政権は、国連の人権理事会から女性差別や従軍慰安婦問題で注意を受け、また、
福島第一原発事故後の福島の人々の放射線被ばくに対する補償や放射線被ばくの
健康リスクについての情報公開の欠如、そして福島第一原発の現場で働く緊急作業員の
人々に対する不当な扱いなどに関しても、報告書を上げているのである。
沖縄の人々の長年負っている苦しみ。これにも安倍政権は無頓着であるどころか、ますます
沖縄の人々に負担を強いてさえいる。辺野古移転や、高江ヘリパッド建設などがそれである。
オール沖縄の声を安倍首相は聞きもしない。

3.団結のための敵国づくり
安倍内閣の財務大臣であり副総理である麻生太郎氏の『ナチスの手口に学べ』発言では
ないが、どうも、安倍政権は、敵国を曖昧に示して国民の危機感を必要以上に煽り、
それを人気取りに利用しているようなところがあるように私には思えてならない。
北朝鮮の脅威を利用しての、今回の解散総選挙などは、その典型だ。
ドイツ、ナチスの国家元帥ヘルマン・ヴィルヘルム・ゲーリングはかつてこう言った。
『国民は常に指導者たちの意のままになるものだ。簡単なことだ。
自分達が外国から攻撃されていると説明するだけでいい。そして、平和主義者については、
彼らは愛国心がなく国家を危険に晒す人々だと公然と非難すればいいだけのことだ。
この方法はどの国でも同じように通用するものだ』

サミュエル・P・ハンチントンもその著書『文明の衝突』の中で、『外に敵を作れば、国はまとまる』
と書いている。 

4.軍事の優先
まあ、これは、説明せずともいいだろう・・・

5.性差別の横行
安倍政権は、『女性の輝く社会』と称して、女性の社会進出や雇用促進。男性優位の雇用環境の改善
男女役割分担意識の変革、シングルマザーや非正規雇用の女性を支援する、などと謳ってきたが、
一方で、その閣僚、議員団の多くは、選択的夫婦別姓制度反対をかかげる日本会議をバックアップ
する日本会議議員連盟のメンバーであり、女性、女系天皇に反対、女性宮家にも反対している
人々である。
また、自民党の憲法改正草案では、第4条に、
『家族は、社会の自然かつ基礎的な単位として、尊重される。家族は、互いに助け合わなければ
ならない。』という文を加えている。これは、『家族』の意義を強調し、解釈によっては、『女性は
家庭にいて妻として母としての務めをせよ、介護も自分たちでせよ』、との、時代に逆行するような
家族観で、女性達を縛り付けることになりかねない、愚かしい改定案と言わざるを得ない。
『従軍慰安婦問題』の根底にあるのは、韓国人女性への根深い蔑視感情である。

6.マスメディアのコントロール
このことの怖さは、『政治の教育への過干渉』と共に、国民が、肝に銘じて常に用心しなければ
ならないものである。
政治によるメディアコントロール、そして教育への過干渉は何を生み出すか。
国民への情報遮断である。国民の意識コントロールである。
国民の『知る権利』を奪って、ものを考えない・・・政治がコントロールしやすい・・・従順な国民を
作り出すのに大きな力を及ぼす。
安倍政権の特定メディアへの憎悪は、このたびの選挙期間中にも目にしたかたは多いのでは
ないだろうか。加計報道に関する朝日新聞への怒りの爆発など。

7.国家の治安に対する執着
安倍政権になってから、いったいいくつこれに属する法律が出来たことか。それも多くは
国会における十分な審議、すなわち国民に対する十分な説明もないまま、強行採決
されたりしたものが。
2013年。国家安全保障会議(日本版NSC)を創設。
同     特定秘密保護法成立。
2014年。他国を武力で守る集団的自衛権の行使容認。
2015年。日米防衛協力指針(ガイドライン)を再改定。
2016年。サイバーセキュリティー基本法 および情報処理の促進に関する法律の一部を改正
       する法律案」、すなわち「インターネット監視法」。
同     「刑事訴訟法等の一部を改正する法律」、つまり、「自由盗聴法」。
同     「中小企業の新たな事業活動の促進に関する法律の一部を改正する法律案」、
       つまり、「中小企業監視法」。
2013年 マイナンバー法成立、2016年より実施。
2017年。共謀罪法成立。



8.宗教と政治の癒着

これはもう!公明党と創価学会。
そうして。
安倍政権のほとんどがメンバーである『日本会議国会議員懇談会』『神道政治連盟国会議員懇談会』
『みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会』など、安倍政権と国家神道は結びつきが
強い。

9.企業の保護
これも説明する必要はあるまい。大企業の内部留保はどんどん増えて406兆円ともいうが、
国民の可処分所得は思うようには増えていない。

10.労働者の抑圧
日本におけるブラック企業の増加。派遣労働拡大や時間外労働とワーキングプアの問題。
「1億総活躍社会」「同一労働同一賃金」「働き方改革」などの旗を振りながら、一方で
労働法の全面的な規制緩和に乗り出している。
そして選挙前にしきりに画策されていた、「残業代ゼロ」法案。企業がいつでも労働者を解雇
できる解雇規制撤廃、国内の低賃金労働をさらに促進する外国人労働力の増加策など
安倍政権が、労働者に優しいなどとはどう見たって言えない。

11.学問と芸術の軽視
これはもう。私にとっては、小泉政権の国立大学の法人化から始まる、一連の大学改革の
ことに尽きる。安倍政権が大学の文学・社会科学系学部の統廃合を露骨に進め、また
基礎数学など、すぐには学問の成果が出ない基礎学問を軽視する傾向があることなど
については、私も何度も記事で批判してきた。
学問というものは、総合的に学んでいかないと、いずれ限界にぶつかることの多いもの
である。理科系学部学科がすぐに社会に役立つからといって、文系、社会学部系の
学問をおろそかにし、それを統廃合していくなどと言うことは、世界に類を見ない愚かな
文化政策だと私は思う。
文学、哲学、倫理学、宗教学、歴史学・・・そういった学問は、人間が、広く世界を見つめるのに
大事な大事な学問である。
安倍政権の学術文化政策は、一言で言えば、『半知性主義』そのものだ。

12.犯罪の厳罰化への執着
これはもう、『共謀罪法』に尽きる!

13.身びいきの横行と腐敗
森友・加計学園問題!!!

14.不正な選挙
これについては、『不正』と言えるかどうかはわからないが、前の記事で書いた、このたびの
突然の解散・総選挙。これは、野党の足を隙をうかがってその足を掬うような、卑劣なやり口
である。これは、信託をした国民に対しても、不誠実であるのではないだろうか。
一票の格差は、いっこうに縮まらない。死票があまりにも多く出る小選挙区制の問題にも
真剣に取り組む様子はない。
ネット界でしきりに噂されている『ムサシ』なるものの不正については、私はよく知らないし
根拠も曖昧なので、その議論には与しないが。




***


私は、安倍政権に対して厳しすぎだろうか?




なお、上記、『ファシズムの兆候』については、あの『薔薇の名前』などを著した
作家ウンベルト・エーコも、その『永遠のファシズム』という本の中で、ファシズムの兆候を
次のように挙げているようだ。
(amazon のサイトでの書評から拝借した)

(1)「伝統崇拝」志向であり、「反知性」志向であること
(2)「反近代主義」あるいは「非合理主義」であること
(3)「行動のための行動」を崇拝すること
(4) 批判を許さないこと
(5)「余所者排斥」あるいは「排外主義」、「人種差別主義」であること
(6) 社会的・経済的危機における個人や社会の不満から発生すること
(7) 一般大衆に向かって「ナショナリズム」を訴えること
(8) かならず「敵」を作るが、敵の力を客観的に把握する能力に欠け、最後は敗北する
(9) 大衆一人一人を英雄にすべく、教育すること
(10) 潜在的意志を性の問題に向け、女性蔑視や性的マイノリティ排斥に向かうこと
(11) 少数の選ばれた集団の声が「民衆の声」にすり替えられること(質的ポピュリズム)
(12) 貧弱な語彙と「単純な表現」を好むこと

近いうちにじっくり読んでみたい・・・。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re:んさんへ

んさん。こんばんは~。

う~~ん・・・

台風は来るわ、選挙の争点は見えないわで、投票率低いかなあ。

あたしは、旦那のと二人分の雨合羽を百均で買っておいたので、明日はそれ着て、
車椅子押して、投票しに行ってきま~す。
期日前投票したくても、会場が遠いんですよね~。
車もない『交通弱者』の我が家は、こういうときほんとに不自由ですう。


> わし?明日はまた趣味の一つ「投票箱」の空状態の確認をめざし投票所1番乗りを目指す予定ですよ(笑)

私も思わず、笑っちゃいました。
そうですよね~~~!
なんか憂さばらしの一助にでもなるようなこと見つけなくっちゃ。(爆)

> 待ち時間では少しでも野党支持してねと後ろの人たちと雑談して小さい努力してみるつもりです。

おお!頼もしいお言葉。^^
そう。面と向かって『誰々さんに投票してね』って言うより、雑談がてらさりげなく
そっちに持って行く、
それ、いいですね。^^

遠く離れてはいますが、結果が出たら、お酒でも飲みま・・、あっ!ご酒は
めしあがらないんだったから、お好み焼きでも食べます?
今朝作った豚肉なしのお好み焼き、超まずかった!ので、お口直しがいるの~。

お好み焼きのやけ食い。うう・・・考えただけで胃がもたれそうだ・・・

んさん。ありがとうございます!




Re:トニーさんへ

トニーさん。こんばんは~!


いよいよ投票日になってしまいますね。

はい!これ。いつでもお使いください。って、私もお借りしたんですが。^^
でも、ほんとにぴったり当てはまってますよね。
こんな記事を書かなきゃならなくなったのが、逆に悲しいです。

安倍さんの秋葉原での街頭運動、ご覧になられましたか?
日の丸の小旗を持った人々がいっぱいいて、声援送っていたようですが、
なんだかぞうっとしますね~。
何日か前は、バイオリンの国歌演奏もあって、日の丸の小旗持った人達が
唱和してた。
ごく一般の人があれ見たら、引くんじゃないでしょうか。><

『ファシズムの兆候』。
こういうことは、気がついたときにはもう遅い、となっていることが多いと
思います。

日本が大きく旋回している・・・

トニーさん。ありがとうございま~す!

Re:鍵コメさんへ

鍵コメさん、こんばんは~。

ね。これが怒らずにいられますか!ってんだ!(爆)
いやいや笑ってる場合じゃないな。
ほんとに、腹が立ちます。
政治をなんだと思ってんだ。首相の好きにしていいもんなんかじゃないぞ~~~!

私もね。ここを政治ブログなんかにするつもり全然なかったの。
音楽とか、自然のこととか、本のこととか、あと日々想うこととか・・・美しい記事が
書きたかった。
3.11までは、そうだったのよ・・・。

とりわけ第二次安倍政権が出来てからはね。怒りのブログになっちゃった・・・

はい。ふう~~ぅ・・・疲れました。
まだ、書きかけの記事がいっぱいあるの~。

あれもこれも書いとかなくっちゃ、って、同時に書き進めてたのが。

明日はきっとがっくり疲れがくるわ。><
鍵コメさんも、風邪には十分気をつけてくださいね。

ありがとうございます!

明日は・・・

もう何度見てきた「日本人の愚かさ」をまた見さされそうで・・・

情けないっすよねぇ。

わし?明日はまた趣味の一つ「投票箱」の空状態の確認をめざし投票所1番乗りを目指す予定ですよ(笑)

保守王国の悲しさで、唯一投票活動のテンションを維持するにはせめて少しでも楽しみが無きゃやり切れませんから(苦笑い)

待ち時間では少しでも野党支持してねと後ろの人たちと雑談して小さい努力してみるつもりです。

ファシズムの初期症候

彼岸花さん、これはまさしくドンピシャですね。
逆に安倍政権、日本会議はこれを参考にして作戦を立てたのかもしれませんね。

 この画面使わせて、いただいていいでしょうか。よろしくお願いします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: んさんへ

んさん。こんにちは~。

> まだまだ「緩すぎる」っすよ!姐さん。

ね~。そうですよね~!

選挙期間中だから、これでもだいぶ遠慮して書いてるんです~っ(笑)

ほんとに、書いても書いてもこの政権への批判、書ききれないんですよ。
今現在でも、この記事の他に3つくらい別角度からの批判を同時に書き進めていた
くらいなんです。
投票前にアップしたくて急いでたけど、結局、間に合わなさそう。><

私も、あの方の顔見るのが本当にいやです。
自民党支持のかたは自民党支持でもいい、でも安倍さんだけはやめさせて欲しいな
と思います。創価学会の人も、今度だけは公明党以外でなく野党三党に入れて欲しい。
山口代表も、昔は穏やかな紳士という感じだったけど、この頃下品になりましたね~。
創価学会内部からも批判は出ているみたいですね。
婦人部の方達などの一部は、反原発や安保法制反対の集会にも幟旗立てて来て
くれたてから、安倍~山口路線には批判的な方もいるのだと思う。

日本にとって、国の形を根こそぎ変えてしまおうとしているこの政権。
ほんとうに今、危機なんですよ・・・・・・

ありがとうございます。んさん。
疲れてしょぼしょぼしてたけど、また元気が出ました~!^^
今日一日、あきらめたくないですね。
台風が心配だなあ・・・

ありがとう~~~!


いやいやいや・・・

まだまだ「緩すぎる」っすよ!姐さん。

最近、安倍の声,姿を見る度に虫唾が走ってて。

テレビならチャンネル変えラジオならスイッチを即座に切っちゃう始末で。

まさかとは思うが「洗脳電波」でも流されてたらと深読みしちゃいそうで(笑)

えっ、家電量販店みたいな所?そりゃ即勇気ある撤退を心がけてます。

もう、何も信じることできない人の言う事には「百害あって一利なし」ですから。

主義主張何て聞くだけ無駄、洗脳の危機すら覚えてます。

プロフィール

彼岸花さん

Author:彼岸花さん
リンク、トラックバックご自由に。

『しだかれて十薬忿怒の息吐けり』

『南亭雑記』の南亭師から頂戴した句。このブログになんともぴったりな句と思い、使わせていただきます。
十薬とはどくだみのこと。どくだみは踏みしだかれると
鮮烈な香りを発します。その青い香りは、さながら虐げられた若者の体から発する忿怒と抗議のエネルギーのよう。
暑い季節には、この強い歌を入口に掲げて、私も一民衆としての想いを熱く語りましょう。

そして季節は秋。
一足早いけれども、同じく南亭師からいただいた、この冬の句も掲げておきましょう。

『埋火に理不尽を焼べどくだみ荘』

埋火(うずみび)は、寝る前に囲炉裏や火鉢の燠火に灰をかぶせて火が消えてしまわぬようにしておいた炭火などのこと。翌朝またこの小さな火を掻き立てて新たな炭をくべ、朝餉の支度にかかるのです…

ペシャワール会
http://www1a.biglobe.ne.jp/peshawar/pekai/signup.html
国境なき医師団
http://www.msf.or.jp/donate/?grid=header02
最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード