『2011年12月11日』

あれから9カ月。
今日もキャンドルナイトの日です。葉っぱさん、れんげちゃん企画。
毎月11日。灯りを消してキャンドルを灯し、被災地の方々のことを
静かに想います。
バナーをまたお借りします。

             
心ひとつに キャンドルナイト



こちらは、NANTEIさんが、こころをこめてお作りになったバナー。
お借りします。

バナー南亭



これ、なんでしょう。


2008_0109_021916-CIMG6064_convert_20111212004337.jpg

キャンドルホルダーです。
下のお皿にキャンドルを入れ、火を点すと、暖かい空気が上に上り、
金色の小さなエッフェル塔のついた軽い風車を回します。
カルーセル…回転木馬。
スウェーデンのものです。

本当は動画をYou Tubeでアップしようと四苦八苦していた。
でも出来ない。前は出来てたのになあ…
エッフェル塔たちがくるくる回る動画をお見せしたかったです!(涙)

ふだん私はこれを、パソコンをする炬燵のテーブル板の上に置いています。
キャンドルは入れないで。炬燵の温もりがお布団と板を通じてわずかに外に漏れる。
そのぬくもりを感じて、この子たちは静かに回ります。
本当はキャンドル入れて激しくくるくる回るよりも、炬燵の熱だけで
静かに回っている方が好きかもしれない。
私のパソコンタイムのお友達なんですよ。^^
今もパソコンの横で、音も立てずにゆっくり回っています…
心が鎮まる気がしてきます。

2008_0109_080700-CIMG60_convert_20111212001723.jpg



復興はどうなのだろうか。遅々として進んでいないようにも思えるし、
民衆の力はたくましく、すでに一歩は踏み出しているのか…

福島第一原発事故に関しては、状況は改善されているとはとても
思えません。そもそも原発というものは、そういうものです。
いったんこのような大きな事故になってしまったら、2年や3年では
片付くものでない。それを知っていながら、この地震国に原発を次から次から、
住民に十分な危険性の説明もなしに、ひどいことには、説明会では
賛成の人が多いと見えるよう『やらせ』までして、とにかく建設ありき、で
電力会社や国が進めてきた結果がこの悲劇です。

福島では、子供たちが相変わらず放射線の危険の中で暮らしている。

深い深い憤りと悲しみを感じます。
こんな歌があります。
日本が背負ってしまった悲しみを癒すような、優しい歌もいいだろう。
しかし、誰も表だってはっきり言わず、何となくなにかに気をつかって
黙りこんでしまっているような今の状況の中、いっそこのようにはっきりと、
怒りをぶつけた歌が、私にはやさしいものに聞こえる。
私がお訪ねするブログの何人かの方が、この曲をすでに紹介していらっしゃいます。
でも、私も、奥歯に物の挟まったような表現でない、ストレートな怒りの歌を、
もっと多くの人に訊いていただきたいので、ここに載せておきましょう。

Frying Dutchman で『human ERROR』。

http://youtu.be/ENBV0oUjvs0



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 左官屋女房さんへ

こんばんは~。
左官屋女房さん。いつもキャンドルナイト、すてきなポスターに
してくださってありがとうございます。長く続ける、ということは
大変なことですよね。本当にありがとうございます。
でも、私を含め、たぶん皆さん、月に一度ではありますが、こうやって
被災地の方のことを想い、また自分のことについても考える、いい機会に
なっていると思います。
こちらこそ、これからもどうぞよろしくです。
どうか、来年は少し復興が手掛かりが見えてきて、明るい年に
なってくれるといいですね。
左官屋女房さんも、いい歳の暮れをお過ごしくださいね。
ありがとうございます♪

No title

おかげさまで、今月もキャンドルのポスターが出来ました。ありがとうございます。
今後ともよろしくお願いします。

Re: 葉っぱさんへ

葉っぱさん。こんばんは。
私は、いわゆる団塊の世代なんですが、この世代は、いろいろな呼び方で
よばれていて。全共闘世代、ビートルズ世代、フォーク世代、…
なんでも一人占めに享受してきたようなところのある世代でした。
なんだかいつまでも若い気分でいたけれど、いつのまにか彼らも還暦を過ぎて…

民主党、菅内閣の官房長官などもやった仙石由人氏などもこの世代で、
彼も学生運動やってたんですからね。^^
私は早く家庭に入ったため、同世代を何処か遠くから眺めている感覚が
ありました。でも、心の中で、共感するものはありました。
いつか、学生運動などについても書いてみたいんですけれどね。
菅元総理が、なぜ、あれほど、『市民運動家』というくくられ方をして
一部の人間に嫌われ揶揄されたのか、などということも含めて…。
連合赤軍事件。それについても書いてみたいですねえ。

日本のロック。私あまりよく知らないんです。
なんだか一種のファッションのような感じがいつもしていたんですね。
本物は少なかった、少ないかなあ、と今でも思います。
それにしても、今回の大震災と原発事故。とりわけ原発事故に対しては、
日本の音楽界も、その他の芸術界も、文学界も、宗教界も、……
ほんとに声を上げる人が少ないですね。いったいどこまで、東電の力は
深く及んでいるのだろう…

葉っぱさん。ありがとうございます。
書かなきゃいけないことたくさんあるのになあ!

No title

v-22またきました~(笑)
日本のロッカーって・・・ってコメントで

ロッカーに限らず、フォークの連中だって、赤軍とか言っていた人たちだって、なんだかそこそこの地位にいるいいおっさんになっている?
今さら戦い、とか、誰かのために声を上げる、なんてのは遠い過去になり下がっているんじゃないかって思います

ゴルフ場が良く似合うおっさん、確か北海道辺りにいたような・・・・(笑)

Re: スキップさんへ

スキップさん。こんばんは。
これ、なぜか心にグッときますよね。本当のことを言っているからだろうと
思います。3.11以来、どれほどの嘘っぱちを聞かされてきたことでしょうか。
本質に迫らない、うわべだけの綺麗な言葉たち。
『死の町』なんて言うと、袋叩きにされる。
この、本当のことがきけない、言えないもやもやを、何とか文章にしたいと
思いつつ、いまだに、被災地の方がたの感情のことを想えば、
きつい言葉が使えずにいます。そんな中で、よく、代わりに言ってくれました、
という感じでした。

真実というものはときにものすごく苦いものです。誰も、そこから目をそむけていたいと
いう意識が働く。私もそうです。誰も、本当には責任をとりたくない。
そうやっているうちに、いつの間にか、原発は当たり前のエネルギー源になり、
その豊かな発電量をあてにして、オール電化住宅も、電気自動車も、
リニアモーターカーも、どんどん開発は進んでいきました。
ちょっと考えれば、この狭い日本に、しかも地震の多い狭い国土に、そんなに多くの
原発なんて危険極りない、ってわかったはずなのに。
マスコミを自由自在に操って行われた情報操作。怖いですね!いまだに、ですもの。
あきらめちゃいけない、そう思います。
スキップさん。ありがとうございます。

No title

 歌というか叫びを聞かせていただきました。なにか泣けてきました。人間らしく生きるということがどういうことなのか、真剣に問い直すべき時が来ました。というか、大分前にそう感じていたのですが、忘れようという無意識が働いたのではないでしょうか。公害にしても、オイルショック、バブル狂乱にしても、その後の金融危機にしても、感ずくべきことは幾らでもあったんですからね。遅いといえば遅いですが、生き延びる術を探すことに全力を挙げなければならないでしょう。

Re: れんげちゃんへ

れんげちゃんっ!こんばんは~!^^

ああっ、れんげちゃんも、このくるくる回るやつ仲間なのね。嬉しいな。
そうそう。キャンドル入れると、意外と早く回転してくれるのよね。
もう少しゆっくり回ってくれないかな、って思うくらい。
ほんと、飛んで行きそうで!(笑)
うちにはないんだけど、ホットカーペットの上とかが一番いいんじゃないかなあ。
キャンドル入れないでも、暖かい空気で回るから。

これ、思いきって言ってくれちゃってるので、ほんとすっきりしますよね。
今日もね、福島県の県民の被曝量の調査結果を報じるNHKのニュースに、
山下俊一氏が出てて、相変わらず、このくらいの量なら、健康に影響
及ぼさない、なんてやわらかい口調と顔で言っていましたが、あんな人より
どれだけこの乱暴な歌の方がやさしいか知れない。
NHKもどうしてあんなひとをいまだに引っ張り出してコメント求めるんだろう…

れんげちゃん、ありがとう~♪

Re: うみそら居士さんへ

うみそら居士さん。こんばんは。
human ERROR。
ぱっと聞いたところ乱暴なような歌詞なんですが、意外に語り口が
やさしいんですね。^^
高円寺で始まった『素人の乱』の若者たちもそうですが、昔の学生運動とは
また違った、若者による社会の見直しが始まって、それが世直しになっていけば
いいなあ、と思います。
『素人の乱』が主催した6月11日の新宿でのデモ。若い人々が
ガンガン音楽を鳴らし、思い思いのパフォーマンスをして盛り上がっている。
そこに、乳母車に赤ちゃんを乗せた若いお母さんや、小さな子供を抱っこした
若い父親が加わる…。そうしてさらに、別の会場でデモをやっていた、
昔ながらの横断幕に鉢巻き、という初老になったかつての活動家たちと思しき
一団も、静かに合流してくる…
あれは感動的ですらありました。
皆が思ってることを言えばいいんですよね。この状況をいいと思ってる人なんて少ないでしょう。
でも、黙っていれば、推進派の人々は、既成事実を積み上げて、するするっと
原発輸出でもなんでも、国会を通過させてしまったり、高橋はるみ北海道知事のように、
そそくさと、泊原発稼働を既定事実のようにしてしまっちゃったりする。

忌野清志郎さんが生きていらしたら、ほんと!どんなふうにおっしゃってたでしょうか!
私ね。今の日本の、ロッカーを名乗る人って、なんなんだろう、って思ってしまいます。
日本のロックって、ファッションだけなの?
もともとは、体制に対する批判や、既成概念の打破、と言った色合いの強いものだと
思っていましたが、3.11後、声を上げたミュージシャンはロックに限らず、本当に少ないですよね。
坂本龍一さんと、あと、誰がいますかしら…
加藤登紀子さん、齋藤和義さん…
忌野清志郎さんが生きてらしたら…そうおもってしまいますね~…

ありがとうございます。いつも本当に勉強させていただいています。

Re: 葉っぱさんへ

葉っぱさん。こんばんは。
原発事故がなかったら、地震、大津波の被災地の復興にどれほど
国も住民も集中できていたろう!…そう思うと、また腹が立ちますね。
正直に福島原発事故の、いや、東電事故と言いたいですね、その
農作物、海産物、被害者への膨大な補償金や除染費用や、
廃炉に必要な費用を算出すると、天文学的数字になる。
とても国民の前で口にできないくらいの数字になるでしょう。
その費用があったら、それを地震の被災地の復興に、…そう考えてしまいますね。
東電に一兆円…!それで、東電がのうのうと生き延びるとしたら。
なお、日本の原発を再稼働、あわよくばほとぼりの冷めた頃、
また建設を始めたい、原発を他の国に輸出したいと思ってる人間が
たくさんいるというのが、信じられません。
なにかおかしい。間違ってる。
国民が時の流れと共に忘れていって、ほとぼりが冷めるのを待っているんでしょうね。
いや、そんな生易しいものじゃないな。既成事実の積み重ねで、
ああ、脱原発は無理なのか!と、無気力にしてしまおうと言うのでしょう。

被災地の復興と原発のこと。いまだに私はこころが引き裂かれています。
どちらのことも忘れてなるものか!と思いますね。

いつもバナーお借りしています。^^
今月のキャンドル。早くから、12月はこれ、と考えていたのに、動画が
アップできなくて。
何の写真やらわからないものになってしまっていますが、よろしく
お願いいたします。ひっそり静かな年の瀬になりそうです。

No title

あ~♪ このクルクルまわるやつ、子供の頃に家にあったな~。
そうそう、意外と激しくまわるもんだから(飛んで行っちゃうんじゃないか)って
ドキドキしたり。(笑)

いい歌だ。もやもやがスッキリする!!

彼岸花さんへ

こんにちわ。
human ERRORは、私も友人から紹介されていて、
本日拙ブログにアップさせていただきました。

若干…乱暴かな?とも思いますが、
若さゆえの正しい怒りは理解されるべきだと思います。

紅白は絶対に無理でしょうね(笑)

ところで、このへんのソースはご存知ですか?
http://stopatomicenergy.blog59.fc2.com/blog-entry-49.html

http://stopatomicenergy.blog59.fc2.com/blog-entry-51.html

忌野清志郎氏が生きていたら、今どんな歌を歌ったでしょうね?
ありがとうございました。合掌

No title

v-22止めることすらできないもの・・・それは手を出してはいけない世界、ですよね
それでも危険を承知で使う人たち・・・どんな犠牲でも構わないのか、不思議です

いつも、地震という天災より、最後には人災に思いが行ってしまうことへのいら立ち
安らかに、と思う心さえざわめいてしまう日になっています

ともに安らかな思いで祈れる日が来るのはいつなんでしょうね

ゆっくりと回る・・・本当にそう思います
時間の感覚がなくなるひととき・・・ときには思い出の世界に戻れます
またお借りしていきます、ありがとう

Re: 大門先生へ

先生、こんばんは~。

これ、言葉は乱暴なんですけれど、真実を歌っているでしょう?
こうストレートに語ってくれると、なんだか気持ちがいいです。
『ただちに健康に影響はない』『日本の原発はチェルノブイリとは違うんだ。
事故なんか起きない』…そんな綺麗事の嘘ばかり聞かされてきましたものね~。

ほんとですね。こういうの、紅白で取り上げてほしいな。民放でもどこでも
いいから、どんどん流してほしい。脱原発を訴える人々が、ノーベル文学賞受賞の
日本の良心とも言うべき大江健三郎さんらと共に、6万人デモ行進しても、
ろくに伝えないマスコミですからね~。期待できないかな。
でもね、私もこれ、他の数人のかたのブログで教えていただき、ここでまたアップして…
そうやって広げていけたらな、って思いました。

先生。ありがとうございます~!

Re: NANTEIさんへ

NANTEI さん。ありがとうございます。
まず、先日の粗忽をお詫びしなくては。
いずれまた、ぴったりの記事が書けましたら、NANTEIさんの魂の絵を
転載させていただけたら、と思っています。
NANTEIさんが、当ブログを、貴ブログを訪問なさる皆さまに
ご紹介いただいたように、横のつながりを大きく広げていって、何とか
脱原発反原発の想いを、政治に反映させられるほどの力にして
いきたいなと思いますね。
『Human Error』を又聴いていましたら、コメントの中に、「twitterやってるなら
名前の横に『脱原発に一票』と書く運動を広げよう。」という書きこみを
見つけました。twitter ,ブログ、…なんでもありで、どんどん声を発信していくと
いいなあ、と、あらためて思いました。早速私も、twitter で『脱原発に一票』を
やろうと思います。
『Human Error』。ほんと、アナーキーですよね!(笑)
言葉はすごく乱暴なんですが、語りかけの口調が意外とやさしい(笑)
若い人たちが、アナーキーであろうが、一種のファッションであろうがなんでもいいから
こうして自分たちの置かれている状況に鋭敏でいて、自分の意志を伝え広げようとするのは
本当に頼もしいですね。
『5年後10年後こどもたちが健やかに育つ会』の活動をご紹介なさっておいででしたが(^^)、
若いお母さんたちが、本当に今、危機意識を強く持って、地道な活動をして
いらっしゃるのを見ましても、大変心強い気がします。

私は座して頭の中で考えてばかり。時々、いいたいことのこっちが先よ、
いやあっちの方が先だろう!と、順番を考えているうちに、収拾がつかなくなって
しまいます。大きな構図で全体を見渡して、そこから、個々の問題を
つながりをつけながら、整然と書いていきたい。そんな、能力を超えたことを
しようとして、どこに糸口を見つけるか、それで、幾日も考えこんだりしています。
書きたいことから、書いていきゃぁいいんですけれどね、なんか、
構図をぴしっとしてみたい!(爆)
んなこと欲張ってたら、結局菅総理のことも、書かないままになっちゃった!(笑)

カルーセルのようなキャンドルホルダー。
ご存じでいらして、しかも、もうずっと以前に、お嬢さまに買って差し上げてらしたなんて、
お聞きして嬉しいです。それではかなり知る人ぞ知るという定番商品なんですね。^^
シンプルな発想がいいですよね。これ、たぶん、キャンドル燃やさなくても、
炬燵。ホットカーペットのような暖房具、ラジオ、…なんでも、ちょっと熱を出すものなら、
電化製品の上に置けば、静かにくるくる回ってくれる。
クリスマス。キャンドル点して、くるくる回るカルーセルをじっと見入っていらした
お嬢さま。どんな少女でいらしたか、何となくわかる気がし、深い共感を
覚えます。^^

 

No title

この歌
今年の紅白歌合戦に出せばいいのにね~~~~!

No title

昨日はありがとうございました。
背中を押すなどと・・・そんなつもりではありませんでしたが、
このところの風化させようという何者か達の目論見と、
それに易々と乗せられている世の中に、こちらまでが脱力しそうで。
自分に喝を入れるためにも、ペンダコを腫らして描かなければと思ったのです。

彼岸花さんのインターバルはきっと次への助走に決まっている。
と思っていますしインターバルを取らないと、論の骨子がどんどん暗く狭い所に堕ちてゆかないとも限りませんね。明暗それぞれを俯瞰して観る余裕はぜったいに大切だと思います。
あ、こんなことは言うまでもありませんでしたわい(汗。

カルーセルというキャンドル・ホルダー、非常に懐かしい・・・
私もむかし娘に買って上げたのですが、
彼女がいつまでもその幻想的なシーンに見とれていた光景は、
クリスマスのいちばん忘れられない記憶になっています。

最後に『Human Error』、
身の毛が総立ちになりそうな、アナーキー過ぎるメッセージ!
日本もまだまだ捨てたもんじゃない!

ありがとうございます。
プロフィール

彼岸花さん

Author:彼岸花さん
リンク、トラックバックご自由に。

『しだかれて十薬忿怒の息吐けり』

『南亭雑記』の南亭師から頂戴した句。このブログになんともぴったりな句と思い、使わせていただきます。
十薬とはどくだみのこと。どくだみは踏みしだかれると
鮮烈な香りを発します。その青い香りは、さながら虐げられた若者の体から発する忿怒と抗議のエネルギーのよう。
暑い季節には、この強い歌を入口に掲げて、私も一民衆としての想いを熱く語りましょう。

そして季節は秋。
一足早いけれども、同じく南亭師からいただいた、この冬の句も掲げておきましょう。

『埋火に理不尽を焼べどくだみ荘』

埋火(うずみび)は、寝る前に囲炉裏や火鉢の燠火に灰をかぶせて火が消えてしまわぬようにしておいた炭火などのこと。翌朝またこの小さな火を掻き立てて新たな炭をくべ、朝餉の支度にかかるのです…

ペシャワール会
http://www1a.biglobe.ne.jp/peshawar/pekai/signup.html
国境なき医師団
http://www.msf.or.jp/donate/?grid=header02
最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード