『是非、見てください』

今日、参議院の『参議院行政監視委員会』で、このような理事会が開かれた。
議題は『原発事故と行政監視システムの在り方に関する件』。

参考人として、次の4人が呼ばれた。
  京都大学原子炉実験所助教      小出裕章氏
  芝浦工業大学非常勤講師       後藤政志氏
  神戸大学名誉教授          石橋克彦氏
  ソフトバンク株式会社代表取締役社長 孫 正義氏。

これはその時の模様をユーストリームが配信してくれたもの。
(「参議院テレビ 脱原発への道」)

http://www.ustream.tv/recorded/14906087

http://www.ustream.tv/recorded/14907869

すごい会である。このメンバーをよく集めてくれたと思う。
よくこの人びとが集まって語ってくれたと思う。
また、よく配信してくれたと思う。

政府が、東電が、そうしてマスコミが、語ろうとしない、日本の原発行政の実態。
福島原発の現状。そして、今後の見通しが、本当に正直に語られている。
こんな会議が、行われたとは!
そうして、こんな中身の濃い、真剣な会議が、なぜ、国会で行われないのか。

…これを見れば、今の現状がわかってがっかりもするけれど、逆に正確な現状を
知ることによって、これから私たちはなにをすればいいかという希望も湧いてくる筈である。

ああ。どうしてNHKがこれを広く国民に向けて放送してくれなかったかなあ。

皆さん。ぜひ、これをご覧ください。
ユーストリームの配信の著作権がどうなっているかわからないけれど、
とにかくこれは、一人でも多くのひとに見てほしい。
悪いのかなと思いつつも、ここにアップしてみます。

ぜひ、ぜひ、腰を据えてご覧になってください。
日本の良心がここに集まっている気がします。
参議院も捨てたもんじゃない。参議院は本来こういうことをすべき組織であったのです。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: lily姫さんへ

lily姫さん。お許しだなんてとんでもない。
こちらこそね、紹介していただいて、すっごく光栄です。
あのね、なんだか今日、私のところ、お訪ねくださる方が多いの(笑)。
きっとlily 姫さん効果だと思います(笑)。

映像。気になさらないで、いつでも見にいらしてね。
コピペして、ご自分のブログの下書きとかに置いておけば、いつでも
好きなときご覧いただけるかも。
3時間40分くらいと、長いですし、中には退屈なところもあるので、
のんびりごらんにならないと疲れちゃいます~。

lily姫さん、ほんとにありがとう。今日のね、lily姫さんの記事。
とってもとっても嬉しかった。どれほど勇気いただいたかしれないの。

これからもよろしくです♪
私みたいにあんまり夜更かししちゃだめですよ(笑)。
いつも1時頃、私の部屋の上空をホトトギスが鳴いて通るので、
それ聞いたら眠ろうと思ってたけれど、今日は眠っちゃうかも。

lily姫さん。また明日♪

No title

彼岸花さん、お許しも頂かずに記事にしてすみませんでした
コメントいただけたので、嬉しかったです
なんだかバタバタとしてて、実はまだ「参議院テレビ 脱原発への道」を
きちんと見れていません
なにやってんだーわたし (>_<)

Re: 大門先生へ

先生。
庶民にわかることが、どうして政治家とか官僚とか、
経済界のトップにいる人などにはわからないのでしょうか。
不思議でなりません。
まあ、このドタバタしてることったら!

その間も、子供たちは僅かづつでも放射性物質に曝され続けているのか、
と思うとたまりませんね。

菅さんがG8で、原発はやめない、と宣言すると思うんですが、
そうするとそれで、日本だけでなく、世界の推進派が一気に息を吹き返して
勢いづく。そんな気がしています。

新聞など、一部でもう、その論調にきり変わっている気がして。

先生。ほんと、この狂っちゃってる人々。何とかなりませんかしら~!

いつも応援、ありがとうございます。私が元気ない時、来てくださる気がしています。
ありがとうございます。

No title

ほんとだね~~~~!!!

日本完全に何処か狂ってるぅううううう!!!

Re: fukashi さんへ

fukashiさん。こんばんは。
ね。オールスターでしょう?

私も、fukashiさんがおっしゃるように、この方たちを呼んだ
参議院の行政監視委員会の人も偉いと思いました。 
質問者たちも概してよかったですね。人のミスをあらさがししたり
揚げ足取りをしたり、野次を飛ばしたり、ということが少しもなかった。
礼儀正しく丁寧に、そして真剣に質疑が進められていくのに
私は感動してしまいました。人の話を真剣に聴いて。
司会者もよかったですね。あの人が委員長でしょうか?
適度なユーモアを交えながら、ない時間をうまく使っていきました。

終了後、なんであんなのを呼んだんだ!…そんなことを自民党の執行部のひとは
言ったんですか?それこそ恥ずかしいですね。
まあだそんな考え方してるのかなあ。

何かね。不思議な感動がありました。『良心』というものが、あの場を
静かに満たしていた、というような…。

多くの人がこれを見ていたようですね。その人たちの口から、ここで話されたことと
その感動がまた伝わって行き、多くの人が原発の問題、エネルギー問題を
我がこととして真剣に考えてくれるようになっていくといいですね。

私も心からそう願います。
fukashiさん。ありがとうございました。
なるといいですね


これこそが、本来あるべき、会議の姿なんじゃないかなあ、と。

オールスターが揃ったかのような興奮がありますね。
> 良心を集めるのは良心ですから、呼んだ政治家にも良心があったということですね。
> 自民党の執行部からは終了後、なんであんなのを呼んだんだ!と声があがったようです。
> 少しずつでも世の中がいい方向に進むことを願うばかりです。

No title

オールスターが揃ったかのような興奮がありますね。
良心を集めるのは良心ですから、呼んだ政治家にも良心があったということですね。
自民党の執行部からは終了後、なんであんなのを呼んだんだ!と声があがったようです。
少しずつでも世の中がいい方向に進むことを願うばかりです。

Re: れんげちゃんへ

れんげちゃん。こんにちは。
今ちょうどlily姫さんところで、れんげちゃんのコメントに、横レス入れてたところ(笑)
『時折みせるチャーミング♪なチラリズムがたまらん』には、大爆笑!

ほんとにいつも元気をありがとう♪

これね。よくこれだけの4人を参考人として呼んだナ~ということで、結構前評判も大きくて、
NHKに放送して欲しいって、訴えようなんて呼びかけもあったんですって?
それなのに、大新聞などでは全然取り上げず、NHKもなし。
そして、終わった後なにか出るかなあと思っていたけれど、朝日新聞なんか、翌朝、
ほんの小さく載ってて中身についてはほとんど触れず。

私は、話の中身は、小出さんの話などいつも聴いているから、大体まあ知ってることが
多かったけれど、この会の雰囲気がね、なんか涙が出るほどよかった。
ああ、本来、国の話合いというものが こういう人々によって、こういうふうに行われて
いるなら!ってどれほど思ったかしれません。
リアルタイムで私見ていたときはね、横っちょに、twitterのつぶやきが、めまぐるしい
スピードで同時に出てたんですよ。質問者がくどいとそれに突っ込みがすかさず入ったりね、
「小出さんがしゃべるとなんか安心するな~」とか、「この女性、声がいい」とか。
それも、若いひとの生の声が聞けて、とても私などには新鮮だった。
twitter 上でおひゃらけているように見えて、実はみんな真剣に見て考えてるのが
痛いほど伝ってきて、この会議そのものの真摯な美しさと共に、
なにかこの国の未来を信じる気にさせてくれました。

れんげちゃん、いつも本当にありがとう。

No title

そうそう!これ、見たかったんだよっ!ありがとう!!!
小出先生、「言いたいこと、全部言ってきます」って言ってたからな。
また来るぅ~。

Re: lily姫さんへ

lily姫さん。ありがとう。

lily姫さんにも私のプンプン病が移っちゃったかな?
買ったばかりのTV。壊してしまわれなくてよかった(笑)。
このね、反原発、脱原発の戦いはまだ長くかかると思いますから。
だってね、石川迪夫さんみたいな人が多分何百人もこの原子力業界や
政治家や、経済界や学界の上の方に居座ってるの。
そして今、まだ権力を握っていますからね。その力は強大。

lily姫さんなどお若い方にこれからを背負っていっていただかないといけないから、
テレビもそうだけど怒りすぎてお体壊しちゃわないでね(笑)。
怒りって結構からだにくるんだなあ、って、私今回実感しましたよ。
小出先生ね。私少し心配してるんです。お体のことをね。
近いうち、映像アップしますけれど、彼はもう40年近くも
言い続けているんですね。それはもう、大変なことだと思います。

今、こんな事故があってようやく彼の声に耳を傾ける人が出てきた。不幸なことですけれども…。
だから、しゃべれるところにはみんなお出になって、同じことを繰り返し辛抱強く
お話しなさってるだろうと思います。
今は、ハイな状態かもしれないけれど、この原発事故が何らかの形で
決着がついたら、がくっと来ておしまいになるんじゃないかとそれが心配。
例えば、青森県知事選で推進派の現知事が3選されるとか、もんじゅの
落っことした燃料交換装置がなんとか取り出されて、もんじゅが再開されちゃうとか、ね。
小出さんのこころには、すでに悲しみがいっぱいいっぱいに詰まってる気がします。
それは体にいいはずがない。

私たちみんなで支えていきたいものですね。
実はね。私のレベルの者でも、しかもまだ語り始めたばかりの者でも、
声が虚しく消えていく、どこにも届かない、と感じるとがくっと体の力が抜けちゃう。
今日ね、lily姫さんにこうやって応援いただいて、また元気を取り戻したのよ(笑)。

今日これから、小出先生の映像アップしようかな。応援の意味でも。
ほんとに悲しそうなの…。
申しわけなかったなあ、と思ってしまいますね。
先日ご覧いただいた六ヶ所村の菊川さんもそうですし、反原発の運動を
これまで地道にやって来られた方々の辛抱強さ、そして大変さに、
ほんと!lily 姫さんがおっしゃるように、頭が下がります。申しわけなかったなあと思う。

でもね。そうなの。今回のことで、たくさんの方が真剣に見つめ、耳を凝らして聴き、
一所懸命考えてくださるようになりましたね。そう。そういう方々はまだ疲れてない。
元気で生き生きしてらっしゃる!嬉しいです。
それが大きな励ましになりますね。
国民が立ち上がったら、できないことはありません。どんな巨大な山も動かせる。
でも反対に、ここで国民が黙っていたら、それでなくても強大な
原発利権に群がる人々が、あっという間に元に戻してしまうでしょう。
日本の電力を50%原子力でまかなう。どんどん外国にも売り込む。
そうしないと日本だけが原発開発から乗り遅れてしまう!などと言いだすでしょう。

私は菅さんがいいとは思わないけれど、今、彼を引きずり降ろそうとしている人々の
誰も信用できないから、しようがなく彼を応援している。
少なくとも、原発を減らそうという方向に向いている気がするからです。

lily姫さん。本当にありがとう。
私ね。結構思いつめてたのよ。もう、語るのやめようかなあ…、と。

そうよね。あきらめるの早すぎですよね。あとに続いてくださる方がたくさん生まれてる!
もちょっと頑張ろう。
ありがとう。lily 姫さん!





No title

夕べ、TVタックルに
日本原子力技術協会最高顧問の石川迪夫氏が出演していましたね
無責任で、人を小馬鹿にして、ヘラヘラして
私は腹が立ち過ぎて、買い換えて間もないTVにゴミ箱でも投げつけてしまうところでした
こんな人が一番上に座っているのですか
心が寒々としました
でも、大勢の人がこれを見て
疑問に思ってくれれば、怒ってくれれば、その方がいいかもしれないと思いました

前の記事のこと(モンゴルにの計画のこと)、彼岸花さんに教えていただくまで知りませんでした

いったい、どうしたいのでしょう
いつまでも美しい未来であってほしいとは思わないのでしょうか

長い年月、闘い続けてきた方たちが、疲れ果てて絶望して
「もうやーめた、どうにでもなれ」と、よく投げ出さないでいてくれたことよと思います
本当に頭が下がります

私は、つい最近知り始めたばかりだから、疲れてないんです
私みたいに、2ヶ月前までは考えもしなかった人がたくさんいると思います
知り始めたばかり、怒り始めたばかりで、疲労してない人に
原発の真実をたくさん知ってもらいたいですね
そう考えて、例えば小出さんは、どんな取材でも受けて、
根気よく何度も何度も同じお話をしてくれているのかなぁと思います


「参議院テレビ 脱原発への道」、
家事がすっかり終わったら、じっくり見にまいります

プロフィール

彼岸花さん

Author:彼岸花さん
リンク、トラックバックご自由に。

『しだかれて十薬忿怒の息吐けり』

『南亭雑記』の南亭師から頂戴した句。このブログになんともぴったりな句と思い、使わせていただきます。
十薬とはどくだみのこと。どくだみは踏みしだかれると
鮮烈な香りを発します。その青い香りは、さながら虐げられた若者の体から発する忿怒と抗議のエネルギーのよう。
暑い季節には、この強い歌を入口に掲げて、私も一民衆としての想いを熱く語りましょう。

そして季節は秋。
一足早いけれども、同じく南亭師からいただいた、この冬の句も掲げておきましょう。

『埋火に理不尽を焼べどくだみ荘』

埋火(うずみび)は、寝る前に囲炉裏や火鉢の燠火に灰をかぶせて火が消えてしまわぬようにしておいた炭火などのこと。翌朝またこの小さな火を掻き立てて新たな炭をくべ、朝餉の支度にかかるのです…

ペシャワール会
http://www1a.biglobe.ne.jp/peshawar/pekai/signup.html
国境なき医師団
http://www.msf.or.jp/donate/?grid=header02
最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード