『ひな祭り』

あずさのお家にやってきました。
今日は雛祭り。
年に一度、あずさをお外に出してやらなければ。

2011_0303_172240-CIMG4148_convert_20110303211444.jpg

ここがあずさのお部屋です。
アンティークの茶箪笥の、ガラス戸つきの小部屋が
あずさのお部屋なの。
・・・まだ眠っているみたい。


2011_0303_172218-CIMG4147_convert_20110303211133.jpg

あずちゃん、あずちゃん、おきなさい。

2011_0303_172317-CIMG4150_convert_20110303212236.jpg

起きてきました。まだ眠そうです。

2011_0303_172333-CIMG4151_convert_20110303212526.jpg

おはよう・・・。はっ!このひとだれ?
なんでもないの。めちゃんが韓国で買ってきたバッジよ。

ここどこ?
めちゃんの新しいお家よ。
だいぶ広くなったでしょう。


2011_0303_204543-CIMG4172_convert_20110303214232.jpg

あずさを我が家に連れてきました。
まだ、なんだか状況が飲み込めていなようにぼうっとしています。

おなかがすいた・・・
そう。もうすぐごはんよ。待っててね。

2011_0303_204514-CIMG4171_convert_20110303214830.jpg

今日はちらし寿司よ。
雛あられもあるのよ。でも一個だけしか、お皿に乗っからないわね。
さあ。召し上がれ。

あとで、皆さんにご挨拶しましょうね。


2011_0303_173622-CIMG4163_convert_20110303213733.jpg

みなさん。こんばんは。
あずさです。



あずさのことをご存じない方は、こちらをどうぞ。

去年の雛祭りの記事。

http://clusteramaryllis45.blog61.fc2.com/blog-entry-92.html




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 夕惟さんへ

夕惟さん。こんばんは。ご無沙汰してしまいました。
ハイ。帰ってきました~。^^ (←これ、最近覚えて使うようになりました。笑)
帰ってきた途端に風邪でお休み(笑)。

夕惟さんはメルモちゃんの枕とお母さまが若かりし頃お使いでいらした万年筆ですか。
メルモちゃんは可愛いですものね。
きっと小さくて愛らしい枕なんでしょうね。
お母さまがご愛用でいらしたものを、本体より高くても、ペン先を直して
大事にお使いになってらっしゃる、って素敵なお話ですねえ。
しかも、それで、夕惟さんが、創作作品などを書いてらっしゃるというのが
なおすてき。

そうしたことは値段がうんぬんということとは違いますね。
ものに命が通っている。お母さまから2代続いての生活の喜びや悲しみのあれこれを、
いろいろ見て来てくれている万年筆ですもの。
どうぞこれからも大事になさってくださいね。いいなあ。

娘は妙なものを大事にします。ここにはそんな、ひとさまから見ればなに?と思うような
がらくたがいっぱい。箱の中や、引き出しなどの中にも、こまごまとしたものが。
実家にも、たくさん残していっています。
年はそう。夕惟さんよりだいぶ上ですね。でも、メルモちゃんとか、
テレビで私も一緒に見てましたよ~。いつの放送?って話ですが…(笑)。

夕惟さん。ありがとうございました。これからもまた変わりませず、よろしくお願いいたします。


No title


なぜか捨てられないものってありますよね。
(わーー、私が訪れていない間に、日記が増えてて嬉しいです☆)

私も、母から譲り受けた当時安物だったらしい、万年筆は手放せません。
あとは、小さいころから使っていたメルモちゃんのアニメ柄の枕(笑)

万年筆に至っては、母が20代の頃のもので、30年物。
ペン先を変えようとしたら、買った時よりもちろん高い^^;
でも、ずっと一緒にお話を書いてきた大切な相手なので、
思い切って変えました^^
( 母は、なんでそんな安物まだ持ってるの?と……そんなものですよね。)

物を大切にする思いや行動は、とても素敵なもので大事だと思います。
素敵な娘さんですね^^(って私より年上かしら?)

Re:ららさんへ

らら姉ちゃん、こんにちは。
あずさはまだ、起きています。
でも、もうすぐまた、箱のベッドとハンカチのお布団の中に入って、
来年まですうすうねむります。
ほんとは今日、めちゃんちに帰るはずだったけど、雪や雨がふってたので、
あずさがぬれるといけないからって、明日になりました。

らら姉ちゃんちのウサギちゃんやネコちゃんに会いたいな。

小さな、お皿やお茶碗は、めちゃんが買ってくれたの。
テーブルは、めちゃんが小さいときこれで遊んでたの。
ちらし寿司はとてもおいしかった。イクラがイチゴくらい大きかった。
…ひらあなれ…もおいしかった。(あずさは、ひなあられ、と、ときどき言えなくなります。)

らら姉ちゃん、ばいばい。ありがとう。
またらいねん。
 

No title

あずさちゃんこんにちは。
あずさちゃんの大きさのものにとても惹かれます。
ららが持っているのはネコちゃんやウサギさん。それにあう椅子やテーブルもあるんです。
あずさちゃんはそれだけじゃなくて、お皿やお茶碗ももっているのね。
あずさちゃんにとってはたくさんの散らし寿司と大きなあられ。
それにあずさちゃんのお顔くらい大きなピンクのお花。
あずさちゃんがとても嬉しそう・・・

Re: 水無月さんへ

水無月さん。こんばんは。
ご訪問いただきありがとうございます。
ほんとうはもう少し先、と思っていましたが、あずさを一年に一度、
外に出してやらなくちゃと思って、戻ってきました~。

そうですか。水無月さんのところではお坊ちゃんたちだけでいらっしゃるのですね。
私は男の子を育てられなかったので、それもまた逆にうらやましいです。
確かに、女の子が家にいると、色彩は華やかになりますね。
子どもが5ヶ月のとき、ミシンを買って、よだれかけを初めて手づくり。
それからずっと、着るもののほとんどは私の手造りです。
ぬいぐるみ人形もいくつか作りました。
でも、人形では、あまり遊ばない子でした。おままごと道具もさっぱり。
アカレンジャー!とか、キレンジャー!とか、叫んでましたね(笑)。
それでも、本人は、本当はモモレンジャーになりたかったらしく。
でも、自分が『桃色』という、人(にん)ではないと、幼な心にわかっていたようで(笑)。

男の子さんたちだけですと、着せる楽しみがあまりないのは少し残念ですね。
でも、その分、男の子さんのお母様の方がお洒落でいらしたような昔の記憶が・・・(汗!)

こちらこそ、またよろしくお願いいたします。
穴ごもりしている間も、水無月さんのところはお伺いしてたんですよ。
杉浦日向子さんのことなど、あっ!と思う記事がいっぱい!

すこしお疲れでいらしたとか。実は私も、穴ごもりから外に出たとたんに風邪を(笑)。
花粉症の方のつらさが少しだけわかるここ数日です。

ありがとうございました。

No title

彼岸花さん こんばんは

あっと驚きました。お久しぶりです。雛祭りの宵に復活なんていいですね。
我が家は女の子のお祭りとは全く関係なく、ちょっと羨ましいです。
男の子だけの家は、さっぱりしていました。小さいとき、犬だったか熊だったか忘れましたが、買ったぬいぐるみに見向きもせず、ポイとほって終わりでした(笑)

これからまた、楽しみにおじゃまいたします。
ちょっと疲れ気味でしたが、元気を貰えたようで嬉しいです。

Re:れんげちゃんへ

> 「めっちゃんと あずさちゃんと カリブの海賊」
> このお話は、ここでするには もったいないほど いい話!
> いつか記事になるといいなぁ~♪

ほんと?
あずさ第三段を続けて書いちゃおうかな。
いいひとでしょう。口上手を普段言わない子だから、よけい嬉しかったよ。
あずさも喜んでた。

そう言えば、ここに来てくださる男の方たちも、なぜかあずさにとてもやさしいんですよ~。
女の方たちが可愛がってくれるのはわかるとして、なんか、ごつごつした手をしてそうな(笑)
男のひとたちが、あずさを見て、微笑んで話しかけてくれるのって、
なんかいいなあ…と思ってしまう彼岸花です。

カリブの海賊さんのことは、これからしょっちゅう登場してくるかも。

れんげちゃん。ありがとう。
皆さんもありがとう。

No title

「めっちゃんと あずさちゃんと カリブの海賊」
このお話は、ここでするには もったいないほど いい話!
いつか記事になるといいなぁ~♪

Re:

さかごろうさんっ!
こんばんは。
さかごろうさんもおぼえてる~。
さかごろうさんて言っても、やさしい女のひとなんだもん。わすれないもん。

あずさ、今、お水飲みに起きてきてたの。
まるテーブルの上の小さなお湯のみで、冷たいお水のんだ。
きのう。彼岸花さん、お茶くれなかったから喉乾いちった。

ちらし寿司、おいしかった。イクラがイチゴくらい大きかった♪
いくらなんでも、これは見たことないくらいでおおきすぎた。(おっ!あずさがおやじギャグだっ!笑)


ここからは、彼岸花さん。
さかごろうさん。こんばんは。
留守の間、待っててくださり、またすぐにこうやって駆けつけてくださり、
ほんとにありがとう~。
さかごろうさんとは長いおつきいですものね。
穴ごもりしていても、あなたの足音が聞こえれば懐かしかったです。
その間、音楽もあまり聴かなかった私ですが、レナード・コーエンは聴いていました。
あのボブ・ディランが、『なり代わってもかまわない人物が三人いる。
ロイ・アキューフ、ウォルター・マッソー(喜劇俳優)そしてレナード・コーエンだ』と言ったとか。
レナード・コーエン。そもそもは、さかごろうさんにブログの中で教えていただいたんでしたものね。
中間で一度アップした曲も彼の曲だったし。

まるまる2ヶ月ですか…。あっという間に過ぎた気がします。
その間のことは、またおいおいご報告したいと思っています。
少しだけ、勉強頑張っていました~。

これからも以前と同じによろしくお願いしますね。
またいい曲教えてね。桑田さんのもよかったなあ…。






 

No title

あずさちゃん! また会えたっ!
ちらし寿司美味しかった?
もう今日はお布団に入っちゃったの?

なんとも可愛らしい。。。。。

Re:れんげ姉ちゃんへ

れんげ姉ちゃん、こんばんは。

と、言いつつあずさは今晩も九時前に眠ってしまったいい子なので、
彼岸花さんが代弁します~♪

れんげちゃん、あずさも彼岸花もともどもすっかりご無沙汰しました。
あずさを年一度、外に出してやらなければ、と、重い腰を上げて、昨日、
めちゃんのところに行って連れてきました~。
あずさはれんげ姐さんのこともちゃんとろうそく頭で覚えていましたよ。
シンプルな頭なので、人間の本質的な優しさには敏感なんです♪
去年も可愛がっていただいた方のことを忘れるわけがありません♪

実は、目を覚ました時、めちゃんの部屋にはあずさが声だけは夢うつつに聞いていたけれど、
会うのは初対面の兄さんがいたんですぅ。めちゃんの旦那さんになる人ですって。
ちょっとこわもての顔の人ですぅ。
カリブの海賊みたいな人なんですぅ(笑)。
でも、その怖い顔の兄さんが、あずさを一目見たとき、あずさをギュッと掴んで、
「これ!かっわいいなあ!」って言ってくれたんですぅ。
あずさは一回でその兄さんが、好きになりました~。
きっと、このひともいい人です♪

エギ。
???
今どきの若い人々の間だけで通用してることば????

Wiki で検索してみましたよ(笑)。この、母親に似て古めかしい価値観を持った
めちゃんのところに、そんな若者の興味をひくようなものがあったっけ?
と、茶箪笥の中身を想い浮かべながら…(笑)
ありました、ありました!
エギ。=餌木。
茶箪笥の、あずさの部屋の隣にごちゃごちゃ置いてある派手な代物ですね。
そういえば、娘が『エギ』と言ってました。
写真を撮りながら、「これ、なんていうんだっけ…」とずうっと思い出そうとしていました。
実は、これについても記事で触れたかったのです。
でも、このあずさの記事に盛り込むとまた長くなってしまう・・・。いつか、と思っていました。

そこに目をとめてくださるとは、さすがれんげ姐さん!
それでは、これについて、ちゃんと記事にいたしましょう。
れんげ姐さんのために書きます。読んでやっておくんなさい(笑)

あら?あずさの夢の世界から、任侠の世界に変わっちゃった(笑)。
れんげちゃん。変わらぬ友情ありがとう!




No title

やった~~~~~っ!! あずさちゃん久しぶり~~~!!
嬉しい!嬉しい! もうれんげPCの前でニコニコよっ♪
どんな夢みてたのかな~。ウフフフ~♪

っていうか、なんでエギ!!?

Re: morinof さんへ

モリノフさん。…名まえおぼえてた。
あずさね。あたまがロウソクなの。
だから、ことばを知らないから、あんまりお話できないノ。

「何にも出来なくても、そこにいるだけでいいから」
よかっタ。

まだ少し、ここにいて、めちゃんところにかえる。
うさぎさんたち。友達になつた。ごはんいっしょに食べた。

『何にもできない妖精』。
うとうと眠りながら聞ク。モリノさん…モリノフさん。ありがとう…

                         あずさ 


あずさちゃん、こんにちは。

何にも出来なくても、そこにいるだけでいいから
一年ぶりのあずさちゃんに会えただけで嬉しいよ。
そのうち『何にもできない妖精』のお話しを聞かせてあげようね。

Re: NANTEI さんへ

はい。啓蟄には少し早いんですが、あずさを外に出してやらなくちゃ、と思って
ごそごそ巣穴から出てきました(笑)。
昨日、今朝方と寒かったけれど、今は日が照って少し暖かくなったようですね。

あずさ。すっかり汚れて、髪の毛なども色が剥げてかわいそうなのですが、
あえて塗りなおしてやったりせず。
この箱の中でもう30年以上も娘と一緒に生きてきています。
春の夜の夢を見ながら、ほとんど眠って過ごしています。
年に一度、こうして出してやる。

だからNANTEI さんのお嬢様がご結婚の際、お父さまお母さま合作の手作り人形を
嫁入り道具にしのばせていらした、というお気持ち、とてもよくわかります。
そうしてそれを静かにご覧になっていらっしゃるご両親の深い感慨も。
『ブイヨン』という名前もいいですねえ(笑)。
きっと味のある、いい人形でしょうね。

この茶箪笥の中に置いてあるものは、ガラクタに近いものだけれど、娘の宝物。
特に、あずさと一緒の部屋に置いてある、赤い壊れかけた箱のようなものは、
私が娘が1歳か月のころ、描いてやったカタカナカードです。
いつかこれもご紹介したいと思います。

またぼちぼち、記事を書いていきたいと思います。
今後ともいろいろご指導のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。
う~ん、こういうとき、こういうきまりきった挨拶文句でなく、
鮮やかに俳句が作れるといいんですけれど…!(笑)

お出ましになりましたか(笑)

二、三にち早いと思いますが、啓蟄ですね(笑)。
あずさちゃんのお話し、とても心に響くものがありました。
私の娘も母とのやりとりが、よく似ていたようです。
一番お気に入りの人形は、妻が作り私が眼鼻と口を書き入れたものです。
なぜか「ブイヨン」と名付け、髪の毛が何本も抜け顔は汚れて、何度洗ってもシミが取れないほどになっても、抱いたり背負ったりしていました。
結婚するとき二十年ぶり以上になるでしょうか、その「ブイヨン」をどこからか見つけ出して、引っ越しの荷物の中に入れていたのを、妻と感慨深く眺めていたことがありました。雛人形は、まだこの実家の押し入れの中で眠っています。

Re: 乙山さんへ

乙山さん。こんばんは。ご無沙汰してしまいました。
でも、3月3日には、あずさをまた登場させる、と去年お約束したので、
夕方、連れに行ってきました。

ひなあられが、おにぎりみたいに見える・・・ほんとにそうでしょう?(笑)
これ一つ食べれば、あずさには十分ですね。
でもちらしずしもいっしょけんめい食べてましたよ。きっとおなかがすいてたんですね。
なにしろ一年間眠ってたんですから(笑)。

乙山さんは、ダンディでクールな殿方という印象がブログからはするのですが、
このあずさの記事に去年反応してくださったとき、
ああ、こういう女子供の遊びにもちゃんと真面目に付き合ってくださる
やさしい方なんだなあ、と、少しほろりとしたことを思い出します。

今年もあずさに会ってやってくださってありがとうございます。
あずさも、あまりことばも覚えられないロウソク頭なんですけど、
『おつざんさん』ってちゃんと覚えていましたんですよ。
そう、ぽつりとつぶやいていましたから。

おひさしぶり

こんばんは。
ちゃんと布団に寝ているところが可愛らしいですね。
ひなあられが、おにぎりみたいに見えますよ。
椅子とか、小さな器とか、ちゃんと揃えてもらって
お祝いの雰囲気いっぱいで幸せそう!
よかったね、あずさちゃん。
プロフィール

彼岸花さん

Author:彼岸花さん
リンク、トラックバックご自由に。

『しだかれて十薬忿怒の息吐けり』

『南亭雑記』の南亭師から頂戴した句。このブログになんともぴったりな句と思い、使わせていただきます。
十薬とはどくだみのこと。どくだみは踏みしだかれると
鮮烈な香りを発します。その青い香りは、さながら虐げられた若者の体から発する忿怒と抗議のエネルギーのよう。
暑い季節には、この強い歌を入口に掲げて、私も一民衆としての想いを熱く語りましょう。

そして季節は秋。
一足早いけれども、同じく南亭師からいただいた、この冬の句も掲げておきましょう。

『埋火に理不尽を焼べどくだみ荘』

埋火(うずみび)は、寝る前に囲炉裏や火鉢の燠火に灰をかぶせて火が消えてしまわぬようにしておいた炭火などのこと。翌朝またこの小さな火を掻き立てて新たな炭をくべ、朝餉の支度にかかるのです…

ペシャワール会
http://www1a.biglobe.ne.jp/peshawar/pekai/signup.html
国境なき医師団
http://www.msf.or.jp/donate/?grid=header02
最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード