『TPPという得体のしれないもの』

日本政府は、TPP(環太平洋経済連携協定)に加わろうとしている。
でも、TPPって何? いいことなの、駄目なことなの?

原発にばかり目を取られちゃいられない。
いつもお訪ねさせていただいているhasutama さんのところで、こんな
わかりやすい解説ページを紹介していただきました。

極めてまじめな、説得力のあるTPP参加への警告記事です。
何ページにもわたる力作です。
まず、出だしのところから、一部引用してみましょう。
TPPはこのような、大変な困った事態を生む、ということが、まずまとめてありますから。


『サルでもわかるTPP』    



http://luna-organic.org/tpp/tpp.html


TPPは農業問題じゃないヨ!

放射能のように、日本人すべての上に降りかかってくる大問題!

原発よりも危険かも!!

だって、日本がTPPに加盟したら…

 〇国民皆保険制度がなくなってしまうかも。盲腸の手術だけで500万円、それが
払えない貧乏人は死ぬような社会がやって来る!?

〇日本の食料自給率は39%から13%に下がる。近いうちに必ず世界的な食料危機
が起こるから、突然食料輸入が途絶えて餓死者が出るようなことになるかも。

〇遺伝子組換え食品が蔓延し、そうでない食品を選ぶ自由すら奪われちゃう。

〇牛肉の月齢制限や添加物など食の安全基準が緩くなって、健康への悪影響が心配。

〇低賃金労働者が外国から入ってくるから、日本人の給料はますます下がる。職を
奪われて失業も増えるよ。そのうち外国まで出稼ぎに行かなきゃならなくなるかも。

〇デフレがますます加速するよ。今まで日本国内で回っていたお金がどんどん海外
へ流出しちゃうよ。景気はますます悪くなり、日本はどんどん貧しくなるよ。

〇そして何よりも問題なこと……国民を守るために、国民の代表が決めた法律や制
度が、アメリカ企業の都合によって、いくらでも変更してしまえるようになる。
国民の主権が奪われちゃうよ。民主主義の崩壊だよ。


私は、常日頃から、日本はもっと農林業、漁業などの一次産業を
大事にしなければいけない、と思ってきました。
ただ、農業をやらない代わりに、お金で補償する、といったような農業保護策では
根本的にダメだと。
農業を大事に守り育てていかない国はだめになります。
地球の環境は年々厳しくなっていっている。
干ばつと洪水の極端な差。そしてその被害も、前にはなかったような、
極端な規模になっていっている。
一方で地球の人口は増え続けていってる。
石油などのエネルギー資源などの奪い合いと共に、いつか、この地球に大飢饉が
訪れて、食糧の奪い合いが起きねばいいが…私はそれを恐れています。

国というものは、経済の側面から輸出入の採算ばかりを考えるのではなく、
常に自国の食料は自国で確保できるようにしておくべきだと思っています。
その考えで言うと、TPPというものは、日本の農業漁業などに
深刻な影響を及ぼしかねない。
そういった意味で、TPPへの大きな流れを警戒していました。

でも、ただ農業の崩壊ということだけでなく、多くの重大な問題を
引き起こしかねないものだということが、これを読むとわかります。

私には、原発問題のほかに、日本の農業の崩壊、、将来必ず起こるであろう
水の奪い合い、そして、遺伝子組み換えの独占企業、悪の権化のようなモンサント社
のこと。それから、日本の医療保険制度が崩壊してアメリカのようにならねばいいが、
など、気にかかることがいくつかありました。
それらのすべてに、このTPP問題は関わってきます。

何となくわからない、それで、政府にお任せしているうちに、
とんでもないことが決定されてしまうかもしれません。
かつて、原発が導入され、この狭い日本に54基もの原発が
建設されてきたのと同じに。

筆者はこんなひと。


著者:安田美絵
ルナ・オーガニック・インスティテュート(マクロビオティック料理教室&
持続可能な食の学校)主宰。早稲田大学卒。食と健康、農業、貿易などの
関係を調べるうちに、大企業(主にアメリカの)の数々の悪事を知り、
世間の大部分の人々が搾取されているのにそれを全く自覚していない現状に
気付く。食の選択によって健康が実現できるだけでなく、環境問題、南北問題、
グローバリゼーションの問題など、さまざまな問題を解決できることを、
料理教室や講演によって訴えている。

ルナ・オーガニック・インスティテュート
〒141-0001東京都品川区北品川5-16-19
ホームページ http://luna-organic.org


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: NANTEI さんへ

TPPは知れば知るほど、胡散臭く感じますねえ。
参加国は他にあっても、アメリカのターゲットは日本でしょう。
自民党議員などは、選挙のことがあるから、農家の側に立って
TPPに反対しているようですが、それも大事なのですが、
本当に怖いと私が思うのは、非関税障壁撤廃の方ですね。
これには本当にどんないちゃもんでもつけられる危険性を
含んでいますね。日本が完全にアメリカの属国になるということだって
あり得ます。
NANTEI さんがおっしゃるように、日本の外交は、びしっとしていない。
これまでだって、自分の国はこうなるべきという哲学をもって
他国と大人の外交交渉したことなどあったのでしょうか。
とりわけアメリカに関しては、いつもいつも弱腰にならざるを得ないできた。
アメリカは、個人としては、立派な方も多いのでしょうが、
国家としては本当に怖い国ですね。経済が第一。それも、金持ちを守るための。
アメリカの若い人々がようやく気づいて、声を上げ始めました。

日本はアメリカに隷属してはいけない。
日本のアイデンティティってなんでしょうね。私も、しかとは説明できないけれど、
絶対にあります。国民一人一人は膚で知っている。
とても立派なアイデンティティがある…
政治がそれを自覚して、国民を守ろうと賢く強くあって欲しいですね。
ほんとに、いっそ鎖国しちゃったら!なんて、私も思うことがあります。

いま、ある本を読んでいます。そこにこれらの回答が見られるかな、という気がする本。
読み終えたら、また、記事にしてみようと思います。
ありがとうございます!

えらいことだ!

TPP。
どうも日本だけが、カヤの外に置かれているみたい。
交渉の席につかなければ一切、今までの会議の内容が判らないということ自体、
おかしな構想だと誰もが思うのに、そして誰が見ても中国・ロシア封じ込めと、自国の通貨防衛しか考えてないアメリカの狡猾な戦略だと見破れるのに。
もともと日本の外交の歴史は、天智天皇の百済出兵の大失敗で途絶えてしまったと認識していますが、日露戦争以降ますます幼稚になり、とうとう子供のような戦争ごっこで国をぼろぼろにしてしまった。にもかかわらず、凛とした国家観を築くことなく、ただだらだらと事なかれな60年を過ごしてきた日本。
いまさら環太平洋などと、貪欲なアメリカの戦略に右往左往するよりも、独自のアイデンティティを造り上げるいい機会だと思います。そして商人の損得で動かされるような国家はもうごめん!と言いたい。
何年か前、たけしが鋭いことを言っていました。
もう一度、鎖国覚悟で考えたほうがいいんじゃねえか、この国も、ええ?!

Re:スキップさんへ

ほんとにTPPは大きな大きな問題なのに、こんなに急いで
決めようとするのは、アメリカからの圧力が強いからでしょうね。
先般の野田総理とオバマ大統領の会談で、野田さんは、まるで
蛇に睨まれた蛙のようになってしまって、なんでも言うこと聞く気に
なってるんじゃないですかね。沖縄問題が、つまり、日本の防衛問題が
大きいですねえ。
これは簡単には考えられない問題ですね。あまりにもその
隠れた根っこが大きく深く、また、どれほどの変化を日本にもたらすのか、
良くも悪くも、誰も予測できない。
アメリカにいつも弱腰な日本。とんでもないことを次から次に
おしつけられなければいいのですが…。
そうして、いまは日本が行けるかもしれないデメリットだけを問題にしていますが、
日本がアメリカから押しつけられるかもしれない、同じような不均衡の押しつけを、
日本が、もっと弱い国に対してしてしまう可能性も大ですよね。
自由競争というのは、常に、持てるものが勝ち、より多くの利益を受ける、というのが
常のように思います。

とはいうものの、TPP以前に、日本は本当は、農林業を何とかしなければ
ならないところまでにすでに来ていた。
ここは、情報をしっかり集めて、それを開示してもらって、
国民も共に考えねばならない問題ですね。
ありがとうございます! 

No title

 TPPの怖さの本質がまだ、国民の多数派に理解されていませんね。東京新聞はTPPを警戒していますね。しかし、大新聞は推進派、ないし、もう少し議論をしなさいと言うことです。
 私も、今後。の世界的食糧危機を心配しています。日本が大量に買えば、貧しい資源がない国は餓えます。第一、わが国は人口が減ってきたと騒いでいますが、1億2600万人の人口を有する人口大国です。その多くの国民の食糧をそろえることは食糧不足になれば、難しいことでしょう。自給率を13%まで下げることが如何に無謀なことか、飽食の今は理解できないだけですね。
 その他も読ませていただいたとうりですね。外国が攻めてくること以上の驚異が農業を破壊することです。そういう時代にもう突入しているんですがね。中国が農業輸出国から輸入国に変わったころから、心配しています。農業高校勤務時代には生徒達に、君らの代になったら農産物が不足して値が上がるから、農業辞めずに、我慢して続けて、守れって言っていました。いやでもそうなると思うんですが、国が農業を根こそぎ駄目にする愚策に出るとは思っていませんでした。

Re: Angelaさんへ

Angelaさん、こんにちは。

TPPは、調べれば調べるほど難しいです。
EUを始め、先進国が次々に自由貿易、関税撤廃に踏み込んでいく時代の流れの中で、
日本は孤立して、安い原料を手に入れられないところから、価格競争で
負けるんじゃないか、いったん失った市場はなかなか取り戻せない。
TPPに参加しないと大変だ!…それはあるだろうなあと思います。
でも一方で、このTPPというもの、大変な危険も内包している。
外交の弱い日本の政府。アメリカなどの貿易上の障碍の、強固な撤廃要求などを
かわしていけるのかどうか。大変に心もとありません。
日本の基本的な社会保障のシステムまで、崩壊させられる恐れさえある…

このブログの安田美絵さんの書いてらっしゃるような、メリット・デメリットを
もっと国民に知らせて欲しいですね。
これは大変に大きな問題だと思います。どちらにしても、後に禍根を残さないように、
十分な議論が必要だと思います。
でも、11月のAPECまでに結論を出すというんでしょう…
あたふたと決めて欲しくないですね。

No title

こんにちは彼岸花さん。
全く同感です。賛成反対の前に、本当のところの情報の開示をお願いしたいですよね。
震災でTPPの会合を先延ばししながら、日本は中国と韓国との間でEPAの会合を持ちましたよね。「トモダチ作戦」で一生懸命助けてくれたアメリカは、良くは思わなかったと思います。TPPを日米間の貿易問題だと考えていたら、なんのことはない中国とアメリカの、例えれば「関ヶ原の戦い」で、豊臣につくか徳川につくかの決断を迫られているだけだとしたら・・・。

Re: 愛希穂。さんへ

こんにちは。
わたしもちょうど、愛希穂さんのところへ伺って、コメント
書いてきたところです(笑)。

ほんとに、大震災と原発のことだけで日本は手一杯なのに、
なぜこの時期、拙速に、こんなこと決めなくちゃいけないの、と
思っていましたが、そう思うことがもう、甘いですね(!)。
わたしもhasutama さんに紹介していただいてから、いろいろ調べて
みましたよ。TPPにいったいどんなメリットがあるのかなって。

日本の企業(それも大企業ですよね)が必要資材を安く手に入れられるようになる。
国民は、外国の商品を安く買えるようになる。
確かにそれはメリット。
でも、それと引き換えに失うものの大きさ…それを考えると、
ひとときの便宜なんかいらない、と思ってしまいます。
日本政府は、アメリカにどこまで追随するつもりなんですかね。
いまの日本の政治家じゃ、とてもアメリカと対等の交渉なんて出来そうもない。
野田さんはオバマ大統領の選挙参謀の一人になりさがるつもりなのかな。
さて。TPPに反対してる200人ほどの民主党議員。
どこまで性根がすわっているでしょうか。
反原発の議員がこのくらいいて、このくらいはっきりNo!と言ってくれたら、
などとも思ってしまいます。

もうちょっと調べてから、また、これについて書いてみたいと思います。
経済の仕組みの複雑さは、とても素人ではわからない。…それはあって
ひるんでしまうけれど、考えなくっちゃね。勉強しなくっちゃね。

愛希穂さん。ありがとうございます!

No title

こんにちは。

hasutama さんのブログでコメントを書いたのですが、私もTPP反対です。
民主党のある1期生議員さん(元財務官僚)によると、
アメリカが日本をTPPに参加させることができたら、オバマさんは次の選挙で当選確実となるらしいです。
それだけに、アメリカにいいなりの野田さんにはかなりの不安を感じるのですが、反対派の議員さんたちに頑張ってほしいですね。

環太平洋というけれど、歯抜けですよね。中国や韓国は参加していないし、韓国がアメリカと自由貿易協定みたいなのを可決したとかいってますが、お米は除外しているんですよね。
日本はすべて、アメリカのいいなりになりそうで心配です。
日本国内、国民のことを最優先させるか、アメリカを最優先させるか、どんな決断をくだすのか・・・。

Re: lily姫さんへ

こんにちは。

おお~! 
ご次男さん、偉いですねえ!このサイトをお母さまに教えてくださる
なんて。ご自分で自覚を持って、調べていらっしゃるんですね。
そうそう。遺伝子組み換えのことも、私自身も含めてもっと
知らないといけないと思います。
モンサント社って、ひどい会社よ。

偉いなあ。ご次男さん。
lily姫さんの教育がしっかり結実したのね♪
それに比べ…やはりそうですか…
いや、デモなどに行くと若い方もいらっしゃるでしょ。でも、
大多数の学生さんとか若い方、原発問題とか、いまの日本について
どんなふうに思ってるのかなあ、って、わたし、わからなかったのよ。
…そうですか。やはり無関心な方が多いですか…。

ほんとはね、若いひとがいちばん敏感なはずなんですけどね…。
心配だなあ。彼らの将来のことなんだけどなあ。
でも、lily姫さんのご次男さんのような方もいらっしゃると思うと少しほっ!

読んでくださいね♪
わたしもね、こりゃ大変!って思って、ここに転載させてもらいました。

No title

『サルでもわかるTPP』  は、今月初め頃に、
次男から、 ここを見よ! と指令を受けました
チラチラと見ただけで、じっくり取り組まないうちに、
今度は、遺伝子組み換えのサイトのアドレスを送ってきて
ここを見よ! と・・・・
チンタラ チンタラばかりの母は、さっぱり追いついておりません (汗)

次男曰く、
みんながもっと考えないと、日本やべーよ! マジ、やべーよ!

原発のこともね・・・
次男の回りの大学生たちは、あまり考えていないそうです

ちっとも、自分のこととしては考えてないそうです
福島以外の原発でも、また大きな事故が起こって、
自分や自分の家族が巻き込まれないと、考え始めないのかも
と、ぼやいておりました


TPPについては、まだ不勉強です ショボン
一通りでも読んでから、また出直します

ε≡≡ヘ( ´Д`)ノ.  ピュ~~~ッ







Re: ヘルブラウさんへ

こんにちは!^^

このブログ、ほんとによくまとめられていますね。
わたしも、『認識のさんぽ道』ブログの、hasutamaさんという方に
紹介していただいたんです。

原発の収束がほんとはほとんど進んでいない中、なぜ、野田政権は
拙速にTPPへの参加を決めようとするのでしょうか。
まあ、菅政権もそうでしたけれど。
本当はTPP以前に、日本の農業政策は失敗していると思います。
農業で食べていけない。林業で食べていけない。
高齢化が進み、いずれ日本の農業は今のまま放っておくと破綻すると思います。
では、いっそ農業を捨てて、食料はTPPに参加して海外から安く買えばいい…
…そう単純に行きませんよね。
食の自給率は、どんなことをしても保っていないと、なにかあったとき国民が
飢えることになる。それにTPPには不安材料がこの記事で示されているように
たくさんある。これは大きな禍根を残すものになりかねません。
もっと、情報を示して、国民にも考えさせてほしいです。

しかし、原発問題では、極めて腰の想い議員さんたちが、TPPのことに
なると、与党の中にも強硬に参加に反対するものが出るなど、よく動き
よく意見を表明しますね。農業の先行きがかかる、つまり、農家の票を
左右する問題だからでしょうね。
逆に、原発問題で動かない、意見も言わないのは、それぞれに原発推進の
電力会社や経済界や組合や、といった選挙の支援基盤が後ろについて
いるからでしょうね。

おおい!誰か!国民のことを想って政治をやってくれる者はいないのか~!

そう、故郷の汚されてしまった山河に向かって叫びたいですね!(笑)
あ! 笑い事じゃないですね!

ヘルブラウさん。ありがとうございます。
一緒に怒っていましょうね。^^

こんにちは!

TPPのこれから問題となることを
よくまとめられてるブログのご紹介ありがとうございます。
私のブログでもこのブログのURLをとりあげました。

日本はなにわともかく少しでも基本的な自給が
できるため、第一次産業をつぶすような政策だけは
これ以上してはいけません!

でもまずは次の大きな余震までに
原発を一つでも多く止めることが願いです・・・


Re: 大門先生へ

今晩は。
はい。怖いことですう~~~~~!!!

こういうことは、決まった後で、あっ!しまった!あの時!
と思わされることが多いですから、
国民はよほどしっかり情報を集めて、政府の動きを見つめて、
反対なら反対と、意志表明しないといけないと思います。

先生は、変えていくもの、残すものは、しっかり区別して、
残すべきよいものは、守っていこうというお考えでいらっしゃいますね。
ですから、この問題が内包する危険に、敏感でおいでのように
お察しします。

ありがとうございます~~~~~~~。

No title

怖いねぇえええ~~~~!!!

Re: NANTEIさんへ

国際政治というのは、実に難しいですね。
このTPP問題にしても、ただ参加反対!というだけではすまされない問題でもある。
TPP参加でいちばん懸念される問題とされているのが、日本の農業の衰退、
食の自給率の低下、ということですが、実はTPPとは関係なく、
日本の農林業に対する政治はお粗末極まりないと私は思っています。
たとえばお米にしても、生産調整をして国に協力すれば、補償金が得られる。
核施設に土地を提供すれば、膨大な額の交付金が得られる、という構図と
何やら酷似しているような…
人間がまっとうに働けば、真っ当な金額の収入が得られる…。
それが労働の基本だと思いますが、なぜか、労少なくして多くの交付金などを
当てにする…という仕組みが出来上がってしまいました。
その一方で、まともに働いても、海外からの安い原材や加工品の攻勢で、
競争に打ち勝てなくなり、産業としてたちゆかなくなってしまったものが
たくさんあります。たとえば日本の林業とか。
本当は、自国の食料自給率は出来るだけ高く維持していく方がいい。
これほど豊かな森林資源(≒水資源≒きれいな海≒豊かな漁場)は、何が何でも
護らなければならない。
それなのに、TPP以前にもう、日本の農業、林業は、政府の無策や失政によって
がたがたになってしまっていたと思います。
TPP推進派がいうように、関税を撤廃して、安い外国産のものが
入ってくるようになって、そこに刺激や競争原理が働くようになり、
日本の農業が活性化するのか。それともそれでなくとも脆弱になっていた
ものが壊滅的な打撃をこうむるのか。
…わかりませんね。…難しいです。

私は、この記事を、ただ、TPP反対!というためにアップしたわけではなく、
自分自身も含め、難しくてわからないから政府にお任せ、というのではなく、
大事なことなのだから、国民も自分たちで考えてみようよ、そのためには
まず、知らなくっちゃ!と思って、ここで取り上げさせていただきました。
この記事を教えて下さった、hasutamaさんも、一緒に考えてみましょう、
というスタンスでアップなさっていると思います。

ただ。TPPには、野田さんなどが拙速で参加決定従っているメリット面
だけではなく、日本の将来に大きな禍根を残すことになるかもしれない要素が
たくさん隠れているという気がしました。
その意味で、この記事は、ああっ!と声を上げたくなるくらい、警告に満ちた
ものであると感じました。
別の記事として、わたしなりの考えを書いてみたいと思います。

原発に関しては迷いがなく、私は反原発です。
しかし、NANTEIさんのおっしゃる、その介護制度の歪み、
民団と朝鮮総連、そして右翼を巻きこんだ、民主党大物議員たちとのきな臭い関係など
については不勉強で、よくわかりません。
ただ、後者に関しては、先日9.19デモの前に9.11新宿デモに
参加したとき、在特会のメンバーからものすごく口汚い煽りの言葉が
デモ隊に浴びせかけられました。それは私でも、『バカっ!』と罵り返したく
なるほどのひどい煽り。それに反応してしまったデモ隊のひとがなぜか
警官隊に取り押さえられ、逮捕されてしまいました。
煽った方は守られて、なぜ?
それで帰ってから、在日特権に反対する人々のことなど、いろいろ調べて
みました。ああ、ここにも、複雑で、判断を迷う問題が!
私などのように単純に、「みんな一緒に仲良く生きていけばいいじゃないの?」
というだけでは済まない問題が!
国際問題には、単純に一方向から判断なんてできない複雑な要素が絡みすぎていて…。
NANTEIさんのおっしゃる、その民主党の一部議員もかかわるきな臭い問題…
それもよろしければ、ちょっと教えていただけないでしょうか。

原発事故の汚染被害による、日本の農業の縮小。それも考えないといけませんね。
TPPによって安い食糧が入ってくるのは、単純に言えばいいことなのだろう…
でも、長期的にはどうでしょうか…

政治が、短期の経済的メリットだけを、しかも一部の企業だけのメリットを
考えるのでなく、国の未来の理想の姿、というヴィジョンをもって、長い大きな
視点で、しかもきめ細かな施策をとっていって欲しいと思いますが、どうも
そうは行っていないようで。

国民がしっかりするしかないのじゃないかと溜息をつくこの頃です。

綺麗なもの、純粋なもの、孤高なもの、…そういうものに逃げ込みたくなって
しまいます!(爆)

すごいことです。

世の中には、驚くべき警告を発する人がいる、
ということにまずは驚いてしまいました。
これは、いかん!
勉強することがあまりにも多い。

私はすでに連れ合いの仕事上、介護制度のどうしようもない歪みを知ってしまったし、先だっての日韓友好の宴の影で蠢いている、民団と朝鮮総連、そして右翼を巻きこんだ、民主党大物議員たちとのきな臭い関係など・・・。
どうしていいのやら・・・!!
とりあえずこの間、古書店で偶然に見つけた大野晋氏の「古典文法質問箱」でも広げてみるかな。???ぜんぜん関係ないか(苦笑。
プロフィール

彼岸花さん

Author:彼岸花さん
リンク、トラックバックご自由に。

『しだかれて十薬忿怒の息吐けり』

『南亭雑記』の南亭師から頂戴した句。このブログになんともぴったりな句と思い、使わせていただきます。
十薬とはどくだみのこと。どくだみは踏みしだかれると
鮮烈な香りを発します。その青い香りは、さながら虐げられた若者の体から発する忿怒と抗議のエネルギーのよう。
暑い季節には、この強い歌を入口に掲げて、私も一民衆としての想いを熱く語りましょう。

そして季節は秋。
一足早いけれども、同じく南亭師からいただいた、この冬の句も掲げておきましょう。

『埋火に理不尽を焼べどくだみ荘』

埋火(うずみび)は、寝る前に囲炉裏や火鉢の燠火に灰をかぶせて火が消えてしまわぬようにしておいた炭火などのこと。翌朝またこの小さな火を掻き立てて新たな炭をくべ、朝餉の支度にかかるのです…

ペシャワール会
http://www1a.biglobe.ne.jp/peshawar/pekai/signup.html
国境なき医師団
http://www.msf.or.jp/donate/?grid=header02
最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード