『ありがとう 』


みなさん。うっかりして私、この2日ほど、コメント欄引っ込めてしまっていましたね。
深い意味はありません。いつもどおり、実に他愛のないうっかりミスです。
あれ~?彼岸花さん、どうしたんだろう、と、心配して来てくださった方も。
ごめんなさい。でもありがとう~。

さっき気づいて慌てて元に戻しました。

実はコメント欄に関しては、ご報告したいことがありました。
今まで、私のコメントのページ、字がすごく小さくありませんでしたか?
このブログのテンプレート、気に入ってるんだけど、どうもコメントの文字が小さい。
ずうっと、それが気になっていました。
読みに来てくださる方も読みづらいだろうなあ、と。
しかも私がまた、長い返事を書く人間ですし(笑)。

そしたら、あるお嬢さんが、一挙にその問題を解決してくれました。
フォントの大きさを変える方法教えてくださったのです!

皆さん、見に来てみて!(笑)あ。強制しちゃいけませんね。
コメントもレスもすごく見やすくなりましたから。
文字の色も薄くてずっと気になってたけど、濃く出来ました。
一年以上も気にかけていたことが一挙に解決したのです!
ありがとう~。そしてこれまでのご不自由ごめんなさい。

私が困っていたり、元気がなかったりすると、
すぐに何かを察してフットワークも軽く応援に来てくださる方がいらっしゃる。
あるいは、黙って察してくださったり。

皆さん、いつもありがとうございます。
ほんとに、みなさんにいつも支えられています。

お礼にこんな映像お送りします。
ユーリ・ノルシュテイン。ロシアの偉大なアニメーション作家の作品です。
少し暗くて見づらいので、この映像だけ、画面を明るくしてご覧くださいね。

みなさん。おやすみなさい。












スポンサーサイト

テーマ : 思うこと
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 鍵コメさんへ

ありがとう~。
ああ。そういうこともあるんですね。
私、自分のところの見た目が、そのまま人にも見えてるのだろうと思ってました。
わけがわからなくて使ってるから、ときどき驚きます。

とりあえず、落ちついたので、しばらくこのままいってみようかと思います。
とっても嬉しかった。またいろいろ教えてくださいね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: waravinoさんへ

あっ、waravinoさん。それ、コメントを書く欄の四角の大きさのことですよね。
それは申しわけないんですが、広くなってないんです。
このテンプレートのコメント欄の四角は、比較的大きい方だと思います。
もっともっと狭いのがたくさんあります。
それでも確かに、狭苦しい感じはしますよね。
特に私などは、コメントもレスも(もちろん本文も。笑)長~く書く方なので、
スぺースの大きさや文字の感じはすごく気になります。
お手間をこれからもおかけしますが、すみません。

今回教えていただいて変えたのは、コメントとレスのページの文字の大きさです。
前はほんとに小さくて、むしめがねがないと読みづらいくらい、というのは大袈裟にしても、
ほんとに読みづらかったです。
特に私は、近眼と老眼の境目なので。
文字の濃さも少し濃くしてみました。

これで安心して、また長~いお返事が書ける(笑)。

waravinoさん、いつもありがとうございます。

Re: さおるさんへ

> わぁ~。彼岸花さん。なんだか、おおきなこえになったみたい♪
> 前は、ひっそりお話されている雰囲気がありました。

さおるさん。鋭い感覚ですね~。
ほんと、声が大きくなったみたいでしょ。
前は相手の方に聞こえるか聞こえないくらい小さな声で話してた感じでしょ。
今度はだいぶ快活にはきはきした感じになったかな。

フォントや文字の大きさで随分印象が変わりますよね。
テンプレートにしても文字にしても、私はそっけないくらいの感じが
好きなんですけど、いかになんでもあのコメントの文字は小さすぎました(笑)。
蚊の鳴くような声、という感じでしたね(笑)。

さおるさんの声は、変わらず美しく優しいから大丈夫よ。

ユーリ・ノルシュテイン。とってもすごいロシアの映像作家なんですよ。
私も最近知ったの。これは中でもほんわりと優しい感じのストーリー。
ゴーゴリの『外套』をアニメ化しているものなどは、まだ映像化が延々と続いている
大作で、ほんとにほんとに渋~いです。
でも、これは可愛いでしょう?シャボン玉の割れる音とか、信号機の音とか
音も可愛い。眠~くなっちゃうでしょう・・・

さおるさん。ありがとうございました。

Re: 鍵コメさんへ

いろいろほんとにありがとう。ほんとに助かりました。

OK.わかっていますとも。
これからもよろしくお願いします。
今日はだいぶフランス語と格闘しました(笑)。後でまた報告します。

こんにちわ^^

確かに。小さかったですね~(笑
まぁ。こんなもんだろうと思って。
送信を押した後の。共通画面で書いていました。

わからないことがあったら。人に聞くのが早道ですね~。
オレもつい最近。「メッセージ」の使い方を教えてもらいました。
メールと同じで個人宛に送れるし。
鍵コメ・公表ではないので。気兼ねがいりません^^)/

No title

v-34こんにちわ。いつもあたたかい、コメントを頂きありがとうございます。
わぁ~。彼岸花さん。なんだか、おおきなこえになったみたい♪

前は、ひっそりお話されている雰囲気がありました。
ブログでは自体や画面の雰囲気で、受ける印象がかわるものですね!

私の残すコメントも、ちょっとおおごえになったりするのかな。。。わ~~(叫び)

この映像、とっても懐かしく、寒くなっていくこの次期には心温まる感じがしますね。
ロイヤルミルクティでも飲みながら、あの子達の仲間入りして
椅子を並べられたらっておもいますv-34

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

彼岸花さん

Author:彼岸花さん
リンク、トラックバックご自由に。

『しだかれて十薬忿怒の息吐けり』

『南亭雑記』の南亭師から頂戴した句。このブログになんともぴったりな句と思い、使わせていただきます。
十薬とはどくだみのこと。どくだみは踏みしだかれると
鮮烈な香りを発します。その青い香りは、さながら虐げられた若者の体から発する忿怒と抗議のエネルギーのよう。
暑い季節には、この強い歌を入口に掲げて、私も一民衆としての想いを熱く語りましょう。

そして季節は秋。
一足早いけれども、同じく南亭師からいただいた、この冬の句も掲げておきましょう。

『埋火に理不尽を焼べどくだみ荘』

埋火(うずみび)は、寝る前に囲炉裏や火鉢の燠火に灰をかぶせて火が消えてしまわぬようにしておいた炭火などのこと。翌朝またこの小さな火を掻き立てて新たな炭をくべ、朝餉の支度にかかるのです…

ペシャワール会
http://www1a.biglobe.ne.jp/peshawar/pekai/signup.html
国境なき医師団
http://www.msf.or.jp/donate/?grid=header02
最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード