『雨の季節に』

久しぶりにミシンに向かう。

素材はこんな布。
『絽』という、夏の絹。
骨董市の古着屋の、ぼろの中から見つけた。

2010_0629_141148-CIMG2277_convert_20100713094445.jpg

素晴らしい柄。
それなのに、なぜ、ぼろ扱いかというと、

2010_0629_141046-CIMG2276_convert_20100713094930.jpg

一番大事な、着物の裾模様のところが、汚れて変色して、しかも、あちこち
生地が薄くなって穴あきになっている。
もう着物としては到底売り物にならない状態。
でも私はこれを買ってきて、丁寧にほどいて、ごくごく気をつけながら
洗った。そうして生乾きのうちに熱い蒸気アイロンをあてていわば殺菌消毒。

穴あきの部分は切り取って、はい。こんなブラウスできました。

2010_0710_110832-CIMG2341_convert_20100713093729.jpg


娘の、正式な場で気合を入れて語らねばならない時のための、仕事服に。
二枚重ねに仕上げた、やわらかいスカートもお揃いであります。


これから大雨の地方もあるとのこと。
こころに雨の降る人もいるかもしれない…
そんなあなたに、お見舞いをかねて、今日はこの曲を。

http://www.youtube.com/watch?v=lIPan-rEQJA


スポンサーサイト

テーマ : 思うこと
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 水無月さんへ

水無月さん。こんばんは。^^
突然すみません。少しの間休みます。

有本利夫さん。お好きでいらっしゃいますか。
一昨年だったかな、東京都庭園美術館で展覧会があったのに、
行きそこねてしまいました。38歳…なんとも勿体ないですねえ。
有元利夫さんの雲…わかります。^^

私は最近になってから雲を良く見上げるようになりました。それまでは道端の草など、
下ばかり見て歩く方だったのですが。でも、昨年はさすがに、あまり空を見上げる気がせず…。

私たちが失ってしまったものって、存外大きいのではないでしょうか。
水無月さんの、
『生きた言葉が出てこないんです。たじろいだままです。』とおっしゃるお気持ち、
よくわかる気がします。
まして、被災地のかたがたは…。特に福島のかたがたは…。
よく、『このくらいの放射線量なら、健康被害はない』ということが言われます。
確かに、すぐにはそうなのかもしれない。でもね、心が受けた傷は、確実に
大きいと思うんですよ…それもなかったことにされてしまうのでしょうか…
…やはり戦わないとだめですね!私もそうのんびり休んでられないな…

というのは冗談です。^^
はい。少し、縫物したり、お出かけしたり、のんびりこころを解き放って
みることにします。

水無月さん。ありがとうございます♪


の絵のような白い雲が流れる空の方がいいなと思いつつ、言い表すのが難しいこの一年のことを思いつつ拝見していました。
> 最後になって、あー、そうなんだと。
> いろんな思いが渦巻いて胸がきりきり痛むのか、或いは体中の力が抜けるほどの思いをお持ちなのかと。
> 私は3月以来、ひとりごとと言うか、詩が書けなくなりました。もともと変わらぬ信念を持って人生を厳しく生きてきた人間ではなく、自分に甘い生き方をしてきました。今の厳しい現実を前にすると、生きた言葉が出てこないんです。たじろいだままです。
>
> どちらでコメントさせていただこうかと考えました。
> 私の手仕事・・・手仕事・・いいですね。
> しばしお休みになって、好きな手仕事で、ゆっくりとしたひとときを持つのも、いいのではないでしょうか。
> 新緑の季節を自分の為に楽しんで下さいね。ゆっくりとお待ちしています。

こんにちは

季節の美しい空の写真・・・
抜けるような青空より、有本利夫の絵のような白い雲が流れる空の方がいいなと思いつつ、言い表すのが難しいこの一年のことを思いつつ拝見していました。
最後になって、あー、そうなんだと。
いろんな思いが渦巻いて胸がきりきり痛むのか、或いは体中の力が抜けるほどの思いをお持ちなのかと。
私は3月以来、ひとりごとと言うか、詩が書けなくなりました。もともと変わらぬ信念を持って人生を厳しく生きてきた人間ではなく、自分に甘い生き方をしてきました。今の厳しい現実を前にすると、生きた言葉が出てこないんです。たじろいだままです。

どちらでコメントさせていただこうかと考えました。
私の手仕事・・・手仕事・・いいですね。
しばしお休みになって、好きな手仕事で、ゆっくりとしたひとときを持つのも、いいのではないでしょうか。
新緑の季節を自分の為に楽しんで下さいね。ゆっくりとお待ちしています。

Re: そらまめさんへ

そらまめさん。こんばんは。
ああ、いいですねえ。自分で洋服作れるととっても楽しいですよ。
まずは小さい方のから入って、ご自分のもお作りになるようになさるといいです。
私も、全然習ったことないんです。ドレスメーキングなどの本を買って、
付録ページの部分縫いのところを必死で参考にして、一つ一つ覚えていきました。
最初に縫ったのは、娘のよだれかけ(笑)。
その時はミシンもかけられなかった。糸を絡ませてばかりで。
今でも、仕立ては下手くそで雑です。

今あるものから型紙取るのが、一番確かで早いですね(笑)。
いい叔母さまだなあ…。そらまめさんは器用そうでいらっしゃるから、きっと
あっという間に、たくさんいろいろお作りになるようになるんじゃないかしら。
自分の着なくなった服もそうやって再生して姪御さんが来てくださるなら最高ですね。
可愛い服、たくさん作って差し上げてくださいね。
子供はすぐ大きくなるから。
はぎれ屋さんで可愛い布見つけたら、ジーンズの服にパッチワークなども
可愛いかもですね。前、可愛くてセンスがいいバッグ、見せてくださったでしょう。

布やさん、楽しいですよね。しばらく日暮里の問屋街にも行ってないなあ。

No title

とっても素敵ですね。
袖のラインとかが勉強になりました。
私もこーいう趣味というか、特技を持てたら・・・と今から修行中。
今は自分の高校生の時の(少し幼いガラの)パジャマをバラして5才の姪っ子に
パジャマを作ろうかと考え中です。
私の作りかたは実際の服をそのまま型を紙でとって創作というテキトーな手段。(笑)
来週末には会えるので、それから作ろうかと考えてます。

そんな感じで、古着(自分の着なくなった素材の良い服)がどんどん増えてますが(笑)
ハギレ屋さんて面白いですよね。ついつい魅入ってしまう・・・。

Re: れんげちゃんへ

ありがとう~。
そういっていただけると嬉しいです~。

れんげちゃんはパンフなどで娘の姿ご覧になったかな。
これが似合いそうな子じゃないんですけどね(爆笑)。
昔は、これが似合いそうな、すっと涼しげな姿だったんだけどな。
ああ、スタイルのよかったあのこはいったいどこに…(笑)

でも、今は気合と迫力で着てます。

れんげちゃん。いつもありがとう。

No title

すばらすぃ~~~~~っ!!!
また袖を通してもらって、きっとうれしいだろうなぁ~♪

Re:手帳さんへ

手帳さん。ありがとうございます。

あのね。娘、色白くないんです。
私もあまり白くない。
しかもね、この服着るんだったら、アヤメのようにすっきりとした
立ち姿を想像なさるでしょ。
でも、実際は、貫禄があります。
ただ、背が高く、その上に高いヒールの靴を履くし、迫力で
着こなしちゃうタイプです。文句を言わせない感じ、とか?(笑)

布自体はすてきでしょう?
昔の人はこんなのを着て、夏、あるいてたんですねえ。
『三四郎』の美禰子とか、いつもその夏の立ち姿を想像してしまう。
日本女性の着物姿は、一つの美の極致にまで達していたんじゃないかと思います。
もう、時代には合いませんけれどもね。

ありがとう~。手帳さんに褒めていただけてよかった。
仕立ての細かいところは見ないでくださいね。雑なんです、私。

Re: 朗さんへ

こちらこそ、すっかりご無沙汰して失礼しています。

お便りとても嬉しいです。
朗さん、ありがとう~。
この前の服の時も、とっても嬉しい褒め方してくださったんですよね。
『切れ味』。私の好きな言葉なんです。嬉しいな。
時々とち狂って変な服作っちゃうこともあるけれど、
基本は、すっきりと切れ味いい、エッジの効いた服を作りたいと
思ってはいます。
褒められると、また次の服縫ってご紹介したくなりました(笑)。
ほんとにありがとうございます。

No title

素敵ですね~
このお色を選ぶとはお嬢様色白さんですか?
とても爽やかで、趣味がいいですわ。
本当に素敵です。

ご無沙汰です^^

おぉ~♪
いつも素敵ですね~。
いつかの服といい、なんとなく
切れ味のある感じですよね♪
プロフィール

彼岸花さん

Author:彼岸花さん
リンク、トラックバックご自由に。

『しだかれて十薬忿怒の息吐けり』

『南亭雑記』の南亭師から頂戴した句。このブログになんともぴったりな句と思い、使わせていただきます。
十薬とはどくだみのこと。どくだみは踏みしだかれると
鮮烈な香りを発します。その青い香りは、さながら虐げられた若者の体から発する忿怒と抗議のエネルギーのよう。
暑い季節には、この強い歌を入口に掲げて、私も一民衆としての想いを熱く語りましょう。

そして季節は秋。
一足早いけれども、同じく南亭師からいただいた、この冬の句も掲げておきましょう。

『埋火に理不尽を焼べどくだみ荘』

埋火(うずみび)は、寝る前に囲炉裏や火鉢の燠火に灰をかぶせて火が消えてしまわぬようにしておいた炭火などのこと。翌朝またこの小さな火を掻き立てて新たな炭をくべ、朝餉の支度にかかるのです…

ペシャワール会
http://www1a.biglobe.ne.jp/peshawar/pekai/signup.html
国境なき医師団
http://www.msf.or.jp/donate/?grid=header02
最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード