『原発なくそうデモ』 

6月11日。
あの日から3カ月がたってしまいました。
被災地の方に、こころからのお見舞いとお悔やみを。

今晩も葉っぱさん、れんげちゃん企画の計画節電ナイトです。


心ひとつに キャンドルナイト
 



今晩は少しおとなしめに。
硝子のぐい飲みに、小さな蝋燭を。


2011_0611_212500-CIMG4737_convert_20110611234018.jpg


   * * * * *


新宿で行われたデモに行ってきました。『6.11 新宿・原発やめろデモ!!!!!』。
『素人の乱』というグループが、ネットなどで呼びかけ、これまでに高円寺、渋谷で
原発止めろデモ。今日はすごかったです。
テレビなどでも一部報道されたかもしれません。

午後2時。新宿中央公園集合。雨が上がってよかった!

だんだん人が集まってきました。が、まだまだ。
どんどん集まってきます。

2011_0611_135834-CIMG4657_convert_20110612000127.jpg

人をかき分けてでないと進めないくらいに、この広い公園がいっぱいになってきます。

2011_0611_151812-CIMG4677_convert_20110612000807.jpg

シカラムータの大熊ワタル氏などが結成するジンタらムータなどの演奏。
サーカスのジンタの音楽に似た、哀調を帯びたチンドンバンドの演奏。
半分はこれが聴きたくて、このデモ会場を選んだ私。
予想通りに素晴らしくて、会場を盛り上げます。

2011_0611_145034-CIMG4671_convert_20110612001341.jpg

デモ開始。でも、デモ(笑)なかなか動き出しません。
いろいろな団体が参加して、幟旗がひるがえっている。
一流企業の労働組合の旗、大学教職員組合の旗、沖縄問題を訴えるグループの旗。
裁判員制度について訴えるグループのもの。…
おお~!『日大全共闘』なんてのもあるじゃないですか!!
今でもやってる子もいるんだ~!
時が、40年前に一挙に遡って行きます。
私がまだ20代前半だったころ…。秋田明大、最首悟、…学生運動を引っ張っていた
青年たちがいました…。
懐かしいなあ…。

『憲法9条を守る会』の横断幕を持ったおじさまたちが合流してきました!!!
さっき、ここに来る前、アルタの前で彼らの集会を私は覗いてきました。
こちらのデモより一足早く、彼らは新宿を練り歩いて、アルタ前で集会をしていたのです。
右翼の街宣車が妨害をしています。そんなことしないで一緒に脱原発やろうよ~。
護憲の会のおじさまたちはやさしく。『反原発』の鉢巻きをいただきました。

赤ちゃんを抱っこひもで抱えた若いお母さんがいます。赤ちゃんはまだ小さい。
4か月くらいでしょうか。
若い母親の居ても立っても居られない気持ちが痛いほど伝わってきます。
この子に安心して母乳を飲ませることが出来ない。
粉ミルクを溶くお湯も汚染されているかもしれない…
そんな悲痛な想いが、その小柄な体から、ひしひしと伝わってきました。

若者たちは、防護服を着たひとなど、さまざまなコスプレをしたり、鐘太鼓を叩いたり、
シャボン玉とばしたり、とにかくそれぞれが思い思いに工夫を凝らして、
『原発なくそう!』と訴えています。

…いけない!なんか涙が出てきた…

ようやく列が会場から動き始めました。

2011_0611_153204-CIMG4684_convert_20110612005014.jpg

通りに出ると!すごい警官の数です!
なかなか動きません。先頭が詰まってるみたい。
ここでも、いろいろな幟がいっぱい!いったいどれほどの団体、グループがここに
集まってきているのでしょう!

それこそ赤ちゃんから子ども。若い人。お年寄り。杖をついた方も車いすの方も。
お勤めから抜け受け出してきたの?と思うようなきちんとした、スーツ姿の若い女性も。
…やばい!また涙が…!

2011_0611_154618-CIMG4690_convert_20110612005755.jpg

とにかく参加者が大変な数になっています。
少し歩いてはずうっと止まって待つ。歩いている時間よりまっている時間の方が
はるかに長い。
列に並んで待つこととかの大っ嫌いな彼岸花。でも不思議にイライラしません。
若い人々が陽気に拡声器でリードしてくれるシュプレヒコールが面白く楽しいので。

『出てこい 清水。斑目でたらめ!』とか(笑)。
鳴りものも、カーニバルみたいで楽しい。
『・・・・やめさせよう~!』『・・・・戦うぞ~!』とか言う、あの旧来型の
シュプレヒコールは時代遅れだけれど、こういうラップ感覚やカーニバル感覚の
デモなら、若い人も加わりやすいんじゃないかなあ。
若い方が企画しただけに、楽しくていいわね。…そう思いながら歩いて、また、じ~~~~ん!

あ。彼岸花さんは、歩くだけで精いっぱいなので、叫ぶのは元気な方にお任せしていました。

2011_0611_155605-CIMG4694_convert_20110612010600.jpg

これ、彼岸花の足です。
上半身デブじゃありませんよ。デジカメで上から撮ったせいです。
上半身もお痩せです(笑)。

2011_0611_163323-CIMG4711_convert_20110612012400.jpg

2011_0611_160313-CIMG4700_convert_20110612013556.jpg

歩いて歩いて止まって止まって……。
でも、みんな和気藹々としてる。
お互いに知らぬ同士話したりはしないけど、なにかなごやか。

2011_0611_164306-CIMG4714_convert_20110612014226.jpg

こんなに機動隊の方に誘導されていても、小競り合いなどなく、機動隊の方も
なんとなくやさしい顔していました。ご苦労様です。
警備も大変だったろうと思います。
なにしろ、主催者発表では、2万人参加だったそうですから!
新宿の、割と狭い一画に、2万人!

3時半頃中央公園を一応出て、6時近くになりました。


2011_0611_165221-CIMG4717_convert_20110612015116.jpg

だんだん、最終目的地のアルタ前に近づいていきます。
間にまだたくさん写真あったけれど、省略。

私は残念ながら、伊勢丹のところで、デモ隊から離れて帰りました。
最後まで見届けて、一緒に歩いた皆さんと、高揚感を共にしたかったけれど。


このあと、デモ隊は、さほど広くない、アルタ前の広場に続々と集合してき、
それはそれはすごかったようです。
残念ながら、私は電車の中。
音楽演奏もあったらしいし、最後までいたかった・・・。


う~む。

振り返ってみても、これは本当に感動体験でした。
twitter など見てみると、やはり同じ会場でデモした若い人々が、たくさん
「泣けてきた」「泣きながら歩いた」などと書いている。

「新宿のそれはほぼ革命」と書いていらっしゃる人もいた。同感。

私が若い頃、学生たちが叫んでいた『革命』とはニュアンスが違う。
『連帯』と言った方がいいだろうか。
年代を越え、地域を越え、普段の活動の狙いは違うひとがここに集まっている…
なにかここから、新しい日本が生まれるかな、という気さえ私はした。
デモとか、とにかく声を上げるのを忘れていた日本人が、ここにこうやって
結集しているではないか。


私の前を若い父親が3,4歳くらいの男の子を連れて参加していた。
男の子は出発前に眠ってしまい、背の高い父親は子どもを抱きかかえて、シュプレヒコール
に声を合わせていた。男の子は、2時間半の間に目をさまし、父親と手をつないで
歩き始めた。でも、一言もぐずったりしない。ただ歩く。
父親は、子供を道路の内側の方に自然に移らせて…。いい子だったなあ…。
この子が安心して踏める大地は?
この子が安心して吸いこめる空気は?
この子に食べさせる野菜は?
…東京では、基本的に、関東の野菜を食べるしかないのです。

本当に赤ちゃん連れた母親から、お年寄りまで。
それらが、『原発止めたい』の一心で集まっている…
福島からの参加者も…
これが泣けずにいられるでしょうか…

ああ!この声!

これが無残に踏みにじられていいものだろうか。

着々と、この国の裏では、原発推進族がうごめいています…。

そんな者に、負けずに、何とか原発から自然エネルギーに
切り替えていきましょう!






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: そらまめさ~ん!

そらまめさん。ありがとうございます。

あのね、ほんとにいいデモでしたよ。いいデモってあるのね。
若い人がリードして、老人たちがにこにこ従ってたっていう感じ。
最後の方は飛び入りの人とかもいたみたい。

お仕事帰りの人がふっと列に加わったり、抜けるのも自由。
私がちょっと列から抜けてお水のんで写真撮ろうと、
舗道との境のフェンスをまたごうとしてたら、若者が2人手を差し伸べて
「大丈夫ですか?」って言ってくれた。おてんば婆さん(笑)。

前を行っていた男の子連れの若いお父さんも、もの静かでね。
その子もまたいい子なの!
写真アップしたかったけれど、誰が見るかわからないから。

それでもね、報道はあまり大々的に伝えなかったらしいですね。
フランスとか、海外の方がよほどちゃんと報道してたとか。

ああ。こういう声が、政治に生かされるといいのだけれど。
これからもね、あちこちでデモやイベントなどあると思います。
若いかたが随分関心を持つようになってくれてる。
私もすぐやさぐれたくなるけど、この間ちょっとやさぐれてたけど(笑)、
小さくても声を上げて行こうと思います。

ああ、原発以外のこと考えたいよ~~~ぅ!(笑)

そうそう。昨日アップした、菅さんと孫さんたちの懇談会も素晴らしいですから
ぜひ見てくださいね。これはもう政治討論というより、
哲学でしたよ。

きっとね、日本はすごい底力、あると思う。でも政治や経済界がなかなか
自然エネルギーへの切り替えを許さない。
でもあきらめたらおしまい。また元通りの原発行政に戻っちゃう!
ちっちゃくても声あげましょ。

そらさん、ありがとう。

No title

記事を読んでいて『いけない!なんか涙が出てきた』です。(苦笑)
自然にデモに参列していく人々・・・。
夕方のニュースで直に映像を見るとまた涙が込み上げてきました。

つい先日まで
「いくら私達が声を発しても国にはしょせん届かないんだよ」
とヤサぐれていたのが恥ずかしいです。

小さな子供達を見て、子供達の未来を憂う。
誰かの父として母として大人として地球上に生を受けた者
(生き物)として、自然の感情だと思います。

日本の科学技術なら原発を捨てることは可能!!
新しい日本の誕生を夢見たいです。

Re: はなさかすーさんへ

はなさかすーさん、すてきな言葉をありがとうございます。

『連帯』。ワレサ議長ですね。^^
『連帯』…いい言葉ですね。

写真では、ほんの一部しか切り取ることが出来ず。また、自分自身も列の中にいると、
前の方や後ろがどうなっているかわからないんですよね。
信号のところなどで、機動隊が止めたり急がせたりするので、長~い列が
いったいどれほど続いているのかわからない。
ただ帰りに列を抜けて急ぎ足で新宿駅前に来たら、先頭集団がもう
たくさんアルタ前に着いていて、すごい人数ということがわかりました。
途中からどんどん人が増えていったみたい。

お子さんたち。楽しそうですね。私が今、少女で、お父さんがこんなお家を
作ってくれたら、どんなに幸せだっただろうか!と想像してしまいます。
『子ども解放区』♪と言った感じがしますもの。

お子さんたちに、私の文を?光栄で、まあ!どうしましょう!
エ~…それは大変!しっかり書かなくちゃなりませんね(笑)。

私は癖の強い人間ですが、なるべく、公平に世の中を見たいとは思っています。
自民党は嫌いですが、河野太郎さんのような方もいらっしゃる。
小泉さんも嫌いでしたが、このところとても評価しなおしています。
政治家としてのセンスが、とてもいい人だったなあ、と思っています。
菅さんも理解不能なだめなことと、すごい良いところがたくさん。

人間というものが、そうそう、『好き』『嫌い』で割り切れるものではないですよね。
それは自覚しつつ、独断と偏見に満ちた記事を!(笑)

本当はブログに政治は持ち込みたくない。綺麗な記事を書きたい!

でも、こんなことに日本はなってしまいました…。
子どもたちのことがほんとに心配です。
ジレンマに陥って悲しんでいるお母さんお父さんたちがどれほどいらっしゃることか!
逃げたくても逃げられない。不安の中で子育てを続けざるを得ない。
空気、土、水、食べ物、…皆、汚染されてしまった…。

子どもたちを守り、少しでもいい日本を残さないとなあ、と思いますね。

原発で今収束作業にあたっている人々も、心配でなりません。
彼らを想うと、若き日の兄の姿を連想するのです。渡りの労働者でしたから。

日本が今、目撃していること…。
これは人類がまだ、経験したことのない悲劇です。
それをしっかり見つめて行こうと思う。
考えることも、一つの力、一つの奉仕かな、と思っています。

『ジューン・ブライド、愛と行動が結婚したら強い!』

これ!なんてすてきな言葉でしょう!
大事に覚えておきましょう…。
6月の雨が、悲しい雨でなく、ひととひとが逆に結ばれていく、
そんなやさしい雨の月になるといいですね。

ありがとうございました。












Re: さおるさんへ

さおるさん、こんばんは。
行ってきました~!

なにか感動的でしたよ。
ほんとにちっちゃな赤ちゃんを胸に抱いた、小柄な、若い若いお母さんが
参加してたの。痛々しいほどまだちっちゃな赤ちゃん。
ご夫婦で赤ちゃん連れてる人も、幼児を連れてる人も、子供たちも…。

いろいろなところの組合や、大学や、ほんとにいろいろな団体が…
ビラを50種類くらい貰った(笑)。鉢巻きを一本。
気恥ずかしいので使わなかったけど、おじさま。ごめんなさい!(笑)

若い方がよくやってくれました。そこに従来の型のデモの人々も合流して…。
すごい人数でした。
さしもの新宿の通行人も、度肝を抜かれるくらい。

学生運動盛んな60年代、70年代には大きなデモもあったけれど、
日本では、もうこうした、市民運動はどんどん縮小していってましたから。
若い方がやってくれたということが、じ~んとするほど嬉しく。

この声が生かされるといいのですが。

さおるさん。一緒に感動してくださってありがとう!
皆さんに『お疲れさま』って言っていただけて、それも、しあわせです。



Re: ここのはさんへ

ここのはさん。こんばんは。


25万人じゃなくて、私が参加したのは2万人です。(笑)
全国の合わせると、どのくらいになったんだろう…。
テレビも新聞も、あまり詳しく報道しないんですよね~。
これだけ、多くの人が原発に関心持って、行動おこしてるのに、
AKB48の選挙の話題の、10分の1でも30分の1でもいいから
もっと正面から取り上げてくれないかなあ、と思ってしまいます。^^

今日のね、菅さんと孫さんなどの懇談会は、原発立地県の問題にも
触れて、原発の代わりに、その土地その土地に合った自然エネルギーを
そこで振興させていけば、雇用も生まれるし、お金も落ちる。
そうしたら誰も原発なんて誘致したがらないだろう、などという話も
出てました。原発の代わりに、政治がそうやってくれていたらなあ・・・・。

今頃、日本の国土がこんなに汚染されることもなかったでしょうに。

孫さんは、多くの地方自治体の首長に声をかけて、地方から、日本のエネルギー産業の
形態を変えて行こうとしていますよ。
それに賛同する県、市、町などがどんどん出てきている。
政治に任せておけないなら、そうやって、国民の側から、地方から、
日本を変えていける。

希望はあります。声を上げていくこと、行動すること。と言っても
大袈裟に考えることないんですって。うちのおじいちゃんに話して聞かせる、
友達と真剣に語り合ってみる…そうした身近なところからでもいいって、
今日の会議でどなたかが言ってました。
そうだなあ、って思いました。

一人が二人に伝えていくのだって、2の2乗、3乗4乗…と増えていけば、
いずれはすごい人数になるって。

遠く離れているけれど、この国を守りたいという想いは同じ。

これからもよろしく、です♪
ありがとうございました~。

Re: 夕惟さんへ

夕惟さん。こんばんは。
今日は、必死になって急ぎの縫物しています。大きなものなので大変。
昨日から汗かいてばかり。^^

夕惟さんは渋谷でコンサートでしたか。いいなあ。
私も、ちょびっとだけ、前から興味あった大熊ワタルさん参加の、チンドンバンドが
聞けました。^^

デモはね、タイミングが合えば、そしてそうしたいなって気持ちになったら
参加すればいいと思います。昨日も、見物していた初老のご婦人が飛び入りで
加わったそうですよ。そんなひともたくさんいたみたい。
私もずうっと同じとこいると飽きるので、ときどき列から出て写真撮ったり、
お茶飲んだり、ちょっと休んだり、好きなようにしてました。

これからもあちこちであると思います。参加されるなら、昨日私が行ったような、
若い方が企画のがいいと思います。歌ありコスプレあり演劇あり、と言った感じで
楽しめると思います。

義務と思ったら苦痛なので、お気になさらないでね。
でも、楽しかった~!(笑)
最後までいて、盛り上がりたかったです。^^

ありがとうございます。

連帯

彼岸花さん、こんにちは^^

お疲れ様です。彼岸花さんのお陰で、少しでもデモの雰囲気を拝見することが
出来て、感謝しています。連帯といいますと、ポーランドを連想してしまいます
が、ようやく日本でも民主主義のよさが顕れて来たのですね。

人々の正しい心が、拡がることを願います。福島の子どもたちが鼻血を流したり、
内部被爆した人たちの悲惨な姿は今後どんどん増してくるでしょうから、僕も
覚悟しています。彼岸花さんの記事は、子どもたちにとってもいい教材になって
いますよ^^今日は雨だから、家の中を走り回っていますが、この子達の未来
は、多難です。周りは、日和見主義者ばかりですから、悪影響を受けないで
ほしいな。

ジューン・ブライド、愛と行動が結婚したら強い!

彼岸花さん お疲れさまでした!

記事を読みながら私も涙ぐんでしまいました。

人の気持ちが大きな波となって いくのですね。

大きなアクションになりましたね。

No title

おはようございます。

お疲れ様でした~。^^
これを書く少し前、TVでデモの様子拝見しました。^^
25万人ですか! 流石ですねえ。^^
私の県の人口は70万ですから^^;;;;;

人口が少なく何の産業もない我が県の原発。。
私の住んでるあたりは。。30キロ圏外でしょうか。。
この間のニュースで、原発から10キロ圏内にある
我が県最大の地方銀行の本社機能を、分散すると
ありました。分散先だって30キロ圏内です。
何かあったら、本社機能を移したって一緒だと思いましたが。。。

私達だって福島の人達と同じような危険と隣り合わせの
状態で暮らしています。
今の人類の力では原発の管理は無理と感じますねえ。
これ以上増やさないよう、そして徐々に廃止の方向に
むかうよう願うばかりです。

No title

昨日のこと、読ませていただいて胸が熱くなりました。
涙が込み上げてきた。

真剣に、こうやって考えて行動している人たちがいる。
まだまだ日本も捨てたもんじゃないですね!!

私は同日渋谷に居ました。近くに居たんですね^^
原発反対デモ知っていたら見に行きたかったです;
(すみませんここのところ、訪問していなかったので><)

こちらは、心の癒しを求めてLIVEでした。
精神的安定を求めてしまいました。
デモに参加している、心に従って動いている人のことを知ると、ちょっと自分どうなの!?!!って思ってしまいました。ーー;あぅぅ~反省。
プロフィール

彼岸花さん

Author:彼岸花さん
リンク、トラックバックご自由に。

『しだかれて十薬忿怒の息吐けり』

『南亭雑記』の南亭師から頂戴した句。このブログになんともぴったりな句と思い、使わせていただきます。
十薬とはどくだみのこと。どくだみは踏みしだかれると
鮮烈な香りを発します。その青い香りは、さながら虐げられた若者の体から発する忿怒と抗議のエネルギーのよう。
暑い季節には、この強い歌を入口に掲げて、私も一民衆としての想いを熱く語りましょう。

そして季節は秋。
一足早いけれども、同じく南亭師からいただいた、この冬の句も掲げておきましょう。

『埋火に理不尽を焼べどくだみ荘』

埋火(うずみび)は、寝る前に囲炉裏や火鉢の燠火に灰をかぶせて火が消えてしまわぬようにしておいた炭火などのこと。翌朝またこの小さな火を掻き立てて新たな炭をくべ、朝餉の支度にかかるのです…

ペシャワール会
http://www1a.biglobe.ne.jp/peshawar/pekai/signup.html
国境なき医師団
http://www.msf.or.jp/donate/?grid=header02
最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード