『9.19 さようなら原発5万人集会』

9月19日。東京明治公園で行われた『さようなら原発5万人集会』に
行ってきた。

ライブなどは、体力がもつかどうかわからなかったので、
1:30からの、大江健三郎さん、落合恵子さんなど、呼びかけ人の演説から
聴ければいいや、と思って、少しのんびり家を出た。
1:20。明治公園最寄駅の中央線千駄ヶ谷駅に電車が到着。
しかし、ホームには半ば着いているのに、ドアが開かない!
ようやく開いて、ホームに降り立つと、わけがわかった。
ホームに、溢れるほどの人がすでにいたのである。
その人々が少しはけるまで、電車の乗客を外に出さないようにしていたのだろう。
まあ、ラッシュアワーでも、こんなに人はびっしりホームにいないと思う!
新宿駅や渋谷駅じゃない、千駄ヶ谷駅ですからね。

2011_0919_133454-CIMG5195_convert_20110920005329.jpg

明治公園の方に、大勢の人が続々駅から吐き出されてくる。
なかなか前に進まない。

もう、1:30。呼びかけ人の話などが始まる時間である。
明治公園についたけれど、まわりの道路にも、参加者や警官が溢れていて、
中に入れない。

2011_0919_135908-CIMG5199_convert_20110920010801.jpg

道の両側にも人がびっしり。
反対側の舗道をおお回りするといい、と警官が言っていた。
そうすることにする。

公園の入口らしきところに辿り着き、中に入ってみた。
時間はすでに1:50くらい。

2011_0919_140853-CIMG5203_convert_20110920011518.jpg

わあっ!!!

2011_0919_140926-CIMG5204_convert_20110920011731.jpg

これ、ほんの一角を写しているだけ。
とても、奥の方には入り込めないので、私は、ほんとに入り口近くの端っこから、
演壇の方を遠望してみるけれど、誰が話しているやらよく聞こえない。
どうやら、ドイツからの方の応援演説みたい。
俳優山本太郎さんの元気なシュプレヒコールで会場が盛り上がる。
大江健三郎さんはもう話し終えられたようだ。

暑い!この日の東京は真夏日。それに、人いきれが!
外周の石垣に少しのスペースを見つけて、そこで、休んで体力温存しておくことに。
持って行ったゼリー状の栄養ドリンクを飲んでおく(笑)。
演説がようやく終わったようで、座っていた人々も立ち上がる。
人があとからも入って来て、中の人はだんだん外に向かうし、周囲が立てこんできた。
人と人の間隔が全然取れない。みんな汗ばんでいて、隣の男性の汗ばんだ腕と
触れ合ってしまう。無論私も汗ばんでいる。
前の女性の、Tシャツの背中の体温が伝わってくる。

ずうっと立って待っているけれど、出発予定時間の2:15を過ぎても、
30分、40分になっても、人の列はピクリとも動かない。

お茶を飲むけれど、汗はしとどに流れる。
あら、わたし、大丈夫かしら。こんなところで気分悪くなったら大変!

さっきから、なにか、とても嗅ぎなれた、青臭い匂いがしきりにしてくる。
頭上の樹の葉の香り?
そうじゃなかった。植え込みに生えているどくだみの香り。
人々の足に踏まれて、派手にあの、独特の臭気というか、香気を立ち昇らせていたのである。

9.19集会と言うと、わたしはきっとこの、どくだみの強烈な香りを
思いだすんだろうな…。

行進の列は動かない…

が、それでもようやく動き出した。

2011_0919_152829-CIMG5213_convert_20110920013820.jpg

2011_0919_161900-CIMG5215_convert_20110920014516.jpg

画面奥の方にも、小さく旗などが見える。後続のグループである。

公園を出てすぐのあたりが、なかなか、歩みが進まず、警官の誘導に
文句を言う人もいたが、概ね、参加者はわたしと同じくらいの
年齢の、まあ、落ちついた男女等も多くいて、9.11新宿デモのように、
逮捕者が出るなどということもなく、穏やかにデモは進んでいった。

というより、あまりの参加者の多さに、警官隊もどこもかしこもを
誘導規制していられなかったみたい。
わたしの入ったグループは、

明治公園→青山通りを渋谷方向→表参道を右折→宮下公園→
勤労福祉会館前→代々木公園/NHK側で解散

というコースだったが、他に2つのコースがあって、それは全く別の出口から
別方向のコースを取った。

2011_0919_164636-CIMG5224_convert_20110920010456.jpg

表参道。

わたしは申しわけないけれど、神宮前で隊列を抜けて、原宿から帰りの電車に乗った。

別のルートの人々とここで遭遇。

2011_0919_170429-CIMG5232_convert_20110920020032.jpg


主催者発表によると、なんと6万人、7万に届こうかという人々が
参加したらしい。あまりの多さに、千駄ヶ谷駅で断念した人もいたとも聞いた。

明治公園のこの日の全容は、毎日新聞社の空撮映像でご覧ください。
この航空写真は公園の中だけを写しているが、実際は、この外回りの
道路にも、千駄ヶ谷に続く道にも、延々と人の列が出来ていたのである。

http://mainichi.jp/select/wadai/graph/20110919/1.html

ああ!これほど多くの人が、反原発脱原発の、熱い想いを胸に全国各地から
駆けつけてきたのであったろうか。

バスで帰っていく人々と、エール交換。

2011_0919_164202-CIMG5222_convert_20110920020943.jpg

福島からおいでになった方々ででもあったろうか…


これほど多くの人々の祈るような気持ちを結集したデモ。
大江健三郎さんも老いられました。
なにか神々しいようなオーラを発していらっしゃる。
『日本の良心』を、象徴してらっしゃるんじゃなかろうか…。
そういう人は、この日本に本当に少なくなってしまった…。

それなのに、NHKでは、メインの夕方7時のニュースではこのデモについて
一言も触れなかったそうだ。6時台のニュースであっさり触れただけ。

…この国のかたち。
この国はこれからどうなっていくのだろうか。
今日集まった人々。来られはしなかったけれど想いを同じくした
さらに多くの全国の人々…
その想いが、福島を救う力として結集され、原発を止めることが出来るだろうか。
それとも。原発はまた、人々の熱がさった頃を見計らって再稼働され、
第二の福島の悲劇を生むようなことになるのであろうか……。



 




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 大門先生へ

こんばんは~~~!

そうなんですよね~。
私たちはやはりどうしても、テレビや新聞から情報を得ようとします。
それがね、スポンサーである電力会社が怖いのかなんだか、
ちっとも批判機能とかになってないんですもの…
テレビの言うことを多くのひとがそのまま信じていったら、
テレビの醸し出す空気を、そのまま広げて行ったら、怖いです。

真実のありかは見ず、表面のところだけで、お互いに非寛容に非難し合う。

人間の、いい暮らし方、というものがきっとあるはずなんですけれど。
先生の絵、拝見していて、そんなこと考えました♪

ありがとうございます~!

No title

日本のマスコミ
情けないね~~~~~~~!!!!
日本このままでは駄目になるよぅううう!!!

Re:メルロンさんへ

おはようございます。

本当に、日本の報道の扱いは小さかったですね~。
海外のメディアの方が詳しく本質を伝えていたくらい。
ここまで扱いが小さいと、なにか異常な感じを受けてしまいます。
もっとヘリコプターが上空を飛びまわったり、呼びかけ人の人々や
福島からの人々などの一日を追ったり、デモがなぜこれほど大きくなったか、
という、こちら側からの視線で報道してもよかった気がするのですが。

明らかに、『特殊なひとびとの、ささやかな動き』としたがっているような、
そんな大きな意志のようなものを、今回の報道には感じてしまいました。
鉢呂さんのことを騒ぎ立てて引きずり下ろしたのと同じ意志…

野田さんがそろそろ本性を見せてきました。
政治が先に手をつけるべきところが違うでしょう!
そうしたもどかしさがありますね~……!

メルロンさん。ありがとうございます

No title

多くの国民が願っているのに、
これだけ大きな規模でも報道はほんの少し!
やっと、報道された感強し!

国民無視の政治は要らないのですが・・・。
増税の前に不必要な議員を切る事だと思うのですが
必要な議員って・・・何人居るのでしょうか?


台風、お気を付け下さいね!

Re: はなさかすーさんへ

千駄ヶ谷にお住みでいらしたことがおありなんですね。^^
それでは、駅の様子など思い出されて懐かしくていらしたでしょうね。
駅のガード下の感じなど、あまり変わっていないのだろうと思います。
昨日は、あの駅のホームから、人が溢れそうになりました。
改札抜けるまで、牛歩牛歩!(笑)

よく集まったものだと思います。福島からの方がたもおいででした。
ありとあらゆる団体の幟がはためいて。
暑さの中での、ほんとに動かない行進。それでも皆、心に一つの
共通な想いがあるからか、争い事などなかったですねえ…
倒れたりする人さえ、ほとんどいなかったんじゃないでしょうか。
おそらく用を足しに抜けるのにも困るほどのひとひとひと…
それでも皆、元気に声を上げて。

3.11以降。国民は良くも悪くも随分変わっただろうと思います。
なんだか今回のことによって、色分けされてしまいましたね。
関心がない!と言いきって、現状の環境に閉じこもってしまう人。
勉強したことで、どんどん尖鋭化していく反原発の人々。

…今、一番必要なのは、話し合うことですね。
無関心層の人々に、関心を持ってもらうようにしていくこと。
ネットの環境にないお年寄りや、刹那的に今を楽しめばいいと
思っている人々にも、辛抱強く話をしていくこと。

これだけ、マスコミの報道が偏向していると、ジャーナリストの力
というものが、昔と違って信じられなくなってしまった。
それこそ、草の根、のレベルから、原子力発電について、エネルギーについて、
ひとの生き方について、地球について…、人々が語り合って、
この国を根幹から立て直していくしかない気がします。
『価値観の転換』ということでしょうか?
人間は思いあがりすぎています。

そうですねえ…今回の大災害では、力をもつ人々が、あまり動かなかったですね。
社会的影響力を持つひと。
宗教家もそうですし、哲学者、思想家、学者、芸術家、有名芸能人…
口をつぐんでいる人が多かったような…。

いろいろ頭の中を行き交う想いはあるのですが、言葉にして出す作業が
追いつきません。
いっそ、このように、文章でなく、映像で訴えた方が効果的だったりして?(笑)

ありがとうございま~す。

本当の勇気

彼岸花さん、こんばんは^^

千駄ヶ谷、2年ほど住んでいましたから、あのプラットホームに溢れる
人を思いながら、3・11以降、どれくらいの人たちが目覚めたか考えました。
6万人、大きな数字だと思います。そのなかに僧侶はどれ程いたのでしょう。
それぞれの本来の役割を、喰っていく論理で放棄している現代日本社会・・・・。
お金が神様になったのでしょうね。

東京に良心があることを象徴するデモです。ミッシェル・フーコーじゃありませんが
価値を変える!ことをしなければ、今がよくなるとはどうしても思えません。

今回の彼岸花さんの客観的な記事は、特に心に響きました。
どくだみの香り・・・・・^^

Re: hasutama さんへ

ああ、やっぱり!hasutama さんもいらしてたんですね♪
わたしも、おいでになるんじゃないかな~って、なんとなく思ってました。
わかってたら、お会いできればよかったですねっi-237
でも、あんな状況じゃ、待ち合わせするのも大変だったでしょうね~。
今は携帯があるからいいのかな。

さすがhasutamaさんは、早めにいらして、いい席を確保なさったんですね。
わたしはほんとに端っこで。どくだみの踏みしだかれる匂いにむせながら(笑)。
でも、あの青臭い香りが、気つけ薬代わりになってたかも(爆)。

わあ、ちゃんと早く会場に入るようにして、全部お話、聴きたかったなあ。
武藤さんのお話は最後でしたか?女の方がお話しなさってるのは
聞こえてくるんですが、声がはっきり私のところまでは届かなくて。
お話聞いて、涙流してらっしゃる会場の方の様子が、映像になっています。
報告第二弾として、その画像もアップしてみますね。
まさか、その女性の方が、hasutama さんでは!?!
魂の底から、絞り出されるように発せられた話は、ひとの胸をうちますね。


昨日は、あの過酷な状況のなか、よく、倒れたりする方とか、喧嘩とか
無くて、穏やかで整然としたデモ行進出来ましたよね。
乳母車の赤ちゃんなどは、傍のものの方が心配でした。
雨や雷にならなくてよかったですね。

そうですかぁ!おいでになっていらしたんですねえ…♪
それお伺いして、さらに嬉しくなりました。
わたしこそです。気持ちがヘたれると、いつもhasutama さんに
励まされている感じなんです。
これからもよろしくですぅi-179

お会いしたかったな♪

やっぱり、いらしていたのですね!
彼岸花さんがいらっしゃるかも?ってキョロキョロ
(きっと、見てもわからないのにi-229
でも、きっとどこかにいらっしゃるはずだと心強く思っていました
私は結構前のほうに座ってお話を聞いて、Bコースを回りましたよ

演説は、皆さん本当に素晴らしかったのですが
私としては、福島からの武藤類子さんの言葉や、
ドイツからの方の言葉が、特に胸に響きました
言葉の力にあらためて驚き・・言葉を渇望していることを
これほど全身で感じたことは無いなと思いました

このところ貧血がひどくi-201へたりがちなのですが
彼岸花さんの言葉に、励まされ続けている私です

いつも有難うございますi-260







Re: Angelaさんへ

わあ~!Angelaさん。おいでになっていらしたんですねえ。
しかも同じコースで!
なんだかそうお聞きすると嬉しいな。
わたしは、駅からの牛歩のような移動に時間を食われて、遅く到着。
大江健三郎さんのも他の方のも、聴きそびれてしまいました。
ただ元気な声と会場の盛り上がりで、山本太郎さんだけは、おっしゃってることが
よく聞こえ、ああ、いらしてるんだな、ってわかったというくらいで!(笑)

大江さんのお話。ほんとですよね。プラカードにも、『お前こそヒステリーだ』
って某党幹事長I氏を揶揄してるのがありましたよ。^^
彼はいろんな意味で勉強不足のひとですね。
物事の理解が、極めて表層的、表面的、という感じがします。
I氏の言葉には、含蓄とか、深い哲学、と言ったものがこれっぽッちも
感じられません。
決して話上手ではないと思われる大江さんの、全身から滲み出る、
言葉よりもある意味雄弁な悲しみの、深い感化力とは対極の軽薄さ。

主催者発表は、常に実数より多く、警察発表は少ないというのは、
誰もが知るところですが、あの、外回りの道路にまであふれた参加者。
千駄ヶ谷など最寄りの駅から延々と続く人の列。
あれを見たら、今回ばかりは、主催者発表は正しいかも、と思ってしまいました。
しかし、マスコミは、なんでああ、扱いが小さいですかね。

わたしも最後までいたかったけれど、神宮前で後ろ髪ひかれつつ
列を抜けました。原宿に着いたら、別の?コースの人々に遭遇。
トラブルもなく、立派なデモでしたね。
この一人一人が、そして今回は行けなくても、多くの国民が、
次の投票では考えて一票投じるぞ!、って、議員さんたちに自覚
してもらいたいですね。もうわたしは、民放はずっと見ていません。
NHKも腹が立つんだけど、ときどきすごくいいドキュメンタリーやるからなあ…。
 




Re: NANTEIさんへ

NANTEIさんもおいでになられてらしたんですねえ。
Aグループ?ということは、同じルートだったんですね。
わたしは遅めに会場に着いたため、ほんとに端っこにいて、マイクの声も
よく聞こえず、デモが始まってから動き出すまで、ほんとに身動きがとれませんでした。
どくだみの香りだけが強く辺りに漂って!(笑)

大江健三郎さんは、10年以上も前、講演会に行ったことがあります。
あのかたの著作の世界にはどうもなかなか入っていけませんで。
(若い頃の『死者の奢り・飼育』などはすごいなあ、と思いましたけれど)
でも、広い会場の舞台右手、左手からの登場ではなく、観客席と同じフロアの
端っこから登場なさって、微笑みながら階段を上がっていかれました。
その顔、その姿を見たとき、全身からやはり、おっしゃるように、
何とも言えない悲しみの気配が漂ってくるのをわたしも感じました。

『含羞のひと』……そういう言葉が頭に浮かびました。

まして今、このような悲劇の後では、どれほどの悲しみをそのこころに湛えられていることでしょうか。
あれは。『知っているひと』の悲しみですね。

彼の言葉はわかりにくい。ましてお年を召してお声もはっきりしない。
しかしながら、その全人格が姿、佇まいというものになって、なんとも言えない
やはり、特別なひと、の気配を、見る者に意図せず与えてしまう人ですね。
日本の『良心』の象徴のような作家、という気がします。

奥さまはそういう活動を。ご立派でいらっしゃいますねえ…。
お花の扱いを拝見すれば、もうそれだけで素晴らしい方、というのは
よく伝わってきます。^^

ありがとうございます。またどうぞ、お話においで下さいませ(笑)。

すごかったです

私も参加してきました。1時ごろ大江戸線の国立競技場で下車。労組の待ち合わせ場所だったのか、戦国時代のような昇の間をくぐり抜け、どうにか会場には到達することができました。立錐の余地もありませんでしたけど。

大江健三郎さんは、某幹事長がイタリアの国民投票で、原発反対票が上回ったことに対して「集団ヒステリー」と称したことに対して言及してらっしゃいました。福島の原発事故以前からイタリアもドイツも長い間論議を重ねて来た結果であるのに、と。

山本太郎さんは河野太郎さんから、「署名を渡してももどこかの倉庫に積まれるだけ、デモをしてもうるさいなと思うだけ。でも、政治家は地元選挙区民に直接訴えられるとかなりの効果があります。ぜひそうして圧力をかけてください。」と言われたそうです。

主催者発表6万人、警察がデモの人数3,4万人と言っているのに、フジテレビは2万何人とか言ってるし・・・。でも、今までは完全無視だったことを考えると、ちょっとは前進ですね。

私も彼岸花さんと同じルートを歩いていたようです。何を考えながら歩いていたのか、アットいう間の4時間でした。沿道の人たちが拍手したり、手を振ってくれたりしたのが嬉しかった。彼岸花さんの素晴らしいレポートありがとうございました。

Re: 愛希穂。さんへ

愛希穂さん、おはようございます。

ほんとにすごかったんですよ。千駄ヶ谷のホームの時点ですでにびっくり。
わたし、実は5~6000人も集まるかどうかな、って思ってたんです。
ずうっとあちこちで『牛歩』させられました(笑)。
今ここで、誰かが転んだりしたら、将棋倒しだな!って内心心配したことも何度か。
あと、誰か気分が悪くなったり、トイレのこともね(笑)。
これだけの多くの人が集まった割には、救急車の出動とかもそうなかったようでしたし、
小競り合いとかもなく、整然と行進してましたね~。
主催者の誘導とかほとんどなく、何がどうなってるのか、この中に埋もれていると
ちっともわからず、ただひたすら、汗を拭いていました。
みんなが、同じ強い想いをもって集まっていたから、整然とふるまえたんじゃないかな。

それにしても、マスコミの取材ぶり!
腹が立ちます。開催の前に、大江健三郎さんなどの記者会見なども、ちゃんと
報道されていて、知らないはずないんですけれどね。
意図して、小さなものだったと、思いこませようとしてるとしか思えませんでした。

不買運動なども含め、国民の意思を、あらゆる形で示していかないと、
こりゃダメだなって、真剣に思いました。

Re: うみそら居士さんへ

うみそら居士さん。こんにちは。

は~い。行ってきました。
こんなにたくさんの人が集まったのに、要するに原発に、No!と言ったのに、
マスコミの扱いは小さい。
もう、意図してやってるとしか思えませんね。
ほんとは、大江健三郎さんなどに張り付いて、一日を取材したりする
局があってもいいくらいでしょうのに。
異様なほどの多さだったんですよ。
それがこの無視のしかた!……

ヘリコプターなども、この規模のデモにしては、あまり飛んでませんでしたね。
カメラマンの数も少なかったかな。6.11の新宿のデモのときは、
沿道に取材の人の姿がすごかったです。歩道橋にもカメラの人が並んでいたし。
機動隊も、参加者に貼りつくようにずうっと距離を置いて並んで、
ああしろこうしろと規制してましたけれど、
今回は会場周辺が物々しかっただけで、あとは割合ほったらかし、という
感じでした。オレンジ色の工事用の円錐形の『コーン』って言うんですか、あれだけが
時折並んで、「ここから出ちゃダメよ~!」って言ってただけで(笑)。

でも、負けちゃなるもんか!と思いますね。
あれだけ、想いを共にする人々がいて、そして、行けなくても想いを同じく
する人々がいるんですから。
ありがとうございます。
…しかし、マスコミは、どうしようもないですね…!!!

お疲れでした。

私もはぐれオオカミなので(笑。
いつも一人です。
つれあいはケア・マネとして働いてますので、日曜以外の祝日も仕事してます。
ケア・マネは健康であれば80歳でもできる仕事だそうです。
どうでもいい話でした(苦笑。
昨日は私も同じコースを歩みました。しかも拙ブログでUPしているように、暫く大江健三郎氏の真後ろだったのですよ(汗^^。
なぜかずーっと哀しそうな表情に見えました。
私は千葉まで90分はかかりますので、表参道で分かれて地下鉄に乗ってしまいましたが・・・。
一番感動したのは福島の方々が真っ白な幟をはためかせて、動き始めたときでした。思わずハンカチで目のまわりを拭いてしまいました。
まだまだたくさんお話ししたいことがありますが、今日はこれでおいとまします(笑。

No title

おはようございます。
集会に参加されたのですね。
こんなにも多くの方々が参加されていたのですね。
脱原発への動きは国民レベルでは半数以上を占めるというのに、そして、福島原発事故というあのような取り返しの付かない事故を起こしたのに、反省もなく、こういった運動を黙殺しようとするマスコミ。
それだけ電力マネーが政界もマスコミ界もを腐敗へと追い込んでいるのですね。
でも、負けずにあきらめずに声をあげていくことを忘れてはいけませんね。

さようなら原発1000万人アクション

彼岸花さん、こんにちわ。
集会に参加されていたのですね。ご苦労様です。
私は残念ながら、どうしても仕事を抜け出すことができず、行くことができませんでした。

夜のニュース等をチェックしていたのですが、局によってはまったく報道しないか…したとしても扱いは極めて小さかったですね。
しかし、皆さんの熱い気持ちは…必ず大きなうねりになっていくと信じています。

集会には行けませんでしたが、私もがんばって「署名」を集め、できることをしていきたいと…想いを新たにしました。
詳細なリポートをありがとうございました。お疲れ様です。

Re: ヘルブラウさんへ

Guten Abend ! ヘルブラウさん。
と言っても、こちらはもうすぐ4:30で、夜明けが近いですが(笑)。

そうですか!ドイツのラジオで?それは嬉しいですね。
どうも、この国の為政者とかマスコミは、こうしたことに多分あまり
ちゃんと反応してくれないかもしれないので(NHKがなぜ、ちゃんと報道
しないか、抗議が殺到したみたいです。^^)、海外からのそうした
援護射撃のようなものは嬉しいです。

ヘルブラウさんは、これから秋の夜のお時間ですね。^^
いいなあ、ドイツ。行ってみたいです。

さて、それでは眠るとしま~す♪
Gute Nacht♪



 

Guten Abend !

こちらでは福島原発事故以来の最大級デモだということで
ラジオのニュースで2度聞きましたよー、

このパワーが脱原発へと必ず向かうと信じたいものです、
彼岸花さんお疲れさんでした!、
プロフィール

彼岸花さん

Author:彼岸花さん
リンク、トラックバックご自由に。

『しだかれて十薬忿怒の息吐けり』

『南亭雑記』の南亭師から頂戴した句。このブログになんともぴったりな句と思い、使わせていただきます。
十薬とはどくだみのこと。どくだみは踏みしだかれると
鮮烈な香りを発します。その青い香りは、さながら虐げられた若者の体から発する忿怒と抗議のエネルギーのよう。
暑い季節には、この強い歌を入口に掲げて、私も一民衆としての想いを熱く語りましょう。

そして季節は秋。
一足早いけれども、同じく南亭師からいただいた、この冬の句も掲げておきましょう。

『埋火に理不尽を焼べどくだみ荘』

埋火(うずみび)は、寝る前に囲炉裏や火鉢の燠火に灰をかぶせて火が消えてしまわぬようにしておいた炭火などのこと。翌朝またこの小さな火を掻き立てて新たな炭をくべ、朝餉の支度にかかるのです…

ペシャワール会
http://www1a.biglobe.ne.jp/peshawar/pekai/signup.html
国境なき医師団
http://www.msf.or.jp/donate/?grid=header02
最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード