『新年に』

皆さま。
新年のご挨拶謹んで申し上げます。

昨年は言葉に尽くしがたい悲劇の年でした。

ひととはなんだろう…人間の存在価値とはなんだろう…
そう心に問い続ける一年でありました。

そんな中でも 残されたひとは、強く生きていかねばならない。

悲劇は新たな絆を生みました…
絆を強めた人々もいました…
昨年は婚約や結婚に踏み切った男女が多かったという…
我が娘もその一人でした。

式もあげぬ、入籍をしに役場に行っただけの密かな結婚。
それでも母は 二人に 晴れ着を縫いました。


若い体に。 放射能は。
原発事故のために切れてしまった絆はどうしてくれるの!

あたし、子供が持てるの?と、まだ幼い顔の中学生が問う。


悲痛な叫びは、彼らの心を揺さぶらないのだろうか!


…怒りのブログは今年も続きます。
政治とはなんだろう…
国とはなんだろう…

どうか、本年もよろしくご指導のほど、お願い申し上げます。




2012 年頭に









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: そらまめさんへ

そらまめさ~ん!^^
元気ですか~?
去年は、本当に、信じられないような悲しい年でしたね。
日本は大きな大きな悲しみを抱えてしまいました。それもおそらく長く続く…。

ご友人の話。こんな中で、赤ちゃんをお生みになるということ…
不安に思われないはずがありませんね。
わたしの娘などは、年齢的なこともあるけれど、子供は持たないと
決めているようです。だから、この記事にも書いたけれど、
せつないことに、わたしの血も、娘の代で途絶えます。^^
でも、それも一つの道かなと思っています。この世にあったということ、それだけでいい。

でもまた、そらまめさんがいみじくもおっしゃったように、
こういう時代だからこそ、こんな世の中になったからこそ、命をはぐくみたい、
何よりも確実な、いのちの繋がりというもの…それを残したい、という
本能。それもすごくわかる気がしますよねっ?^^
赤ちゃんはいいです。可愛いです。そして希望です!!!^^

お友達。不安がらずに。出来るだけ自分とお腹の赤ちゃんを守る手段を講じられて、
無事お元気なお子さん、生んで欲しいです。
どちらにお住まいの方かわからないけれど、若いお母さんたちで、子供たちを
放射能被害から守ろうという活動をなさってらっしゃるグループが今、全国各地に
あります。わたしも、その中の一つにリンクで繋がらせていただいています。
『5年後10年後こどもたちが健やかに育つ会・二宮&大磯』
http://ameblo.jp/kanagawa-ninomiya/

食品汚染のこと、安全な水や牛乳のこと、少しでも内部被曝を少なくする食べものの
摂取のしかた…生活環境のこと…真摯に調べて子供たちを守ろうとしている…
お友だちもね、こういうお母さんたちと繋がっていくのはいいと思います。
一人の子育ては不安なもの。
まして、このような環境でおさなごを育てて行くのは…。
母体の内部被曝を極力避けたいですしね。調理法など参考になさるといいと思います。
お母さんだけでなく、若い人々には極力、汚染されたものは食べて欲しくないです。
一つ一つはわずかな放射線量でも、それをあらゆる経路から私たちはこれからずっと
受け続けるわけですから。
そらさんもよ。なるべく気をつけてね♪

それぞれのひとが、自分の場で出来ること。それをやっていくしかないのでしょう。
出来たら、声を上げてほしい。

そらまめさん。こんな時代に生きて行くのって大変だけれど、でも、
楽しいこともいっぱいあるわよね。^^
わたしもね、反原発の記事だけでなく、他の記事もなるべくたくさん書いていきたいです。

今年もよろしくです!^^
ありがとう~~~~~!!!








No title

昨年は本当に辛い年でした。
そしてこれからも難しい時代は続くと思います。
昨年末、ず~っと子供が出来ずにいた友人が妊娠しました。
『こんな時代に・・・』とポツリ呟いて。
喜びと言うよりはむしろ不安な表情でした。
私といえば、これこそが生命の不思議というのでしょうか、
震災・放射能という危機的な状況下に本能が働き子孫を
残そうとする・・・そんな風に思ってしまったのですが。

そして、彼女が一番心配しているのは食べ物です。
安全と言われてますが、どうしても産地の確認をしてから避ける
ように買い物をしてしまうらしく、それがまた・・・選択の自由なく
被災地で暮らす方々に申し訳ない気持ちになったりと。
産地を見てしまう、私はそれはしょうがない事だと思います。

未来ある子供達のために、今出来ることはなんでしょうね。
彼岸花さま、本年もヨロシクお願いします。

Re: しげちゃんさんへ

しげちゃんさん。お訪ねとコメントいただきありがとうございます。
HOBOさんのところでお会いして…。^^
ほんとに誠実な方ですよね。ぶっきらぼうに見えるけど。
今頃、くしゃみしてらっしゃるかな?

お手が、早く治りますよう、お祈りしています。
そうしてまた、晴々と新しい映画をご覧になられますように。
私も映画は好きなのですが、あまりにも見ていないものが多く、
なにか選ぼうとするとぼうぜんとしてしまうのです。
すてきな映画のお部屋。学ばせて頂きたいと思っています。
どうぞ、これからもよろしくお願いいたします。^^

こんばんは

訪問にコメント、ありがとうございました。

HOBOさんには毎日訪問して頂いていますが、
しっかりと記事を読んでくれる律義な方です。
彼岸花さんとは彼のコメント欄でお会いしたんですね。
先程、HOBOさんにコメントする際に彼岸花さんが
先にコメントされていました。
まだ少しは手指が動きますので、
ご挨拶に訪問させて頂きました。
また、ゆっくり訪問したいと思っております。
どうぞ、よろしくお願いしますね。

Re: スキップさんへ

スキップさん。こちらこそ今年もよろしくお願い申し上げます。

ほんとに今年が正念場だと思います。皆の心の中に厭原発の気分が
残っているうちに、脱原発、廃原発を確定的にしておかないと、
原発推進したくてたまらない政治家や経済人がまたぞろずうずうしく
画策し出すでしょうから。
一基稼働を許すと、日本人の性格として、うちもうちも、ということになりそうです。
この、流れを読むと言いますか、極端にどっちかにどどっと流れやすい性格、
これが、脱原発の方に発揮されるといいのですが、逆ですと、一気に
稼働稼働、となりそうで。
瓦礫の問題も、高レベルの放射性廃棄物をどこに持って行くかもまだ何の見通しもない。
どこの県だって、そんな危険な核のゴミ置き場なんか作って欲しくない。
それなのに、新設とか増設とか再稼働には原発立地県はあまり抵抗がない。
それも理解できないところです。
いっそ、れいこさんの教えて下さった映画『東京原発』のように、東京に作るとか、
原発の新設、再稼働と書く廃棄物の処分場は必ずセットで、というふうに
やってくればよかったですね。そしたらどこの県も、受け入れを拒んできたかもしれません。
これは世界に言えることですね。
どの産業にも言えることかもしれない。綺麗でおいしい部分だけは取って、
いらない危険なものは、貧しい遠隔地に、とか、見えない、川に海に山に、という発想を
根本的に変えなければならないのじゃないでしょうか。

いつもありがとうございます。今年もどうぞよろしくお願い申し上げます♪

No title

 今年もよろしくお願いします。短歌、感慨深いと言うか、時の不思議を思わされますね。タイムマシーンがあれば、と誰もが思いますね。しかし、起きてしまったことは消せませんからね。
 今年が正念場でしょうね。新しい原発は作らないとこと政府に宣言させる。再運転して良い原発の選択をする。そうして、原発の発電量減少を埋め合わせるための自然エネルギー開発予算を計上させる。その一方で、被災地、被災民の生活が成り立つ施策を進める。これだけを言明させなければいけませんね。

Re: 乙山さんへ

乙山さん。あけましておめでとうございます。

年末年始にお風邪はつらいですよね。
私も、仕事をしている頃は、どうかすると30日まで仕事。
31日に買い出しから掃除の仕上げから、何もかもやって疲れ果て
風邪をこじらせて3が日は寝正月、なんてことがほんとによくありました。
とほほな正月でした(笑)。

でも、ネットが覗けるくらいのお元気になられてよかった。^^
まだあまりご無理をなさいませんように。

また紳士のいい香りのするような記事(^^)、楽しみにしております。
本年もどうぞよろしく♪

明けましておめでとうございます

彼岸花さん、明けましておめでとうございます。
年末からお言葉頂いておりましたのに、
お返事をお返しできなくて申し訳なく存じます。

今頃になってやっと、皆様のところにご挨拶を、というわけです。
なんとか、力が戻ってきましたよ!
なんかこう、軽口が叩けるくらいでないと、いつもの調子が出ません。

ウェブログのほうも折を見て上げてみようと思います。
今年もどうぞ、よろしくお願いします。

Re:NANTEI さんへ

NANTEIさん。
嬉しいお言葉と、身に余るほどの有難い御歌、ありがとうございます。

ただひとり ことほぐひとが居ればよし

      しずかな船出にそはふさはしき



はい♪ しずかに船出していきました。^^
ありがとうございます。
この歌、ほんとに嬉しいです。
なにか、朝日の中、凪いでいる海を静かに船出していく船のマストが見えるようです。
あっけないほどのあっさりぶりでしたが、なんだか彼女らしい気もいたします。
母の寿ぎの想いは、縫う針にこめました。^^

お嬢さまも、ご両親の才能を受け継がれて、デザインの世界に飛び込んで
おいでになったんですね。^^
花人さまのセンスもただものじゃないという気がします。
しかも、お嬢さまと娘、同年代くらいですとか。
なんだか不思議な気がいたします。不思議なご縁と申しますか……。^^

私は肩の荷が半分は下りたような…。
それでもね、やはり一抹の寂しさはあります。これは、世の両親たちが
共通して感じる想いなんでしょうね。
NANTEIさんも、お嬢さまが嫁がれるときには、同じ想いでいらしたのでしょう。

これで、私、反原発にのめりこめる?(笑)…まあ冗談ですが、多少は影響も
あるかもしれません。
次の世代を守らなければ、という想いは強いです。
それは自分の子供だからとか何とか、そういうことは関係ないですよね。
9・19のデモに参加していた若い夫婦や子供たちを見ていると、
そんなものは越えて、この人々が安心して暮らせる世でなければ、と思いましたもの。

それにしましても、NANTEIさん。本当にありがたきご厚情、
心から感謝です。この御歌、彼らにも伝えたいと思います♪



こんにちは。

私、やはり落ち着かない少年爺さんで・・・(苦笑。
この記事のお嬢さまのお慶びについて、書かなければ書かなければ、
と思いながら飛ばしてしまったのですね・・・(悔し)。
すぐ追記しようかと思ったのですが、すごく長い文章になりそうで。
それというのも私の娘と多分同年代で、やはり同じく娘も美術家を目指し、
しかし娘の方は早くから美術家を諦めて生活デザインの方に進んだのですが、
そんないきさつとあいまって、お嬢さまの作品集や、助教授就任のことなど拝見し、またお聞きしてりしていたものですから、こもごも合わせてとても他人とは思えないほどだったのです。
それがまあ嬉しいような、そして母心を思うと切ないような。そんないいようのない祝いごと。
こんな時は、やはりさらりと歌でもと思い、慣れない三十一文字をなんとかひねり出しましたので、ご笑覧ください。

ただひとり ことほぐひとが居ればよし

      しずかな船出にそはふさはしき

Re: 大門先生へ

ふふふ。もう食べちゃいましたよ~。
今度鏡開きの日(11日)にまた作ります~~~~~~♪

明日の朝は七草粥しますから、食べにいらしてくださ~い(笑)

No title

ぜんざい食べるぅうううううううううう~~~~~!

Re: れんげちゃんへ

なんだい!ぜんざい嫌いなの~?
そっか~…それじゃあ、温かいミネストローネスープでも作っておくかな?
夜中にさ、ワインちっぴり飲みながら、いただくってのはどう?
もちろん、おこたで。私が溜めこんだボタンとかさ、糸とかバックルとか革とか、
いろいろ手芸材料があるのよ。布もどっさり~。
そんなの広げてなんか作ったりさ♪(笑)

No title

アハハハハ、良いね~。
彼岸花さんとコタツでみかん!鍋とかあれば何日でも居座り続けます。(笑)
ぜんざいは・・・、キ・ラ・イ。えへ♪

Re: 大門先生へ

は~い!
新年から怒っています~~~~~!^^
でもさすがに少しおとなしめに。(爆)

これから怒り全開の記事、また書いていきます。
さっき、れんげちゃんが、つむじ風のようにやってきました~~~
ゆっくりしてけば、今日、ぜんざい作ってあったのにな~。(笑)
先生、いかが?^^

Re: lily 姫さんへ

lily姫さん。ありがとうございます。
そうなんですよ~~~。^^
ただあんまりあっさりしてるもんで、こちらもあっさり。
これは写真撮影だけはしたいと言うので、そのために縫った服です。

おかあさん。
おかあさんって、いいですよね~~~~~~…

私もね、母のこと思い出すと、今でも胸がきゅ~っと締め付けられるようです。
全然親孝行してやらなかった…
母もね、私が東京へ出てくる時、乏しい生活費の中から、着物縫って
持たせてくれました。グレイの地味な絣の一重の着物と、グレイとピンクの
小花柄のちょっとシャンタン風の洋服地で作った道行コート。
今でも大事にとってあります。私の仕立てと違って、ぴしっと仕上がっています。
なんだか私も、

おか~さ~~~~~ん 。゜゜(´□`。)°゜。ワーン!!


ふふふ。そんなに気を張らないでください。
れんげちゃんみたいにさあっと風のようにやってきて、まごころだけ伝えて
また風のようにさあっと去っていくってのも、
彼岸花さんのお炬燵に一緒に入って、お蜜柑食べながらしみじみ、ってのも
どっちでもありです!(笑)

今年も仲良くしてくださいね♪ありがとう~!



Re: ハルさんへ

ハルさん、ありがとうございます。
ひっそりと。式もあげずに。^^
それもありかな、と思っています。

晴天の3が日でしたか。^^
青空に純白の雪がきらきら映えて、美しい元日の風景なのでしょうね。
雪をあまり経験したことのない私は、暢気なことを言ってますね!(笑)
ハルさんのブログ拝見して、車のドアをようやく開けた、というお写真拝見して
絶句しておりました。あ~、これが雪が積もるということか!と。
『助け合わなくては生きてゆけない雪深い奥会津の山村』
そこに飛びこんでいかれたハルさん。
私ね、ハルさんに出会えて、なにか一つ目が覚めた気がしているんですよ。
なにかね、本気で生きろよ、という啓示を受けでもしたかのような。
まだ、うまく言えないんですが。

またおいおい、この気持ちが分析出来たらな、と思っています。
私も手仕事が好き。それがあの事故後、すっかりやる気を失っていました。
今年は気分を変えて、眼がまだよく見えるうちに、手仕事ももっと
してみたいな、と思っています。

これからもどうぞよろしくお願いいたしますね♪









Re: れんげちゃんへ

そうなのよ~。ありがとう。

あっさりしたもんだ!(笑)

No title

ははは
今年も頑張って怒ってねぇええええ~~~
バッチリ応援しま~~~~~~すうううううううう!!!

No title

昨年は、芽生さんもお慶びの年だったのですね
おめでとうございます
彼岸花さんの手縫いの着物ドレス、いつか写真で見せてもらったものですよね?
あの時も、あまりの素的さに、ため息が出ました
入籍される芽生さんの晴れ着だったのですね
ああ、お母さんっていいなぁ
いいなぁ いいなぁ
なんだか、もう母がいないことが、しんしんと悲しくなりました
もう20年以上も前からいないのに、今さらながら、泣きたくなりました
おか~さ~~~~~ん 。゜゜(´□`。)°゜。ワーン!!



彼岸花さんの怒りのブログ、
今年も、「正座して読む」心で、読んでいきたいと思います

えっと、実際には足はくずしてると思います (^m・)
だって、足がしびれるもん(笑)
でも、正座して、モニターにかじりついて、心の目を思いっ切り開いて、
そんな心構えで読みたいと思っています

No title

彼岸花さん、新しい年が明けましたね。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

お嬢様、おめでとうございました。
美しい晴れ着です。
お母さまの思いを纏って、新しい道を歩み出されたのですね。
お幸せをお祈りいたします。

こちらは珍しく青空の広がる三が日でした。
悲しみを慰めるかのような穏やかなお正月。
有り難く、嬉しく、天に手を合わせました。

ひとがみな、自分より弱いもののために少しずつ何かを差し出せたら
言葉だけでないほんとうの絆が生まれることと思います。
助け合わなくては生きてゆけない雪深い奥会津の山村で
いっそう、その思いを新たにかみしめております。

No title

おお、こりゃまた おめでとう☆

Re: さおるさんへ

こんばんは~。そして新年おめでとうございます。

さおるさん、ありがとうございます。
赤いおべべを最初に着せたのはいくつだったかなあ。
お宮参りは淡いピンクでしたし。3歳くらいの時こさえたウールの絣の
上下かな。洋服はいっぱい縫いましたが、着物はそんなにないんです。
洋服は、赤いおべべをたくさん着せてきました。^^

いろいろと感慨深いです。
なんだかふうっと軽くなったような気もするし。
寂しいような気もするし。

私のね、責任が軽くなったなあ、という実感は一番強いかな。
おかあさん、糸が切れた凧みたいにふわふわしちゃいけませんね!(笑)

さおるさんの祝福嬉しい。ありがとう♪
黙ってるつもりだったんですけれどね、なにも記事にも残してやらないのは
かわいそうかなあ、という気もしまして。ここで触れさせていただきました。
ありがとう~♪

Re: 水無月さんへ

水無月さん、こんばんは。^^

どうか、お気になさらないでください。出来るものが声を出し、
動けるものが動けばいいのだと思っています。
それぞれが自分の人生を生きて行く…それしかないと思います。
私はたまたま、こういうことになっただけ。^^
日本の高齢化の問題は、人ごとではありません。
核家族化、少子化が進み、どの家庭も同じような問題は今抱えているか、
少なくとも近い将来抱えることになります。
我が家とてその例外ではありません。
人生の晩年にこのような過酷な日々が、見る側にも、見られる側にも訪れるとは…。
政治の支援がしっかりしてくれないと、あるいはさらにこれからひどくなるかもしれないと
国民は自己責任で親の面倒見よ、配偶者の世話を一人でせよ、と言われても
共倒れになるだけ。なんとしてでも、介護には手厚い行政の支援が必要だと
思います。そのための増税ならなにも言いません。
ですけれど、これまでの政府のやり口を見ていると、国民から集めたお金を
くだらない保養施設建設や投資につぎ込み、大損失させている。
その一方で、公務員とりわけ上級公務員は手厚く遇され、民の痛みはわからない。
そうして自分たちの地位保身に心を砕いている…

日本をもっと住みやすい、生きやすい国にしたいですね。
でも、まあ、政府に文句ばかり遠くから言っていても仕方がない。
出来るところでお互いに助け合うことが必要かと思います。
水無月さん。孤立なさいませんように。
お一人で何もかもを抱え込みなさいませんように。水無月さんのところやここに
おいでになる方の中には、親御さんの介護をなさった方もおいでのようです。
困った時、つらい時、…吐きだしておしまいになれば、そういう方たちから
いい知恵が授けられるかもしれません。
ブログ仲間はありがたいです。

また、すてきな記事を見せてくださいね♪
水無月さんの文章ファンの方、多いんですよ。私もその一人です。^^
どんまいどんまい。

今年もよろしくお願い申し上げます。

Re: うみそら居士さんへ

うみそら居士さん。あけましておめでとうございます。

今もね、被災地の2012年という、ページを見ていました。
新年。津波で何もかも流されてしまったところに、それでも仮の社務所が立つ。
地元の被災した方たちがお参りに来る…
朝日が昇る…皆が拝む。

なんだかじ~んと涙が出てきました。
ああ、私、何もわかってないんだなあ、って。
そこに佇む人々の中には愛する者を失った方もいらっしゃるでしょう。
その、本当の気持ちはわからないんだなあ、って。
福島の方がたの、言うに言えないあきらめや希望や怒りや…
それも本当にはわかって差し上げられない。

でもね、経済のことしか言わない政治家や経済界のひとのようには
なりたくないですね。完全にはわかって差し上げられないけれど、
やはり、出来る方法で戦うしかないのだと、また思いました。

原発からの撤退は今年が正念場。
うみそら居士さん。またいろいろ教えてくださいね。
いつもありがとうございます。がんばりま~す!^^



おめでとうございます。

明けましておめでとうございます。
そして、芽生さんご結婚おめでとうございます。
緋の縮緬に菊の花。
お嬢さんに託す彼岸花さんの気持ちを縫い込んだお召し物。

赤が似合われる方なのですね。
初めてきた赤いおべべ。
赤の持つ意味合いを一ずつ積み重ねながら、
お母さまの仕立ててくれた、赤いおべべを着て嫁いだ日。

最高の贈り物ですね。
お嬢さんが、お召し物を纏って笑顔を見せられた時が
彼岸花さんのドレスの完成ですね。

想像するだけで気分が高まります。
おめでとうございました。


No title

明けましておめでとうございます。

彼岸花さんの熱い思い、怒りのブログについていけたらいいのですが、どうしても内向きになってしまって、コメントを入れることも出来なくて、読ませていただくばかりです。
今年も昨年と同じ様な毎日になるようです。もっと切実かもです。
これから高齢者が極端に多くなってくる日本の社会、自分で責任と言っても、命だけは思いのままにならないですから。老いというのは厳しいものです。何が幸せなのか、分からなくなる時があります。お正月早々、こんな話でごめんなさいね(笑
人は命ある限り、生きて行かなくてはならない。この言葉は、いろんな意味で重いですね。

今年もよろしくお願い致します。

Re: NANTEIさんへ

NANTEIさん。謹んで新年のご挨拶申し上げます。

ふふふ。おせちの記事は一日くらいアップしてたんだけれど、なんだか恥ずかしくなって、
記事、ひっこめちゃいました。残念でした~!(笑)
来年、気が向いたら、また作って、写真お見せしてみようと思います。
年が明けたばかりなのに、来年のことなんて言うと、鬼がブブッ!って
吹き出しちゃいますね。

今年は何とかいい年になって欲しいものですが、考えてみると、原発のことは
なにも進展してないし、TPP,欧州の経済危機、北朝鮮、そして米大統領選を
はじめとする2012年問題、など、かじ取りの難しい問題が山積ですね。
しかし、ほんと、経団連の米倉会長は、悪い顔してるなあ…
顔立ちの善しあしは、その人の生まれつきでどうのこうの言えないけれど、
顔に現れる品性は、その人の心映えを表していますからね、当人の責任。
『隠し砦の三悪人』、じゃないけれど、経団連の米倉氏、読売の渡邊恒雄氏、
石原都知事、中曾根元総理を、私は『日本政経済界の4大老醜』と
ひそかに心の内で呼んでいます(笑)。森喜朗元総理を加えて、5大老醜と
言ってもいいな。
マスコミの責任は、これはそんな言葉を使いたくないけれど、国民に対する裏切り、
犯罪的な偏向報道でしたよね。
また、日本の知識人、言論界、文化人はなにをしているんだろう、という想いもありました。

今日もつくづく考えてたんですが、日本人は自分たちで物事を考え、
政治に参画するということを、そもそもあまり知らないできたんじゃないかと。
政治を変える、という成功体験がないんですよね~。
ほんとは国民は大きな力を持っているのになあ…
やる前に、どうせ変わらないでしょ、とあきらめている。

メルケルさんと緑の党を日本に。あ、そりゃいいかも!と思ったら、
夢ですか!(爆)それが初夢でしたでしょうか?(笑)
私は夢も見ずに爆睡しています。^^
中沢新一さんが緑の党のようなものを立ち上げると聞いたけれど、
その後どうなってるかな。

NANTEIさん。今年もよろしくご指導お願いいたします。

No title

彼岸花さん。あけましておめでとうございます。
去年はほんとうに最悪な1年でしたね。

年が明けたからといって、放射能の影響がなくなるわけではありませんが、
せめて…今年は「原発からの撤退」を決断して、
未来に希望の持てる1年にしたいものですね。

いつも、楽しみにブログを拝見させていただいています。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。合掌

謹賀新年。

なーんて硬い始まりで・・・(笑。
で、お節を楽しみに覗いたのですけど・・・

ま、いいか(笑。
ほんと、これからが大切な一年だと思いますよ。
政治は四流に成り下がり、経団連は土光さんのときから比べると、なんと卑しい顔ぶればかり。マスコミは自浄する良識もなく、識者はいったいどこへ行ったのだろう。日本は坂本竜馬を生んで以来、彼に匹敵する人物を得たことがない、というよりはやくからその才能の芽を摘んできたんじゃないだろうか。
こうなったらメルケルさんとドイツ緑の党にこの国を掃除していただくしかないでしょう。と錦糸町駅前で演説している途中で、目が醒めてしまった(爆笑!

今年もよろしくお願いします。

Re: 淡青&ヘルブラウさんへ

ヘルブラウさん。あけましておめでとうございます♪

は~い。ひそかに入籍しましたです。
ありがとうございます。
せめて写真だけでも撮っておくように、と、着物ドレス縫ってやりました。
これがその布です~。派手!!!(爆)

今年は、世界も指導者が変わったり、いろいろな意味で動きの年と
なりそうですね。同じ動くなら、いい方に劇的に動いてほしいですよね。
ドイツは今、世界のいい意味でのモデルになっていきつつあるような。
希望がありませんとね…。
また、いろいろな生の情報、教えてくださいね♪

私も、また、頑張って記事書きます!
ありがとうございます。^^

新年

明けましておめでとうございます!、

うぁ~、お嬢様の華燭の佳日も昨年お迎えだったのですねぇ、
なにはともあれ重ね重ねおめでとうございます!

今年も彼岸花さんの真摯な原発反対への記事を
読ませていただく機会を大切にしたいものです・・・
プロフィール

彼岸花さん

Author:彼岸花さん
リンク、トラックバックご自由に。

『しだかれて十薬忿怒の息吐けり』

『南亭雑記』の南亭師から頂戴した句。このブログになんともぴったりな句と思い、使わせていただきます。
十薬とはどくだみのこと。どくだみは踏みしだかれると
鮮烈な香りを発します。その青い香りは、さながら虐げられた若者の体から発する忿怒と抗議のエネルギーのよう。
暑い季節には、この強い歌を入口に掲げて、私も一民衆としての想いを熱く語りましょう。

そして季節は秋。
一足早いけれども、同じく南亭師からいただいた、この冬の句も掲げておきましょう。

『埋火に理不尽を焼べどくだみ荘』

埋火(うずみび)は、寝る前に囲炉裏や火鉢の燠火に灰をかぶせて火が消えてしまわぬようにしておいた炭火などのこと。翌朝またこの小さな火を掻き立てて新たな炭をくべ、朝餉の支度にかかるのです…

ペシャワール会
http://www1a.biglobe.ne.jp/peshawar/pekai/signup.html
国境なき医師団
http://www.msf.or.jp/donate/?grid=header02
最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード