『名残りの美』


東京は例年になく暖かい十一月でした 。
洗濯物を干すのも買い物に行くのも温い陽を浴びながらできる。
そんな中で、散歩の途中に発見した美をご紹介しましょう。


鉢物に仕立てた白菊。
こういう花の咲き方をするものを、『管物(くだもの)』と呼びます。
私の菊の『こころ』のようなのは『厚物咲き』。


2010_1127_133029-CIMG3427_convert_20101127174105.jpg

見事でしょう。
でもこれ、とある人家の軒先に無造作に置いてありました。
なんと繊細な美なんでしょう!


2010_1127_133250-CIMG3429_convert_20101127174434.jpg


なにかいい香り!
私がその日つけていた『夜間飛行』かな。
一瞬そう思いましたが、似た匂いじゃない。
これでした。なんの花かわかりますか。
ヒイラギです。木へんに冬と書いて『柊』。本当に冬の花。
雌雄異株とのことで、これはどうやら雄株のよう。
おしべが可愛いです。
なんと言っても香りが素晴らしいの。ひそかで気品のある香です。
なんとなくお母さんの化粧台の匂いの記憶みたいな。

2010_1128_141231-CIMG3448_convert_20101129080452.jpg

白い花だけじゃない。こんな子も秋の灯を精一杯浴びようと
けなげに咲いていました。
ペチュニアです。ペチュニアって、群がって咲いているときはそう好きな花でもないのだけれど、
こうやって、こんな壁の隙間にこぼれ種から一本だけ生えているような
濃い赤紫色の花は、はっとするほど可憐です。
一緒に生えているのは、ビッグボーイ。ナス科の植物で、小さな白い花を咲かせ、
ミニトマトに似た真っ赤な実を夏から秋につけてつける。



2010_1127_124811-CIMG3419_convert_20101127174726.jpg

この川をずっと下ると、私がかつて働いていた、
私にとってたいへんに懐かしい街へつながる。


2010_1127_125836-CIMG3422_convert_20101127174940.jpg

ああ! 銀杏が! 空が!


胸がなんだかきゅ~っとします。

この写真を撮った日の前の日は、とりわけ夕焼けが綺麗でした。
空一面に美しいピンクが広がって、建物や、白い橋脚も、
淡い紅に染められていた。

忘れられない美しい夕暮れでした。

冬到来前の美しきものたち・・・・







スポンサーサイト

テーマ : 思うこと
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

Re: NANTEIさんへ

NANTEIさん。こんにちは。

3.11以前のわたし…
何かが変わってしまったんでしょうか。それとも変わらないんでしょうか…

前の方の記事をお読みいただいたんですね。^^
ありがとうございます。

空を見上げると、自分が透明になって行く、そんな気がいつもします。
大体がいつも、自分の肉体というものを意識しない傾向のある私ですが、
空を見ている時はさらに。
何か、小さくて透明な、悲しみの水袋にでもなったような。

『夏は来ぬ』
大好きな歌です。歌詞がもう~、綺麗ですよね~!

私ね、毎年、ホトトギスがくるの、楽しみにしてるんですよ。
毎年、一羽だけ、我が家の上空を飛びまわるホトトギスがいます。
無論同じ鳥かどうかなんてわからないんですけれど、深夜一時ごろ。
決まって我が家の上空を悲しげに鳴いて飛んで過ぎて行く…
あとは明け方です。4時少し前くらいに、また飛んで行く…
昼間、いつも行く大きなスーパーのはるか上空を、娘の家のある方角に
飛んで行くこともあります。
小さな体でもその声は間違いようもなく、はるかに空を見上げると、
小さな点のような彼の姿が、町の上をよぎって行く…

『啼いて血を吐くホトトギス』…
昔母がよく夜なべ仕事をしながら、ホトトギスになった兄さんの話をしてくれました。
また、徳富蘆花の『不如帰』。武男と波さんの悲恋物語も、少し浪曲調の語りを
入れながら話してくれました。
ホトトギスの声は、わたしにとっては、弟恋い、妻恋い、母恋い、の、
悲しい悲しい、けれども懐かしい声です。
それより何より、生きものが発する悲痛な『いのちの声』。

そのホトトギスが、今年はまだ来ないなあ。どうしたんだろうなあ、と
ここ数日、さびしく思っていました。
一羽の鳥にも寿命があるでしょう。鳥が生息するには、環境がどんどん
悪くなっている。毎年啼いてつれあいを探す彼も、恋の相手が見つからなければ、
我が家のあたりにホトトギスの声を聞くこともなくなるでしょう。
…そうさびしく思っていたところでした。

そしたら昨夜!
ホトトギスの声が聞けたんですよ!
深夜3時半。私はテレビのCS放送で、ミケランジェロ・アントニオーニの
『情事』を見ていました。モニカ・ヴィッティの。
映画が終わって二階に上がる階段で、あの、いのちの叫びを聞きました。
それもほんとにすぐの上空を何声も啼いて飛んで行きました!
NANTEI さんのコメントいただいて、なんというタイミング?!!? ^^

我が家は今、テイカカズラの素晴らしい匂いに包まれています。
草花は育ちにくい日当たりの悪い庭ですが、テイカカズラは合うらしく、
裏のフェンスいっぱいに大きな茂みを作っています。
外から家の近くまで戻って来ると、もうその香が漂ってきます。
河原には卯の花も咲いています。スイカズラも素晴らしい香りです。
野茨も香りがいい。

梅雨の前、梅雨入り直後くらいのこの季節、大好きです。
『夏は来ぬ』の情景。ほんとに懐かしいです!
ありがとうございました。
…もうじき、戻ります…


 

No title

こんばんは。
3・11前の彼岸花さんに逢いにきました^^。

そこには空が美しければ美しいほど、
なぜだかわからない悲しみが、
心ををひたひたと浸してくるという彼岸花さんが、たくさんいました。

それが彼岸花さんだと、改めて得心しました。

だからというわけではありませんが、おなじみのこの歌を送りたくなりました。

卯の花の匂う垣根に 
ほととぎすはやもき鳴きて
忍び音もらす夏はきぬ


おやすみなさい。

Re: 鍵コメさんへ

ありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 鍵コメさんへ

ありがとうございます。

Re:依里さんへ

依里さんって可愛いひとですね。
まあるいほうき草を、そっと撫で撫でして足早に去っていく
依里さんを想像すると、微笑んでしまいます。
もし私が物陰から、そんな若いお嬢さんを見かけたら、
話しかけてみたくなってしまうでしょう。
菊の厚物咲きも、思わず手を伸ばして、その重い頭を
手のひらで測ってみたくなります。

依里さんは非常に理知的なクールな感じだけど、
そういうお茶目で可愛いこころがきっといっぱい胸にあるのね。

Re: れんげちゃんへ

ほんとに日の経つのが速いです。
もう12月ですものね。
あっという間に年の暮れ。気ぜわしいです。

でも、どこにも行かなかったけれど、私も、今年は
美しい紅葉を十分楽しんだ気がします。
落葉の道を歩きました。

れんげちゃんはもう手回し良く、暮れの準備を始めたのでは?
植物たちとともにいると、生きていく段取りがよくなるのでは
ありませんか?
れんげちゃん拝見していると、いつもそんな気がして見事だなあと
思ってしまう。

Re: 鍵コメさんへ

鍵コメさん、ありがとうございます。

Re: HOBO さんへ

HOBOさん。こんばんは。
お返事遅くなってすみません。

『冬到来前の美しきもの』…

そうなんです。そのぴりりとした美しさ、『生きるものの必死な美しさ』が
描きたかったように思います。それが伝わっているといいなあ。
HOBOさんが的確に捉えてくださって嬉しいです。

11月末から、12月という月。
本当に、何か自分を見据えてしまう時期ですね。
幸せな人にはただもうこころ楽しい時期なのだろうけれど。
それでも、その寂しさの中にこそ、生きている実感はある気がします。
しみじみとした、生の味わいが…。

北海道の雪の映像を見ながら、HOBOさんはいずこに、と思っていましたよ(笑)
きっとその頃、船上にいらしたんですね。
冬の船旅。それも余情がありますね。
旅にさすらうこころ…
私も今日も、この狭い自分の部屋にいるけれど、『今日も今日も旅ゆく…』
そんな昔の懐かしい歌のようなこころでいます。
自分の生を見据えて生きていかなくては。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

この菊も綺麗ですね。
個人的には厚物咲きの方が好みです。何となく可愛い。
動物でも植物でもそうですが、可愛いと思うと手を出す私です。
先日も近所で真ん丸なほうき草を見つけ、家人の姿が見えないのをいい事に、勝手になでなでと撫でてから、そそくさと駅へ向かいました(笑)

No title

12月だねぇ~、あっという間だ。
秋が知らぬ間に行ってしまったよ。(とほほーん)
山や渓谷へドカーンと紅葉見に行きたかったけど、近所の公園で済ませた。
いや~、紅葉はどこでも見れるねっ♪(満足)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

こんにちわ、彼岸花さん。
冬到来前の美しきものたち。
ほんとにそう思いますね。
いま咲いておかなければ!みたいな。

『いまそうしておかなければ』という気持ちって、この時期
けっこうあるように思います。冬がくるまえに備えておく、みたいな。
赤や黄色の葉っぱは枝にしがみつくように生きている。落ちてしまえば靴の
下敷きになる。雪のしたで耐える生き方になる。それを知っているように
しがみつく葉っぱをぼくもたくさん見てきました。だからその『せいいっぱい』
に心打たれたり。じつは12月の独特の雰囲気がぼくはあまり好きではありません。
クリスマスが淋しさのピークになります。みんなが楽しくみえるときが淋しい
なんてこころ貧しいですよね。でもいつもそう、仕事をしていると安心でき、
休んだり浮かれたりすることが不安のミナモトになるなんて!
まあ、この淋しさと不安はまったくべつのものですが。
す~っと息を吸い込むとひきしまるような季節の絵をありがとうございます。
きのう北海道に着いて雪にどきりとしたHOBOです。きのうまでは冬の予感と
暮らしていたのに、船をおりたら冬ですもの。
この絵の美しさ、空と葉っぱのコントラストは昨日までのぼくでした。

すみません、彼岸花さん。
『冬到来前の美しきもの』
そこだけに反応してしまいました。こころそこにありと思いました。


HOBO

Re: 手帳さんへ

中学生で『管物』作り…。いい経験を中学校でなさいましたね。
アブラムシチェック当番は、アブラムシを見つけたらどうするの?
いい方法がありましたか?

お庭に植えてらっしゃるなら、柊の香りご存知ですよね。
私はこのあたりであまり見かけたことがなく、久しぶりでした。
いい香り。
今日も散歩していると、また別のいい花の香りがしたんだけれど
なんだったんだろう。
私の『夜間飛行』は、オードトワレの方です。
似合うかなあ。手帳さんにそう言っていただけると、
これからもつけてみようかしら、という気になってしまいます。
ありがとう。


Re: 水無月さんへ

水無月さん、ありがとうございます。

今年は紅葉が遅く、そして長持ちしているような気がします。
銀杏は、一年中美しい樹ですよね。
確かに、この樹は、その年の気候不順などにかかわらず、ちゃんと
黄葉してくれますね。桜などは毛虫が大量発生したりした年は
駄目ですが、銀杏はそのようなこともなく。
青い空に、ほんとに輝くように鮮やかな黄でした。

お母様は菊作りなさってらしたんですか。
菊作りは奥行きの深い趣味ですね。私は自分ではしないけれど、
たまたま菊花展などをやっていると、つい覗いてしまいます。
花の色も花びらの形も、ほんとに種類が多いです。
秋の庭は寂しいようだけれど、庭の隅に乱れ咲く残菊や、柊の白い花、
ツワブキの黄色、サザンカ…なかなかに風情があっていいものです。

ありがとうございます。これからもどうぞよろしく。


No title

管物と言うんですか。これを作りました。
アブラ虫チェック当番があったよ。

ヒイラギは魔よけになってくれるので植えてあります。
とてもいい香りです。
彼岸花さんには夜間飛行が似合うと思う。

こんにちは

青い空がほんとうにきれい!
なぜもなく、生きてるっていいなぁって思えるんですよねぇ。

私の地域でも銀杏が黄葉してきれいです。
銀杏は、季節の移りかたがおかしくてもきれいに黄葉してくれて、
ありがたい木なんですよね。
柊は、枯れた葉っぱを触ると飛び上がります。
棘の痛さは、ハンパじゃないです(笑)

大輪の菊、みごとですね。
どうしてこんなに色々な花びらの形ができるのか不思議です。
菊は昔母が作っていました。何十年も前にご近所で流行ったことがありまして、
みんな競って作っていました。
その前はさつきだったのですが(笑)

楽しませていただきました。どうもありがとう!

Re: waravino さんへ

waravino さん、おはようございます。

菊、綺麗でしょう。一つの花が直径20センチほどもあります。
若い頃わからなかった菊の美が、この年になってこころにしみるように
なりました。菊が秋に咲くから好きなような気もします。
これが春の花なら、なんということも感じないかもしれない。

今日もこちらは雲一つない青空です。その青空と輝くような黄金色の銀杏の梢と…。
見上げていると、生きていることのせつなさに胸が締め付けられるような気がします。
waravino さんが最新の記事でお書きになってらしたような、
この体は借りもの、という感覚がしみじみ実感できる瞬間です。
肉体の目で見上げてはいるのだけれど、この『わたしが今、ここにいる!』
という実在感は、私のこころだけが知るもの。
儚さと愛しさと、何とも言えない感覚ですね。

ありがとうございます。
私も昨夜、蕾をつけたシャコバサボテンが霜にやられないよう、
玄関の窓辺に取り込みました。

おはようございます

見事な菊ですね。
まるで花火のようです。

青い空に黄色い銀杏。
胸がきゅんとする気持ち。よ~くわかります。
なんだかいろんな想いが甦りますね。

朝。ずいぶん寒くなってきました。
昨日の朝。
田んぼは一面霜に覆われていましたよ。
プロフィール

彼岸花さん

Author:彼岸花さん
リンク、トラックバックご自由に。

『しだかれて十薬忿怒の息吐けり』

『南亭雑記』の南亭師から頂戴した句。このブログになんともぴったりな句と思い、使わせていただきます。
十薬とはどくだみのこと。どくだみは踏みしだかれると
鮮烈な香りを発します。その青い香りは、さながら虐げられた若者の体から発する忿怒と抗議のエネルギーのよう。
暑い季節には、この強い歌を入口に掲げて、私も一民衆としての想いを熱く語りましょう。

そして季節は秋。
一足早いけれども、同じく南亭師からいただいた、この冬の句も掲げておきましょう。

『埋火に理不尽を焼べどくだみ荘』

埋火(うずみび)は、寝る前に囲炉裏や火鉢の燠火に灰をかぶせて火が消えてしまわぬようにしておいた炭火などのこと。翌朝またこの小さな火を掻き立てて新たな炭をくべ、朝餉の支度にかかるのです…

ペシャワール会
http://www1a.biglobe.ne.jp/peshawar/pekai/signup.html
国境なき医師団
http://www.msf.or.jp/donate/?grid=header02
最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード