『晩秋の飾り窓 其の三』


私が住むのは、東京郊外のまあ割と大きな街。
それでも、日本という国が徐々に往年の勢いを失い、
高齢化、過疎化していっているのを象徴するように、
いつか街全体が、さびれていく傾向にある。

私がここに越してきてから30年。その間に随分、以前あったものが消えていった。
新しいものが生まれていないわけではない。
でもそれは駅の周辺だけ。
少し離れると、店がいつか、一つ一つと消えていったりする。
2か月ほどそこを通らないでいると、前あった店が無くなったりしているのだ。

この店もその一つ。


2010_0417_191155-CIMG1889_convert_20101107093702.jpg

行灯屋さんではなく、作業着を売るお店だった。
工場で働く人が着るグレーの綿ギャバの上着とか、鳶職のお兄さんが着る
ニッカボッカーとか、つなぎ、軍手など、およそ作業関係の衣服小物など
すべてを取り扱っていたように思う。
幹線道路の一本脇道沿いにぽつんと立っていたが、それでもぽつぽつ
客は来て、もう30年ほども商売が続いていた。

私もここで数回買い物を。
娘が受験の画塾に通っていた頃から、ここで、オーバーオール、
日本風に言うと『つなぎ』を時々買ってやっていたのである。
油絵を描く時、衣服が汚れないよう、すぽっと着る。
なんでも、赤いのや黒いの、青いの、5着くらいは買っている。

そこのご主人だろうか、誰が作るかは知らねども、いつからか、店の
ショーウィンドウにこんなものが飾られるようになった。
ミニチュアの行灯。夕暮れになるとこういう風にぽっと灯がともる。

「まあ、細かい細工! きっと楽しく作ってるんだろうなあ!」
そう思いながら、ここを通ると覗いて見ていた。
最近は娘がもっぱらアクリル絵の具で机代わりの炬燵で小さめの絵を
描くようになったので、もうつなぎを買いに来ることもなく、
どなたがこれらを作っているのか訊ねる機会も無くなっていた。

これは今年4月のある夕暮れにそっと撮らせてもらった写真。
ところが、この夏には、この店。閉じてしまって無人となってしまった。
長年のご愛顧に感謝する、という貼り紙があるのみ。
建物自体もその後取り壊され、後に何か立つ気配もない。

いつか、立ち寄って詳しく話を聞こうと思っていたのだが。
写真を撮るとき、一声かけてみるべきだったなあ。
どんな人が、どんなこころで作っていたろうか…。
商売をやめて、ここの人はこれからどこでどうして生きていくろうか。

時は流れ、人は変わっていく…。
街は生きている。
いつかまた、ここに人は住むであろう。
しかしながら、ひととのふれあいの機会は時を逃せば過ぎていく。

きっと折角の力作。多くの人に見てもらいたかったろう。
断りもなくなんだけれど、ここにご紹介して、作った人の楽しいこころを
お伝えしたいと思う。



スポンサーサイト

テーマ : 思うこと
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 乙山さんへ

乙山さん。ありがとうございます。

私の住むあたりも、本当に少しづつ少しづつ、街が変貌して
生きつつあります。
ダイナミックに新しく生まれ変わる街、
時代の流れに取り残されて、そこに住む住人と同じように、
老いていくしかないような町…

そこには未来への憧憬や希望と、過去への哀惜とが激しく同居して
あい争っている感じがします。
昨日私は、東京駅の丸善書店に行きました。
昔の日本橋丸善を愛する者には、少しさびしいけれど、
新しい街はダイナミックでとってもすてき。
その後で今度は、浅草界隈の裏町に。
昼から酔っぱらってか、立ち上がれなくなって道端でしゃがみこみ、
脇を人に支えられて、なおぐにゃぐにゃになっている老人を
100メートルほどの間に2人、見ました。病気だった?かもしれませんが、
あれはやはりお酒に足を取られていた人の様子でした。笑っていましたから。

東京の表の顔と裏の顔。
どちらが魅力的とも言えないものですね。裏と表、明と暗、新と旧が
ないまぜになった街で人は生きていく。

ひとも変わっていけば、また街も変わっていくものなんだなあ、と実感させられる
この頃です。常にそうやって、新陳代謝が行われるものなのでしょうね。
そのあわいの中に、淡く残る人々や建物などの記憶。
それをとても美しいものに思います。

Re: そらまめさんへ

ね。綺麗でしょう?

このお店。外壁や、この飾り窓が、少し緑がかった淡いブルーに塗られていたんです。
まだ、空の青さを残したような夕暮れ。ぽっとここに明かりが点る。
綺麗だなあ、と思って記事にしました。
窓枠の青が効いているでしょう。

ところが、『お詫びと訂正』にも書きましたが、これ、残念ながらここの人の
オリジナルではなく、キットで売ってたんですよ~(笑)。
それに後で気づいて。ああ、迂闊。
でも、綺麗なことに変わりはありませんものね。
そうしてこれを作った人の作業の細かさと、出来上がったときの嬉しさも。
ここに飾って見てもらいたい、と思う気持ちも。

そらさんが一緒に感動してくださったのに。ごめんなさい。
このまま、綺麗綺麗でスルーしようかと思ったんですが、
一旦気づいて知ってしまった以上、やはりおことわりとお詫びしなきゃな、
と思って。
まあでも、オリジナルかどうかは、この記事とあまり関係はないのですけれど。
2010年のある日に、ここに確実にあった、というそのことが大事なんですものね。

そらまめさん、ありがとうございました。
とっても嬉しかったです。


街は生きている

彼岸花さん、こんばんは。
街は生きている、とはまさにその通りだと思います。
ついこの間までそこに存在していたはずの店が、
なくなって、いつの間にか違うオーナーになっている。

かつての店を惜しむ気持ちはあるけれど、
新しいオーナーは希望に満ちています。
そんなオーナーに、かつての話をする気にはなれません。

建物自体が取り壊される、というのはわりとありますね。
以前あったはずの店のところが更地になっていて、
などというのを、何度か目にしたことがあります。

写真に残された提灯が美しい。
提灯では商売にならなかったのだろうか、
などと考えました。

提灯の灯は消えるけれど、
街は生きている、ということなのでしょうね。

No title

うわっ!すごく綺麗!!

ちょいと興奮気味に見てしまいました。
これミニチュアなんですね。
ひとつひとつの細工の細かさ、そして『青』が余計に行灯の灯りを
美しくしている・・・・。
なんだか今と昔が重なった異次元空間のようです。
プロフィール

彼岸花さん

Author:彼岸花さん
リンク、トラックバックご自由に。

『しだかれて十薬忿怒の息吐けり』

『南亭雑記』の南亭師から頂戴した句。このブログになんともぴったりな句と思い、使わせていただきます。
十薬とはどくだみのこと。どくだみは踏みしだかれると
鮮烈な香りを発します。その青い香りは、さながら虐げられた若者の体から発する忿怒と抗議のエネルギーのよう。
暑い季節には、この強い歌を入口に掲げて、私も一民衆としての想いを熱く語りましょう。

そして季節は秋。
一足早いけれども、同じく南亭師からいただいた、この冬の句も掲げておきましょう。

『埋火に理不尽を焼べどくだみ荘』

埋火(うずみび)は、寝る前に囲炉裏や火鉢の燠火に灰をかぶせて火が消えてしまわぬようにしておいた炭火などのこと。翌朝またこの小さな火を掻き立てて新たな炭をくべ、朝餉の支度にかかるのです…

ペシャワール会
http://www1a.biglobe.ne.jp/peshawar/pekai/signup.html
国境なき医師団
http://www.msf.or.jp/donate/?grid=header02
最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード