『菅政権にエール』

菅首相への不信任案を問う、衆院本会議中継を見ている。

結果はどうなるか、まったくわからない。

が、私はここで、不信任案が否決され、菅政権の続くのを
願うことをはっきり表明しておく。

理由はあとで書く。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: そらまめさんへ

ほんとだよね~(笑)。

あきれてしまって、私も書きますと言った記事が書けないでいます。
こりゃひどいなあ…。

菅総理も含め、与党も野党も、今回表だって動いてた連中を全員やめさせたいね。
何も言わない連中もね。
誰もいなくなっちゃうなあ(笑)。

こんな人々に、この難局を任せなければならないのかと思うと、
がっくりしてしまいますね。明日からまた、すったもんだするんだろうな。
国民全部で、国会前でデモしたいくらいだわよね。

こうなると誰が悪かったなんて、見えなくなってしまう。
ちょっと私も、少し冷静に分析してみたいと思います。

No title

とりあえずホッとしました。

これが現実なのか・・・・。
この1日の大騒動をニュースで見て、なんだか信じられない(ありえない)
光景を見ているようでした。
やっぱりこの国の政治家はバカばっかなんだな・・・と世界に再確認させて
しまったようで恥ずかしい限りです。
プロフィール

彼岸花さん

Author:彼岸花さん
リンク、トラックバックご自由に。

『しだかれて十薬忿怒の息吐けり』

『南亭雑記』の南亭師から頂戴した句。このブログになんともぴったりな句と思い、使わせていただきます。
十薬とはどくだみのこと。どくだみは踏みしだかれると
鮮烈な香りを発します。その青い香りは、さながら虐げられた若者の体から発する忿怒と抗議のエネルギーのよう。
暑い季節には、この強い歌を入口に掲げて、私も一民衆としての想いを熱く語りましょう。

そして季節は秋。
一足早いけれども、同じく南亭師からいただいた、この冬の句も掲げておきましょう。

『埋火に理不尽を焼べどくだみ荘』

埋火(うずみび)は、寝る前に囲炉裏や火鉢の燠火に灰をかぶせて火が消えてしまわぬようにしておいた炭火などのこと。翌朝またこの小さな火を掻き立てて新たな炭をくべ、朝餉の支度にかかるのです…

ペシャワール会
http://www1a.biglobe.ne.jp/peshawar/pekai/signup.html
国境なき医師団
http://www.msf.or.jp/donate/?grid=header02
最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード