『わたしのクリスマス①』

少しの間ブログをお休みしてしまいました。

メリークリスマス。みなさま。

クリスチャンではないけれど、クリスマスというとやはり心が浮き立つ彼岸花です。
雪の中でクリスマスをお迎えの方もおいででしょうね。
昨日のクリスマス・イヴの日の昼間。東京の空はこんなでした。

私が勤めていた町に行くときは、電車に乗るためにいつもこの台地を
はあはあ言いながら自転車をひいて登っていました。
ここまで来てようやくいつも一息ついていた。
その頃は、ただ先を急ぐばかりだったけれど、今は深い想いを込めて
空を仰ぐことが多い。

2010_1224_142145-CIMG3647_convert_20101225230123.jpg



2010_1224_142401-CIMG3649_convert_20101225082914.jpg

素晴らしい青空。
風が強かったけれど、面白い形の雲が次々に流れて、
なぜだか妙に忘れがたい美しさの空でした。

東京はこれからおおむねこういう青空の、乾いた日が続きます。
今日も青空。
クリスマスを過ぎると、東京もいよいよ本格的に冬到来、という感じがしてきます。
この冬が、皆さまにとっていい冬となるといいな、と願うクリスマスです。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: NANTEI さんへ

NANTEI さん。こんばんは。
2010年もいよいよ押し迫りましたね。
NANTEI さんにとっていい年でしたでしょうか。
何か世の中がざわざわしていますが、来年はもう少し政治も何もかもが
歯車がうまく回転していくようになり、ひとのこころがやさしさを増していく、
そんな年になるといいですね。

NANTEI さんのところをお訪ねしても、ほんとに読み逃げばかりですみませんでした。
ドアの呼び鈴を押してはバタバタ逃げていく少女の後姿、ほんとにそんな感じでしたね。
NANTEI さんがお書きくださったそんな表現を呼んで、自分でおかしくなって
笑ってしまいました。格調高くていらして、敷居が高く感じまして。

今年度はこれでお休みにおはいりですか。
また来年、ですね。
どうぞ、NANTEI さんもよいお年をお迎えくださいね。
本年はほんとにありがとうございました。

こんばんは。

さすがに晦日も間近。
温暖の房総といえども、このごろの吐く息の白さには、やはりという気持ちにさせられます。
ところで小生は今日の記事をもって、本年最後とさせていただきます。
彼岸花さんとは日が浅いにもかかわらず、ご訪問者の欄でお名前を何度もお見かけしていたせいか、長いお付き合いに思えます。
どの記事を拝見しても変わらぬ視線と、
何度も推敲された跡が見えるその真摯な文章に打たれています。

小生のところは自分でも律せないほど、滅裂になってきましたが、
どうか大目にみてやってください(笑)。
ありがとうございました。
そうでした。良いお年をお迎えください。

Re: NANTEI さんへ

冬の晴れた空は本当にいいですね。
私は今日も川原の道を散歩して、青い空の写真を撮ってきました。
今日のテーマは『建物と空』。ふふ、偉そうに言ってますね。

晴れた冬空の下で落葉焚き。いいですね。
枯葉を燃やす香り、私大好きです。
まさに晴耕雨読の、優雅な生活をNANTEI さんはなさっていらっしゃるようで。
ああ。なんとなく、『ヘンリ・ライクロフトの私記』でも読んでみたい気分に
ふとなりました。

雪で大変なところもあるようで、南関東の青空が申しわけないようです。
夜も鮮やかな月影が見られますしね。
静かに師走の夜が更けていきます。

NANTEI さん、ありがとうございます。




こんにちは。

冬の空、見上げているのが好きです。
とくに千切れ雲が、いくつか姿を変えながら流れていると、
空の色がそのあたりとても深く見えて、
ときおり散り遅れた朽ち葉が、飛んでゆくのも侘びしいような・・・。

今は畑も殆んどすることがなくて、それなのに天気のいい日は、
半日をぼうっと農園で過ごすことが多いのです。
焚火の真似ごとをしたり、飽きたら空を見ています。

彼岸花さんも静かなクリスマスだったようで・・・。
私はブログでは、やれクリスマスに最適の料理だとか、
クリスマスの音楽はこれがおすすめ!などど騒ぎたてていましたが、
なんのことはない自分はといえば、乾き物を片手にテレビを見ていただけです(泪)。

Re: 夕惟さんへ

夕惟さん。こんばんは。

> 実家が大雪で、
> 非常に雪に埋もれたい、東北人の血が騒いでいます(笑)

なるほど~。東北のかたは、そういうDNAが組み込まれていらっしゃるんですね。
あ、でも、九州人の私でも、テレビのニュースなどで、雪の降りしきる映像などを
見ると、やはり雪の中に歩きだしたい心情になりますから、
雪にはそういう効果がきっとあるのでしょう。
東京は雪の日が少ないから、夕惟さんはきっと特に、雪を恋うお気持ち強くおなりでしょうね。

私は大雪の降り積もった中をこけつまろびつして遊んだ経験がありません。
東京の、10センチくらいの雪でもいいから、この冬、雪が何度か降って、
そういうことが出来たらいいなあ、と願っています。

からりと明るい南関東の冬の青空も大好きですけれど。

夕惟さん。暮れからお正月にかけて、ゆっくりお出来になるといいですね。
いつもありがとうございます。


素敵な青い空☆

だんだんと、冬らしく冷たい風になってきましたね^^;

あぁ、
なんだかここ数週間は空をゆっくり見上げる余裕が無かった気がして、
日記を読んで、
「心の余裕がないなぁ~」なんて思ってしまいました。
少し前よりはましですが^^;

実家が大雪で、
非常に雪に埋もれたい、東北人の血が騒いでいます(笑)

Re: morinof さんへ

福岡も雪なんですね。
九州というと、暖かい国、と普通思われることが多いのですが、
存外に冬は寒く、雪も多いんですよね。
昔、私の中学校はなぜか校区の外れに立っていて、多くの子が
30分ほど歩いて通っていました。
日本海からの風も強く、曇天の日や雪も多く、学校に着く頃には
冷え切ってしまっていました。
長姉の住む九州山地も雪だろうなあ…。電話してみよう。

しばらく更新できませんでした。
みなさんのところもお訪ねできなかったり、読み逃げばかりだったり…。
申しわけないなあ、と思いつつ、無沙汰してしまっていました。
またぼちぼち、と思っているところです。

いちじくのケーキ、とってもとっても美味しかったんですよ。
私も今年2回ほど、いちじくの入ったパウンドケーキやタルト、
やってみたんですけど、火加減に失敗。味はまあまあでしたけど見かけは…。

ようやく、本物の美味しいいちじくのケーキにめぐりあえました。
この味を覚えておいて、再現したいものですが・・・ふふ。無理でしょうね。

morinof さん。ありがとうございました。





Re: 依里さんへ

> Joyeux Noël !!

ありがとう。依里さん。
依里さんもいいクリスマスをお過ごしになられましたか?
お料理じょうずな依里さん。ケーキとかもお作りになったのでしょうか。
今年は依里さんにほんとにいろいろ教えていただきましたね。
頼もしい友人で、ほんとに心強かったです。

私もぼちぼち勉強してますが、気まぐれにやってもだめですね。
新年を期して、ちゃんと教えていただいたサイトなど
利用して、時間を決めて勉強していきたいと思っています。
またわからないこと出来たら、教えてくださいね。

暮れも残すところあとわずか。
頑張りすぎて、体調崩したりなさいませんよう。

いつもありがとう、依里さん。



ここは雪

お天気が良いんですね。
風の丘は雪、今も降り続いています。
ふふ、お久し振りに更新が進んでいますね
あの豊穣のケーキに思わずゴクリ。
いちじくのプチプチも大好きです。

No title

Joyeux Noël !!
と言ってももうクリスマスも終わりですね
プロフィール

彼岸花さん

Author:彼岸花さん
リンク、トラックバックご自由に。

『しだかれて十薬忿怒の息吐けり』

『南亭雑記』の南亭師から頂戴した句。このブログになんともぴったりな句と思い、使わせていただきます。
十薬とはどくだみのこと。どくだみは踏みしだかれると
鮮烈な香りを発します。その青い香りは、さながら虐げられた若者の体から発する忿怒と抗議のエネルギーのよう。
暑い季節には、この強い歌を入口に掲げて、私も一民衆としての想いを熱く語りましょう。

そして季節は秋。
一足早いけれども、同じく南亭師からいただいた、この冬の句も掲げておきましょう。

『埋火に理不尽を焼べどくだみ荘』

埋火(うずみび)は、寝る前に囲炉裏や火鉢の燠火に灰をかぶせて火が消えてしまわぬようにしておいた炭火などのこと。翌朝またこの小さな火を掻き立てて新たな炭をくべ、朝餉の支度にかかるのです…

ペシャワール会
http://www1a.biglobe.ne.jp/peshawar/pekai/signup.html
国境なき医師団
http://www.msf.or.jp/donate/?grid=header02
最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード