『菅総理の懇談会。映像配信』

前の記事でご紹介した(もともとは 私もhasutamaさんに教えていただいたのですが)
菅総理と、有識者の懇談会。

映像が公開されました。

どうか、ぜひぜひご覧ください。

http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg4972.html

日本の総理が、こうして、ネットを通じて、有識者との会談と
そこで自分の考えを国民に直接広く発信するという試みも
初めてのことだと思います。

そういった意味でも、これは記念すべき、発信のあり方だと思います。
出来るだけ多くの人に見てほしいです。

ああ…! これを、もっと早く、総理に就任すると同時くらいに、
いや、せめて、一か月前にでもやってくれていたら!
菅さんは辞めないですんで、今、国民の声をバックに、復興、復旧、
そして、原子力発電から自然エネルギーへのシフトに向けて全力を尽くせて
いたかもしれません。…それが残念ですが。

だが、まだ遅くない。この映像をご覧になり、いろいろお考えになられましたこと、
どんな形でもいい、発信してほしいと思います。
身近なひとと話し合うことから始めましょう、とこの会議でも言っています。

どうか、ごゆっくりご覧ください。
菅さんが、とても穏やかな顔をしています。

この人に続けてやってほしかったなあ…


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: lily姫さんへ

lily 姫さん。
お返事遅くなってすみません。Ustream見てました。
孫さんがね、また『エネルギーシフト勉強会』というのをなさって、
そこで菅さんもまた挨拶をして、生き生き語ったらしいのです。
参加者から大拍手で。そこは私は残念ながら見てなかった。
孫さんがその後演説して。

ちょっと引用しますね。

『超党派議員や民間人による緊急集会が15日夜、衆院議員会館で開かれ、
菅直人首相も出席した。首相はあいさつで、電力会社に自然エネルギーによる
電力の買い取りを義務付けた「固定価格買い取り制度法案」の今国会成立に強い意欲を表明。
「『菅の顔を見たくない』という人も国会にはいる。
それならこの法案を通した方がいい」と述べ、同法案成立までは退陣しない姿勢をにじませた。
 首相は、同法案について「何としても通したい。通さないと
政治家としての責任を果たしたことにならない」と強調した。
 首相に対する与野党からの退陣圧力は強まる一方だが、
ソフトバンクの孫正義社長は会合で「すごい土俵際の粘りだ。
この粘りで法案を絶対に通してほしい」と首相にエールを送っていた。』 

lily姫さん。お疲れになりませんようにね。
まだ自然エネルギーにシフトするまで先は長いと思いますから。^^

おやすみなさい♪

No title

私のコメントと、
それに下さった彼岸花さんのお返事を
そのまま使っても構いませんか?

記事にするか、コメ返にするかは、まだ考えてる途中ですけど



Re: lily姫さんへ

lily姫さん。こんにちは。
確かにね。他の人に比べて、煮え切らないところがありましたね。

そこが私も、菅さんに関してわからないところなのです。
これだけの自然エネルギーについての考えを以前から持ち、
原発の危険性も認識している人が、国を動かせる立場にいながら、どうしてもっと
脱原発にきっぱりと踏み込んでくれないのか、と。

菅さん本人の意向はともかく、結果的には事故の情報も出さないですしね。
子どもたちの20ミリシーベルトという基準だって…。

私がこうやって菅さんを応援するのは、菅さんのそうした曖昧さや自己保身に
見えてしまう言動までを支持してのことでは決してないのです。

彼が最後のか細い砦だから、応援しているだけなのです。
それが今にも崩れようとしている。
菅さん後は、誰が首相の座についても、原発容認、でしょう。
口では、一応国民の風向きを見て、自然エネルギーを口にはするだろうけれど、
原発は「安全が確認できたら稼働」になるでしょう。
そうして、その消極的原発容認の新政府の陰で、原発推進派は嬉々として
新規建設(地下原発も含め)を画策し、話をどんどん進めていくでしょう。

原発は一度動き出したら、容易なことでは止められない!
それが問題なのです。
そうしたら、今折角新たに脱原発を叫び始めた人々も、
やがてあきらめてしまうでしょう…

それを私は心配しているの。本当に心配している。
菅さんでなくてもだれでもいい。
とにかく原発はまず止める。それをやってくれる人ならば。

lily 姫さん。
反原発って、結構きついでしょう?
誰かがtwitter で書いていた。反原発始めたら、気持ちが沈みこんできちゃった、って。
そうなんです。原発のことなんか考えないで楽しくしていた方がいい。

…でもね…。

自分たちの時代さえよければ、それでいいのか!?と、思っちゃいますよね。
六ヶ所村の菊川さんという、反原発の女性や、小出さん…
どれほど情ない、せつない想いをこれまでしておいでだったでしょうか…

私は今ようやく、彼らの言うに言われぬせつない想いがわかるような気がしてきています。

『真実は常に重たいものである』……、そう実感するようになりました。


lily姫さん。真剣に向き合ってくださってありがとうございます。
hasutama さんのところのこれはすごいですよ。

http://www.ustream.tv/recorded/14559917#utm_campaign=synclickback&source=http://ninnsikinoyorimichi.blog61.fc2.com/&medium=14559917

ぞうっとするほど、原発利権の闇は深い。
菅さんがなぜ曖昧か、その理由がここにあるように思います。

いつも真剣にありがとうございます♪

No title

道筋をつけようと・・・   あっ そっかぁ!!!
そうですよね
うん、そうですね

エネルギー政策の白紙見直しを述べながらも、
「最高水準の原子力安全を目指して取り組む」などと発言したでしょう?
懇談会の中でも、「あれは取り消すのですか?」という質問が出ましたよね
気の短い私などは、それに対する管さんの回答に、なんか物足りなさを感じたのです
「取り消す」とは答えませんでしたもんね

正直なとこ、管さん以外の参加者の、キッパリした熱意に比べて
管さんの発言は、どちらにでも転んでも大丈夫な曖昧さを感じてしまったのです
なんだよっ!!! てムカついた場面がいくつかあったんです


でも、みんなの熱い思いをきちんと聞いてくれる人だと思いました
管さんなら、みんなの声がちゃんと届くのかも?と思いました

Re: MJJさんへ

MJJさん、こんなハッシュタグが出来ているんですね。
情報ありがとうございます。

国民の多くがいずれ脱原発することを望んでいる。それなのに、それに道筋をつけようとしている
菅さんが、あんなひどいやり方で、無理やり下ろされる。
そんな横暴を許していいと思いません。
どんどんこの国が変な方向に行っているような気がしてなりません。
それは止めなければ。

声を広めていきたいですね。菅さんを応援しよう!

No title

菅総理は今すぐ脱原発というわけではないと思うのですが、その為の道筋をつける為に自然エネルギーの推進と発送電分離をやっておきたいと考えておられると理解しています。
しかしこのままでは辞めさせられてしまいそうで、それを阻止するには国民の声しかないと感じています。
Twitterに#yamerunakan というハッシュタグができています。もしtwitterされるなら是非覗いてみてください。

Re: 鍵コメさんへ

鍵コメさん。そういう御事情がおありでしたか。
どうか、ご無理をなさらず、ゆっくりお願いいたします。

こちらではあまり踏み込んで書けませんけれど、お大事になさってくださいね。

私はブログがすっかり、反原発ブログになってしまい…
1月から2カ月休んで、3月にブログ再開した時には、こんなふうになるなんて、
思ってもいなかったんですけれどね~。……
没にしちゃった記事がたくさんあります。
ちえっ!綺麗な、いい記事もあったのにな(苦笑)。

ぼちぼち…いや、炎のように激しくやって行きたいと思います!(笑)
応援していてくださいね~。


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re:lily 姫さんへ 

どうですか、そのあと、ご覧になれましたか?
ユーチュブのを一応lily姫さんところに貼り付けておきました。

6回くらいに分けてあるので、ちょっと煩雑なんですけど。^^

ゆっくりごらんくださいね~♪

Re: 鍵コメさんへ

はい!念力で、雲を吹き払いました!(笑)
そして、途中でぶっ倒れず、何とか無事帰ってきました!

そうでしたか…そんなことがおありになられたんですね。
ここでは詳しくお返事書けないけれど、お話し下さりほんとうにありがとうございます。
なんとも言えず、膚で共感を感じます。

またゆっくりお話させていただきたいです…。
もう封印してらっしゃるかな?^^





Re:葉っぱさんへ

キャンドルナイト、ありがとうございます。
無断で今月もバナー使わせていただきました♪

メンバー。良かったでしょう?サッカーの岡田元監督とか、孫さんも、
それから福田さんという官房副長官も、とってもいいこと言ってました。
菅さんも少年のように熱く語ってた。

今菅さんはほとんど一人で戦ってるんじゃないでしょうか。
こうやって政治家の動きを見ていると、政治家って、
ほとんどが原発推進派なんですねえ。
…国民の気持ちと何て乖離しているんだろう…。
マスコミもあからさまに、脱原発などにかかわるものを
とりあげないか、扱いが小さいかしています。
なにか、恐ろしいほどです。
政治家や企業人にも、子供や孫がいるでしょうのに、平気なのかなあ…。

いいこと言ってましたね。一人が10人の人に話すこと。その10人が
次の10人にまた話す。そんな活動もあるのだと。

葉っぱさん。ありがとう~。

Re: morinof さんへ

こんばんは。見てくださったんですね。ありがとうございます。

こんなにみんな熱い想いを語ってる。それなのに、菅さんはいつまで
もつのか…。
こんな考え方を持っている人とは私も知りませんでした。
少年のように、植物のこと話してますね。『植動物と言いなさい』なんて言って。
出席した人々もそれぞれが素晴らしいことを言っていますね。

…それなのに…溜息です。
原発推進の人びとの力はあまりにも強いですから。
菅さんが去ったあとの推進派の巻き返しがほんとにほんとに怖いです。

7万人くらいがこのネット中継を見ていたそうです。
リアルタイムで見た人がそれだけいるわけですから、あとで見たひとも入れると、
たくさんの人が見てくれたんじゃないでしょうか。

そういう声が集まって、何とか原発止めたいですけど…。

福島の子どもたちがかわいそうです。若いお母さんたちを見ると、
私はそれだけで、胸が痛くなってしまいます。
東京も場所によってひどいところがあるそうです。
お野菜は、福島、茨城、群馬、千葉、埼玉、東京…関東産の野菜ばかりです。
選ぶことさえできません。
放射性物質は検出されなかった、基準値以下だったと言われても、
毎日毎日それを食べるわけですから。水を飲み、空気を吸い、
外を歩き…。
私などもう年だから平気だけれど、子どもを育てていく若い親たちは
どれほど切ないことでしょうか。
お母さんごと、抱きしめてやりたくなってしまいます。

ごめんね。こんな大地にしてしまって…そう言いたいです。

猛烈な腹立ちと、絶望の間を往ったり来たりしています。
きれいな記事も書きたいのだけれど、ほんとは政治のことなど
書きたくはないのだけれど、…

こんなブログになってしまって…読みに来てくださる方に申し訳ないです…

ありがとうございました。

No title

クスン
動画が見れない
あれこれやってるんだけど・・・なんでだろ?
必要なソフトはダウンロードしてるし、バージョンも最新にしたし
許可するサイトに登録したし、Javaも有効にしたし

く、くっそ~~~~~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

v-22集まったメンバーが違うからこういう顔になるんだと思います
政治家の裏表はよくわからんけれど、比較的、私利私欲からは遠いところにいる人のような気がするんですが・・・・

でもいまだに、原発を!と考えている人がいるってのが信じられない
この予算で他のことをやっていれば何の無理もなかったのに

あ、画像いただいていきます

見ましたよ。

菅さん良い顔してますね。
国会でもこれくらい穏やかに
スムーズに話しが進めばいいのに
どうして足の引っ張り合いばかりを・・・・・・
何だか見れば見る程、辛くなります。
プロフィール

彼岸花さん

Author:彼岸花さん
リンク、トラックバックご自由に。

『しだかれて十薬忿怒の息吐けり』

『南亭雑記』の南亭師から頂戴した句。このブログになんともぴったりな句と思い、使わせていただきます。
十薬とはどくだみのこと。どくだみは踏みしだかれると
鮮烈な香りを発します。その青い香りは、さながら虐げられた若者の体から発する忿怒と抗議のエネルギーのよう。
暑い季節には、この強い歌を入口に掲げて、私も一民衆としての想いを熱く語りましょう。

そして季節は秋。
一足早いけれども、同じく南亭師からいただいた、この冬の句も掲げておきましょう。

『埋火に理不尽を焼べどくだみ荘』

埋火(うずみび)は、寝る前に囲炉裏や火鉢の燠火に灰をかぶせて火が消えてしまわぬようにしておいた炭火などのこと。翌朝またこの小さな火を掻き立てて新たな炭をくべ、朝餉の支度にかかるのです…

ペシャワール会
http://www1a.biglobe.ne.jp/peshawar/pekai/signup.html
国境なき医師団
http://www.msf.or.jp/donate/?grid=header02
最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード