『原発都民投票』 ②

2012_0205_142923-CIMG6475.jpg






                     倶楽部なんちゃって俳人

                   南亭師匠のバナー、使わせていただきます。



                                                                                  





ほぼ一日おきくらいに、原発都民投票を都に直接請求するための
署名集めに行っています。

前にも言いましたが、これで原発が止められるわけではないでしょう。
まず、必要なだけの署名が集まったとしても、都知事と都議会が、都民投票に
剥けての条例をつくるのに動かなければ、投票は実現しない。
また、投票が実現したとして、署名集めをしていても痛いほど感じる通り、
この無関心な大半の都民が、どういう投票行動をするだろうか。
またさらに、もし都民が原発に『No!』という結論を出してくれたとしても、
それが東京電力、都、政府にどれほどの圧力となって、原発廃止へ
繋がっていくのか…
私自身が懐疑的であります。

それではなぜ、このように一所懸命外に出ているか、というと、
負けるわけにいかないからです。
ここで、『都民は原発に無関心なんだ!』と、原発推進の人々を安心させ
ほくそ笑ませるわけにいかないからです。

市民が直接政治に物を言う…そういう経験が、日本人は乏しい。
市民が、国民が、自分たちの暮らしや生命の安全に直結する問題に関心を持ち、
政治に参画していく…その先例を作り、国民にやればできる!という自信を
つけてほしいと願うからです。
大人たちのそういう姿を見て、次世代の子供たちにも、間接的に成功体験を
味わってほしいからです。

『原発の是非を問う都民投票』実施のための請願署名。約22万筆必要ですが、
あと1万1千筆余にまで迫りました!!!(2月4日現在)
無効になる分も見込んで、あと5万筆くらい?は集めたい。
余裕をみればあと10万筆と行きたいところでしょう…
署名は2月9日までと期日が迫りました!
ただ、私の住む市は、選挙があったため始まりが遅く、3月24日まで署名集めが出来ます。
他の区部、市部で足りないようなら、私の住む市の人は頑張らなくっちゃ!
そう思って、普段腰が重く出不精の彼岸花が、珍しく動いています。

寒風の中、街頭に立って呼びかけても、足を停めてくれるひとは少ないです。
それでも、わざわざ訪ねてきてくださる方もいらっしゃる。
「がんばってください」「お疲れ様です」という声かけもたくさんいただきます。

行きすぎる人々を見ながら、いろいろなことが頭を去来します…

「日本の人はまだまだ、服装や買い物の多さからすると豊かなんだな」とか、
「きれいなお洒落な格好した人ほど、冷たく通り過ぎるな」とか、
「なにも聞かずに署名簿に近寄ってきてくれるかたの多くはご老人。ああ!人の温もりを
求めておいでなんだな」とか、
「街頭署名などに対する偏見は、根がずっと深いのではなかろうか」とか、
ほんとにほんとにさまざまなことが……


私の想いは単純です。
政党だの、反原発だの脱原発だの厭原発だの、立場などどうでもいい。
子供たちに対して、大人はいい社会を作る責任がある。
そのために努力すること、しかもそれは、世の中をよく変えられるのだよ!という
希望を、子供たちに、若い人々に与えたいのです。

この運動を提唱した中心人物でいられる今井一さんの、
「原発国民投票は、単に原発の是非を問うているのではない。人間としての
生き方を根本から問うているのだ」というような趣旨の言葉を
あらためて味わいなおしたいと思います……。

都民の皆さんに、あと一歩の頑張りをお願いしたいです。


『みんなで決めよう!「原発」都民投票』

http://tomintohyo.blog.fc2.com/






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: Angela さんへ

Angelaさん。おはようございます。
はい、22万を大きく超えましたね。9日最終日の分が加われば、
もっと大きな数字になると思います。
私もささやかな数字ですが、これまでに85人分集めました。
私の地域ではまだ署名が続くので、3月まで頑張ってみようと思います。
毎日新聞。詳しく載せてくれたのですね。
こうやって、少しずつでも、これまで無関心だったひとの関心が
集められればと思います。大きな力になって行くといいなあ…

Angela さん。いつも応援、ありがとうございま~す♪

No title

彼岸花さん、

毎日新聞にでました!http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120209-00000083-mai-soci

彼岸花さんの行動力には感服いたしました。

Re: lily姫さんへ

lily 姫さ~ん!
応援ありがとう~!
東京都は約22万必要なんだけれど、もう26万超えたんだよ~♪
署名集め、ほとんどのところは今日までだから、きっとね、今頃渋谷とか
新宿とかじゃ、日付が変わるまで、誰かがまだ寒いなか立って、
署名集めしてるんじゃないかなあ。
私は6回立って85人の方に書いていただきました♪
うちの方はまだ続くので、もうちょっと頑張りま~す。
青い手袋ちゃんも頑張ってますよ!^^
少しでも多くの署名集めることによって、世間の関心も引き寄せたいし、
東京都、東電、政府、そして原発マフィアの人々、マスコミの人々にも
これは無視できない数だなあ、と思わせたいです!

「東京の人はどうせ福島のことに関心なんかないんでしょ」って、署名集めしてて
福島出身の方にいわれたひとがいたようです。そんな悲しいこと!……
絶対そんなことにしたくないです。

lilyちゃん、ありがとう♪ おね~ちゃん、頑張るね~。^^

No title

お疲れ様です
同士の青い手袋が、見つかってよかったです

なぜ行動するかについて
こうこうこうだからです! とキッパリと書く彼岸花さん
固い意志が溢れていて、胸に迫りました

もう9日夕方です
24時まで、あと6時間
お一人一人の署名が、大きな力となりますように

Re: NANTEIさんへ

NANTEIさん。こんばんは。
勝手に御句、使わせていただいてすみません。
ご都合お悪ければおっしゃってくださいまし。

古文は難しいですね。
何となくこれでいいのかなあ、とおもうけれども、これまでは
厳密に文法のことなど考えませんでした。でも、これからはそうはいきませんね。
やるからには、ちゃんと正しい言葉遣いが出来るようになりたいと思います。

今日、書店で『古典文法質問箱』買ってきました。
これは面白そうですね。まだ数ページしか読んでいませんが、それでも
「ああ、そうだったのか!」と思うことがたくさんありました。
そばに置いて、わからないときすぐに見られるようにしておこうと思います。

と言っても、まだ、指折り数えながら、ひねり出している、というレベルですから、
文法や、押韻などのテクニック以前の以前の状態です!(爆)。
いろいろな名歌を読むほうがいいのかな、とも思いますが、
現代のものは読んだら、ああ今の短歌はこういうものなのか!とか考えて
かえって委縮してしまいそうなので、万葉や古今集から勉強して行こうかなと思っています。

それより何より、感覚を研ぎ澄ますことの方が大事ですね。^^
ぽつぽつと作りながら、だんだん感覚の磨き方が身について行ったらいいなあ、と
思います。

NANTEIさん、彼岸花にいい楽しみをご紹介くださりありがとうございます。(笑)
今日もあの青い手袋の指を折り折り、自転車走らせていました。
え?自転車に乗っていながらどうやるかですって?(爆)
 

ええと・・・

このような一面にひょんなことから生まれた、
それこそナンチャッテな句を掲出していただき、驚いています。
もう表通りは歩けませんわい(笑!。

「落としし」は正しいですよ。
文法上もそうですが「探し」の「し」との韻が効いていますから、
この七七がとても印象深くなるのですね^^。

韻というのは考えて上手く踏ませようとすると、
卑しいものになります。
言の葉を磨いてゆくうちに、自然に韻が踏めるというのが理想ですね。

とかなんとか、他人には言えるものです(爆!



Re: うみそら居士さんへ

うみそら居士さん。こんにちは。
はい、一応法定数に達したようです。ただ、無効な署名も相当数
出るでしょうので、まだまだ気は抜けないそうです。
とりあえず、「東京では必要な署名が集まらなかった!」という
だらしないことにはならないですみそうなので、嬉しいです。
私の地区では、皆が終わりかけた頃ようやく署名活動スタートと
なりましたので、まだまだ貢献したという実感がありません(笑)。

おっしゃるように、大変なのはこれから。
都知事も都議会も、これを握りつぶすのか!…そうさせないようにするのがまず大変。
そうして、仮に都民投票が行われたとして、いったいどのような結果を
都民が出すのか。
そして、仮に『原発No!』という結果が出たとして、それをどういうふうに
脱原発、廃原発に持っていけるのか。
…それが一番問題です。
私もそれを考えて、この運動には最初懐疑的でした。

でも、記事に書きましたように、負けさせるわけに行かなかった!!!
ここで、『それ見たことか!東京都民は原発に無関心じゃないか!』という
結果を出すわけにはいかない!と思いました。
みんなが、自分の問題としてこの国のエネルギーのこと、この国の未来のことを
考えて行くようになる…その第一歩になって欲しかったから…

うみそら居士さん。ありがとうございます。
教えていただいた情報で、記事にしたいものが山ほどあるんですが、
間に合わないでいます。これからもいろいろ教えてくださいね♪ 

Re: 葉っぱさんへ

葉っぱさん。こんにちは♪

省エネが、一番手っ取り早いエネルギー源。そうなんですよね。
もし国民が、無駄な電気を使わず節約したら、その分の発電所はいらなくなるわけですものね。
原発が作りだしていた電力は日本の電力の30%と威張っていたけれど、
それが今、3基しか動いていなくたって、日本は何とかやって行ってる。

「原発がいらないというあなたは、じゃあ電気を使わないんですか?
ぽっとん便所で蝿がたくさんいた昭和30年代に戻りたいんですか?」

…どれほどそんないい方されてきたことでしょう。
原発ないと日本はやっていけない、って、嘘ばっかり。現にやって行ってる。
あんな事故が起きてまだ原発推進しようとしているこの国…

でもね。国が悪いというけれど、結局それは国民が、ってことですよね。
私も、この冬の電気の供給量は心配です。
のど元過ぎれば何とか、で、あっという間に、街の明かりは再びびかびか輝き、
お店は汗が吹き出すほど暖房きかせて店員は半そでのユニフォーム着てる。
テレビ局の女子アナやタレントはノースリーブ着てる人もいて、
一晩中放送垂れ流してる。コンビニも一晩中煌々と明かりを点して
その日売れ残ったものは惜しげもなく捨てている…
こんな不自然をやっていて、今、一度大停電起こしてしまったら、
『それみたことか!やっぱり原発が無いと日本はやっていけないじゃないか!』
ということになってしまいます。それを私は心配しています。

こんな生活は、いずれ地球人は続けていられなくなるでしょう。
石油も石炭もウランも天然ガスも、…いずれは枯渇してしまう。
電気だけの問題じゃないんですものね。私たちの身の回りの品物すべてが
今は石油や、その他の金属などで成り立っているのに、こんなにあらゆるところで
無駄をして…
その一方で、今日も飢えている人々がいる…
自分の目の前にある生活、それさえ心地よければ、遠くにいる同じ地球人や
あるいはこの世に共に生きているその他の生物たち…獣もお魚も草や木も…
そんなものには想いも走らせようとしない。飢えている子がいようが、
魚が放射能に汚染されようが、目の前に見えてさえいなければ気にかからない…
地球の未来のことなんて関係ない、その頃自分はいないから!……

ほんとに、想像力の欠如した人が多すぎる気がします。
署名集めていてそんなふうないい方する人にやはり出会いましたよ。
「わたしたち夫婦、もう先が長くないですから、そんな未来のこと関係ないですから」とか、
「原発ないと、電気代上がるじゃないですか」とか、
「やっぱりね。日本の経済が成り立たなくなると困るだろ」とか。…

でもね、私もひとのことは言えないんだ。
無駄をたくさんしてきた…着もしないものを買い、紙は使いたい放題。
季節のものでない野菜を買い花を買う。
車はもたないし石油ストーブもガスストーブもなく暖房は炬燵だけなので、
そういった面では省エネしてるけれど、調理法とかの工夫はしていないから、
ガスや水は無駄遣いしてるなあ。
身の回りに省けるエネルギーはたっくさんあります!
葉っぱさんのおっしゃる通りよ。まず自分の足元から見直せ!ですよね。

こんなに便利な生活でなくたっていい、ということが山ほどあると思います。
一人一人の生活の見直しから、リニアモーターカーなどの大きな大きな無駄まで!
それでいて、妙なところで費用を削ってる。
教育にかけるお金、教養文化にかけるお金はどんどん少なくなっていって…、
研究開発にかけるお金も使途が不均衡ですよね。原発関連の予算の多さったら!
ああ、もう書いても書いても書ききれないほど、矛盾がいっぱい!

いろいろなこの世の問題を自分のこととして真剣に捉えること。
それは、本当に想像力の問題ですね。いつかそれについてしっかり書いてみたいと
思いつつ、他のことで後回しになってしまっています。

葉っぱさん。これからも、省エネ、ということについて啓発続けてくださいね。
私も、根本的に見直ししたいと思います!^^



ご苦労様です

東京でも21万6千名の署名が集まって、都知事に条例制定を直接請求するのに必要な数を上回ったそうですね。
本当にご苦労様でした。ありがとうございます。

でも…ここからが正念場ですね。
都知事は昨日の産経新聞で…
「人間だけが持つ英知の所産である原子力の活用を一度の事故で否定するのは、一見理念的なことに見えるが実はひ弱なセンチメントに駆られた野蛮な行為でしかありはしない」
などと、愚か極まりないことを書いていましたが、
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120206/dst12020603120001-n1.htm
集まった善意の署名を、一体どう扱うつもりなのか?

「原子力ムラ」の連中も、さまざまな策を弄してくるのでしょうし、まだまだ長い「脱原発」への道のりですね。私ももっと頑張らなくちゃ!

少しやわらいだとはいえ…お寒い中です。
彼岸花さんも、お体にはくれぐれもお気をつけください。
ありがとうございました。合掌

No title

v-22昨日あるグループでも署名をしていました
でもね、署名をしている人達でも、省エネにはまったく無関心だったりするんです
何のために署名するのって思っちゃいますよね
省エネするより、署名のほうが簡単だったりするんです
署名が結果につながる前に、自分ができる事のほうがたくさんあるはずなのに

昨日も、まずは省エネして、って言っても、寒くて無理、風邪ひいちゃうから・・なんてのが真っ先に帰ってきます
東京のせいで原発が、なんて言わせたくない!

やっていることの意味・・・子供がかわいい、孫がかわいいとかいっても未来を見つめていない!
ペットが可愛いといっても、野生動物のことへ思いがいかない
想像力の欠如に尽きると思っています

人間として一番大事なものが想像力だと思っています
自分が体験しなくても、いろんなことを思い、つらさも分かち合える力・・・・
政治的な活動をしていても、足元を見ていない人達、多すぎます
って、他人のこと言えないなって思いますが・・・

環境のこと言っていても、二言目にはあまりやりすぎても経済が・・・なんて言いってるお方達も多いし

短歌ってなんという日本人的な感性を持っているのかなって・・・素敵ですね
彼岸花さん、たまにはいらしてくださいまし・・・お待ちしています

Re: NANTEIさんへ

NANTEIさん。嬉しい励ましのお言葉。ありがとうございます。

原発をいらない!と思う気持ちもさることながら、原発があらゆる意味で
象徴している、この世の不条理。それに対し、私は怒っているような気がします。
だから、戦争も、沖縄問題も、公害問題も、TPPも、私の中では
繋がっています。
こんなちっぽけな私などがいくら考えてもいい知恵の出るような問題ではないけれど、
人類はこのままでいいはずがないと思うところまで想いは広がって行きます。

何一つなし得ない人生でしたが、今回は立ち上がってみることにしました~。
そのきっかけは、実は、『白菊は 慟哭の穢土を 生き抜けり』という句が
ポロっと生まれたときであったかもしれません。
それまでの私の悲しみは、自分の周囲の事物に対する悲しみでした。
『私はこの子(娘)にこんな日本を見せるために、大事に生み育ててきたんじゃない!』
という、直接的な怒り。言わば、自分の肉体の激しい怒りでした。
しかし、南亭さんに写俳という方法を教えていただいて、自分の怒りをこういうふうに
直接長文にしたためるのでなく、ぐうっと自分の心のうちに溜めこんでから
吐きだす、ということの感覚を少し味わった時、なぜか、福島の人々の、
沈潜した怒りと悲しみを、ほんの少しですが共有できるのでは!という感じを
抱くようになりました。
私のように、言葉を思いきり言いたい放題に吐きだせるものは、まだ悲しみを
知らないのだと。福島の方は今、それさえできない。
…そう思った時、それでは、私のように動けるものが動き、声を上げていかねばならないんじゃないか、
ということに思い至りました。

ほんとに、ひとと何かをしたりするのが苦手な私。それでも重い腰を上げてみました!
みなさんとご一緒に署名集めをさせていただいてはいますが、基本的には今も一匹狼です。^^
これからも、特定のグループに所属することはないでしょう。政党になどなおさら。
木枯らし紋次郎ならぬ、『どこから来たか知れぬ流れ者の受任者 彼岸花』
を目指したいと思います!(爆)

そうそう。東京も法定の署名数に達したらしいんですよ!
まだ、確認していませんが。確実になったらうれしいなあ!
これからが大変なんですけれどね。
無関心な人々の意識を変えていく、ということが…
そして、都や国や、電力会社を動かすことが…
ああ。誤報でないといいなあ!

そんなわけで、彼岸花に新しい世界を開いてくださった南亭さんに大感謝です。
私には俳句より、短歌が作りやすいです。
でも、ご覧いただきます通り、語法も歴史もまだ白紙という程度の知識。
この歌も、『落としし』なのか『落とせし』なのか、文法的に自信がありません。
『落とす』という他動詞。古語ではサ行四段活用。『き』という過去を表わす
助動詞につながるのは連用形ですから、『落とき』ですよね。
でもさらにその自分で直接経験した過去を表わす『き』は、連体形だと『し』に変わる。
とすると、『落としし』でいいのか???
だいぶ調べて、一応そう書いてみましたが自信ありません。
自分の感覚では、『落とせし』の方がぴったりくるんですが。
は~、難しい!(爆)

これから山ほど勉強しなくちゃならないことがありますね!
大野晋さんの『古典文法質問箱』!それ、まさに私が今、必要としている
参考書かもしれません。早速入手したいと思います。
なんせ、工業高校出で、高校の時の古文の時間数が少なかったんですよ。
だから素養がほんとにない! 
ただ小さい頃から百人一首に親しんでいたので、それはいい経験になっています。

短歌の本なども読んで勉強していきたいと思います。
ここがおかしいのでは、とお気づきになられましたらどうか教えてくださいね。
これからもよろしくお願い申し上げます。
南亭さん。ありがとうございます!


Re:れいこさんへ

れいこさん。こんばんは。^^

目やお体の調子が悪い時は、ご無理をなさってはいけませんよ。
いずれね、今の体調の悪さから、抜けられる時が来ますから。
そしたら、思いっきり、お出かけでも『やんちゃ』でも『おはねさん』でもしましょうね。^^
原発マフィアとの戦いは長い戦いになることでしょう。
子供たちや、なによりこれまで大枚をかけて作りあげられた原発神話に洗脳されている大人たちの
意識を変えていくのは、長い時間と辛抱と根気が必要かもしれません。

れいこさんはお体の調子がまた良くなられたら、その時、『ご出動!!』よ。(笑)
彼岸花さんは、その頃疲れてへたってしまっているかもしれませんから、
そしたらバトンタ~ッチ!!!^^

電話で呼びかける、しかも、放っておいても署名してくれそうな人でなく、
あと一歩意識がそこまで至っていない方に声かけするって、すごく大事だと
思います。れいこさん、立派だとわたし、思うわ!

そうなんですよ~。そこが一番の悩みでしょうね。
原発はいるんじゃないの、と思ってらっしゃる方の中には、無論経済のことなど
考えて、しっかり考慮したうえでそういう結論に至った方もおいでになって、
それはそれで傾聴しないといけないと思うけれど、そうじゃなくて、
知ろうとしない、知りたいんだけれど、情報を与えられていない、…という方が
たくさんたくさんいらっしゃるのね。
そういう方にどうやって伝えていくかが難しいけれど大事だと思います。

でも。ほんと。おっしゃる通り。
きっとね、署名しているそばを知らん顔して通り過ぎたように見える方でも、
署名集めしている者たちの声を聞き、姿を見て、なにか心に残るものを感じるかたが
いらっしゃるかもしれないと思うの。
人間は弱いもの。そしてやさしいもの。「悪いなあ…」そう一瞬でも思って
くださったら、そのやさしいこころの土壌に一粒の種が播かれたのかもしれないと
思うの。いつかそれが芽を出すかも。
れいこさんのおっしゃる通りなの。

ああ!その絵本! 『てぶくろ』というんじゃなかったでしたっけ?♪
ウクライナ民話で、わたし、あの絵が大好きでした。
今でも押し入れの奥深く探せばあるかな~。
手袋って、道端に片方落ちていると、いつもかわいそうになってしまいます。
きっと、『え~ん!!!』って泣いている。
私の手袋も、道の真ん中に落ちていた。^^

ほんとですね~。この手袋の中で人々の想いを温められるといいな~♪

れいこさん。今は、あせらないでゆっくりお休みなさってね。
彼岸花が疲れたら、そのとき、バトンタ~ッチ!よ。^^
は~い。私も充分睡眠とって、もちょっと頑張ってみま~す♪
ありがとう~♪ お大事にねっ。


No title

人間としての根本を問う・・・
どんな理屈より、深く強く胸を打ちます。
大江さんが常に問いかける人倫とも同根だと思います。

そんな今井一のお考えもさることながら、
フツーな社会に背を向け、群れるのが大嫌いな彼岸花さんが、
政党だの反原発だのという立場はどうでもいい。
次世代のために街頭に立つ!という。
このブログを見て奮い立たない人はいないでしょう。
実は私もこの地元の「ちばアクション」という運動のはしくれに、参加しています。
ただ、彼岸花さんがおっしゃるように、政治的な運動にもリンクしているようで、深く関わるのは止めていますが、房総の水源地のセシウム汚染を明らかにし、水道水の安全を守ろうという趣旨には大いに賛同しています。しずかに千葉県在住の住人たちによびかけて、私なりの協力をしているつもりですが、組織というのは難しいものですね。この「ちばアクション」にも市議や県議が(全てが悪いというわけではありませんが)、売り込みに来ているようで、これからが懸念されます。

しかし、しかしですよ^^。
堂々たる歌での導入、なんか嬉しくなってしまいます。
短歌、俳句といった日本固有の短詩は、文字数が限られるので言葉の選びと磨きが命になります。ですから短詩を究めるいうことは、言語を磨くということに他なりません。これは辛くてまた楽しい作業です。
そしてこの国の美しい言葉を紡いでゆこうとすると、どうしても大和言葉にゆきあたるのです。それには「万葉集解」などさまざまな古語の解説書がありますが、とても選びきれなくて、いまだにいいかげんなままですが。
去年の「定義集」で大江さんが取り上げていた国語学者、大野晋氏のことがとても気になっていたのです。
しかしある日、この街の古書店で何気なく、文庫本の棚を眺めていたら、
あんな小さな背文字なのに「大野晋」という名前がどんとクローズアップされたのです。なにかの巡り合わせと思って、さっそく購入しました。それが「古典文法質問箱」という300頁ばかりの文庫本でした。まだ半分も読んでいませんが、ほとんど膝を叩きながら頷いてしまったという、これはまさしく大江さんからの授かりものと、
不思議な思いにさせられたものです。
あ、長くなりました。
まだまだ、寒さが続くとのこと、街頭に立たれるお覚悟、尊敬してやみません。




No title

目が疲れてしばらくでした。パソコンそのものをお休みしていました。
開けたらやっぱり。寒さの中。
この間も通院の帰り道、署名を求めて立っておられたのはお姉さんくらいの男性と女性。
お声かけだけさせていただきました。
かじかむ手名前にこめる願いおもい

私も心ばかり。まだ出かけて長い間立ってられない。この情けなさ。せめて電話で頼んでいます。受話器を持つ手が痛くなったけど。知り合いの都内の人に。黙っていてもしてくれそうな人ではなく、あともう一歩二歩の人を優先して。昔話はさておいてーー。

人の考え方を変えるのはそう簡単な事ではないことを私も思います。でもこの寒さの中、立って集めておられる方々の思いはすぐには反応が無くても,おもい伝わる
のではないかと。

手袋の中に動物が集まってくるお話がありましたね。題名ど忘れしてしまったけれど、人々の心が手袋の中に集まって広がって行きますように。
睡眠を十分にとって下さいね。ガラガラとーー。

Re: hiro さんへ

hiroさん。こんにちは♪

本ものの同志が来てくださった!(笑)
すっごくすっごく嬉しいです!ありがとうございます!!!

hiro さん。お風邪召さないよう、お気をつけられてくださいね。
インフルエンザも流行っています。手洗いとうがい、してくださいね。
私は背中に、貼るカイロ、3つもくっつけて出ています。
特に背中の、首の下。ここを温めておくと随分違います。
手袋も欠かせません。ただ、ボードを支える手には手袋はめられても、
片手は出しておかないと、署名していただく方にティッシュやペン
お渡ししたりするとき不便ですので、どうしても、片方の手袋への意識が薄くなる!(笑)
署名が終わって、最寄駅から自転車で帰る時もそのまま。
はっと気がついたら、手袋が片ッぽない!!(笑)
かわいそうで、必死に自転車こいで、捜しに戻りました。^^

無関心なひとは本当に多いけれど、真剣に考えてくださっている方もまた
たくさんいらっしゃいますよね。
「他でもう署名しました。頑張ってください!」という優しいお声かけも
いただきます。「東京在住じゃないんで…」と残念がってくださる方も。

そしてね。このブログ上でも、
東京以外にお住まいの方から、温かい励ましをいただいています。
みんなみんな同志です!!!^^

嬉しい出会いもたくさんありますよね。
たとえ声かけをして、その時は無反応であっても、こころに何かの印象を残し、
それが後になって、芽を出すということもあるかと思います。

あと少しですが頑張りましょう。
共に闘う方がこうして東京の空の下においでになること。こころ強く、また
こころがほっこりと温かい、そんな気がします。
ありがとうございました♪

No title

なんだか涙がでました。

私も同じように街頭署名に出ています。
同じ気持ちです。

あと少し、ひとりでも多くの人に共感してもらえるようにがんばりたいと思います。

ありがとうございました。
プロフィール

彼岸花さん

Author:彼岸花さん
リンク、トラックバックご自由に。

『しだかれて十薬忿怒の息吐けり』

『南亭雑記』の南亭師から頂戴した句。このブログになんともぴったりな句と思い、使わせていただきます。
十薬とはどくだみのこと。どくだみは踏みしだかれると
鮮烈な香りを発します。その青い香りは、さながら虐げられた若者の体から発する忿怒と抗議のエネルギーのよう。
暑い季節には、この強い歌を入口に掲げて、私も一民衆としての想いを熱く語りましょう。

そして季節は秋。
一足早いけれども、同じく南亭師からいただいた、この冬の句も掲げておきましょう。

『埋火に理不尽を焼べどくだみ荘』

埋火(うずみび)は、寝る前に囲炉裏や火鉢の燠火に灰をかぶせて火が消えてしまわぬようにしておいた炭火などのこと。翌朝またこの小さな火を掻き立てて新たな炭をくべ、朝餉の支度にかかるのです…

ペシャワール会
http://www1a.biglobe.ne.jp/peshawar/pekai/signup.html
国境なき医師団
http://www.msf.or.jp/donate/?grid=header02
最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード