『あれから5カ月』

8月11日。
今日で、大震災から数えて5カ月です。
今夜も、葉っぱさん、れんげちゃん企画のキャンドルナイト。



心ひとつに キャンドルナイト
 


大地震、大津波の被災地の復旧は、少しは進んでいるのでしょうか。
例年よりも暑い夏。
冷房もなく、断熱効果の乏しい避難所や仮設住宅での暮らし。
それでなくとも苛酷な経験をなさった方々の、こころにも体にも
大きな負荷をかけているでしょう…

福島の人々の暮らしは、さらに宙に浮いたまま。
逃げることもならず、逃げても将来に確信は持てない。

いったい、汚染はどこまで広がっていくのか…
そうして、どれほど被曝してしまったのか…
それは将来にどのような影を落とすのか…。

何もかもがもわっとした黒い霧の中にいるよう…


それでも、希望を捨てるわけにはいきません。
しっかり、この国の行く末を見つめていかなければと思います。

二度とこのような悲しみを繰り返さないために。


2011_0811_214650-CIMG4985_convert_20110811222709.jpg



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 葉っぱさんへ

画像。どうぞどうぞ。お気に入っていただけて嬉しいです。
ガラス窓に映してみたところが上出来でしょう?(笑)

これね、10年ほども前に買ったクリスマス用。
でも、雪の結晶が、ほんと、星明かりに見えなくもなく、ちょうどいい感じでした。

猫ちゃん!可愛いですねえ…!!!
いじらしいなあ…。そんなことされると、きゅんとしてしまいますね。
ちゃんとこころが通じ合ってるんですね♪
いいなあ、その話、いいなあ…

は~い。キャンドルの映像、どうぞお持ちください。
いや、自分で流星のように、葉っぱさんのところに飛んで行きなさい。そぅれっ!♪

Re: lily姫さんへ

lily姫さん。おはよう♪ 今頃お盆のお手伝いかしら?

世論調査もなんだか信用ならない…ほんとですね。
調査する側の設問の仕方によって、随分結果が違ってきますし、
結果分析も、見出しの書き方で随分印象が違ってくる。
恣意的に世論を誘導することが出来るんですよね~…

だけどそうして出てきた結果は、思った以上に、また世間の感情に影響を
与えますね。lily姫さんがおっしゃる通り、「ああ、やっぱりあの人は
ダメなんだあ!」とか「へえ、そうかあ!じゃあ!」とか。
菅内閣だけでなく、今までの何代かの総理だって、この世論の風向きの
激しさによって、ろくに仕事もさせてもらえないうちに辞めなければならなく
なっていますよね。
世論というものは国のすることを見張り、チェックしてそれを正しい方向へ
導く大事なものでもありますが、あまりに風向きに左右されやすい日本国民の
ような特性をもつ国では、それが、政治をゆがめてしまうこともあるような気がします。
ほんとにlily姫さんの指摘なさる通りですね。^^

マスコミの目に見えぬ誘導に、ほんとに左右されやすい国民だからなあ…(溜息)
今回は、目に見えぬ、なんてもんじゃないな、あからさまな誘導がずうっと。
はあ…(溜息)……むぐ!また怒りが湧いてきたッ!!!(笑)

この国は官僚組織をなんとかしないともうだめですね。
特に経産省!

買い物などしてるとね。国民の半数が原発に関心ないんだな、とは
悲しいけれど実感することありますよ。関心ないというより、いやなものから
目をそむけてると言った方がいいかな。
妙に明るくてね。無造作に野菜など産地も見ずに籠に放り込んでね。
この心性は、放射能汚染された汚泥を肥料として全国にばらまくのを許す
政府官僚の心性と同じなんですね。
『たかをくくってる』んですよ。危険に対する鈍感さと馴れ合い。

lily姫さん!頼もしいです。
NANTEIさんやわたしが息切れしても、若いあなたがいらっしゃると思うと
こころ強いやい♪(笑)
「えらいやっちゃ!」踊りましょうねッ!

さて。わたしもtwitter 、彼岸花らしくもなく、これまでどちらかというと
おとなしくしてたんだけど、これからは本格参戦するかな!(笑)
戦わなくっちゃね。
折角、菅さんが何とか踏みとどまってきたものを、一挙に原発容認の空気に
変えてなどなるもんですか!
老骨に鞭打って頑張るきな!後方支援しちょくれ♪(笑)



No title

v-22なんと神秘的なキャンドル・・・
上の流星が降りてきたようです

流星群・・・見たいけれど都心ではなかなか
空さえも見えない

ずーーと前、寒い中夜中にひとりで見に行ってたら、横に我が家のニャンコがぴったりとついてきてくれてました
寒い中なのに・・・・心強かったな

画像お借りしますね・・・ダメって言っても強奪していきますっ(笑)
いや、我が家までとんでくるかも

No title

脱原発に賛成は40%、否定は47% ですか・・・

世論調査も信用ならない気がするこの頃です
騙されてはいかんぞ!と思ってしまいます

こーゆー数字にも、人はフラフラしてしまうもんです
(なんだそうかあ・・・)と思ったり、
(ってことは、やっぱり、だよな・・・)と思ったりするもんですよね
そこを狙って、正しくない数字を発表してるんじゃないかとも思います

すっかり疑り深い人間になってしまいました (o´Å`)=з ハァ

だってね、やっぱりね、
こんな大きな事故になってしまって、解決どころかまだ綱渡り状態で
こんなに放射能に怯えて暮らしてる日本人の半分以下しか、「原発ノー」と言わないなんて!!!
私にはどうしても信じられない


彼岸花さん
私も、「えらいやっちゃ!」を踊りますっ
ちょびっと若い分、NANTEIさんや彼岸花さんが息切れしたときも
私が頑張って、踊り続けますからね!!!
だから、(●`・д・)ノFigнт☆


Re:NANTEIさんへ

NANTEIさん。こんばんは。
本当に、8月は重い月。
今日の時事通信の世論調査の結果では、脱原発に賛成は40%、否定は47%だそうです。
菅総理がいよいよ辞めそうで、次の総理は誰がなっても原発推進、と思って
敏感に反応したのか何なのか、いったいこれはどういう数字なんでしょうね!
なんという愚かな…!
先日まで、どこが調査しても、70%以上が脱原発、減原発とう数字が出ていた、
あれはいったい何だったのでしょう…。

この国の国民は、何を信じ、何を自分の精神的バックボーンとして抱き
生きていっているのでしょうか!

わたしはこんな重大な事故が起きながら、まだ原発がないと困る、という人が
もう、理解できません。呆れてものも言えないくらいです…
なんて鈍感な!なんて愚かな!…

そう。おっしゃるように、推進派の人々も、一人一人みると性、善なのです。
ユダヤ人を虐殺したヒットラーの配下の一人一人が、家庭ではよき父
よき夫、よき息子であったりし、芸術の深い理解者であったりしたように…。

人間とは、なんと愚かで恐ろしいものなのでしょうか…
先日、ルネ・クレマンの『夜と霧』を見ました。
彼らがアウシュビッツでしたこと…
アメリカが広島・長崎にしたこと…
日本人がアジアで戦争中にしたこと…
そうして、原子力発電がかくも危険なものという、これだけの驚愕的な
証拠を目の当たりに見ながら、なお、それに鈍感、無感覚でいられる日本人…
わたしは、人間がわからなくなりそうです。

今日はペルセウス座流星群の夜です。
わたしはすぐ裏の川原の草地に寝転がって、夜空を仰ぐつもりです。
去年も真夜中、川原で一人寝転がっていました。
誰一人通りません。でも寂しくはなかった。
深い夜の空…宇宙はなんて大きいのでしょう。
そして私はなんてちっぽけなのでしょう…

でも、人間の精神の中にも宇宙があります。
偉大な過去の音楽家たち…文学者たち…科学者たち…
そうした人々のことを想えば、人間の素晴らしさを讃美したくなる…
そうして、わたしという人間も、つかの間の生かもしれないけれど、
それでも、今、確かにここにいる…!

なんだか涙が出そうです。

…さあ。ちょっと一回、表に出ていってみるかな。
広い空を見上げて、こころの中の、理不尽なものに対する怒りを
洗ってきましょうか…。

NANTEIさん。タワーリシチ。ありがとうございます。
わたしも「えらいやっちゃ!」踊りますよ~ぉ!!!^^

こんにちは。

八月は重い月です。
そして戦争、原発、さまざまな理不尽のこと、そのもともとの根源にある人間のことを、考えれば考えるほど言葉が出てこなくなってしまいます。
なんでみんなは、ああいうふうにすらすらと淀みなく、あれはこうだから、これはああだからと語れるんだろう。彼岸花さんのようになぜ懊悩のあと、逡巡のあとが見えないんだろう、なんて不思議に思うことがありますよ。
最近、ひとつだけ判りつつあるのは、人間の存在が性善か性悪かということです。
人間は個では性善、群れて組織となると性悪の部分が顕わになってくるのではないかと思っています。
先日、「関東軍参謀」を読み終えましたが、こんなに人間不信に陥らせるような活字に触れたことはありません。読まなければよかったと後悔しているほどです。組織は怖い、そして組織は人をいとも簡単に狂わせる。
歴史上の大量殺戮はすべて狂わされた人間の仕業です。そんなことを考えていると、けっしてつぶらではない眼が、暗闇でぱっかり開き続けるのです(苦笑。
しかし、考えてばかりいてもしょうがありません。狂わない集団に加わって「えらいやっちゃ!」を踊り続けるぞ(爆!

Re: 左官屋女房さんへ

左官屋女房さん。ありがとうございます。
わたしの写真もすてきなポスターに加えてくださって。
どうぞどうぞ、よろしくお願いいたします。

日がたつのが早いですねえ。
この夏は、悲しい初盆になる方が多いでしょう…
どうか、鎮魂の意味でも、ポスター制作、
よろしくお願いいたします。
ありがとうございます。

No title

彼岸花さん、今回もこの画像を持ち帰ってポスターに使わせていただいてもいいでしょうか?

Re: 相子さまへ

相子さま。ご訪問いただきありがとうございます。

ご覧のとおり、一回一回が長い長い記事のブログです。
どうか、お暇のときにでも、ゆっくりお読みいただけましたら
大変幸せです。

今は原発関連の記事がどうしても多くなっています。
ただ、本来は、美しいもの、こころに残るものを綴って行こうと
思っていたブログでした。
手づくりも好きなので、洋裁の記事などもありました…。

早く事故前のような静かな心境に戻れたらなあ、と願ってはおりますが…。

わたしも、相子さまのところを知って、大変勇気をいただきました。
これからもどうぞよろしくご指導のほど、お願い申しあげます。
というか、お友だちの末端に加えてくださ~い!^^

有難うございました

彼岸花さん  内容の濃い、素晴らしいブログを拝見させて頂きました。
一気に読めませんで、お気に入りに加えました。
勉強させて頂きます。
プロフィール

彼岸花さん

Author:彼岸花さん
リンク、トラックバックご自由に。

『しだかれて十薬忿怒の息吐けり』

『南亭雑記』の南亭師から頂戴した句。このブログになんともぴったりな句と思い、使わせていただきます。
十薬とはどくだみのこと。どくだみは踏みしだかれると
鮮烈な香りを発します。その青い香りは、さながら虐げられた若者の体から発する忿怒と抗議のエネルギーのよう。
暑い季節には、この強い歌を入口に掲げて、私も一民衆としての想いを熱く語りましょう。

そして季節は秋。
一足早いけれども、同じく南亭師からいただいた、この冬の句も掲げておきましょう。

『埋火に理不尽を焼べどくだみ荘』

埋火(うずみび)は、寝る前に囲炉裏や火鉢の燠火に灰をかぶせて火が消えてしまわぬようにしておいた炭火などのこと。翌朝またこの小さな火を掻き立てて新たな炭をくべ、朝餉の支度にかかるのです…

ペシャワール会
http://www1a.biglobe.ne.jp/peshawar/pekai/signup.html
国境なき医師団
http://www.msf.or.jp/donate/?grid=header02
最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード